FC2ブログ

街の花便り 

季節のお花を紹介してます。

モッコウバラ 黄1

モッコウバラ 白
モッコウバラ  木香薔薇

4月30日の誕生花 モッコウバラ  花言葉 「幼い頃の幸せの時間」

上が黄木香  したが白木香 園芸店では金木香 銀木香にしてる
ところもあります。
バラ科 バラ属 ですがトゲはなく 春の一期咲き

中国の中南部が原産です。
わが国へは江戸時代中期に渡来しました。
名前は、中国名の「木香花」を音読みしたものです。
4月から5月ごろ、枝先に淡い黄色や白色の八重の花を咲かせます。

真子さまのお印の花だそうです。
バラ科バラ属の常緑蔓性低木で、学名は Rosa banksiae。
英名は、Banksia rose

玄関に木香薔薇のアーチを作ってる家
モッコウバラ 白 家
スポンサーサイト
  1. 2009/04/30(木) 22:14:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

エリカ シリーズ Ⅲ

エリカ ロイヤルヒース
エリカ・ロイヤルヒース

うちにもエリカは数種類ありますが これも我が家の花です。
エリカは 荒地のお花だから 強そうに感じますが 案外 枯れやすいかも?
今のところは 元気に咲いてます。 夏の暑さに弱いかも?

ではなくカポックを連想しています。

エリカ・レギア(ロイヤルヒース)
学名:Erica regia 科名:ツツジ科

よく分枝して高さ1mくらいになる直立低性種。
葉はひじょうに細く長さ6~12mm。
花は、分枝した茎の先端付近に詰まってたくさん咲きます。
花冠は筒状で、先が太く、長さ14~18mm。花色は光沢ある赤色ですが
白色などの変種もあります。

エリカ ブライダルヒース
エリカ・ブライダルヒース

エリカ・バウエラ(ブライダルヒース)  学名: Erica bauera
英名: Bridal heath   流通名: ブライダルヒース
科名: ツツジ科   属名: エリカ属
性状: 常緑低木   原産地: 南アフリカ
開花期: 3~4月    花色:桃色、白色

直立性で高さ1mくらいに育ち、分枝は少ない。
葉は長楕円形、長さ5mm前後で灰緑色。
花は壺型で、長さ2cm前後、枝の上部に密集してつきます。
花は主に春に咲きますが、多少は周年的に咲きます。

エリカ カナリーヒース
エリカ・カナリーヒース

このエリカは かなり変わったエリカです。
カナリーヒースは 主に黄色い釣鐘形の花が多いですが
このエリカは 星形 

カナリーヒース(エリカ・ブランドフォーリア)
学名: Erica blandfordia
流通名: カナリーヒース
科名: ツツジ科   属名: エリカ属
性状: 常緑低木   原産地: 南アフリカ
開花期: 3~4月

直立性で、長い主枝に、多数分枝するが、小枝は短いので
主枝が目立つ樹形になります。
高さ90cm程度の中型のエリカ。
花は壺形あるいは鐘形で、小枝の先端に数個咲きますが
やや緑を帯びた鮮やかな黄色です。暑さに弱いが、乾燥には強い。
  1. 2009/04/30(木) 21:49:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

早くアップしないと花期が終わっちゃうぞ!シリーズ Ⅶ

パンジーゼラニウム

パンジーゼラニウム2
パンジー・ゼラニウム

ポピュラーなお花の名前を2つくっつけたような名前のお花
ゼラニウムの仲間ですが 花はパンジーの2色咲きのような形

パンジーゼラニウム(フウロソウ科) 【原 産】南アメリカ
【花 期】春から夏

2色のコントラストが美しく、パンジーに似た花です。
花茎に独特な香りがあります。

バーベナ ピンクパフェ

バーベナ ピンクパフェ1
バーベナ・ピンクパフェ

宿根バーベナ ピンクパフェ
桃色と白の愛らしい色合い。這うようにして育つのでハンギングにもどうぞ!

宿根バーベナ ピンクパフェ

バーベナは別名美女桜。桜のような、愛らしい小さな花が群がって咲きます。
ヨーロッパでは聖なる草。祝い事などに、平和の象徴として用いられています。
花色も様々あってカラフル。
ピンクパフェは桃色と白の愛らしい色合い。
這うようにして育つので、ハンギングにも適してます。

桜姫千鳥1

桜姫千鳥
桜姫千鳥

着生ランの一種ですが この花の形は可愛らしいです。
園芸店の室内展示場に 2mくらいの木に着生させたこの花が
売ってましたが お値段 20万円・・・誰が買うんじゃ?

ラン科 エピデンドルム属  学名 Epidendrum centradenia
別名 桜姫千鳥(野生ラン)
分布: 中・南アメリカ(コスタリカ・パナマ)原産

特徴: 茎(バルブ)は、細長く伸びて、楕円形の葉を互生する。
中には、茎が肥大して紡錘形のバルブとなり
頂に1~3枚の葉をつけるものもある。
花茎は、茎またはバルブの頂からでて、多数の総状花をつける。
花径2.5cm、茎は細いが太い根が沢山でる。
高芽を切り離して殖やせるようだ。
  1. 2009/04/30(木) 21:30:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

道端の雑草シリーズ Ⅲ

赤花夕化粧1

赤花夕化粧
アカバナユウゲショウ  赤花夕化粧

この花も 昼咲き月見草と一緒で 雑草の中では際立ってキレイな花
本来 夕化粧の名前の通り 夕方から開花し 翌日の昼まで開花
でも 午後にも開花してるよなぁ~~・・・・

アカバナユウゲショウ (赤花夕化粧)
アカバナ科  マツヨイグサ属
夕化粧と呼ぶ言い方もあります。
マツヨイグサの事を夕化粧と呼ぶ場合も有るので
混乱しないように赤花夕化粧と呼ぶのかも?

5月の連休頃から咲き出します。夏を過ぎて秋口まで咲く
花の大きさは10ミリ~15ミリ。
小さいですけど、この鮮やかな紅色の花は、とても存在感が有ります。
綺麗な花です。

ハマニガナ
ハマニガナ  浜苦菜

八重山に行った時に 名前がわからず そのままになってたお花
ジシバリとよく似た花の形で 花径が3cmちかくあります。

ジャン母さんのBBSに同じ花の投稿があったので勉強になりました。

ハマニガナ  キク科 ニガナ属
海辺の植物です。砂の中からいきなり花が咲いています。
ジシバリと近い仲間のようで,地中に茎を張っているようです。
その茎から花が咲くので砂の中から咲いているように見えます。

ハタケニラ
ハタケニラ

へぇ~ ハタケニラ 今やどこにでも生えてる雑草的存在ですが
ネットで調べると めったに見掛けないようなカイコもあります。
地方によって 違うのかな? 横浜は道端にいくらでも生えてます。

ハタケニラ ユリ科 ステゴビル属
草丈50cm程度、茎の先端に10数個の薄紅色の小さい花をつけます。
花期は初夏からですが、初冬の頃まで目にします。
種子もつけますが、地下の球根で増えていくので
一度入り込んでしまうと草刈りなどをしてもなかなか除去が難しいようです。
帰化植物(北米原産)です。
  1. 2009/04/30(木) 21:06:07|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

オトメユリ

オトメユリ1
乙女百合   姫早百合

山野草卸売店で売ってましたが 購入せず
背丈が20cm 花の長さ7cmくらいの 小さな百合の花

5~6月に美しい淡い紅色の花をつける野生のユリ。
ヒメサユリの別名もあるが、オトメユリと呼ばれる。

花は筒型のテッポウユリ系で、ほのかな香りがただよう。
ササユリに似ているが全体に小型で、葉の幅が広い。

日本の特産種で、山形、福島、新潟に分布し
高山や山地の日当たりの良い草原に生えている。

小型で美しいため、よく鉢栽培にされる。
最近は実生や鱗(りん)片などで増殖されたものが流通しているが
鱗片ざしは10月か3月に鹿沼土にさし、実生は種が取れたら
よく乾燥して保存し、3月にまくとよい。分球するのも含め
いずれも容易だ。気長に取り組めば開花を楽しめる。

  1. 2009/04/30(木) 20:52:51|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

マツヨイグサ
マツヨイグサ  待宵草

マツヨイグサも咲き始めてます。
この花は 本来は夕方から開花するんじゃなかったっけな?
真っ昼間から けっこう開花してます。 花も季節感がなくなってボケたか?

マツヨイグサ(待宵草)   アカバナ科  マツヨイグサ属
学名   Oenothera stricta
花期   初夏

チリ原産の二年草で、日本にはマツヨイグサの仲間ではもっとも早く
1851年に渡来して、ヤハズキンバイという名で栽培されていましたが
やがて野生化して各地の海岸や河原などに広く自生していましたが
明治のはじめに渡来したオオマツヨイグサやメマツヨイグサ
に押されて減少しています。

秋に発芽してロゼットで越冬して、ほかのマツヨイグサの仲間に先駆けて
春から開花をはじめ、秋まで咲きつづけます。
花は直径3~5㌢で、夜に開花して早朝にしぼみますが
しぼむと赤くなるのがオオマツヨイグサやメマツヨイグサにはない特徴です。
  1. 2009/04/30(木) 20:45:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ナンジャモンジャの木

ナンジャモンジャの木1
ナンジャモンジャの木  ヒトツバタゴ

今日も一日 暑いくらいの陽気でした。
いよいよ 明日から うちの会社は6連休♪ 連休はお天気も良さそうです。

山野草卸売店に行った時に 思わず買ってしまった ナンジャモンジャの木
背丈50cmくらい この木は大きくなりそうなので鉢植えで育てます。

ナンジャモンジャの木
見慣れない立派な樹木に対して地元の人々が付けた愛称の
ようなもの(すなわち正式名称ではない)。
例としてクスノキ、ヒトツバタゴなど。あんにゃもんにゃとも。

ナンジャモンジャ=ヒトツバタゴのバタゴも方言で、トネリコという意味。
つまり、複葉(ひとつの茎から、複数の葉が出る)ではなく
単葉=ひとつ葉のトネリコということになる。
葉は、丸みがあり、白い花は、いわれてみれば
トネリコの種のようにも見える。
  1. 2009/04/30(木) 20:37:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

くちなし

くちなし1
クチナシ  梔子

4月29日の誕生花 クチナシ  花言葉 「幸せでとてもうれしい」

ムムム~ また誕生花の季節外れ・・・ クチナシは6月に開花の筈
でも 写真を見ただけで クチナシの甘い香りを思い出します。

クチナシ(梔子)   アカネ科  クチナシ属
学名   Gardenia jasminoides(=Gardenia augusta)
別名   ガーデニア
花期   初夏
日本(千葉以西)、中国南部、台湾、フィリピン、インドシナ原産の常緑低木です。
果実の口が開かないところから口無しが語源とする説や
果実にある突起部分を嘴に見立てたクチハシが語源とする説
がありますが、梔子の漢字は漢名に由来します。

碁盤の足はこの実を模ってあり、口出し無用を意味するといわれます。
花期は初夏で、開花時の強い香りで遠くでも存在に気づくほどです。
野生のクチナシは、暖地の南斜面の照葉樹林の縁などに自生しますが
多くの園芸種があり 暖地では庭などに植栽されています。
斑入りのフクリンクチナシ、八重咲きのヤエクチナシ
ほかにコリンクチナシ、ヒメクチナシ、コクチナシなどがあります
  1. 2009/04/29(水) 19:16:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

早くアップしないと花期が終わっちゃうぞ!シリーズⅥ

フリージア 八重
フリージア

アヤメ科の秋植え球根草。アサギズイセンともいう。
南アフリカ原産。球根は細長い紡錘状の球茎で繊維質の被膜に覆われ
植え付けるとすぐ発芽し、5~6枚の線形の細長い葉を伸ばして
越冬するので、暖地以外ではフレームか温室で切り花、鉢物栽培する。
花茎は高さ30~40センチメートル、細長い漏斗(ろうと)状で
香りの高い花を約10個開く。
白、黄、桃、紅、橙(だいだい)、紫色など花色は豊富で
一重咲きを主に、半八重、八重咲きもある。

写真は半八重だと思います。 八重はもっとゴチャゴチャしてます。

キルタンサス2
キルタンサス
キルタンサス  バルビフローラス(赤花)

ヒガンバナ科   キルタンサス属

春植え球根   別名 ファイアーリリー

原産地 南アフリカ  花期 12~3月

キルタンサスとは、曲がった花と言う意味だそうです。
寒い頃に、筒状のちょっと変わった花をたくさん付けるので魅力があります。
冬にプランターに植えられたキルタンサスが花をたくさんつけている
光景もよく見かけます。

キンセンカ

カレンジュラ2
キンセンカ  金盞花

キンセンカ 金盞花 キク科の園芸植物。
別名、カレンデュラ、ポットマリーゴールド。

原産地は地中海沿岸。北アメリカ、中央アメリカ、南ヨーロッパ
などで栽培されている。
春咲き一年草として扱うが宿根草タイプは冬を越すので
「冬知らず」の名で市場に出回る。

葉は長さ5~18センチメートルの単葉、しばしば荒い毛が生えている。
花径10cmほどでオレンジ色や黄色の花を咲かせる。
花容は一重、八重、また中心に黒のスポットのあるものと多彩。

日本では観賞用として花壇などに植えられるが
ヨーロッパでは原種はハーブの一つに数えられ
「エディブルフラワー」(食用花)である。

キンセンカの軟膏は火傷からにきびまで幅広い皮膚の
トラブルの治療薬になると考えられている。

  1. 2009/04/29(水) 18:37:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

道端の雑草シリーズ Ⅲ
エノコロクサ

エノコロクサ1
エノコログサ

エノコロ=犬コロの意味だそうです。 関東では猫じゃらしって呼びますね。

エノコログサ Setaria virides (L.) Ess. Agrost. (イネ科 エノコログサ属)

エノコログサは世界の温帯から暖帯にかけて広く分布する一年草である。
荒れ地や路傍、畑などに生育している。
アレロパシー物質を分泌するとの報告もあり、荒れ地などでは
一面に群生していることがあるのがうなずける。

エノコログサの由来は「いぬころ草」の意味であり
穂の形が子犬の尻尾に似ているからであると言う。
ネコジャラシと呼ばれることも多く、この穂で猫をじゃれさして
遊んだことに由来する。
猫だけでなく、子犬もじゃれさして遊ぶには、もってこいの植物かもしれない。
英語ではエノコログサ属の植物を Foxtail grass と呼んでいる。
キツネの尻尾草であり、着眼点はよく似ている。
太さと質感からいえば、キツネのほうがふさわしいかもしれない。

オオジシバリ
オオジシバリ  大地縛り

オオジシバリ Ixeris debilis (キク科 ニガナ属)

オオジシバリは日本全国に生育する多年生の草本。
水田の畦などに群生する。
地表付近に茎をはわせ、節から根を出して広がっていく。
葉は地面から立ち上がって、密に地表面を覆っており
頻繁に草刈りが行われる環境に適応した生育形である。

春にタンポポとよく似た花をさかせ、遠目には区別が付きにくいこともある。
和名は「地面を縛る」との意味。オオジシバリは畦などのやや湿った
場所に生育し、同属のイワニガナはやや乾燥した場所に生育する。

ジシバリは10ミリ以下 オオジシバリは 花径3cm程です。

ムラサキサキゴケ1
ムラサキサギゴケ  紫鷺苔
 
ムラサキサギゴケ  ゴマノハグサ科 サギゴケ属

地べたを這うようにムラサキ色した花形はイワチドリに似か綺麗な
ムラサキサギゴケの花です。
ムラサキサギゴケ「紫鷺苔」はゴマノハグサ科の植物で湿気の
あるところに普通に生える雑草で花期は春~夏
花の形が鷺に似ている所から命名されたような感じがします。
ムラサキサギゴケは紫ですが、白い花のサギゴケも有ります。

花の大きさ10ミリ程度のお花です。

  1. 2009/04/29(水) 18:11:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

おだまき 八重

おだまき 八重1
ヤマオダマキ 八重

西洋オダマキの八重は園芸店に沢山 売られてましたが
ヤマオダマキの八重は 珍しいんじゃないでしょうか?
早速 我が家のお花になりました♪

ヤマオダマキ 山苧環  .キンポウゲ科 オダマキ属
北海道から九州の温帯域に分布。山地の草原や林縁に生える多年草。
高さ30~100cm。根出葉は葉柄が長く2回3出複葉
小葉は扇形で先が2~3裂する。
上部の葉は小さく、葉柄が短い。

花期は6~8月。花は直径3~3.5cm、枝の先につき、うつむいて咲く。
がく片は5枚、淡紫褐色。

白花もありますよぉ~
おだまき 八重2

  1. 2009/04/29(水) 18:00:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

満州小あやめ

満州小あやめ1
満州小あやめ

今日 行った山野草卸売店に売ってましたが あまり詳しい情報は
探せませんでした。
背丈が10cmくらしかなく 花も8cmくらいの小型ですが
ネット検索には 花の大きさは普通とも書かれてます。

10センチほどの丈で乾燥にも強いのでこれから殖えるでしょう。
しかし、花期が短くて「3日見ぬ間のアヤメかな」
という旧い言葉が実感できます。

今日 撮影出来たのは ラッキーだったのかな?
  1. 2009/04/29(水) 17:54:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヒメヒホウギアヤメ
ヒメヒオウギアヤメ  姫檜扇菖蒲

マクロ用のフィルターを装着して撮影すると 多少 色目が違いますね。
撮影場所も違うので その所為かな?

この花も色の種類が数種類あり このお花は我が家のを撮影しました。

ヒメヒオウギアヤメ(アヤメ科アノマテカ属 )

【別 名】アノマテカ ラペルージア・ラクサ  【原産地】南アフリカ
【花 期】春

平安時代の正装の時に持った檜扇「檜で出来た扇」に似ているから
多年草、半耐寒性秋植球根。
花色は明るい赤、ピンク、白があり花弁は6枚。
下側の 3 枚の花びらの付け根に濃い部分がありアクセントになっています。
花茎は細く、6~8枚の花が咲きます。

  1. 2009/04/29(水) 17:42:07|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

梅花唐松 グリーンハリケーン1
バイカカラマツ  梅花唐松

このお花は本当に可愛い花です。 誰もが一度見ると欲しくなる筈
でも ちょっと儚げで 家で育てるのは難しそうに感じます。

上の花がちょっと旬でありませんが グリーンハリケーンって種類
下が ピンクの大輪咲き

ばいかからまつ
 
細い茎に可愛い花をつける きんぽうげ科.多年草.北米東部原産.
ばいかからまつ属で、からまつそう属といちりんそう属の中間的存在の花.
葉は2回3出葉、小葉は卵形で鋸歯がある.
花は白からピンク色. 高さは15~20センチ. 蕾や葉も可愛い

茎がひ弱な感じでいかにも山野草の感じの洋種山野草.
梅の花やからまつ草には似ていない感じだが、花は可愛い.

梅花唐松 白
梅花唐松 白八重
梅花唐松 緑八重 2
梅花唐松  緑八重
  1. 2009/04/29(水) 17:30:26|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

キンポウゲ
キンポウゲ  金鳳花

今日も朝からいいお天気で お休み日和でした♪
連休になってる所もあるので 今日は遠出せず 近所の散策
園芸店に行って 家のガーデニングをしてました。
お休みの日に 晴れると うれしいですねぇ~~
雨だと損した気持ちになります。

キンポウゲ 有名なお花ですが 道端にけっこう生えてるもんですね。
今日 数か所で このお花を発見しました。
黄色のお花は 晴れた日に撮影するのは 難しいですねぇ~~

キンポウゲ 金鳳花   キンポウゲ科

名高いトリカブトやクサノオウを擁する有毒植物の宝庫、
キンポウゲ科の総元締である。

しかしキンポウゲ自身の毒成分が話題になることはあまりない。
華奢な植物でもあり間違って食用にされることもないのだろう。

植物毒は口に入れない限りまず問題はない。
食べようと思うとその辺の花壇や花屋の花もかなり危険だ。
スイセンやツツジなんか命にかかわる。

実際有毒植物には、美しい花をつけるものが少なくない。

  1. 2009/04/29(水) 17:22:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

梅花空木3

梅花空木4
バイカウツギ  梅花空木

4月28日の誕生花 梅花空木  花言葉 「香気」

この誕生花も ちょっと早めですねぇ~~ 
梅花空木 うちにもありますがまだ咲いてません。

バイカウツギ(梅花空木)   アジサイ科(ユキノシタ科) バイカウツギ属
学名   Philadelphus coronarius
別名   サツマウツギ(薩摩空木)
花期   初夏
日本、中国、欧州、北米原産の高さ2㍍ほどの落葉低木です。
バイカウツギは、古くから日本に自生している植物ですが
日本のバイカウツギも1850年ごろヨーロッパに導入されて交配親に使われ
現在ではヨーロッパ原産をもとにした園芸種も含めて
バイカウツギとして流通しています。

別名のサツマウツギは、南方に多く普及しているのに因んだ名のようです。
ほかに、日本にはニッコウバイカウツギ、シコクウツギなどの変種が見られます。
八重咲きや、葉が黄色や斑入りの園芸種もありますが
属の中での変異が多く紛らわしい種類もあります。
わずかに香る白い花は、ウメに例えられてこの名が付きましたが
花弁はウメと違い4枚です。 
写真は 八重咲きの梅花空木です。
  1. 2009/04/28(火) 21:14:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

道端の雑草シリーズ Ⅱ

ブタナ
ブタナ  豚菜

ブタナ(豚菜)  Hypochoeris radicata
キク科/多年草/別名 タンポポモドキ

タンポポに似ている花であるが、花茎が分岐し複数の頭花をつけることと
根元の葉に毛がたくさん生えているのが特徴。

ヨーロッパ原産、昭和時代初期に渡来した。
北海道および本州に分布。路傍、空き地、牧草地、田畑の周辺に生育。
葉の付き方に特徴あり。毛が一杯生えている葉が根元に全部集まってつく。

花期は5~10月。花茎は根出葉の根元から立ち伸びて高さ50cmになり
タンポポに良く似た黄色の頭花をつける。

ハルジオン
ハルジオン  春紫苑

ハルジオン(春紫苑)   キク科  ムカシヨモギ属
学名   Erigeron philadelphicus
別名   ハルジョオン(春女苑)  ハルシオン(春紫苑)
花期   初夏

北アメリカ原産の多年草で、大正時代に園芸種として渡来した
帰化植物で、全国に野生化しています。
和名は牧野富太郎博士の命名で、秋に咲くシオン(紫苑)に似て
春に咲くのでつけられた名ですが、ヒメジョオンとの対比から
ハルジョオンとよばれることもあります。

ヒメジョオンのような急激な繁殖力はありませんが、根の不定芽から
発芽するので、同じ場所でしだいに数を殖やしていきます。
ヒメジョオンによく似ていますが、ハルジオンは、花期が1ヶ月ほど早い
花期にも根生葉が残っている、花や蕾がうなだれやすい
舌状花は糸状で数が多い、茎の中にはズイ(隋)がなく中空
などでヒメジョオンと識別されますが、ぜんたいに変異が多くあります。

シャク
シャク

シャク Anthriscus aemula (セリ科 シャク属)

シャクは北海道から九州、ユーラシア中北部に広く分布する多年草。
暖温帯上部から冷温帯にかけての半日陰で、やや水分の多い場所に生育する。
茎は直立して高さ1m前後になり、5月から6月にかけて
数回枝分かれして白い花を咲かせる。

シャクという和名からの連想は、「シャクに障る」であり、薬草に違いないと思っていた。
調べてみると消化促進・強壮・老人の頻尿などに薬効があるとのこと。
山ニンジンなどと呼ぶ地方もあるそうで、よく食べられたそうである。
広い分布には、薬草としての利用の歴史が係っているのかも知れない。

  1. 2009/04/28(火) 20:51:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

プリムラ デンティキュラータ

プリムラ デンティキュラータ1
プリムラ・デンティキュラータ  玉咲桜草

プリムラの中では この花が一番 可愛いかも?
以前に撮影してあったのに 中々アップ出来ませんでした。

プリムラ デンティキュラータ (玉咲桜草)
Primula denticulata 【さくらそう科さくらそう属】
宿根草  原産地 ヒマラヤ、中国西部
春4月に多数の花茎を伸ばして丸く咲く  鮮明なピンクだ
花径2センチ  高山に咲く花

冷涼な気候を好むので落葉樹の下などに植える
排水を良くして又保水も改良し水は十分与える
腐葉土を十分入れてやること
西日のあたらない半日陰の木の下などに植える
草丈10センチまで  花茎は長く30センチにもなる
白、藤色もある  
  1. 2009/04/28(火) 20:40:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

釣鐘水仙

釣鐘水仙1

釣鐘水仙2
釣鐘水仙

釣鐘水仙は この前アップしましたが 今 満開のお花なので
再アップします。 家にも このピンクの釣鐘水仙があります。

釣鐘水仙   ユリ科   シラー属(スキラ属)
学名  Scilla hispanica cv
別名 スパニッシュブルーベル   シラー・カンパニュラタ
花期   春

ヨーロッパ、アジア、アフリカ 原産の耐寒性球根多年草で
日本にはかなり古くから輸入されたようです。
多くあるシラーの仲間では、もっともポピュラーな品種です。

草丈30~50㌢の高性種で、花弁の先端がそり返った
鐘型の花を、1茎に3~5個つけます。
花の形が釣り鐘型のカンパニュラによく似ているので
シラー・カンパニュラタともよばれます。
花色はブルーのほかに、紫、ピンク、白などがあります。

この花は シラーだと思うけどなんでしょう?
この花 私が去年に自分で植えた球根ですが 
名前を忘れました。 あはは~

IMG_0044.jpg
  1. 2009/04/28(火) 20:35:21|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ダッジアイリス2

ダッジアイリス 黄
ダッジ・アイリス

お花の形を 比べると一目瞭然 たいぶ形が違い 
ダッジアイリスはカキツバタに似ています。
カキツバタとの違いは ダッジは水のある場所を嫌い 
カキツバタは水辺に生えます。

ダッチアイリス(英名)     アヤメ科 アイリス属
学名   Iris hollandica hybrids
別名   オランダアヤメ(阿蘭陀菖蒲)   球根アイリス
花期   春

地中海沿岸地方原産で草丈50~60㌢の球根多年草です。
ダッチアイリスはヨーロッパや北アフリカの自生種を交配して20世紀初めに
オランダで生まれた園芸種で、日本には戦前に導入されていました。

ダッチアイリスは球根アイリスの代表格で、スッキリとした花姿は
和洋どちらの雰囲気にも合い、性質も強健で栽培も簡単です。

品種による花色が豊富で多彩で、白、黄、青、青紫、黄に
白や青などの複色花もあります。
全国的に栽培可能ですが、どちらかといえば暖地栽培向きです。
  1. 2009/04/28(火) 20:22:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ジャーマンアイリス1

ジャーマンアイリス 黄
ジャーマン・アイリス

やっと ジャーマン・アイリスとダッジ・アイリスの違いが判明
比べてみると お花の形がまるで違います。
ジャーマン・アイリスの特徴として 花の中心部にモジャモジャ
があるのが特徴だそうです。

上の 薄紫のジャーマン・アイリス キレイだし珍しいでしょ?

ジャーマンアイリス   アヤメ科  アヤメ科
学名   Iris germania
別名   ベアデッドアイリス   ドイツアヤメ   レインボーリリー
花期   初夏

地中海沿岸・西アジア原産の耐寒性多年草で、特にアメリカで改良が
進み、豪華な花姿の品種が流通しています。
日本のアヤメ属の代表が花菖蒲なら、欧米の代表は
ジャーマンアイリスといわれますが、日本でも急速に普及しています。

湿潤地を好むハナショウブやアヤメとは異なり
乾燥地を好むので栽培管理が楽です。
葉はアヤメなどに比べると厚く幅広で、花も大きくフリルの
ついた花弁が圧巻です。
丈夫な宿根草で、庭や鉢植えで簡単に育てることができますが
酸性土を嫌います。
また、アヤメ科植物共通ですが、数年たつと嫌地現象を起こしますので
植え替えが必要です。
  1. 2009/04/28(火) 20:14:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ニワゼキショウ
ニワゼキショウ  庭石菖

今日 日当たりのいい道端をみたら もう ニワゼキショウが咲いてました。
今年 一番 最初に観た ニワゼキショウです♪
5月の連休後あたりから この花は どこでも見かけるようになりますね。

ニワゼキショウ(庭石菖)   アヤメ科  ニワゼキショウ属
学名   Sisyrinchium atlanticum
花期   初夏
北アメリカ原産の多年草で、日本には明治中期に渡来して
各地に広く帰化しています。

葉がショウブ属のセキショウ(石菖)に似て庭など人里に
生えるのが名の由来です。
日当たりのよい道端や空き地などにも生え、高さ10~20㌢になります。
茎の先に細い花柄をだし、小さな花を次々に咲かせます。
花弁は紫色または白紫色で、濃い色のすじが入ります。
ニワゼキショウより大型のオオニワゼキショウもありますが
花は逆にニワゼキショウより小型です
  1. 2009/04/28(火) 20:05:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カトレアクローバー
カトレア・クローバー

今日は暑過ぎず 寒くもなく 風はそよ風で過ごしやすい一日でした。
今週の予報は いいお天気が続くそうです。
明日から 連休に入る会社も 多いので 
お天気がいいと お出かけする人も多いのかな?

カトレア・クローバー いぜん園芸店で発見した時は 高かった
ですが 値段が安いのを他で発見したので 先週 うちも買いました。

クローバーのような 違う花のような・・・でも 可愛いっしょ?

カトレア・クローバー  マメ科  トリフォリウム属
学名   Trifolium burchellianum(トリフォリウム・バーチェリアヌム)
別名   ケープ・クローバー(英名)
花期   春

南アフリカ原産の耐寒性常緑多年草で
シロツメクサと同じシャジクソウの仲間です。
花色は紅紫色で、先端が白くなるバイカラー咲きの珍しい花です。
ほかのクローバーより草丈が低く、はびこらないためまとまった
草姿になり、寄せ植え、ガーデニング用に重宝され、人気があります。

マメ科植物共通ですが、性質は強健で
肥料はあまり与えない方が、草姿が乱れません。
  1. 2009/04/28(火) 20:00:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

オダマキ 中

西洋オダマキ3
西洋オダマキ

4月27日の誕生花 西洋オダマキ  花言葉 「昔の恋人」

もう オダマキは西洋も含めて 種類が沢山あり どの花も
みんな 変わっているので 今年はオダマキの写真は沢山 撮影しました。

せいようおだまき(西洋苧環)

キンポウゲ科オダマキ属の多年草で、学名は Aquilegia vulgaris。
北ヨーロッパからシベリアに広く分布しています。
明るい林内に生え、高さは60~90センチほどになります。
根生葉は2回3出複葉です。
5月から6月ごろ、花茎を伸ばして、長い距のある紫色の花を
咲かせます。
古くから栽培されているため、交配改良された園芸品種も数多くあります。

  1. 2009/04/27(月) 20:55:39|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

道端の雑草 シリーズ Ⅰ

ハルノノゲシ
ハルノノゲシ

ノゲシ(ハルノノゲシ)   科名 キク科
学名 Sonchus oleraceus L.
花期 春~夏
道ばたなどにふつうに見られます。
くきは高さ50cm~1mにもなります。
葉がくきをだくようについているのが特徴です。

タンポポのような黄色い花をつけ,花のあとには白いわた毛もできます。

オニタビラコ
オニタビラコ1
オニタビラコ

オニタビラコ   科名 キク科
学名 Youngia japonica (L.) DC.
花期 春~秋
くきには毛が多く,高さは30cmくらいになります。
大きいものでは1mにもなることがあるそうです。

根元から出る葉には,深いきれこみが入っています。
タンポポを小さくしたような花が,数個から数十個つき
花のさいたあとには白いわた毛ができます。

コウゾリナ
コウゾリナ1
コウゾリナ

コウゾリナ   科名 キク科
学名 Picris hieracioides L. subsp. japonica (thunb.) Krylv.
花期 春~秋
くきは高さ30~80cm。

葉やくきにとげのような毛が生えているため,さわるとざらざらしています。

タンポポのような黄色い花をつけます。

  1. 2009/04/27(月) 20:30:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

チョコレートチューリップ
チョコレート・チューリップ

チョコレート・コスモスがあるので 勝手にこのチューリップにも
名前をつけてみました。
最近は このチョコレート色が人気があるみたいで ダリアにも
この色のが ありますね。

チョコレートコスモス うちも苗をうえてありますが 
前に 観たチョコレートコスモスと葉っぱが違うし 開花時期も違うので
また 似た 偽物なのかも知れません。

下の写真は うちの今年咲いたチューリップですが 
アンジェリケ(ピンク八重)はともかく 何故 この赤いめちゃ派手なのを
購入したか 不明・・・  たぶん 想像と違う色だったって事で!

チューリップアンジェリケ

IMG_0190.jpg
 
  1. 2009/04/27(月) 20:15:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ホウチャクソウ1
ホウチャクソウ  宝鐸草

今日は午後の強風の中 郊外の畑のある場所にいたので
周辺を ウロウロしたら この花を発見♪

道路際の 日陰にこの花が群生してました。 これは 自然に生えたのかな?
沢山 群生してたので もったいないような気もしました。

ホウチャクソウ  Disporum sessile (ユリ科 チゴユリ属)

ホウチャクソウは日本全国、朝鮮・中国に分布する多年草。
林縁や谷沿いなどの森林中に生育する。
茎が枝分かれする点が特徴の1つ。
地下茎で繁殖し、時折群落を形成する。
4月から5月にかけ、白い釣り鐘状の花を先端に付ける。
花弁の先端は緑色を帯びる。
果実は黒く熟す。「ほうちゃく」とは、お寺の軒先にぶら下がっている
風鈴状のものだそうです。
  1. 2009/04/27(月) 20:05:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

姫空木1
ヒメウツギ  姫空木

ヒメウツギもうちに2鉢 大きい鉢と小さい鉢があります。
この白い花は 樹木の花とは思えないくらい やさしい感じのお花♪
これも あんまり手入れ知らずで 毎年 咲きます。
木も鉢の所為か あまり大きくなりません。

ヒメウツギ(姫空木)   ユキノシタ科  ウツギ属
学名   Deutzia gracilis
花期   春~初夏

日本(関東以西)原産で高さ1㍍ほどの落葉低木で
岩壁などの急傾斜地に生育することが多く石灰岩地帯にも多いようです。

古くから庭園樹として利用され、小型なので少し手はかかりますが
鉢植えにも適しています。
ウツギによく似ていますが、より繊細で、葉に星状毛が少ないので
すっきりしています。
白色の花を枝先に円錐状花序に咲かせます。
  1. 2009/04/27(月) 19:58:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カモミール
カモミール

丁度 昨日 うちもプランターにカモミールの種を蒔いたばかりなのに
もう 満開に咲いてるのを発見♪ 
種まき時期は 袋の裏面を読んだから 間違ってはいないと思うんだけど

カモミール Chamomile 
~甘いリンゴの香りがする、アレルギーに優しく効くハーブ~

【学 名】  Malva sylvestris
【分 類】  アオイ科・ゼニアオイ属
【別 名】  ウスベニアオイ
【種 類】  多年草
【草 丈】  40cm~100cm
【原産地】  ヨーロッパ
【精油成分】  アズレン、テルペンアルコール、ノニル酸、カプリン酸

古代エジプト人はローマンカモミールを太陽神への捧げ物とし
治癒の秘薬、最高のハーブとしてたたえ
ギリシャでは、熱病や婦人病の治療薬として使われていました。

サクソン人(古代イギリス人)に「メイセン」という名前で知られていた
カモミールは、イギリスで最も古くから有名な薬用植物のひとつです。

カモミールの花の芳香はよくリンゴの香りにたとえられます。
ギリシャ人がカモミールを「カマイ・メロン」(地面のリンゴ)と
呼んだのも、そのためでした。
このカマイ・メロンからカモミールの英語名、カモマイルができたのです。
  1. 2009/04/27(月) 19:51:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

オオムラサキツユクサ1

オオムラサキツユクサ
オオムラサキツユクサ  大紫露草

朝は雲 一つない快晴でしたが 午後から強風が吹き始め
夕方に小雨も降って 寒かったです。  早く お風呂に入りたい!

今日も お花はアップ出来ないくらい撮影しました。
午後に 畑周辺をウロウロしたので 野草系が今日は多いです。

オオムラサキツユクサ(大紫露草) ツユクサ科 ムラサキツユクサ属
学名   Tradescantia virginiana
別名   トラデスカンティア・ヴァージニアナ(学名)
花期   春~秋

北アメリカ原産の耐寒性多年草で、ムラサキツユクサを大型にした草姿
花姿で、茎の先端に数個の花が集散状につき1花ずつ咲きます。

学名は、この植物がもともと北アメリカのヴァージニアに
自生していたことに由来しています。
花は大輪で径3~5㌢になり、1日花で朝咲いて午後には萎みます。
花の基本色は淡紫青ですが、園芸種には白、青、紅紫、
また重弁などがあります。
(ムラサキツユクサとよばれているものは、園芸的に改良されているので、
学名や和名も混乱しており、染色体数が倍加したものはオオムラサキツユクサ
とよばれ、これも含めて園芸上はムラサキツユクサとよばれているようです。)

ちょっと変わった色の大紫露草
IMG_0208.jpg
  1. 2009/04/27(月) 19:43:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

ぱぱいや

Author:ぱぱいや
.
外回りのお仕事なので いつも珍しい花 キレイなお花がないか注意しながら運転してます♪

街や郊外で見かけた花の便りを毎日 
紹介しようと思ってます。

ブログ内検索

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

最近の記事

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード