FC2ブログ

街の花便り 

季節のお花を紹介してます。

ファレノプシス
ファレノプシス  胡蝶蘭

最近は この胡蝶蘭も品種が沢山 増えましたが この胡蝶蘭は珍しいと思います

ファレノプシス(胡蝶蘭) ラン科  学名 Phalaenosis cvs.
原産地  熱帯アジアを中心とした 熱帯~亜熱帯
別名  コチョウラン
草丈 20cm~80cm 開花時期  1月~5月

贈答用の高級鉢花としても有名なコチョウラン(胡蝶蘭)。
花の形が蝶のような形から名付けられたのでしょう。
主に台湾やインドネシアを含む熱帯アジアを中心とした熱帯・亜熱帯に
50種類が分布しています。

白、ピンクの花が多いですが、中にはレモンイエローや白地に
ピンクの斑点のはいるおもしろいものもあります。

寒さに弱く冬でも12~3℃以上の気温がほしいところです。
始めて育てられる方は園芸品種の花が大輪のものよりも
野生種の小型のものをおすすめします。
属名のファレノプシスは「ガ【蛾】のような」という意味です。

ブラッシア
ブラッシア

ブラッシア ラン科  学名  Brassia 原産地  メキシコ ブラジル
別名 スパイダーオーキッド
草丈 30cm~50cm  開花時期  6月~8月

オンシジウムやオドントグロッサムの近縁のランで花の形こそ違いますが
株の姿は非常に似ています。
花は花弁が細長く伸びて、ひとつの花茎に行儀よく数輪が咲きます。
その花の形から”スパイダーオーキッド(蜘蛛のラン)”
という愛称で呼ばれることもあります。

夏の暑さに弱く、夏を涼しく過ごさせることが栽培のポイントになります。

マスデバリア
マスデバリア1
マスデバリア

マスデバリア ラン科  学名 Masdevallia
原産地 中央~南アメリカ
草丈 10cm~25cm  開花時期  4月~7月

鮮やかな花色で、おもしろい形の花を咲かせる南米原産のランです。
もともと高山に自生しているものなので暑さには極端に弱く
気温が25℃以上に上昇するとそれだけで葉がしおれたり
生育が著しく衰えたりします。

全体的に小振りのものが多いので場所はとらない。
寒さには比較的強く7℃以上の気温があれば冬を越す。
暑さと乾燥にめっぽう弱いラン

マスデバリアの名前はスペインの植物学者、J.マスデバルにちなみます。
  1. 2010/02/20(土) 18:36:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オドントグロッサム 1
オドントグロッサム
オドントグロッサム 3
オドントグロッサム

今日は朝から日差しが強く 暖かい一日になりました。
午前中に 花屋さん周りをし 今日はお花も沢山 買いました♪
お花屋さんも 春の花が出始めて 変わった種類が沢山 出てました。

今日は「世界らん展」 最終回!

オドントグロッサム 
あまり聞き覚えがない蘭の名前ですが この花はお花屋さんでも見た事があります
品種が多く 色も豊富で 出品数も多かったです。

オドントグロッサム ラン科  学名  Odontoglossum cvs.
別名  彗星蘭  原産地  中南米
樹高  30cm~60cm  開花期  4月~7月

洋ランの中でも花に色とりどりの模様が入ったり、花びらのフチが
ギザギザになったり、多彩な変化がほかのものと一線をがした
魅力のオドントグロッサム。

もともと冷涼の気候を好むために、高温多湿の夏がある日本では育てにくい
ランでしたが、ほかの属のものとの交配がすすみ、最近では日本の気候でも
比較的育てやすい品種もお目見えしています。

開花期は4から7月頃。
  1. 2010/02/20(土) 18:26:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2月20日の誕生花
マーガレット
マーガレット1
マーガレット
マーガレット ピンク
マーガレット・ピンク


2月20日の誕生花  マーガレット  花言葉「恋の行方」
今日の格言 「人付き合いがうまいというのは、人を許せるということだ。」

今日は快晴の朝です♪ 日差しも強く 暖かいです♪
今日は 撮影日和なので どこかにお出かけして来よう~~っと

この花も 品種が増えて 各園芸メーカーから 色んなマーガレットが出ており
どの花も とってもキレイです。

マーガレット 科名 キク科 キク属
半耐寒性多年草 原産地 カナリア諸島 
別名 木春菊  草丈 30~50cm   開花期 1~6月

ギリシャ語のマルガリ-テス(真珠)に由来しているマーガレット。

真珠が心癒してくれる清らかな宝石であるように、心身の緊張をやさしくときほぐし
リラックスさせてくれる癒しの効果のある花なのです。

マーガレットとは、ギリシャ語で'真珠'を意味する女性のクリスチャンネーム
であると言われています。
和名は花がシュンギクに似ており、大きくなると根元近くの茎が木本化する
ことにちなむもの。

イタリアでは、かつての王ウンベルト1世の妃マルゲリ-タ
(イタリア語でマーガレットにあたる)が慈善事業に力を注ぎ国民に
慕われたことから、この花が国花とみなされた時代もあるほどで
現代でも多くの人に慕われている花です。

ボンザ・マーガレット
ボンザマーガレット
ボンザマーガレット2
ボンザマーガレット1
ボンザマーガレット1
  1. 2010/02/20(土) 10:10:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

エビネ3
エビネ1
エビネ

この蘭も 山野草の趣を持った蘭で 昔は日本の山地で自生してました。

今回の世界らん展でも エビネの出品は多かったのですが 
撮影が失敗して いい作品が少ないのが残念・・・

エビネ ラン科

5月に咲くラン科の植物です。
以前は山野に多く生えていましたがいまはほとんど見られなくなってしまいました。
人が採って荒らしてしまったのです。

名は地下茎がこぶこぶしてつながっている様子をエビに見立ててつきました。
季節の花として色や形にずいぶんと違いがみられることがわかります。
ナツエビネは夏咲きの花です。

花は新しい葉の間から1本の花茎を出し、10くらいの花をつけます。
外花被片と内花被片の色でみかけの色が変わってきます。

キエビネ
エビネ キエビネ


  1. 2010/02/19(金) 20:30:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

フウラン
風蘭  フウラン

同じラン科の植物でも この風蘭は 山野草の雰囲気を持ってるし
可愛い花が咲くので 人気があります。
我が家にも 青い風蘭が一鉢 あります♪

フウランの花の魅力は、花姿もさることながら、強い甘い香りでしょう。
特に夕方になると濃厚な匂いを漂わせます。
人によってはバニラに似た香りという人もいます。
ちなみにバニラも蘭科の植物です。

風を好むことが「フウラン(風蘭)」という名の由来といわれますが
甘い匂いがその風にのり、昆虫をおびきよせ花粉を運んでもらう
役割をはたしています。

しかし、虫だけでなく人間をも惹き付けて株を増やしてもらうのも
フウランの生存作戦のひとつなのでしょうか?
フウランは香りだけでなく花姿も葉も根も美しく
まさに株全体が観賞の対象となる植物です。

我が家の風蘭
フウラン w
  1. 2010/02/19(金) 20:22:07|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

デンドロキルム
デンドロキルム1
デンドロキルム

ちょっと 変わり種の蘭の紹介
蘭の中で 一番 種類が多いのが デンドロビウム これと名前が似てますが
お花は まったく違い これが 蘭なの?ってお花です。

デンドロキルム(Dendrochilum)
別名:デンドロキラム(Dendrochilum)

デンドロキルム(Dendrochilum)は、多数の薄黄色の小花を2列に咲かせる着生蘭で
垂れ下がった穂状の長い花穂が尻尾のように見えます。

デンドロキウム 学名:Dendrochilum
科属名:ラン科デンドロキラム属
別名:デンドロキラム(Dendrochilum)
原産地:フィリピン等の東南アジア
草丈:20~60cm 開花期:10~翌年5月 花色:白~薄黄

デンドロビウム 毬
デンドロビウム 毬1
デンドロビウム  プルプレウム

蘭の中で 一番 種類が多いデンドロビウム 
同じ デンドロビウムの仲間なのに 花姿は 全く違った蘭もあります。
蘭で有名な デンファレもこの仲間です。

デンドロビウム ノビル系
ラン科 学名  Dendrobium spp
原産地 日本 ミャンマー タイ など
草丈 30cm~80cm 開花時期 2月~4月

東南アジアから果てはにいほんまで数多くの品種が幅広い地域に分布しています。
品種によって草姿も花も様々まで、「ノビル系」「デンファレ系」
「フォーミディブル」「原種」の大きく4つのグループに分けられます。

いちばんよく見るのは「ノビル系」で、日本の冬の室温でも十分に育てることが
できるので、洋ランの中では育て方はかんたんといわれている方です。
上手に育てると毎年咲きます。
  1. 2010/02/19(金) 20:09:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

リカステ
リカステ

今日は昼間は 暖かでしたが 日が落ちたら 一気に冷え込んで来ました。
来週から 少し 暖かくなる予報なので 少しは気が楽です♪

今日も 世界らん展からのお花です。
蘭の種類は 多いので どうしても 日数が掛かりますね。
明日で 最終にするつもりです。

リカステ ラン科  学名  Lycaste
原産地  熱帯アメリカ  草丈  30cm~80cm  開花時期  2月~5月

メキシコからボリビアにかけての中南米におよそ25~30種が分布するランの仲間で
樹木の幹や枝、ときには崖や岩の上に根を張り付かせて自生します。

地際の茎(バルブ)が卵形に大きくふくらみ
その先端に縦じわのある大きな葉を3~4枚付けます。
休眠期になると葉を落とす落葉性のものが多く
葉の落ちた後には鋭いトゲのようなものが残ります。

大きながく片が3方向に開いて正面から見ると正三角形に見える独特な
雰囲気を持っています。
高地性と低地性の2タイプに別れますがどちらも夏のむし暑さには弱く
冷涼な気候を好みます。アンバランスなほどに葉が
大きくなるのもこの植物の特徴です。

リカステの名前はギリシア神話に登場するトロイ王の娘
リュカステにちなみます。

  1. 2010/02/19(金) 20:02:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2月19日の誕生花
ユーフォルビア 白雪姫
ユーフォルビア2
ユーフォルビア 白雪姫

2月19日の誕生花  ユーフォルビア・白雪姫 花言葉「協力を得る」
今日の格言 「人生は道路のようなものだ。
一番の近道は、たいてい一番悪い道だ。」

今日も寒い朝ですが 青空も見えるので 昼間は暖かくなるかな?

この花は ユーフォルビアなので ポインセチアやハナキリンの仲間です。
この科は 同じ科なのに姿形がまったく違います。

ダイヤモンドフロストより 花弁(?)が大きく うちも欲しいのですが
惜しむらくは 耐寒性が乏しいので 越冬は うちでは無理です。

ユーフォルビア「白雪姫」 Euphorbia leucocephala
トウダイグサ科 常緑低木 原産地 中米

白雪姫というのは、日本でついた名前で(※)正式名称ではありませんが
細い葉茎の上に白雪姫をイメージさせるような
ほっそりとした上品な白い「苞」を開きます。
(これは花ではなく、本当の花は頂に小さくついています。) 

見時は11月~1月。
生産者さんの情報によりますと、4~5月にも少し返り咲くそうです。

ユーフォルビア・ダイヤモンドフロスト
ダイヤモンドフロスト1
  1. 2010/02/19(金) 07:30:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

桜姫千鳥
桜姫千鳥1
桜姫千鳥  エピデンドルム・ケントラデニア

この蘭は 着生ランの一種で 去年も園芸店で撮影した事があります。
園芸店のは 2mくらいの古木に この蘭を沢山 着生させ 販売してましたが
なんと お値段は30万位しました。

蘭 そのものは 一鉢1000円くらいで 手に入る筈です。
名前も花も 可愛い蘭です。

桜姫千鳥  エピデンドルム・ケントラデニア
Epidendrum centradenia
ラン科 エピデンドルム属  学名 Epidendrum centradenia
分布: 中・南アメリカ(コスタリカ・パナマ)原産

茎(バルブ)は、細長く伸びて、楕円形の葉を互生する。
中には、茎が肥大して紡錘形のバルブとなり、頂に1~3枚の
葉をつけるものもある。
花茎は、茎またはバルブの頂からでて、多数の総状花をつける。
花径2.5cm、茎は細いが太い根が沢山でる。
高芽を切り離して殖やせるようだ。

  1. 2010/02/18(木) 20:57:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

青い蘭特集 Ⅲ
青
オンシジウム 青花

オンシジウムは 鮮やかな黄色い花のイメージですが 青花のオンシジウムは
この展示会で 初めてみました♪

オンシジウム  ラン科  学名  Oncidium cvs.
別名  スズメラン  原産地  中南米  樹高  15cm~70cm

主に中南米原産のランです。
その葉の英状から「薄葉系」・「厚葉系」・「剣葉系」・「棒状葉系」
の4グループに分かれます。

温度も5度以上あれば、冬の管理ができるという、ランを育てたことがない方でも
けっこう簡単です。

ほかのグループに属するものは、温度管理などが難しいものも多く
中級者以上向けとなります。

花色は黄系統がいちばん多く、赤、ピンクなどもあります 。

  1. 2010/02/18(木) 20:48:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

青い蘭特集 Ⅱ
青1
青2
青3
青い洋蘭

今回の「世界らん展」には 青い洋蘭が 数多く観られました。
ただ 名前は 名札が少なかったので よく判らないのが多いです。

上がカトレア 真ん中がファレノプシス 下がカトレアかなぁ~~?

バンダほど 真っ青じゃないにせよ 青い蘭も 素敵ですよねぇ~~
  1. 2010/02/18(木) 20:42:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

青い蘭特集
バンダ
バンダ3
バンダ

洋蘭の中で もっとも青く咲く蘭の花として有名です。
自然界では 案外 青い花は少ないし 蘭の青ってのも
かなり珍しい気がしてましたが 今回 「世界らん展」には 数多くの青い蘭
が 出品されてたので 今日は 青い蘭 特集をします。

バンダ ラン科  学名  Vanda   
原産地 東南アジア~オーストラリア
草丈   20cm~1m 開花時期  2月~4月 8月~10月

洋ランの中でも特に美しいブルーの花を咲かせるものがあるバンダ。
カラフルで美しい洋ランのイメージですが、ブルー系の花で
これだけ美しいものを咲かせるのは、バンダ以外あまり思いつきません。

もともと温暖な気候を好み、日本の寒い冬では育てにくい植物です。
冬でも最低15℃、できれば18℃程度の温度を理想とします。
そういう意味では育てにくい植物といえるのかもしれません。

この写真は 何故 赤味が多い青に写ったんでしょうね?
設定は いじってないんですが・・・

バンダ1
  1. 2010/02/18(木) 20:36:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

5048.jpg
5044.jpg
雪・・・

今朝は 天気予報も都内でも積雪予報でしたが 
横浜もジャンジャン雪が降ってました。

雪が降ると 都会は交通機関がマヒするので 心配しましたが
出かける頃には止み 昼間 お日様も久々に出たので あっという間に
雪は消えちゃいましたね。

今朝は寒いだろうの予測で 厚着をして出かけたので 昼間は暖かでした。

一雨毎に 暖かくなるって言うので 早く 春よ来い!ですねぇ~
今年は 花粉症も 治った気がしてるんですが・・・今のところ前兆はないです。
  1. 2010/02/18(木) 20:29:26|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2月18日の誕生花
ムラサキハナナ2
ムラサキハナナ
紫花菜  ムラサキハナナ

2月18日の誕生花  ムラサキハナナ  花言葉 「聡明」
今日の格言 「物や道具に感謝できる人は 働きをより大きく伸ばしていける」

起きたら 天気予報以上の雪 雪 雪 です・・・・
もう 横浜は一面 真っ白 今日の外回りは 大変です。

雪質も 今日は寒いらしく 綿雪 雪が舞ってる感じです。
けっこう 積もりそうな雰囲気ですよ。

今日の誕生花 ムラサキハナナも 去年はもう咲いてましたが
今年は まだ 咲いてるのを見掛けません。
咲き始めるのは3月になってからかも~~
うちも 今年はムラサキハナナの種をプランターに蒔きましたが
花が咲くってのには 程遠いです。

ムラサキハナナ  アブラナ科 オオアラセイトウ属
学名  Orychophragmus violaceus
別名  オオアラセイトウ  ショカツサイ(諸葛采)<漢名>
花期  早春  

中国原産の二年草で、日本には江戸時代に渡来して
観賞用に栽培されていましたが、現在では一部野生化しています。
アラセイトウ(旧ストックの呼名)の仲間なのが名の由来ですが
一般にはムラサキハナナの名が多く使われているようです。

花の少ない時期に、早春から咲く艶やかな紫色の花は
よく目立って春の訪れを感じさせます。
まれに白花種をみますが、単なる変異で別種ではないようです。

  1. 2010/02/18(木) 07:42:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

5037.jpg
5036.jpg
雀ちゃん

春蘭だけのアップでは ちょっと寂しいので 家に毎朝来る 雀ちゃんの写真を

朝 出勤前に 餌台に 小鳥の餌とヒマワリの種を出すと 雀ちゃんの
偵察隊がいるらしく 1分で2.30羽が集まります。
来る 雀の数は 毎朝 違いますね。 何故か 四十雀が一羽 混じってます。

ただ この餌台 通り道の脇にあるので 人が通るたびに 雀は大逃走~~
2,3分で また集まって来ます。
全員が 餌台に集まるわけではなく 下に落ちたのを専門に食べる雀や
監視役なのか 木に留って キョロキョロしてるのもいますよ。

朝 車の中から これを観るのも 中々 面白いですよぉ~~
案外 車のフロントガラスって 透明のようで青いですね。

4411.jpg
  1. 2010/02/17(水) 20:18:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

春蘭特集
S-11
S-12
S-1
S-3
S-7
春蘭  シュンラン

今日も寒い朝でした。 水浴び台の水は凍りついていなかったのに
冷たい風が吹いていて 外に出たら 長居はしてられませんでした。
いつになったら 暖かい太陽が拝め 春になるんだろう~~ね?

今日は 「世界らん展」から 春蘭の花に絞ってアップします。
春蘭は この前 誕生花で アップしたばかりでもあります。

この花も 蘭の仲間ですが カトレアや胡蝶蘭とは まったく違った雰囲気の
蘭の花です。
春蘭は 山野草の雰囲気も持ってる蘭ですね。

赤花系の春蘭だけでも30種類 春蘭図鑑を観ると 真っ赤な春蘭もありmす。
朱色系でも 20種類以上 個別名がある春蘭があります。

一般的に 赤系の春蘭は お値段も高いのが普通です。
この花も お値段は ピンキリで 毎日 ヤフーオークションが開かれてます。
  1. 2010/02/17(水) 20:10:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

2月17日の誕生花
ミモザアカシア
ミモザアカシア1
ミモザ・アカシア

2月17日の誕生花 ミモザ・アカシア  花言葉 「友情」
今日の格言 「素直に聞く心がないと 誰も本当の事を言ってくれない」

アカシアの蕾が沢山 出来てますが 今年は寒いせいか 去年より
開花が遅いですね。
この写真は 去年 2月14日にアップしてます・・・
やっぱり 去年より お天気が悪い気がしてたんですよ!

フサアカシアはオーストラリアのニューサウスウエールズ地方と
タスマニア島に野生する常緑樹で、約30の黄色の花が集まって付きます。
葉は2回羽状複葉でネムノキに似ています。

よく似た木にギンヨウアカシア(銀葉アカシア)があります。
日本ではおもに関西地方で切り花用に栽培され
ミモザと称して華道でよく使われます。

フサアカシアもミモザと呼ばれるようです。
世界大百科事典の「ミモザ」の項(春山行夫氏執筆)には
「アカシア属の花。主としてハナアカシアその他をさす」と書かれています。
この説に従えば、フサアカシアもアカシア属なので
ミモザの1種ということになります。  
  1. 2010/02/17(水) 07:53:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

5043.jpg
5042.jpg
5047.jpg
梅の花

今日は 友達たちと食事会で 久々に都心 渋谷に出かけて来ました。
道玄坂の途中にある 有名な「麗郷」って台湾料理店は 安くて美味しい店
で通名なんだそうです。

平日なのに この店だけは大繁盛~~
料理は 美味しかったし 料金もリーズナブル それに料理が出てくるのが早い

帰りはみぞれ混じりの雨・・・ 
でも渋谷からだと30分かからずに帰宅できました。

梅の花 どこも満開ですねぇ~~
この写真は 白 ピンク 紅 の梅の花を一緒に撮影したつもり・・・
白の花付きがイマイチでした・・・

今日はみんなの処には 訪問せず 早めに就寝~~~
  1. 2010/02/16(火) 23:08:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2月16日の誕生花
カーネーション
カーネーション1
カーネーション

 
2月16日の誕生花 カーネーション  花言葉 「愛を信じる」
今日の格言「自分の立場を見極める事で 今 何をすべきかハッキリ見える」

昨日の夜はけっこう雨が降りました。
今日は夜に 友達と会う約束をしてるので 帰宅が遅くなります。
久々に夜の渋谷にお出かけぇ~~~

原種の栽培は古代ギリシア・ローマ時代からで
観賞以外にワインの香りづけにも使われた。
イギリスには、一説によると紀元前55年にカエサルの兵が
持ち込んだと伝えられ17世紀に改良が進んだ。

イギリスの薬剤師パーキンソンは1629年、『地上の楽園』で
51の品種をあげて図示し、以降20世紀にアメリカにとってかわられるまで
イギリスはカーネーションの栽培と改良の中心地であった。

日本にはオランダから正保(しょうほう)年間(1644~48)に渡来し
オランダセキチクとよばれた。

カーネーションの名は、大正期以降、ガラス温室の普及で
大量生産が始まるとともに定着した。
  1. 2010/02/16(火) 07:25:37|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

P-9
P-1
P-3
パフィオペディルム

今日もお天気予報が当たり 午後から雨・・・夕方にけっこう強く降りました。
2月はお天気の悪い日が多く 只でさえ お花が少ない時期なのに
撮影が思うように行かないですね。

今日は「世界らん展」から パフィオペディルムだけ絞ってアップします。
形が 変わっていて ちょっと食虫花を思わせますが 虫は取りません。

日本にも この蘭の仲間で 敦盛草 熊谷草などがあります。

これ 一輪で35,000円ってのも売ってましたよ。

P-10

パフィオペディルム(Paphiopedilum) は、他のランと比べて萼片が1枚足りず
また下の萼片が唇弁(袋状)になっているのが特徴の
ラン科の非耐寒性常緑多年草です。

唇弁は食虫植物の捕虫袋を思わせて不気味なものもありますが
中にはユーモラスなマリポエンセ(malipoense)や
可愛いピンクのデレナティ(Delenati)もあります。

通常、花茎の先端に1個の花を咲かせます。
葉は緑色で幅広く丸味を帯びており花茎より短めです。

パフィオペディルム(Paphiopedilum)
学名:Paphiopedilum Hybrids
別名:パフィオペディラム、シプリペディラム、レディスリッパ(Lady's slipper)
科属名:ラン科パフィオペディルム属
原産地:東南アジア、中国南部、(園芸品種)
草丈:20~40cm 花色:褐色 ・黄・緑 ・桃・赤・白・茶 ・斑入り・筋入り 
開花期:10~翌年5月 花径:6~12cm

沢山 撮影したので これは スライドにしてみました♪


  1. 2010/02/15(月) 20:47:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

2月15日の誕生花
チューリップ
チューリップ1
チューリップ

2月15日の誕生花  チューリップ  花言葉 「愛の表現」
今日の格言「国があってこそ個人の生活である 国の恩恵に感謝しよう」

今日もドンヨリお天気 晴天は昨日 一日だけでした。
今週の予報も あまり良くないですね。
でも もう2月中旬 春は直ぐそこに迫ってます。

チューリップの植え時期は 秋  今年は原種系のチューリップを沢山 
植えたし 去年 咲いたチューリップもそのままなので 予定としては
春に沢山のチューリップが楽しめる筈です。
もう 芽が出始めてるのも あります♪

チューリップは 非常に育てやすい球根で 秋に傷のない球根を植え
鉢が乾いたら たっぷり水を上げる事さえ 忘れなければ 大概 春に
元気に咲きます。

冬 芽が出ていなくても 地中で生きてるので 水遣りと日に当てる事を
忘れないように すればいい事だけですね。

チューリップ・ライラックワンダー
チューリップ ライラックワンダー
チューリップ 八重咲き
チューリップ
  1. 2010/02/15(月) 07:35:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

3-D.jpg
3-B.jpg
青い蘭

今回の展示会は 名前があるものと ないものがあるので 個別名は困難
多くの園芸店も参加しており 半分以上は即売店でした。
全体的に お値段は ちょっと高めの感じがしました。

蘭の種類は多く 有名なところで
カトレア デンドロビューム 胡蝶蘭 春蘭 エビネ リカステ
ウチョウラン バンダ オンシジューム エピデンドラム シンビジウム
パフィオペディルム デンドロキルム エピデンドルム 等々

お好みは 好き好きですね。
カトレアの艶やかな姿もいいし 春蘭の素朴な姿もいいです。

ミニ・カトレア
3-A.jpg
デンドロビウム
3-F.jpg
  1. 2010/02/14(日) 20:54:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

2-A.jpg
2-C.jpg
2010年 世界らん展 日本大賞

今回の最優良作品が このデンドロニウム
昨日の読売新聞に この記事が載ってましたが 製作者は
20平米の温室を持ち 300種類の蘭を育てている 
その業界では有名な人だそうです。

ラン用の水は 備長炭でろ過した水を使用し 
家族よりも過保護に育ててるそうです。

デンドロニウムでは 異常に花付きが良く 大株なんだそうです。

優秀賞 銀賞
3-E.jpg
優良賞  銅賞
3-G.jpg
  1. 2010/02/14(日) 20:39:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

1-C
1-A
東京ドーム 世界らん展

今日は東京ド-ムまで「世界らん展」を観に行って来ました。
今日は日曜日で お天気もいいので 混んでるだろうなぁ~~の予想通り
11時頃に到着しましたが すでにドーム駐車場は満杯
入場ゲートも大混雑・・・

中も予想通り 人 人 人 ざっと3万人は入場してたんじゃないかな?
たぶん 今日だけで 入場者数は10万人を超えると思います。
入場料2000円×10万= 主催者は ウハ ウハ♪ ですねぇ~~

下の写真は 観客席を休憩所にしてる所 ここもギッシリ満員
パリーグの野球の試合よりも 人が入ってます。

入場者は 年配の方が多く お孫さんが付き添いで来てる人が多く
微笑ましかったです。

ただ 携帯で撮影する人が多く 携帯は花に近づいて撮影するので
他の人の撮影の邪魔になりますねぇ~~

自分でハンディーライトを持参し 撮影してる人もいました。

4-A
4-B
  1. 2010/02/14(日) 20:27:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

2月14日の誕生花

春蘭  シュンラン

2月14日の誕生花  春蘭  花言葉 「素直な仕草」
今日の格言 「きちんとした躾が土台になって 子供の個性が輝いてくる」

春蘭は去年 スライドを作ってるので 去年のスライドをアップします。
今日は昨日の雨が 嘘のように快晴~~♪
これから 東京ドームの 世界らん展に行って来ます。
ドームの人工芝の上には滅多に入れないので マウンドから見た客席
ってのも楽しみです。

春蘭は 一昔前は高価で 中々手に入らなかったお花だそうです。

春蘭は江戸時代から盛んに楽しまれてきた古典植物で
日本では九州、四国、本州と割合普通に自生している。
花の色、形も変化がある。

日本のものにも香りのするものが、たまに見つかった。
これらに名前を付け、園芸品種として受け継がれてきている。
そして相撲の番付表のような「春蘭銘鑑」を作られている。
現在では、バイオレクノロジーで培養されるので多量に出回り
以前ほど高価ではなくなった。
  1. 2010/02/14(日) 09:06:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

フリージア2
フリージア1
フリージア

フリージアは 去年 八丈島に行った時に たくさん咲いてました。
私が行く直前まで この球根を 来島の観光客に無料で配ってたそうですが
僅かの差で 貰えなかった。

フリージア [学名:Freesia] アヤメ科の秋植え球根草

アサギズイセンともいう。南アフリカ原産。
球根は細長い紡錘状の球茎で繊維質の被膜に覆われ、植え付けるとすぐ発芽し
5~6枚の線形の細長い葉を伸ばして越冬するので
暖地以外ではフレームか温室で切り花、鉢物栽培する。

花茎は高さ30~40センチメートル、細長い漏斗状で香りの高い花を約10個開く。
白、黄、桃、紅、橙、紫色など花色は豊富で、
一重咲きを主に、半八重、八重咲きもある。

フリージア
  1. 2010/02/13(土) 20:10:26|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

温室の花シリーズ
サンゴアナナス
サンゴアナナス

お花の在庫が乏しくなって来ました。
来週までに補充しないと 1週間持たないかも・・・

今日は 前に大船FCで撮影した温室のお花シリーズを!

サンゴアナナス 学名:Aechmea fulgens Brongn. var. fulgens Brongn.]

パイナップル科の観葉植物。ブラジル原産。葉は白粉を帯びた淡緑色で
基部は短い筒状となる。
花穂は直立し、100個以上の花をつける。
花は青紫色で短命であるが、萼(がく)は朱赤色の球状で数か月も美しく
サンゴ玉のようにみえるのでこの名がある

サンタンカ スーパーキング
サンタンカ スーパーキング

サンタンカ   アカネ科  常緑低木  東南アジア原産
大きさ 背丈25~100cm  横幅25~70cm
主な見所 花(5~10月)

照りの強い濃緑の葉と、鮮やかな赤やオレンジの小花を房状につける姿が
熱帯の花木らしいエキゾチックな印象をもっています

小さな花が集まり、全体で見ると丸みを帯びたようになります。
花色は赤が美しく人気ですが、オレンジや黄色などもあります

半日陰に強く、やや湿った環境でも育つので、室内鉢花や半日陰の夏花壇にも
用いられるようになりました。
ただし、強い日ざしのある場所では葉焼けしてしまいます

トーチジンジャー
トーチ・ジンジャー

トーチ・ジンジャー ショウガ科ニコライア属の常緑多年草
学名は Nicolaia elatior。 英名は Torch ginger。

マレーシアからインドネシアが原産です。
高さは3~4メートルほどになり、葉は細長くて「しょうが」に似ています。
杖のような花茎を伸ばして球状花序をつけ、赤色からピンク色の
苞が目立つ花を咲かせます。

観賞用のほか、若い花序は香味野菜、果実は生食に、種子は香辛料に利用されます。
別名で「カンタン」とも呼ばれます。

バナナ
バナナ

バナナ 1 [banana]
バショウ科バショウ属の大形多年草で果実を食用にする種類の総称。
熱帯で広く栽培される。長い葉鞘(ようしよう)が重なり合って仮茎となり
高さは3~10メートル。
葉は長楕円形。果実は長さ10~40センチメートルの円柱形で、段状の房につく。
多くの品種がある。実芭蕉。[季]夏。

自然の状態で黄色くなったバナナって 食べた事がないですが
美味しいのかな? バナナって 昔より安くなりましたよね?
  1. 2010/02/13(土) 19:52:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

マネッチア
マネッチア1
マネッチア

今日も朝から みぞれ交じりの雨で 屋根は真っ白になってました。
こんなに寒いのに 雪にならないのは不思議ですね~~
案外 雪になった方が 寒くないんじゃないかな?

今日は土曜日ですが出社日 こんなに寒くても 汗をかくほど
しっかり働きました♪
在庫も沢山出来たので 来週は多少 楽かなぁ~~

お花の在庫が少なくなってきたので 明日は東京ドームの
「世界ラン展」に行って来ます。
入場料が2000円もしますが 前売り券を1300円で購入してあるので
多少は安く観れます。

マネッチア アカネ科 南アフリカ原産
非耐寒性つる性植物   別名 : アラゲカエンソウ

ファイヤークラッカー・ヴァイン(爆竹つる草)という英名は
離れてこの花を見ると、火がついてパチパチはじける爆竹を連想するでしょう。

つる性で筒状の花は赤く、口元だけが黄色という配色。
支柱を立ててそれにからませるほか、つり鉢仕立てにすることもあります。

寒さには弱いので、冬は室内に

  1. 2010/02/13(土) 19:43:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

2月13日の誕生花
アルメリア
アルメリア2
アルメニア

2月13日の誕生花  アルメニア  花言葉 「深く共感します」
今日の格言 「周りの人の働きに気が付いた時 自分の働きが一層生きてくる」

雨の朝です・・・ 今日は木曜に休んでるので出社日
一日中 工場で肉体労働だから 大変です。
張り切って 行かねば・・・!

アルメリア
科名・分類 イソマツ科  常緑多年草  北半球の温帯原産
大きさ 背丈10~15(花茎20~40)cm  横幅20~30cm
主な見所 花(3~6月)

芝のように密生した葉の間から、かんざしのようなかわいいピンクの
花を咲かせます
花つきがよく、株も小さくまとまります
株元をよく見ると、ロゼットではなく短めの茎に
葉がたくさんついてるとわかります
海岸の乾燥した場所に自生し、高温多湿には弱いです
  1. 2010/02/13(土) 07:40:20|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

西洋おだまき
西洋おだまき1
西洋オダマキ3
西洋オダマキ

うちのかみさんは このオダマキが大好きで 家に沢山あります。
西洋オダマキは 放っておいても 翌年 開花しますが
去年 購入した 深山オダマキ 山オダマキは 再開花してくれるかな?
うちには かなり珍しい種類の オダマキが沢山あります。

セイヨウオダマキ(西洋苧環)
別名:アキレギア(Aquilegia)、アクイレギア

キョ(距)が長く、3出3回羽状に分裂した葉が特徴の多年草
セイヨウオダマキ(西洋苧環)はアメリカ苧環(アメリカオダマキオダマキ)の
園芸品種や交配改良種で、キョ(距)が長く
3出3回羽状に分裂した葉が特徴の耐寒性多年草です。

セイヨウオダマキ(西洋苧環)は、花壇や鉢花、切花にされます。
日本には、ミヤマオダマキ(深山苧環)を園芸化したオダマキ(苧環)があります。

学名:Aquilegia hybrids
別名:アキレギア(Aquilegia)、アクイレギア
科属名:キンポウゲ科オダマキ属
原産地:アメリカ、ヨーロッパ
草丈:30~90cm 花径:3~5cm 開花期:5~6月 
  1. 2010/02/12(金) 21:03:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
前のページ 次のページ

プロフィール

ぱぱいや

Author:ぱぱいや
.
外回りのお仕事なので いつも珍しい花 キレイなお花がないか注意しながら運転してます♪

街や郊外で見かけた花の便りを毎日 
紹介しようと思ってます。

ブログ内検索

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

最近の記事

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード