FC2ブログ

街の花便り 

季節のお花を紹介してます。


個人宅のイルミネーション

クリスマスも近くなってきて 個人の家もイルミネーションの飾り付けが
始まりました。

今日 会社帰りに 3軒の個人家のイルミネーションを撮影して来たので
我が家のイルミネーションと合わせて アップします。

12月に入ると 一斉に個人の家もイルミの点灯がされるので 
新興住宅街を中心に 夜 車で徘徊し 3回くらいはスライドで
アップする予定~~。

イルミネーションはカレッタ汐留と時の栖も行く予定なので
行ったら アップします。
スポンサーサイト
  1. 2009/11/30(月) 21:52:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

4015.jpg
4017.jpg
4021.jpg
4018.jpg
イチョウ  公孫樹

早 11月も今日で終了~~ 11月は雨が多かった気がしましたが
今日の天気予報で 今年の11月は記録的に雨が多かったと言ってました。

昨日のボクシングの試合は 亀田が勝って 内藤が負けたのは残念です。
お互いに頑張って練習をして来たのだろうけど チャンピョンはいつか負ける
運命にもあるので 勝ち負けは 仕方ない事です。

でも これで人生が終わりじゃないので 内藤には頑張って欲しいです。
逆に亀田には 勝つ事が全てじゃないし 強い事だけが全てではありません。
自分の生き方や言動が 人から尊敬されるように心掛けて欲しいです。

イチョウは 一属一種の植物で 〇〇イチョウってのがなく
全て 同じ種類のイチョウです。
原始時代から生き残って来た植物で 今 外国で咲いてるイチョウは
日本や中国から輸出されたものだそうです。

イチョウの枯れ葉はすごい量なので 近所の人は掃除が大変ですね。

イチョウの木は 青い時から撮り続けてるイチョウ並木があるので
真っ黄色に黄葉したら 再アップします。
  1. 2009/11/30(月) 21:40:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

11月30日の誕生花

パフィオペディルム

11月30日の誕生花 パフィオペディルム  花言葉 「ユニークな人」

パフィオペディルムは去年 スライドを作成してあります。

パフィオペディルム
蘭の一種ですが 形が特徴的で 直ぐに名前がわかります。
ただ こう言った ラテン系の名前は 覚えずらい・・・

この花の撮影は カトレアの川口グリーンセンターと
いつも馴染みの 園芸店で撮影してますが 馴染みの店の方が
植物園より 種類が多いって不思議な現象~~

途中の黒いのや 最後の白いのも園芸店で撮影したものです。
変わった種類でしょ?

名前は ラテン語の ビーナスのサンダルの意味だそうです。
英名 レディースリッパ
  1. 2009/11/29(日) 22:12:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

4003.jpg
4002.jpg
シロモジ  白文字

けっこう道端や土手に真っ黄色に色づいて この木がありますが
名前を調べられませんでした。

候補は ダンコウバイかウリカエデですが 両方ともちょっと違うような気もします

一か所だけでなく かなりアチコチに咲いてるので 有名な木のような
気がしますが 樹木系は難しく 名前不詳~~~

誰かわかる人が いたら教えてね!

判明しましたぁ~~♪

シロモジ 【白文字】 [学名:Lindera triloba (Sieb. et Zucc.) Bl.]

クスノキ科の落葉低木で高さ6メートルに達する。
幹は灰褐色、小形で円い皮目があり、年を経た枝は暗灰褐色。

葉は互生し、倒卵形で長さ8~12センチメートル、普通は三つに中裂し
3脈が目だつ。

雌雄異株。花は4月、小形の散形花序につき、淡黄色、葉と同時に開く。
果実は球形で径約1センチメートルで黄緑色に熟す。
中部地方以西の本州、四国、九州の山地に生え、中国中部にも分布する。
幹が白みを帯びるため、クロモジに対してこの名がある。
材を杖(つえ)などに利用する。
秋の黄葉が美しい
  1. 2009/11/29(日) 21:36:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

グロリオサ
グロリオサ1
グロリオサ

グロリオサは初夏の花ですが 不思議に切花でも今時期売られてるし
偶に鉢植えで売られてるのも見掛けます。

温室栽培が盛んになって 季節感がなくなって来てますね。
この花は ユリ科の植物なのに つる性の変わったお花です。

グロリオサ

炎が輝き、燃え盛るように咲く花 ゆり科.球根.アフリカ原産.
Gloriosaはラテン語の「光栄」という意味.
上部葉腋から長い花柄を持った花が出る.花弁は反巻し、長さ6~8センチ
縁は波状.花被片の基部は黄色.花色は黄、白もある。
雌しべの花柱は鋭く折れ曲がり横に突き出る。

葉は対生または3枚輪生.葉の先が巻き髭になっていて
物に絡んで伸びる巻性植物.
”ゆりぐるま”、”まつねゆり”.
  1. 2009/11/29(日) 21:30:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キンセンカ
キンセンカ1
キンセンカ  金盞花

金盞花は昔から咲いてた花のイメージですが 最近はカレンジュラの名称で
売られてます。

冬に元気な花 フユシラズもこの仲間です。

キンセンカ 金盞花 (カレンジュラ) キク科
学名 Calendula officinalis   原産地  南ヨーロッパ
草丈  30cm~90cm 開花時期   3月~6月 

春から初夏にかけて咲く、草花で「キンセンカ」と行った方が一般的です。
タネからかんたんに育てることのできる植物で、成長も早く強健です。

花の色はオレンジのものが多く、品種によって色の濃い薄いはあります。
花の大きさも品種によって様々で1cmくらいの小さいものから
7cmくらいになるものまであります。
草丈は30から80cmで花壇向き、切り花向きの品種もあります。
原産は南ヨーロッパです。
  1. 2009/11/29(日) 21:24:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワーレンベルギア スパイシーベル
ワーレンベルギア スパイシーベル2
ワーレンベルギア・スパイシーベル

今日は寒い中 寒い御殿場のゴルフ場に行って来ました。
到着した時の気温3度・・・ 今日は一日中 日が差さず寒かったです。

今日は端から寒い予報だったので ヒート下着の上下を着ましたが
それでも 寒かったですね。
寒くて身体が周らず 腕だけで強振するので ボールが良く曲がりました。

今シーズンは 今日でゴルフは終了~~
来年は 正月明けに 暖かい沼津で初打ちですね。
沼津は気候温暖で 正月中でも晴れてると 半袖+ベストでプレー出来ます。

ワーレンベルギア・スパイシーベル 
キキョウ科のお花で 八重の小さな花が代表種

スパイシーベルは白花で花が鈴なりに咲くタイプです。

南アフリカ原産のワーレンベルギア。春から秋まで長期間にわたって咲き続け
清楚な白い小花を広げて咲かせます。
みずみずしいグリーンの葉も美しく
マット状に広がるのでグラウンドカバーやハンギングに最適です。
  1. 2009/11/29(日) 21:13:40|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

11月29日の誕生花
ホトトギス1
ホトトギス  杜鵑
3059.jpg
ホトトギス 桃源  杜鵑 桃源
3058.jpg
キバナホトトギス  黄花杜鵑
ホトトギス 白楽天
シロハナホトトギス  白楽天
3051.jpg
タイワン ホトトギス  台湾杜鵑
ヤマホトトギス
ヤマホトトギス  山杜鵑

11月29日の誕生花  ホトトギス  花言葉 「永遠に貴方ののもの」

この誕生花も 季節外れに感じますが 多少 まだ咲いてるホトトギスもあります

明日は ゴルフの競技会で 今年 月例競技会に参加しないと 来年度の
大きな大会の参加資格がなくなってしまうので 仕方なく参加・・・
練習も全くしてないので 好スコアを期待する方が おかしいですね。

明日の朝は 早くに出発なので 誕生花のアップだけ先にして置きます。

ホトトギスは山野草の中では 比較的 育てやすい植物なのです。
石灰水を 蒔くと 花付きが良くなり 葉っぱも元気になるって書いてありました
枯らすと怖いので 私はしませんが 誰かチャレンジしてみて下さい。

ホトトギス    ユリ科 ホトトギス属

東アジアに約20種分布しているうちの約10種が日本に自生しています。
普通は「ヤマホトトギス」「ヤマジノホトトギス」と呼ばれる
地味な色のホトトギスを指しますが、白花ホトトギスや紫色の鮮やかなもの
黄花ホトトギスなどがあります。

さらに一味違うものとして「ジョウロウホトトギス」というのがあります。
これは花が非常に美しく、垂れ下がって咲くのが特徴で原産地では
野生状態のものは比常に少なくなっているようです。

番外 キイジョウロホトトギス  紀伊上臈杜鵑
キイジョウロホトトギス
  1. 2009/11/28(土) 21:57:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

ヘリオトローブ1
ヘリオトローブ
ヘリオトロープ

香水の原料にもなる花で 寒いこの時期に咲き始めます。
あま~い バニラ臭で 気温が18度になると 芳香を放つ花です。

このお花 案外 安くて 30cmくらいの花が100円で売ってました。
だから 写真のお花は 現在 我が家で咲いてます♪

ヘリオトローブは やや湿った日の18度の温度になると 
強いバニラの香りを放出する花です。
日本に最初に入った香水はコレだそうです。 

ヘリオトロープ  ムラサキ科 キダチルリソウ属(ヘリオトロピウム属)
学名   Heliotropium arborescens
別名   ニオイムラサキ  キダチルリソウ(木立瑠璃草) 
チェリーパイ  コウスイソウ(香水草)
花期   春~秋
ペルー、エクアドル原産で高さ30~60㌢の非耐寒性常緑小低木ですが
幼木は草本性なので多年草扱いされます。

世界の温帯~熱帯地方に約250種が分布して
日本には明治時中期に渡来したといわれます。

茎の先の集散花序に紫色の小さな花を咲かせますが
芳香があるのでハーブとしても利用します。
花の色は、淡紫、青紫、白があるようです。
耐寒性がないので鉢植えにしておいて、冬は室内に取り込みます。
  1. 2009/11/28(土) 20:53:58|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

薔薇 カクテル
薔薇 カクテル1
薔薇 カクテル

薔薇の種類は 数千種ともいいますが この一重咲きのカクテルだけは
名前を覚えました。
このカクテルは 元気な薔薇で この季節でも 元気に咲き続けてます。

家は白のツルバラと黄色のツルバラがありますが このカクテルか
ナニワイバラのどちらかが 欲しいですね。
一重の オールドローズは 是非 欲しい!! でも 植える場所がぁ~~・・・

カクテル Cocktail     
系 統 S シュラブ    作出年 1957年  
作出国  フランス   作出者  F Mailland
花 色   朱赤に中心黄   花 径 中輪
香 り    微香    開花性  四季咲き
樹 形   つる   伸 長   2.5~3.5m   樹 勢   強い  

中心が黄色の真っ赤な一重咲き 花付きがとても良く
春から初冬まで咲き続ける 誘引しやすく非常に強健

別名 【コクテール、Red single, yellow eye】

  1. 2009/11/28(土) 20:44:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

クレマチス 種
クレマチス 種1
クレマチスの種

クレマチスは キンポウゲ科 センニンソウ属なので 花後は 仙人草のように
ヒゲモジャの種が こんな感じに出来ます。

うちは 冬咲きのクレマチスを含めて 沢山のクレマチスがありますが
何故か 冬咲きのクレマの花が 今年は咲きそうにないです・・・
夏に 水を上げ過ぎて 枯らしちゃったのかな?・・・

クレマチス 宿根なので 一旦 地上部分が枯れるのが多いので
本当に枯らしたのか 一時期的に 地上部分が枯れたのか わかりませんね。

クレマチス  [学名:Clematis]

キンポウゲ科センニンソウ属の総称。
常緑または落葉性の藤本(とうほん)(つる植物)で、茎は細く
葉柄が曲がって他物に絡みつく。

葉は一般に3~9枚の小葉からなる複葉。
花は4~8枚の花弁状の花被(かひ)、多数の雄しべ
多数の離生心皮からなる雌しべがある。

果実は痩果(そうか)で、先に花期後伸長した羽毛状の花柱がある。
世界の温帯を中心に熱帯から亜寒帯に広く分布し、250種ほど知られる。
日本にはカザグルマ、クサボタン、センニンソウ、ハンショウヅルなど
22種が分布する。
  1. 2009/11/28(土) 20:37:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ブルースター2
ルリトウワタ1
ブルースター  瑠璃唐綿

肉厚の花弁で 花の色が徐々に変化します。
花弁が 水彩画のようで ピントが合ってても ファインダー越しだと ピンボケ
に見える花。

花 自体は強い花で 長期間咲いており 背丈も大きくなります。

ブルースター   学名 Oxypetalum caeruleum
別名 オキシぺタラム、ルリトウワタ(瑠璃唐綿)
科名 ガガイモ科   原産地 ブラジル、ウルグアイ、アルゼンチン

空色で星形の花は切り花としても人気があります。
栽培は意外に簡単で、半つる性で1m程に成長することもあります。

日当りと水はけの良い所で多湿にならないように管理し
乾きすぎにも注意しましょう。
冬は室内の明るい窓辺で5℃以上で管理しますが
暖地では戸外でも越冬できます。 
  1. 2009/11/28(土) 20:30:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

シクラメン 農家
シクラメンのうか
シクラメン農家

今日は暑いくらいの陽気で 昼ご飯を食べに外に出たら 上着は不要でした。
明日は 寒い御殿場でゴルフなので 今日のような陽気になって欲しいですが
予報は曇りで 冷え込むそうです・・・雨予報が曇りになっただけマシかな?

今日は会社帰りに 派手にイルミーネーションを飾り付けしてる個人の家を
撮影して来ましたが 家に帰宅してカメラをみたら 
メモリーチップを入れ忘れてました・・・アホです。

シクラメンは 沢山の種類を撮影してありますが アップは後日にして
今日は 会社の近くの シクラメン農家のビニールハウス内を撮影してきたので
そっちを先にアップします。

この大きさのシクラメンは 園芸店で2000円から3000円で売られてるので
lこれだけの数があると 相当の金額になります。
パンジーやビオラを育てるより こちらの方が 儲かりそうですね。
  1. 2009/11/28(土) 20:22:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

11月28日の誕生花
アザレア
アザレア
アザレア

11月28日の誕生花  アザレア  花言葉 「愛でみたされる」

今朝は寒そうな雰囲気ですが 取り合えずお天気はいいです。
今日は出社日なので がんばってお仕事をしないと・・・
ちょっと多めの在庫を今日 作っておかないと 毎日 納期に追われて大変!

アザレアは 寒い時期 1月から園芸店に出回りますが これも 何故か
早めに 園芸店で 見かけました。


アザレア  ツツジ科(Ericaceas) ツツジ属 (Rhododendron)

アザレアは日本や中国のツツジ・サツキが1850年頃ヨーロッパに渡り
温室促成用に品種改良され、明治のはじめ頃に日本に導入されました

最近はアメリカや日本で改良された品種も加わり
約120種類以上が流通しています。

花付きも良く、育て方も簡単な上にとても丈夫です。
花の少ない冬の窓辺を華麗に彩るアザレアはキレイですね。
  1. 2009/11/28(土) 07:50:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

千成クコ
千成クコ1
千成クコ

クコの園芸品で 普通のクコより 多くの実がなるタイプみたいです。
クコは薬膳料理に欠かせない実 で
クコの実には強精・強壮の薬効があり、186歳もの長寿だった久米仙人が
愛用したという伝説があります。

土地や場所を選ばず雑草にも負けない。
古来より万能薬として親しまれ、優れた栄養価があり、

アミノ酸量は黒酢の11倍でブルーベリーをしのぐ健康食品である。

葉、実はどれも食材となり、
実は11月ごろに完熟、乾燥して保存し、
さまざまな料理に利用できる。
  1. 2009/11/27(金) 21:39:37|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ビデンス イエローチャーム
ビデンス イエローチャーム1
ビデンス・イエローチャーム

ビデンスは ウィンターコスモスの仲間ですが ウィンターコスモスだけ
別な名前にしてあります。
正式には ウィンターコスモスは ビデンス・イエローキューピットですが
園芸種なので メーカーに寄って 名前が違います。

この真っ黄色の ビデンスも サカタのタネは オーレアと言う名前で
発売してます。

寒さにも強く、開花期間も長いため、冬の寒い時期でもよく日の当たる
場所であればきれいに咲き続けます。

今までのビデンスの中で最もパフォーマンスのよい優れた品種といえるでしょう。

このようにたくさんの花を咲かせる明るいお花「ビデンス イエローチャーム」
春や秋だけでなく、冬にもぜったいおすすめです!

因みに ウィンターコスモスの和名は 菊咲きセンダングサ・・・
価値が ぐっと落ちます。

ビデンス・イエローキューピット
ウィンターコスモス
  1. 2009/11/27(金) 21:32:06|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ユリオプスデージー
ユリオプスデージー1
ユリオプスデージー2
ユリオプスデ-ジー

ユリオプスデージーは この前にも丁字咲きも含めてアップしましたが
今日は この花の大株を 発見したので 再アップします。

この花は マーガレットによく似ており マーガレットの黄花といっても
いいくらいのお花です。
日当たりのいい場所では 大きな株になり お花の少ない この時期
長い期間 咲き続けますね。

ユリオプスデージー キク科  学名  Euryops pectinatus
原産地  南アフリカ  草丈  60cm~1.5m  開花期  12月~5月

あまり花の咲かない冬に暖かい黄色の花を咲かせる常緑性の低木です。
開花期間は長く12月頃から5月まで花を咲かせます。

冬に花を咲かせる植物ですが寒さにはあまり強くなく
平地や暖地では庭でも冬を越すことができますが、それ以外の地域では霜や
寒風に当たり枯れていまいます。
(関東以南なら 普通に越冬します)

花の咲いていない時期でも銀緑色の葉が美しく寄せ植えの
アクセントとしても利用することができます。
  1. 2009/11/27(金) 21:19:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

クリスマスベゴニア
クリスマス・ベゴニア

冬咲きのベゴニアです。
ベゴニアは 種類の沢山ある花で 木立性や球根もあります。
総じて 育てるのが難しく うちにも木立性のが3鉢ありますが
今年は 越冬出来るか 自信がありません。

ベゴニアで 育てやすいのは センパフローレンスです。
これは あちこちのプランターに植えられており 今も咲いてます。

ベゴニア・冬咲き(クリスマスベゴニア) ラブ・ミー
科名  シュウカイドウ科  学名  Begonia×cheimantha
原産地  園芸品種   別名   クリスマスベゴニア
草丈  15cm~20cm   開花時期   12月~3月

名前の示すとおり、冬に花を咲かせるベゴニアでクリスマスから
お正月くらいまでの短い期間に鉢花として出回ることが多いです。

自然界には存在しない園芸品種でフランスの育種家によって作出された
グロアール・ド・ローレイン’(ベゴニア ソコトラナ×ベゴニア ドレーゲイ:1891年)
という品種が最初です。

その後も園芸品種が作出されましたがそれらも含めて「ベゴニア・ケイマンタ」と
言う品種群のひとつとしてくくられています。
  1. 2009/11/27(金) 21:10:26|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

モズ
モズ
ヒヨドリ
ヒヨドリ
3987.jpg
すずめ1
スズメ

今日も暖かな一日でしたねぇ~~♪
予報では 明日から ちょっと寒くなり 日曜は寒くなるそうです。

日曜は 御殿場の寒い所にゴルフに行くので 厚着をして行かないと・・・

今週は月曜がお休みだったので あっとい間に週末になりましたが
明日は 出社日だし 工場で勤務なので 長い一日になりそうです。

野鳥の撮影をし始めると 案外 身近に野鳥を発見できますが
なんせ 望遠があまり大きくないので 上手に撮影出来ません。
どうしても 逆光の場所に 鳥がいる事が多いし ポーズを作ってくれないので
中々 難しいです・・・ ピントも手合わせでしてますが じっとしてないから
イマイチ 甘くなります・・・

カルガモ
カルガモ
カラスの行水
カラスの行水
  1. 2009/11/27(金) 21:02:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

11月27日の誕生花
ルピナスJ
ラッセル・ルピナス

11月27日の誕生花  ルピナス  花言葉 「多くの仲間」

この辺が 誕生花に不満が出て来ます。
何故 11月末にルピナスなのか? ルピナスは春の花なのに・・・

今朝もうす曇ですが 昼間は晴れそうですね。
今週は月曜が休みだったので 週末が来るのが早かったです。
でも 週末は 出社じゃぁ~~~・・・。

ラッセル・ルピナス  マメ科  ルピナス属
学名  Lupinus polyphyllus
別名  ルピヌス ノボリフジ(昇り藤) タチフジ(立ち藤) ハウチワマメ(羽団扇豆)
花期   春
地中海沿岸、北アメリカ原産の耐寒性宿根性多年草で、草丈は40~70㌢になります。
耐暑性がなく暖地では夏越しが困難で寿命も短いので、二年草扱いされます。

ルピナスには多年草と一年草種がありますが、どちらもフジの花を逆さにしたような花穂を上に伸ばすのが別名の由来です。

多年草種ではラッセル・ルピナスが代表的な園芸品種群で、花色が豊富で、香りのよい大きな花穂を伸ばします。
ルピナスはラテン語でオオカミのことで、この花がオオカミのように荒地でも生育する強靭さを持つことを意味します。

傘咲きルピナス
ルピナスL
  1. 2009/11/27(金) 07:54:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

寒咲き花菜
寒咲き花菜1
寒咲き花菜2
菜の花 (寒咲き花菜)

今日のポカポカ陽気の中 偶然 畑に咲いてるのを発見♪
この時期に 咲く菜の花は たぶん 寒咲き花菜かと思います。
この群生地も 場所を知ってるので 近々 様子見に行って来よう~~と!

今日のような 陽気にピッタシのお花ですね。

カンザキハナナ Brassica sp. (アブラナ科 アブラナ属)

春の畑は菜の花がいっぱいであるが、カンザキハナナは真冬から
咲き始めるので「寒咲き花菜」である。

花の部分は真冬から早春に掛けて「菜の花」として花材として
あるいは食卓に彩りをそえている。

食べられた方も多いと思う。厳冬期の花の少ない時期から開花するので
養蜂のためにも栽培された。
花は見事であるが、葉はあまり食べないようである
  1. 2009/11/26(木) 20:54:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

ウィンタークローバー
ウィンタークローバー1
ウィンタークローバー

へぇ~ 知らずに園芸店で撮影しましたが 9月にサントリー・フラワーズから
発売されたばかりの 新しいお花です。
花径15ミリくらいの 小さな4花弁の花が 沢山 咲きます。

 サントリーフラワーズは、「ウィンタークローバー」をはじめ
秋冬向けの花苗新商品を9月中旬から順次発売する。

新ブランド「ウィンタークローバー」は、同社独自の育種開発で園芸化した
マルコルミアの新品種で、暖かみのある淡いピンクの小花が
寒い冬の間にも咲き続けるのが特長とのこと。

定番のパンジーやビオラ以外にも、冬のガーデニングを楽しみたいという
消費者におすすめとなっている。
  1. 2009/11/26(木) 20:45:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

セグルセキレイ1
セグロセキレイ
セグロセキレイ2
セグロ セキレイ

この鳥は 群れを作らず 広い場所が好きみたいで 飛ばずにチョコチョコ
よく歩いてます。

今回も 飛びだつ所を撮影したら 偶然 ピントが合い 
下の川面に姿が写ってます。

尾を上下に振りながら歩く特徴をもつセキレイの仲間で
体は黒白の2色で、白い眉が目立つ。

ハクセキレイとよく似ているが違いは顔が黒いところ。
日本の特産種で、北海道、本州、四国、九州では留鳥として繁殖し
対馬、伊豆諸島、奄美大島では冬鳥である。

近年ハクセキレイに追われて分布を狭めている。
主に内陸の湖沼畔や中流以上の河原に生息し
冬には住宅街や市街地にも現れる。
水辺を歩きながら昆虫などの小動物を捕える。

時にはフライングキャッチで羽化したての昆虫を捕まえる。
「ジュッジュッ、ジュッジュッ」と濁った声でさえずる。

セキレイの仲間では顔白っぽく目を通る黒い線があるハクセキレイと
体の下部が黄色いキセキレイがいる。
  1. 2009/11/26(木) 20:34:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

ツルバキア フラグランス1
ツルバキア・フラグランス

ツルバキアはニンニクの仲間で スウィート・ガーリックとも呼ばれますが
主に出回ってるのは ビオラセアという種類で このフラグランスは ちょっと
珍しい部類に入ります。

花の根元が 膨らんでおり 名前の通り いい香りがします。
ちょっと ピンクの子豚のようなお花です。
もし 園芸店に 売ってたら 即 購入しますね。

ツルバギア・フラグランス Tulbaghia   ユリ科  ツルバキア属
春植え球根   原産地 南アフリカ   開花時期 11~8月

ツルバキアは耐寒性の春植え球根です。
それほど派手な感じの花ではあリませんが、丈夫で毎年花が咲きます。

フラグランスとビオラセアがもっぱら栽培されていますが
フラグランスは、11月頃から咲きはじめ、よい香りを持っています。
  1. 2009/11/26(木) 20:28:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

バンダ
バンダ

今日も昨日に続き 暖かい一日になりました♪
小春日和とは言いませんが 寒い日が続いた後の 暖かい日はホッとします。

ただ また東シナ海に台風が発生しており 来週はお天気が悪くなるかも?
取り合えず 日曜は雨が降りませんように!!

バンダは 蘭の中で珍しく 青く咲く花です。
この花は 先週 かみさんが誕生日だったので 友達とお出かけした時に
買って貰ったんだそうです。
一輪 2000円もするので 中々 自分では買えませんね・・・。

バンダ ラン科  学名  Vanda   
原産地 東南アジア~オーストラリア
草丈   20cm~1m 開花時期  2月~4月 8月~10月

洋ランの中でも特に美しいブルーの花を咲かせるものがあるバンダ。
カラフルで美しい洋ランのイメージですが、ブルー系の花で
これだけ美しいものを咲かせるのは、バンダ以外あまり思いつきません。

もともと温暖な気候を好み、日本の寒い冬では育てにくい植物です。
冬でも最低15℃、できれば18℃程度の温度を理想とします。
そういう意味では育てにくい植物といえるのかもしれません。

  1. 2009/11/26(木) 20:20:14|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

11月26日の誕生花
カラー
カラー1
カラー (オランダカイウ)

1月26日の誕生花  カラー  花言葉 「凛とした美しさ」

今朝も雲が多い朝ですが 昼間は晴れて暖かくなりそうです。
このカラーの花言葉「凛」って漢字が 私は大好き!
三水じゃなく二水ってのもいいし 漢字も凛としてます。

カラーは春の花ですが 今時期に出回ります。

カラー   サトイモ科  オランダカイウ属(ザンテデスチア属)
学名   Zantedeschia aethiopica
別名   オランダカイウ(ー海芋)   リリー・オブ・ザ・ナイル(英名)
花期   春~初夏

南アフリカ原産の半耐寒性球根多年草で
カラーはザンテデスキア属の植物の総称です。
花色は桃、黄、橙、白に覆輪など豊富ですが、観賞するのは
筒状の苞で、中から肉穂状の花序をだしますが
この上部に雄花、下部に雌花をつけます。

カラーという名前は「美」という意味のギリシャ語でカロスに由来します。
カイウ(海芋)という和名は、本来はミズバショウを指すものでしたが
江戸末期に我が国に導入された時にカラーに適用されました。

キバナカイウ
キバナカイウ
モモイロカイウ
モモイロカイウ1
カラー 園芸種
カラー2
  1. 2009/11/26(木) 07:45:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

紅羽衣
紅羽衣1
モミジ 紅羽衣

イロハモミジの紅葉は 有名ですが モミジも今 園芸種が多く
調べたら ビックリするほど種類があります。

ベニハゴロモとベニシダレの違いが よくわかりませんが 上は名札が
あったので 紅羽衣だと思います。
下の写真は たぶん 紅枝垂れだと思いますが 自信はありません。

日本原産のヤマモミジの枝垂れ性品種の中の代表的な品種です。
紅枝垂れは造園用によく使われる赤葉の枝垂れモミジの呼称ですが
実際には稲葉枝垂れと、これに似た品種数種が
あまり区別されずに流通しています。

切れ葉の枝垂れ性のモミジで、春から秋までは赤茶色の葉で
秋は濃い赤に色づきます。

タイプ:耐寒性落葉高木  栽培適地:日本全国
樹高:3~5m  植え付け適期:11月~3月
日照:日向むき

モミジ 紅枝垂れ
紅葉 紅枝垂れ
  1. 2009/11/25(水) 21:25:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

もみじ 紅葉
もみじ 紅葉1
イロハモミジの紅葉

秋も深まり 寒くなって来て 街中のモミジも紅葉が始まりましたね。
この撮影場所は 家の近くの 園芸農家のもみじの畑だと思います。
モミジの木が 林になってます。

紅葉が真っ赤になってるのと これからのとが入り混じってるので
なんとなく 古都 京都の紅葉~~ってな雰囲気ですね。

林状になってるので 今 この林の中にも沢山います。

下の写真は 神社の入り口の 紅葉~~
このモミジも 水辺にある木なので 紅葉が 他よりキレイです。

もみじ 紅葉2
初夏のモミジ
モミジ1
  1. 2009/11/25(水) 21:15:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

フウセントウワタ 花
フウセントウワタ
風船トウワタ
フウセントウワタ  風船唐綿

家の二軒先に この風船唐綿は咲いてますが ついに風船が弾けて
中の綿がはみ出してました。
この綿毛が 飛んで 来年 また新しい芽を出しますね。
この花は 毎年 同じ場所に咲くので 宿根なのかしら?

フウセントウワタ  ガガイモ科フウセントウワタ属 原産地:南アフリカ
半耐寒性常緑低木  開花時期  8月~9月
樹高  1m~2m  花径  約 1.5cm   花色  白
種まき  春まき(4月~5月)

白い小さな星型の花を咲かせます。
花後にはフウセンのように膨らんだ実が成り、実の中には種があって
しばらくすると弾けて風で飛ばされてゆきます。

同じくフウセンのように膨らむ植物にフウセンカズラという植物もあります。
  1. 2009/11/25(水) 21:07:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

オシロイバナ
オシロイバナ1
オシロイバナ  

今朝は昨夜の雨が残っていて 小雨が降ってましたが 昼から晴れて
11月下旬とは思えないくらいに暖かくなりましたねぇ~~
車を運転してると 日差しが強く 暑いくらいでした。

でも また 寒くなるんだよねぇ~~ 毎日 気温がコロコロ変わります・・・

オシロイバナ 寒くなって来てるのに まだ 元気に咲いてます。
普通 4時ごろに開花しますが 今時期になると 朝も開花してます。

オシロイバナ Mirabilis jalapa L. (オシロイバナ科)

オシロイバナは南米原産(メキシコ)の多年生草。
園芸用に導入されたものであるが、暖地では畑のほとりなどの
肥沃な場所に野生化している。

「ゆうげしょう」の別名があるように、夕方から咲き始めるので昼間は目立たない。
夏の初めから次々と花を咲かせるが、秋になると午前中から開花するので
目立つようになる。

花には香りがあるので、夜間に飛翔するガの仲間によって
花粉を媒介してもらっているに違いないが、秋になって気温が低下すると
昼間に活動するチョウチョを相手にするように開花時間が変化する
と考えると面白いが・・・。

オシロイバナの名前の由来は種子の中のでんぷんが「おしろい」
のような質感を持っていることに由来する。
  1. 2009/11/25(水) 21:01:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ

プロフィール

ぱぱいや

Author:ぱぱいや
.
外回りのお仕事なので いつも珍しい花 キレイなお花がないか注意しながら運転してます♪

街や郊外で見かけた花の便りを毎日 
紹介しようと思ってます。

ブログ内検索

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

最近の記事

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード