FC2ブログ

街の花便り 

季節のお花を紹介してます。

ヤマモモ

ヤマモモ1
ヤマモモ  山桃

6月30日の誕生花  コモンセージ  花言葉 「知識」
ですが 在庫がありません・・・ 代わりにヤマモモの果実を!

ヤマモモ科 ヤマモモ属   Myrica rubur
常緑高木  高さ:5~10m
花期:3~4月 (雌雄異株)  果期:6月
分布:本州(関東地方南部以西),四国,九州,沖縄

ヤマモモは雌雄異株です。
ヤマモモの花粉は数キロ飛散するといわれ、単為結果(受粉しなくても結実する)
もあるので、近くに雄木があればあえて雌木を植える必要はありません。
街路樹や公園、学校、神社やお寺など、結構身近にヤマモモが植えてあります。
それらのヤマモモはたいてい雄です。

通常ヤマモモは街路樹や公園樹、山などによく植わっています。
土質は選ばず、やせ地でも良く育ちます。

1年生接木苗では植え付け4~5年でなり始めます。
スポンサーサイト



  1. 2009/06/30(火) 20:48:39|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

早くアップしないと・・・シリーズ27
ウィットフィルディア1
ウィットフィルディア

キツネノマゴ科  非耐寒性常緑低木  原産:熱帯西アフリカ
別名(ホワイトキャンドル、ホワイトフィルディア)

高さ30~60センチの低木。
葉腋から白く長いガクを伸ばし、清楚な筒状の花を咲かせる。
ガクには腺毛が多くベタベタする。
「純白の真夏の女王・サマーキャンドル」として流通している。
花期5~9月(温室の場合は周年開花)

グニーユーカリ
グニーユーカリ

グニーユーカリ  フトモモ科の常緑性高木
葉が白銀のような色で、切花やドライフラワーに利用されます。
普通のユーカリよりも小さな葉が密につく品種です。

原産地のオーストラリア地方では、20mにも達するようになりますが
日本で鉢植する場合2~3mに位にとどめます。
大きく育つと耐寒性は増しますが幼苗期は弱いので、冬は霜よけをしてください。

学名:Eucalyptus gunnii
タイプ:フトモモ科ユーカリノキ属の半耐寒性常緑中高木
樹高:2~3m  植え付け時期:10月~5月中旬
用途:鉢植え、切花   日照:日向むき

チェイランサス プルプレア
チェイランサス・プルプレア

アブラナ科 多年草(または一年草) 原産地 コーカサス・アフガニスタン
別名:宿根チェイランサス

耐寒性に優れ、鮮やかな色彩の花を冬から春のあいだ咲かせます。
強い霜に当たると花は痛むので、寄せ植えの場合は軒下で管理してください。
関東以西では地植えでも楽しめます。花の少ない時期の草花としては貴重ですね。

トレールング インパチェンス バタフライ
インパチェンス バタフライ

インパチェンス バタフライ
科名:ツリフネソウ科  属名:ツリフネソウ(インパチェンス)属
学名:Impatiens  和名:インパチェンス
性状:非耐寒性多年草  原産地:東アフリカ、熱帯アフリカ
用途:コンテナ、寄せ植え、花壇、ハンギング

トレーリングインパチェンス(バタフライ) は、本当に小さな蝶が
ひらひらと飛んでいるようです。
  1. 2009/06/30(火) 20:24:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

セイロン ライティア
セイロンライティア

このお花は 長く咲き続ける花で 花も痛まないのが気にって購入したけど
越冬が出来ずに しっかり枯れちゃいました。。。

セイロンライティア  Wrightia antidysenterica
キョウチクトウ科 常緑低木  

一般的にはライティア属に分類されますがその形状の違いから原産地の
スリランカではワリダ属という別属に分類されているとのこと。

原産地 スリランカ。標高600m以下の低地に自生する植物で
日本にはタイ経由で花木として導入された。

夏の鉢花として最近かなり出回り始めた。
スリランカでは高さ2mほどになる低木でよく枝分かれする。
開花時期:6~10月、高温期に直径3cm前後の純白の花を咲かせます。
花びらは5枚で付け根の部分にも細かい花びらのようなものが見られるが
これは副花冠が発達したもの。

マダカスカル ジャスミン
マダカスカル・ジャスミン

ジャスミン  ガガイモ科  学名:Stephanotis floribunda
別名:ステファノティス
英名:マダガスカル・ジャスミン
花期:夏

マダガスカル島の原産なので,英名がマダガスカル・ジャスミンですが
花屋では略してジャスミンと呼んでいます。
ジャスミンはモクセイ科のものが多いですが
このマダガスカル・ジャスミンはガガイモ科です。

  1. 2009/06/30(火) 20:14:37|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プルメリア

プルメリア1
プルメリア

松田聖子の映画に こんな名前がありましたね。
この花は 花芯に 「しべ」がないです。 花の意味は なんでしょうね?
交配出来ないじゃん・・・

プルメリア    学名:Plumeria
キョウチクトウ科 インドソケイ属(プルメリア)の総称
低木または高木。茎は多肉質で折れやすく、白色の乳液を分泌する。
乳液は有毒であるが、薬用にもなる。
冬は落葉し、春に新芽が出てから開花し始めるのが普通であるが
熱帯では常緑で四季咲きとなる。

熱帯アメリカに8種分布する。
乾燥に耐え、サボテンと同様の管理でよく育つ。
夏は日当りのよい戸外でよく開花する。
  1. 2009/06/30(火) 20:08:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

サルビア インボルクラータ

サルビア インボルクラータ1
サルビア・インボルクラータ

けっこう大きくなる サルビア系の花で 背丈が2m近くありました。
花の形が シソ科の特徴をよく表してますが ちょっと怪獣みたいなお花!

サルビア・インボルクラータ  シソ科  サルビア属
学名 :Salvia involucrata
別名:ローズリーフセージ英名:rose leaf sage,
分類:耐寒性宿根草 花期 :7月~10月
草丈 :150cm  原産地:メキシコ~中米

葉の形からかローズリーフセージの名があります。
ピンクの花が上部にかたまって玉状に咲くのが特徴。
耐寒性はちょっと心配なので10cmくらい腐葉土で覆って冬越しさせています。
  1. 2009/06/30(火) 20:01:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トウネズミモチ

トウネズミモチ1
トウネズミモチ  唐鼠餅

今 道端や畑の隅に この花がやたら沢山 咲いてますが トウネズミモチ
だと 思いますが ちょっと自信がないです・・・

この手の 白いチブチブの花が咲く 樹木ってけっこう多く 難しいです。

トウネズミモチ モクセイ科  イボタノキ属
学 名 Ligustrum lucidum
原産地  中国
花 期  花は夏 実は秋
名前の由来  実が鼠の糞に、葉がモチノキに似ているから

常緑高木。明治初期に渡来。大気汚染に強いので都心の街路樹や
高速道路脇に植えられています。
ネズミモチによく似ています。
花は黄白色で、木は10~15mくらいになります。
実もネズミモチよりぎっしり生ります。
葉を裏から光に透かして見ると、葉脈の主脈も側脈も透けて見えます。
ネズミモチは、裏から透かしてみると主脈しか見えず、花は白く
木の高さは5m位です。
  1. 2009/06/30(火) 19:56:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サルスベリ1

サルスベリ
サルスベリ  百日紅

うちにも 百日紅の木がありますが まだ咲き始めてません。
でも 今日 道端に もう咲いてるのを発見♪
7~9月の花ですが ちょっと早いような気がします。

サルスベリ Lagerstroemia indica (ミソハギ科 サルスベリ属)

サルスベリは中国南部原産の落葉小高木であり、日本には江戸時代に渡来した。
南方系の植物であるためか、春の芽だしは遅く、新しくのびた枝の先端に
円錐形の花序をつける。

花は7月のはじめから咲き始め、9月の終わりまで真夏の日射しを
楽しむかのように咲いている。
花序全体をみると花弁だらけでわかりにくいが、一つの花を手に取ってみると
なかなかおもしろい。
花弁は6枚(~7枚)で根元が急に細くなっており、中心に多数の雄しべがあるが
そのうち外側の6個は長い。雌しべは中心に1本。

花の色は紅紫色~淡紅紫色、白色である。
外国産の樹木で、自然に繁殖する種は多くはないが
サルスベリは稔った種から自然に芽生え、成長する。
  1. 2009/06/30(火) 19:49:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

タケニグサ

タケニグサ1
タケニグサ  竹似草

今日も不安定な陽気で 雨が降ったりやんだりのお天気
今週は ずぅ~~っとこんな感じの予報が出ています。
週末 またゴルフが入ってるんだけどなぁ~~・・・雨なら行きませんが!

タケニグサ 道端に沢山生えてますが 背景が気になる花なので
やっと 後ろに人工物のないお花を撮影出来ました。

タケニグサ(竹似草)
ケシ科タケニグサ属の多年草
別名:ササヤキグサ、チャンパギク(チャンパは南ベトナム)、Plume poppy

タケニグサ(竹似草) は、粟粒状の白花を茎先の大きな円錐花序につける
ケシ科タケニグサ属の多年草です。
葉はカシワ葉で広卵形の縁に切れ込みがあります。
茎を折ると出る汁はプロトアネモニン(protoanemonin)や
プロトピン(protopine)等を含んでおり有毒です

この有毒性を生かして 昔は便所の うじ殺しに使用してたそうです。

タケニグサ(竹似草)
学名:Macleaya cordata
別名:ササヤキグサ、チャンパギク(チャンパは南ベトナム)、Plume poppy
科属名:ケシ科タケニグサ属
草丈:100~200cm 花色:黄 開花期:6~8月
  1. 2009/06/30(火) 19:44:07|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

アメリカフヨウ
アメリカフヨウ  アメリカ芙蓉

6月29日の誕生花  アメリカフヨウ  花言葉 「しとやかな恋人」

今日の誕生花で 在庫は違うPCだなぁ~って思ってたら 今日 発見♪

アメリカフヨウ  【別名】クサフヨウ(草芙蓉)、宿根ハイビスカス

日当たりと水はけの良い場所を好み、10月頃まで咲くので長く楽しめます。

真夏の暑さにも負けず、20cmを越える大輪の花を次々に咲かせます。
まるで花のパラボラアンテナのようです。

朝方咲いて、夕方には閉じてしまう一日花ですが、次々に花を咲き継いでいく
迫力には、原産地北アメリカを感じさせます。

ダイナミックな花の咲き方ですが、花弁は柔らかく
絹のように風にそよぐ繊細さもあります
  1. 2009/06/29(月) 21:54:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

早くアップしないと・・・シリーズ26
アガスターシェ・アプリコット
アガスターシェ・アプリコット

アガスターシェ Agastache spp.
シソ科   アガスターシェ属
半耐寒性宿根草   原産地 メキシコ
庭植え   開花時期 6~7月

アガスターシェは、耐寒性がありませんので、春まき一年草として扱われています。
この花は、「サカタのタネ」から出ている品種です。
播いた年はあまりよく咲きませんでしたが、もともと宿根草ですので
ポリフィルムでトンネルをして冬を越し、株も充実して
本来の美しい花が咲きました。

アラマンダ
アラマンダ

アラマンダ(Allamanda) は、黄色や桃色の筒状の花を咲かせる熱帯植物で
常緑蔓性の半耐寒性低木です。和名は、アリアケカズラ(有明葛)と言います。

一般名:アラマンダ(Allamanda)
学名:Allamanda cathartica
科属名:キョウチクトウ科アラマンダ属
別名:アラマンダ・カタルティカ、アリアケカズラ(有明葛)、Apocynaceae,
   ゴールデントランペット(Golden trumpet)
原産地:南米ギアナ 開花期:4~10月(熱帯地域では周年)
花径:5~10cm 花色:黄・桃 樹高:500cm~

ツンベルギア
ツンベルキア

ツンベルキア・アラタ  
キツネノマゴ科ヤハズカズラ(ツンベルギア)属

熱帯アフリカから亜熱帯アジアにかけて100種が知られているそうです。
熱帯アフリカ原産。
このアラタ種は春播き一年草として扱われますが、最低温度を10度以上に
成るようにしてやると越冬するそうです。

カレーの木
カレーの木  南洋山椒

この木の葉や種子は辛いわけではありません。
大変香ばしいカレーの香りがします。炒めるとさらに香りが増します。
別名、南洋サンショウと呼ばれています。
葉と実のつくだ煮は酒の肴にぴったりです。

炒った葉を使ってミクロネシア風チキンカレーを作ってみたのですが
深みのある香りが食欲をそそり、思わずお代わりを頼んでしまいました。

このカレーの木は日本でも栽培が出来ます。
最低気温10℃までなので 冬は室内に置いて下さい。

  1. 2009/06/29(月) 21:34:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

リシマキア
リシマキア

ちょっと地味目のお花ですが たまにプランターに植えられてるのを観掛けます。

リシマキア プンクタータ
科名・分類 サクラソウ科  夏緑性多年草  ヨーロッパ、アジア原産
大きさ 背丈15~70cm  横幅25~60cm
主な見所 花(6~8月)

やや背が高くなるリシマキアで、初夏に黄色い花を咲かせます
花の咲く前は背が低いですが初夏に長い花茎を伸ばします

花つきはそれほど多くはなく、全体的に控えめで野趣のある姿をしています
寄せ植え用に斑入り葉もよく出回っています。
ただ、リシマキア・ヌンムラリアの黄金葉も花が咲きづらいように
プンクタータも斑入り種は花が咲きづらい傾向にあります
  1. 2009/06/29(月) 21:25:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ツキヌキニンドウ

ツキヌキニンドウ1
ツキヌキニンドウ  突抜忍冬

この花の特徴は 名前の通り 葉っぱを茎が突きぬけてる事

ツキヌキニンドウ
つきぬきにんどう(突抜忍冬) スイカズラ科

庭先などに植えられている米原産のツル性常緑植物。
ニンドウとは スイカズラ の別名で、常緑ではあるが
褐色の葉になりながらも冬を耐え忍んで越すことから。
ツキヌキの名は、葉の真ん中を突き抜けたように、花の茎が出ていることから

同じ仲間のハニーサックルは スイカズラのように 舌状に花が開きます。
  1. 2009/06/29(月) 21:18:03|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

瑠璃玉あざみ

瑠璃玉あざみ 若芽
瑠璃玉あざみ1
ルリタマアザミ  瑠璃玉薊

今年は春先に この瑠璃玉あざみの種を園芸店で発見し プランターで育成中です
うちのは まだ 蕾も出来てませんが だいぶ葉っぱは大きくなってきたので
もう 少ししたら 蕾が出来るかも?

この花 変わってるし 色もキレイなブルーなので大好きな花です。

ルリタマアザミ(キク科)

ルリタマアザミは、アザミという名がついていますが、アザミ属ではありません。
茎と葉は、アザミによく似ていますが、花は球形でアザミとは違った形をしています。
植物学的には、アザミと同じキク科で、ヒゴタイ属です。

学名のエキノプスは、ギリシア語のエキノス(ハリネズミ)がもとになっています。
花の形がハリネズミに似ているからです。

原産地は南ヨーロッパと西南アジアです。世界中で八十種類分布していますが
栽培種は二~三種です。日本にも九州の山野に自生するものが一種あります。

日本でごく普通に作られているのは、ウラジロヒゴタイという和名を持つもので
高さは七十センチ~一メートルです。

満開になるとこんな感じになります
瑠璃玉あざみ
  1. 2009/06/29(月) 21:08:20|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

シャスターデージー
シャスターデージー

このお花の検索では 笑ってしまいました。
シャスターって 聞き覚えのない名前なので ジャスターと勘違いしてる人が
非常に沢山います!

私も 最初 ジャスターデージーだって思い 検索したら 個人のブログしか
ヒットしませんでした・・・こういう時は 怪しんです!

マーガレットとよく似た花ですが 花がやや大型で 葉っぱに菊のような
切れ込みがないのが 特徴です。

シャスターデージー Chrysanthemum maximum.
キク科   キク属
耐寒性宿根草  別名 シャスターギク
原産地 北アメリカ   庭植え
開花時期 5月~6月

シャスターデージーは、アメリカの育種家ルーサー・バーバンク氏が
フランスギクと日本のハマギクを交配して作り出したといわれる品種群です。

「シャスター」は、博士の圃場の裏に見えるシャスター山の峰雪にちなんで
命名したといわれています。
その名のとおり、5~6月に峰雪のような白い花を咲かせてくれます。

この山はカルフォルニアのシェラ山脈にあるそうです。 
  1. 2009/06/29(月) 20:55:26|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

そばの花

そばの花1
蕎麦の花

この蕎麦の花は 蕎麦屋さんの店前に置いてあるプランターの蕎麦の花を撮影
蕎麦の花は ゴチャゴチャ~って してますが 良く見ると5花弁で 案外
キレイな花ですね。

ソバ(蕎麦)  Fagopyrum esculentum Moench
タデ科 食用1年草  

古名ソバムギの略。ソは稜で角のあるムギの意
英名 brank, buckweat, notchseeded buckwheat
原産地・・中央アジア~中国東北部。
茎は直立し分枝、高さ40~70cm。
花期・・夏か秋。花色は白。
花弁を欠き、ガク片がふつう白いが、赤い品種も少なくない。
そう果は3稜。
  1. 2009/06/29(月) 20:48:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ネムノキ
ネムノキ  合歓の木

お花だけでは区別できませんが このネムノキは大きくなります。
背丈10m以上にはなるんじゃないかな?
とにかく このネムノキは 抜群に寒さに強く 丈夫な花です。

ネムノキ(合歓木、Albizia julibrissin)
ネムノキ科(広い意味でマメ科)の落葉高木
別名、ネム、ネブ

花は頭状花序になり夏に咲く。淡紅色のおしべが長く美しい。
果実は細長く扁平な豆果。

イラン・インドから東南アジアを経て日本の東北地方北部まで自生する。
陽樹であり、荒れ地に最初に侵入するパイオニア的樹木である。
河原などで見ることも多い。また、観賞用に栽培もされることもある。

ネムノキ属は主として熱帯に150種ほどが分布するが
その中でネムノキは飛び抜けて耐寒性が強く高緯度まで分布する。
温帯で広く栽培され、一部で野生化している。

和名のネム、ネブは、夜になると葉が閉じること(就眠運動)に由来する。

  1. 2009/06/29(月) 20:43:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トキワネム
トキワネム  常盤合歓

10年以上前に購入した合歓の木ですが 毎年 なんにも手入れをせずに
よく咲いてくれます♪ 年に3,4回は 開花する合歓の花です。
背丈が あまり大きくならず 購入した時とさぼど大きさは変わってません。

トキワネム(四季咲ネム) マメ科 
学名 【Calliandra selloi/カリアンドラ・セローアイ】  

中南アメリカが原産のマメ科の常緑低木で、ネムノキに良く似た花を咲かせますが
それとは別の仲間になります。
カリアンドラには数多くの品種が有り、耐寒性に劣る種が多い中で
このCalliandra selloi種は、比較的耐寒性が有り、関東南部では露地で
越冬する事が可能になってきました。

ピンクパウダーパフの英名の通り、ピンク色の長いオシベが、お化粧を
するときに使う筆のように、やわらかくふんわりと広がり可愛らしさを感じます。

また四季咲きネムの和名が有るように、初夏から秋口の頃まで
次々と絶え間なく花を咲かせてくれます。

  1. 2009/06/29(月) 20:32:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

白花ネムノキ

白花ネムノキ2
シロハナネム  白花合歓

今日は朝から快晴で こりゃ暑くなりそうだなぁ~って思いましたが
さほど気温が 上がらず 過ごし易い一日でした。

待っていた 常盤合歓の花が 今日 弾けて咲き始めしたが
白花ネムのほうは 蕾があと3つくらしか残ってないので そろそろ一回目の
開花は終了しそうです。

普通のネムノキは 昼間から開花してますが 白花は夕方ごろから
咲き始め 一日花なので 翌朝には萎んでしまいます。
でも この儚さが またいい点でもあります。

好みの問題ですが うちは あまり長期間 咲き続けるお花が少ない気がします。
  1. 2009/06/29(月) 20:25:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ベルフラワー

ベルフラワー1
ベルフラワー  乙女桔梗

6月28日の誕生花  ベルフラワー  花言葉 「楽しいおしゃべり」

オトメギキョウ(乙女桔梗)    キキョウ科  カンパヌラ属
学名   Campanula portenschlagiana
流通名   カンパニュラ・ベルフラワー
花期   春~初夏
ユーゴスラビア北部原産の草丈10~15㌢の耐寒性多年草です。
カンパニュラの仲間では最も代表的な種類で、紫青色のベル形の小花を溢れるように咲かせます。

矮性ですが性質は強健で、花壇、鉢物に栽培が容易です。
濃青紫の品種が一般的ですが白花の品種もあります。

ベルフラワー  メリーベル
ベルフラワー
  1. 2009/06/28(日) 18:54:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ダイアンサス

ダイアンサス1
ダイアンサス

これは 土曜日にお花のバーゲンに行った時に購入した我が家のお花♪

そういえば 土曜日は バーゲンで全商品 2割引きだったので
ちょっと高めの スチール製の鉢の吊り下げ鉢置きを購入しましたが
家に 置いたら 花が多過ぎて どこにあるの?って感じでした。

ダイアンサス 学名:Dianthus

ナデシコ科ナデシコ属の総称。大部分が耐寒性多年草であるが一年草もある。
アジア、アメリカ、アフリカ北部、ヨーロッパに約100種あり
日本にはフジナデシコ(ハマナデシコ)、エゾカワラナデシコなど4、5種分布する。

カーネーションもこの仲間である。茎は高さ約50センチで数本立ちになることが多く
葉は対生する。
花は頂生し、集散または円錐(えんすい)花序となる。
萼(がく)は筒状で先端は五裂し、三対以上の小包葉がある。
花期は普通は5~7月であるが、秋咲きや四季咲きもある。
花弁は普通は五枚で、弁先に欠刻がある
  1. 2009/06/28(日) 18:48:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

早くアップしないと・・・シリーズ 25
ケープエンジェル
プレクトランサス ‘ケープエンジェル’

プレクトランサス ‘ケープエンジェル’ 学名 Plectranthus ‘Cape Angels’
分類 シソ科
Labiatae プレクトランサス属  Plectranthus

性状 多年草/常緑
大きさ 草丈:30~50cm/葉長:7~10cm/花長:15~20mm
形態 葉は肉厚で鋸歯があり、対生する。葉の表は濃緑色で裏は紫褐色。
表裏ともに毛で覆われている。茎は紫褐色で粗い毛がある。
萼や花弁の外側にも毛が多い。
夏~秋に花序を出し、小さい花をたくさん咲かせる。
品種 ホワイト、ピンク、ダークピンク、パープルの花色がある。
ほぼ同様の品種が「‘モナ・ラベンダー’」の名称で流通する。
原産地 南アフリカで人工交配された園芸品種。
生育 直射日光を嫌う。耐寒性はやや弱い。
関東では冬期霜よけして越冬すると地上部はほぼ枯れるが、翌年春に芽を吹く。

サンユウカ 八重
サンユウカ  三友花

サンユウカ(三友花)   キョウチクトウ科
インド原産の熱帯性植物

純白のクチナシのような花と良い香りが楽しめます。
耐寒性がないため、冬季は室内で管理する。

主に夜に芳香を放ち 一重のサンユウカもあります。

スピランサス
スピランサス

このお花は 我が家のお花♪ 今 マルバストラムと寄せ植えにしてます。

スピランサス Spilanthes
キク科  スピランサス属
春まき一年草   別名 たまごポール
原産地 南米   鉢植え
開花時期 9~10月

スピランサス来南米原産の宿根草ですが、耐寒性がないため
春まき一年草として扱われています。
この花の特徴は、何といっても花の形と色にあります。
たまごボールという別名も、この花の形からつけられたものと思われます。

セロシア
セロシア

セロシア   Celosia argentea
和名: ノゲイトウ
流通名: ケロシア、セロシア
ヒユ科    ケイトウ属
非耐寒性一年草
原産地: 熱帯アジア   開花期: 9~11月

一般的にケイトウと呼ばれている種類と同種と言われていますが
形態がより原種に近いタイプです。
花序は長い柄を有し細長く、花は赤色から銀白色へと変化します。
  1. 2009/06/28(日) 18:25:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ジギタリス

ジギタリス1
ジギタリス

中々 いい状態の撮影が出来なかったお花ですが 接写にすると
特徴が よく現れます。
花の中に ある斑点がキレイですね。

ジギタリス  有毒植物
別名 キツネノテブクロ(狐の手袋:フォックスグラブ)
分類 ゴマノハグサ科 ジギタリス属
原産地 ヨーロッパ中部~南部、北アフリカ、アジア中西部

江戸時代に日本に渡来し、薬用や観賞用に栽培されてきた。
生薬名 ジギタリス 日本薬局方
薬用部分 葉
成分 ジギトキシン他
適用 ジギトキシン(強心利尿薬)の製造原料とされるが、蓄積性があり
中毒症状が出やすいので一般の使用は不可です。
薬効が高くて副作用の少ない近縁種のケジギタリスが用いられる。
  1. 2009/06/28(日) 18:17:14|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キバナミソハギ

キバナミソハギ1
キバナミソハギ  黄花禊萩

この花は 珍しい花が好きな いつもチェック場所 北村さん家で撮影
北村さん家 今 花盛りです。

ブラジルからウルグアイが原産です。
河岸などに生え、高さは1メートルくらいで株立状になります。
葉は披針形で対生し、全縁です。6月
から7月ごろ、葉腋に小さな黄色の花を咲かせます。

名前は、黄花で「ミソハギ」に似ていることから。
ミソハギ科キバナミソハギ属の落葉小低木で、学名は Heimia
  1. 2009/06/28(日) 18:05:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

朝鮮アサガオ

朝鮮アサガオQ
コダチチョウセンアサガオ  木立朝鮮朝顔

朝鮮朝顔は この仲間ですが 上に向かって咲く花の名前
こちらは 木から垂れ下がって咲きます。

この花も 旬の時間が短く マクロで撮影すると 花の痛みが気になるお花!

こだちちょうせんあさがお(木立朝鮮朝顔)
別名:ダチュラ、エンジェルトランペット
学名 Datura suaveolens
属性 ナス科アサガオ属
原産地 中南米

通常なら6月~10月が花の盛りの木立朝鮮朝顔。
名前の通り、路地植えにすると1m~2mの高さに成長するものです。

花は枝から測って40cm近くあるラッパ状で、うなだれているように下向きに咲きます。
花の大きさもさることながら、数も相当数つけますので
夜などは遠目に見ると不気味かもしれません

薄黄色の花をつけていますが、もっともポピュラーなものは白。
他にもピンクや薄橙色などがあります。
  1. 2009/06/28(日) 17:59:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ギボウシ2

ギボウシ1
ギボウシ  擬宝珠

ギボウシは 小葉ギボウシとも言います。
うちにも このギボウシがありますが 今年は 葉っぱばっかり元気で
花が咲きませんでした・・・ 何故だろう?

この花も 一日花で 花の痛みが激しく 中々 いい状態の旬の花を
探すのに苦労します。

擬宝珠   ユリ科 ギボウシ属  
学名 Hosta :
開花時期は、 6/10頃~ 7/20頃。
葉っぱは幅広で大きい。

橋の欄干の上にある、玉ねぎをさかさまにしたような装飾物が「擬宝珠」。
この花のつぼみが擬宝珠に似ていることからこの名になった。

強い日光と猛暑が苦手 日焼けしてしまうらしい。
イギリスや北欧では夏は日本より涼しいのでガーデニングとしてよく使われる。
春、若葉をゆでてあえものにするとおいしいらしい。

「大葉擬宝珠(おおばぎぼうし)」は主に山野に生え、葉っぱがでかい。
  1. 2009/06/28(日) 17:51:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

クルクマ

クルクマ1
クルクマ

クルクマは東南アジア地方のお花 春ウコンともいいますが その園芸種

クルクマ  ショウガ科  
学名:Curcuma(ショウガ科クルクマ属)
和名:キョウオウ(薑黄)  別名:ハルウコン(春鬱金)
花期:晩春~初夏

クルクマというのはショウガ科ウコン属の属名です。
和名はキョウオウ(薑黄)で,難しい漢字ですが,漢和辞典によれば「薑」の
訓読みは「はじかみ」,「しょうが」で,ショウガ科の植物であることがわかります。

さらに,ハルウコン(春鬱金)という別名もあります。
キョウオウに似ているものにウコン(鬱金)というのがありますが
ウコンは花の色が黄色です(苞は白)。
クルクマは晩春から初夏にかけて花が咲くので,「春に咲く鬱金」というわけです
(ウコンは夏から秋に咲きます)。

  1. 2009/06/28(日) 17:43:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

花菱草
ハナビシソウ  花菱草

昨日 映画を観に行って 遅くまで起きてたので 
今朝は起きたら10時過ぎでした。

午後から雨も降り始めたし 涼しかったので 犬部屋の大掃除をしました。
し始めると けっこう大汗が出て 大変でした。 
これから 夏にかけて 一応 クーラーはあるけど 犬部屋は日当たりが
あるので 暑いだろうなぁ~~・・・

お掃除後 ミズノオープンのゴルフをTV観戦  石川 遼くん すごいなぁ~
ミドルホールでOB連発 9も打って 崩れなかった精神状態には感心します。

このハナビシソウは 春に種を撒いたのですが 花が咲かず 今年は
もうだめかと思ってたら 今日 一輪だけ咲いてました♪
へぇ~ 普通のハナビシソウの種じゃなかったんだ・・・ってな感じです。
  1. 2009/06/28(日) 17:39:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

おまけ
ポテンティラ ルペンストリス
ポテンティラ・ルペンストリス
ポテンティラ ミスウィルモット
ポテンティラ・ミスウィルモット

ポテンティラは馴染みのない花名ですが 和名は花イチゴ
苺の実より花を重視したものって考えてもいい花です。
オヘビイチゴ ヤビヘビイチゴなんかも この仲間です。

うちにも このポテンティラの黄色い花 メガランサ があります。

ポテンティラ ・ミスウィルモット
学 名  Potentilla nepalensis
科 名 バラ科   分 類 宿根草
草 丈 90㎝   草 姿 半匍匐性
花 色 赤   開花期間 1~2ヶ月

ヒマラヤ原産で「ベニバナロウゲ」とも呼ばれる。
日当たりのよい砂質土壌の土地を好み、主に花壇苗のほか
グラウンドカバーとしても利用される。
  1. 2009/06/27(土) 18:29:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ヘリプテラム ローダンセ
ヘリプテラム・ローダンセ

6月27日の誕生花  ヘリプテラム・ローダンセ  花言葉 「温厚」
ヘリプテラム・ローダンセは 広葉花カンザシの事です。

ヘリプテラム・ローダンセ キク科  属名 ヘリプテラム属
特性 一年草   耐寒性 半耐寒性
原産地 オーストラリア
別名 ヒメカイザイク、広葉花簪(ヒロハノハナカンザシ)
花期 4~7月   花色 赤、桃、白   丈 30~50cm

紫茎の先端がいくつもに分かれてその先に紙細工のような
かさかさとした質感の小花をつけます。
花弁には珪酸を含み、生花のうちから水分が少なく、
花は長期間にわたってしおれないのでドライフラワーとしても楽しめます。

総苞片の色は、鮮やかなピンクが基本色ですが、
赤や白の品種もあります。
  1. 2009/06/27(土) 18:06:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

千日紅 バデイー1

千日紅 バディー2

千日紅 バデイー
センニチコウ  千日紅

千日紅も 今 沢山の園芸種があり ストロベリーフィールドが有名です。
今日の 千日紅は3つとも バデイーって種類だそうです。

センニチコウ(千日紅)  Gomphrena globosa
ヒユ科 一年草 別名 センニチソウ(千日草)、ゴンフレナ  

真夏の日差しの中で咲き続け、乾燥花になっても色あせない。
米国ではGlobe Amaranthの名で呼ばれる。
丸い紫紅色の花と言う意味であろうか。

熱帯アメリカ原産。(熱帯アフリカ、と記述する本もあり。)
花壇や鉢花、切花に利用が多く、ドライフラワーにもされる。
草丈は50cm前後になり、細い枝先に球状の頭花を1~2個つける。
花期は7~10月。花色は紫紅、ピンク、白など。

この仲間は熱帯各地に100種以上原生するが、園芸上栽培されるのは
センニチコウとキバナ(黄花)センニチコウの品種群のみである。
キバナセンニチコウは草丈60-70cmとやや大きく育ち、花は橙黄色や橙赤色。

千日紅  ストロベリーフィールド
千日紅
  1. 2009/06/27(土) 18:01:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
次のページ

プロフィール

ぱぱいや

Author:ぱぱいや
.
外回りのお仕事なので いつも珍しい花 キレイなお花がないか注意しながら運転してます♪

街や郊外で見かけた花の便りを毎日 
紹介しようと思ってます。

ブログ内検索

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

最近の記事

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード