Admin New entry Up load All archives

街の花便り

季節のお花を紹介してます。

 

大千本槍
大千本槍2
大千本槍  オオセンボンヤリ

今日は久々の青空です。 雨続きの間にすっかり秋も深まって
気温は低めです。
今週は晴れるのは今日だけの予報なので少し写真の在庫を増やさないと
来週が心配になっちゃいます。

大千本槍は ガーベラの和名ですが普通の千本槍とは かなり形が違いますね。
この花も 南アフリカ原産なのに 寒い日本に定着し 何年も咲き続けます。

南アフリカが原産です。
19世紀の終わりからヨーロッパで改良が重ねられてきました。
ロゼット状の根生葉から、花茎を伸ばして花を咲かせます。

花色も豊富で、一重咲きと八重咲きがあります。
属名は、ドイツの医師だったゲルベル(T. Gerber)に因みます。

和名では、「アフリカセンボンヤリ(千本槍)」とか「オオセンボンヤリ
(大千本槍)}と呼ばれます。

キク科オオセンボンヤリ属の多年草で、学名は Gerbera jamesonii。
英名は Transvaal daisy, African daisy
スポンサーサイト

category: お花が好き♪

CM: 1 TB: 0   

 

ホトトギス (2)
ホトトギス1 (2)
杜鵑  ホトトギス

ホトトギスは何回もアップしてますが大きな群生を見つけたので再アップです。
うちのホトトギスもかなりの大株で50cmくらいの大鉢で育ててます♪

ホトトギスは 中央の雌蕊が高く飛び出しており 特徴的な形をしてます。
杜鵑には 台湾 黄花 白花 山 山路 などがありますが 園芸種でも
台湾ホトトギスをベースに 40種類くらいあるそうです。

杜鵑 ユリ科 ホトトギス(tricyrtis)属

花にある油点が、ホトトギスの胸羽根の模様に似ている事からこう呼ばれている。
冬場は地上部が消えるので耐寒性は有ります。
夏場は、半日陰の方が葉焼けしない。

根詰まりと水切れで葉が枯れ上がったり、葉先が枯れ込んだりし易いので
初夏の頃に鉢をおおきくしてやるのも良いようです。
名前を付けられている園芸品種物の多くは
台湾ホトトギスを元親として改良された物だそうです。

ホトトギス
ホトトギス1

category: お花が好き♪

CM: 2 TB: 0   

 

IMG_4565_R_R.jpg
IMG_4566_R_R.jpg
フレンチ・マリーゴールド

マリーゴールドは 花期が長いお花で 5月頃から晩秋まで咲き続けます。
手入れが比較的簡単なお花なので 公共の公園のガーデンでよく見掛けます。

フレンチマリーゴールド(孔雀草)

名前どおりゴールド系の色の花が多い キク科.1年草.メキシコ原産.
アフリカンマリーゴールドの兄弟として、最初パリのフランシス王の
庭園に入り各国に流れた。
園芸種が多く、高さ30~50センチ位.
よく分枝し、その枝が開出して地面をおおうように育成する.
頭花の直径は5センチ前後、八重と一重、二色咲もあり
舌状花は縁が黄色で、中が紫褐色.”孔雀草”、”紅黄草(こうおうそう)

聖母マリアの花として17世紀の絵画にもよく登場し良い香がする。
マリアの黄金で、Mary's gold.
相当永く、秋まで咲き続けるので”万寿菊”とも云われる。
それに対してアフリカンマリーゴールドの和名は 千寿菊 

IMG_4564_R_R.jpg

category: お花が好き♪

CM: 2 TB: 0   

 

IMG_4550_R_R.jpg
IMG_4549_R_R.jpg
ダリア 小型

今日は午後から晴れる予報でしたが横浜は晴れず
単に雨が止んでたってだけです。
気温が低く 今日も寒い一日でした。

ダリアは 薔薇の花と同じように 種類の多いお花で
花の大きさも 咲き方も 色も豊富なお花ですね。

ダリアは短日植物なので 春と秋に二回咲きます。

ダリア  [学名:Dahlia pinnata Cav.]

キク科の春植え球根草。天竺(インド)から伝えられたボタンの意味から
和名をテンジクボタン(天竺牡丹)という。
メキシコおよび南アメリカの山地の原産。地下に大きい塊根があり
肥大部には芽はなく、塊根が茎に付着している基部から新芽を出す。

茎は太く空洞で高さ0.3~1.5メートルとなり、各節から葉が対生する。
葉は羽状に裂け、表面は濃緑色で裏面はやや白みを帯びる。
夏から秋、分枝の先に径3~30センチメートルの頭花を開く。
切り花用、花壇用とし、多くの品種があり、高性種から矮性種まである。

category: お花が好き♪

CM: 3 TB: 0   

 

IMG_4547_R_R.jpg
IMG_4546_R_R.jpg
サルビア・ファリナセア  ブルーサルビア

今朝も冷え込んでいますが午後に晴れる予報
今週お日様が出るのは今日の午後だけかも?
半袖から急にセーターの生活は参りますね。

一般的には サルビア・ファリナセアの事をブルーサルビア
白を ホワイトサルビアの名称で 販売してます。

別にブルーセージって同じシソ科の花があるので紛らわしくなります。

ブルーサルビア (Blue salvia)
シソ科 サルビア属   原産地:ブラジル、アメリカテキサス州~メキシコ
別名:ケショウサルビア(化粧サルビア)、サルビア・ファリナセア(Salvia farinacea)

ラベンダー(Lavender)に似た花 ブルーサルビア(Blue salvia) は
夏に開花する非耐寒性一年草(多年草)でハーブの一種です。

サルビア・ファリナケアとも呼ばれますが、サルビア・ファリナケアの花色には
この青紫色の他、白色品種もあります。
葉は根元の方についていますが、葉形は長楕円形をしています。

花の感じが、同じシソ科の ラベンダー(Lavender) と似ていますが
ラベンダーの葉は細いです。

category: お花が好き♪

CM: 0 TB: 0   

 

IMG_4655_R_R.jpg
IMG_4642_R_R.jpg
錦木  ニシキギ

ニシキギの紅葉は非常にキレイで 世界三大紅葉の一つにされてます。
マユミ コマユミ ツリバナも このニシキギの仲間です。

ニシキギやハゼノキは 他の広葉樹よりは少し早めに赤くなりはじめます。

世界三大紅葉は ニシキギ スズランノキ ニッサシルバチカで
モミジが入ってないのが不思議ですね。

ニシキギ(錦木)  Euonymus alatus  ニシキ科/落葉低木/
別名 ヤハズニシキギ  

コルク質の翼をもつ枝が特徴で、葉の緑が鮮やか。
また、紅葉が美しい。これが名前の由来であろう。

まさに錦秋の頃らしく紅葉がひときわ明るく美しいので「錦木」の名がついたという。
この紅葉の美しさと、はじけた果実の変わった姿がおもしろくて
庭木として愛好されている。

ニシキギは枝からコルク質の翼が出てるのが特徴で見分けやすいです。

南天の紅葉
IMG_4609_R_R.jpg
IMG_4608_R_R.jpg

category: お花が好き♪

CM: 6 TB: 0   

 

IMG_4545_R_R.jpg
IMG_4548_R_R.jpg
チョコレートコスモス

チョコレートコスモスの本来の開花時期は 夏から秋にかけてですが
園芸店には 真冬以外 一年中 売られてますよね。

最近は この暗褐色が人気みたいで 黒花として いろんなお花に
この色の花があります。

チョコレートコスモス Cosmos atrosanguineus.
キク科   コスモス属
半耐寒性宿根草   原産地 メキシコ
庭植え、鉢植え   8~10月

チョコレートコスモスという名前は、まったくこの花にピッタリの
ネーミングで、花色も似ていますが、香りもチョコレートににている
という少し不思議な植物です。

チョコレートコスモスは何種類もあって 園芸名が カカオ ワイン ストロベリー
って 食べ物のような名前が ついてます。

最近人気が出てきたように思いますが、寒さに弱いのが少し残念です。
原産地のメキシコでは絶滅しそうだそうです。

category: お花が好き♪

CM: 0 TB: 0   

 

IMG_4558_R_R.jpg
IMG_4557_R_R.jpg
IMG_4559_R_R.jpg
セロシア・キャンドル

今日は少し異常と思えるくらい気温が下がり 12月中旬の気温
寒いので朝セーターを着て出かけましたが 夕方も寒かったので大正解でした。
注意してないと風邪を引いてしまいそうです。

セロシアは野鶏頭の事をいいますが 野には咲いておらず洋種のケイトウです。
真夏でも丈夫なお花ですが このお花は1年草です。

セロシア   学名 Celosia argentea
別名 ノゲイトウ(野鶏頭)、ヤリゲイトウ(槍鶏頭)
科名 ヒユ科   原産地 熱帯アジア
植物分類 1・2年草   常緑・落葉 常緑

ケイトウの仲間ですが花が小さく、より野生的でかわいらしい雰囲気があります。
槍のようにとがったピンク色の花を秋までたくさん咲かせます。

日当り、水はけの良い場所を好みます。
多湿を避けて風通しを良くしてやりましょう。
植え付け時は根を動かさないように気を付けましょう。肥料は控えめにします。
5月に播種してふやすことができます。
草丈が高くなるので、花壇の場合は後方に植えると良いでしょう。

category: お花が好き♪

CM: 6 TB: 0   

 

IMG_4552_R_R.jpg
IMG_4551_R_R.jpg
IMG_4561_R_R.jpg
コキア  別名 ホウキグサ

昨日は雨の中 ズーラシアに行きましたが実はこちらがメインで
お隣の里山ガーデンで行われた 秋の大花壇祭を観に行ったのです。

花壇に使用してるお花はポピュラーなものが多く 名前がわからない花が
一個もありませんでした。

コスモスがもう終わってるのが残念でした。

コキアは 1年草で 秋に真っ赤に紅葉します。
こぼれ種で 翌年も新しい芽が出て来ますが 雌雄異株なので
傍に両方がないと 種は出来ません。

コキア  科名・分類 アカザ科  春まき一年草  アジア原産
大きさ 背丈40~100cm  横幅25~70cm
主な見所 葉(6~10月) 紅葉(10~11月)

ぱっと見は柔らかいコニファーのような姿ですが
晩秋には枯れてしまう一年草です
花は目立ちませんが、線状のきれいなライトグリーンの葉と
自然に卵形にまとまる株姿を楽しみます
秋には実がなり、晩秋には真っ赤な紅葉も楽しめます
成長が早いですが、密に植えるとあまり横には広がりません

category: お花が好き♪

CM: 0 TB: 0   

 


よこはま動物園 ズーラシア

今日はズーラシアの隣の公園で 里山ガーデン 秋の大花壇
ってな催しがあったので 雨の中 観に行きましたが 思ったよりも
展示が少なく ちょっと損をした気分(入場料は無料)

車をズーラシアの北駐車場に停めたので 折角だからズーラシアを
見物していこうってな事で 初めてズーラシアを観てきました。

園内はかなり広く 思ってたよりも動物数も多いですが
なんせ雨降りなので 動物も濡れるのを嫌がって穴の中か
屋根がある場所に避難してるのが面白かったです。

北口から入場したので園内の動物を見学し終えてから戻るのに
かなりの時間がかかり 今日は2万歩くらい歩きました。

ずっと雨が降ってましたが けっこうの人が見学に来ており
土日は それなりに混むものなんだと感心しました。

category: お花が好き♪

CM: 8 TB: 0   

 

サワフジバカマ
サワフジバカマ1
沢藤袴  サワフジバカマ

今日もお天気が悪く 外はかなり寒そうです。
横浜ズーラシアの隣の里山ガーデンで今日は秋の大花壇ってな
イベントがあるのでそこへ行ってみようと思います。

サワフジバカマは交配種で桃色の濃く 茎が赤いのが特徴
フジバカマとサワヒヨドリの雑種起源の植物

このお花もフジバカマの名称で園芸店に並ぶので混乱し易いです。
フジバカマは茎が緑色 サワフジバカマは赤い茎です。
(白花は普通の緑)

この種は、彼方此方の庭や畑で目に触れる事が多い。
草本全体が赤味を帯びており、サワヒヨドリのイメージにも良く似ている。

このサワフジバカマの区別点は、有柄であリ、腺点が疎らにある。
茎が赤味を帯びているところは、サワヒヨドリと良く似ている。

しかし、サワヒヨドリは無柄であり、葉の裏には腺点がびっしりある。
葉の形は3深裂するが、サワフジバカマの3深裂した葉は
綺麗に整って居り、フジバカマに似ている。

category: お花が好き♪

CM: 4 TB: 0   

 

マユハケオモト
マユハケオモト1
眉刷万年青  マユハケオモト

マユハケオモト ジョイママさんから一鉢貰ったものを去年の夏に
4鉢に分球したら 今年は大きめの2鉢が咲きました♪

名前の通り 眉刷毛に使うような花が咲き ユニークな形をしてます。
和風な名前ですが 原産地は南アフリカです。

マユハケオモト ヒガンバナ科 別名 ハエマンサス・アルビフロース

ハエマンサスはアフリカ、南アフリカに約60種類が分布する球根性の植物で
生育サイクルやその形状などからマユハケオモト型とセンコウハナビ型の
大きく2種類に分けることができます。

それにより、栽培の方法も若干異なります。

マユハケオモト型は主に夏に休眠して秋に花を咲かせるサイクルのもので
葉は分厚く表面はのっぺりとしており舌(ベロ)のような形をしています

眉刷万年青 赤花
マユハケオモト 赤
マチュハケオモト1

category: お花が好き♪

CM: 4 TB: 0   

 

金木犀
金木犀1
金木犀  キンモクセイ

今年は金木犀のアップが遅くなりました。
金木犀は 芳香の方が有名ですが好々があって この香りが苦手って人もいますね。

この花 静岡県の県花で 掛川市の市の花でもあります。
気候が温暖で 比較的暖かい地方のお花かな?

この花の花粉は アレルギーの人もいますね。
薬効も強く 金木犀の花は 食べれるみたいですよ。

キンモクセイ(金木犀、学名:Osmanthus fragrans var. aurantiacus)
モクセイ科モクセイ属の常緑小高木樹で、ギンモクセイの変種。

中国南部が原産で江戸時代に渡来した。
中国では正しくは丹桂がこれに当たるが、一般には桂花の名で呼ばれる。
しかし桂花は木樨属におけるひとつの種名であり
金桂(ウスギモクセイ)、銀桂(ギンモクセイ)などを含む全ての
亜種・変種・品種を総括するものである。

キンモクセイ

category: お花が好き♪

CM: 4 TB: 0   

 

セイタカアワダチソウ
セイタカアワダチソウ1
セイタカアワダチソウ2
背高泡立草  セイタカアワダチソウ

今日は予報通り 一日中 小雨模様で寒かったです。
昼に前から観たかった映画「僕のワンダフルライフ」を観に行ってきました。
犬が生まれ変わって元の飼い主に出会う物語ですが
ちょっとウルって来る場所が3回くらいはあります。

秋も深まって背高泡立草が大きな群生を作るようになって来ました。

背高泡立草  学名:Solidago altissima L.

キク科の多年草。 茎は直立し、高さ2~3メートルになる。
茎の基部から四方へ走出枝を出し、その先に新苗をつくるので
容易に大きな群落となる。

10~11月、多数の黄色の頭花を大きな円錐(えんすい)花序につける。
北アメリカ原産の帰化植物で、都会地に接した川原の土手や荒れ地に
しばしば大きな群落をつくる。

花粉アレルギーをおこす植物と騒がれたが、本種は風媒花ではなく
花粉が空気中を漂うことはないので、花粉アレルギーをおこすとは考えにくい。

category: お花が好き♪

CM: 2 TB: 0   

 

花水木
花水木1
花水木 実  ハナミズキ

秋はゴルフシーズンで毎週のようにゴルフ予定が入ってるのに
偶然 今週はゴルフの予定がなくラッキーです♪
今週はずっと金曜までお天気が悪い予報ですね。

花水木 紅葉も少し始まってますが赤い実が目立ってきてます。
我が家にも 花水木の木がありますが あまり実が付きません・・・
木によって すごく沢山の実が付くのと付かないのがあるのは何故でしょうね?

ハナミズキ Benthamidia florida (ミズキ科 ヤマボウシ属)

ハナミズキは昔、アメリカヤマボウシと呼ばれ、植物園に植栽されている
程度であった。
近年はハナミズキとして広く庭園、街路樹などとして植栽されるようになってきた。

種小名の florida に示されているように、アメリカの東部海岸から
メキシコにかけて分布する。

ワシントンのポトマック河畔に植栽されているソメイヨシノの返礼として
日本にもたらされたことは有名である。

ヤマボウシに似ているが、ヤマボウシが展葉した後に花開くのに比べ
まず花を開く点、花弁のように見える総苞片の先端が
くぼむことで容易に区別できる。

category: お花が好き♪

CM: 2 TB: 0   

 

ソラナム・エチオピクム
ソラナム・エチオピクム1
ソラナム・パンプキン

ミニ・カボチャのように見えますが実際はナスの仲間で和名が花茄子
フォックスフェイスと近い仲間 実は5cmくらいの大きさです。
ちょうど ハロウィンの季節に出回り カボチャに似ているので
最近 人気が出てきました。

こういう変わった植物は 即 購入しちゃいます・・・。

ソラナム パンプキン

直径3~5cmのくびれがある実を房状に付けます。
色は熟すにつれて緑からオレンジ色に変わっていく。
草丈は1m前後(ハウスでは1.5m以上)、株の広がりは0.7~1m前後。

生育適温が比較的高く、高冷地ではハウス栽培が主流となる。

葉や茎に鋭いトゲがあります。作業の際には十分お気をつけ下さい。

(播種)
2月~4月 発芽適温 20℃前後
育苗箱を使用する場合は、播種後3 週間ほどで6~7.5cmポットに移植する。
プラグ育苗の場合は、50~72穴を用いると移植の手間を省ける。
育苗温度 夜間最低 10℃~15℃を確保する。日中は25℃。

葉っぱにトゲがあります。
ソラナム・エチオピクム2

category: お花が好き♪

CM: 2 TB: 0   

 

ツルムラサキ
ツルムラサキ1
蔓紫  ツルムラサキ

この葉は食べられるので畑に植えられてることが多いです。
先日 中華を食べに行ったら ツルムラサキの炒め物がメニューに載ってました。
どんな味だか一度 食べてみたいですね。

つるむらさきは、熱帯アジア原産のツルムラサキ科の植物で
若葉、茎、花軸を食用にします。

南洋地域では主要野菜として栽培されていますが、2000年も前から食用に
されている歴史の古い野菜です。

日本では主に観葉植物として、また果汁を染料として用いられてきました。
しかし、中国野菜が注目されるようになったことで、健康野菜のひとつとして
再認識されるようになりました。

茎や葉が紫がかるタイプと緑のタイプがあり、ともに調理すると独特の
匂いとぬめりがあるのが特徴です。

ツルムラサキ2

category: お花が好き♪

CM: 6 TB: 0   

 

オオケタデ
オオケタデ2
大毛蓼  オオケタデ

今日は予報通り一日中 小雨で寒かったです。
明日もこんな感じのお天気だし 来週はずっと雨予報です・・・。

オオケタデ 初夏から咲いてますがけっこう寒くなっても元気です。
毎年同じ場所に咲きますが一年草なんだそうです。

オオケタデ (大毛蓼)  別名 オオタデ、ハブテコブラ
タデ科タデ属 学名 Polygonum orientale var. pilosum
原産地 東アジア、南アジア  一年草

大型のタデの仲間で、しばしば観賞用に庭に植えられる。
背よりも高い位置から、鮮やかな花穂をたらすが、花は小さく
それほど派手な印象はない。
むしろ、落ち着いた感じさえうける。 放っておくとこぼれ種で雑草化するほど
繁殖力は強い。

ハブの毒の解毒剤になる事から ハブテコブラの名称があります。

オオケタデ3

category: お花が好き♪

CM: 2 TB: 0   

 

斑入り蓼
斑入り蓼1
斑入り大犬蓼   フイリオオイヌタデ

予報では昨日よりも14度も気温が低くなる予報ですが
朝はそんな感じでもないですね。 先ほどから少し小雨が降って来ました。

この蓼の花は我が家のプランターの物を撮影しましたが
どういう経路で 家にあって花が咲くのか 実に不思議・・・

お花は1年草で こぼれ種でよく増えると 書かれてますが
そもそも 植えた記憶がないし ブログの過去記事も調べてみましたが
一度もアップしてません・・・どこからやってきたんでしょうね?

背丈はイヌタデよりも高くなります。
斑の出方には個体差が有ります。
綺麗な個体を選別して育てられると良いと思います。

山野に自生するイヌタデの斑入り種なので、丈夫です。
一年草ですが、コボレタネで増えますので気遣いなく楽しめます。

斑入りタデ 学名:Polygonum sp.
タデ科タデ(ポリゴナム)属

種子がお花屋さんに売られてる事もあるそうです。
初めの播種時に斑入り葉が出た物と出ない物とが有ったのですが
コボレタネからの物が上手い具合に斑入り葉の物が芽生えました。

斑の出方はまちまちで、枝分かれした物に斑の無い部分も出たりしますが
白散り班の綺麗な斑が出ている物も有ります。

このタデは一年草なので、来年も斑の有る物が上手く育ってくれると良いのですが
イヌタデに斑が出た物で 種がヤフオク等で売られてます。

category: お花が好き♪

CM: 2 TB: 0   

 

コキア
コキア  別名 ホウキグサ

コキアは 1年草で 秋に真っ赤に紅葉します。
こぼれ種で 翌年も新しい芽が出て来ますが 雌雄異株なので
傍に両方がないと 種は出来ません。

横浜の農家も畑の隅っこにこのコキアを植えてる農家が多く 
けっこう大きい株を見かけます。

コキア  科名・分類 アカザ科  春まき一年草  アジア原産
大きさ 背丈40~100cm  横幅25~70cm
主な見所 葉(6~10月) 紅葉(10~11月)

ぱっと見は柔らかいコニファーのような姿ですが
晩秋には枯れてしまう一年草です
花は目立ちませんが、線状のきれいなライトグリーンの葉と
自然に卵形にまとまる株姿を楽しみます
秋には実がなり、晩秋には真っ赤な紅葉も楽しめます
成長が早いですが、密に植えるとあまり横には広がりません

ホウキグサ
ホウキグサ2

category: お花が好き♪

CM: 8 TB: 0   

 

チコリ
チコリ2
チコリー

チコリーは タンポポの花の青花のような感じのお花
園芸種で ブルー・タンポポって名称でも売られてます。

初夏に咲くお花ですが 涼しくなってまた元気に咲き始めてます。

案外背が高くなるお花で アキノゲシの青花って感じのお花です。
青が すごくキレイなお花です。

チコリー(chicory、Cichorium intybus)は別名キクニガナ(菊苦菜)ともいう
キク科の多年生野菜である。高さ60~150cmで青い花を付ける物が多い。

原産はヨーロッパ~中央アジアだが北アメリカにも持ち込まれ
道路わきの雑草のなかにチコリーが並んでいるのを見ることができる。

葉や根には独特の苦味があり、肥培した株から出させた芽を暗黒下で
軟白栽培したものを、主にサラダとして賞味するほか
根を炒ったものをコーヒーの風味づけや代用品にも使う。

category: お花が好き♪

CM: 2 TB: 0   

 

カンガルーポー1
カンガルーポー
カンガルーポー

今日から寒くなる予報が一日づれて 今日はかなり暑くなりました。
朝 長袖から半袖に着替えて言って正解でしたが 明日は一気に14度も
横浜は気温が下がる予報です。

オーストラリア ニュージーランドのお花は 変わった花が多いですね。
この花も オーストラリア原産
カンガルーポーはカンガルーの足って意味です。 そう言えばそんな形の花ですね

カンガルーポー  ハエモドラム科アニゴザントス属
原産地 オーストラリア
花色 赤、オレンジ色、黄色、緑、黒など

カンガルーポー(カンガルーの足)という名前の通り
切れ込みのある掌状の花を着ける植物。

花の地色は緑色だが、さまざまな色の細かい毛が密集し
花色のバリエーションを作り出す
扱い方 水揚げはよいが、茎がやや腐りやすいのが難点。
花もちは2週間前後

カンガルーポー2

category: お花が好き♪

CM: 0 TB: 0   

 

サルビア・アズレア
サルビア・アズレア2
サルビア・アズレア

今日はグッと冷え込む予報だったので長袖を着ましたが予報が外れて
日中は暑くなりそうなので半袖に着替えて出社します。

このお花も アズレアよりも ブルーセージの方が知名度が高いかも?
赤色系に咲く チェリーセージによく花が似ています。

非常に整った形をしており スカイブルーの色もキレイです。

秋空にとけこみそうなブルーの色で学名のアズレアは空色という意味だそうです。
冬に地上部は枯れてしまいます。

4~6月にいちど摘心をして枝数を増やします。
高くしたくない場合は7月に2回目の摘心をします。
この場合 開花は秋になります。

シソ科/宿根草
花期/9~11月
植付/4~5月・9月下旬~10月
株分け/3~4月・開花後
挿し芽/6月・9月下旬~10月

category: お花が好き♪

CM: 0 TB: 0   

 

メハジキ
メハジキ1
目弾き  メハジキ

昔は 道端に沢山生える 雑草の部類でしたが こちらでは
あまり まったく見かけなくなりました。

シソ科の特徴を良く出した唇型の花が咲きます。
背が大きくなるお花で 大きいのは1,5mにも成長します。

メハジキ(目弾き)  シソ科 学名:Leonurus sibiricus
別名:ヤクモソウ(益母草)  花期:夏~初秋

道端や荒れ地に生える 2 年草です。
子供がこの茎をまぶたに貼って目を開かせて遊んだことによる
ということから命名されています。

ヤクモソウというのは,全草を乾かし,打撲症や腹痛,月経不順
産後の出血などに煎(せん)じて用いられたことから。

category: お花が好き♪

CM: 0 TB: 0   

 

ホシアサガオ
ホシアサガオ1
星朝顔  ホシアサガオ

この朝顔は野生の朝顔で 花径が3cm程
非常にキレイな朝顔で 通勤途中の道端のフェンスに咲いてるし
裏の川の土手にも沢山咲きます。
 
ホシアサガオ (星朝顔)  Ipomoea triloba

熱帯アメリカ原産のつる性の一年草、第二次大戦後に帰化が確認され
道端や河川敷などに生える。
7-10月に葉腋から花柄をだし、2cm程の淡紫色の漏斗形の花を数個つける。
葉は互生、葉柄があり、葉身は卵円形から心形、全縁またはは3裂する。

英 名  littlebell,Aiea morning glory
原産地/原生地  熱帯アメリカ
花 期  7月-10月
地 域  本州・関東以西、四国、九州、沖縄
環 境  河原/草原/道端
種 別  自生

category: お花が好き♪

CM: 2 TB: 0   

 

ヒトミソウ
ヒトミソウ1
瞳草  ヒトミソウ

朝は曇ってましたが 昼には回復し 予報通り暑くなりました。
でもお天気は明日から下り坂で 気温も急激に下がる予報~~
10月半ばなのに東北の山間部は積雪予報も出てます。
富士山も雪が積もるかも?

花の形を見ると 同じ科のトキワハゼやサギゴケとよく似た仲間ですね。

別名に 天使の涙 ってな名前もある小さなお花ですが ひじょうに丈夫で
増える花みたいで グランドカバーに向いてます。

ヒトミソウ(リンデルニア フロリブンダ)

ゴマノハグサ科  生育温度: -10度~30度

暑さ寒さに強く、非常に育てやすい植物です。
花も非常に長く楽しむことができます。
冬の温度が低い時期以外は、ずっと咲き続けてくれます。
青色と桃色の2色の花色があり、どちらもかわいらしく
花壇の隙間を綺麗に飾ってくれるでしょう。

日当りと水はけの良い用土を好みます。肥料には、遅効きタイプの固形肥料と
液肥を利用してください。
一度にたくさん与えるのではなく、固形肥料はシーズンに規定量を1回
液肥は月に2~3回程度与えてください。植え替えて間もないときは
液肥を少なめに管理しましょう。

category: お花が好き♪

CM: 0 TB: 0   

 

ハナカタバミ
ハナカタバミ1
花方喰  ハナカタバミ

今日は30度近くまで気温が上がる予報~~
ひょっとすると今年最後の半袖デイになるかも?
明日からはグッと気温が下がる予報です。

この花方喰も春と秋に二回お花が咲きますよね。

ハナカタバミは カタバミの中では最大級の花が咲き
オキザリスの仲間は 案外 消えちゃうのも多いですが このオキザリスは
毎年 放っておいても再開花します。

日当りのいい場所に地植えをすると 結構 群生します。

花方喰 南アフリカ原産の帰化植物で,江戸時代末に観賞用として渡来し
四国や九州などの暖地で野生化している。

花の大きさは4cmくらいあり,葉柄の長さも15cmほどになるので
似ているイモカタバミより明らかに大きい。

花は夏から秋に咲き,鮮やかなピンク色はとにかくよく目立つ。
葉の裏面はやや白っぽく,葉柄や花柄には毛が密生している。
オキザリス・ボーウィとも呼ばれる。

category: お花が好き♪

CM: 4 TB: 0   

 

イヌショウマ
イヌショウマ1
犬升麻  イヌショウマ

他の植物にも犬○○○ってのは多いですが 犬ってつくのはほとんどが似て非なるもの
ってな意味で 犬=役に立たないと解説されてますが 犬は古来から役に立つ動物で
犬は否(イナ)から 変化したものって説の方が正しい気がします。

犬升麻(イヌショウマ)
山地の林内に生える高さ60~80センチの多年草。地下茎が発達し横にのびる。

花は白色で穂状に多数つく。つぼみが開くと花弁と萼は落ちてしまい
白色の雄しべが花のように見える。

よく似た種類にサラシナショウマがあるが、サラシナショウマは花柄が
はっきりとわかるが、イヌショウマは花に柄がないので違いがよく分かる。
花期は7~9月。

名前のイヌショウマは、サラシナショウマが薬用
(茎葉が枯れてから根を日干しにして用いる。)
として用いられるのに対し、薬用にならないためつけられている。
分布は、本州(関東から近畿地方)

イヌショウマ2
イヌショウマ3

category: お花が好き♪

CM: 2 TB: 0   

 

コシロノセンダングサ
コシロノセンダングサ1
小白栴檀草  コシロノセンダングサ

栴檀草の仲間は 普通 花弁がありませんが 小栴檀草の変種で 
珍しく この仲間の中では花弁が付きます。

コシロノセンダングサ (小白栴檀草)  花期…7月~10月

畑の畔や放棄田に見られ、多少養分の多い所を好む
草丈30㌢~60㌢の1年草で(当地では稀)。

茎は4稜形で長い毛があり、上部で複数の花柄を出す。
茎の上部には披針形の葉をつけ、下部の葉は奇数羽状複葉で対生し
小葉は楕円形~卵状楕円形で先は尖り、縁には細かい鋸歯がある。

花は花柄の先に白色の(花弁は3個~5個で先は3裂する)舌状花と
黄色の筒状花からなる花冠の直径約2㌢を1個づつつける。

そう果は長さ約1.2㌢で放射状につき
先端は2個~4個のトゲを持ち衣服や動物の毛につき運ばれる。

栴檀草  センダングサ
センダングサ (2)
センダングサ1 (2)

category: お花が好き♪

CM: 4 TB: 0   

 

ルドベキア・タカオ
ルドベキア・タカオ1
ルドベキア・タカオ

今日もいいお天気で気温も上がり 半袖で出かけて正解でした。
明日も30度近くまで上昇しますが 明後日からは一気に気温が下がり
11月中旬の気温になるそうです。

ルドベキアも初夏の花ですが 初秋になってもまだ元気な固体もあります。

ルドベキア・タカオ   キク科   ルドベキア属
学名 Rudbeckia triloba   英名 black-eyed-Susan
別名 ルドベッキア・トリロバ、オオミツバハンゴンソウ
性状 寿命の短い多年草
原産地 北米  花期 6~9月

濃茶色の花芯(管状花)に、黄~橙色の舌状花が美しいルドベッキアの仲間です。
暑い夏をものともせずに開花する丈夫な植物で
草丈は高くなれば1.5mくらいにもなります。
花径は3cmあまりとあまり大きくありませんが、株いっぱいにたくさん咲くので
かなり目立ちます。

比較的寿命が短い多年草ですが、種子もよく取れて
丈夫なので一部で雑草化しています。
切り花にもなります。大ぶりのルドベキア・ヒルタとともに
アメリカではブラックアイドスーザン(黒目のスーザン) 
の呼称で親しまれています。 花色 黄、橙

category: お花が好き♪

CM: 4 TB: 0