FC2ブログ

街の花便り 

季節のお花を紹介してます。

フリージア

フリージア1
フリージア

2月28日の誕生花 フリージア 花言葉 「あどけなさ」

この花も撮影が難しい花で 数枚の在庫がありましたが
あんまり いい画像がありませんでした・・・

かなり早くから 切り花や園芸店では売られてる花で
暖かい島で 温室栽培後に出荷されてるんでしょうね。
甘い 香りがします。

フリージア 学名:Freesia]

アヤメ科の秋植え球根草。アサギズイセンともいう。南アフリカ原産。
球根は細長い紡錘状の球茎で繊維質の被膜に覆われ
植え付けるとすぐ発芽し、5~6枚の線形の細長い葉を伸ばして
越冬するので、暖地以外ではフレームか温室で切り花、鉢物栽培する。

花茎は高さ30~40センチメートル、細長い漏斗(ろうと)状で香りの高い花を約10個開く。
白、黄、桃、紅、橙(だいだい)、紫色など花色は豊富で、一重咲きを主に
半八重、八重咲きもある。花期は冷蔵低温処理栽培で11月。

1月以降に開花させるには低温処理を行わず、9月上旬から中旬に定植し
11月上旬に薄い霜に当ててから温室、フレームに入れると3月ころから観賞できる。
スポンサーサイト
  1. 2009/02/28(土) 21:40:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

シジミバナ

シジミバナ2
シジミバナ  蜆花

ユキヤナギの八重咲きにも見えますが 種類は違います。
まあ 同じ バラ科シモツケ属なので 仲間ではありますが・・・

家の近所の庭に この生垣があるので また咲いたらアップします。
けっこう 豪華な花ですよ♪

シジミバナ(蜆花)  バラ科 シモツケ属
学名   Spiraea prunifolia
別名   ハゼバナ((爆ぜ花).)   コゴメバナ(小米花)
花期   春

中国原産の耐寒性落葉低木です。
花の形が、シジミ貝の中身に似ているのが名の由来です。

八重咲きの白花で、雄しべや雌しべは退化しているので種子はできません。
同じ仲間のユキヤナギ(雪柳)に似てますが、シジミバナは八重咲きで
長い花柄がついているので区別できます。

木の高さは2㍍ほどで、株立ちになりますが、切り詰めて鉢植えで流通しています。
  1. 2009/02/28(土) 21:22:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ミスミソウ1

ミスミソウ
ミスミソウ 三角草  別名 雪割草

雪割草は 以前 園芸店で売られてるのをアップしました。
別名 三角草とも言われます。

この花は 薬草植物園のロックガーデンの最上部に咲いており
相当 大きな倍率のカメラじゃないと アップは撮影出来ませんでした。
でも 沢山 咲いてるでしょ?
この花は ジャポニカの名前が付いてる花です。

キンポウゲ科の小型の多年草。葉は三浅裂、白毛が多い。
三月頃花茎を出し、白色、紅色、紅紫色などの花を開く。

白い花びらのように見えるのは萼(ガク)で6~9片。
本州以南の山地樹下に自生し、また、観賞用にも栽培される。
スハマソウ、雪割草とも言われる。 
  1. 2009/02/28(土) 21:17:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

セリバオウレン

セリバオウレン1
セリバオウレン

この花も 小さな花です。
今回は コンデジと1眼を両方とも持って行きましたが
コンデジの方が 倍率が高いので 花は大きく写せます。

この花は 雄花と雌花があり 上が雄なのは間違いないですが
下が雌との自信がありません。
やっぱり 1眼の方が ソフトに花が浮き立ちますね。

セリバオウレン Coptis japonica (Thunb.) Makino var. dissecta (Yatabe) Nakai
(キンポウゲ科 オウレン属)

セリバオウレンは山地の林内に生える小形の多年草で
本州と四国に分布している。高さ10cmほどで小さい。

葉はすべて根生し、2回3出複葉となり、セリの仲間の葉のようになる。
早春に根茎から花茎を伸ばし、白い花を3つ程度つける。
花を咲かすと共に新しい葉を展開し、落葉高木が展葉する前の強い日光を受け
効率の良い光合成を行なっているようである
  1. 2009/02/28(土) 21:07:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

キバナセツブンソウ

キバナセツブンソウ2
キバナセツブンソウ  黄花節分草

薬用植物園の ロックガーデンには沢山の種類の山野草の立て札
がありました。 咲いてる花は 今は ほんの少し・・・

セツブンソウにも黄花があるんですね。 花は普通の節分草の倍くらいの大きさ
咲き方もちょっと違います。 別名 西洋節分草

キバナセツブンソウ(黄花節分草)キンポウゲ科  Last modified: Sep 16, 2004
学名:Eranthis cilicica  花期:春

花びらのように見えるのは萼です。
花は退化して蜜腺になってしまっていて目立ちません。
 普通は白いのですが,写真のものはキバナセツブンソウ(黄花節分草)と呼ばれるものです。

いろいろ調べると,これは西洋から渡来した園芸植物で,本来のキバナセツブンソウではないようです。
春に芽を出し,節分の頃に咲くからこの名前になりました。

普通の節分草も咲いてました♪

節分草
節分草
  1. 2009/02/28(土) 20:58:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スノードロップ 八重

スノードロップ 八重1
スノードロップ 八重咲き

今日はかみさんが お友達とイ・ビョンフォンのファンミーティングに
お出かけなので 独りで 1眼デジカメの練習を兼ねて 
薬用植物園に行って来ました。

横浜からだと すっきりした道がないので 案外 到着に時間が掛かり
植物園も 今の時期はお花が少なく あまり沢山の写真は撮れませんでした。

ただ 立札には珍しい山野草が多く書かれたので 時期が来れば楽しみな
植物園かと思います。

スノードロップの八重咲きは この植物園で初めて観ました。
どの花にも 八重咲きがあるって言ってましたが スノードロップも・・・
  1. 2009/02/28(土) 20:50:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ユキヤナギ

ユキヤナギ1
ユキヤナギ

2月27日の誕生花 ユキヤナギ  花言葉 「賞賛に値する」

ユキヤナギの満開には もうちょっと時間が必要ですが
チラホラは咲き始めてますね。

この下の写真は 去年の4月に撮影したもの けっこう群生化してるでしょ?
ユキヤナギは うちにもあります。

ユキヤナギ(雪柳)  バラ科 シモツケ属
学名  Spiraea thunbergii
別名  コゴメバナ(小米花)  イワヤナギ(岩柳)   噴雪花(中国名)
花期  春
中国~日本原産といわれ、日本では本州の関東以西に分布して
川辺の岩場などに自生する耐寒性落葉低木です。
強健なので、公園、庭木によく植えられます。

株元で多く分かれた枝はしなやかで垂れ下り、春には枝に雪が降り積もったように白い小花をつけるのが名の由来です。

あまり品種はなく、自生株から多花性、早咲き株が選抜され
また、ピンク花や、黄金葉があるようです。
耐寒性は強く、暖冬の年には紅葉した葉が長く枝につき、まれに開花したりします。
  1. 2009/02/27(金) 21:35:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

カロライナ ジャスミン
カロライナジャスミン

この花は 強いらしく 結構長い期間 園芸店でも売られてるし
アチコチでも 見かけます。 花期も長いみたいですね。

うちも バーゲンの時に1鉢だけ 買ってしまいました、
ジャスミンの香りは あまりしませんねぇ~~

カロライナジャスン (マチン科)
カロライナジャスミンは北アメリカ原産のつる植物です。
春に鮮やかな黄色の花をたくさん付けます。

花がきれいなため、最近は庭木や生垣にとして盛んに植えられており
花には、かすかな芳香があります。

植物全体、特に根や蜜にゲルセミシンなどの有毒成分を含有しており
誤食すると、めまい、けいれん、呼吸麻痺などの中毒症状が起きます。
花の蜜に毒性があるので、子供が食べたり、なめたりしないように注意が必要です。

ジャスミンティーに使われるのは マツリカ(モクセイ科)の植物の花で
花の形は少し似てますが 色は白 関東では野外では育ちません。
  1. 2009/02/27(金) 21:20:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ノゲシ

ノゲシ1
ノゲシ  ハルノノゲシ

先週は 暖かい日もあったので 道端にも春の花が咲き始めます。
三寒四温って言うけど まだ 五寒二温くらいかな?

ノゲシ(ハルノノゲシ) Sonchus oleraceus (キク科 ノゲシ属)
ノゲシは世界至る所に帰化している植物であり、原産地はヨーロッパであると考えられている。

ムギなどの畑作の伝来とともに渡来した史前帰化植物の1つであり
荒れ地や空き地などに生育している。秋に芽生え、ロゼットで越冬し
春から夏にかけて茎をもたげて花を付ける。

種子の綿毛は絹状の毛であり細い。
和名のノゲシはケシの葉に似ていることによっており
春に開花することからアキノノゲシに対してハルノノゲシともよばれる。

茎や葉を傷つけると乳液が出る。ロゼット葉は苦いが、食用になるという。
  1. 2009/02/27(金) 21:05:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ムラサキカタバミ

ムラサキカタバミ1
ムラサキカタバミ  紫方喰

今週は ずぅ~っとお天気が悪かったので 
お花の撮影はあまり出来ませんでした。

こんな時のために 在庫を多く 持ってるのですが 在庫が多過ぎると
アップが間に合わなくなって 花の時期を逃してしまいます。

ムラサキカタバミ(紫片喰) は、草丈が低く、小さな赤紫色の五弁花を咲かせる多年草です。
道端や庭先などいたるところで咲いています。

夕方や雨に濡れると花は下を向き、半分閉じた笠のようになります。
ムラサキカタバミ(紫片喰)の長い葉柄の先には、ハート型を逆にしたような
3枚の小葉をつけます。
葉色は、通常、緑ですが、紫色の葉を持つレグネリー種(南米)もあります。

ムラサキカタバミ(紫片喰) イモカタバミ(芋片喰)

一般名:ムラサキカタバミ(紫片喰)
学名:Oxalis corymbosa
別名:キキョウカタバミ(桔梗片喰)、紫酢漿草
科属名:カタバミ科カタバミ属
原産地:南アフリカ、南アメリカ
草丈:5~30cm 花径:2~4cm 開花期: 5~7月 花色:薄桃色

  1. 2009/02/27(金) 20:53:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ベニバナ ダイコンソウ

ゲウム クッキー1
紅花大根草   ゲウム

大根草の名前が付いてますが 野生のダイコンソウとは別種だそうです。

ゲウム    バラ科 ダイコンソウ属
学名  Geum spp
別名  ダイコンソウ(大根草)  ベニバナダイコンソウ(紅花大根草) 
セイヨウダイコンソウ(西洋大根草)
流通名  ダイコンソウ(大根草) 
花期   春~初夏

ヨーロッパ南部原産の耐寒性多年草ですが、野生種の黄花の
ダイコンソウとは違い、ヨーロッパでベニバナダイコンソウやチリダイコンソウなどいくつかの種間交雑により、改良育成された園芸種で、小さい朱赤や橙色、または黄色の花を咲かせます。

園芸店によって別名のいろいろな名がつけられていますが、ダイコンソウの名で販売されているのが多いようです。

半八重~八重咲き、ベル形の花の品種もあり、葉の形も微妙に異なるようです。
もともと強健な野草ですので、施肥の必要もなく、痩せ地のほうが草姿が整います。
  1. 2009/02/27(金) 20:45:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ムスカリ

ムスカリ1
ムスカリ

今日は異常に寒かったです。
朝会社を出る時は ミゾレ混じりの雪で 川口市に入ったら雪になりました。
気温は 氷点下じゃないんだけど 寒かったなぁ~~
あんまり 寒いので 作業ジャンパーの上にダウンジャケットを着て 外回りしました。

うちのムスカリは葉っぱだけで まだ咲く気配はありませんが
園芸店のムスカリは もう満開状態です。

ムスカリ・アルメニアカム ユリ科 ムスカリ属
学名  Muscari armeniacum
別名  グレープヒヤシンス 花期  春

ヨーロッパ~コーカサス原産の耐寒性球根多年草で、小さな花が密集して咲くので、ブドウの房を連想したのが別名の由来です。

ムスカリは地中海西部から西南アジアにかけて約40種が分布しているといわれますが、その中では花が大きめのアルメニアカム種や、その改良品種のボトリオイデス・アルブム(白)などがが一般的です。
さらにアルメニアカム種には花弁が細かく切れ込んで房咲きになる
ブルースパイクや、花茎が短いカンタブなどの品種があります。

強健な植物で育てやすく、秋に球根を植えつけると春に開花しますが
2~3年は植えたままでいいようです。
  1. 2009/02/27(金) 20:30:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

サクラソウ2

サクラソウ1
西洋さくら草

今日の誕生花は リムナンテス 黄色いアグロステンマのような花
残念ですが 在庫もないし 実物も見た事がありません。
花言葉は 「ゆかいな気分」

西洋サクラソウ=プリムラ・マラコイデスって図鑑にも載ってますが
私は ちょっと違うと思います。 花の付き方がまったく違うもの

西洋サクラソウは プリムラ・マラコイデスと日本桜草の中間に
位置する花じゃないかな? 

下に 同じピンクのマラコイデスを載せますが 一緒には観えないでしょ?

ちなみに 日本桜草は 物分類:サクラソウ科
原産国:日本自然開花期:4~5月
花言葉:純潔・無邪気・清らか
サクラソウは国の特別天然記念物に指定されているため
一般に鉢植えとして出回っているのは、西洋サクラソウが多いです。

西洋サクラソウは、日によく当て水を絶やさないように育てましょう。
寒さには弱いので要注意です。

プリムラ・マラコイデス
プリムラ マラコイデス


  1. 2009/02/26(木) 20:34:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

雲南サクラ草

雲南サクラソウ1
雲南さくらそう

プリムラ・マラコイデスと似てるけどやや花が大型。
けっこう寒い時期から 出回り始めるのに 寒さに弱いんだよねぇ~~

多年草扱いだけど これを毎年咲かせるのは 園芸のプロフェッショナルですね。

雲南桜草  学名:Primula filchnerae

中国雲南省原産のプリムラ。

葉に特徴が有り、切れ込みの多い葉で全体に細かい繊毛があります。
この花も2003年に出回り始め、今年は割安価格で多く見かけるようになりました。

  1. 2009/02/26(木) 19:59:58|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

翁草Z

翁草X

オクナグサH
オキナグサ  翁草

うちのオキナグサ その名前の通り 花期がおわり 髭状になって来ました。
もうちょっとすると 更に枯れて 白い髭のように成る筈です。

今 ちょっと珍しい山野草は けっこう 園芸店で売られてます。
これは いい事か 悪い事か? 難しいね。

オキナグサ(翁草) キンポウゲ科 オキナグサ属
学名  Pulsatilla cernua
別名  シラガグサ(白髪草)  フデクサ(筆草)
花期   春

日本、朝鮮半島、中国原産の多年草で春に開花します。
名の由来は、銀色の光沢のある毛が生えた実を、老人の白髪に見たてたものです。
昔は、日本各地の野山で見かけることがあったようですが、いまでは絶滅の危機にあります。

毛深い切れ込みがある葉からでる花茎の先に1輪の花を下向きにつけます。
花弁のように見えるのは萼で、外側は柔らかい毛に覆われています。
最近は、近縁のヨウシュオキナグサ(スラビカ)も流通していますが、こちらは花が上向きです。
  1. 2009/02/26(木) 19:49:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

CIMG1943.jpg

CIMG1944.jpg
マーガレット

マーガレットも最近の品種改良で 色 形 大きさ 咲き方
もう 数え切れないくらいの種類が出来ましたね。

最近は この薄いピンクや明るい黄色のマーガレットも売られてます。
これも また いいですよねぇ~~♪

・菊(きく)科 学名 Chrysanthemum frutesceus
Chrysanthemum : キク属 frutesceus : 低木状の
Chrysanthemumはギリシャ語の「chrysos(黄金色)+ anthemon(花)」が語源。

4月から7月頃に開花 アフリカのモロッコ沖のカナリア諸島原産。
明治時代に日本に渡来。
・ギリシャ語の「マルガリーテ(真珠)」に由来した名前。
・関東では、南伊豆地方でたくさん 栽培されているのが有名。

・別名 「木春菊」(もくしゅんぎく)。
枝や茎は木質化する性質があり、また若葉が春菊に似ていることから。
・ノースポールより大型。
・2月5日、4月4日の誕生花 花言葉は「真実の友情」「愛の誠実」

こんな マーガレットもあります。

CIMG0161.jpg

  1. 2009/02/26(木) 19:40:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

蜂&花
お花とミツバチ

今日はお仕事で沼津まで出張~~。
時間がなく 珍しく 1枚の写真も撮れませんでした。

沼津は 住友スリーエム関係の会社が多いので 今 この不況で大変です。
親のスリーエムがリストラ&人員整理中で 売上半分だから・・・
当然 この下請各社も 売上半分以下 会社の存続の危機に瀕してます。

今日 訪問したお客さんも 今月末で廃業・・・
本当に厳しい世の中になって来ました。
それなのに 政治家のアホどもは 政権の綱引きに夢中で
給付金問題で 中々 次の審議に入れません。

そんな事より この国の将来の危機に面してるんだから
しっかり しろよぉ~~!!!

上はユリオプスデージーに 下はピンク・マーガレットに来た蜜蜂。
蜂は あんまり動かないから 撮影しやすいですね♪
  1. 2009/02/26(木) 19:31:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

わすれなぐさ

勿忘草
勿忘草  わすれなぐさ

今日の誕生花は ハナカイドウ  花言葉は 「美人の眠り」
う~~ん この花は 桜と似てるので 区別がつかず 在庫がありません。

梅 桜 桃 春を彩るピンクの花木の一つだそうです。

今日は 変わりに我が家の 勿忘草
勿忘草の 言い伝えは ロマンチックです。

世ドイツの悲恋伝説に登場する主人公の言葉に因む。

昔、騎士ルドルフは、ドナウ川の岸辺に咲くこの花を、恋人ベルタのために摘もうと岸を降りたが、誤って川の流れに飲まれてしまう。
ルドルフは最後の力を尽くして花を岸に投げ、「Vergiss-mein-nicht!((僕を)忘れないで)」という言葉を残して死んだ。
残されたベルタはルドルフの墓にその花を供え、彼の最期の言葉を花の名にした。

このような伝説から、この花の名前は当地ドイツで「フェアギスマインニッヒト(Vergiss-mein-nicht)」と呼ばれ、英名もその直訳の「フォーゲットミーノット(Forget-me-not)」である。

日本では、1905年(明治38年)に植物学者の川上滝弥によって初めて「勿忘草」「忘れな草」と訳された。
それ以外の国々でも、同様の意味の名前が付けられている。

花言葉の「真実の愛」「私を忘れないで下さい」も、この伝説に由来する。
  1. 2009/02/25(水) 20:05:51|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

エリシマム

エリシマム1
エリシマム  宿根チェイランサス

これは あまり見かけないお花かも?
雰囲気は ストックの一重咲きに似ています。

エリシマム(宿根チェイランサス)
科名・分類 アブラナ科  常緑多年草(一年草扱い)  西アジア原産
大きさ 背丈25~80cm  横幅20~40cm
主な見所 花(3~6月)※春が最盛期

エリシマム(宿根チェイランサス)の特徴
※ここでは宿根草として販売されるリニフォリウム(E linifolium 宿根チェイランサス)を主に扱います。

姿がストックに似ていますが、より寒さに強く、野趣のある素朴な魅力をもっています
花は一重で頂部に固まって咲きます。背丈はやや高くなります

本来は多年草なので涼しければ夏を越しますが一年草扱いされるケースがほとんどです

難易度 :夏越しはかなり難しいが、初夏までは丈夫です
日照 :日向を好みます
水 ~:やや乾燥した環境を好みます
耐寒性 :耐寒性は比較的強いです
  1. 2009/02/25(水) 19:51:21|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

花ももC
ハナモモ  花桃

桃の季節にはまだ 早いですが この前 神代植物園に行った時
もう 桃園で咲いてました。  これは早咲きの桃なのかな?
まだ 咲き始めで ももの花の香りは全然 しませんでした。

バラ科  サクラ属  落葉小高木

原産地 中国   庭植え  開花時期 3~4月

中国では、桃を食べると3千年の寿命を延ばすという西王母の故事から
延寿の瑞果とされています。

日本には、はるか昔に中国からもたらされ、
万葉集にもモモの歌が出てきますが、そのほとんどは
花の美しさを詠んだものといわれています。

ハナモモの品種改良が進んだのは、江戸時代になってからといわれています。
桃の香りは大変すばらしく、また、よく熟した果実は本当においしいものですが
観賞用のハナモモの美しさも、また格別です。

観賞用に品種改良されたハナモモは、八重咲きが多く、白、桃、緋紅色などのほか紅白に咲き分ける品種もあります。

耐暑性、耐寒性とも強い。

  1. 2009/02/25(水) 19:42:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

CIMG2059.jpg

CIMG2060.jpg
常盤満作  トキワマンサク

普通の満作は 葉が枯れたり落ちてから 黄色い花を咲かせますが
常盤満作は 葉がまた残ってる状態で 白っぽい花を咲かせます。

会社の近くの 植木屋さんの畑で咲いてましたが これ珍しいんじゃないかな?

トキワマンサク(常磐万作)とはマンサク科の植物の一種。
学名Loropetalum chinense。

本州中部以南~九州、台湾、中国南部、インド東北部に分布する
(但し、日本での自生は極めて限定的で、静岡県湖西市・三重県伊勢神宮・熊本県荒尾市のみ知られる)常緑小高木。

花期は5月頃で細長い4枚の花弁の花を咲かせる。
花の色は、基本種はごく薄い黄色であるが
紅色の変種(中国原産で葉も赤みを帯びる)がよく栽培されている。

  1. 2009/02/25(水) 19:34:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6


のら猫ちゃん Ⅱ

今日も一日中 小雨が降ったり止んだりで寒かったです。
今週は ずっとこんな感じなのかな?
土曜日に 薬用植物園に行こうかと思ってましたが 予報は雨です。

お仕事中に見つけたのらちゃんのアップです。
ちょっと 枚数が少なめ・・・

でも のら猫は 外で生きてく逞しさがありますね♪
常に こちらの動向を 監視してます。

うちのチビ助(メスだけど)は 一度も外出した事がありません。
たぶん 一度でも逃げ出したら 家に戻るって出来ないだろうなぁ~~・・・

以前 マンションでヒマラヤンを飼ってた時 3階のベランダから落ちて
行方不明 2日後に 牙が折れて駐車場で鳴いてました・・・
  1. 2009/02/25(水) 19:27:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ポピー

ポピー1

ポピー 赤
アイスランド ポピー

2月24日の誕生花 アイスランドポピー  花言葉 「慰め」

前に一度 アップしましたが ポピーほど名前がメジャーな花はありません。

和名 ひなげし  中国名 虞美人草 フランス名 コクリコ
英名 ポピー スペイン名 アマポーラ  みんな 知ってる名前でしょ?

アイスランドポピー(英名) ケシ科 ケシ属(パパウェル属)
学名  Papaver nudicaule
別名  シベリアヒナゲシ(雛罌粟)   コクリコ(仏語)
流通名  ポピー
花期  早春~春

シベリア、中国東北部、モンゴル原産の耐寒性多年草で、日本には大正時代初期に観賞用に渡来しましたが、高温多湿に弱いので、園芸上は秋蒔き一年草として扱われています。

18世紀に北極探検隊がシベリアで発見したことから、シベリアヒナゲシの和名がつけられていますが、耐寒性は強く、早春から開花し、夏を上手く乗り越えれば、暖地では真冬でも開花します。

花色も橙、黄、桃、赤、白などがあり、また、絞り、八重咲きと多彩で、観光農園などで大群落を作り、人気をよんでいます。
  1. 2009/02/24(火) 21:00:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

クレマチス ピクシー1
クレマチス ピクシー

お待たせしました♪ クレマチス アップしようと思いながら延期続きでした。

ピクシー
スプリング常緑クレマチス。花径1~2cm。樹高0.3~0.5。
グリーンがかった小花を枝の節々に咲かせる。
立ち木性。乾燥に強い。極コンパクト

何ともいえない良い香りがあります。

ハンギングや鉢植え栽培向き。花期4末。弱/中剪定

クレマチス 5cm
クレマチス カシス

カシス 大輪フロリダ系(フロリダの改良種)花径8~10cm。
プラムレッドの八重咲き。節々に花を付け花持もいい。
開花期6~10月  中/強 剪定
冬の寒さに弱い。

クレマチス モンタナ1
クレマチス モンタナ系 白寿

白寿(はくじゅ)
M(モンタナ系)5~10m。花径6~8cm。
花弁の白と花芯の黄緑色のコントラストが爽やかな品種。
開花期5~6月。弱剪定。

クレマチス
クレマチス ビエネッタ

ビエネッタ
原種系。(テッセンの系統をフロリダ系とも呼ぶ。)
開花期5~11月。2.5~3m。
ライムグリーンとバイオレットの組み合わせが新鮮。
咲き進むと中央がボール状になり、開花期が長い。
冬の寒さに弱い。  中/弱剪定。

この中で 一番 欲しいのは 「ピクシー」♪
  1. 2009/02/24(火) 20:38:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

CIMG2044.jpg

CIMG2042.jpg
ハーデンベルギア

ハーデンベルギアは以前にアップしましたが 今日 この群生状の生垣
を発見したので 再アップします。

普通は 園芸店などで行燈仕立てで 売られていますが こんなに
大きく成長するものなんですね。 
背丈180cm 横3mくらいの生垣になってました。
オーストラリア原産の植物ですが 日本の寒さにも強いんですね!

ハーデンベルギア マメ科 ハーデンベルギア属
学名  Hardenbergia violacea
別名  コマチフジ(小町藤)  ヒトツバマメ
花期  春

豪州東部原産の半耐寒性常緑蔓性低木です。
3~5月に、蔓状に伸びる茎に、藤の花を小型にしたような穂状花をつけます。
花色は青、紫、白、桃などがあります。

最近人気上昇中で、行灯仕立ての鉢植えがかなり流通しています。
霜にあてないようにすれば暖地では露地で越冬が可能で、室内栽培すれば冬でも開花します。
  1. 2009/02/24(火) 20:25:07|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

スミレ3

スミレ2
スミレ Ⅱ

せっかく沢山 すみれを撮影してあるのに マクロ比較だけでは
勿体ないので Ⅱもアップします。

パンジーはスミレの仲間ですが もう見過ぎて 野草の可憐さを
感じませんが すみれは 園芸種にしろ まだ野性味を残してるところがいいですね。

スミレ(菫)スミレ科スミレ属
学名   Viola mandshurica
花期   春
北海道~九州に分布する多年草です。

スミレといえば、日本では春を告げる野草の代表ですが、世界に広く分布し400種以上あり、日本には50種があります。

人家付近から丘陵まで日当たりのよいところにふつうに生えます。
地下茎は太くて短く、多数の葉を根出状に出します。

葉は根際から出て、少し長めの葉柄があって、少しやじり形っぽい先の丸い葉をつけます。
花とは別に、目立たない「閉鎖花」をつけ、そこで種子を作ります。

スミレ1
  1. 2009/02/24(火) 20:18:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

IMG_0029.jpg

スミレ
スミレ

今日はとっても寒くて 午後には氷雨が降りました・・・><
手がかじかむくらい今日は 寒かったです。

届いたマクロレンズで 早速 朝 写真を撮ってみました。
250㎜だと 思ったより大きくは出来ないけど この位のレンズサイズだと
持ち運びも便利だし 大仰じゃないのがいいですね。

もし もうちょっと連続して撮影してみて 倍率が足りないようなら
フィルター式の追加レンズをセットしてみようかと思ってます。

上が今朝 1眼+マクロレンズで撮影したもの
下が 別の日に コンデジで撮影したものです。

違いが わかるでしょうか??
  1. 2009/02/24(火) 20:13:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

スノーフレーク1

CIMG1663.jpg
スノーフレーク

2月23日の誕生花 スノーフレーク  花言葉 「汚れのない無垢な心」

スノーフレークは優しげな花の割に強い花で 道端でも自生します。
下の写真は 会社に行く途中の道端の写真ですが 最盛期はもっと沢山の花を付けます。

スノーフレーク  ヒガンバナ科 レウコユム属
学名   Leucojum aestivum
別名   スズランスイセン(鈴蘭水仙)   オオマツユキソウ(大待雪草)

オーストリア、ハンガリー、欧州南部原産の耐寒性球根多年草で
日本には1936年に導入されたといわれますが、日本で入手できるのは
レウコユム、エスティブムの2種だけといわれます。

スノードロップ(別名 マツユキソウ)に似ていて、大きいことからつけられた名のようですが、スノードロップの一種のガランサス・エルウェシー にもオオマツユキソウという別名がついています。

スノードロップは単頂花序(花茎の先に花が1個)であるのに対して、スノーフレークは散形花序で、複数の花をつけます。
植え付けたら数年は放置したほうがよく、強健で手間がかからない植物です。
  1. 2009/02/23(月) 20:56:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

CIMG2027.jpg

CIMG2029.jpg
ミツマタ

今日 小雨の中撮影した もう一枚
ミツマタも アチコチで満開状態です♪

横浜は何故か ミツマタ畑が多く ここもミツマタが沢山植えられてます。

ミツマタ (三椏) ジンチョウゲ科 ミツマタ属
学名   Edgeworthia chrysantha
花期   初春
中国原産の落葉低木で、日本には室町時代に渡来して、和紙の原料になりました。
紙は、書写のほかに古くは紙幣などにも使われました。
それは、ミツマタの繊維が比較的長期間光沢があり、滑らかだからです。
木の枝が1年に1度、三つに分かれます。分かれた箇所を数えるとミツマタの年齢がわかるといわれます。

園芸品種として、花の先が赤いものなどもあります。
これの事かな? ↓ 何故か 黄色の花ばっかりの中に
一つの花だけ 横から赤が出てました。

CIMG1751.jpg
  1. 2009/02/23(月) 20:47:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

CIMG2039.jpg

CIMG2040.jpg
キャノン IOS KISS F

今日 やっとネットで発注したマクロレンズが届きました♪
届いたレンズは タムロン AF18~250㎜ってヤツ

まだ 届いたばかりで これが私の思った写真を撮れるのかは不明?
それより 撮影の技術も わからない事ばかり・・・

レンズ・フードはレンズの保護の他に どういう役目があるのか?
これをすると 逆光に効果があるのか?
どういう時に これを調整するのか?

そういった基本知識がないので これから自分であれこれ試しながら
練習して行くしか ないですね!

まっ 1年も使えば それなりになんとかなってくんじゃないかな?

コンデジは普段 常備し お仕事の途中でパチリ
1眼デジカメは 展覧会や植物園に行った時用ってな考えです。
  1. 2009/02/23(月) 20:37:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ

プロフィール

ぱぱいや

Author:ぱぱいや
.
外回りのお仕事なので いつも珍しい花 キレイなお花がないか注意しながら運転してます♪

街や郊外で見かけた花の便りを毎日 
紹介しようと思ってます。

ブログ内検索

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

最近の記事

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード