FC2ブログ

街の花便り 

季節のお花を紹介してます。

3592.jpg
3594.jpg
3595.jpg
イロハモミジの紅葉 Ⅱ

葉っぱが色づくわけ
<簡単説明>
秋になり日光が弱くなり、気温が低くなると(朝の最低気温が5℃前後)、
葉っぱのつけねのところに壁ができてきて葉っぱから枝の方に養分が
流れなくなり そのため赤や黄色に変わっていく。

<複雑な説明>
木々は冬に近づくと、葉を落とす準備のために 葉と枝との間にしきり(離層)
を作り、そのため 葉っぱのところで光合成でできた糖分は枝に回らずに
葉の中にたまっていく。

一方、気温が低くなると葉の緑色の色素(クロロフィル)が壊れてきて
その下に隠れていた黄色の色素(カロチノイド)が表面に出てくる。

公孫樹(いちょう)などがこの種類に該当する。
また葉に取り残された糖分は赤色の色素(アントシアン)に変わっていき
それが目立つのがこの楓やモミジなどの種類である。

3590.jpg
スポンサーサイト
  1. 2009/10/31(土) 18:40:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

3581.jpg
3580.jpg
3578.jpg
3579.jpg
イロハモミジの紅葉

流石 富士山麓の 紅葉は見事です。
街中では 絶対に こんなに赤くなりませんね!
これを 見れただけでも まあ 今日は早起きした甲斐があったかもね♪

イロハモミジ  カエデ科  学名:Acer palmatum
別名:イロハカエデ(いろは楓),タカオカエデ(高雄楓),コハモミジ(小葉紅葉)
花期:春

単にモミジといえばこれを指すことが多いし,秋に紅葉したモミジをみれば
イロハモミジだといえば間違いないかも知れません。

別名のタカオカエデ(高雄楓)は京都の高雄に多いことからによります。

  1. 2009/10/31(土) 18:31:07|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

富士 2
富士 3
富士 4
富士山麓 一周ドライブ

今日は お天気が良さそうなので 早朝6時に家を出て 御殿場から山中湖
河口湖 西湖 朝霧高原 富士市 御殿場って 一周して来ました。

メインは 去年 紅葉台から 徒歩10分の 三湖台って場所で
ここからの富士山の眺めは 素晴らしかったので 今年も行ってみました。

がぁ~~!!!  御殿場に着いた時は 快晴で 富士山がクッキリ♪
でも 三湖台をしってるので 途中下車して撮影せず 山中湖まで一気

紅葉台の車道は ガタガタ未舗装で心配してましたが これは大丈夫でした
でも 三湖台から 9時ごろに見る富士山は 逆光になるんです・・・
去年は 昼過ぎだったから 逆光は 考えもしませんでした。

朝霧高原からも 朝は逆光・・・朝のうちに 東側 御殿場から撮影しておけば
良かったですねぇ~~

今日は 大変 勉強になりました。

富士山麓 ススキヶ原
ススキが原
  1. 2009/10/31(土) 18:23:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

10月31日の誕生花
桔梗
桔梗 ピンク
キキョウ  桔梗

10月31日の誕生花  桔梗  花言葉 「変わらぬ愛」

桔梗は秋の七草で秋のイメージが濃いですが 初夏から咲く花です。

キキョウ(桔梗) Platycodoc grandiflorus
キキョウ科 多年草 
別名 キチコウ(桔梗)、アリノヒフキ(蟻の火吹き)  

古くから栽培もされて日本人に親しまれてきた。
花を鑑賞するほか、根は薬草とし、また家紋や工芸品等の図柄にも多用された。
英名 balloon flower, Chinese bellflowers。
山野の日当たりのよい草地に自生。  草丈は60~100cm。

6~9月にかけて茎先に青紫色の花を咲かせる。
園芸品種は紫のほかに白やピンクもあり、また八重咲きもある。
  1. 2009/10/31(土) 18:08:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大文字草 家
ダイモンジソウ  大文字草

この花も 今 園芸種が増えて 数限りなく種類がいます。
その中から 厳選して 購入した 我が家の ピンクの八重咲き大文字草です。

大文字草は ユキノシタの仲間ですが 変化がしやすいため品種が多いです。

大文字草(ダイモンジソウ)  

大文字草の名前は、漢字の「大」に似た形の花を咲かせることからです。
分類としては、ユキノシタ科に属します。

小さい花ですが、そのひっそりとした控え目なたたずまいの中に
暗く湿った場所に生えて生き抜く強さを感じさせる、非常に風情のある草です。

大文字草 各種
大文字草
大文字草2
069.jpg
097.jpg
  1. 2009/10/30(金) 21:28:40|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ヤツデ
ヤツデ1
ヤツデ  八手

うちのには ど真ん中に どこからやって来たのか 八手の木が生えてます。
去年 かなり切りましたが 今 また増え始めてます。

この花も 変わっていて 両性花―雄性
花が オス→メス→オスって 変化するそうです。

ヤツデ〈八手/別名テングノハウチワ〉 花期は11~12月。

暖地の海岸から林内に生える高さ1~3mの常緑低木。
雌雄同株。葉は互生。枝先に集まってつく。

葉身は直径20~40㎝と大きく、掌状に深く7~9裂し
裂片のふちには粗い鋸歯がある。質は厚くて光沢がある。
枝先に球形の散形花序を円錐状につけ、白い小さな花を多数つける。
上部の花序には両性花、下部の花序には雄花がつく。

ヤツデは自家受粉を避けるため、早く咲いた花が雄性花から雌性花に変わり
下の方の雄花が開花する。
                    
  1. 2009/10/30(金) 21:20:20|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

オンシジューム
オンシジューム1
オンシジューム

蘭の花は これから多く出回ります。
中でも このオンシジュームは この黄色が目立ちますね。
今 この花も 品種改良種が豊富で 色も大きさも沢山の種類があります。

オンシジューム(オンシジウム)  ラン科/オンシジウム属
【和名】 群雀蘭(むれすずめらん)  【別名】 バタフライオーキッド
【原産地】 熱帯、亜熱帯アメリカ  【水揚げ】 水切り

非耐寒性多年草。

属名は、ギリシア語の『Ogkos(瘤:こぶ)』に由来し
唇弁の基部に瘤のような突起あることから名づけられたようです。

花の大きさは小~中輪程度、唇弁が際立って発達しているものが多く
長い花茎にいくつもの花を総状あるいは円錐状につけ
無数の蝶が宙ぬ舞飛ぶような姿から、英名『バタフライ・オーキッド』
スカートを広げて女性が踊っているように見えることから
『ダンシングレディ・オーキッド』といわれているようです。

2万種以上あるラン科の植物の中で、もっとも割合を占めているのが
オンシジウム属で、原種だけでもおよそ400種類があるといわれています。

花色の多くは黄色ですが、白、紫、緑黄色などもあり
赤褐色の斑紋が入っているのもあります。



  1. 2009/10/30(金) 21:11:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コハマギク
コハマギク  小浜菊

神代植物園 山野草展で撮影しました。
昨日 浜菊をアップしましたが それより小型 生息地は似てるそうです。

コハマギク  Chrysanthemum yezoense Maekawa
キク科キク属

北海道から東北地方太平洋側の海岸に生える多年草です。
草丈は低く、花は大きく、まるで高山植物のような形態をしています。
分布が少し重なるハマギクは亜低木になるのと対照的です。

この低い草丈を利用して、庭園のグランドカバーに利用されています。

金華山小浜菊
金華山 コハマギク
  1. 2009/10/30(金) 21:00:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エンジェルラベンダー1
エンジェルラベンダー
アンゲロニア  (エンジェルラベンダー)

今日は 暑かったですねぇ~~ 日中は半袖で充分でしたし 夕方になっても
寒くないのは 久しぶりでした。

先週から お仕事が忙しく 残業続き 帰社してから 現場のお手伝いも
しないといけないので 疲れました。
明日は 富士山麓の紅葉台に 富士山&紅葉見物に行こうと思ってますが
朝 早くに起きれるかなぁ~~~? 日曜はお天気 崩れるそうです・・・

アンゲロニア  エンジェルラベンダーって品種改良種が今 主流です。

アンゲロニア ゴマノハグサ科  常緑多年草(春まき一年草扱い)  
中央アメリカ原産  大きさ 背丈25~60cm  横幅25~40cm
主な見所 花(5~10月)

種類がいくつかあり、耐寒性の強いもの(A. angustifolia)と
弱いもの(A.salicariifolia)がありますが、それらの交雑種もあり
店頭で区別はほとんどされてないようです

ゴマノハグサ科特有の花を穂状に咲かせます。
花の形に特徴があるものの花は小さめで、遠目から見ると爽やかな印象です。
花色は青紫やピンク、白などです

葉は濃緑でやや細長く、株は根元から枝分かれして自然にまとまります
高温多湿に強く、夏の花壇にとても使いやすいので流通量も増えているようです
  1. 2009/10/30(金) 20:54:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

10月30日の誕生花
ワレモコウ2
ワレモコウ4
ワレモコウ  吾木紅

10月30日の誕生花  ワレモコウ  花言葉 「移りゆく日々」

今朝は太陽が出ていますが 1日から大荒れで注意報が出ています。
明日 ギリギリお天気が持ってくれると お出かけ出来るのですが・・・
曇ると その後の大荒れで 紅葉が台無しになっちゃうかも?

ワレモコウ  バラ科   ワレモコウ属
学名 Sanguisorba officinalis(吾木香)
:
秋の高原で咲く 暗赤色の丸い花穂がおもしろい。
丸いダンゴのよう。
秋の十五夜のお月見には薄(すすき)とともに欠かせないもののようです。

いろんな漢字があてられる。
「吾木香」 わが国(日本)の木香の意で、根が木香に似ているから。
ここでいう「木香」とはインド原産の菊科の根のことで、強い芳香があり
健胃剤、防虫剤としても使われる。

「吾亦紅」 和歌、俳句などで一般に使われる。 われもまた紅い、との意味。

「割木瓜」 「木瓜(もこう)」は鳥の巣と卵を表した漢民族の丸い模様のことで、
ワレモコウの小花の形が、割れ目を入れた木瓜の模様に似ているから。

根を乾燥させたものを、漢方では「地楡(ちゆ)」と呼び、止血剤とする
  1. 2009/10/30(金) 07:56:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

ハキダメギク
ハキダメギク1
ハキダメギク  掃き溜め菊

可愛そうな名前を付けられた この花も春と秋に両方咲きます。
植物学者って ちょっと センスがない人が多いかも?
けっこう 安直な名前や 可愛そうな命名が多いですよね。

ハキダメギク キク科 一・二年草 白 5枚(裂 春~秋

熱帯アメリカ原産の帰化植物、畑地など肥料分の多い土地に多く生え
背丈20-50cmほどになる一・二年草。
茎は2分岐をくり返し、葉は対生し卵形から卵状披針形で波状の浅い鋸歯がある。

花期は5-11月、上部の枝先に直径約5mmほどの白色5弁花を1個ずつ付ける。
小さな花弁だが、その先が更に3裂している。

キク科コゴメギク属と云う事で、コゴメギクと良く似るらしいが
HPや図鑑の情報が少なく、区別が判らない。

ハキダメギクの銘々は、有名植物学者が
掃き溜めで始めて見つけたからだとか。
  1. 2009/10/29(木) 20:59:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

イヌサフラン 八重
イヌサフラン 八重1
イヌサフラン 八重

ちょっと時期が遅れましたが 犬サフランの八重咲きを発見しました♪
こちらの方が だいぶ派手ですね。

地面から直接花茎が伸び、大きな花が咲いています。
花が咲く時に葉はなく、サフランに似ているけど違うので犬だそうです。

ギョウジャニンニクやアマドコロと間違えて食べ、食中毒事故を起こしています。

イヌサフラン【犬サフラン】 ユリ科 イヌサフラン属の多年草。
ヨーロッパ原産。観賞用・薬用

開花時期 9~10月、地下の球根から、淡紫色の花だけを開く。
花は直径5センチメートル、漏斗状、6弁。春、細長い葉3~5枚を出す。
黒色球状の種子はアルカロイドの1種コルヒチンを含む。 別名 コルチカム

イヌサフラン
イヌサフランq
  1. 2009/10/29(木) 20:53:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ダチュラ コルニゲラ
ダチュラ コルニゲラ1
ヒポエステス・アリスタタ

この花は ちょっと笑えます。
神代の植物園 大温室で撮影しましたが この花の前に「ダチュラ・コルニゲラ」
の名札が 立てられてました・・・
普通 これ ダチュラ・コルニゲラだって思いますよね?

でも ダチュラって朝鮮朝顔の名前なんですよ!
(たぶん この花の上に 木立朝鮮朝顔が咲いてたんだと思う。)

だから 私と同じように 勘違いし ブログにダチュラ・コルニゲラの名称で
張ってる人が 2名います。

今日中に 名前がわからなかったら 神代にTELして 名前を確認します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

案外 簡単に判明しました♪

【ヒポエステス・アリスタタ】 キツネノマゴ科ヒポエステス属

絶対に 憶えられない名前です。

中央アフリカ西部、ナイジェリアやカメルーンなどが原産の常緑多年草です。
高さは1~1,5mほどと、そこそこ大きな植物です。
よく枝分かれして、1株がこんもりしています。

意外や 温室以外 野外でも育てられるそうです。
  1. 2009/10/29(木) 20:43:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハマギク
ハマギク1
ハマギク  浜菊

秋になって お花が減って来た時に 菊の花が目立って来ます。
園芸種も 菊の花は多いですが 野菊系も非常に 種類が多いですね。

今年は なんとか 竜脳菊を見つけたい!
竜脳の匂いって どんな匂いだろう?

ハマギク 浜菊 キク科  Nipponanthemum nipponicum 
属名にも種小名にもニッポンの名が付くのは
動植物ではハマギクと朱鷺だけである。

ハマギクは日本の固有種で、園芸栽培も古くは江戸時代初期の
文献花壇綱目にも登場するほどだ。
 
花は同じキク科のマーガレット等に似ているが、葉を見ると他との違いがわかる。
葉柄がなく、肉厚の葉が特徴。
ツワブキと同様に海岸沿いに咲くが、ハマギクはツワブキとは
反対の北方に分布する。

ケンガイ菊
ケンガイ菊1
ケンガイギク  懸崖菊

ケンガイギクは 菊の花の名前ではなく 盆栽仕立ての方法名
「懸崖」とは幹や茎が根よりも低く垂れ下がるように作られた
盆栽の事だそうです。
  1. 2009/10/29(木) 20:31:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

関東タンポポ
タンポポ1
カントウタンポポ  関東蒲公英

横浜は 朝から曇っていて 一日中 いいお天気とは言えませんでしたが
他の人のブログでは 今日はいいお天気だttみたいですね。

今週は お仕事が忙しく あまり時間が作れず 明日 川口のグリーンセンター
の菊花展を観に行けるか ちょっと怪しいです。
土曜日に 晴れれば 紅葉台に 富士山と紅葉を観に行こうかな?

関東たんぽぽ  キク科 タンポポ属 多年草

西洋タンポポが 増えて 関東タンポポがかなり減ったそうです。
西洋タンポポは 自家受粉ができるのに 関東タンポポは出来ないので
今後 益々 減少傾向に あるかも?

ちなみにカントウタンポポとセイヨウタンポポの見分け方は
花の総苞片というがく片のような緑色の部分を見ればわかる。 
総苞片が反り返らないのがカントウタンポポで、反り返るのがセイヨウタンポポ。

現在は両者の雑種などもあるそうで、それだけでは厳密には
見分けられないそうなのだが、素人の観察レベルでは、それで充分であろう
  1. 2009/10/29(木) 20:23:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

10月29日の誕生花
アメジストセージ
アメジストセージ
アメジストセージ

10月29日の誕生花 アメジストセージ  花言葉 「炎のような情熱」

今朝も曇ってますが 昼間は暖かくなるのかな?
アメジストセージは 最近 2回もアップしてるので 止めようかと思いましたが
朝は 忙しいから 誕生花をそのまま アップします。

アメジストセージ 2種類のタイプがあって 花が白いのと 苞の色と同じの
名前が 色々とあって メキシカンブッシュセージとも言うし
サルビア・レウカンサとも言います。

アメジストセージ 学名 Salvia leucantha   シソ科 サルビア属
花期 6月~10月   花色 赤紫色(花は白または紫)

全体がベルベット状の毛で覆われていて、赤紫色のガクに
白または紫色の花を咲かせる。
大きな株になるので植える場所に注意。冬越えもする。

注意点 日本の高温多湿が苦手なので風通しと日当たりが良いところに植込む。

アメジストセージ2

  1. 2009/10/29(木) 08:03:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

カタバミ&オキザリス特集 Ⅷ
ハナカタバミ1
ハナカタバミ
ハナカタバミ2
ハナカタバミ  花方喰

このハナカタバミも家に咲いてます。 
普通のカタバミより花が大きく 3cmくらいのピンクの花が沢山さきます。
下の写真は お仕事中に 発見した ハナカタバミの群生!
アパートの庭中 咲き乱れてました。
日当たりがいいと この花は 元気に増えますね。

ハナカタバミ (花傍食)  花期…8月~11月

日当たりの良い草むらや道端に生える多年草。
南アフリカ原産で、観賞用に輸入されたものが野生化している。

花柄は15㌢~30㌢になり、花柄や葉柄に細かい毛が密生する。
花は直径約3㌢の淡紅紫色で、花弁には紅紫色の濃い筋が入る。
葯には花粉があり中心部は黄色をする。

繁殖は地下茎の塊茎によって殖え、数年も放置すれば大群落をつくる。
  1. 2009/10/28(水) 21:16:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

カタバミ&オキザリス特集 Ⅵ
オキザリス・フラバ 家
オキザリス・フラバ1
オキザリス・フラバ

家には けっこう オキザリスが多いです。
このフラバも 我が家の花♪ (下の写真は 他の家の庭を撮影しました。)
日当たりのいい場所は 道路側なので フェンスに植木鉢を吊るしてます。

オキザリス・フラバ 学名:Oxalis flava カタバミ科カタバミ(オキザリス)属
南アフリカ原産

夏植えの明るい黄色の花を咲かせるオキザリスです。

花は1茎1花ですが、割と次々と開花してくれます。
植え込むときに少し密植気味にすると良いかもわかりません。

地際に少しだけ茎が有り、それに切れ込みが有りやや肉厚の有る葉が開きます。

カタバミ&オキザリス特集 Ⅶ
オキザリス パーシーカラー1
オキザリス・パーシーカラー3
オキザリス・パーシーカラー

これも 我が家のオキザリスです。 下は 去年 咲いてた時のもの
花弁の縁に 赤いラインが入り 閉じるとらせん状になります。

オキザリス・パーシーカラー
秋植え球根  花期: 10月~4月
花色: ピンク、黄、白  草丈: 10~40cm
球根の植え付け: 7~9月  Oxalis spp. カタバミ科

オキザリスは見た目はか弱そうでも、寒さに割合強く、繁殖力もある植物。

可愛い小花。葉は、普通はクローバー状で、パーシーカラーのは、小さくて細い。

花びらのふちが赤いので、蕾がらせん状に見える。面白い。

  1. 2009/10/28(水) 20:55:26|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

カタバミ&オキザリス特集 Ⅳ
カタバミ
カタバミ
カタバミ  方喰

カタバミの本家本元 元祖! 春にも咲きますが 今 また咲き始めてますね。

カタバミ(傍食)  Oxalis corniculata/カタバミ科/多年草
別名 オイザリス、スイモノグサ(酸い物草)

いたるところ、道ばたでも庭先でも、石の間のわずかなすきまでも生える強い草。

根はゴボウのようにまっすぐ下に伸び、茎は地上を這って多くの枝を出すが
そこから根もでる。葉は互生し、長い柄の先につく3つの小葉はハート形。

花期 5~9月。 葉の脇から花柄を出し、直径8mmほどの黄色い花が咲く。
実は細長い円柱形で、熟すとはじけて種を飛ばす。
仲間にムラサキカタバミ(オキザリス)、ハナカタバミなどがある。
アカカタバミは花の中心に赤い輪があり区別できる。

カタバミ&オキザリス特集 Ⅴ
アカカタバミ
アカカタバミ
アカカタバミ 種
アカカタバミ  赤方喰

赤カタバミは 園芸家にとっては 疫病神的な存在
どこからでも 鉢に侵入し 取っても 取っても生えて来ます。
一番下の写真は それの種 今 種が出来始めてます。

アカカタバミ  Oxalis corniculata f. rubrifolia/カタバミ科
カタバミの1品種で葉の色は暗赤紫色を帯び花の中心部に赤い輪がある。

いたるところどこにでもあるカタバミとは生える環境が違い
敷石の間や砂利の多い所など、乾燥した場所に見られる。
日本全土に分布。
カタバミよりも葉の大きさが少し小さい。葉の色は暗赤紫色を帯びる。
花期:4~9月。
  1. 2009/10/28(水) 20:49:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

カタバミ&オキザリス特集 Ⅱイモカタバミ
イミカタバミ1
イモカタバミ  芋方喰

一番 一般的で この時期 目立つカタバミです。
名前が 良くないですよねぇ~~・・・

この花も 強いので 地植えで 日当たりのいい場所だと 
大きな群生を作ります。

イモカタバミ(芋傍食)   カタバミ科  カタバミ属
学名  Oxalis articulata
別名  フシネハナカタバミ(節根花片喰)
花期  春~秋

南アメリカ原産の球根性多年草で、戦後渡来した帰化植物です。
花が美しいので栽培され西日本を中心に広まっています。

ムラサキカタバミによく似ていますが、ムラサキカタバミは
根に鱗茎ができ花の中心部が淡黄緑色で葯は白色イモカタバミ
は花の中心部は濃紅紫色で葯は黄色、イモのような塊茎によって増えます。

ムラサキカタバミと似てるような表現がありますが 比べると一目瞭然
芋とムラサキは 気品が違います。

カタバミ&オキザリス特集 Ⅲ
シロカタバミ1
シロカタバミ2
シロカタバミ  白傍食

カタバミは春に咲く種類が多いですが 秋にも再開花するのが多いです。
小さな黄色い花がさく 本種ノカタバミは どこにでも侵入してて来て
園芸の大敵ですが シロカタバミとムラサキカタバミは 
花がキレイなので 歓迎です。

シロカタバミ 「白傍食」

道端や空地などに生える低い多年草で
ムラサキカタバミと同じ南米原産の帰化植物。

本種は、イモカタバミの白花をいう

5~6月頃花茎を出し、多数の花をつける。
雄しべの葯はイモカタバミと同じ黄色(ムラサキカタバミは白色)である。
  1. 2009/10/28(水) 20:36:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

カタバミ&オキザリス特集 Ⅰ
オキザリス レグネリー
オキザリス レグネリー1
オキザリス・レグネリー

朝は 昨日と違って ドンヨリお天気でしたが 昼間は晴れて暖かくなりました
毎日 こんなお天気が 続くといいですねぇ~~

先週から ちょっと仕事が忙しくなってきて 
あまりサボっていられなくなりました。
金曜に 川口のグリーンセンターの菊花展に行きたいけど
サボる時間を作れるかなぁ~~?

今日は カタバミ&オキザリスの在庫が増えたので 特集を組みました。

オキザリス・レグネリーは 葉っぱ大きな三角形
葉の色が 紫で 花も うす紫の花が咲きます。 
このお花も 春と秋に両方 開花します。

オキザリス・レグネリー  カタバミ科  学名:Oxalis regnellii
花期:春~秋

黒紫色の大きめの三角形の葉がきれいです。
薄いピンク(赤紫)の花が咲きます。
  1. 2009/10/28(水) 20:29:37|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

10月28日の誕生花
アフリカンマリーゴールド
アフリカンマリーゴールド

10月28日の誕生花  アフリカンマリーゴールド 
花言葉 「絶望を乗り越えて生きる」

昨日は あんなにいいお天気だったのに 今朝はもうドンヨリお天気です。
昨日のようなお天気が続くって事はないのかなぁ~~
毎日 昼間は晴れて 夜に小雨が降ればいいのに・・・

アフリカンマリーゴールド

キク科タゲテス属の一年草で、学名は Tagetes erecta。
英名は African marigold。
開花期:6~10月、遅まき9月中~11月上旬
花の色:淡黄、黄、橙、ゴールド
用途:花壇、切花    耐寒性:弱い

アフリカンマリーゴールドは、マリゴールドのアフリカン種をいい
メキシコ原産のものです。
秋から夏にかけて欠かせられない草花で、花色の変化にやや乏しいが
生育が早く、丈夫で作りやすくて、長い間咲き続け、しかも花型、草姿
草たけの変化に富んでいて、花壇材料として最適のものです。

  1. 2009/10/28(水) 07:52:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

浜田黄金
盆栽菊  浜田黄金
神代桜
盆栽菊  神代桜

お仕事中に お寺で 菊花展をしてたので 立ち寄ってみました。
両方とも 盆栽仕立てで 樹木のように仕立ててありました。

そこの人に 名前を聞いたところ この2つの名前が出ましたが
菊の花の名前が 本当にこうだかは ちょっと怪しいですね。

松の盆栽のように 枯れ木や岩にうまくレイアウトしてあるのもありました
これは これで やり始めたら 夢中になるのもわかりますね。

他にも 大輪菊系のお花も 沢山 ありましたよ。
3542.jpg
3536.jpg
  1. 2009/10/27(火) 21:03:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ポンポンキク
ポンポン菊

正式名称は たぶん ガーデンマム 或いは ポットマムだと思いますが
このように 丸く咲くのは ダリアも含めて ポンポン咲きって言いますよね?

秋は キク科のお花のシーズンなので この先も キク科のお花は
沢山 アップすると思います。
大輪咲きなんかも もう何点か 撮影済みです。

キク科のお花は 秋に多いですが 一気にアップすると 在庫も
心配だし 飽きそうなので 徐々にアップしますね。
  1. 2009/10/27(火) 20:55:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ガザニア ソフトクリーム
ガザニア

この花も この時期 よく見掛けるお花です。
日向を好み 地植えすると かなり増えます。
上の左が 品種名 ソフトクリーム 上の右は バナナパフェってな
美味しそうな 名前が付いてます。

ガザニア [学名:Gazania splendens hort.] キク科の半耐寒性の宿根草

寒地では一年草として扱う。
南アフリカに24種分布し、アフリカンデージー(クンショウギク)の名で
よく栽培される。

葉は根際から多数出て、披針(ひしん)形であるが羽状葉もあり
表面は濃緑色で裏面は白色。
6~9月、径7~8センチメートルの菊状花を次々と開く。
花色は黄、乳白、橙(だいだい)、鮮紅色などで、中心に黒褐色の斑が入る。
曇天や夜間は花は閉じる。
  1. 2009/10/27(火) 20:48:37|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ガーベラ
ガーベラ ミニ

ちょっと 珍しいガーベラでしょ? 色も各色揃ってます。
背丈が 15cmくらいしかないのに お花は8cmくらいで 矮性種ですね。
最近の 鉢植え用のガーベラは どれも 背が低いタイプです。
切り花は 背が高くなるのを 使ってますね。

.(全1件)
ガーベラ  [学名:Gerbera]  キク科の半耐寒性多年草

アジア、アフリカの温帯および熱帯の原産で、日本へは明治末年に渡来した。
日本の山野に自生するセンボンヤリもこれに属する。

葉は根際に密生し、葉柄は10~15センチメートル、葉身は15~30センチメートル
葉縁は品種により浅く裂けるもの、深く裂けるものなど違いが大きく
表面は深緑色で毛はないが、裏面には綿毛がある。

5月に地際から10~50センチメートルの花茎を数本伸ばし
先端に径約10センチメートルの花を1個つける。
  1. 2009/10/27(火) 20:42:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3509.jpg
3545.jpg
富士山がぁ~~♪

今日は 台風一過で ビックリするほどの青空 空気も澄み切ってました♪
昨夜 寝る前は まだ 雨が降ってたので 朝 いいお天気でビックリしました。

今日は 台風一過で 空気中の汚れもなくなり 珍しく 日吉 から富士山の
頂上の雪が 見えました。  これは けっこう 珍しい事です。
2時ごろには こんな 雲が・・・ 今日は 車の中から沢山 撮影しました。

3513.jpg
アサヒビール 金斗雲
3517.jpg
建設中の新東京タワー

今日は 首都高速が渋滞してたので 停車中に撮影♪
金斗雲は だれもが ウンチビルって呼んでます。
上りは 常に この辺りから 渋滞が始まります。

今 建設中の 新 東京タワー 高さは世界一のタワーになるそうですが
美しさには 疑問が残ります。
東京タワーのような キレイな姿には出来なかったのかな?
デザイン的には イマイチの気がしますが・・・

3518.jpg
陸橋 ゴムバンド

首都高速は 陸橋なので 橋げたの上に 道路が乗っかてるだけです。
固定すると 地震が来た時に 崩壊するので 固定せず つなぎの部分は
こんな風に ワイヤー入りのゴムバンドで 止めてるだけ・・・

太さは 10cmくらいですが これで大丈夫かぁ~~?って気がしませんか?
いつも ここを走ると 不安になります。

一応 車が渋滞で停車した時 オートフォカスで撮影してるので安心してね。
  1. 2009/10/27(火) 20:37:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

10月27日の誕生花
チョコレートコスモス1
チョコレートコスモス
チョコレートコスモス

10月27日の誕生花  チョコレートコスモス  花言葉 「恋の終わり」

今朝は台風一過 気持ちの良い青空です。
昨日の夜の感じでは 今朝 快晴になるとは思えませんでしたね。
日差しも暖かいので 今日はいい日になりそうです。

チョコレートコスモス Cosmos atrosanguineus.
キク科   コスモス属
半耐寒性宿根草   原産地 メキシコ
庭植え、鉢植え   8~10月

チョコレートコスモスという名前は、まったくこの花にピッタリの
ネーミングで、花色も似ていますが、香りもチョコレートににている
という少し不思議な植物です。

チョコレートコスモスは何種類もあって 園芸名が カカオ ワイン ストロベリー
って 食べ物のような名前が ついてます。


最近人気が出てきたように思いますが、寒さに弱いのが少し残念です。
原産地のメキシコでは絶滅しそうだそうです。
  1. 2009/10/27(火) 08:01:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ヒナソウ
ヒナソウ 白
ヒナソウ  雛草

お花も小さいし 名前も弱そうに感じますが この花は結構強く
花も 次々に開花して 楽しめるお花です。
夏の暑さに 多少弱いですが 寒さには強く これからの時期 楽しめるお花

トキワナズナ(常盤薺) ヒナソウ(雛草) 学名/フーストニア・カエルレア
アブラナ科のイベリス・センペルウィレンスも、同じトキワナズナの名で呼ばれる
学 名 Houstonia caerulea L.
分 類 アカネ科フーストニア属
原 産 北アメリカ
タイプ 多年草

水はけ・水もちのよい土に植え、日当たりのよい場所で栽培する(真夏は半日陰)
開花は3~6月。早い時期に開花した場合は切り戻すともう一度開花する。
高温多湿を嫌うので、夏は涼しい場所に。
春か秋に株分けで殖やす(実生もできる)
  1. 2009/10/26(月) 21:26:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ホソハノギク
ホソバノギク1
ホソバノギク  細葉野菊

神代の山野草展で撮影。
普通の菊より 小型で 葉が細いのが特徴的。
この花も 絶滅危惧種にしてされてるそうです。

細葉野菊(ホソバノギク) キク科 シオン属 多年草
本州の和歌山県と三重県に分布し、熊野川支流域の湿った岩の上に生える。
別名を紀州菊(キシュウギク)という。
環境省のレッドデータリスト(2007)では
「ごく近い将来における絶滅の危険性が極めて高い種」である絶滅危惧ⅠA類
に登録されている。
草丈は30~60センチくらいである。
茎に毛は生えていない。
葉は幅の狭い披針形で、互い違いに生える(互生)。
葉には艶があり、葉脈がへこむ。
開花時期は8~10月くらいである。
花径2センチに満たない小さな白い花(頭花)をつける。
  1. 2009/10/26(月) 21:21:14|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

ぱぱいや

Author:ぱぱいや
.
外回りのお仕事なので いつも珍しい花 キレイなお花がないか注意しながら運転してます♪

街や郊外で見かけた花の便りを毎日 
紹介しようと思ってます。

ブログ内検索

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

最近の記事

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード