FC2ブログ

街の花便り 

季節のお花を紹介してます。

アジュガ1

アジュガ2

アジュガ
アジュガ

4月26日の誕生花 アジュガ(西洋十二単) 花言葉 「心が休まる家庭」

この花も増える花です。 地植えにして日当たりがいいと群生します。

アジュガ・レプタンス ‘チョコレートチップ’  シソ科    アジュガ属
学名   Ajuga reptans 'Chocolate Chip
別名   セイヨウキランソウ
花期   春~初夏
ヨーロッパ原産の耐寒性匍匐性常緑多年草です。

原種に比べて葉や花のサイズが半分以下、草丈10㌢ほどの
紫葉の矮性種で、株が密に茂り、花つきが多くグランドカバーや
寄せ植えに適しています。
耐暑性もあり、性質は強健で地植えをすると勢いよく繁殖します。
  1. 2009/04/26(日) 21:21:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

プラチナ・コンボルブルス

プラチナ・コンボルブルス1
プラチナ・コンボルブルス

以前に紹介しましたが こんなに大きくなる花とは知りませんでした。
朝顔のよりしっかりした白い花が 日に当たると見事に開花します。

プラチナ・コンボルブルス  ヒルガオ科  半耐寒性常緑植物

硬質でメタリックな感じの光沢があるシルバーリーフが美しいクネオルム。
朝顔を小さくしたような花は純白で涼しげに
中心部の黄色がアクセントとなっています。
コンボルブルスは這い性品種です。
春から秋まで、日当たりの良い場所で。真夏は半日陰の涼しい場所

  1. 2009/04/26(日) 21:13:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

早くアップしないと花期が終わっちゃうよ! Ⅴ
アリウム コワニー
アリウム 

この花は ハタケニラと別なニワニラって思いましたが
ニワニラは検索でヒットが少なく なにかの勘違いかも?

アリウム(コワニー)
ユリ科アリウム属 原産地:地中海沿岸
和名:アリューム、アリアムネアポリタヌム 日持ち:5日程度 水揚げ:水切り法

アリウム・コワニーの名前で呼ばれることがほとんどですが
アリウム・ネアポリタヌムが正式な名称です。
真っ白な純白の花が次々に15~30個で球状の房となって咲きます。
薄い茶色のガクは剥いてあげた方がキレイです。
茎の曲がり加減がおもしろいので、ナチュラルに生けましょう。

ネギやニラを含む属の総称「アリウム」の由来はラテン語の「におい」
ラテン古語の「ニンニク・ニラ」に由来するといわれます。
茎を切ると匂いがするので、少し注意。

オーニソガラム Rダイヤモンド
オーニソガラム R ダイヤモンド

ドビューウム  ユリ科、オーニソガラム属
ドビューウム R.ダイヤモンドミニ

半耐寒性で明るい場所を好みます。夏は乾燥させて休眠させます。
山吹色が春!!って感じです。

ビティロディア フェアリーピンク1
ピティロディア  フェアリーピンク

オーストラリア原産 フェアリーピンク
バーベナ科ピティロディア属 多年生草木

日当たり風通しの良い場所に置く
土の表面が乾いたら水をたっぷり与える
花が終了後、水はけの良い用土に植え替える

雰囲気はエレモフィラ・ニベアのピンク花バージョン

育成温度10度~25度(最低0℃)

  1. 2009/04/26(日) 18:58:26|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ホクシア

ほくしあ
ホクシア(フクシア)

この花は 非常に変わった形で うちのかみさんが大好きな花
去年も 3つくらいの種類を買いましたが 全滅・・・・
越冬が難しいのかな?

別名に 天使のイヤリングって名前もあるくらい 色も形も可愛い花

ホクシア(フクシア)  アカバネ科の落葉低木
和名「ツリウキソウ」  原産は中南米。

バレリーナのスカートのようでもあり、イヤリングのようでもあり…。
色も個性的ですが、形も面白くて楽しいですね。
ず~っと眺めていても飽きない。

  1. 2009/04/26(日) 18:47:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

二人静

二人静1
二人静  フタリシズカ

フタリシズカ  二人静 センリョウ科

ヒトリシズカに対し、花穂が2つ、というのが良く言われる理由ですが
実際には穂が1~5本とまちまち。
正しくは静御前とその亡霊の舞姿を2本の軸にたとえたことからだそうです。

この花は まだ里山にけば沢山 生えてますね。
あまり美しい花とは言えないけど 名前はロマンチックですね。
ヒトリシズカと同じように 園芸店でも売られてます。

  1. 2009/04/26(日) 18:35:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トラディスカンティア
トラディスカンティア 胡蝶の舞

去年の秋に購入したトラディスカンティアの花が咲き始めました。
下の写真が 購入した時の写真 
葉の先がピンクで 観葉植物としても楽しめます。

春になると このピンクの模様が消え 先に白い花が咲きます。
花径 2cm弱 トキワツユクサと同じ仲間なので お花はそっくり!

トラデスカンティア・フルミネンシス 
学 名 Tradescantia fluminensis Vell
分 類 ツユクサ科トラデスカンティア属
原 産 南アメリカ  タイプ 多年草

栽 培 耐寒性が強く、きわめて丈夫。関東地方以南では露地植えで越冬する
(冬に地上部が枯れることが多いが、春になるとまた芽を出す)。
水を入れたコップに挿しておくだけでも発根し、生育する。
肥料は春~秋の生長期に
  1. 2009/04/26(日) 18:25:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

さくら草

さくら草1
さくら草

今回の展示会で撮影しましたが これもガラスケースの中です。

さくら草は 園芸マニアの人たちが 品種改良を沢山 してて
このさくら草も 普通のさくら草とまったく違ってます。

サクラソウ (サクラソウ科サクラソウ属)

ほのかなピンク色の花といい、優しげな葉の色形といい
ほんとうに美しい花です。
園芸品種にあるので、かなり見慣れた花ですが、昔は至るところに
生えていたというものの、開発によって追いつめられ 自生場所は
非常に少なくなって来ました。
  1. 2009/04/26(日) 18:18:14|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2


丸の内 FLOWER WEEK 2009

今日は快晴でしたが風が強かったですねぇ~
咲いていたチューリップの花が すべて飛んでしまいました。

午前中に家を出て 丸の内の花展に行って来ました。
結果は 今まで行った花展では 最悪だったかも・・・

まず お花の絶対量や種類が少ない!

会場がアチコチに分けられており オフィス街なので道に迷い易い

フラワーブーケも多数 展示されてましたが すべてガラスケースの中

薔薇の花は200種類展示されてるそうですが 各店舗にひとつづつ
展示されており 店内に入って食事などをしないと見れない・・・

藤の花が今回のメインだそうですが もう枯れ始めてる・・・

等々で ちょっと不満が残る展示会でした。
写真撮影量も 今回は少なめです。
  1. 2009/04/26(日) 18:10:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

IMG_0087.jpg

IMG_0086.jpg
ビジョナデシコ  美女撫子

4月25日の誕生花 ビジョナデシコ  花言葉 「貴方は完璧」

本来は多年草であるが、一般的には秋まきの一年草として
扱うケースが多い。
1573年イギリスに導入されて以来
花壇にかかせないものとして扱われてきた。
アメリカには自生種のように帰化している。
日本へは1887年に渡来した。

-英名-  Sweet William
別名   アメリカナデシコ、ヒゲナデシコ
科名   ナデシコ科
原生地   ユーラシア大陸
園芸分類   一年草
  1. 2009/04/25(土) 20:41:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ツリー・ジャーマンダー

ツリー・ジャーマンダー1
ツリー・ジャーマンダー

この花も 検索に時間の掛かった花  しそ科は予想してましたが
ローズマリーと同じように 樹木です。 
これも 図鑑に中々載ってないんですよ~

名称 ツリージャーマンダー  英名 TreeJarmaner
科名 シソ科   分類 常緑低木
夏に蒸れて株が傷むことがあるので適宜}を間引いて風通しをよくします。
シルバーの葉がきれいです

トリガープランツ
トリガープランツ

げげげ ちょっとピンボケ・・・ 
あまり見かけないお花だからピンボケでもアップします。
見慣れない花は やっぱりオーストラリアの花が多いですね。

トリガープランツ  Stylidium 科
この仲間は145種類ぐらいが西オーストラリアに分布してる。
虫が花びらにふれると、花の中央にある花柱が鉄砲の撃鉄のように
素早く動き、虫に花粉をつけることからトリガープランツと
言われるようになりました。

水はけの良い培養土で植え、日当たりの良い場所を好み
屋外でも越冬する。
1回目の花が終わったら刈り込むと、もう一度花が楽しめる。
トリガーの動きは温度が高いほど素早く動くそうです。

コマクサ  ペレニアル
コマクサ  駒草

白花特集の時に この白花をアップしました。
駒草は 高山植物の女王としても有名なお花ですが 
今 けっこう園芸店でも売られてます。
絶滅危惧種ほど 園芸店で売られてるの法則

コマクサ<ケシ科> 花期 7月

高山帯の砂礫地に生える小形で無毛の多年草です。
濃紅色からピンク色、まれに白色のかれんな花をつぎつぎと咲かせ
「高山植物の女王」と呼ばれます。

昔は、多く自生していましたが、薬草として採取され
高山植物ブームにより、鑑賞用として盗堀に遭い
一時は絶滅寸前までになりましたが、地元の有志の方や、
関係官庁・団体の皆様の長い間の努力によって復元されました。
  1. 2009/04/25(土) 18:41:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

二十日大根
二十日大根の花

ハツカダイコン(二十日大根)  アブラナ科  
英名:ラディッシュ  花期:春

ダイコン(大根)の変種です。
種を播いて収穫できるまでが 1 ヶ月前後なのでこのように命名されています。
形や色がさまざまな品種がたくさんあります。
栽培は簡単なので,ほとんど失敗することはないようです。
プランターなどでも楽しむことができます。

カキドウシ1
カキドウシ

カキドウシ (垣通し) カキドウシシソ科、カキドウシ属 
別名:カントリソウ

平地の草むらに生えるつる性の多年草。
4~5月に葉のわき淡紫色の唇形花を開く。
花の下側の裂片は広く、濃い紫色の斑点がある。
名前はつるが垣根を通して長く伸びることによる。
子供の癇をとる薬となることからカントリソウの別名がある。

トキワハゼ
トキワハゼ

トキワハゼ(ゴマノハグサ科)

草丈10cm前後の小さな植物です。
花期は春から秋までと長いのですが、低い草丈と5mmほどの
小さな花のため気づかないことも多いかもしれません。

よく見ると白と紫の花びらと雄しべの黄色とのコントラストが美しい
かわいい花をつけています。 茎には細い毛がはえています。
  1. 2009/04/25(土) 18:27:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

トキワツユクサ2

トキワツユクサ
トキワツユクサ  常盤露草

トキワツユクサ ツユクサ科 ムラサキツユクサ属 多年草

やや日陰の道端に 今頃から咲き始めます。
花径 2cm以下の 白い3花弁の花が咲き 同じ時期に咲いてる
オオムラサキツユクサの半分の花の大きさ

今 家のトラディスカンティアも咲き始めましたが こっちは1cm程度の
3花弁で よく似た感じの花
ブライダル・ベールは その半分 7,8㎜の花径

何れにせよ この白くて小さな花は 撮影が非常に難しいです。

トキワツユクサは南アメリカ原産の植物で、葉のつき方やかたちは
ツユクサに似ていますが、花をよく観察してみると
その色は白く、3枚の内花被片が放射状につく
ところなどはかなり異なっています。

また、6つある雄しべの花糸には白い毛が密生するのが特徴です。
ツユクサよりも早く6月には咲きはじめ、市街地周辺ではわりあい
によく見る帰化植物の一つです。
  1. 2009/04/25(土) 18:22:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ブルーデージー1

ブルーデージー
ブルーデージー

下の班入りのブルーデージーは うちのお花で もうかなり長い年数
大きめの鉢で咲き続けてます。 この花は 本当に手間いらずのお花♪

ブルーデージー  別名 サンガブリエル・ブルー ルリヒナギク
(フェリシア)属)
南アフリカ原産の温室性多年草,第二次大戦後に渡来。
花壇,鉢植え,切花用。高さ20~40㎝,
長い花柄の先に花径3㎝内外の頭状花を単生,
舌状花は濃青色で12~13枚,花が大きく中心花は黄色。花期は春~秋。
ブルーデージーの園芸品種には本種のほか,
濃青色花のニュー・ブルーデージーがあります。

ニュー ブルーデージー
ニュー・ブルーデージー

まだ 出始めなのか あまり検索でヒットしません。
ブルーデージーの矮性種で 花がやや小型
ブルーの色が 一般的なブルーデージーより濃い青で
背丈も ちょっと低いのが特徴みたいです。

写真は 午前中に撮影したせいか 花が開ききってませんね。
  1. 2009/04/25(土) 18:11:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

IMG_0110.jpg
牡丹

牡丹の花は先日 アップしましたが 黄色の牡丹を発見♪
黄色の牡丹は きっと数が少ない筈 あまり見かけた事がないから。

原産地は中国。
元は薬用に栽培されていたが、則天武后も牡丹を愛でたという唐代以降
牡丹の花が「花の王」として他のどの花よりも愛好され
様々に詠まれ、描かれてきた。

清代以降、1929年までは中国の国花でもあった。
1929年、当時の中華民国政府は国花を梅と定めた。
中華民国政府が台湾に去った後、公式の国花は定められていなかった。

中華人民共和国政府は現在「牡丹、蓮、菊、梅、蘭」の中から
新しく国花を制定する作業中と伝えられる。
  1. 2009/04/25(土) 17:59:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

しゃくなげ 家

しゃくなげ 家1

しゃくなげ 家3
西洋しゃくなげ

今日は一日中 強い雨ふりで 丸の内の花博に行こうかと
思ってましたが 明日に順延しました・・・。

ここのところ 暖かい陽気が続いてたので今日はやけに寒いです。
こういう時 風邪をひきやすいので 注意が必要ですね。

我が家のしゃくなげが ようやく満開です。
つぼみが付いてから 咲くまでに随分 時間が掛かりました。
シャクナゲは 西洋シャクナゲは比較的 強い方ですが
やはり高山植物なので 直射日光や夏の暑さが苦手です。
根元には 直射日光を 当てない事が 大切だそうです。

買った時は もうちょっとエンジ色になると 思ってましたが・・・
  1. 2009/04/25(土) 17:51:40|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カルセオラリア4

カルセオラリア2

カルセオラリア3
カルセオラリア

4月24日の誕生花 カルセオラリア 花言葉 「貴方を伴侶にします」

別名 キンチャクソウ 案外 強い花で うちの室内で長く咲いてます。

カルセオラリア [学名:Calceolaria]

ゴマノハグサ科の一年草または多年草。 和名キンチャクソウ。
この属の植物は南アメリカおよびニュージーランドに約200種以上
自生するが現在栽培されるのはC. crenatiflora、C. corymbosaなど
数種の原種から交雑育成されたもので
半耐寒性一年草として扱う。

開花期に花茎を多数分枝し、高さ30~40センチメートルになる。
葉は対生し卵形。花は上唇が小さく、下唇が大きくスリッパ状になる。

花色は赤、橙、黄の単色か不規則な斑点(はんてん)が入るものがある。
  1. 2009/04/24(金) 21:51:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

今 我が家で元気な花シリーズ Ⅲ
イチゴの花 家
イチゴの花

苺の花は先週散ってしまいましたが これから実が生るのが楽しみ
イチゴは かなり早い時期に 箱型のプランターを作った時に植えました。
種類は  ・・・忘れちゃいました。
けっこう しっかりした花が咲きましたが 散るのも早かったです。
咲いた花の数だけ 苺が出来るのかな?

キャットテール
キャットテール

簡易温室で 無事 越冬出来たキャットテール 小さな1cmくらいの
花が 除々に大きくなり 今 4cmくらいまで大きくなりました。
もう ひとつ1cmくらいのも咲き始めてるので 楽しみです。

一般名 キャットテール

キャットテール   学名 Acalypha reptans
別名 アカリファ   科名 トウダイグサ科
原産地 インド   植物分類 多年草 (宿根草)
常緑・落葉 常緑   草丈 20~50cm

ビオラ 家
ビオラ

駐車場の屋根から吊るした ビオラの黄花
ドンドン春になって増えて 今は垂れ下がるくらいの勢いです。

水遣りを1日 欠かすと とたんにヘナァ~~っとなっちゃいます。

今 ビオラ&パンジーは どこの家も満開状態ですが 夏になると
一斉に消えちゃうんですよね! 耐夏性が弱いんでしょうね・・・
うちも これを 越夏 出来るかは疑問があります。
  1. 2009/04/24(金) 21:43:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

チョコレートベリー(アロニア)
チョコレート・ベリー

別名 アロニア メラノカルパ
科名 バラ科   属名 アロニア属
学名 Aronia melanocarpa
別名 チョコレートベリー チョークベリー
季節 春 夏 秋    最終樹高 2m

花が鑑賞でき、果実が成り、秋の紅葉も良いという三拍子
そろった特性を備えた数少ない樹木の一つ。
黒実のメラノカルパはチョコレートベリーとも呼ばれアントシアニン
の含有量がブルーベリーの数倍あることから注目されています。

生食はあまり美味しくないので、加工用に適します。
赤実の品種アルブティフォーリアは西洋カマツカとも呼ばれ
食用には適しませんが、実の美しさから鑑賞用に適しています。
四季折々に楽しめる低木なので、ボーダー花壇や
庭園のポイントに適しています。

紅姫シャリンバイ
紅花シャリンバイ

紅花シャリンバイ   バラ科 シャリンバイ属
常緑低木
暖地の海岸近くに自生する緑化樹としてお馴染みのシャリンバイの園芸種。
5月ピンクの花が多数咲きとても美しい。
清楚で愛らしい花。
今後の需要が期待され、生産者も注目する品種。

ビバーナム エスキモー
ビバーナム・エスキモー

ビバーナム  スイカズラ科   ガマズミ属
常緑(落葉)低木  和名 セイヨウガマズミ  西洋テマリカンボク
原産地 ヨーロッパ、北アフリカ    庭植え、鉢植え
開花時期  5月

ビバーナムはビブラナムともいい、ガマズミ属のことをいいますが
ガマズミ属の園芸品種がこの名前で売られています。

ビバーナムは、コンパクトな樹形で花が美しい品種や
秋には実も楽しめるものもあります。

アメリカ ハナズオウ
アメリカ・ハナズオウ

アメリカハナズオウ  マメ科ハナズオウ属の落葉小高木

別名:カナダスオウ(Canada花蘇芳) アメリカハナズオウ
マメ科ハナズオウ属の耐寒性落葉高木であるハナズオウ(花蘇芳)の
北米~中米に分布する葉を観賞する園芸品種です。

一般のハナズオウの葉は黄緑色のハート型をしていますが
このアメリカハナズオウは暗紫色のハート型をしています。
葉は、夏、暗紫色から紫っぽい緑に変わります。
花は、春、ハナズオウより、小さな濃桃色の蝶形の花を咲かせます。
  1. 2009/04/24(金) 20:26:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

オーストリアン・ローズマリー
オーストラリアン・ローズマリー

この花も けっこう観掛ける花なのに 名前検索に手間取りました。
花を見れば しそ科の花は明らか ローズマリーに似てますが
ちょっと違う・・・  図鑑には中々 載ってませんでしたが
漸く 判明♪

オーストラリアン・ローズマリー

シソ科  学名 Westringia fruticosa (=W.rosmariniformis)
原産地  オーストラリア南東部
別名   ウェストリンギア 草丈  1m~1.5m
開花時期   4月~10月

オーストラリア原産の常緑性低木です。
細長い葉や花のかたちが同じシソ科のローズマリーに
似ているところからこの名付けられました。
ローズマリーは茎葉に芳香があるハーブですが
この植物は姿形が似ているだけで芳香はありません。

よく枝分かれして柔らかい雰囲気の細かい葉をたくさんつけ
株は全体的にこんもりふんわりした、やさしげな姿になります。

ローズマリー
ローズマリー マクロ

  1. 2009/04/24(金) 20:17:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

IMG_0109.jpg

IMG_0111.jpg
ドイツ鈴蘭

花が葉っぱと同じ高さか それ以上の高さになるのはドイツ鈴蘭
日本の鈴蘭は やや小型で 葉より低い位置で咲くそうです。

このお花のファンも多いですね! 

和名 君影草  ユリ科 スズラン属

摂取した場合、嘔吐、頭痛、眩暈、心不全、血圧低下、心臓麻痺などの
中毒症状を起こし、重症の場合は死に至る。
スズランを活けた水を飲んでも中毒を起こすことがあり
これらを誤飲して死亡した例もある。

スズラン属の日本在来種はConvallaria keiskeiのみであり
本州中部以北、東北、北海道の高地に多く自生する。
北海道を代表する花として知られる。

観賞用に栽培されているものの多くはヨーロッパ原産の
ドイツスズラン(C. majalis)である。
日本に野生するスズランと比べると大型で、花の香りが強い。
またスズランの花茎が葉より短いのに比べ、ドイツスズランは
花茎が葉と同じ長さかそれ以上に伸びる。
花色は白が普通だが桃、紅などもあり、葉に斑(縞)の入った品種もある。

  1. 2009/04/24(金) 20:05:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

昼咲き月見草

昼咲き月見草1」
昼咲き月見草

今朝から涼しかったのに 何故か半袖で出かけて 夕方から冷え込んで
来たので寒かったです。

季節は 目まぐるしく変わっていきます。 桜の季節も早 終わって
しまいました。

道端にナガミヒナゲシの花も観掛けますが 昼咲月見草も咲き始めてます。
この花は 雑草で道端で咲いてるのは もったいないような可愛い花です。

ヒルザキツキミソウ(昼咲き月見草)  
Oenothera speciosa/アカバナ科/多年草  
昼というよりも朝から咲いているツキミソウの仲間。
写真は桃色の園芸品種でモモイロヒルザキツキミソウといわれる。

原産地:北アメリカ。大正時代の末ごろに渡来。
分布・生育地:本州(関東・中部地方以西)に野性化。
河川敷の草むらや土手など。
草丈:20~50cm。鋸歯のある葉を互生する。
 花期:5~7月。花径:3~4cm。花は上向きに咲き
初めは白色で後に桃色になるが、初めから桃色の園芸品種もあり
近似種:ツキミソウ、マツヨイグサ
  1. 2009/04/24(金) 19:56:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

アネモネ L
アネモネ

4月23日の誕生花 アネモネ  花言葉「期待」

アネモネは キンポウゲ科 イチリンソウ属  

美の女神アフロディーテはキューピッドの射た愛の矢に誤って傷つき、
美少年アドニスと恋に落ちた。

ところがそのアドニスは、猟に出た日にイノシシの角に突かれて死んでしまい、
アフロディーテが悲しみのあまり流した涙が アネモネになった、といわれている。

アネモネの赤い花の色は「血」と「生命」の象徴とされる。
中央アジアのアルメニアの国花。
別名「牡丹一毛(ぼたんいちげ)」 「紅花翁草(べにばなおきなぐさ)」

こんな 清楚なアネモネもありますよぉ~
アネモネ・シルベストリス
アネモネ

  1. 2009/04/23(木) 22:08:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

早くアップしないと花期が終わっちゃうぞ!シリーズⅣ
ヤマシャクヤク
ヤマシャクヤク  山芍薬

ヤマシャクヤク Paenia japonica (ボタン科 ボタン属)

ヤマシャクヤクは関東・中部以西の本州、四国、九州に分布する多年草。
ブナ林域などの明るい落葉広葉樹林の斜面下部や谷などに生育する。
根茎から高さ30cmほどの茎を出し、数枚の茎葉を付ける。
葉は2回羽状の複葉であり、両面とも無毛で柔らかい。5
月に白色の花を付ける。
 
ヤマシャクヤクも減った植物の1つであると言われる。
花が美しいので山草愛好家などによる採集も大きな原因の
一つと思うが、ブナ林域の谷まで進行してしまった植林による
減少が最も大きいのではないかと思う。

キバナホウチャクソウ・

黄花ほうちゃくそう1
キバナホウチャクソウ  黄花宝鐸草

キバナホウチャクソウ(黄花宝鐸草)    ユリ科   チゴユリ属
学名   Disporum flavens
花期   春
中国原産の耐寒性多年草、ホウチャクソウの園芸種です。
黄色の花を寺院や五重塔の軒に下げる宝鐸に見立てたものです。
長さ3㌢ほどの花被片は6枚で筒形に重なったままで
平開することはありません
  1. 2009/04/23(木) 21:51:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

今 我が家で元気な花シリーズⅡ
イワヒゲ
イワヒゲ  岩髭

これは もう開花してる花を 例の山野草卸売店で購入しました。
花が ツツジ科の特徴を出してますね。

岩髭 ツツジ科 イワヒゲ属

高山帯の日当たりの良い岩の隙間に生える常緑矮性低木です。
茎は岩の上を這い、ヒノキのような鱗片状の葉が茎に接して密生しています。
枝の先の葉の間から2~3cmの花柄を出して、鐘状の花を下向きにつけます。
花冠のさきは5裂して開いています。
花色は私が見たのは白色だけでしたが、淡い紅色もあるそうです。

IMG_0004.jpg
ボンザ・マーガレット

かの有名なサントリーフラワーズ制作の八重咲きマーガレット
サントリー製品は たしかにキレイな花が多いですが 
お値段も高いのが難点!

この花はオペラ咲きってな種類 他にも沢山種類があります。

花期:3月~6月、10月~12月
※真夏の高温期、冬の厳冬期は花が休みます。

キク科アルギランセマム属

アークトチス
アークトチス

こっちは サカタのタネ制作の アークトチス
ちょっと 銀色っぽく咲く姿が気に入って購入~~♪

ア ー ク ト チ ス

春蒔き一年草  キク科  和名:ハゴロモギク

少し青みがかった風に見える花が洒落ています。
葉はシロタエギクのような銀色、花は夜には閉じます。
花姿は、花壇では、こんもり円形、30センチくらいでしょうか。
茎のしなり具合は大型コンテナに向くかもしれません。
  1. 2009/04/23(木) 21:04:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

麦センノウ1

麦センノウ2
アグロステンマ

和名 ムギセンノウ ムギナデシコ

けっこう大きな花が咲きます。 花径8cmくらい
背が伸び過ぎて 支えがないと 立ってられません。
写真の花も 途中を縛って まとめてま咲かせてました。

日当たりのいい 庭があったら この花を飾るのもいいですねぇ~~

アグロステンマ (麦仙翁) Agrostemma githago
1年草 【なでしこ科アグロステンマ属】 原産地 ヨーロッパ
秋蒔き9~10月  4~6月咲き  花径7センチまで
花色は白から紫桃まで  発芽温度は18~20度
仮植えして育苗  日当たりの良い場所に植える

耐寒性は強い  草丈1Mまで  いかにも洋花的で派手だ
栽培しやすい  肥料過多や倒伏に注意

  1. 2009/04/23(木) 20:57:14|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ヤグルマソウ
矢車菊

うちの田舎では 矢車菊は矢車草って呼んでました。
図鑑によると どちらも正解みたいですね♪

横浜郊外の農家は お金持ちが多いので畑に こんな風に
お花が沢山 植えてあります。 これも収穫する気がない様子・・・

ヤグルマギク(矢車菊)  キク科  セントウレア属(ヤグルマギク属)
学名   Centaurea cyanus
別名   セントーレア   コーンフラワー
花期   春~初夏
南東ヨーロッパ原産の一年草~越年草で
本来は小麦畑の害草であったものが品種改良されたといわれ
日本には明治初期~中期に渡来したといわれます。

古代エジプトのツタンカーメン王の墓からも発見された
由緒ある花といわれます。
花の姿が、鯉幟の柱の矢車の形に似ているのでこの名前があります。
花には舌状花がなく、長い筒状花が周辺に一列に並び
中心部には花筒の短い筒状花があります。

矢車菊 咲き方が2種類あります。
下のピンクの矢車菊は うちの花です♪
ヤグルマソウ1

矢車菊1

  1. 2009/04/23(木) 20:49:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ロシアンスターチス
ロシアンスターチス  ピンクホーン

今日も日中は予報より暖かでしたが 夕方から涼しくなって来ました。
こういう時は 風邪をひきやすいので ご用心!!

撮影してから 時間が経ちましたが 不明の花の名前がわかりました。
ロシアンスターチス ピンクホーン サカタのタネで種を売ってます。

ユニークな花穂がたくさん立ち上がる。
とても小さな花が、数え切れないほど集まって30cmほどの
ユニークな花穂を形づくります。
秋まきでは株元から多くの花穂が上がり草丈50cmほどに伸びます。
水あげがよく切り花でも楽しめます。

【種類名】 ロシアンスターチス  【品種名】 ピンクホーン
【学名】 Limonium suworowii  【科名】 イソマツ科
【属名】 イソマツ属  【原産地】 西部トルキスタン、イラン

【性状】 耐寒性1年草
【まきどき】 [寒地・寒冷地] 3~4月、
[温暖地] 3~4月、9~10月、[暖地] 2~3月、9~10月

  1. 2009/04/23(木) 20:42:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

花菱草1

ハナビシソウ 1
ハナビシソウ  花菱草

4月22日の誕生花 花菱草  花言葉「私を拒絶しないで下さい」

花菱草は この前 大船に行った時にリナリアと一緒のを
撮影した筈ですが 見当たらないの去年の写真を!

今年は うちもプランターに花菱草の種をを蒔き 現在7,8cmに
成長してます。 このオレンジは鮮やかなので 楽しみにしてます。

ハナビシソウ(花菱草)  カシ科 ハナビシソウ属(エッショルチア属)
学名   Eschscholzia californica(エッショルチア・カリフォルニカ)
別名   カリフォルニアポピー  キンエイカ(金英花)
花期   初夏
 
北アメリカ西部原産の耐寒性多年草~一年草で
日本には、明治初年に渡来したそうです。
本来は多年草ですが、高温多湿に弱いので日本では
一年草扱いされています。

ハナビシソウの和名は、花が花菱の紋に似ているという意味で
つけられたそうです。
花色は黄色が基本ですが、オレンジ、白色、ピンク、クリーム色などがあり
花弁が4枚の一重咲き、半八重咲き、八重咲きの品種があります。

同属に草丈が低く、花が小形のヒメハナビシソウ(姫花菱草)があります。
晴天の時だけ開花し、夜間や曇天の時は花弁が閉じます。
  1. 2009/04/22(水) 21:34:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ストロベリーキャンドル

ストロベリーキャンドル1
ストロベリーキャンドル

4月20日の誕生花 花言葉 「胸に灯をともす」
お花が ありませんでしたが 今日 見つけました♪
やっぱり クローバーの赤花ですね!

ストロベリーキャンドル  マメ科
学名  Trifolium incarnatum
別名  クリムソンクローバー オランダレンゲ ベニバナツメグサ
原産地   ヨーロッパ
草丈  20cm~50cm   開花時期  4~6月

クローバーの仲間で、花の咲いていない時期は見分けづらいです。
冬は寒さに耐えるかのように低く葉を広げていますが
春になると茎を伸ばし先端に細長い真っ赤な花を咲かせます。
その花の姿からストロベリーキャンドルの名前があります。
別名のクリムソンクローバーやベニバナツメグサは
「赤い花が咲くクローバー」という意味でしょう。  

本来は毎年花を咲かせる多年草ですが、暑さに弱く日本では
夏に枯れてしまうために一年草として扱います。
緑肥植物として育てられることもあります。
また、白い花を咲かせる品種もあります。

  1. 2009/04/22(水) 21:07:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

今 元気な我が家の花 シリーズ♪
ラグラス バニーテール
ラグラス・バニーテール

ラグラス・バニーテール イネ科 ラグルス属
ネコじゃらしみたいなもんですがバニーテール 
名前の如く フワフワってしてます。
学名のラグラスは「野ウサギの尾」の意味だそうです。

こぼれ種で 増えるそうです。

ボロニア ヘテロフィラ
ボロニア・ヘテロフィラ

ボロニアは、オーストラリア原産の花木で細くしなやかな枝先や葉の
わきに釣鐘状の小さな花や星状の可愛い花をつけます♪
ボロニア属にはたくさんの種類がありますが、
釣鐘状のかわいい小輪の花を咲かせる「ヘテロフィラ」と
星状の「ピナータ」があり うちは両方咲いてます。

細い枝いっぱいにピンクの花が咲いている様はとても可愛らしい
花もちがよいので、永く観賞できる春の代表的な花です。

サルジアンスキア
ザルジアンスキア  ムーライトフレグランス

この花は変わってます。 日が当たる日中は花が閉じてつぼみ状に
なっていて 夕方 日が落ちると一斉に開花します。

日中は花が半開きで花弁裏の赤紫色が目立ち
夜に純白の花が開くと良い香りが部屋中に漂います。
耐寒性に優れており、自然の管理下での開花は5~6月頃です。
夏は風のよく通る涼しい所に置く事
 
南アフリカ原産、  ゴマノハグサ科の多年草

イベリス
イベリス


イベリス・センペルウイレンス   アブラナ科  イベリス属
学名  Iberis sempervirens
別名  トキワナズナ(常盤薺)  キャンディタフト  マガリバナ
花期  早春~春

ギリシャ、西南アジア原産の耐寒性多年草~半低木です。
寒さに強く、暖地では2~6月が花期ですが
霜よけ程度の防寒は必要です。
よく分枝した高さ20~30㌢の茎は半球状に盛り上がり
1㌢ほどの白い小花が溢れるように咲いて華やかです。

イベリス・センペルウイレンスは白花だけですが
ほかに一年草のイベリス・ウンベラタも流通していて
こちらは花色も赤や紫、桃などと多彩です。

この写真のイベリスは長持ちします。 うちのはもう何年も咲き続けてます
  1. 2009/04/22(水) 20:13:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
前のページ 次のページ

プロフィール

ぱぱいや

Author:ぱぱいや
.
外回りのお仕事なので いつも珍しい花 キレイなお花がないか注意しながら運転してます♪

街や郊外で見かけた花の便りを毎日 
紹介しようと思ってます。

ブログ内検索

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

最近の記事

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード