Admin New entry Up load All archives

街の花便り

季節のお花を紹介してます。

 

カランコエ・プミラ
カランコエ・プミラ1
カランコエ・プミラ  白銀の舞

今日はスッキリしないお天気ですが今週は水,木が雨予報ですね。
今週頑張れば来週はGW 
特に大きな用事はありませんが連休は気が楽です。

カランコエは 種類が豊富で 種類によっては まったく違う花が咲きます。
一番 有名なカランコエはプロスフェルディアナで 一重も八重咲きもあります。
他にも 提灯状に咲く エンジェルランプ系もあります。
弁慶草の仲間なので 多肉植物です。

このプミラは 葉がシルバーリーフで ハンギングにするといいですね。
我が家にもありますが まだ 花が咲いてません。

マダガスカルの中央高地が原産です。高さは15センチほどですが、
這うようにして広がります。葉は淡いピンクがかった白粉を被ります。

2月から4月ごろ、円錐花序をだして赤紫色の花を咲かせます。
園芸上は、「しろがねのまい(白銀の舞)」と呼ばれています。

ベンケイソウ科リュウキュウベンケイ属の常緑多年草で、学名は
Kalanchoe pumila。英名はありません。

カランコエ・ミラベラ
カランコエ
カランコエ1
スポンサーサイト

category: お花が好き♪

CM: 0 TB: 0   

 

シラーペルビアナ
シラーペルビアナ1
シラー・ペルビアナ

シラー・ヒスパニカ(釣鐘水仙)も咲きはじめましたが
シラーペルビアナも咲き始めましたね。

どう見ても 日本の花じゃないし 謙虚さに欠ける花ですが
かなり強い 花みたいで 雑草化してる場所もあります。

畑の土手に植えると 異常に増えるらしくまるで雑草のように群生してる場所も
ありますが 園芸店で買うと このお花 けっこう高いです。

シラー・ペルビアナ     ユリ科   ツルボ属(シラー属)
学名  Scilla peruviana
別名  オオツルボ(大蔓穂)  スキラ  スキラー  スキルラ   
花期   春

シラーは地中海沿岸原産の多年草で、ヨーロッパ、アジア、アフリカの
温帯地域に100種ほどが分布するといわれ
日本に導入されているシラーは、釣鐘形の花(ヒスパニカ種)と
星形の花(ペルビアナ種)の2種類に大別されます。

ペルビアナ種は、星形花の円錐形花序は大型で
色は一般的には青紫ですが、ほかに淡青、赤、白などがあります。

シラーは、ギリシア語で有害という意味があり、鱗茎に毒があります。

category: お花が好き♪

CM: 5 TB: 0   

 

シャガ
シャガ1
シャガ2
射干  シャガ

日陰を好んで咲くお花 園芸店でも売ってますが 近所の林のなかに
沢山 咲いてるので 買うのはバカらしい・・・
アヤメと少し似てますが やや小型です。

シャガ アヤメ科  学名  Iris japonica
原産地  中国   別名 コチョウカ(胡蝶花)
草丈 30cm~70cm   開花時期  4月~5月

冬でも葉の枯れない常緑性の多年草で、光沢のある細長い葉を
斜め上に向かって伸ばします。

花は淡い紫色、表面にオレンジ色の突起物ができてその部分を
囲むように青紫色の斑点が入ります。
花は短命で一日でしぼんでしまいますが、次々と新しい花を咲かせます。
雰囲気としてはアヤメの色を薄くしたように見えます。

ごく当たり前に日本でも自生しているものをみますが
元々は中国原産の植物で古くに日本に渡来してそれが野生化したと言われています。

シャガの名前はヒオウギの漢名「射干」を日本読みしたものといわれ
葉がヒオウギに似ているところから間違って名付けられたと言われています。

category: お花が好き♪

CM: 2 TB: 0   

 

シャクヤク3
シャクヤク
シャクヤク2
芍薬  シャクヤク

今日はいいお天気になり ゴルフ日和でしたが後半やや風が吹きました。
冬の間 サボってあまり練習をしなかった割には 今日はまあまあのスコアで
ゴルフがイヤになるほど大叩きはしませんでした。

牡丹の花が終わる頃 芍薬が咲き始めます。
牡丹と芍薬は 似た花のイメージですが よく見ると形も違うし
葉っぱが まるで違います。

牡丹の葉は モミジのような形をしており 芍薬は普通の長細い葉が出来ます。
品種も 牡丹より芍薬の方が色や形が多いですね。
やや芍薬の方が 花が小さい気もします。

芍薬  ボタン科 学名 Paeonia lactiflora

オリンポス山から取ってきたシャクヤクの根によって、黄泉(よみ)の国王
「プルートー」の傷を治した。
シャクヤクは死者の国の王の病も治すほどの万能薬ということで漢方薬の中でも
極めて重要な植物の一つ。

開花時期は、5/10頃~ 5/ 末頃。
中国原産。
牡丹は”樹木”、芍薬は”草”に分けられる。
接ぎ木は芍薬に牡丹をします。

漢名の「芍薬」を音読みして「しゃくやく」「芍」は味がよい、の意味。
根を乾燥したものは「赤芍(せきしゃく)」「白芍(びゃくしゃく)」として
鎮静、鎮痛剤として使われている。

category: お花が好き♪

CM: 4 TB: 0   

 

ボタン4
ボタン3
ボタン2
牡丹   ボタン

ブロ友のみんながボタンのお花をアップし始めたので
私も雨が降る前に近所のボタン寺へ様子を見に行ったら
案の定 もう沢山咲いてました♪

黄花のハイヌーンや白花は少し開花が遅いみたいでまだ咲いてませんでした。
牡丹のお花は ひじょうに豪華ですが 開花期間も短く 痛みやすいです。
雨が降ると お花が痛むので傘を差したりもします。

牡丹  原産地は中国。
元は薬用に栽培されていたが、則天武后も牡丹を愛でたという唐代以降
牡丹の花が「花の王」として他のどの花よりも愛好され
様々に詠まれ、描かれてきた。

清代以降、1929年までは中国の国花でもあった。
1929年、当時の中華民国政府は国花を梅と定めた。
中華民国政府が台湾に去った後、公式の国花は定められていなかった。
中華人民共和国政府は現在「牡丹、蓮、菊、梅、蘭」の中から
新しく国花を制定する作業中と伝えられる。

ぼたん
ボタン
ボタン5

category: お花が好き♪

CM: 4 TB: 0   

 

八重桜
八重桜1
八重桜

染井吉野も終わり 八重桜の季節になりました。
八重桜は 染井吉野のように パッとは散りませんが 旬な時期は
案外短いお花です。

会社の近くに この八重桜の遊歩道があるので 毎年そこの八重桜を
撮影してYOUTUBEでアップしてますが 今年はPCを変えたせいか
フォトストリー3で作成したスライドがYOUTUBEにアップ出来ず
写真でアップです。

同じ八重桜の名称でも けっこう咲き方や花の形、色が違います。
遊歩道には5種類くらいの八重桜が植えられてます。

八重桜 (2)
八重桜1 (2)

category: お花が好き♪

CM: 0 TB: 0   

 

女王の涙
女王の涙1
女王の涙   瓔珞筒アナナス

今日はいかにも雨が降りそうなお天気で 予報よりも早く
3時ごろから小雨が降り始めました。
明日は久々にゴルフ予定なので 早くに降って早くに回復して欲しいです。

ブロ友のタックさんから頂いた女王の涙
他に人たちよりもかなり遅れてやっと咲き始めましたが
沢山の蕾があって これから一杯咲いてくれそうです♪

瓔珞筒アナナス

南アメリカのブラジルからアルゼンチンにかけて分布しています。
日本へは昭和時代の初めに渡来しました。
5月ごろ、葉腋のあいだから花茎を伸ばして、花を咲かせます。

基部だけが筒状で、苞はピンク、花被は黄緑色で青紫色の縁取りがあります。
戸外でもでもじゅうぶんに適応しています。

パイナップル科ビルベルギア属の多年草で、学名は Billbergia
nutans。英名は、Queen's tears。

女王の涙3

category: お花が好き♪

CM: 2 TB: 0   

 

藤の木
藤の木2
野田藤 ノダフジ

藤の花が咲きはじめましたね。
去年も4月20日にアップしてるので開花時期は例年並み
今年は家の藤の木もたくさんのつぼみが付いており10個以上は咲きそうです。

藤は一般的に野田藤って種類と山藤って種類があり 
蔓の巻き方が逆なんだそうですが 見分け方は根元の方から徐々に開くのが
野田藤 先っぽまで一斉に咲くのが山藤です。
藤棚にしてるのは 野田藤が多いです。

ノダフジ(野田藤)       マメ科       フジ属
学名  Wisteria floribunda
別名  フジ
花期  初夏

日本固有の蔓性落葉小高木で、北海道を除く全国の山野に自生しますが
現在は多くの園芸種が作られています。

ノダフジは、摂津国野田(現大阪市西成区付近)の藤之宮にフジの名所が
あったのが名の由来とされています。
文字どおり藤色の花房が垂れて咲く花姿は豪華で風情もあり
古くから棚仕立てや庭木、盆栽などで愛好家の多い植物です。

普通にフジとよばれるのはノダフジで、蔓は右巻きで、花は花房の上から咲きます。
改良品種には花房が2㍍にもなる種や、八重咲き種もあります。
ヤマフジは蔓が左巻きで、花房がノダフジより短く
花は花房全体がほぼ同時に咲きます。

category: お花が好き♪

CM: 3 TB: 0   

 

ライラック
ライラック1
ライラック  リラの花

このお花も青空が似合うお花です♪

ライラックと言えば 北海道をイメージする人が多いかも?
北海道の人はこの花が咲くと やっと春を感じるそうです。
この薄紫の色もいいし なんたって芳香が素晴らしいです。

ライラック  モクセイ科  ハシドイ(シリンガ)属
学名   Syringa vulgaris
別名   ムラサキハシドイ(紫丁香花)  リラ
花期   春

ヨーロッパ東南部原産で高さ4~8メートルの落葉低木で、日本には明治中期に
渡来して北部に多く栽培されていて特に北海道では春を告げる花として有名です。

低木なので花壇や鉢植えでも楽しまれ、花色は淡紫、紅紫、紅、白など多彩で
八重咲きの品種もあり、いずれも甘い芳香があります。

我が家のライラック
ライラック2 (2)
ライラック3

category: お花が好き♪

CM: 4 TB: 0   

 

シラン
シラン1
シラン2
紫蘭   シラン

紫蘭の花が咲き始めましたね。
紫蘭のお花は 朱鷺草と同じなのに 丈夫でそこら中に咲くので
逆に価値を落としてます。

このシランにも 種類があり 白花 口紅 ブルー 桃色ってあります。
我が家のブルーシランや桃色も 今 葉が伸びて来てるので 楽しみです。

丈夫なラン科の植物で 道端でも群生してますよね。

シラン(紫蘭)   ラン科  シラン属
学名   Bletilla striata
別名   ベニラン(紅蘭)
花期   春

関東以西の本州~南西諸島、中国に分布する草丈30~70㌢
の耐寒性多年草です。
日当りのよいやや湿った草原の斜面などに生え
また観賞用、薬用に多く栽培されています。
基本種の花色は紫紅色ですが、ほかに白、淡桃色の品種もあります。

category: お花が好き♪

CM: 4 TB: 0   

 

釣鐘水仙
釣鐘水仙1
釣鐘水仙  ツリガネズイセン

今日は一日中 スッキリしないお天気でしたが雨は降らずにすみました。

このお花は丈夫なお花で 植えっぱなしにして置いても毎年咲きます。
白花とピンクがありますが 青の方が一般的で 育てやすいです。

去年も一昨年も4月の20日前後に咲き始めてます。

このお花も シラーの仲間で シラー・カンパニュラタ 
或いは シラー・ヒスパニカと言います。
やはり 非常に強く 道端で異常繁殖しますね。

和名が釣鐘水仙として知られるシラー・カンパニュラタ。
シラー・ヒスパニカとも呼ばれていて、これも秋植え球根で 毎年花が咲いている。

耐寒性があり植えっぱなしでも丈夫で、たくさんの大きな葉が繁って出て
蕾をつけた花茎から可愛い釣鐘の形の花が開いてくる。

ちょっとタイプが違う釣鐘水仙
釣鐘水仙
釣鐘水仙1

category: お花が好き♪

CM: 4 TB: 0   

 

花水木4
花水木1
花水木  ハナミズキ

今日は雲が多くどんよりお天気ですが雨は降らないそうです。

今週の初めあたりから一気に花水木が咲きはじめました。
白花が定番ですが 最近は紅花 ピンクも多く見掛けるようになりました。

花水木は この開花直後の花芯が緑の状態の時が一番 美しいですね。

この花木は 日当たりと 水はけが重要で 一段 高い場所に植えると
花付きもいいし 紅葉も見事です。

花水木が終わる頃 似た花の山法師が咲き始めます。

ハナミズキ  Cornus florida/ミズキ科/落葉高木
別名 アメリカヤマボウシ(山法師)  

大正4(1915)年、尾崎行雄東京市長がワシントンに送った
サクラの返礼として、米国政府からの40本が船便でとどいたのが
日本での初めてのお目見えとのことで意外と遅い。

その一本が小石川東大植物園にも残っていたが、先年枯れ死したとの事
それにしても全国に広く普及して今が盛りと咲いているのは見事だ。

花水木2
花水木3

category: お花が好き♪

CM: 2 TB: 0   

 

カモミール
カモミール1
カモミール

有名なハーブティーの元のお花
マーガレットやノースポールに似てますが やや小型で 花芯が出っ張ってる
のが大きな特徴で 大概 大きな群生を作ります。

カモミール Chamomile 
甘いリンゴの香りがする、アレルギーに優しく効くハーブ

学 名  Matricaria necutita、Chamaemelum nobile
キク科・カミツレ属  別 名  カミツレ、カミルレ、カモマイル
多年草   草 丈  40cm~100cm
原産地  ヨーロッパ
精油成分  アズレン、テルペンアルコール、ノニル酸、カプリン酸

古代エジプト人はローマンカモミールを太陽神への捧げ物とし
治癒の秘薬、最高のハーブとしてたたえ、ギリシャでは
熱病や婦人病の治療薬として使われていました。

サクソン人(古代イギリス人)に「メイセン」という名前で知られていた
カモミールは、イギリスで最も古くから有名な薬用植物のひとつです。

カモミールの花の芳香はよくリンゴの香りにたとえられます。
ギリシャ人がカモミールを「カマイ・メロン」(地面のリンゴ)と呼んだのも
そのためでした。


このカマイ・メロンからカモミールの英語名、カモマイルができたのです。

category: お花が好き♪

CM: 8 TB: 0   

 

エンレイソウ
エンレイソウ1
大花延齢草  オオバナエンレイソウ

山野草の中では かなり大型のお花です。
本来は水芭蕉のように 湿った場所に咲いてるお花です。

3花弁の花は つゆ草の仲間が多いですが このエンレイソウも珍しい
3花弁の花です。 実際は花に見える部分は 苞だと思います。

この花も 山野草の中では 目立つ花なので 育ててる人が多いかも?

オオバナノエンレイソウ (大花延齢草) Trillium kamtschaticum
ユリ科 エンレイソウ属

低地~亜高山帯の湿地や林内などに生え、茎の高さは30~70センチ。
茎頂に直径5~7センチの白色の花を1個つける。
外側に緑色の萼(外花被片)、内側に白い花弁(内花被片)がそれぞれ3個ある。
葉は茎頂に3個 輪生し、菱形状広卵形。
シロバナエンレイソウに似るが、本種の方が大きく上向きに咲く。
内花被片は外花被片よりも長く、大きく飛び出している。
内花被片は広卵型で先端はとがらない。葯は花糸よりも長い。

花期:5~6月  分布:北海道、本州(北部)

category: お花が好き♪

CM: 2 TB: 0   

 

エゾエンゴサク
蝦夷延胡索  エゾエンゴサク

今日はお仕事で千葉の山の中まで行って来ました。
往復高速代は7000円を超えるので 実家の長野に行くよりも遠い感じ
往復 3時間以上運転すると もう年のせいか疲れますね。

あまり見掛けないお花ですが 道端に咲いてる ムラサキケマンの仲間です。
変種が多く いろんな色の花色があるみたいです。

よく似た花に ヒマラヤエンゴサクってのもあり 見分けは難しいです。

エゾエンゴサク (蝦夷延胡索) ケシ科 学名 Corydalis ambigua
花期 4~5月  草丈 15~20 cm

和名の由来 地下にある塊茎を乾燥したのが漢方薬の「延胡索」で
この中国名がそのまま使われている。

主に落葉広葉樹林の林床に生える多年草。群落を作り、林床を青紫色に染める。
葉は楕円形の小葉3枚からなる複葉。
花の色は青、紫、赤紫、白など変化が多く、茎の上部に総状につく。

紫華鬘  ムラサキケマン
ムラサキケマン

category: お花が好き♪

CM: 4 TB: 0   

 

セリバヒエンソウ
セリバヒエンソウ1
芹葉飛燕草  セリバヒエンソウ

今日も真っ青な青空で暑くなりそうです。
週末に久々 ゴルフコンペが入ってるのにまったく練習が出来ず
かなり心配な状態 今 ゴルフ練習場 すごく込んでて空き待ち状態です。

近所の道端から掘って来た 芹葉飛燕草が今年も咲き始めました♪
最初は鉢で育ててましたが 庭にこぼれ種が落ちたらしく アチコチで
咲き始めてます。

明治時代に中国から渡来した帰化植物
花の形が非常にユニークで 当に 燕が飛んでるような形

セリバヒエンソウ(芹葉飛燕草) Delphinium anthriscifolium
キンポウゲ科 ヒエンソウ属
草丈15~50cmの帰化植物。

中国原産で、葉がセリのように細かく裂け、花の形を燕の飛ぶ姿に
例えてこの和名が付けられている。
花は青紫色。

川沿い、田の畦など湿った所  花期: 3~5月

category: お花が好き♪

CM: 2 TB: 0   

 

菊桃
菊桃1
菊桃  キクモモ

菊桃 以前は人気があって アチコチで見掛けましたが
何故か最近 あまり見かけなくなりました。

菊桃は花桃の一種で 菊の花のような咲き方をします。
案外 大きな木になるんですが 鉢植えだったら 大丈夫なのかも?

キクモモ バラ科の耐寒性落葉小高木
開花期:4月 樹高:3m
植え付け適期:落葉後の11月~12月下旬
植栽適地:東北地方以南
日照:日向むき

栽培方法:日当たりのよい場所に植えてください。
深く植えると木の寿命が短くなるので、やや浅めに植え込みます。
用土は、排水の良いものであれば特に土質は選びません。
12月~2月に根元に寒肥として堆肥や化成肥料をほどこしてください

category: お花が好き♪

CM: 2 TB: 0   

 

西洋十二単
西洋十二単1
アジュガ  西洋十二単

このお花も 最盛期になると大きな群生を作り 花の塔が沢山立ちます。
日本にも和種の十二単がありますが 絶滅危惧種で滅多にお目にかかれません。

青系のお花は白花との中間種はピンクになり 赤系のお花の中間色は黄色です。
だから アジュガにはピンクと白花があります。
  
シソ科アジュガ(キランソウ)属
和名:西洋十二単  別名:アジュガ 西洋金襴草(せいようきらんそう)
原産:ヨーロッパ、中央アジア

晩春から夏にかけて青い花を咲かせる、ヨーロッパや中央アジア原産の園芸種。
1つ1つは小さいが、群生すると人目を引く美しさ。

また、主に白やピンクの斑入りの葉をカラーリーフとして楽しみ、
匍匐性の性質を利用して、グランドカバーとして多く用いられる。、
そのせいか一部、野生化している。

「十二単」は穂状に重なるような花が連想させるところからの命名。
白い花の十二単=じゅうにひとえに比べ花の色、1本のボリューム感
主張度、さらに繁殖力まで、どれもが強い。

一方、“bugle=ビューグル”の名では、止血剤、口内炎などに
効用があるハーブとして知られている。

西洋十二単
変種?
アジュガ

category: お花が好き♪

CM: 2 TB: 0   

 

エビネ
エビネ1
エビネ2
海老根  エビネ

今日も気温が上がり夏並みの気候になりました。
車も普通にクーラーを使ってます。

海老根は 今 園芸種も多く いいものは軽く万を超える価格が付いてます。
世界らん展の時に開花してるのがたくさん並んでますが 
開花時期は今頃が普通です。

エビネ Calanthe discolor (ラン科 エビネ属)

エビネは日本各地に生育する多年生の草本。
丘陵地帯の落葉広葉樹林に生育する。
葉は広がって地面を覆うタイプであり、競合する草本の少ない谷筋の
斜面などに生育していることが多い。

塊茎(バルブ)がエビのイメージがあるので、エビネの名が付いた。
派手ではないが、味わいのある花であり、山草愛好家のターゲットの1つであり
特徴的な葉であることもあって、花期以外でも確認しやすく
採取によって減少したと考えられる。

黄海老根  キエビネ
キエビネ

category: お花が好き♪

CM: 4 TB: 0   

 

プリンセス・クローバー
プリンセス・クローバー1
プリンセス・クローバー2
プリンセス・クローバー

選手松から急に暖かくなり 昼間は車のクーラーを入れるほど気温が上がります。
もう ダウンを着ないですみそうですね。

プリンセス・クローバー

北欧で育種された、シックな葉色が美しいクローバー《プリンセスシリーズ》です。

模様・色違いで5種類あります。
寄せ植えやグランドカバーに適しており、非常に堅強です。
長期間鑑賞いただけます。

【学 名】Trifolium repens
【科属名】マメ科シャジクソウ属
【分 類】多年草
【草 丈】約8cm~15cm
【耐寒性】強 -10℃
【耐暑性】中
【日 照】日向
【開花期】4月中旬~6月下旬

夏場の管理 暖地では夏は半日陰か、日陰が管理しやすいです。
水の管理 水のやりすぎによる加湿には強い植物です。
乾燥にも比較的強いです。
通常の水やりでOKです。
生育温度 -10℃~30℃と生育温度は幅広いです。

category: お花が好き♪

CM: 2 TB: 0   

 

カリン
カリン1
花梨  カリン

このカリンの木は お隣の庭に生えてるので 咲き始めると直ぐにわかります。
意外とキレイに開く花が少ない・・・

カリンは小さい頃によく砂糖漬けを食べました。 生ではすっぱくて食べれません。
諏訪湖には この並木があり 冬の名物風景になってます。

原産は中国東部で、日本への伝来時期は不明。花期は3月〜5月頃で、
5枚の花弁からなる白やピンク色の花を咲かせる。
葉は互生し倒卵形ないし楕円状卵形、長さ3〜8cm、先は尖り基部は円く
縁に細鋸歯がある。

;11月に収穫される。実には果糖、ビタミンC、リンゴ酸、クエン酸
タンニン、アミグダリンなどを含む。適湿地でよく育ち、耐寒性がある。

花・果実とも楽しめ、さらに新緑・紅葉が非常に美しいため
家庭果樹として最適である。

語呂合わせで「金は貸すが借りない」の縁起を担ぎ庭の表にカリンを植え
裏にカシノキを植えると商売繁盛に良いも言われる。

カリンはのどに良く 飴にもよく含まれてるよね。

category: お花が好き♪

CM: 2 TB: 0   

 

カトレア・クローバー
カトレア・クローバー1
カトレアクローバー

クローバーの仲間なので 草自体は強いです。
園芸店には もう出回ってますが 我が家のはまだ花が咲いてません。

カトレア・クローバー Trifolium sp.
マメ科 トリフォリウム属
性状: 常緑多年草
原産地: 欧州(園芸種)
用途: 小~中鉢、花壇
開花期: 5~6月

濃いピンクで先端が白くなるバイカラー咲きのユニークな花色が特徴で
最近は寄せ植え、ガーデニング用、などで注目されています。

シロツメクサ(一般にいうクローバー)より草丈が低く、蔓も伸びにくいので
コンパクトな姿になります。
同じクローバー仲間のムラサキツメクサ(アカツメクサ)
ストローベリーキャンドルなども出回っています。

四つ葉のクローバー
四つ葉のクローバー
四つ葉のクローバー1

category: お花が好き♪

CM: 4 TB: 0   

 

木イチゴ
木イチゴ1
梶苺  カジイチゴ

今日はお天気が早めに回復し 気温も夏並みに上昇 暑かったです。
夕方でも23度もあり 上着を着たら暑いほどでした。

木苺の一種で よく見る クサイチゴよりも背が高く伸び
ちゃんとした樹木になります。
主に西日本に多い 木イチゴの種類で関東地方では 自生は稀にしかしてません。

カジイチゴ  学名  Rubus trifidus
和名  カジイチゴ
バラ科キイチゴ属に属する植物。

カジイチゴは主に西日本に分布する低木。温暖な地方を好む。
6月ごろに実るオレンジ色の果実は食用となる。

花期は2月~5月ごろ。名前の由来は葉の形がカジノキに似ていることから。
半常緑低木であり、暖地では葉の多くが越冬する。

草苺  クサイチゴ
クサイチゴ1
クサイチゴ2

category: お花が好き♪

CM: 2 TB: 0   

 

クラブ・アップル
クラブ・アップル1
クラブアップル・レモイネ  花林檎

今は雨が止んでますが 夜中にけっこう激しく降りましたね。
昨夜の雨で ソメイヨシノはキレイさっぱり散って これからは新緑の桜になります。

姫林檎と同じように お花を観賞するために
作られた園芸品種にようです。

姫林檎と同じくらいの大きさの花で 他にもかなりの種類がありますが
ネモイネは ピンク色の花が咲きます。

寒さに強い、観賞用のクラブりんごです。
日本国内の種苗店でも、クラブアップル・プロヒュージョンという名前
で購入できます。
 
多花生で実つきがよいことから、Profusion (豊富、大量などの意味)
の名前が付いたそうです。

1938(昭和13)年以前、オランダのハーグで、S.G.A.Dorrenbos氏 によって
クラブアップル・レモイネ(フランス語読みでルモアン)と 
Malus sieboldii ズミとの交配が行われた結果生まれた品種です。

花はやや淡い赤藤色で、若葉は銅緑色から次第に赤茶色を経て
少し赤茶色を帯びた緑になり、秋には直径2cm程度の赤い果実が
枝いっぱいに付き、楽しめます。
樹は枝分かれして、せいぜい 4~5m程度になり、大木になりません。

category: お花が好き♪

CM: 2 TB: 0   

 

紅葉スモモ
紅葉スモモ1
紅葉李  ベニバスモモ

一般的なスモモは 白花に緑の葉ですが ベニバスモモは 花も葉も赤いです。

スモモというのはバラ科サクラ属の植物の中の一グループ
果樹として重要なのは日本のスモモ、アメリカスモモ
セイヨウスモモの三つの系統です。

このうち、我が国で季節の果物として出回るのは大部分が日本のスモモの系統で
あとはセイヨウスモモのいくつかの品種が、ドライフルーツに加工され
プルーンとしてわずかに出回っているにすぎません。

ベニバスモモは高さ七~八メートルほどの落葉小高木
新葉から赤色を帯びるのが特徴で、秋には濃い赤紫色になります。

花材としては、もっぱら新葉の時に用いられますが
葉にさきがけて四~五月に咲くピンク色の花もなかなか美しいものです。
七~八月に熟す果実には香りがあり、食用にされます。

李の花  スモモ
スモモ2
スモモ

category: お花が好き♪

CM: 2 TB: 0   

 

エピデンドラム
エピデンドラム2
エピデンドラム

ラン科のお花は 耐寒性が乏しく 温室じゃないと咲かないのが多いのに
開花時期は 寒い時期に咲き始めます。

蘭の花の一種ですが 花が 鍾馗様のような形をしています。
比較的 育てやすい蘭で カトレアと非常に近い仲間の蘭です。

エピデンドラム  ラン科
学名  Epidendrum  原産地  中南米
草丈  30cm~1m   開花時期   周年
エピデンドラム
中南米が原産の洋ランです。
花茎が伸びる品種と伸びない品種の2グループに分けられます。
花茎が伸びる方は1m以上に花茎が伸びて、その先に2cmくらいの
ちっさいけどもフクザツな花を数輪から10輪くらいつけます。

ほかにも朱色や赤色の花をつける品種もあります。
洋ランの中では比較的栽培は難しくなく、冬に10℃くらいの温度を
保つことができれば育てることができます 。

エピデンドラム1
エピデンドラム3

category: お花が好き♪

CM: 0 TB: 0   

 

カーペット・カスミソウ
カーペット・カスミソウ1
カーペットカスミ草

午前中はけっこういいお天気でしたが 予報通り 午後の3時頃から雨になりました。
今夜は風も強く大荒れになりそうな予報ですね。
散り始めた桜も コレで一気に終了です。

カーペットカスミ草は図鑑には育てやすいって書かれてますが
うちは毎年枯らし 毎年購入してる気がします。
ちょっと 山野草のオノエマンテマに似てます。 同じ仲間なんでしょうね。

あまり背が高くならず 名前の通り カーペット状に咲きます。
花径はカスミ草の割に大きく15㎜くらい。

カーペットカスミソウ   ナデシコ科  常緑多年草・一年草扱い  
ヒマラヤ地方原産
大きさ 背丈10~15cm  横幅20~30cm
主な見所 花(3~6月)

白い可憐な花を咲かせます。カスミソウの仲間ですが、一見そうには見えません
しかし、よく見ると花の色や形は多少大きいもののそっくりなのがわかります

カーペットの名の通り這うように育ちますが
成長はやや遅く広い面積をカバーすることはできません
繊細な見た目よりも丈夫な花です

category: お花が好き♪

CM: 6 TB: 0   

 

アネモネ・ブランダMX
アネモネ・ブランダMX1
アネモネ・ブランダ

先週末から急に暖かくなり セーターだと暑いくらいの陽気
今日は雨っぽい予報ですが 朝は意外といいお天気です。

  アネモネ・ブランダ
学名 Anemone blanda
科名・属名 キンポウゲ科 イチリンソウ属
分布 バルカン半島東部~トルコなど地中海東部沿岸地域
花期 3~5月

高さ10~20cm位の宿根草(塊茎)。岩の多い場所や開けた森などに生え
やや山地性。ギリシャでは特に多くの花色の群生を見ることがあります。

イチゲの仲間で、春先に菊咲きイチゲに似た花を咲かせます。

育て方
鉢植えにするか、春先日が当たり、夏場は半日陰になるような
排水のよい場所に2~3球植えとします。

10月下旬頃、気温が15℃位になってから植えるのがよく
早く植えると傷みやすいので絶対に避けること。

またアルカリ性の土を好むのでピートなどは避け
肥料は、化成肥料を適量与えます。

アネモネ・ブランダMX (2)

category: お花が好き♪

CM: 2 TB: 0   

 

シャクナゲ・黒潮 (2)
シャクナゲ・黒潮1 (2)
小型石楠花 黒潮  シャクナゲ クロシオ

躑躅と石楠花はかなり近い仲間で この交配種は沢山あります。
最近 流行なのはブルーに咲く 石楠花で 我が家も黒潮を持ってます。

黒潮はブルーのお花が咲く躑躅ですが シャクナゲとの交配種
何年か前に うちも購入しましたが ずっと花が咲かず 今年 土替えをしたら
自慢できるくらいきれいに咲きました。

黒潮はツツジの仲間では珍しい青紫色の花を咲かせる中低木の小輪系シャクナゲです。
丹那ゲンカイツツジとクレーターレイクの交配種人気品種。
花径は4cm前後です。

コンパクトな樹形なので庭木に最適で、樹高は10年でも2mほどにしかなりません。
開花時は株全体が花で覆われたようなみごとさ。
分枝性もよく、鉢植えでも楽しめます。
ブルー系の小輪系シャクナゲの中では「さざなみ」よりやや遅れて開花します。

ツツジ科の耐寒性常緑低木
耐寒性:マイナス5度まで
樹高:70~200cm
開花期:3月下旬~5月
日照:日向または半日陰むき
用途:庭植え、鉢植え

石楠花 クレータレーク
<シャクナゲ・クレータレーク
琉球躑躅 藤万葉
琉球つつじ・藤万葉

category: お花が好き♪

CM: 8 TB: 0   

 

ハナズオウ
ハナズオウ1
ハナズオウ2
花蘇芳  ハナズオウ

遠目 桃の花や梅の花に見えますが 花をよく見ると 
マメ科の花の形をしています。
ピンクの色が 濃いので 遠くからでも 目立つ花です。

ハナズオウ  マメ科 学名  Cercis chinensis
原産地  中国
草丈  3m~5m 開花時期  4月~5月

中国原産の落葉性の中高木で北海道南部~九州にかけて植栽が可能です。
春に葉がでる前に花を咲かせます。
花は濃い赤紫色のものが一般的ですが白い花を咲かせる
白バナ花ズオウなどもあります。

花はチョウチョのような形をしており満開時期は枝が見えないくらいに
びっしりと密に花をつけます。

category: お花が好き♪

CM: 4 TB: 0