FC2ブログ

街の花便り 

季節のお花を紹介してます。

池の平湿原の花シリーズ Ⅲ
オカトラノオ1
オカトラノオ  丘虎尾

オカトラノオ Lysimachia clethroides Duby  (サクラソウ科 オカトラノオ属)

オカトラノオは日当たりの良い草原に生育する多年生草本。
名前の由来は、長く伸びた花序をトラのシッポに例えたもの。

この仲間には水湿地に生育するヌマトラノオと区別としてオカをつけたもの。
初夏に白い花を咲かせる。
全体としての姿も美しいが、一つ一つの花も姿が整っていて清楚である。 

サワギク
サワギク  沢菊

サワギク 「沢菊」  別名 ボロギク

山地のやや湿り気のある林内に生える多年草。
高さは0.6~1メートル。葉はまばらに互生し、薄く、羽状に深裂する。
頭花は枝先にやや散状に多数つく  花期は6~7月。
分布は、北海道、本州、四国、九州。

シシウド
シシウド  猪独活

猪独活  セリ科 シシウド属
学名 Angelica pubescensi
英名 ありません

高さ1~2m位 花は8月~9月に見られます。
本州、四国、九州に分布しています。

夏の高原に咲く大型の多年草で日本固有の種です。
形がウドに似ているのでこの名前が付きました。

テガタチドリ2
テガタチドリ  掌形千鳥

テガタチドリ  ラン科テガタチドリ属.
北海道〜本州(中部地方以北)   多年草

テガタチドリ(手形・掌形千鳥)は亜高山〜高山帯の草地に生え
茎の上に大きな花穂を作り、紅紫色の花を沢山咲かせます。

花の名は多肉質の根が手の形に広がっていて
花が千鳥に似ていることから付きました。
  1. 2009/07/27(月) 20:43:39|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ウツボグサ

ウツボグサ2

ウツボグサ3
ウツボグサ  靫草

この花は 下界でもよく見掛けますが 西洋ウツボグサの園芸種
ラミウムの可能性が強いです。
ラミウムは 色も豊富にありますが ウツボグサはこの色と白花のみ。

池の平湿原では 日当たりのいい場所 いたるところに沢山 咲いてました。

ウツボグサ(靫草)  シソ科 学名:Prunella vulgaris subsp. asiatica
別名:カコソウ(夏枯草)   花期:夏

日当たりのよい路傍・野原・丘陵などに生える多年草です。
茎の断面が四角形です。

靫というのは,花穂が弓矢を入れる靫に似ているためだそうです。
別名はカコソウ(夏枯草)といい,花の後の枯れた穂(一番下の写真)を
利尿薬として用いるとのこと。

  1. 2009/07/27(月) 19:20:20|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゴゼンタチバナ

ゴゼンタチバナ1
ゴゼンタチバナ  御前橘

このお花は 以前 山野草の専門店で見つけ一度 紹介してますが
池の平湿原で 発見♪
ただ パンフレットにも紹介されてますが 咲いてた場所は一か所だけ
見過ごしてしまいそうな尾根の上に 2輪だけ咲いてました。

ゴゼンタチバナ  ミズキ科 ゴゼンタチバナ属
高山帯のハイマツや亜高山帯針葉樹林の林床部に生える。
特徴がわかりやすく、他に似たようなものもないので覚えやすい。

白く花弁のように見えるのは「苞」とよばれるもので、本当の花は小さく
それらが集まっている。果実は8月中旬頃から見られる。

中心部の小さな花が実り、3個から数個の実をつけている。
葉が4枚のものは未成熟で花がつかず、6枚になると花をつけ
果実も実らせるというが、葉が4枚のものには果実が見られない。
晩夏に 真っ赤な実が生ります。
  1. 2009/07/27(月) 19:11:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ミネウスユキソウ

ミネウスユキソウ2

ミネウスユキソウ4
ミネウスユキソウ  峰薄雪草

有名なエーデルワイス 歌はいいけど 花はイマイチって思ってましたが
池の平湿原に群生してるのを観ると ウスユキソウも非常にキレイです。
下界の園芸店で 鉢植えで売ってるのとは 大違いです。

ミネウスユキソウ    峰薄雪草
花期 7月中旬~8月中旬
科 キク科  属 ウスユキソウ属   形態 多年草
本州の中部地方の高山に生える。高さ約10cm、

葉は長さ2~4cm、上部の白い葉は苞葉、表裏とも綿毛が密生
薄く雪が積ったように見えます。
花は長さ4~5mm、小花の集団、その集団が茎先に数個つきます。
由来 峰に生える薄雪草の意味。
低山に多い近似種のウスユキソウの高山型です。

一般的な 薄雪草より こちらの方がエーデルワイスに近い仲間だそうです。
  1. 2009/07/27(月) 19:04:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

カラマツソウ4

カラマツソウ1

カラマツソウ
カラマツソウ  唐松草

かなりポピュラーな山野草 この花は 池の平湿原まで上がらなくても
途中の道路の脇に 沢山生えてました♪
このお花は 無理しなくても 近い将来 ジョイママさんから貰えるんです♪

カラマツソウ (唐松草)Thalictrum aquilegifolium var. intermedium
キンポウゲ科 カラマツソウ属

低地~亜高山帯の草地などに生え、茎の高さは50~120センチ。
茎頂の散房状花序に、直径約1センチの白色の花を多数つける。
花弁はなく、5個あるがく片も開花前に落下する。

白色の雄しべが球状に多数集まる。根生葉は柄があり、3~4回3出複葉。
小葉は広倒卵形で、先が浅く3~5裂する。
葉柄の基部に、小托葉や托葉があり目立つ。
和名は花(雄しべ)がカラマツの葉を連想させることによる。

花期:7~8月  分布:北海道、本州、四国、九州

  1. 2009/07/27(月) 18:56:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エゾカワラナデシコ

エゾカワラナデシコ2

エゾカワラナデシコ1
エゾカワラナデシコ  蝦夷河原撫子

今日も朝から暑くなりそうなお天気でしたが 予報通り
夕方に ひと雨来て 一気に涼しくなりました♪
夕立が あると お花の水遣りが省けるので 楽ちんです。
毎日 夕立が降ってくれるといいな♪

今日 明日は 土曜日に行った 池の平湿原のお花シリーズで行きます。

エゾカワラナデシコ これは パンフレットにも載ってたので 検索しないで
判ったお花  花弁の根元に ひげが生えてて いかにも山野草の趣です。

エゾカワラナデシコ(蝦夷河原撫子)  ナデシコ科ダイアンサス属の多年草
別名:ヤマトナデシコ(大和撫子、Superbus Pink)、ダイアンサス(Dianthus)

エゾカワラナデシコ(蝦夷河原撫子) は、夏、北国の草原で、薄紅色の一重の
五弁花を咲かせるナデシコ科ナデシコ属の耐寒性常緑多年草です。
花弁の先が糸状に細分裂しています。
カワラナデシコ(河原撫子)など、 ナデシコ属(ダイアンサス属) の基本種です。
両者ともに似ているので、違いを表にすると下のようになります。

エゾカワラナデシコ           カワラナデシコ
苞数   2対                3~4対
葉色   薄緑               緑
萼長   短い(2~3cm)         やや長い(3~4cm)

一般名:エゾカワラナデシコ (蝦夷河原撫子)
学名:Dianthus superbus L. var. superbus L.
科属名:ナデシコ科ナデシコ属
原産地:日本  草丈:30~50cm   花色:桃
開花期:6~9月   花径:4cm

  1. 2009/07/27(月) 18:49:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハイビスカス 赤1

ハイビスカス 赤
ハイビスカス

7月25日の誕生花 ハイビスカス  花言葉 「常に新しい美」
昨日の誕生花ですが アップをし忘れました・・・

ハイビスカスはアオイ科フヨウ属の低木の総称で
一般的にはブッソウゲを指すことが多いが、これはもともと雑種植物
であるために変異に富み、近年ハワイでの交雑種を含めて
呼ばれるようになり州花にもなっている。

さらに類似のフヨウ属植物を漠然と指すこともあって
極めて複雑なアオイ科の園芸種群の総称ともなっている。
フヨウ属は北半球の熱帯、亜熱帯、温帯地域に自生する。

グラジラス 紫
グラジオラス

7月26日の誕生花 グラジオラス  花言葉 「ありきたりでない愛」

グラジオラス(唐菖蒲) Gladiolus gandavensis, Corn flag
あやめ科グラジオラス属  原産地は地中海沿岸など
春植え 夏咲き 排水と日当たりの良い場所に植える

花が沢山つくので倒伏しやすい 支柱が必要
色形とも多彩 花期が短いので花壇は工夫の必要がある

寒気が来る前に葉が黄色になったら堀あげて乾燥し
0度以下にならない涼しい所で吊るして保存する
小さい球根の木子(きご)でもふやせる
  1. 2009/07/26(日) 22:05:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

池の平湿原の花 Ⅱ
コキンレイカ
コキンレイカ  小金鈴花

撮影時に この花はオミナエシだと思って 枚数を撮影しませんでした・・・
似てるけど ハクサンオミナエシだったんですねぇ~~

「コキンレイカ」 小金鈴花/別名ハクサンオミナエシ
オミナエシ科 オミナエシ属 
山地の岩場などに生える多年草。
黄色い小花を多数付けて咲く。
花のつき方 集散状に茎の先に密につく。 花びら 5裂する。
花の大きさ  5㎜  葉の形 対生し、掌状に3~5中裂する。
茎の高さ 20~60㎝    花期 7~8月

グンバイヅル1
グンバイヅル  軍配蔓

小さな花ですが 良く見ると キレイな花の形をしています。

グンバイヅル 軍配蔓 オオバコ科 (以前はゴマノハグサ科) クワガタソウ属

本州中部地方の温帯域に分布。
山地の礫地に生える多年草。茎は地上を這い、節から根を出す。
葉は対生、短い葉柄があり、円形~卵円形、長さ1.5~3cm
やや厚く、光沢がある。葉縁には細かな鋸歯がある。

花期は7~8月。葉腋から高さ6~13cmの花茎が直立して生じる。

シラネニンジン
シラネニンジン  白根人参

シラネニンジン (白根人参) Tilingia ajanensis
セリ科 シラネニンジン属

亜高山~高山帯の草地や湿原に生え、茎の高さは5~40センチ。
茎先の複散形花序に、直径2~3ミリの白色の花を多数つける。
総苞片、小総苞片がある。

葉は2~3回羽状に細かく裂け終裂片は広卵形で、ニンジンの葉に似る。
葉柄の基部は赤みを帯びた鞘状。

タカネシュロソウ1
タカネシュロソウ  高嶺棕櫚草

タカネシュロソウ  ユリ科 

高山植物の中には目立つものもあれば目立たないものもある。

目立つものは色も鮮やかで見た目にも美しい花が多いが
目立たないもいのはどちらかと言うと地味で色もパッとしないものが多い。

タカネシュロソウは茶褐色をしているので、あまり目に付かない花だ。

しかし花をじっと観察してみると美しく調和の取れた花に感動するだろう。
高原に咲くシュロソウと比べると丈も低く(20~40cm)
いかにも高山植物らしい姿になっている。

  1. 2009/07/26(日) 21:49:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

池の平湿原のお花シリーズ Ⅰ
イブキジャコウソウ
イブキジャコウソウ  伊吹麝香草

イブキジャコウソウ(伊吹麝香草)  シソ科  
学名:Thymus serpyllum subsp. quinquecostatus
花期:春

伊吹山に多く,全体によい香りがあることから名付けられました。
「草」という名前ですが,これは草ではなく植物学的には「木」です。
石垣の間などに植えられたものが枝を出して繁茂し
全体を覆っているのを見かけます。

イタドリ
イタドリ  虎杖

わが国の各地をはじめ、朝鮮半島や台湾に分布しています。
山野にふつうに生え、高さは50~150センチになります。

根茎は長く地中
這い、春にタケノコ状の芽をだします。
これは酸っぱいですが食用になります。
6月から9月ごろ枝先に複総状花序をつけ、小さな白い花をいっぱい咲かせます
大阪での呼び名は「スカンポ」です。
また根茎は虎杖根(こじょうこん)として、漢方薬に用いられます。

タデ科イタドリ属の多年草で、学名は Reynoutria japonica。
英名は Japanese knotweed

オオヤマフスマ
オオヤマフスマ  大山衾

オオヤマフスマ  ナデシコ科

非常に小さな花です。 花径1cm以下
山地の草原や道端に咲く多年草。
花径1センチにも満たない5弁の花は、いかにも野の花。
他の植物の合間を雑草の如く地を這い、白い花を立ち上げる。
雄しべは10個、花柱は3個。茎は細く、先にいって分枝する。
葉は対生し、楕円形~長楕円形で長さ1~2センチ。

オトギリソウ
オトギリソウ  弟切草

街で春によく見掛ける 未央柳や金糸梅の原種

オトギリソウ Hypericum erectum (オトギリソウ科 オトリギリソウ属)

オトギリソウは日本全国、樺太南部・朝鮮にも分布する多年草。
ススキ草原や林縁などの草地に生育する。

茎は高さ50cmほどになり、断面は丸い。
夏に直径2cmほどの黄色い花を付ける。
花弁・顎には黒点と黒線がはいる。
葉は対生して先端に至るほど幅が狭くなり、黒点がめだち、特に縁には多い。

和名は、秘伝の薬草の名前を他人に漏らしてしまった弟を兄が切った時の
返り血がこの黒点であるとの意味。
止血・傷薬などに薬効があるとされ、民間薬として使われる。

  1. 2009/07/26(日) 21:28:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

マツクシソウ2

マツムシソウ

マツムシソウ3

マツムシソウ4
マツムシソウ  松虫草

今回の目的だったお花ですが ちょっと時期が早く 
まだ群生にはほど遠かったです。

昔 霧ケ峰にも この花は群生しててキレイだった記憶があります。
最近 園芸店で 西洋松虫草(スカビオサ)で売られてますが
やっぱり 本物の 野に咲いてる 松虫草の方が格段にキレイですね!

マツムシソウ Scabiosa japonica (マツムシソウ科 マツムシソウ属)

マツムシソウは北海道から九州に分布する多年草。
ブナ帯などの山地草原に生育する。
草丈は高さ50~90cmで美しい淡青紫色の花を咲かせ、草原の初秋をいろどる。

花は長い柄の先端に形成され、多くの花が集まった頭状花を形成する。
花序の直径は4cm前後で総苞片は線状。

マツムシソウの名前の由来は、マツムシの鳴く頃に咲くからであるとのこと。
真偽の程は別として、初秋を感じさせる花である。
  1. 2009/07/26(日) 21:22:06|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

シャジクソウ

シャジクソウ1

シャジクソウ4
シャジクソウ  車軸草

一瞬 草藤かなぁ~って思いましたが 同じマメ科の花で シャジクソウ
この花は クローバーなんかと同じ仲間なんだそうです。
あまり背が伸びず 地面を這うように成長します。

シャジクソウ(車軸草)
マメ科シャジクソウ属の多年草
シャジクソウ(車軸草) は、夏、頭状花序に多数の赤紫色の
細長い花弁を付けるマメ科シャジクソウ属の多年草です。
放射状に出る3~6枚の小葉(掌状複葉)を車軸に見立てて命名されました。

マメ科シャジクソウ属の花
シロツメクサ(白詰草)、 アカツメクサ(赤詰草)、 クリムソン・クローバー'
ストロベリー・キャンドル'、 シャジクソウ(車軸草)

一般名:シャジクソウ(車軸草)
学名:Trifolium lupinaster
科属名:マメ科シャジクソウ属
原産地:日本、東アジア   草丈:30cm
花色:桃・赤    開花期:6~8月
  1. 2009/07/26(日) 21:15:03|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ハクサンフウロ

ハクサンフウロ1

ハクサンフウロ2
ハクサンフウロ  白山風露

ノハナショウブの次に目立って多く咲いてたピンクの 花径3cmほどのお花
この花は 地元のパンフレットにも紹介されてます。
もう 駐車場の脇にも 沢山 咲いてました。

ハクサンフウロ 【白山風露】
フウロソウ科の多年草。高山草原や高地の湿原に生える。
根生葉は長い柄で束生し、掌状に5裂してさらに細裂する。
茎は高さ10~50センチメートル。やはり5裂して細裂する茎葉を数対対生する。

夏に茎頂に1~3個の淡紅色5弁の平開する花を付け、花弁の上面に
数本の濃色の筋がある。アカタマフウロ。

科名 フウロソウ科
薬効 食中り、下痢止め、胃腸病に効果があります。
  1. 2009/07/26(日) 21:09:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アヤメ1

アヤメ3

アヤメ4
ノハナショウブ  野花菖蒲

今日は朝から ムチャクチャ暑かったです。
けっこうの強風が吹いてましたが 全然 涼しくなく 熱風って感じでした。
こんな暑さじゃ 親も子供は外で遊べとは 言えないですねぇ~~

今日は午後から 昨日撮影した 写真の整理と名前検索をして過ごしました。
山野草は 簡単に名前がわかる種類と 中々 探せないのと極端に分かれます

今日で ほとんどの名前はわかりましたが 4つ 名前不明があります・・・

池の平湿原で この時期 一番 咲いてて群生を作ってたお花。
地元のパンフでは 単にアヤメって書いてありましたが 調べたら
野花菖蒲だって判明


ノハナショウブ(アヤメ科)[野花菖蒲]
ハナショウブの原種。
山野の湿地や草地に群生し、茎は高さ0.5-1.2mになる多年草。
園芸品種として人気の高い花菖蒲はこの花を改良して作り出されたものだ。
花菖蒲は江戸時代から改良が重ねられ、現在では五百を超える品種が
あるといわれている。

カキツバタやアヤメと似ているが、カキツバタの外花被片には白い筋が
アヤメはその名のとおり綾目の模様が入るのに対し
ノハナショウブは外花被片の基部に黄色の筋が入ることで区別できる。
長い改良の歴史を経た花菖蒲もこの特徴は失われていない。
花期:6-7月
  1. 2009/07/26(日) 21:03:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ニッコウキスゲ2

ニッコウキスゲ5

ニッコウキスゲ3

ニッコウキスゲ
霧ケ峰 ニッコウキスゲ

二時ごろに 池の平湿原を後にし 霧ケ峰経由で 帰宅したので
延々 車の運転は 11時間以上・・・
八王子から まあ渋滞だったので 相模湖経由で帰宅しました。
今日は 疲れたぁ~~~ 池の平から地蔵峠もシャトルバスを待つのがイヤで
徒歩で 下ったし。。。

流石 霧ケ峰は ニッコウキスゲの名所だけあって 物凄い数の花が咲いてます。
地元に いた頃は 大して興味もなかったのですが すごい数の群生でしょ?

ニッコウキスゲ  日光黄菅

ユリ科の多年草 ゼンテイカ(禅庭花)ともいう 
地下茎は短く、多数あり、肥厚する部分がある。
花茎は直立し高さ40~70センチメートル。

6~8月、茎頂に総状花序をつける。
花は橙黄(とうこう)色、漏斗(ろうと)形の6弁花で弁先がやや反り返り
包葉は狭卵形。本州中・北部の海岸低地から高山帯下部の湿潤な草原に生え
霧ヶ峰、尾瀬ヶ原と飯豊(いいで)山(新潟・福島・山形3県の県境)
の群落は有名である。
  1. 2009/07/25(土) 22:59:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

池の平湿原5

池の平湿原

池の平湿原1

池の平湿原2
池の平湿原

今朝は 早く起きて5時過ぎには家を出ましたが なんせ横浜→関越
は非常に 道路事情が悪い・・・
更に 本庄インター付近で 2時間以上の事故渋滞・・・結局 到着が10時過ぎ

一応 用心深いので 長袖やセイーター、ウィンドブレーカーを背負って行きましたが
案の定 寒くて 長袖にベストを着るくらいの気温でした。

お花は 流石 花が咲くものだけでも620種以上あるってうたい文句通り
沢山 撮影しました。 格別 変わった種類はなかったですが
沢山 咲いてるので 撮影枚数も必然的に 増えます。

明日 整理も大変です・・・
  1. 2009/07/25(土) 22:51:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

アサガオ1

アサガオ

アサガオ
アサガオ  朝顔

7月24日の誕生花  朝顔  花言葉 「偉大なる友情」

高温多湿を好み、乾燥や病害虫に強い種です。
わが国で栽培されるアサガオの9割が、日本アサガオで占められています。
花の色は非常に多彩で、青、紅、ピンク、白、紫、茶と様々です。
 
最近は大輪花に人気があり、その品種には行灯仕立てや垣根に適した
浜シリーズや暁シリーズ、切り込み仕立て用の相模シリーズなど多数あります。
その他、ツルが伸びない矮性アサガオ(サンスマイル)、小輪種のツバメアサガオ
キキョウ咲きアサガオなどの品種があります。

7月はじめから10月上旬くらいまで花が咲きます。
明けがたの午前1時頃から咲きはじめ、9時頃にはしぼみます。
  1. 2009/07/24(金) 21:23:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

早くアップしないと・・・シリーズ32
ラバテラ バイカラー
ラバテラ バイカラー

ラバテラ  アオイ科   ラバテラ属
宿根草、低木

開花時期 3~7月

ラバテラは、一年草のハナアオイがよく栽培されますが
ここでは、宿根草の品種を取り上げています。
寒さに強く、家の南側の暖かい場所に植えておいたところ
冬の間も生育を続け、3月初めに早くも花を付けていました。

背丈 1~2mほどになります。

ユーフォルビア バローシルバー
ユーフォルビア・バローシルバー

ユーフォルビア(耐寒性品種)  Euphorbia

個性的な花姿はお庭のポイントに人気 デザイン的に上級者向けの草花です~

トウダイグサ科 耐寒性多年草または低木 原産地:地中海沿岸またはヒマラヤ
(ガーデンユーフォルビア)

※ユーフォルビアの仲間は葉や茎を傷つけると乳液が出ます。肌の弱い方は
 かぶれることがありますので、お手入れの際は手袋などを忘れずに!

リシマキア アトロパープレア1
リシマキア・アトロパープレア

宿根草リシマキア アトロパープレア
Lysimachia atropurpurea 

サクラソウ科 花期;初夏 草丈;40cm
耐寒性;強い 耐暑性;中 日照;半日陰   原産地;北アメリカ

銀色ががった美しい葉に軸が赤く クリムソンレッドの花とのコントラストが
とても美しい 花後切り戻すと再び開花する
乾燥を嫌う

シルバーリーフに伸び上がる黒味がかったワイン色 の花がクラシカルな
色合いでおしゃれな姿です
バラの最盛期に咲く花ですのでローズガーデンの 添花にもきれいです
特に淡いピンクや白いバラとの色合わせは 相乗効果で美しいです
  1. 2009/07/24(金) 21:00:06|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

フウセントウワタ

フウセントウワタ1
フウセントウワタ  風船唐綿

そう言えば 去年 この花の種子を取って来てあったのに 蒔くのを
忘れました・・・どこに しまったのかな?

この植物は 花もユニークですが 出来る風船状の果実も面白いですね。
まるで フグリのような 綿が詰まった風船が 出来ます。

フウセントウワタ(風船唐綿)  Gomphocarpus fruticosus (L..) R. Br.
ガガイモ科/常緑低木

とげとげのある、緑の風船のようにふくらんだ果実が面白い。
花からは想像もつかない果実の形だ。

原産地 南アフリカ。日本へは1936年頃入ったといわれ
最初はフウセンダマノキ(風船玉の木)という和名で紹介された。

熱帯の各地で野性化し、切花用に栽培されるが、少し寒さに弱い。
温室で栽培すると春に開化し、夏には果実がつく。

高さ1~2mくらいになる。長さ10cmほどの細く長い葉は対生。
茎の切り口から白い乳汁がでるのはトウワタと同じ。

夏に白色の小さい花をつけ、秋にはの風船のような果実をつける。
  1. 2009/07/24(金) 20:51:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

宿根ひまわり
宿根ひまわり  朝日山

この宿根性のひまわりは 非常に混同し易い花です。
みんな 花径が 5㎝くらいの花ですが 科が違います。

宿根ひまわり 朝日山  キク科の宿根草
花時期は6月~9月 草丈50~120cm

夏の花というイメージが強いひまわり。
太陽を追いかける大きな花は、豪華で強い印象を与えます。
輝くような鮮やかな花色で周りの雰囲気を明るく彩ります。
朝日山は宿根性のヒマワリ。花の真ん中も花びら状になる豪華な品種です。
まるで小さな勲章のようなかわいいひまわり。宿根性なので来年も楽しめます!

日あたりのよいところに植えてください。水はけのよい土が適しています。

姫ひまわり 丁字
姫ひまわり  丁字咲き
姫ひまわり

姫ヒマワリ1
姫ひまわり  別名 キクイモモドキ


姫向日葵(ヒメヒマワリ)
キク科  多年草  花期  6月~9月

ヒマワリは一年草ですが、姫ヒマワリは多年草です。
株分けで増やしますが、種が飛んで、あちこちから生えてきます。

花粉も落ちず、切り戻しをすると、6月から10月くらいまで咲き続けます。
切り花の持ちもよく、花の少ない真夏に咲くので、重宝します。
  1. 2009/07/24(金) 20:36:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ジャスミン特集
キソケイ1

キソケイ
キソケイ  黄素馨

ジャスミン系のお花が貯まったので ちょっとした特集になるのかな?

キソケイ  モクセイ科 / 常緑低木 / ヒマラヤ原産

開花時期は5月。
ジャスミンに近縁で、初夏にジャスミンに似た形の小さく可憐な黄色い花を着ける。
垂れ下がる樹形が特徴的で、傾斜地や石積みなどによく合う。
公園や一般家庭での植栽は珍しい。

日当たりを好むが、ある程度の半日陰には耐える。
放任しても高さ2メートル程度にしかならず、比較的育てやすい。
剪定は基本的には行う必要がないが花後に邪魔になった枝を間引く程度で良い。
また、軽く刈り込んで育てることも可能。

マツリカ

マツリカ1
マツリカ  茉莉花

マツリカ 茉莉花 (アラビアジャスミン)  Jasminum sambac
モクセイ科 ジャスミナム属  常緑性低木 
花期/初夏~秋  草丈/つる性(流通時は直立した状態が多い) 日当たり/日なた
花のサイズ:2cm
 
ジャスミンティーの原料 マツリカ(ジャスミン)
ふわりとかおる純白の清楚な星型の花
香料としてのジャスミンの香りよりも やわらかく ゆったりとかおるマツリカ
香りは遠い記憶もいざなってくれるとか

ハワイアンレイフラワー
ハワイアンレイフラワー  ホワイトローズピカケ

ハワイアンレイフラワー ホワイトローズピカケ
八重咲きジャスミンの花 

マツリカ、茉莉花、Jasminum sambac ジャスミナム サンバク

ハワイでは、ピカケ(ハワイアンフラワー)としてレイなどに 使用されているようです。
モクセイ科 ソケイ属 つる性常緑低木
花は食用、薬用、香水の原料として使用されています。
ジャスミンティーにも使用可能で、鎮静効果や抗うつ作用があり、

アロマテラピーとして使用され癒し効果があるとされています。
濃く抽出したお茶は、下痢や腹痛にも効果があるとされています。

  1. 2009/07/24(金) 20:13:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ピンクリョウブ

ピンクリョウブ1
アメリカリョウブ  ピンクスパイヤー

今朝は 朝から横殴りの大雨で ビックリしましたが 
昼間はまた晴れたり小雨が降ったりの不安定な一日でした。
晴れると 一気に蒸し暑くなるので 小雨の方がまだ マシって感じでした。

今週は 雨が多く 夏枯れでお花の在庫も減ってきたので
明日は 小諸の 「池の平湿原」に 高原植物を探しに行って来ます。
果たして 説明文のように 沢山の高原植物に 出会えるでしょうか?
お楽しみにぃ~~。

http://www.tomikan.jp/yunomaru/y_map2.html

アメリカン・リョウブ ピンクスパイヤー
リョウブ   花木/リョウブ

分布:北海道南部から九州、朝鮮
学名:Clethra barvinervis Sieb. et Zucc.
分類:リョウブ科リョウブ属の落葉高木

山野に自生する落葉中低木で、立性の樹形と白い花、太くなると
シャラのような模様が出来るのが特徴です。

アメリカリョウブにはピンク色の花を咲かせる「ロゼア」や白花で芳香がある
「ハミングバード」などの園芸品種があります。
  1. 2009/07/24(金) 19:56:37|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クレマチス 籠口

クレマチス 籠口1
クレマチス 篭口

7月23日の誕生花  酔仙翁  花言葉 「強い気持ち」
ですが 酔仙翁は 赤 八重 白 みんなアップしてるので
先週 新たに購入したクレマチスのロウグチってお花を!

これで うち10種類のクレマチスが揃いました♪
プリンセス・ダイアナが欲しいのに 中々 安く売ってません・・・
このロウグチは 880円で購入~~♪

クレマチス:篭口(ロウグチ)(インテグリフォリア系)
イングティフォリアとレティキュラータの交配種で、四季咲き性です。
新梢の側枝に次々と青紫色のベル型の花が咲きます。花芯は黄色です。

咲き終わった花を摘み取ると、次々に花を咲かせます。
耐寒性、耐暑性が高い強健種で、生育が旺盛です。
鉢植えにも庭植えに向きます。茶花としても人気があります。
つるなしで育てやすいので、初心者の方にはおすすめの品種です。

キンポウゲ科の耐寒性多年草(木立性)
草丈:1.8~3m   花径:3~5cm  花色:青紫色
開花期:5~10月
植付け適期:9月半ば~10月と2月~3月が最適、または4月~7月に
  1. 2009/07/23(木) 20:55:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ヤナギバルイラ草1

ヤナギバルイラ草2

ヤナギバルイラ草
ヤナギバルイラソウ  柳葉ルイラ草

南洋のお花ですが これも関東地方で育ち 半ば野生化してるのもあります。
撮影場所には 近所同士で分け合ったのか どの家にもこの花が咲いてました。

ヤナギバルイラソウ(柳葉ルイラ草)
学名:Ruelllia brittoniana Leonard(ルエリア)
別名:ルエリア・スクアローサ 、コモン・ルエリア(Common ruellia)
科属名:キツネノマゴ科ルイラソウ属
原産地:メキシコ
草丈:60~90cm 開花期:4~10月 花径:5cm

ヤナギバルイラソウ(柳葉ルイラ草) は、春~晩秋まで長期間、葉腋から
花茎を出してその先に紫色の一日花を咲かせる半耐寒性常緑小低木です。

ヤナギバルイラソウ(柳葉ルイラ草)の花冠は、5つに深く切れており
花弁に多数の皺が見られます。
花が終わると萼と雌しべを残して、花冠がそっくりそのまま落ちます。

花後に莢が出来て、中には茶色い種子が沢山入っています。
葉は柳の葉に似て細長く、緑色の葉には紫色の葉脈が走ります。
  1. 2009/07/23(木) 20:39:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

琉球エビネ
琉球エビネ (夏エビネ)

普通のエビネは もう終わりましたが この琉球エビネは夏に咲くので
夏エビネとも言われます。

エビネは、ラン科エビネ属(カランセ)の植物で、 日本(琉球諸島)
中国南部~東南アジア・インド・ヒマラヤ・オーストラリア東北部など
広範囲に分布し、約100種程が知られています。

そのうち、日本には約20種が自生しています。
亜熱帯の沖縄には、ツルラン・オナガエビネ・リュウキュウエビネ
ヒロハノカラン・カツウダケエビネ・スズフリエビネ・トクサランなどの
希少なエビネ属が自生しています。 

カランセ(エビネ属)とは「美しい花」という意味を持っています。

テイキンサクラ
テイキンサクラ

テイキンサクラは 八重山でも撮影したし 植物園の温室でも撮影しましたが
ビックリ 今 耐寒性のある種類が出来て 園芸店でも売られてます。

ヤトロファ属・トウダイグサ科
テイキンサクラ・沖縄サクラ
最低温度 :0℃   
繁殖 : 種子・挿木  高さ : 4m

光を好みます。30%遮光すると綺麗なグリーンの色がでます。
暖地では、外のガーデンにて楽しめると思います。
鮮やかなパッションピンクの花が長~く楽しめます!

挿木で簡単に繁殖が出来ます。
鹿児島では、5月から11月上旬まで花が咲き続けます。
  1. 2009/07/23(木) 20:28:37|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

露草 スカイブルー

露草 スカイブルー1
つゆくさ  スカイブルー    露草

土曜日のデジカメ散歩中に かなり探して やっと見つけた スカイブルーのつゆくさ
他にも 白があるようですが 見つかりませんでした。
普通のつゆくさより こっちの方が更に 儚げで 美しいですね。

ツユクサ Commelina communis L. 
        (Commelinaceae ツユクサ科)

ツユクサは至る所の路傍や空き地に生える1年草です。
あまりにもありふれているので、遠くから眺めてツユクサか
と済ませてしまいがちですが、よく見るとなかなか面白いところもあります。
 
早朝の5時頃から開花し、ほぼ午前中には閉じてしまいます。
あまりに短命で、「露の草」と言うことなのでしょうか
それとも朝露に濡れて咲くからなのでしょうか。

別名をボウシバナとも言います。
おそらく、花を包む半円形の二つ折れになった編笠のような苞の形から来た
帽子花なのでしょう。

普通のつゆくさ
露草 ブルー
  1. 2009/07/23(木) 20:22:37|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

夏雪草1

夏雪草
西洋ナツユキソウ  西洋夏雪草

このように雄蕊が 長い花って 案外 多いですね!
調べたら キョウガノコの仲間みたいで 薬効効果がすごい高い花です。

セイヨウナツユキソウ [西洋夏雪草]  別名 メドスイート(英名)
分類 バラ科 シモツケソウ属
原産地 ヨーロッパ、アジア西部、モンゴル
薬用部分 花、葉、茎、根、種
成分 サリチル酸塩、タンニン、フラボノイド、精油(アネトール)他
適用 リウマチ、解熱、胃炎や胃潰瘍、利尿作用、尿酸の排出などに
ハーブティーとして利用。
食用 花にはアーモンドのような香りがありジャムやワインなどの香り付けに
種子は焼き菓子の香料に利用。

染料 刻んで乾燥させた根は、シルクを暗褐色から黒色に染色します。

名前の由来 キョウガノコ(京鹿子:バラ科シモツケソウ属)の白花種を夏雪草と云い
その花姿が似ているので夏雪草の名前を借りて、外国産なので西洋を付けた。
夏に咲く白い雪のような花から夏雪草と呼ぶようになったようです。

ヨーロッパ原産の園芸品種のシロミミナグサ
(白耳菜草:ナデシコ科ミミナグサ属:葉をねずみの耳に見立てた)
の別名は、ナツユキソウとも云うそうです。

  1. 2009/07/23(木) 20:15:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クフェア リラ・ライラック1

クフェア リラ・ライラック
クフェア リラ・ライラック

朝はドンヨリお天気で涼しかったのに 日中は晴れて蒸し暑くなり
午後からは 小雨が降り始めました・・・どうも 陽気は不安定です。
今週は ずっとこんな感じかな?

クフェア リラ・ライラック
去年 変わった花が好きな 北村さん家で撮影し 名前が判らず
検索の結果 「ケープエンジェルだと 思ってたお花

今年 園芸店で発見し 名前が クフェア ライラックって書いてありました。
がぁ~ これも間違い! 正式には 「クフェア リラ・ライラック」
持ち主は クフェアって言ってましたが まさしく クフェアでした。

クフェア 『リラ・ライラック』
Cuphea ' Lila Lilac '
ミソハギ科 クフェア属 非耐寒性小低木
草丈:50cm前後
開花期:4月~11月

日当たりの良い戸外が適していますが、冬の間は室内で管理するようにします。
土の表面が白っぽく乾いたら鉢底から水が流れ出るまで
たっぷりと水を与えてください。
肥料は月に1回程度、液肥を与えるようにします。


去年 撮影のクフェア リラ・ライラック
2008年06月12日_CIMG2896
  1. 2009/07/23(木) 20:08:21|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ホウセンカ

ホウセンカ1
ホウセンカ  鳳仙花

7月22日の誕生花  バーバスカム  花言葉「臨機応変な態度」
ですが この花は観た事がありません。

代わりに さっき話が出た 鳳仙花のお花を。
ねぇ~ ツリフネソウと同じ花が垂れ下がってるでしょ?

ホウセンカ  釣舟草(つりふねそう)科
学名 Impatiens balsamina
Impatiens(インパチエンス)は、ラテン語の「impatient(我慢できない)」が語源。
種子が熟すると勢いよくはじけ飛ぶことから。
開花時期は、 7/ 1頃~ 9/20頃。
夏から初秋にかけて咲く。

インド近辺原産。日本には17世紀頃に渡来。
花を鳳凰(ほうおう)に見立てた中国名。

実は熟してくると、はじき出される。
別名 「爪紅」(つまべに) 昔、鳳仙花の花で爪を染めたことから
  1. 2009/07/22(水) 21:36:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

源平ツリフネ1

源平ツリフネ
ゲンペイツリフネソウ  源平釣舟草

この 花が吊り下がって咲く花は非常に珍しいと思ってたら
ホウセンカも この形にさくんですよね。
インパチェンスは 吊り下がりタイプではありませんが ツリフネソウ科です。

これから 夏になると お山で 黄花や普通の釣舟草は沢山 みられます♪

ツリフネソウ Impatiens textori (ツリフネソウ科 ツリフネソウ属)

ツリフネソウは北海道から九州に分布し、谷沿いなどの半日陰の
湿った場所に生育する。
和名は、花の形とつき方が帆掛け舟を吊り下げたように見えることに由来する。

学名の属名を見て、なるほどと思う方も多いかと思う。
同属の園芸品種にはホウセンカが昔から栽培されてきたが
近年、インパティエンスの名で数種が広く栽培されるようになった。

一般的にインパティエンスとして販売されているのは
アフリカホウセンカ(Impatiens wallerana)であり、ツリフネソウと同様に
半日陰でよく成長・開花する。
  1. 2009/07/22(水) 21:27:39|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ルリマガリバナ

ルリマガリバナ2
ルリマガリバナ  瑠璃歪花

去年 名前検索して覚えたお花なのに 案外 記憶力が良くて
名前を覚えてました。 
花弁の付き方が ちょっと変わってるから 歪花って名前なのかな?

別名 ブロワリア  ナス科 ルリマガリバナ属 
春蒔き一年草
原産地 ペルー、コロンビア  中南米
花期 6月~10月
種まき 4月上~中旬

花径2センチほどでアメリカーナと言う品種です。
シルバーベルズ「美しく開花する」という意味の名を持つブロワリアは
夏らしい色の花

日本へは大正時代の末に渡来したそうです。
  1. 2009/07/22(水) 21:17:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

ぱぱいや

Author:ぱぱいや
.
外回りのお仕事なので いつも珍しい花 キレイなお花がないか注意しながら運転してます♪

街や郊外で見かけた花の便りを毎日 
紹介しようと思ってます。

ブログ内検索

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

最近の記事

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード