FC2ブログ

街の花便り 

季節のお花を紹介してます。

6月26日の誕生花
ガザニア
ガザニア1
カザニア

6月26日の誕生花  ガザニア  花言葉 「潔白」

朝 誕生花のアップを忘れて 出かけてしまいました。
お天気は 朝は涼しかったですが 午後からムシムシしており
時折 雨も降ったりしてます。

暖かい地方の植物ですが 案外 耐寒性が強く 地植えだと かなり繁殖します

ガザニア キク科
学名 Gazania rigens 原産地 南アフリカ
別名 クンショウギク
草丈 15cm~40cm 開花時期 5月~10月

原産地は南アフリカですが現在育てられているガザニアは
ほとんどがヨーロッパで園芸品種として改良されたものです。

花びらが重なり合い丸くなり、その整った形からクンショウギクの別名があります
花は春~秋まで長期間咲き続けます。

ガザニア
ガザニア1


  1. 2010/06/26(土) 14:50:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サルビア特集 Ⅴ
サルビア・パテンス
サルビア・パテンス

サルビアの中でも特に花が大きく5cm近くあり とても美しいです
伸びながら咲き進み、主に夏によく咲きますが 花後短く切り戻すと
再び咲き、この作業の 繰り返しにより6月から10月頃まで 長く楽しめます

サルビア・パテンス  学名  Salvia patens
シソ科 多年草   花期  初夏から秋咲き 
草 丈  60cm前後(生育後の高さで花丈も含む)
耐寒性  ー7℃  耐暑性  強 
日 照  : 日向~やや半日陰
代表的な原産地 : メキシコ

5cmほどの大輪で澄んだブルーの 花がすばらしい、最も美しいサルビアのひとつ
初夏から秋まで繰り返しよく咲く

サルビア特集 Ⅵ
ラベンダーセージ
サルビア・インディゴ・スパイヤー

ラベンダーセージ(Lavender sage) は、春~秋に青い口唇状の小花を咲かせる
宿根サルビアの仲間で、ブルーサルビア (S.Farinacea)と他の種とから
育成された交雑種でシソ科サルビア属の半耐寒性常緑宿根草です。

長期間咲き続けますが、時間の経過と共に、花弁と萼だけが残ります。
別品種のナロウリーブドも、ラベンダーセージ(Lavender sage)と
呼ばれることがあります。

ラベンダーセージ(Lavender sage)
学名:Salvia cv. Indigo Spires
別名:Salvia 'Indigo Spires'(サルビア・インディゴ・スパイヤー)
科属名:植物界被子植物門双子葉植物網シソ目シソ科サルビア属
草丈:70~150cm 開花期:4~11月 花色:青

  1. 2010/06/25(金) 21:07:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

サルビア特集 Ⅳ
サルビア・ネモローザ
サルビア・ネモローザ 白花
サルビア・ネモローサ (サルビア・シルベストリス)

トラノオのように咲く サルビアで 洋風のガーデンに似合いそうなお花

サルビア・ネモローサ  学名: Salvia nemorosa
シソ科 サルビア属
多年草   別名 サルビア・シルベトリス
原産地: 欧州~中央アジア
用途: 小~中鉢、花壇   開花期: 5~10月

花は紫~すみれ色で、小さいのですが花穂は長く、多数の花が着きます。
生育旺盛で長く咲き続けます。
高さは40~60㎝程度。葉は長卵形でさ10cm程度。耐寒性があります。
  1. 2010/06/25(金) 20:59:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

サルビア特集 Ⅲ
サルビア・コッキネア
サルビア・コッキネア1
サルビア・コッキネア

このサルビアも 育てやすいお花で 両方とも我が家で再開花したお花です。
基本的には1年草ですが こぼれ種で 春にはまた芽を出します。

サルビア・コッキネア  学名 Salvia coccinea
別名 テキサス・セージ    シソ科 サルビア属
種類 多年草 一年草
草丈 60cm   花期 7~11月
花色 赤色 薄桃色 等

温暖な地方では宿根するようですが、通常は一年草として種で増えます。
花期が長く数あるサルビアの中では代表的な品種です。
次々と花を咲かせ楽しませてくれる植物。

日当たりのよい場所を好みます。とても丈夫な植物です。
  1. 2010/06/25(金) 20:40:26|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サルビア特集 Ⅱ
ヒゴロモソウ
サルビア
サルビア2
サルビア・スプレンデス
サルビア・スプレンデンス

一般的に サルビアと言えば 一番上の花 緋衣草の事を差しますが
今 スプレンデンス系にも 色んな色があります。

丈夫で長く咲きつけるお花なので 公園のガーデンには良く使われてます。

サルビア Salvia splendens.
シソ科  サルビア属
春まき1年草   別名 ヒゴロモソウ
世界の熱帯~温帯   庭植え、鉢植え
開花時期 7月~10月

広い面積に植え込まれたサルビアが、真っ赤に咲いているのは
本当に美しいものです。

サルビアの別名をヒゴロモソウというように、昔はサルビアと言えば
スプレンデンス種の赤花が多かったですが
最近はブルーサルビアと呼ばれるフォリナセアやコクキネアなども
よく栽培されています。

  1. 2010/06/25(金) 20:33:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

サルビア特集 Ⅰ
サルビア・グアラニチカ
サルビア・グアラニチカ1
サルビア・グアラニチカ2
サルビア・グアラニチカ  メドーセージ

今日は会社でも お客さんの処に行っても サッカーの話で
持ちきりでした。
やっぱり サッカーファンじゃなくても 
国際試合で勝ってくれるのはうれしいです。

今回は 練習試合で連戦連敗 得点力が低く
一点も取れずに 3連敗知るんじゃないかと思ってました・・・

今日は 一回目のセージ特集をします。
セージ系のお花は多いので 夏にもう一回するかも?

サルビア・グアラニチカ(シソ科サルビア属)
【学 名】Salvia guaranitica  【別 名】メドーセージ
【原産地】南アメリカ  【花 期】夏~秋
【名前の由来】原産地の一つのパラグアイの先住民族グアラニ族(Guarani)から

常緑亜低木、半耐寒性。流通名メドーセージの名で知られています。
成長が早く1m~1.5mくらいになり茎の先端に濃い青紫の穂状花序をつけます。

萼の色は黒っぽく蛇が口を開けたような形をした個性的な花です。
挿し木や株分けでも増やせる花です。

  1. 2010/06/25(金) 20:20:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

6月25日の誕生花
クラスペディア
クラスペディア

6月25日の誕生花  クラスペディア  花言葉 「心の扉を叩く」

朝起きて 一番にTVをつけ 昨日のサッカー結果を。
えへへ 良かったぁ~~ 前半で2点も先制
練習試合で連戦連敗で 今回は期待薄でしたが 本番で頑張ってくれてます。

今日はきっと どこもサッカーの話題で盛り上がりますね♪

クラスペディア(Craspedia) は梅雨時~秋に、真っ直ぐな固く細長い茎の
先端に、黄色い球状の花を咲かせる多年草です。

クラスペディア(Craspedia) には、舌状花が無く、筒状花だけしか咲きません。
英名を、ゴールドスティック(Gold sticks) や、ドラムスティック(Drum sticks) 
と呼ばれるのは、その形状から来ています。

クラスペディア(Craspedia)は、切り花やドライフラワー、鉢物に使われます。

クラスペディア(Craspedia)
学名:Craspedia globosa(クラスペディア・グロボーサ)
別名:クラスペディア・グロボーサ(Craspedia globosa)、
    ゴールドスティック(Gold sticks) 、ドラムスティック(Drum sticks)
科属名:キク科クラスペディア属
原産地:オーストラリア
開花期:6~9月

  1. 2010/06/25(金) 07:33:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

8166.jpg
8227.jpg
琉球朝顔  リュウキュウアサガオ

去年 この朝顔は 西洋朝顔のヘブンリーブルーだと勘違いしてました。

普通、朝顔はタネまきをして育てますが、この琉球朝顔はタネは出来ませんので
挿し木で増やします。 夏の間(6月頃から11月頃まで咲きます。

お庭のフェンスに絡ませたり、朝顔ネットを利用して
窓の日よけにして楽しんだ後は、秋に株元から数センチを残して刈り込み
鉢に植え替えて管理すれば、翌年の春には新芽を伸ばし始めます。

宿根草ですが、寒冷地では越冬出来ません。(関東では大丈夫。)
花は直径約10センチほどで、数個ずつ固まって咲く房咲き性です。

朝はブルーで、午後から夕方にはピンク色に色が美しく変化する
『クリスタルブルー』と言う品種もあります。

琉球朝顔・クリスタルパールピンク
8230.jpg
  1. 2010/06/24(木) 21:24:39|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ヒメユリ
ヒメユリ1
姫百合  ヒメユリ

沖縄のひめゆりの塔は有名ですが 案外 姫百合ってみた事が少ない筈です。
このお花も 絶滅危惧種に指定されていて 今 自然の状態で咲いてるのは
ごく僅かだそうです。

絶滅危惧種は 不思議に 園芸店で手に入ります・・・

ヒメユリ(姫百合) は、夏、一際目立つ鮮橙色の花を咲かせる
ユリ科ユリ属の非耐暑性・耐寒性球根植物(多年草)です。
英国王立園芸協会による園芸区分では1群でアジアティック・ハイブリッド
(A)のグループに入るユリです。

ヒメユリ(姫百合)   学名:Lilium concolor
科属名:ユリ科ユリ属   別名:スターリリー(Star lily)
原産地:日本、朝鮮半島
茎丈:30~60cm  花径:6~7cm
開花期:6~7月   花色:橙・黄・赤
  1. 2010/06/24(木) 21:17:40|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

フウセンカズラ
フウセンカズラ1
風船蔓  フウセンカズラ

毎年 人の家の庭先に咲いてる 風船蔓を撮影してましたが
今年は 園芸店で 安く苗を売ってたので 2株購入~♪
フェンスの日当たりのいい場所に 植えたら 
蔓が伸びて 直ぐに花が咲きました。
風船は 花の目元に出来るんですね。

このまま 成長すると 秋に ホウズキのようにこの風船が赤くなります。

フウセンカズラ Cardiospermum halicacabum (ムクロジ科 フウセンカズラ属)

フウセンカズラは北米南部の栽培植物。
果実の形が風船に似ておもしろいので観賞用に栽培される。

植物体はツル植物としては繊細で、西日よけとしてプランターなどで植栽され
涼感がある。花は6月のおわり頃から咲き始め、散房花序となって
白い小さな花を咲かせる。

果実は膨らんで風船状となっておもしろい。
  1. 2010/06/24(木) 21:09:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ルリヤナギ
ルリヤナギ1
瑠璃柳  ルリヤナギ

本来は 亜熱帯の植物で 関東では越冬が難しいような事が
書かれてますが 横浜では 庭に植えてあるのが 普通に毎年咲いてます。

非常に キレイな色の花が咲き うちも鉢植えだったら 欲しい気もしますが
売ってるのを みた事がありません。

ルリヤナギ 学名:Solanum glaucophyllum
ナス科ナス属

原産地は、ブラジル、ウルグアイ、ペルーなどの南アメリカですが
温暖な地域では屋外に地植え出来ます。

寒さが厳しいと葉を落とすので、地植えの場合は寒風を
避けた日当たりの良い所が良いようです

長楕円の大きめの葉は銀灰色で、開花期でない時もシルバーリーフが
綺麗な常緑低木です。大きく育っても2m位までのようです。


花はラベンダー色の優しい色合い。茶道のお茶花としても好まれるそうです。
  1. 2010/06/24(木) 21:02:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

クガイソウ
クガイソウ1
九蓋草  クガイソウ

去年 池の平湿原に行った時に 途中の山道に沢山 咲いてました。
先週 川崎緑化センターに行った時に 咲き初めだったので
今日 様子見に行ったら すでに終期 
山野草は 下界だと花の寿命が短い気がします。

クガイソウ (ゴマノハグサ科)

草丈が一㍍を越える背の高い山草であるが、青紫色の花色も美しいし
穂状にすっと伸びた姿も素晴らしい。

しかも、茎に輪生してつく葉がバランス良くて、その方に木を取られる位である。
命名の由来も、葉のつき方から来ている。
葉は普通五、六枚が輪生するが、三枚から八枚位まで個体によって違ったりして
茎に何段にもなってついている。

九階草は段になっている状態を表現したものだが、必ずしも九段とは限らない。
  1. 2010/06/24(木) 20:55:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コンボルブルス・メアリーチーク1
コンボルブルス・メアリーチーク
コンボルブルス・メアリーチーク

朝から 今日は暑くなりそうでしたが 予想以上に
今日は蒸し暑くなりました・・・。
熊谷では 今年最高気温 真夏日を超えたそうです。

コンボルブルスは 青い花が特徴ですが ピンクのコンボルブルスもあります。
葉っぱの感じも 普通のと ちょっと違いますね。

コンボルブルス:メアリーチーク

従来はブルー系の花色だったコンボルブルスに新しく誕生した
夢のようなピンク色です。
花数も多く、ふんわりと鉢を覆うように咲き誇ります。

幼い葉の頃は丸葉ですが、成長すると美しいシルバーグレーの繊細な葉となり
それだけでも観賞価値が高く、こんもりとマットを形成しながら生え広が
、ほどよいボリュームとなります。

コンテナ、寄せ植え、花壇、グランドカバーや斜面から垂らすように植えたりと
幅広く利用できます。暖地では露地での冬越しも可能です。

ヒルガオ科の半耐寒性半常緑多年草(這性)
草丈 : 10~20cm
植付け適期:10月~4月  開花期 : 5~7月
用途 : 花壇、鉢植え、つり鉢
日照 : 日当たりを好む

コンボルブルス・ブルースマイル
コンボルブルス・ブルーカーペット1
コンボルブルス1
  1. 2010/06/24(木) 20:46:20|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

6月24日の誕生花
アストランチャ スノースター
アストランチャ・スノースター
アストランチャ
アストランチャ・ローマ 家

6月24日の誕生花  アストランチャ  花言葉 「愛の乾き」

今日は太陽が出そうなので 蒸し暑くなりそうです。

アストランチャは あまり馴染みがないお花ですが
去年 下のを購入し もう直ぐ 咲く予定。
切花でも売られてるのを みた事があります。
2㎝くらいの せり科独特の花が咲き 洋風の庭に似合います。

セリ科 アストランチャ(アストランティア)属 耐寒性多年草で丈夫です。
原産はヨーロッパから中央アジア、湿潤な粘土質の土壌を好む。
高さ20cm強の株から花茎が伸びて高さは50~60cmぐらいになる

開花時期:06月から08月

アストランチア・ローマ
  1. 2010/06/24(木) 07:39:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ラバテラ バイカラー
ラバテラ バイカラー1
ラバテラ・バイカラー

昨日 アオイ科のシダルセアをアップしましたが
このラバテラも同じアオイ科で シダルセアよりも 花が大きく
育てやすいそうです。

特に このバイカラーは 花径が6㎝くらいで キレイなお花が咲きます。
なんせ ラバテラの和名は 花アオイなので 花がメイン♪
ハイビスカスの 小型バージョンのようです。

ラバテラ  アオイ科
学名  Lavatera   原産地  ヨーロッパ  アジア オーストラリア
別名  ハナアオイ
草丈  50cm~1.2m 開花時期  7月~9月

世界各地に25種類が分布する植物で、一年性、二年生、多年性、低木
など様々な種類があります。

一見見たところはハイビスカスに似ていますが属が異なります。
日本にはトリメストリスという品種が明治時代に渡来し
花アオイという和名があります。

いままでこの品種以外の品種はさほど見られませんでしたが
最近になってちらほらといくつかの種類を見るようになりました。
ヨーロッパでは広く普及しており色々な園芸品種もあります。
  1. 2010/06/23(水) 20:29:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

オリエンタルリリー1
オリエンタルリリー 2
オリエンタルリリー

オリンタルリリーの代表種に 有名なカサブランカがあります。
カサブランカは 家にもありますが 去年 これの八重咲きの球根を
秋に植え 今 蕾が付き始めてるので 楽しみにしてます。

オリエンタルリリーは 最初から交配種なので お花の種類が多く
色も種類も大きさも 数限りなく ありますね。

百合は、日本でも欧米でも人気の高いユリ科ユリ属の耐寒性球根植物です。
日本で自生するヤマユリやカノコユリなどの交配品種群を
オリエンタルハイブリッドといい、花色は白や紅色が多く大輪の花を咲かせます。

中でも純白の花を咲かせるカサブランカが有名です。
また、アジアティックハイブリッドという園芸品種もあります。

オリエンタルリリー  学名:Lilium Oriental Group
科属名:ユリ科ユリ属
原産地:日本
草丈:60~150cm 開花期:6~7月 花色:白・桃・赤 花径:20~25cm

オリエンタルリリー 黄
8202.jpg

  1. 2010/06/23(水) 20:21:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

スズメガ
スズメガ1
大透羽蛾  オオスカシバガ

スズメガ(雀蛾)の一種で 案外 大きな胴体をしています。
クチナシの花が 好物で あっという間に喰い尽すそうです。

なんか蜂のようで ちょっと怖いですよね!

蛾とはいえども,オオスカシバという蛾は昼間活動します。

スズメバチかというような羽音を立てて,ブ~ンと旋回するもんだから
ついヒヤッと屈んでしまうけど,頭を押さえたままひょいと見れば
オオスカシバだった,ってことがたまにあります。

透明な羽を高速で羽ばたかしているデップリとした姿
こんな蛾,きっと見たことありますよね。
  1. 2010/06/23(水) 20:11:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

クレベラントセージ1
クレベラントセージ
クレベラント・セージ

この季節に咲き始める シソ科のお花は 非常に多く
セージ系の お花を沢山 撮影してあるので 近々 特集をします。
シソ科の植物は どれも丈夫で 育てやすいお花が多いですね。

クレベラントセージ  学名  Salvia clevelandii  
別名  ジムセージ  シソ科  ヤクヨウサルビア属
原産地  地中海沿岸  利用部分 花、葉、茎

花色が美しく、香りも強く、ポプリ向きのハーブ。
初夏の頃から青紫色の集合花をつけ始める。

草丈40~50cmくらい。
  1. 2010/06/23(水) 20:03:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

カンパニュラ・アルペンブルー
カンパニュラ・アルペンブルー1
カンパニュラ・アルペンブルー

今日は朝から雨が降っていて 気温が上がらず 涼しい一日でした。
午後に 雨は止みましたが 何故か 蒸し暑くなりませんでした。

雨もイヤですが 蒸し暑いのよりは まだいいような気がします。

カンパニュラ 一度 4月頃に咲きましたが 今 再開花中です。
同じ科の カンパニュラ・ベルフラワーも今 再開花してますね。

カンパニュラ・アルペンブルー  キキョウ科 ヨーロッパ原産

多年草。星形の小さな花が枝いっぱいに咲く最近人気の花。
普通は6月頃から花が咲きます。
茎が長くてよく下垂し、性質も丈夫なので吊り鉢、寄せ植えに向いています。

寒さに強く日当たりのよい場所を好みます。
高温多湿に弱いので半日陰の、風通しの良い涼しい場所で管理してください。
真夏のベランダは苦手で、涼しいところでないと夏が越せません。
  1. 2010/06/23(水) 19:57:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

6月23日の誕生花
カモミール
ローマン・カモミール

6月23日の誕生花  カモミール  花言葉 「友人との交わり」

今日は雨の朝なので 涼しいですね。
雨が降ってると 仕事も大変ですが 蒸し暑いより身体も楽です。

カモミール もう終わってますが 今日の誕生花
花芯がポッコリ出てる メキシカンハットにようなお花です。

カモミール   学名 :Matricaria recutita
別名 :カモマイル、カミツレ   原産地 :ヨーロッパ
科名 :キク科   属名 :マトリカリア属
性状 :1、2年草   開花期 :5~7月

カモミールという名前は、ギリシャ語の「khamai(大地の意味)」と
「melon(リンゴの意味)」からと言われています。
「khamai melon(大地のリンゴ)」と呼ばれるように
その香りはまさに甘酸っぱいリンゴのようです。

「カモミール」とは厳密には「Matricaria recutita」、つまりティーとして
よく利用される「ジャーマンカモミール」を指します。

別種に、全草が香り「香りの芝生」となる多年草「Chamaemelum nobilis
(キク科:カマエメルム属)」、通称「ローマンカモミール」があります。
同じく多年草の「Anthemis tinctoria」は、通称「ダイヤーズカモミール」と呼ばれ
こちらは黄色い花を染料に用います。
  1. 2010/06/23(水) 07:47:20|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ツユクサ
ツユクサ1
露草  ツユクサ

儚い命の代表 ツユクサ 一日花って言いますが 露草は半日の命
午後三時ごろには 花は溶けてしまいます。

一般的には梅雨が終わった頃から咲き始めるそうですが
もう咲いてますよね。
半日しか持たないので 朝 ゴミ出しに行った時に撮影~~♪

調べてみると 露草にも 色んな種類があり 白花ややや色が薄いのもあり
超大型の露草もあります。

ツユクサ Commelina communis (ツユクサ科 ツユクサ属)

ツユクサは日本各地に生育する一年草。
やや湿った空き地や路傍などに生育し、節から根を出しつつ枝分かれして広がる。
可憐な花ではあるが、雑草としては厄介な植物でもある。

初夏から初秋にかけて涼しそうな花を開く。古くから青の染料に利用されてきた。
  1. 2010/06/22(火) 20:32:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

オカトラノオ
オカトラノオ1
丘虎ノ尾  オカトラノオ

Yhoo百科事典では 岡虎ノ尾 Wikipediaでは丘虎ノ尾の漢字表記です・・・
どっちが正しいのは 不明・・・

このお花も 山野草を畑に植えていて 説明文を立て札にしてる場所で撮影
ここは 週一は 必ずチェックに行ってます♪

オカトラノオ 花がしっかりしてて 非常に美しいです。
山野草の部類なので 街中の蒸し暑さには弱いと思います。
細長い花は トラノオの名前が 科を問わず つく場合が多いですね。

オカトラノオ Lysimachia clethroides Duby  (サクラソウ科 オカトラノオ属)

オカトラノオは日当たりの良い草原に生育する多年草
名前の由来は、長く伸びた花序をトラのシッポに例えたもの。
この仲間には水湿地に生育するヌマトラノオと区別としてオカをつけたもの。

初夏に白い花を咲かせる。
全体としての姿も美しいが、一つ一つの花も姿が整っていて清楚である。 
  1. 2010/06/22(火) 20:18:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ミソハギ1
ミソハギ
禊萩  ミソハギ

6月から咲き始める花だそうですが 比較的 早い開花じゃないかな?
他では まだ 咲いてません。

盆花として使用され お釈迦様は このミソハギの雫を好んだそうです。

ミソハギ(禊萩) は、水辺の湿地でよく見られる
ミソハギ科ミソハギ属の耐寒性多年草です。
葉は対生して付き、直立した茎に紅紫色の小花を3~5個輪生した花穂を咲かせます
開花期の盛りが丁度お盆に当たるので盆花や精霊花とも呼ばれます。

ミソハギ(禊萩)  学名:Lythrum anceps
別名:ボンバナ(盆花)、ショウリョウバナ(精霊花)、ソビソウ(鼠尾草)
科属名:ミソハギ科ミソハギ属
草丈:50~100cm 花序高:20~30cm 開花期:6~9月 
花色:紅紫 花径:1.5cm 葉長:2~6cm
  1. 2010/06/22(火) 20:09:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

サフランモドキ1
サフランモドキ
サフランモドキ

タマスダレの仲間で ゼフィランサスとも言いますが 一般的には
サフランモドキと呼ばれてます。

このお花の開花時期は もうちょっと先の気がしますが 先々週あたりから
時折 見掛けます。
花の寿命が 短く いい状態のを待ってたので アップが遅くなりました。

サフランモドキ ヒガンバナ科。原産:メキシコ、西インド諸島
花期;6~9月。球根多年草。

渡来した頃間違ってサフランと呼ばれてましたが、本物の
サフラン(アヤメ科)と区別するためサフランモドキと改名されました。

雨が降って数日後に咲くことから「レインリリー」の別名もあります。

こちらの方がロマンチックでふさわしい気がします。

ピンク色の、くっきりしててとてもきれいな
サフランそっくりの花を咲かせます。
分厚く濃い緑色で、細長い線形の葉が、3~6枚束生します。

半耐寒性球根植物で、半日日陰でもよく育ち、強健な花です。
球根で殖えるため、毎年、雑草の中、あちこちから花茎を伸ばし、
魅力的な美しい花を咲かせます。
  1. 2010/06/22(火) 20:03:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

シダルセア
シダルセア・マルビフロラ
シダルセア・リトルプリンセス
シダルセア・リトルプリンセス

今日も蒸し暑い一日でした。
この時期 お日様が出ると 小雨より 蒸し暑く 苦手です。

昨日のポルトガルVS北朝鮮は 大差の試合になってしまいました。
精神的に リラックスしちゃったチームと 勝ちを諦めたチームだと
こんな試合になっちゃいます・・・

シダルセアは 小型の立葵のようなお花です。
ちょっと 日本の 蒸し暑い陽気には 合わないみたいですが
園芸店では 販売してます。

シダルセア‘リトルプリンセス’ 学名:Sidalcea malviflora cv.
アオイ科キンゴジカモドキ(シダルセア)属
北アメリカ西部に20種が自生するそうです。

この種は本来90cm以上に育ち、わりと茎が倒れやすい物だったんだそうですが
小型に改良されて出てきたもののようです。

冷涼な気候を好むようです。
  1. 2010/06/22(火) 19:49:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

6月22日の誕生花
アマリリス2
アマリリス
アマリリス

6月22日の誕生花  アマリリス  花言葉 「内気な少女」

昨日は朝 全米オープンを観戦しながらのカキコをしたので
誕生花のアップを忘れてしまいました・・・
6月21日の誕生花 キングサリ  花言葉は「儚い美」です。

アマリリス ヒガンバナ科  ヒッペアストルム属

丈夫な植物なので、初心者向きです。
中輪で花弁の細い在来種と花弁が丸い改良種があります。
ユリに似た花を2輪または、4輪咲かせます。大きな球根の場合
花軸が2本立つことがあります。

開花時期  5月から6月中旬
花の大きさ約10~20cmほど 花の色は白~赤~朱が基本です。

草丈 30cm~50cm
用途 花壇、鉢植え、切花。意外に水揚げがよく切花でも花が長く持ちます。

アマリリアス 八重咲き
アマリリス1
  1. 2010/06/22(火) 07:35:06|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

クルクマ
クルクマ1
クルクマ・ピンクパール

今日のアップは 我が家のお花ばっかりです。

このクルクマも 去年 掘り上げて 4月に植え直した我が家のクルクマ
このクルクマは ピンクパールと言って 早生の小輪種で 背丈も30㎝程です。
去年 2輪でしたが 今年は4輪咲いてます♪

クルクマ 学名:Curcuma  別名:ハナウコン
科名・分類 ショウガ科  春植え球根  東南アジア原産
大きさ 背丈30~100cm以上  横幅30~60cm
開花時期 6月~9月

ショウガやウコンの仲間で、地下に球根のような根茎ができます
上に伸びるように折り重なったピンクや白の苞がまるでトーチのようにみえます。
花はその間に隠れるように咲き目立ちません。
初夏から秋まで断続的に花を咲かせます

葉はつやのない緑で、長い幅広の葉姿はスッと上に伸びた花とよく合います
大型種と矮性種があり、鉢植えには矮性種が向いています
  1. 2010/06/21(月) 21:43:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ギンバイカ
ギンバイカ1
銀梅花  ギンバイカ

このお花も 我が家のお花♪
鉢植えで 背丈50㎝程のを3,4年前に購入しましたが 庭に植え変えたら
現在 背丈1,5mほどに成長し お花を沢山 付けてます。

このように 蕊が発達したお花は 好みみたいで よく購入します♪

銀梅花  フトモモ科  学名  Myrtus communis
原産地  中近東 地中海沿岸
別名  イワイノキ ギンコウバイ マートル
樹高 2m~3m  開花期  5月~7月

主に地中海沿岸を原産とする常緑性の低木で初夏になると葉の付け根に
5枚の花びらをもった梅に似た白い花を咲かせます。

糸のように細いおしべが特徴的で美しく花びらより目立ちます。
花の後には小さな果実ができ、秋になると黒青色に熟し食べることができます。

葉はやや先が尖った卵形で長さは3cm~5cm厚めの革のような質感で
ツヤのある照りが美しいです。葉はもむと強い芳香を放ちます。

銀梅花 斑入り  斑入り マートル
ギンバイカ 斑入り
  1. 2010/06/21(月) 21:34:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

サンジャクバーベナ
サンジャクバーベナ1
三尺バーベナ

近所にこのお花の群生地があったのですが 道路建設で全滅してしまいました。
こぼれ種で増えるらしく この花が咲いてる場所には 沢山 咲いてます。

名前の通り 背丈が三尺まで伸び バーベナの仲間では一番 背が高いです。

三尺バーベナ 別名 柳花笠 バーベナ・ポリエンシス
Verbena bonariensis,  Verbena patagonica
多年草 クマツヅラ科バーベナ属  原産地 南米の南部

6~10月に赤紫の小花を集団で茎の先に咲かせる
茎は角張る  枝分れして沢山花をつける
殖やすには種を4月に蒔く  耐寒性あり
普通のバーベナは背が低いのにこの花は立性
花を入れて草丈1.5m以下  雑草のように強健で道端にも生える
  1. 2010/06/21(月) 21:26:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

アガパンサス1
アガパンサス
アガパンサス2
アガパンサス・アムステルダム

誕生花の時も紹介しましたが アガパンサスも種類があります。
さきほど 検索したら 家のジャンボ・アガパンサスはアムステルダムって
品種のようです。  背丈が1.5m 花が20㎝以上にも広がります。

この種類の他にも 矮性種で 背丈が50cm程しか成長しない種類もあります。

アガパンサス  ユリ科
学名 Agapanthus spp.   別名  ムラサキクンシラン
原産地  南アフリカ
樹高  70cm~90m  開花期  6月~9月

庭に植えっぱなしでもよく育ち、6から7月の梅雨時期から
明けくらいに花を咲かせます。
けっこう大型の植物で、花が咲く頃の草丈は70から90cmくらいに達します。

花の色は、ブルーかホワイトの品種が多く、よく出回っています。
冬は暖地以外では、地上部が枯れてしまいますが春になればまた芽を吹きます。
南アフリカ原産で春か秋に苗が販売されます。
  1. 2010/06/21(月) 21:17:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
前のページ 次のページ

プロフィール

ぱぱいや

Author:ぱぱいや
.
外回りのお仕事なので いつも珍しい花 キレイなお花がないか注意しながら運転してます♪

街や郊外で見かけた花の便りを毎日 
紹介しようと思ってます。

ブログ内検索

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

最近の記事

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード