Admin New entry Up load All archives

街の花便り

季節のお花を紹介してます。

 

ルリマガリバナ1
ルリマガリバナ
ルリマガリバナ2
瑠璃歪花  ルリマガリバナ

花弁の付き方が ちょっと変わってるから 歪花って名前なのかな?
1年草ですが こぼれ種ですごく増えます。

あまりお花屋さんでは見かけませんが よくチェックしに行くお花が多い家の
の敷地ではなく 公園の自分家側の場所にたくさん咲いてます。

瑠璃歪花  別名 ブロワリア  ナス科 ルリマガリバナ属 
春蒔き一年草
原産地 ペルー、コロンビア  中南米
花期 6月~10月
種まき 4月上~中旬

花径2センチほどでアメリカーナと言う品種です。
シルバーベルズ「美しく開花する」という意味の名を持つブロワリアは
夏らしい色の花

日本へは大正時代の末に渡来したそうです。
洋種のブロワリアとは 少し大きさが違い 小型です。
スポンサーサイト

category: お花が好き♪

CM: 1 TB: 0   

 

レンゲショウマ 八重
レンゲショウマ 八重1
蓮華升麻 八重咲き  レンゲショウマ

どのお花にも最近は八重咲きがありますが 蓮華升麻にも八重咲きがありました。
なんでも八重にすれば いいってもんではないような気がしますよね。

4、5年前に購入した蓮華升麻は 自宅の小陰に植えたら 案外丈夫で
毎年花を咲かせてくれますが ややお花が小さい傾向です。

レンゲショウマは その咲く姿から 「森の妖精」とも言われてます。
最近 急激に流行り始めて 御岳山の群生地が 最大量ですが 他の
植物園や公園にも植えられてます。

レンゲショウマは太平洋側の山地の落葉林内に生えるキンポウゲ科の多年草で
細長い花茎を伸ばし、約3~4cmの下向きの花を付けます。

花が下から見上げるとハス(蓮)の花に、葉がサラシナショウマ(晒菜升麻)に
似ているので、レンゲショウマ(蓮華升麻)の名がつけられたといわれています。

レンゲショウマ 八重2

category: お花が好き♪

CM: 2 TB: 0   

 

ノボタン
ノボタン1
紫紺野牡丹  シコンノボタン

野牡丹は野には咲いてないのに野牡丹・・・ 耐寒性がよくないので
関東地方でも冬を越すのは厳しいです。

英名がスパイダーフラワー 
外人さんは この蕊が 蜘蛛の手足のように見えるんですね。

シコンノボタン  英名スパイダーフラワー
ノボタン科ノボタン属/原産地:ブラジル

非耐寒性常緑小低木(3度以上)  開花時期  7月~11月
樹高 1m~1.5m   花径 5cm~7cm
花色 紫   植え替え 春(4月)
増やし方 挿し木(5月~6月)
日当たりを好む

シコンノボタンハは朝咲いて翌日には散る1日花です。
はじめは1つに見える蕾も中に19個の幼蕾が入っていて次々に花を咲かせます。
野生では樹高は8mぐらいにまでなります。
葉も薄い軟毛が密集したやわらかい感じで観葉植物としても楽しめます。

紫紺野牡丹は名前の通り蕊まで紫紺一色です。
野牡丹は この蕊が 白色になるのが特徴です。

野牡丹 白花
ノボタン 白花

category: お花が好き♪

CM: 1 TB: 0   

 

トサカケイトウ
トサカケイトウ1
鶏冠鶏頭  トサカケイトウ

強迫もが多かったので日が差さず 気温も低めで過ごしやすかったです。

女子ゴルフは久々にイ・ボミが圧勝~ 
解説が嫌いな戸張ってのが気に入らない!
あれだけ ゴルファーに嫌われる人を何故 解説に選ぶかなぁ~~?

普通 鶏頭と言えば この鶏冠鶏頭を差しますが 他にもヤリケイトウ
房鶏頭 野鶏頭(セロシア)があります。

鶏冠鶏頭の咲き始めは槍のように尖っており 槍鶏頭と勘違いしやすいですが
成長すると 鶏冠状になります。

トサカゲイトウ(鶏冠鶏頭)ヒユ科  ケイトウ属
花期 8~10月  学名 Celosia cristata. 英名 Common Cockscomb
別名 ケイトウ、クルメケイトウ
性状 非耐寒性一年草
原産地 アジア、アフリカ、南北アメリカ

ヒユ科の植物で、アジア、アフリカなどの亜熱帯から熱帯にかけて
約60種が分布します。

ケイトウは鶏頭と書き、花と思われている部分は、茎の上部が変形して
トサカ状になったものです。

花序の形態によって、大きく3つに分けられ、トサカケイトウは扁平な形
ヤリゲイトウは槍状、フサゲイトウは羽毛状です。中間型もあります。
どれも、一般的には「ケイトウ」として同一視することが多いようです。

トサカケイトウの中で、花冠が球状に発達した品種をクルメケイトウと呼びます。
花色 赤、桃、橙、黄など

category: お花が好き♪

CM: 4 TB: 0   

 

ミニハイビスカス・ピンク
ミニハイビスカス・ピンク1
ミニハイビスカス ピンク

昨日は二子玉川の花火大会でしたが雷雨で中止になってしまいました。
かなり前から 準備のために活動されてた人たちはガッカリでしょう~~

このハイビスカスは今年購入した新タイプのハイビスカスで 花径が半分の大きさ
名称はミニハイビスカスでしたが ネットにはこのタイプは載ってません。
株 ハクサンの別のタイプのミニハイビスカスが載ってます。

最近の新種は耐寒性があるものが多いですが これは不明なので
冬は室内にいれないといけないかも?

分類 アオイ科フヨウ属
学名 Hibiscus Hybrid
栽培法 春から初夏の生育期は特に肥料を切らさないようにします
販売期間 5月末~7月下旬
開花期 晩春~秋
水やり 鉢底から水が出るまでたっぷり与える。
置場所 一日中日の良くあたる場所。

category: お花が好き♪

CM: 4 TB: 0   

 

ヒマワリ
ヒマワリ1
向日葵  ヒマワリ

家の近所ですが普段通らない道を通ったら かなり大きなヒマワリ畑を発見♪
コレだけ沢山咲いてるとかなり見応えがあります。

今 向日葵も品種が多く ざっと100種類もあるそうです。
早咲きの部類のひまわりは けっこう初夏から見かけます。

ひまわり キク科 学名:Halianthus annuus 

難易度  (そだてやすい)
耐寒性  (ややよわい)

テキサスやカリフォルニアを原産地とし、野生のものは60種ほどが知られています。
英名は「サンフラワー」、和名では「向日葵(ヒマワリ)」「日輪草(ニチリンソウ)」
などと呼ばれ、どの名前も太陽に由来します

すくっと茎が長く立ち上がって大輪の花を咲かせる高性種
草丈が低く鉢植えでも栽培できる矮性種、よく枝分かれして賑やな分枝性種など
様々な品種があります。
まず、最初に用途や好みに応じて品種のタネや苗を選ぶことが大切です。

category: お花が好き♪

CM: 2 TB: 0   

 

ホリホック
ホリホック1
立葵 八重咲き  タチアオイ

タチアオイはほぼ終盤ですがこの八重咲きの園芸種は
フリルが付いたような咲き方で可愛いですね。

タチアオイ(立葵)は、昔から庭先で普通に見られる背(草丈)の高い花で
人が立っているように真っ直ぐ伸びた花茎に一重の五弁花
または八重咲きの花を穂状に多数付ける耐暑性耐寒性の宿根草(多年草)です。

葉には葉柄(葉に見られる筋のようなもの)が見られ、葉縁には
浅い鋸歯(切れ込み)があります。
タチアオイ(立葵)の葉は、葉茎に互生して付きます。
タチアオイ(立葵)は鑑賞用として植えられ、根は蜀葵根(ショクキコン)という
漢方薬の原料となり、花はハイビスカスティーの原料なる 
ハイビスカス と同様、お茶として飲まれたり天然の着色料となります。

タチアオイ(立葵)  学名:Althaea rosea(アルテアロゼア)
別名:ホリホック(Hollyhock,)、アルテアロゼア (Althaea rosea)
科属名:アオイ科タチアオイ属
原産地:中国、小アジア
草丈:100~200cm 開花期:5~8月 花径:10cm 咲き方:一重・八重

category: お花が好き♪

CM: 6 TB: 0   

 

八重オモダカ
八重咲き オモダカ
八重咲き面高  ヤエザキ オモダカ

どのお花にも八重咲きがありますが笑っちゃうことに水草の
オモダカにも八重咲きがあります。

【科名】オモダカ科 オモダカ属
【花期】夏(9月より最盛期を迎えます)
【学名】Sagittaria trifolia ‘Plena’
 
八重咲き品種 
葉が人面のように見え、かつ、葉の面に葉脈が高く隆起しているところから
「面高」と名付けられました 主に河川や湿地に生育する湿地性・抽水性の多年草水草

育て方
1)3〜5月頃に植えます。
2)高温性ですので早生タイプで、6月中下旬に発芽が見られます。
3)その頃に第1回目の肥料を施します。弊園では3.5〜4号深ポットで、IB化成を1粒です。
4)発芽が揃ってくるのは7月に入ってからですが、高温の気温と肥料に
 よってどんどん成長するかと思います。
5)肥料は1ヶ月毎に1粒施肥して下さい。
6)早いものは7月中頃に開花が始まります。
7)開花の最盛期は9月頃かと思います。肥料切れしないよう注意して育てて下さい。

オモダカ 八重

category: お花が好き♪

CM: 2 TB: 0   

 

ジニア1
ジニア2
ジニア
ジニア・リネアリス

今日は午後に雷雨がありそうな予報が出てましたが
少し大粒の雨が降っただけで今はピーカンになりました。
直射日光が当たるとすごく暑いです。

ジニアは 百日草の仲間で 矮性種で細葉
夏に元気なお花で 地植えにすると かなり増えて 暑い時期に楽しめます。

ジニア・リネアリス Zinnia angustifolia
キク科  ジニア属
春まき1年草
別名 細葉百日草   原産地 メキシコ
庭植え、鉢植え    開花時期 7~11月

ジニアは百日草のことですが、ジニア・リネアリスは、百日草とは別系統で
葉が細長いところに特徴があります。

ちなみに「リネアリス」は「細い線のような」という意味だそうです。
なお、百日草とジニア・リネアリスの交配種であるジニア・プロフュージョンが
「サカタのタネ」から発売されて、こちらもよく栽培されています。

category: お花が好き♪

CM: 0 TB: 0   

 

ゴマの花
ゴマの花1
ゴマの花2
胡麻の花  ゴマ

約一週間 箱根湿性花園のお花を紹介してたので 他の花のアップが遅れてます。
胡麻の花も旬な時期を 少し過ぎてしまってますね。

昨日は鹿児島の神村学園が延長戦に入って3点取り その裏
2アウト・ランナーなしから4点取られてサヨナラ負け・・・
神村学園は姪っ子の母校で かみさんもがっかりでした。
何故 負けるまでピッチャーを交代しなかったのか不思議です。

それにしても高校球児は高校時代に野球をしてた親の子ってのもあって
キラキラ・ネームばっかりです。  半分は読めない当て字の名前です。

ゴマの花は キツネノテブクロ(ジキタリス)によく似てますよね。
花は上に向かって沢山咲き 咲き終わった後にドンドン実が出来ます。

胡麻の花は ペンステモンとよく似てて ちょっと毛深いです。
花の寿命は 短く あっという間に 散ってしまいます。

産地はアフリカ、古く中国から伝わった栽培植物。
七月から八月にかけ淡い紫がかった、小さな釣鐘状の花をつける。
実ると朔果の中に四十粒ほどの実をつける。

胡麻は健康食品として有名で 特に黒ゴマは毎日 摂取すると
長生きするそうです。

category: お花が好き♪

CM: 2 TB: 0   

 


箱根湿性花園 八月

今年のお盆休みはずっと雨で 日曜だけ雨が降らない予報でしたが
結局 箱根に到着したら雨・・・ 傘を借りて園内を歩きましたが
途中で雨は止んでくれたので助かりました。

振り返ってみると結局 この日しか晴れ間はなく 湿生花園で沢山の
お花を撮影できたおかげで 雨続きで撮影できなかった日の分の
在庫も出来たので 苦労せずにすみました。

ほとんど目立ったものは写真でもアップしましたが 未アップのお花もあります。
普段は3分以内に収まるようにスライドは作成してますが
今回は少し長編で5分超えになってしまいました。

お花は小鬼百合、朝鮮嫁菜、銀露梅、松虫草、アメリカ水葵、山百合、節黒仙翁
草連玉、釣鐘人参、桔梗、金水引、穂先下野、ミソハギ、長穂ノ白吾亦紅、草藤
浜茄子、沢ヒヨドリ、深山七竈、紫錦唐松、金露梅、白髭草、玉紫陽花、関東嫁菜
桜蓼、沢桔梗、黄釣船、姥百合、半夏生、蓮華升麻、鷺草、ピラミッドアジサイ、仙人草

以上 32種類でした。

category: お花が好き♪

CM: 6 TB: 0   

 

シロバナワレモコウ
シロバナワレモコウ1
長穂ノ白吾亦紅  ナガボノシロワレモコウ

今日は仕事帰りに思い立って横浜の三井アウトレットパークに寄ってきました。
アウトレットに行っても 寄る店はプーマとアンダーアーマーだけですけどね。

今日はプーマの靴とアウターを一個づつ買って来ました。

この花は 見た目の名前通りです。 吾亦紅の長穂で 白花
湿性花園には 両方ともけっこう沢山咲いてます。

ナガボノシロワレモコウ   バラ科 ワレモコウ属

ナガボノシロワレモコウは湿原や湿性の草原に生育する多年草。
北海道・関東地方以北の本州、樺太に分布するが
中国地方などにも隔離分布している。

湿原に生育する植物は、氷河時代に分布したものが生き残っていることがあり
ナガボノシロワレモコウもその例の1つである。

地下に太い根茎があり、8月から10月にかけ
高さ1mほどの茎を出して花を付ける。
花は先端から咲き始め、花弁はない。
萼片は4枚で白色であり、これが花の色となっている

長穂ノ吾亦紅  ナガホノワレモコウ
IMG_3597_R.jpg

category: お花が好き♪

CM: 2 TB: 0   

 

ヒネム
ヒネム1
紅合歓  ベニゴウカン

今日も朝から雲が多く 午後から雨が降る予報です。
今週末も雨予報~~ 梅雨時期よりも多く雨が降ります。

紅合歓と書いて ベニネムって読みそうですが 
何故か 合歓はゴウカンと読みます。
別名は 緋合歓 こちらは ヒネムと読みます。 ややこしいですねぇ~

白花ネム カリアンドラと同じ仲間で ネムノキ(マメ科ネムノキ属)とは
別属の植物。

赤い針状の部分は雄しべで、雄しべの長さは2.5cmほど。
花は夜に開き、翌日の午後にしおれる(涼しい場所にある場合は長く咲き続け
ほぼ24時間後にしおれ始めるようだ)。葉は夜に閉じる

ベニゴウカン(紅合歓) ヒネム(緋合歓)
学 名 Calliandra eriophylla Benth.
分 類 マメ科カリアンドラ属
原 産 北アメリカ(アメリカ合衆国カリフォルニア州・テキサス州~メキシコ)
タイプ 常緑低木
栽 培 水はけのよい土に植え、日当たりのよい場所で栽培する。
    開花期は5~10月。暖地では屋外で越冬する

category: お花が好き♪

CM: 4 TB: 0   

 

食虫植物特集 Ⅳ
ハエトリグサ1
ハエトリグサ2
蠅取り草  ハエトリソウ

食虫植物のモウセンゴケって名前でも有名な植物ですが
いかにも食虫植物って形をしてますね。

モウセンゴケ科、ディオナエア(ハエジゴク)属。
食虫植物として有名ですね。
1属1種の常緑の多年草・・・
葉の中に左右3本ずつの感覚毛があり、虫がこれに触れると、
あっと言う間に葉を折り畳んで虫を捕らえ、
分泌液で養分を消化してしまいます。

空振りを避けるために、1回の刺激では反応せず、
2回目の刺激に反応するそうです。

ハエトリグサ

category: お花が好き♪

CM: 6 TB: 0   

 

食虫植物特集 Ⅲ
ミミカキグサ
ミミカキグサ1
耳掻き草   ミミカキグサ

苔の一種で 食虫植物 お花が耳掻きのような形で非常に小さなお花

ミミカキグサ Utricularia bifida (タヌキモ科 タヌキモ属)

ミミカキグサは本州から沖縄、中国・インド・マレーシア・オーストラリアに分布する多年草。

地中に捕虫嚢を付け、プランクトンなどを捕まえる食虫植物。
6~8mmの葉を泥上にだし、8月頃から秋にかけて
高さ10cm前後の花茎を出して黄色い花を咲かせる。

花後、顎が残ってちょうど耳掻きのような形となる。
湿原にも生育するが、湖岸・湿った岩上などにも生育し
この仲間としてはもっとも生育範囲が広く
必ずしも貧栄養な環境にを要求しているのではないと思われる。

中~貧栄養性のため池などの水位変動域にもよく生育している。
ダム湖湖岸では、半年も水面下であるような立地における生育も報告されている。
水中でも生育できるのか、短期間で生長が可能なのか
いずれにしても非常に長期間の水没に耐えられる植物である。

同じ仲間にウサギゴケもいます。

兎苔  ウサギゴケ
ウサギゴケ

category: お花が好き♪

CM: 2 TB: 0   

 

食虫植物特集 Ⅱ
虫取りスミレ
虫取りスミレ1
虫取り菫  ムシトリスミレ

この花は すみれの名前がついてますが スミレとは無関係
でも 小さくて 可憐なお花です。 多肉植物系の小さな2cm
くらいの丸い球から すっと茎が伸びて 2cmくらいの花を咲かせます。

花の下についてる 舌状の茎がのび それが特徴です。。

品種名 ピンギキュラ属 姫足長ムシトリスミレ(エセリアナ) 虫取りスミレ
学 名 Pinguicula esseriana
花 期 冬~早春 花 色 ピンク
特 徴 肉厚な薄い黄緑の葉のロゼットを形成する食虫植物。

葉の表面からネバネバの液を分泌し小さな虫を捕まえる。
夏は葉淵が反り返る 食虫植物の入門種。
育て方 食虫植物なので多肉植物よりか水多め・湿度高めに育てる。
5℃以上で育てる。葉挿しによる繁殖ができる。

食虫兼多肉です。

category: お花が好き♪

CM: 0 TB: 0   

 

食虫植物特集 Ⅰ
イビセラ
イビセラ1
イビセラ・ルテア

今日は雨は降りませんでしたが どんよりお天気で湿度が高く
ひじょうにムシムシしました。
明日の午後から またお天気が下り坂なので 少し 頑張って在庫を増やしました。

箱根湿性花園に夏に行くと 毎年必ず 食虫植物特集をしてます。
前回入れたサラセニアも食虫植物の代表格です。

割と有名な食虫植物ですが この実は悪魔の爪と呼ばれており
独自な形をした実ができます。

このお花 湿性花園の販売コーナーにもたくさん売られてました。

イビセラ ルテア (Ibicella lutea) は、南米産の雑草で多くの国に帰化しています。
これと、類似の属の植物は、“デビルズ クロー”(悪魔の爪)とか
“ユニコーン プランツ”(一角獣のような植物)という名で広く知られています。
種子のさやが独特の形をしているからです。

葉に腺毛があることから、ピンギキュラ (Pinguicula) に類似した
食虫植物であると言われてきました。
 
この植物はネバネバしているということ以外の何者でもないということです。
この植物の面白い特徴は、柱頭の表面が刺激によって動くということで
明らかに自家受粉を避けていると思われます。

category: お花が好き♪

CM: 2 TB: 0   

 

クサレダマ
クサレダマ1
草連玉  クサレダマ

今日もお天気が悪く 結局 このお盆休みは毎日 雨でした。
コレだけ雨で 寒い日が続くのも珍しいですね。
空梅雨で夏の水不足も心配されてましたが 水不足のニュースは消えてしまいました。

キレイな花なのに ずいぶんとひどい名前を付けられたと思ったら
草連玉って 漢字で書くと そうでもないですね!
普通 「腐れ玉」をイメージしますよね!

クサレダマ(草連玉) サクラソウ科
40~80cm、1.5cmほど、黄色
開花時期 7~8月、湿った草原
分布  北海道、本州、九州

茎には短い腺毛と短毛がやや密に生える
葉は対生または3~4個が輪生して長さ4~12cm幅1~4cm
の披針形で先端はとがる
茎の上部に花を円錐状に多数つける
花の色から別名イオウソウという

由来 花がマメ科の低木のレダマに似ているから

クサレダマ1

category: お花が好き♪

CM: 6 TB: 0   

 

ピラミッドアジサイ1
ピラミッドアジサイ2
ピラミッド・アジサイ

ノリウツギの園芸種で水無月って種類 
これの事をピラミッド・アジサイといいます。
なぜか 普通の紫陽花よりもかなり遅れて咲きはじめ 7月の後半に咲きはじめます。

ピラミッド・アジサイ ユキノシタ科 アジサイ属の 耐寒性落葉低木

ノリウツギの園芸品種

ノリウツギ(糊空木)は アジサイの仲間で 樹皮から和紙を作るための
糊をとった事からその名がついた。

ノリノキ サビタ(北海道での名)の別名もある。
ノリウツギは アジサイ属の中では 独特の円錐形をしている。
その花が 全部装飾花になったものが 水無月で古くから 栽培されている。

ヨーロッパで 品種改良されたものが 近年 日本に逆輸入され
セイヨウノリウツギ ピラミッドアジサイの名前で呼ばれる。

ピラミッドアジサイ

category: お花が好き♪

CM: 2 TB: 0   

 

キンミズヒキ
キンミズヒキ1
金水引  キンミズヒキ

金水引だけは タデ科ではなく バラ科のお花ですが 細長く咲くので
水引の名前が付いてます。
里山周辺には けっこう沢山咲いてますが 街中では みられなくなりました。

キンミズヒキ  バラ科 キンミズヒキ属

金色の水引からの名の由来のとおり、長い花茎に連なって
小さな黄色い花を咲かせる。

山野に生える多年草で、高さ40~90センチ。
黄色い5弁の花を穂状にたくさんつける。
直径6~10ミリ。ヒメキンミズヒキに比べ、丸みがある。
全体に毛が多く、葉は奇数羽状複葉。小葉は5~9個で、鋭鋸歯がある。

キンミズヒキの全草は、生薬名仙鶴草(せんかくそう)又は龍牙草(りゅうげそう)
として知られている。
喀血、血便、子宮出血などの止血、抗菌、消炎
鎮痛、健胃、下痢止めと、効能は多い。

category: お花が好き♪

CM: 4 TB: 0   

 

ナナカマド
ナナカマド1
深山七竈  ミヤマナナカマド

ナナカマドは紅葉が美しい花木として有名ですが けっこう種類があり
高山に咲くのでも 深山七竈 高嶺七竈 裏白七竈 普通の七竈ってあります。
箱根ではもう紅葉が始まってました。

本州中部から北海道に分布、亜高山から高山帯に生え
背丈1-3m程度までになる落葉低木。
ナナカマドの仲間では、ミヤマナナカマドは一番標高の高い所に生えると言われ
高山帯では背丈1m以下でも花が付き、背丈2m程度までしかならない事も多い。

葉は互生し、大きさ20cm程度の奇数羽状複葉で、7-9枚とやや少ない小葉が付き
小葉の大きさ3-6cm程度、葉の表も裏も緑色で、葉の縁ほぼ全周に鋸歯が有る。

他のナナカマドと同じく、真っ赤に紅葉する。
花期は6-7月、新枝の先に花序を出し、径1cm前後の白色5弁の小花を多数咲かせる。
花後果実は、秋未だ葉が緑のうちから径5mm程度になって赤く色付き
落葉後も遅くまで残る。花も果実もほとんど垂れない。

低山では高木になるナナカマドが有り、これの背の低いものとよく似るので
標高の低い所では見分けが難しい。

七度かまどに入れても燃え尽きないからこの名になったとの説が
有るが、難なく燃やす事が出来るらしい。

category: お花が好き♪

CM: 2 TB: 0   

 

タマアジサイ
タマアジサイ1
玉紫陽花  タマジサイ

お盆休み 最終日なのに今日も雨・・・ ただ渋滞中だと炎天下よりも
雨の方が多少は楽かもね?
明日からはまたお仕事です・・・。

玉紫陽花は 名前の通り 蕾の状態が玉になっており 
これが割れて花が咲き始めます。

この花は普通のアジサイよりも かなり遅れて咲き始め 真夏がシーズン

タマアジサイの名は、蕾がしっかりした苞(ほう・苞葉)に包まれ
大きなまん丸い形になることによります。

タマアジサイの花は、ヤマアジサイやガクアジサイより遅咲きで
7月~9月に開花が見られる。
タマアジサイの開花は、ヤマアジサイやガクアジサイのように1株の花が
一斉に開花するのではなく、大きくなった蕾から順番に開花するので
同じ株でも長期間花が見られる。

したがって、木全体が花に覆われると言ったことはない。
野生のものは、装飾花が白、両性花が青紫をした額咲きの花をつける。
装飾花の花弁のように見えるのは、ガクが発達したもので
アジサイ科に共通の性質である。

タマジサイ

category: お花が好き♪

CM: 2 TB: 0   

 

サワギキョウ1
サワギキョウ
沢桔梗  サワギキョウ

今日もお天気が悪く 小雨模様 夏休み こんなにお天気が悪い日が続くのは
かなり珍しいですね。
夏の行楽客相手の商売は かなりの打撃です・・・。

箱根湿生花園は 湿地なので この沢桔梗は沢山 咲いており 個体も大きいです。
けっこう 背が高くなる花で 1,5mくらいのも咲いてます。

今 園芸店では この花に似た仲間の 宿根ロベリアを沢桔梗の名称で
販売しており これも 混乱の元です。

サワギキョウ Lobelia sessilifolia Lamb. (キキョウ科 ミゾカクシ属)

サワギキョウは全国の湿地に生育する多年草で、東アジアにも分布する。
国内では、北方に至るほど多い。草丈は1mを越えることもあり
湿地としてはやや栄養分の多い場所に生育する。

花の色はキキョウのイメージはあるものの、花の形は大きく違う。
種子は小さく、虹色の光沢があって美しい。
茎は中空で、傷が付くと白い乳液を分泌する。

category: お花が好き♪

CM: 2 TB: 0   

 

仙人草
仙人草1
仙人草2
仙人草  センニンソウ

この花は 野生のクレマチスの仲間です。
大きいお花屋さんだと クレマチス・グラータの名称で売られてます。

日当たりのいい場所で繁殖するので 箱根に行く途中の国道脇に
沢山咲いてました。

センニンソウ(キンポウゲ科センニンソウ属)

日本全国に広く分布し どこでもみられるつる性の多年草です。
日当たりのよい山野や道ばたの低木などに葉柄が曲がりくねってからまり
広がっているのを見かけます。 

葉は羽状複葉で、子葉は3~4枚ですが、形に変化の多い植物です。
8~9月に白い花を円錐状にたくさん上向きに付けます。
十文字に開いているのは花弁ではなく、萼弁です。花の直径は3センチほどです。

果実には花柱が残り、そこに白い毛が密生します。
その様子を仙人のひげに見立てて、このような和名がつきました。有毒植物です。

category: お花が好き♪

CM: 4 TB: 0   

 

朝鮮嫁菜
朝鮮嫁菜1
朝鮮嫁菜  チョウセンヨメナ

晩夏に咲く 嫁菜の仲間は どれも良く似ており 判別が難しいです。

関東嫁菜とそっくりですが 花の大きさが大きく 花径が4~5cm
花名に 菜と付く花は 全て 食べれますよ!って意味だそうです。

チョウセンヨメナ (朝鮮嫁菜) キク科 ミヤマヨメナ属
別名 チョウセンシオン 学名 Miyamayomena koraiensis
花期 6~9月  草丈 60~100 ㌢  帰化植物

朝鮮半島原産で観賞用に大正年間に持ち込まれ
小石川植物園から流布して今では広く栽培されている。

全体に無毛で、全葉に浅(低)くてまばらな鋸歯がある。
葉は肉厚で、全て披針形、表面はザラザラで裏面はツルツル。
頭花は直径4-5㎝ほどで舌状花は明るい青紫色。
耐寒性が強く病害虫もほとんどなくやや湿った土地にもよく育つ。

関東嫁菜  カントウヨメナ
関東嫁菜
関東嫁菜1

category: お花が好き♪

CM: 4 TB: 0   

 

ヤナギタンポポ
ヤナギタンポポ1
柳蒲公英  ヤナギタンポポ

ブログ初登場のお花 絶滅危惧種にも指定されてます。

お花はコウゾリナに似てますが 無毛で葉っぱが特徴的

ヤナギタンポポ Hieracium umbellatum (キク科 ヤナギタンポポ属)

ヤナギタンポポは北海道・本州・四国および北半球に広く分布する多年草。
山間の湿地に生育するとされるが、草丈が1m程度にもなるので
単に湿っている場所に生育するのであろう。

茎は1本立ちとなり、開花時には根出葉は枯れているとのこと。
茎葉は多数付き、細長くて長楕円状被針形。
この個体では荒い鋸歯があるが、全縁であることもあるとのこと。

花は8月から9月に咲き、頭花は直径2.5~3.5cm。ニ
ガナ類に似た黄色い花である。

category: お花が好き♪

CM: 0 TB: 0   

 

半化粧
半化粧1
半夏生(半化粧)  ハンゲショウ

今日も一日中 小雨ですることがなく退屈です・・・。
午前中 近所のショッピングセンターに行きましたが
駐車場に入れるにも待たされるほどでした。
まっ 雨の休日 考えることは一緒です。

以前はハンゲショウは 半分白くなってるので 半化粧だって思い込んでました。
正式には 半夏生みたいですが 半化粧でも正解みたいです。

ハンゲショウ  Saururus chinensis
ドクダミ科 多年草  

ハンゲショウという名前のいわれは、花期の7月初旬をいう
「半夏生(はんげしょう)」という説と、葉が半分白くなるので
「半化粧」からという説がある。

高さ60~100cm、葉は長さ5~15cmの卵心形で、花のころ茎の
上部の葉だけ白く変わり、白スプレーを吹きかけたようになる。
花期:6~8月、葉のわきから出た細い花穂に白色の小さい花を多数つける
湿った場所に 群生します。

category: お花が好き♪

CM: 2 TB: 0   

 

キツリフネ
キツリフネ1
キツリフネ2
黄釣船  キツリフネ

今日もお天気が悪く肌寒いほどの陽気 
コレで安心してると来週はきっと猛暑が戻ってきます。
連休でお天気が悪い日が続くとすることがなくて困ります。

山野草の中で このツリフネソウは独自の形をしており
私の好きな花の一つです。

実は鳳仙花と同じ仲間ですが こちらは 花が葉に隠れずに咲くので
吊り下がった形が よくわかります。
花と言うより ちょっと虫みたいです。

キツリフネ Impatiens noli-tangere (ツリフネソウ科 ツリフネソウ属)

キツリフネは、北半球に広く分布し
日本では北海道から九州にみられる1年生草本。
低地から山地の谷あいの林内や林縁など、湿った半日陰地に生育する。
和名は黄色の花を咲かせるツリフネソウの意味。

高さは50センチほどで、茎は直立して枝を分け、全体に軟弱なイメージがある。
葉は互生し、葉身は楕円形で、質はやわらかい。
ツリフネソウの仲間で、花が葉の下(裏)で開花しないのは
ツリフネソウだけである

釣船草  ツリフネソウ
ツリフネソウ
ツリフネソウ2

category: お花が好き♪

CM: 2 TB: 0   

 

シラヒゲソウ
シラヒゲソウ1
白髭草  シラヒゲソウ

湿性花園には この白髭草 ロックガーデンに自然の状態で
けっこう沢山咲いてます。

シラヒゲソウは 背丈が低く 花径が4cmくらいのお花
名前の通り 花弁が白髭のように裂けてて 美しいお花です。

シラヒゲソウ(白髭草) Parnassia foliosa var. nummularia
ユキノシタ科 ウメバチソウ属  草丈15~30cmの多年草。

葉は根元から数個出て、花茎にも4~6個をつけ葉は円心形で多少茎を巻く。
花は茎の先に径2~2.5cmの花を1個つける。
花弁は白色で5個、縁は細かく裂ける。
本州、四国、九州 山地の谷沿いの湿地 花期: 8~9月

ウメバチソウの仲間で、葉の形やつき方を見るとよく似ている。
花弁の縁が細かく裂けた様子を白い髭に見立て和名がつけられている。
谷沿いの暗い湿った場所に多く、池のまわりの湿地などでも見かける。

category: お花が好き♪

CM: 2 TB: 0   

 

シカクヒマワリ
シカクヒマワリ1
四角向日葵  シカクヒマワリ

夏に咲く 黄色いお花で この花に似てるのは結構多いです。
キクイモ ヒメヒマワリ(一重) 宿根ヒマワリ 等がありますが
四角ヒマワリは 名前の通り 茎が四角いので すぐにわかります。

四角向日葵(シカクヒマワリ)はキク科テトラゴノテカ属の一年草
向日葵(ヒマワリ)に近い仲間である。
原産地は北アメリカの南東部

和名の由来は、茎が四角いところからきている。
草丈は2メートルから3メートルくらい
茎は直立をする。
葉は心形で、向かい合って生える(対生)。
葉の先は尖り、つけ根の部分は茎を抱く。

開花時期は6月から8月である。
茎の上部で枝分かれをして、先に黄色い花(頭花)をつける。
花は向日葵(ヒマワリ)ほどは大きくはない。

学名:Tetragonotheca helianthoides

category: お花が好き♪

CM: 2 TB: 0