FC2ブログ

街の花便り 

季節のお花を紹介してます。

紫蘭1・
シラン  紫蘭
紫蘭 白
シロハナ シラン
口紅シラン1
口紅シラン
ブルーシラン
ブルーシラン

5月31日の誕生花 紫蘭  花言葉 「その姿を忘れない」

シラン(紫蘭)   ラン科  シラン属
学名   Bletilla striata
別名   ベニラン(紅蘭)
花期   春

関東以西の本州~南西諸島、中国に分布する草丈30~70㌢
の耐寒性多年草です。
日当りのよいやや湿った草原の斜面などに生え
また観賞用、薬用に多く栽培されています。
基本種の花色は紫紅色ですが、ほかに白、淡桃色の品種もあります。
スポンサーサイト



  1. 2009/05/31(日) 19:41:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

早くアップしないと・・・シリーズ 14
ケープエンジェル
ケープエンジェル

去年 珍しい花が好きな家で撮影し 中々 名前がわからなかったお花!

プレクトランサス ‘ケープエンジェル’ 学名 Plectranthus ‘Cape Angels’
分類 シソ科  Labiatae プレクトランサス属  Plectranthus
性状 多年草/常緑

大きさ 草丈:30~50cm/葉長:7~10cm/花長:15~20mm
形態 葉は肉厚で鋸歯があり、対生する。
葉の表は濃緑色で裏は紫褐色。表裏ともに毛で覆われている。
茎は紫褐色で粗い毛がある。萼や花弁の外側にも毛が多い。
夏~秋に花序を出し、小さい花をたくさん咲かせる。
品種 ホワイト、ピンク、ダークピンク、パープルの花色がある。
ほぼ同様の品種が「‘モナ・ラベンダー’」の名称で流通する。
原産地 南アフリカで人工交配された園芸品種。
生育 直射日光を嫌う。耐寒性はやや弱い。

コルムネア
コルムネア

今日 本家本元の イワタバコを購入したので近々 アップします♪

コルムネア columnea stavanger
イワタバコ科 常緑慢性小低木

垂れ下がった茎に、カラフルな色調の花を咲かせます。
葉は多肉で小葉です。
エスキナンサスと同じ、イワタバコ科に属しています。
茎が垂れるので、吊り鉢に向いています

光線不足だと、花が咲かないので注意!
冬越しは、最低でも10度を保つようにしましょう。

開花期 冬~春   最低温度: 10℃ 置き場所:
室内の明るい窓辺か戸外の明るい日陰

水やり:鉢土の表面が乾いたら冬は乾いてから2~3日後葉水をこまめに
  1. 2009/05/31(日) 19:19:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ペンステモン ツールブルー
ペンステモン・ツールブルー
ペンステモン ナビゲーター
ペンステモン・ナビゲータ
ペンステモン ライラックフロスト
ペンステモン・ライラックフロスト

ペンステモンはあまり馴染みがない花ですが いつのまにか3つも
在庫が貯まったので 一斉公開♪

ペンステモン   ゴマノハグサ科   ペンステモン属
学名   Penstemon spp
別名   ツリガネヤナギ(釣鐘柳)  花期   初夏~秋

北アメリカ原産の耐寒性一年~多年草で、原産地付近では
200種以上が分布しており、日本では花期は初夏から秋まで
ですが、夏の高温多湿に弱いので、夏には涼しい環境が必要です。

そのため、本来、多年草ですが一年草扱いされ、古くから園芸化されて
いるわりには、あまり普及していない植物です。

近年は改良がすすみ、花色も豊富で、花姿も小輪から大輪、草丈も
高性から矮性種と、多彩な園芸種が作られていますが
基本的には釣鐘形の花序をつけます。
最近は暖地でも鉢植物が流通しています。
  1. 2009/05/31(日) 18:52:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

甘茶
アマチャ  甘茶

この甘茶と山紫陽花の区別はひじょうに難しいですね。
甘茶が山紫陽花の一種らしいですが 明確な区別の仕方が書いてありません。

この花は 山野草の好きな人の畑に説明文付きで名札が立ってました。
だから 甘茶・・・

アマチャ(甘茶)  ユキノシタ科  アジサイ属
学名:Hydrangea macrophilla var. thunbergii
別名:コアマチャ(小甘茶)  開花時期 春

ヤマアジサイ(山紫陽花)と非常によく似ています
(ヤマアジサイの一変種だそうです)。
装飾花は,はじめは淡紫色で,やがて淡紅色に変化します。

葉を乾かすとフィロズルチンという物質が生成されて甘くなります。
これを煮出してつくるのが,花祭り(=灌仏会;お釈迦様の誕生祝い)
で使う甘茶です。
甘味飲料や加工食品の甘味原料として使われることも多いです。

  1. 2009/05/31(日) 18:47:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

白花万年草 
ウスユキマンネングサ  薄雪万年草

白花の万年草 薄雪万年草って書いてあるのもあるし 
白花万年草の表示もあります。 まあ どっちでもいいのかな?
ちょっと珍しいのは 間違いないです。

セダム属 薄雪万年草? ウスユキマンネングサ・ヒスパニカム
(レフレクサムⅡ、ステップストーングレー)
学 名 Sedum hispanicum var. ?
花 期 春 花 色 白 0.5~0.8cm
特 徴 細長い肉厚な白っぽい葉。強健種。
育て方 日当たり、通気よく。(詳細)
コメント 写真右は近所にある鉢から逃げ出しほぼ自生状態の株。
線路内で水はけ・通風も良いようで生き生きしてます。

テカリダケキリンソウ
テカリダケキリンソウ   光岳麒麟草

このキリン草 万年草の区別も難しいですね。
万年草にもメキシコ万年草 蔓万年草等があり 複雑です。

テカリダケキリンソウ<光岳麒麟草・黄輪草>
ベンケイソウ科  マンネングサ属
花期 6~8月

南アルプスの光岳(てかりだけ)に分布。
亜高山帯の岩場や礫地に生える多年草。
草丈10~20cm。葉質は厚く、縁は赤みを帯びるものが多い。
キリンソウの地域形変異種。
  1. 2009/05/31(日) 18:37:14|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ツルバキア

ツルバキア1
ツルバキア・ビオラセア

ツルバキアには、現在2つのタイプが流通しています。
「ツルバキア・ビオラセア」は夏場に開花期を迎え
「ツルバキア・フレグランス」は冬~春にかけて花を咲かせます。
どちらも良く似た姿かたちをしていますが、全く異なる系統の品種です。

「ツルバキア・ビオラセア」 
夏場に開花期を迎え、花や茎からはネギのような強い刺激臭があるのが特徴。
夜になると強く香る、夜香性の花。

「ツルバキア・フレグランス」
開花期は冬から春にかけて、甘い香りが漂う小花を咲かせる。
花色は紫、白、ピンクの3色。
夜になると強く香る、夜香性の花。

ツルバキアには紫、白、ピンクの3タイプの花色がありますが
すべて紫の花を咲かせる原種がもとになっています。
紫の原種から枝変わりで白、ピンクの花色が生まれました。

ツルバキアはユーカリ、ヒヤシンスの香りにハチミツのような甘い香りを
加えたフローラルグリーンで昼と夜で香りが違うことが大きな特徴。
ツルバキアは夜に強く香ることで蛾などの昆虫を呼び寄せる
夜香性の植物です。 

ツルバキア・フレグランス
ツルバキア フラグランスX
  1. 2009/05/31(日) 18:26:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

チドリソウ

千鳥草1
千鳥草  ラークスパー

この花は沢山の呼び方があって混乱します。
一番 一般的なのが チドリソウ 英名がラークスパー
でも 飛燕草(ヒエンソウ)とも言われ デルフィニウムと混同し易い

実はデルフィニウムと同じ花で 最近はスプレータイプを千鳥草
八重咲きのまとまって咲くタイプをデルフィニウムと分けてるみたいです。

飛燕草、千鳥草、ラークスパー、デルフィニウム同じ花の別名です。
金鳳花(キンポウゲ)科で、学名がDelphinium ajacis
デルフィニウムはドルフィン(イルカ)が語源。つぼみがイルカに似ているところから。
ギリシャ神話の英雄Ajaxのイルカ、という意味の学名だそうです。

ラークスパーのラークlarkはひばりの意味。ひばりに姿が似ているところから。
飛ぶツバメやチドリにも似ているところから飛燕草、千鳥草。

  1. 2009/05/31(日) 18:18:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

リトルチュチュ2
リトルチュチュ ブルーミスト
リトルチュチュ1
リトルチュチュ  レモンミスト

昨日 早起きしてゴルフに行って来たので 疲れたのか
今朝 起きたら10時でした。  よく寝れるなぁ~~

起きた時は快晴で 暑く お出かけ日和に感じましたが
昼頃から急に曇って来て 小雨も降りました。
不安定なお天気が続いてます。 梅雨入りも間近かな?

『リトルチュチュ』は、サントリーの登録商標で、
種類としては、ゴマノハグサ科 スコパリア属の
『スコパリア・モンテウィデンシス』です。

スコパリアは南アメリカ原産の宿根草で、寒さにある程度耐えてくれる
半耐寒性の植物ですが、一般的には一年草扱いにされています

黄色い レモンミストは我が家にもあります♪
  1. 2009/05/31(日) 18:06:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アツミゲシ
アツミゲシ  渥美芥子

5月30日の誕生花 オリエンタル・ポピー  花言葉 「妄想」
ですが またも在庫がありません。

代わりにこちらも珍しい麻薬の原料になるケシの花を!
偶然 山の畑の畔道で発見しましたが 本当は保険所などに
通知義務があるそうです。

アツミゲシ Papaver setigerum DC. (ケシ科 ケシ属)

アツミゲシはナガミヒナゲシと同様に地中海沿岸原産の帰化植物。
麻薬成分を含んでいるので栽培が禁止されている植物であるが
時折路傍などに生育しているのがみられる。
数が増えて目立つようになると保健所などからの駆除キャンペーンが行われる。
駆除されるので群落を作って広がることは少ないが
花が結構美しいのでなかなか絶えない。
今年見かけた場所は県庁周辺と自衛隊施設の前であった。
麻薬を作ろうとする人はいないかもしれないが、要注意である。

これもアツミゲシかな? 八重咲きのケシ
IMG_1483.jpg
  1. 2009/05/30(土) 21:32:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ムラサキツユクサ 1

ムラサキツユクサ1

ムラサキツユクサ ピンク

白花オオムラサキツユクサ
ムラサキツユクサ

ムラサキツユクサとオオムラサキツユクサの違いは葉の幅の
太い細いに違いらしいですが 厳密に分けずに分類もしているみたいです。

ムラサキツユクサも一日花で マクロで撮影すると案外 痛んでる花が
多いです。  色も 種類があるでしょ?

ムラサキツユクサ Tradescantia spp. (ツユクサ科 ムラサキツユクサ属)

ムラサキツユクサは北米原産の園芸植物で
6月頃から次々と花を咲かせる。
たくさんのつぼみがあって、順次咲くので1日花であるとはわかりにくい。
長い期間、花を得ることができるので
浸透圧や減数分裂の観察などに使われます

ムラサキツユクサと呼ばれている一群の植物は、園芸的に改良
されているので、学名や和名も混乱している。
基本種であるムラサキツユクサはヌマムラサキツユクサとも呼ばれ
染色体数は2n=12である。染色体数が倍加し、2n=24となったものは
オオムラサキツユクサと呼ばれるものであるが、これも含めて
一般にはムラサキツユクサと呼ばれているようである。
ここでも一括してムラサキツユクサとしておく。

下のオオムラサキツユクサは花の大きさがやけに大きいタイプ
花径が5cm以上もありました。 また違う種類なのかな?
巨大大紫露草
巨大紫露草
  1. 2009/05/30(土) 21:23:03|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

セトクレアセア バリダ

セトクレアセア・パリダ
セトクレアセア・パリダ

このツユクサの仲間は まず名前を覚えられない・・・
和名のムラサキゴテンなら覚えれますがねぇ~~
寒さにも暑さにも強く 道ばたに良く生えてます。
この 紫というか赤紫の葉っぱが 好みの分かれるところ・・・
花自体は キレイなピンクなんですがねぇ~~

アメリカのルイジアナ州やフロリダ州それにメキシコ東部の分布しています。
「ムラサキツユクサ」に似た多肉植物で、高さは30センチほどになり
茎頂にピンク色の花を咲かせます。
園芸品種で、葉や茎が赤紫色の「パープルハート(cv. Purple Heart)」
が広く普及しています。
園芸上は「ムラサキゴテン(紫御殿)」と呼ばれます。
ツユクサ科セトクレアセア属の常緑多年草で、学名は Setcreasea
pallida(syn. Tradescantia pallida)。英名は Purple heart, Wandering Jew。

トラディスカンティア フルミネンシス ヴァレリガータ
トラディスカンティア・フルミネンス
ヴァリエガタ


常盤つゆ草の班入りかと思ったら これも個別名がありました。
それも やたら長い名前・・・  

トラデスカンチア・フルミネンシス‘ヴァリエガタ’     
ツユクサ科     ムラサキツユクサ属
学名   Tradescantia fluminensis 'Variegata'
流通名  トラカン
花期   春~秋
南アメリカ原産の常緑匍匐性多年草の観葉植物です。
葉表は緑に白の縦縞の斑、葉裏は淡紫で、匍匐または
下垂した草姿と色彩は美しく爽やかな印象で人気があります。
ほかに似たような品種も多くありますが、いずれも性質は強健で栽培も容易です。
  1. 2009/05/30(土) 21:04:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

サルビア グアラニチカ

サルビア グアラニチカ1
サルビア グアラニチカ

初夏になるとこのサルビアは あちこちで観掛けるようになります。
花の開花も長くて 強い花なので道ばたで野生化してるのもありますね。
なんか怪獣が吠えてるような花の形ですね。

サルビア・グアラニチカ(シソ科サルビア属)
学 名 Salvia guaranitica
別 名 メドーセージ  原産地 南アメリカ
花 期  夏~秋
名前の由来  原産地の一つのパラグアイの先住民族グアラニ族から
常緑亜低木、半耐寒性。流通名メドーセージの名で知られています。
成長が早く1m~1.5mくらいになり茎の先端に
濃い青紫の穂状花序をつけます。
萼の色は黒っぽく蛇が口を開けたような形をした個性的な花です。
挿し木や株分けでも増やせる花です。
  1. 2009/05/30(土) 20:51:58|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ヘンルーダ1

ヘンルーダ
ヘンルーダ

道端に咲いてるのを発見し 撮影しましたが これは雑草で
名前検索に 苦労しそうだなって思ってましたが 
他の花の検索中に 偶然 この花もみつかりラッキーでした。

ヘンルーダ    ミカン科   ヘンルーダ属
学名   Ruta graveolens(ルタ・グラウェーオレンス)
別名   ルー  ネコヨラズ(猫不寄) ルータ  ガーデンルー
花期   初夏
南ヨーロッパ原産で高さ60㌢ほどの常緑多年草で
日本には江戸時代中期に渡来して薬用植物として栽培されています。
ヘンルーダ(和名)は、オランダ語のウェインライトが訛ったものだそうですが
どうしてヘンルーダになるのか不明です。
初夏に径2㌢たらずの黄花を散房状に多く咲かせます。

葉にミカン科特有の強い香りがあり、それを猫も嫌うとして
ネコヨラズの別名もあります。
ヨーロッパでは、むかし魔除けや興奮剤などの薬用にまたその
臭いから虫よけにも使われ、いまでも葉はハーブとして使われたりします。 
暖地では越冬可能ですが、高温多湿には弱いので、管理に要注意です。
  1. 2009/05/30(土) 20:44:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ニッコウキスゲ

ニッコウキスゲ1
ニッコウキスゲ  日光黄萓

ニッコウキスゲと言えば 田舎の霧ケ峰を思い出します。
霧ケ峰には この群生地があって 季節には観光客が集まります。

去年 霧ケ峰にに行った時はもうこの花の時期は終わってましたが
ルドベキアが野生化してたのは ちょっと嫌な気分になりました。

ニッコウキスゲ(ユリ科ワスレグサ属)
【別 名】ゼンテイカ   【原産地】日本
【花 期】夏
【名前の由来】日光に多く生え、花は黄色で葉が菅に似ているから
山野、高山のやや湿った所に群生して見られる多年草。
花被片は6枚でやや反り返っています。
花は鮮やかな黄色のろうと状で、朝方に開花すると夕方には
しぼんでしまう一日花です。
元々は「デンテイカ」でしたが、登山者が「ニッコウキスゲ」と呼び
名前が変わってしまったようです。

  1. 2009/05/30(土) 20:38:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロータス ヒルスツス

ロータス ヒルスツス1
ロータス・ヒルスツス

自宅の斜め前の家の駐車場に咲いてたお花
名前を シソ科 白で検索してもヒットせず 保留にしてたら
ジャン母さんが アップしたので 名前を教えて貰いました。

うちの斜め前の家は3年くらい前に新築で家が建ちましたが
ここの奥さん やたら縄張り意識が強く  角地に家が建ってるので
自分の敷地を 車のタイヤが通るのが気に入らないらしく 角に大きな
植木鉢を置いてるんです・・・

前に 自宅前の道路で 家のワンコのブラッシングをしてたら
毛が飛ぶので 道路でしないで下さいって注意されました。
う~~ん たしかに毛が飛ぶから外でしてたんです・・・
後から引っ越してきた癖に 文句 言われたぁ~~~・・・感じ悪!

日本人には 「お互い様」って言葉があります。
誰もがみんな 迷惑を掛けたり 掛けられたりして暮らして行きます。
隣の落ち葉が 庭に飛んできた・・・ そういう事言い始めたら限がないんです。
「嫌煙運動」も一緒 屋外で喫煙してて 誰に迷惑がかかるのか理解できません。
なんせ 最近は 「権利の主張」ばっかり 「お互い様」を大切にしましょうね!!

ロータス・ヒルスツス
学名  Lotus hirsutus (=Dorycnium hirsutum)
マメ科  ロツス属 (ミヤコグサ属)
【原産地】地中海地方、ポルトガル

葉は小さく、銀白色の毛で覆われて灰緑色で、細い茎に密に着きます。
3出複葉ですが、托葉が大きいので5枚の小葉のように見えます。
小葉は狭倒卵形、長さ2cmほど。
初夏の頃に桃色味を帯びた白色の径1~2cmの花が咲きます。
草丈は60cmほどでこんもりと育ちますが少し広がる傾向があります。
本種のよく出回ってる品種はブリムストーンで
これは黄白色の斑が入り新芽は明るい黄色になります。
  1. 2009/05/30(土) 19:31:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ラナンキュラス ゴールドコイン

ラナンキュラス ゴールドコイン1
ラナンキュラス・ゴールドコイン  花金鳳花

今日は早起きして 久しぶりにマイ・メンバーコースにゴルフに
行って来ました。
出かける前は小雨も降ってましたが 予報も快方に向かうとの事なので
出かけましたが コースに着いたら ちょっと降ってる程度だったので
レインウェアーは下だけ着用

いきなりスタートホールでチップイン・バーディが出て好調
難しい180ヤードのショートでもバーディが取れたのでスコアも上々♪
案外 練習しなくても 昔 取った杵柄で 勘が戻ると好調ですね。
楽しかったから また 行こうかな?

このラナンキュラス・ゴールドコインは 道端に群生してて
園芸店では観た事がないお花。
花径が1cmしかないのに ラナンキュラス 花弁に艶があります。
八重咲きのキンポウゲって感じのお花

ラナンキュラス ゴールドコイン(花きんぽうげ)
宿根草 Ranunculus repens, Ranunculus gold coin
【きんぽうげ科きんぽうげ属】 原産 ヨーロッパから中近東
秋に植え込み  4~5月開花  花径3cm程度
草丈40センチまで 株分けで増やす
排水の良い土地に植える  夏には木陰になる所へ植える
寒さには強い  根に小さい球根が出来る多年草
強健でランナーを伸ばし繁殖する  
  1. 2009/05/30(土) 19:14:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おまけ
栗の花

栗の花1
栗の花

横浜市郊外 自宅の周りは 新興住宅街なので畑が沢山残ってます。
その畑に この栗の木はやたら沢山 植えられてます。

これって農家の節税対策ですよね! 宅地にする前はこの栗畑で農地申請 
あまり収穫してるようには 思えないもん・・・

クリ(栗)   ブナ科  クリ属
学名   Castanea crenata(ニホングリ)
花期   6月
北海道南部以南の全国に分布する落葉高木です。
ニホングリは日本原産で、その原種は小粒のシバグリ(ヤマグリ)です。

6月中に花を咲かせますが、雄花は長さ20㌢ほどに垂れ下がり
花穂の根元に雌花がつきます。
雌花はやがて総苞片が発達したトゲをつけて、それがいわゆるイガとなります。
クリの花には独特の強烈な香りがあり、人によっては淫蕩な香りともいわれます。
風媒花の形態でありながら、昆虫も多く集まる虫媒花でもあります。
  1. 2009/05/29(金) 21:26:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ネズミモチ
ネズミモチ

5月29日の誕生花 トルコ桔梗  花言葉 「花嫁の感傷」
ですが こっちのPCに写真が見当たりません・・・
3日連続で 誕生花がないのは 初めてです。
花の咲いてる時期が 誕生花と微妙にづれるからいけないんです。

ネズミモチ 今 あちこちで観掛ける小さな白い花木はこれ!
秋には まっ黒な実が ピラカンサス状になります。

ネズミモチ(鼠黐)    モクセイ科  イボタノキ属
学名   Ligustrum japonicum
別名   タマツバキ(珠椿) ネズミノフン(鼠の糞) ネズミノコマクラ(鼠の小枕)
花期   初夏
中部地方以南の本州の、おもに太平洋岸に分布する樹高2~5㍍になる
常緑低木で、公園に植えられたり、生垣などに利用されています。
秋につける楕円形の紫黒色の果実(枠内写真)をネズミの糞にたとえ
葉がモチノキに似ていることからネズミモチの名がついたという説があります。

中国原産のトウネズミモチ(唐鼠黐)は本種と似ていますが
トウネズミモチは葉や果実が全体に大きく葉が細く尖っているので識別できます。
実は薬効があり、ニョテイシ(女貞子)という生薬名で
強壮、強精剤として知られています。

  1. 2009/05/29(金) 21:21:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

早くアップしないと花期が終わっちゃうよぉ~シリーズ13
セントランサス アルプス1

セントランサス アルプス
セントランサス

セントランサス 【学名】Centranthus
オミナエシ科 セントランサス属
別名、バレリアン、セイヨウカノコソウ。草丈50~80cm。
ヨーロッパ原産の多年草。直立する茎の先に散房状の小花を多数つける。
花色は白と赤、ピンクの3色で、初夏から晩秋まで長期間花を咲かせ続ける。
香りがよい。

日当たりと水はけのよい場所で育てる。半日陰でも育つが
花つきが悪く徒長しやすい。花後の切り戻しをこまめにすると
脇から花茎が伸び次々に開花する。
酸性土を嫌うので、植え付けの前にあらかじめ苦土石灰で
酸度調節しておくとよい。肥料はほとんど必要ない。
寒さに強く、丈夫で育てやすい。

ダーウィニア  タクシーフォリア
ダーウィニア・タクシフォリア

御柳梅の仲間のフトモモ科の植物
オーストラリア原産 って事くらいしかネットでは調べれませんでした。
かなり 珍しい種類の花みたいですね。
けっこう 強いそうな事が書いてありました。
ロータスと同じ仲間かもね?

ダイヤモンドフロスト
ユーフォルビア・ダイヤモンドフロスト

この花はカスミ草と似た感じの使い方をするみたいですが
御値段がすごく高いです・・・。
寄せ植えにすると 非常に華やかになるとは思いますが 寒さに弱いんだよね。

トウダイグサ科ユーフォルビア属
学名 Euphorbia hybrids   原産 メキシコ
楽しみ方 ダイアモンドフロストだけの鉢植えやハンギングだけでなく
他の植物との寄せ植えとしても大変美しく仕上げることができます。
栽培法 肥料切れしないように、欠かさず肥料を与えます。
耐寒性:約5℃まで
  1. 2009/05/29(金) 21:02:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

セルフヒール
セルフヒール  西洋うつぼぐさ

人の家のプランターで発見し ウツボクサかと思ったら
アップ前に 園芸店で 西洋ウツボグサとして売ってました。

この花も薬効成分が高く セルフヒール=自然治癒って意味の名前です

セルフヒール、セイヨウウツボグサ
(シソ科 ウツボグサ属)


ほふく性で、びっしりと地面を覆うように茎がのびますが、花期だけ茎をたちあげ鮮やかな紫色の花を咲かせます。種蒔きは春です。とても丈夫で挿し芽でもよく育ってくれます。古くからヨーロッパでは止血薬として用いられています。


セルフヒール  Seif heal ( Prunella vulgaris )
学 名  Prunella vulgaris   英 名  Seif heal
和 名  セイヨウツボグサ   別 名  ヒール・オール(Heal All)
原産地  ヨーロッパ、ユーラシア大陸
花の時期  晩春から夏にかけて鮮やかな青紫の花を咲かせます。
性 質  耐寒性の多年草
草 丈  10~30㎝   種まき  春か秋   株分け  秋
栽 培  日向、半日陰の水はけよい湿ったローム質の土を好みます。
あそび方  観賞用、精油、ティー、湿布、グラウンドカバー、クラフト
効能・効用  止血、下痢、咽頭炎、口内炎、歯肉炎、外傷、やけど、打ち身

ピンクもありますよぉ~
セルフヒール ピンク
  1. 2009/05/29(金) 20:52:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ピペリカム1
ピペリカム・アンドロサエマム

オトギリソウ(弟切草)の仲間は 先日アップした 金糸梅 未央柳
が有名ですが このオトウギリソウはやや小型の種類です。

ピペリカム=この種類を指す事が多いです。

花は直径3cmくらいの小型 花弁はやや肉厚

ヒペリカム・アンドロサエマム オトギリソウ科 ヒペリクム属  
原生地 南ヨーロッパ・
別名 コボウズオトギリ  花期  5~6月  常緑低木

3センチほどの小さな花ですが、たくさん纏まって咲きます
単に「ヒペリカム」とも呼ばれます。
子房部分が目立ち、花後この部分が色づきます。
生け花の花材としても使われています。
花後切り戻し、その枝を挿し木しますが…定着率はかなり良いです。
  1. 2009/05/29(金) 20:42:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ダリア1

ダリア2
ダリア

これから ダリアの季節ですね!
ダリアも種類がすごく多いので これからのアップ数も増えると思います。
今日は 早咲きの 背丈30cm未満の 矮性種 4つを!

ダリア   キク科 春植え球根草  .[学名:Dahlia pinnata Cav.]

天竺(てんじく)(インド)から伝えられたボタンの意味から
和名をテンジクボタン(天竺牡丹)という。
メキシコおよび南アメリカの山地の原産。
夏から秋、分枝の先に径3~30センチメートルの頭花を開く。
切り花用、花壇用とし、多くの品種があり
高性種から矮性(わいせい)種まである。

ダリア

ダリア3
  1. 2009/05/29(金) 20:33:06|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ミヤマオダマキ 珍
ミヤマオダマキ 八重咲き  深山苧環

両方とも今年 かみさんが買った ミヤマオダマキの八重咲き
白はもう散って 種をつけてます。 ピンクはもう終わりそう・・・
来年も この花が咲いてくれるように 大切にしよう~~っと!

去年 買った 真っ黄色の西洋オダマキも 消えたと思ってたら
今頃 つぼみがつき始めました。 

オダマキは沢山あるので 花がつかないと どれかわからない状態
この真っ黄色のオダマキも 可愛いので 咲いたらアップします。
それで 今年は オダマキは 終わりかなぁ~~

ミヤマオダマキ(深山苧環)  キンポウゲ科  
学名:Aquilegia flabellata var. pumila   花期:春

高山の礫地に生える多年草です。
栽培種のオダマキ(苧環)はミヤマオダマキの改良種と考えられているそうです。

深山に生えるオダマキの意味です。
苧環とは,つむいだ麻の糸を,中を空洞にして丸く巻き付けたものをいい
花の形がそれに似ているからつけられた名前です。
  1. 2009/05/29(金) 20:27:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ウイキョウ

ウイキョウ1
ウイキョウ  茴香

今日も予報通り 寒いし 一日中雨でした。
今日は 珍しく 一枚も撮影せずです。  
今 在庫もアップが間に合わないくらいだし

明日はプライベートにゴルフが入ってますが 朝 雨だったら中止ですね。 
いつでも出来るのに わざわざ 雨の中でプレーしても仕方ないし

ウイキョウ 畑の隅っこに沢山 咲いてましたが 
この花は薬効成分が豊富! 万能薬に等しいですよ!

ウイキョウ(茴香)  セリ科   学名:Foeniculum vulgare
別名:フェンネル  花期:夏

葉は細かく分かれて糸状になるので,アスパラガスにちょっと似ています。
果実は香りが強く,薬用・香味料として使われます。
消化を助け,口臭を消すという薬効があるそうです。
和名は漢名の茴香を音のみしたもの。

  1. 2009/05/29(金) 20:15:58|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

チョコレート特集
チョコレートコスモス 家
チョコレート・コスモス
チョコレート 矢車草
矢車草
ダリア 黒蝶
ダリア 黒蝶
IMG_1130.jpg
薔薇
タチアオイ
タチアオイ  立葵

家のチョコレートコスモスが開花しました♪
でも チョコレートコスモスは何回かアップしてるので
チョコレート色の花だけを特集してみました。

最近 このチョコレート色人気みたいで 色んな花にこの色があります。
アップしてない在庫では これだけですが 集めればもっとすごい数に
なると思います。

薔薇は 名前が不明  もうちょっと濃くなればいいですね。
チョコレート色で マットのベルベット状のが出来たら きっと売れますね!
(薔薇 調べてみたら ブラックビューティ  黒蝶なんかはかなり濃いワインレッド
ブラックバカラはもう黒に近い色です。 もう売られてますね)
  1. 2009/05/28(木) 22:30:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

アストロメリア

アストロメリア1

アストロメリア2
アルストロメリア

ちょっと在庫が溢れそうなので おまけのアップ♪

アルストロメリア 別名 ユリズイセン  インカの百合

花びらの模様が綺麗な花  ひがんばな科.球根.南米原産
属名はスウェーデンの植物学者アルストレメールに因む
茎は上方で枝分かれして、多くの花が散形花序につく

花は長さ5センチ前後で、花色は桃色、橙、黄色と品種で異なる.
上部2枚の花弁はとがり、色線が入る.雄しべは6本で曲がっている.
葉は長さ10センチ前後で皮針形.
バイオ技術による園芸品種が多い.
高さは50センチ~1米.”ゆりずいせん
  1. 2009/05/28(木) 22:18:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ジューンベリー 1

ジューンベリー 実
ジューンベリー  セイヨウサイフリボク

5月28日の誕生花 ヤマブキ  花言葉 「やっと待ってました」

う~~ん これも季節外れなのでパスします。
山吹は もう何回かアップしてます。 八重も一重咲きも・・・

このジューンベリーも4月にアップしてますが 今回は果実の方を。

アメリカザイフリボク ‘ジューンベリー’ バラ科 ザイフリボク属
学名   Amelanchier canadensis(アメランチャー・カナデンシス)
流通名   ジューンベリー
別名   セイヨウザイフリボク
花期   春

北アメリカ原産の耐寒性落葉高木で、日本に自生するザイフリボク
(シデザクラ)より花も実も多いのが特徴です。

原産地では、6月に果実が収穫できることから、ジューンベリーとよばれています。
白い花もブルーベリーに似た実も、また秋の鮮やかな紅葉も美しく
観賞木とし長期に楽しめます。

耐暑、耐寒性ともに強い植物ですが、酷寒地では露地栽培は無理のようです。
  1. 2009/05/28(木) 21:14:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ユッカ キミガヨラン
ユッカ蘭

非常に目立つ花で 背丈が2m近くまで成長します。
昔 小学校の門の近くに植えられた記憶があります。

ユッカ(Yucca)   学名:Yucca gloriosa(ユッカ.グロリオーサ)
別名:ユッカラン(Yucca蘭)、アツバキミガヨラン(厚葉君が代蘭)
科属名:リュウゼツラン科ユッカ属
原産地:アメリカ
樹高:100~200cm 開花期:5~6月、9~11月 花色:白

ユッカ(Yucca) は、刀のように細長く鋭利な葉が多数集合して
放射状に広がった中心部から、長い花茎が真っ直ぐに伸びて分枝し
その各枝にたくさんの大きな下向きの純白の花をつける
リュウゼツラン科ユッカ属の耐寒性常緑低木です。

花茎は花が大きく多く重過ぎるためか傾いていることがあります。
同じユッカ(Yucca)が春秋、2度咲きします。繁殖は、株分けで行ないます。

  1. 2009/05/28(木) 21:03:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

メランポジウム
メランポジウム

両方ともガーデンの主役にはちょっと難しいですが名脇役として
活躍してる花。 とにかく 両方とも元気で長持ちします。

メランポディウム・パルドスム  キク科  メランポディム属
学名   Melampodium paludosum
別名   メランポジューム   メダイオン
花期   初夏~晩秋
北アメリカ原産の非耐寒性春蒔き一年草です。
わりと近年に登場した花で、日向から半日陰まで土質も選ばずよく育ち
日本の高温多湿の夏でも休まず咲き続け、花壇やプランター植えに適します。
草丈は20~40㌢ですが、よく分枝して横に張り出すように大きな株になります。

高さ20㌢くらいになると開花を始めますが、花は3㌢未満の小さな鮮黄色で
緑葉とのバランスが美しくなります。
いくつか品種があるようですが、草丈20㌢ほどの矮性種の開花鉢が

2月頃から流通し、小鉢やグランドカバーに利用されています。
多肥や過湿は禁物で、むしろ放任栽培のほうがよく
春の花後に切戻すと晩秋まで咲き続けます。

サンビタリア
サンビタリア

サンビタリア   キク科  
春まき一年草扱い  中央アメリカ原産
大きさ 背丈15~25cm  横幅30~40cm以上
主な見所 花(5~11月)

横に広がるように伸び、黄色い小さなヒマワリのような花を咲かせます
成長が旺盛になるとやや節が長くなるので印象は野草っぽさを感じさせます
秋以降の花の最盛期には豪華な花の絨毯になります
節を短くした矮性種も出回ります

暑さに強いですが、高温多湿には弱いので雨が多いと蒸れて枯れやすい
どちらかといえば秋以降の方が元気に咲きます
移植に弱く直まき栽培が向いています

  1. 2009/05/28(木) 20:56:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アスチルベ ピンク
アスチルベ

前に早めにアップしましたが アスチルベ 咲き始めましたね。
白もピンクも とっても可愛い花です。

アスチルベ    ユキノシタ科  アスチルベ属
学名   Astilbe arendsii
別名   ショウマ(升麻) アワモリソウ(泡盛草) アケボノショウマ(曙升麻)
花期   初夏
中央アジア、アメリカ原産の多年草ですが、日本にも数種が自生しています。
アスチルベは、日本に自生するアワモリショウマ、チダケサシ
ヒトツバショウマなど多くの原種から作られた園芸植物で
アレンジー系の新しい品種が多く流通しています。

草丈の高くなる品種は80㌢、低い品種は30㌢、繊細な小花が
穂状に咲きますが、花色は白、赤、ピンク、紫色などがあります。
欧米で人気が高く、花壇やボーダーによく植えられます。
丈夫で育てやすく、放置しても毎年よく咲きますので
鉢植えとしても育てられ、テラコッタにも似合います。

ひとつの品種の開花期間は2週間ほどと短いのですが品種によって
開花期が違うのでいくつかの品種を植えておけばかなり長く花を楽しめます。
  1. 2009/05/28(木) 20:47:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

ぱぱいや

Author:ぱぱいや
.
外回りのお仕事なので いつも珍しい花 キレイなお花がないか注意しながら運転してます♪

街や郊外で見かけた花の便りを毎日 
紹介しようと思ってます。

ブログ内検索

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

最近の記事

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード