FC2ブログ

街の花便り 

季節のお花を紹介してます。

オンシジウム

オンシジウムq

CIMG0946.jpg
オンシジウム

1月31日の誕生花  花言葉 「印象的な瞳」

蘭では育てやすい種類で 切り花としても人気があります。
最近 この花も園芸化が進み 鼻の部分の色が沢山出て来ました。
また この花の 小さな花弁の種類もあります。
(これ うちに咲いてますぅ~~♪  オンシジウム・オブリザタム )

和名 ムレスズメラン  英名 ダンシング・レディーオーキット
バタフライ・オーキッドとも言います。
和洋問わず この花は 小鳥や蝶が舞ってる姿を連想させます。

私は 観た事がありませんが ピンクの花弁の種類もあるそうです。

スポンサーサイト
  1. 2009/01/31(土) 22:24:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オカメサクラ

オカメサクラ1
オカメサクラ

これも 正式名称ではないのかなぁ~~調べてもブログばっかりヒットして
詳しい説明が載ってる所が少ないです。

展示会場では 何故か束ねて飾られており 写真にしづらかったです。

オカメサクラ
カンヒザクラとマメザクラの交配種で、イギリスで作出されました。
色がカンヒザクラとマメザクラの中間色の淡い紅色。

やや釣鐘状で、カンヒザクラよりも花弁が開いている。
花は小輪、一重咲きで紅紫色。開花期は3月下旬。
英国の桜愛好家により作られた桜。
大きくならないため小さな庭でも楽しめます。
  1. 2009/01/31(土) 22:07:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

リュウココリネ
リュウココリネ

去年 この花のを検索中に パシオンさんのサイトを発見しました。
ネットで調べても あまり詳しい説明が載ってません。
今日の 展示会場では フラワーアレンジのコーナーに沢山 使われてましたが
あまり 花屋さんで観た記憶がありません。

リュウココリネ(リューココリネ) ユリ科のリュウココリネ属
原産地 チリ  別名 チリーニラ
春の球根・宿根草
花期3月~8月
(本によってかなり違います)
花は芳香があります。
日当たりと水はけの良いところで冬は霜に気をつける。
フリージアと同じように秋に球根を根付けする。
  1. 2009/01/31(土) 21:59:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ガーベラ

CIMG0541.jpg

ガーベラ1

カーベラ3
ガーベラ

ガーベラも品種改良が進み 八重咲きタイプの新種が出ました。
この咲き方は ボンザ・マーガレットの八重タイプと一緒ですね。

ガーベラは切り花としても人気があり この展示会も 切り花で
沢山 展示されてました。

切り花にする時は 太い茎が痛みやすいので 水に深く差さない事が大切

キク科 半耐寒性植物  別名 ハナグルマ  原産地 南アフリカ
  1. 2009/01/31(土) 21:48:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

デルフィニウム1

デルフィニウム
デルフィニウム・ベラドンナ

ちょっと 季節外れですが 今日の展示会で咲いてたお花
和名 飛燕草  これは八重タイプではなく一重

デルフィニウム・ベラドンナ   
学 名 Delphinium X belladonna hort. ex Bergmans
分 類 キンポウゲ科デルフィニウム属
原 産 デルフィニウム・ベラドンナは、ピレネー山脈~西アジアに自生するデルフィニウム・エラツム(Delphinium elatum)と中国北部などに自生するオオヒエンソウ(Delphinium grandiflorum)との交雑によって作り出された園芸品種群

タイプ 一年草、または多年草
夏の暑さに弱いため 日本での越夏が難しいため1年草として扱われる。
  1. 2009/01/31(土) 21:29:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2


花の展示会から薔薇

今日はオフ会で 池袋のサンシャインに行って来ました。
オフ会で 初めてし~ちゃんやナナさんと会うので ちょっと緊張しましたが
イメージ通り やさしくしてくれたので 良かったです♪

お土産に し~ちゃんの手作りの写真立てを貰っちゃいました♪

早めに到着したので 視察に1時間 午後から1時間以上
会場にいたので 撮影枚数550枚 ちょっと整理が大変です。

このスライドは 薔薇の撮影数の約半分くらいかな?
今回のスライドは いつもより ちょっと長めです。

撮影枚数が多いので 薔薇 カーネーション フラワー・アレンジ フラワーブローチは
スライドでアップします。

花の博覧会 想像以上に良かったです♪
来年も 行きたいなぁ~~
  1. 2009/01/31(土) 21:11:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ツルバキア
ツルバキア  スウィートガーリック
ツルベキア フラグランス
ツルバキア  フラグランス

1月30日の誕生花 ツルバキア  花言葉 「小さな背信」

ツルバキアは 別名 スウィートガーリック  茎を折るとニンニク臭が
します。

フラグランスは 有名な香水で 下の花は 芳香が違います。
ちょっと太目の花の根元が可愛い花  ミニブタみたい・・・

一般的な ツルバキアは上の写真 
けっこう 強い花で 畑などでも咲いてるのを観た事があります。
花期も長く 長期間 楽しめるお花

  1. 2009/01/30(金) 22:12:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ラナンキュラス 家
ラナンキュラス

これも 先週に買った 我が家のラナンキュラス
ちょっと 色が複色で いい感じじゃないですかぁ~~?

ラナンキュラス (Ranunculus)

キンポウゲ科キンポウゲ属の学名ラヌンクルスの英語読み。  
上記のキンポウゲ属に含まれる園芸植物の一群。以下に詳述する。

ラナンキュラス (学名:Ranunculus asiaticus)は、キンポウゲ科キンポウゲ属の半耐寒性多年草。
西アジア~ヨーロッパ東南部、地中海沿岸原産。原産地では
湿地に自生する多年草で、湿地に生えることと、葉の形がカエルの足ににていることから、ラテン語のrana(カエル)を語源とする。

十字軍がヨーロッパに持ち帰り、改良を加えて、園芸用品種がつくられた。
イギリスでは18世紀を中心にフローリスト達によって育種が進み
フローリスツ・フラワーの一つとして盛んに栽培された。
1777年の文献では1100品種がリストアップされている。
現代の系統は主にオランダで育成されたものである。
園芸用の宿根ラナンキュラス(R. repens)は別種。
  1. 2009/01/30(金) 21:51:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ぱぱいや

Author:ぱぱいや
.
外回りのお仕事なので いつも珍しい花 キレイなお花がないか注意しながら運転してます♪

街や郊外で見かけた花の便りを毎日 
紹介しようと思ってます。

ブログ内検索

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

最近の記事

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード