FC2ブログ

街の花便り 

季節のお花を紹介してます。

再開花シリーズ Ⅴ
ホトケノザ
ホトケノザ2
ホトケノザ1
仏の座  ホトケノザ

ホトケノザは春に咲く野草ですが 秋にも再開します。
典型的な 短日植物で 春咲きの野の花は 
秋にも再開花する花が 多いですね。

マクロ用のクローズアップレンズが効力を発揮してます。

ホトケノザ Lamium amplexicaule (シソ科 オドリコソウ属)

ホトケノザは、畑や道端に普通に生育する一年草或は二年草。
世界の温帯から暖帯に広く分布する。
秋に芽生え、地面付近で枝分かれして広がる。

秋にも花を咲かせるが、主に早春から6月頃まで花を咲かせる。
畑では冬から春の雑草となる。
下の方の葉は長い葉柄があるが
花が付く茎の上部では葉が茎を抱いて葉柄がなくなる。

春の七草の ホトケノザは キク科のコオニタビラコのことで、同名だが別種。
スポンサーサイト



  1. 2011/10/31(月) 19:50:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

再開花シリーズ Ⅳ
再 アカシア1
再 アカシア
アカシア  ブリスベーン・ワトル

アカシアも秋に咲くとは 私は知りませんでしたが 先週に咲いてるのを
発見し ビックリ!  ひょっとしたら 狂い咲きかも?

フサアカシア Acacia decurrense var. dealbata (マメ科 アカシア属)

フサアカシアはオーストラリア原産の常緑中高木
ミモザあるいはミモザアカシアとも呼ばれ、花材としてもよく利用されている。
公園などに植栽されており、成長速度も速く、種子からも発芽して増殖する。

花はフサアカシアの名前にふさわしく、黄金色の花序を房状につけて美しい。

マメ科であるので空中窒素の固定能力があり、痩せ地でも育つことと
花が美しいことから時折治山目的でも植栽される。
成長速度も速く、毎年半径1cm以上の肥大成長したものもあった。

しかし、寿命はあまり長くなく、大きく育ったものは樹勢が衰えやすい。
花もたくさん付き、開花時に、たいした風も吹かないのに
幹が折れてしまうことがある。花の重量で幹折れしてしまうのである。
  1. 2011/10/31(月) 19:44:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

再開花シリーズ Ⅲ
ユキヤナギ
ユキヤナギ1
ユキヤナギ2
雪柳  ユキヤナギ

ユキヤナギは春に咲く花ですが 去年もこの時期に チラホラ咲いてるのを
撮影してるので 狂い咲きではなく 戻り咲きですね。

そもそも ユキヤナギも バラ科なので 四季咲きなのかも?

ユキヤナギ バラ科  シモツケ属
学名  Spiraea thunbergii
原産地  日本 中国  草丈  1m~2m
開花期  3月~4月

地際から枝を伸ばして弓状にしなり、花は小さな真っ白い花を
枝いっぱいに穂状に付けます。
日本では古くから庭木、生け花に利用されている馴染みの深い花木で性質は強健で
日本原産と言うこともあり育てやすい植物です。

花が早く咲く品種や遅く咲く品種、つぼみが赤色の品種などがありますが
だいたいが白い花を咲かせます
  1. 2011/10/31(月) 19:39:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

再開花シリーズ Ⅱ
ローズマリー1
ローズマリー
ローズマリー

家の鉢植えのローズマリー ず~~っと花が咲いてる気がしますが
やっぱり短日植物なので 春と秋に花が多いです。

ラテン語の「海のしずく」を語源とし、「若返りのハーブ」として知られている
ローズマリーは常緑低木の薬用植物です。

地中海沿岸のイタリア、スペイン、ユーゴスラビア、ギリシャ、北アフリカ
などに広く自生分布していましたが
今日では、イギリス、アメリカのほか世界各地に伝えられ広まっています。

日本では春と秋に、淡い紺色の可憐な花を咲かせますが
ハーブの中では最も美しい花であり、温暖地では常緑多年生草のため
園芸・観賞用としてもよく利用されます。

古代ローマやギリシャの学生は勉強に専念するとき
ローズマリーの花輪をかぶったとされるほど
記憶力や集中力を高めてくれるハーブです。
  1. 2011/10/31(月) 19:35:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

再開花シリーズ Ⅰ
再 ムシトリナデシコ
虫取り撫子
再 ムラサキツユクサ
紫露草  ムラサキツユクサ
再 トキワハゼ1
トキワハゼ

朝は上着が必要なくらい 寒かったのに 日中は気温が上がり
半袖でも充分でした。

朝夕と昼間の気温差が大きく 風邪をひきやすい状況です・・・
私も寝込むまでは いきませんが ちょっと風邪っぽい感じです。

今 春から初夏にかけて咲いてたお花の再開花のシーズンですね。
帰り咲き 戻り咲きとも言います。

通常 春より花が少なく お花も小型なケースが多いです。
今日は 損なお花を集めてみました♪

この手のお花は どれも短日植物といい 薔薇もそうですが
四季咲きで 日が短くなると 再開花が始まります。
日照時間で 開花時期を判断してるんですね。
  1. 2011/10/31(月) 19:31:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

暖かい地方の植物特集 Ⅵ
パポニア・インテルネディア
パポニア・インテルメディア2
パポニア・インテルメディア

まあ 覚えづらい名前で 直ぐに名前は忘れてしまいます・・・
お花は すごく特徴的な形なので 記憶には残ります。

ブログ仲間の夢子さんも アップしてます♪

今 普通の園芸店でも売られてますが 温室じゃないと育てられないお花

パボニア・インテルメディア    Pavonia intermedia hort.  
アオイ科・パボニア属   原産地  ブラジル
花期    周年  非耐寒性常緑小低木

赤く花に見えるのは苞で、花弁は中の濃紫色です。
その中から花柱が出てきて…「アオイ科」の特長が顕著です…。

花が咲くにはかなりの温度が必要なようです…
一年中部屋の中ですが…周年開花しています。
  1. 2011/10/30(日) 18:59:21|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

暖かい地方の植物特集 Ⅴ
パラグアイ・オニバス
パラグアイ・オニバス1
パラグアイ・オニバス

私は神代植物園で撮影しましたが 新宿御苑にもあるそうです。
まあ 日本では 植物園でしか観れない植物ですね。

パラグアイオニバス(大鬼蓮)は、捲くれて盥状になった巨大な浮葉に特徴がある
スイレン目スイレン科オオオニバス属の水生の被子植物です。

夕方から早朝にかけて開花し、白花から桃色花に色が変化します。
オオオニバス属には他にパラグアイパラグアイオニバスがあります。

両者の大きな違いは盥状に立ち上がった葉裏色がパラグアイオニバスは赤茶色
パラグアイパラグアイオニバスは緑色をしていること
オオオニバスの萼には棘がありますが、パラグアイオニバスの萼には
棘がないこと、があげられます。

パラグアイオニバス(大鬼蓮)  
学名:Victoria cruziana Orb.
植物界被子植物門双子葉植物綱スイレン目スイレン科オオオニバス属
原産地:パラグアイ、アルゼンチン 環境:アマゾン川流域

水生の一年草 波径:150~200cm 
葉形:円形 葉縁:盥状に反り返り立ち上がる
  1. 2011/10/30(日) 18:49:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

暖かい地方の植物特集 Ⅳ
サンゴアナナス
サンゴアナナス
珊瑚アナナス

ちょっと 見た目がパイナップルのように見えますが 同じ仲間の植物
花に見える部分は 萼で実際のお花は その中から咲きます。

サンゴアナナス 学名:Aechmea fulgens Brongn. var. fulgens Brongn.]

パイナップル科の観葉植物。ブラジル原産。葉は白粉を帯びた淡緑色で
基部は短い筒状となる。

花穂は直立し、100個以上の花をつける。
花は青紫色で短命であるが、萼(がく)は朱赤色の球状で数か月も美しく
サンゴ玉のようにみえるのでこの名がある
  1. 2011/10/30(日) 18:39:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

暖かい地方の植物特集 Ⅲ
チランジア1
チランジア
チランジア

このお花も室内で育てるお花で 花色に種類があるみたいですが
私は紫のしか見た事がありません。

チランジア 
室内用のお花ですが 最近 人気があるらしく よくお花屋さんでも見掛けます

別名 花アナナス 英名:Tillandsia
科目:パイナップル科  原産国:北米、中南米
入手可能時期:主に9月から12月頃(品種により異なります)
長さ(草丈):10cm以上(品種により異なります)
花色:ピンク/ 紫/ オレンジ/ アイボリー/(品種により異なります)
花もち(切り花):花そのものは数日ですが、主に葉や花序を観賞します。
水あげ不要
シリンジ程度の水分が必要ですが、蒸れると変色しやすいので過湿に注意が必要です。
  1. 2011/10/30(日) 18:33:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

暖かい地方の植物特集 Ⅱ
スパティフィラム
スパティフィラム1
スパティフィラム

真夏に出回る 観葉植物の一種ですが 室内に飾ると 涼しげに感じます。
観葉植物としても人気があるらしく お値段がすごく高いのが珠に傷
独身のアパートやマンション住まいの人に人気があるお花です。
手入れが すごく簡単♪

スパティフィラム  サトイモ科スパティフィラム属
原産地:コロンビア、グアテマラ、メキシコ南部、中央アメリカ
非耐寒性、常緑多年草

純白の花が美しく、光沢の葉がふさふさと茂り
白い花と濃い緑色の葉とのコントラストがとても魅力的な観葉植物です。
白い花に見えるのは実際は花ではなく仏炎包というものです。
中心に立ってるイボイボが花序で 花になります。

非耐寒性ですが 室内で越冬できます。
  1. 2011/10/30(日) 18:28:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

暖かい地方のお花特集 Ⅰ
テイキンサクラ
テイキンサクラ
堤琴桜  テイキンザクラ

昨日は早めに寝たので 朝は普通どおり起きました。
家のお花達も そろそろ冬仕度をしないといけないので 今日は園芸三昧

朝顔の種を採り 撤去 そのプランターにチューリップ等の球根の植え込み
クルクマの球根の掘り上げ 風鈴オダマキの植え替え
始めると お花が多いので する事は山ほどあります・・・

今日は暖かい地方の植物を特集します。

テイキンサクラは 八重山でも撮影したし 植物園の温室でも撮影しましたが
ビックリ 今 耐寒性のある種類が出来て 園芸店でも売られてます。

ヤトロファ属・トウダイグサ科
テイキンサクラ・沖縄サクラ
最低温度 :0℃   
繁殖 : 種子・挿木  高さ : 4m

光を好みます。30%遮光すると綺麗なグリーンの色がでます。
暖地では、外のガーデンにて楽しめると思います。
鮮やかなパッションピンクの花が長~く楽しめます!

挿木で簡単に繁殖が出来ます。
鹿児島では、5月から11月上旬まで花が咲き続けます。
  1. 2011/10/30(日) 18:23:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

10月30日の誕生花
ワレモコウ2
ワレモコウ4
ワレモコウ  吾木紅

10月30日の誕生花  ワレモコウ  花言葉 「移りゆく日々」

昨日はポカポカ陽気で この時期としては異常に暖かく ゴルフ日和でした♪
家のお花達も そろそろ冬自宅をしないといけないので 
今日のようなお天気の時に 色々して置かないと・・・

ワレモコウ  バラ科   ワレモコウ属
学名 Sanguisorba officinalis(吾木香)
:
秋の高原で咲く 暗赤色の丸い花穂がおもしろい。
丸いダンゴのよう。
秋の十五夜のお月見には薄(すすき)とともに欠かせないもののようです。

いろんな漢字があてられる。
「吾木香」 わが国(日本)の木香の意で、根が木香に似ているから。
ここでいう「木香」とはインド原産の菊科の根のことで、強い芳香があり
健胃剤、防虫剤としても使われる。

「吾亦紅」 和歌、俳句などで一般に使われる。 われもまた紅い、との意味。

「割木瓜」 「木瓜(もこう)」は鳥の巣と卵を表した漢民族の丸い模様のことで、
ワレモコウの小花の形が、割れ目を入れた木瓜の模様に似ているから。

根を乾燥させたものを、漢方では「地楡(ちゆ)」と呼び、止血剤とする

ワレモコウ
ナガボノシロワレモコウ
長穂乃白吾亦紅  ナガボノシロワレモコウ
  1. 2011/10/30(日) 08:44:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ツワブキ
ツワブキ1
ツワブキ2
石蕗  ツワブキ

ツワブキは晩夏から黄色い 菊の花のような花が咲きますが
何故か 葉っぱは蕗の葉
花後は タンポポのように 綿毛が出来ます。
タンポポと同じように このツワブキは キク科の植物です。

有名なキャラブキは このツワブキの茎の煮ものの事を言います。
今は 園芸種も多く 八重咲きや丁字咲きのツワブキもあるし
葉に斑点が入ってるのもあります。

ツワブキ  キク科 学名:Farfugium japonicum  花期:秋

名前の由来は,「葉に艶のある蕗」だとか。秋に黄色い花をつけると
これが菊科であることがわかります。
葉に黄色い斑が入っているものは特に日本庭園などに好んで植えられるようです。
(天の星と言います。)

比較的 日陰を好んで咲きます。
  1. 2011/10/29(土) 19:08:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ノコングク
ノコンギク1
ノコンギク3
野紺菊  ノコンギク

野菊の仲間は よく似ており 特に嫁菜と野紺菊の判別は難しいです。
野紺菊は 咲き始めは 青がクッキリ出てますが 開花すると白くなるのもあり
余計 嫁菜と判別が難しくなります。

見分けるポイントは 嫁菜は枝分かれせず 一つの茎に一輪
野紺菊は 枝分かれして 数輪の花が咲きます。
葉っぱの繊毛の多さも 特徴だそうです。

ノコンギク (野紺菊) キク科 シオン属
学名 Aster ageratoides var. ovatus   花期 8~11月
生育 山野 野原   草丈 50~100 ㌢  分布 本、四、九

野や山にごく普通に生える50~100㌢の多年草。日本の野菊を代表するのが
本種で、どこにでも見られる。

ノコンギクはヨメナと混同されやすいが、葉がざらざらすることと種子につく
冠毛が長いことで区別できる。

ノコンギクの特徴:全体に短毛が多く葉の両面がざらつく
種子に付く冠毛が長い(4-6ミリ)、花は先の方にまとまって多数つく
花径(2.5㌢)

ヨメナ(カントウヨメナ)の特徴:葉はつるつる、冠毛は極めて短い(0.25-0.5ミリ)
頭花は径約3㌢で、ノコンギクと比べて数は少ない。

野紺菊
ノコンギク2
  1. 2011/10/29(土) 19:02:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ヒメツルソバ1
ヒメツルソバ2
ヒメツルソバ1
姫蔓蕎麦  ヒメツルソバ

今 タデ科の植物が元気です。 お蕎麦もタデ科なので 今 元気ですよね。  

この群生地は 去年発見し 今年も様子を観に行って来ました。
公園の土手 ほぼ一面が ヒメツルソバが芝生のように覆ってます。

意外や この花を ポリゴナムの名称で 園芸店が売ってるのにはビックリ!
それも けっこうの お値段がします・・・。

ヒメツルソバ   別名 ポリゴナム  学名 Polygonum capitatum
科名 タデ科 イヌダテ属   種類 常緑多年草
草丈 10~25cm   花期 9~11月   花色 ピンク

性質がとても強く、地植えするといつのまにか覆い尽くすほど成長しています。
小さな可愛らしい花も、長い間楽しめて、グランドカバーとして向いています。

成長力が強いので、他の植物の邪魔をしてしまう事がしばしばあります。
  1. 2011/10/29(土) 18:49:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ベニヒモノキ
ベニヒモノキ1
紅紐の木  ベニヒモノキ

キャットテールとよく似た花ですが こちらはけっこうの大木になります。
両方とも 植物名は アカリファなので かなり近い仲間ですね。

普通 植物園の温室か 南の島しかみられないお花ですが 今は園芸店にも
売られてます。
耐寒性は 弱い方なので 知らずに買うと 枯らすだけかも?

インド、マレー諸島が原産で、葉腋から長さ20~50㎝のひも状の
赤い花穂を垂らすのが特徴で、高さ2~4メートルになります。
開花期は6~9月で、長期間楽しめます。

花弁は退化してありません。
花穂が乳白色の変種もあります。

アカリファ属には多数の植物がありますが、本種とキャッツテールのみが花も
観賞する植物で、他は葉の美しい観葉種ばかりです。

トウダイグサ科
  1. 2011/10/29(土) 18:44:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トレニア
トレニア2
トレニア1
トレニア

今日はホームコースの御殿場でゴルフでしたが 思ってたよりもいいお天気で
ポカポカ陽気の中 ゴルフを楽しんで来ました。

例年なら 富士山の北斜面はもう真っ白な筈なのに 今年は初冠雪も
溶けたちゃったみたいで 雪は全くありませんでした。

この花も これから晩秋 寒くなるまで 長く楽しめる花です。
夏版パンジーのような お花ってイメージかな?

トレニア   学名:Torenia fournieri Lind.

ゴマノハグサ科の一年草。
インドシナ原産。和名はハナウリクサ(花瓜草)という。
またスミレに似た草姿からナツスミレともいう。
花は唇形で、上唇は淡青色で不明瞭(ふめいりょう)に2枚合着するが
下唇3枚ははっきり分かれ、ビロード状の紫青色で中央の基部に
黄色の斑点(はんてん)がある。

一度栽培すると、こぼれ種で何年か芽生えるほどじょうぶである。
春播きであるが、6月ころの遅播きにして
秋口の花壇または鉢植え用としても楽しめる。

トレニア
トレニア1
  1. 2011/10/29(土) 18:39:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

10月29日の誕生花
アメジストセージ
アメジストセージ
アメジストセージ

10月29日の誕生花 アメジストセージ  花言葉 「炎のような情熱」

明日はゴルフに行くので 早めに誕生花をアップして置きます。
明日の御殿場の予想気温 早朝4℃・・・ セーターが必要かも?
「備えあれば 憂いなし」 バッチリ 防寒対策して行くつもりです。

アメジストセージ 2種類のタイプがあって 花が白いのと 苞の色と同じの
名前が 色々とあって メキシカンブッシュセージとも言うし
サルビア・レウカンサとも言います。

アメジストセージ 学名 Salvia leucantha   シソ科 サルビア属
花期 6月~10月   花色 赤紫色(花は白または紫)

全体がベルベット状の毛で覆われていて、赤紫色のガクに
白または紫色の花を咲かせる。
大きな株になるので植える場所に注意。冬越えもする。

注意点 日本の高温多湿が苦手なので風通しと日当たりが良いところに植込む。

アメジストセージ2
アメジストセージ3
  1. 2011/10/28(金) 21:28:39|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

アキチョウジ
アキチョウジ1
アキチョウジ2
秋丁字  アキチョウジ

チョウジには丁子って書く人もいるし丁字って書く人もいます。
丁は 釘の意味で 釘のようなお花の意味
図鑑的なのは 丁字を採用してるので 私も秋丁字にしました。

アキチョウジ   秋丁字  シソ科
学 名 Plectranthus longitubus
花 期 8~10月  草 丈 60-90cm 
生育地 山地の木陰   仲 間 セキヤノアキチョウジ

アキチョウジは丁字に似た花で秋に咲くことからつけられた名前です。
本種の分布は本州の岐阜県以西とされています。 
関東は セキヤノアキチョウジ

これをアキチョウジとしたのは萼片が三角形、花柄に毛があることや
花穂が横に広がっていないことによります。

秋丁字 赤紫
アキチョウジ 赤紫1
秋丁字 ピンク
アキチョウジ ピンク1
  1. 2011/10/28(金) 20:04:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ヒキオコシ
引起  ヒキオコシ

秋丁子によく似た花ですが やや小型で 花付きが少なく 寸詰り

薬効成分が多く 昔、弘法大師が道ばたで倒れていた旅人に
この草の汁を飲ませると、旅人はたちまち「引き起こせる」ほど元気回復。
以来この草はヒキオコシと呼ばれるようになりました。

健胃薬とされ、延命草とも呼ばれています。

日当たりのよい草むらに生えるヒキオコシ。
秋に花が咲きますが、淡い色で、花数も少ないので、秋の紫の花穂トリオ
アキノタムラソウ、アキチョウジ、ヤマハッカ
に注目度では差をつけられていますが、名前では勝っています。
  1. 2011/10/28(金) 19:53:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

冬咲きクレマチス
冬咲きクレマチス1
冬咲きクレマチス シルホサ

障子紙のような 繊細な花弁で お花も小型で 下向きに咲きます。

数年前 ジングルベルって種類の冬咲きクレマチスを持ってましたが
枯らしてしまったので  今年は シルホサを買ってみました。

派手さはないけど この健気に咲く感じが すごくいいですねぇ~
花が終わると 下の綿毛状に変化します。

クレマチス シルホサ系 Clematis cirrhosa

耐寒性つる植物(夏休眠型・半落葉) 標準開花期:1~3月

早咲きのクレマチス。耐寒性も強く、冬から早春にかけて
クリーム色や中に赤い斑点の入った釣鐘状の花を咲かせます。

日照:好む 水やり:普通、最低温度:-5℃~
冬の置き場:戸外(凍る程の気温の寒冷地では無加温室内などで)

クレマチスのなかでも少し変わった開花サイクルで、秋から成長をはじめ
冬期に開花します。冬には葉がありますが、初夏から徐々に休眠します。
(落葉しますが心配ありません)原種のシルホサから突然変異や品種改良で
生まれたものが多く、ご自宅でもひょっとしたら枝代わりが出るかもしれません。

  1. 2011/10/28(金) 19:46:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カリガネソウ ピンク
カリガネソウ ピンク1
雁金草 ピンク  カリガネソウ

一般的な雁金草は 青花ですが ピンクのを発見♪
ピンクがあるって事は 白花もありそうですね。

カリガネソウ 有名な山野草 独自のメシベが上から飛び出た形は特徴的
シソ科に見えますが このカリガネソウは クマツヅラ科

我が家のは斑入りのカリガネソウなので お花がやや小さめ

花の花冠から上方に雄しべと雌しべの花柱が弓なりに飛び出ている。
この姿を雁に例えてカリガネソウと名付けた。
日本の秋の野山には珍しい青い花。

カリガネソウは独自の匂いがするそうで 決していい匂いとはいえないそうです。

宿根で一旦地上部分が 枯れますが 夏に新しい葉が成長します。
斑入りの方が やや花が小さい傾向にあります。

雁金草
カリガネソウ
雁金草 斑入り
カリガネソウ1
  1. 2011/10/28(金) 19:38:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アカトンボ1
アカトンボ2
アカトンボ
秋茜  アキアカネ

朝はすごく冷え込んでたので 今日は長袖を着て行きましたが
日中 思いの外 暖かくなり 汗ばむほどでした。

明日は 寒い御殿場でゴルフなので 今日のようなお天気になって欲しいです。

ドラフトは 日本ハムが原監督の甥の菅野を指名しましたが 突飛な行動で
当の本人 家族にも一才の挨拶なしで 指名・・・
おじいさんである 原 貢さんも 怒り心頭なので ちょっと交渉の場に
付かない可能性大  普通 一生を決める場なので 事前挨拶は すべき事だと
私は 思うけど・・・ おじいさんもお父さんも 怒ってるので 
まあ 日本ハム入りは不可能かも?

投手で1年間 棒に振るのは痛いので 妙なトラブルは避けて欲しいな!
また 巨人が悪役になりそうです・・・

アキアカネ 一般的には 赤とんぼって言いますね。
秋に発生するのではなく 夏にはもう飛んでますが 暑い時期は
山の中に避暑に出かけてます。
高原でゴルフをしてると 真夏にけっこうの量のトンボが飛んでますよ。

アキアカネの赤い体色は気温と関係があり、体温調節昆虫と呼ばれる場合がある。
通常アキアカネのメスはオスに比べて赤色が淡いが
寒冷地では雌の赤い比率が高くなる
  1. 2011/10/28(金) 19:28:26|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

10月28日の誕生花
アフリカンマリーゴールド
アフリカン・マリーゴールド1
アフリカンマリーゴールド

10月28日の誕生花  アフリカンマリーゴールド 
花言葉 「絶望を乗り越えて生きる」

今日も寒い朝ですが お天気はいいので 日中は暖かくなりそうです。
昨日はドラフト会議 巨人単独指名かと噂されてた菅野が日本ハムに交渉権が
本人の記者会見でも笑顔がないので 今後の交渉は厳しそう・・・
江川事件や長野 元木を考えると 本人の希望を優先して欲しいけど
巨人は 裏取引が得意だからなぁ~~・・・

アフリカンマリーゴールド

キク科タゲテス属の一年草で、学名は Tagetes erecta。
英名は African marigold。
開花期:6~10月、遅まき9月中~11月上旬
花の色:淡黄、黄、橙、ゴールド
用途:花壇、切花    耐寒性:弱い

アフリカンマリーゴールドは、マリゴールドのアフリカン種をいい
メキシコ原産のものです。
秋から夏にかけて欠かせられない草花で、花色の変化にやや乏しいが
生育が早く、丈夫で作りやすくて、長い間咲き続け、しかも花型、草姿
草たけの変化に富んでいて、花壇材料として最適のものです。
  1. 2011/10/28(金) 07:36:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秋に出来る赤い実シリーズ Ⅴ
ピラカンサ
ピラカンサ1
ピラカンサ2
ピラカンサ

このピラカンサは 花もひじょうに沢山 付けますが 実もすごい量です。
なんか 魚のイワシのような お花ですね! 
沢山 実が出来れば子孫を多く残せるってもんでもなさそうだけど・・・

ピラカンサ    バラ科   タチバナモドキ属
学名   Pyracantha coccinea ((P.angustifolia))
別名   タチバナモドキ(橘擬き)   トキワサンザシ
花期   初夏

ヨーロッパ南部、西アジア原産の常緑低木で、日本には明治中期に渡来しました。
日本での古くからの種類は中国原産のタチバナモドキが多いようです。

春に径6~7㍉に白い小さな花を咲かせ
冬には鈴なりの真っ赤な果実が人目を惹きます。
西アジア原産のトキワサンザシのほかに、中国原産のタチバナモドキ
インド原産のヒマラヤトキワサンザシなどを総称してピラカンサとよぶようです。

ピラカンサ 斑入り
ピラカンサ 斑入り
  1. 2011/10/27(木) 19:53:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

秋に出来る赤い実シリーズ Ⅳ
イイギリ
イイギリ1
イイヒリ2
飯桐  イイギリ

秋に出来る赤い実の代表格!
写真よりも もうちょっと葉が落ちると 非常に絵になる花木です。
すごく目立つ木で 秋には毎年 葡萄のような 赤い実がぶら下がります。

飯桐  イイギリ科 イイギリ属

イイギリは、晩秋から初冬にかけて、真っ赤な実をちょうどブドウの房の
ように枝からぶらさげる様子が大変美しく
一度見たら一生忘れないのではないかと思うほどです。

別にナンテンギリという名前もありますが、実の赤さや大きさ
房についているようすなど、この名前も実体をよくあらわしているように思います。
 
イイギリの魅力はもちろん美しい実にあることはいうまでもありませんが
木の姿そのものも端正な美しさをもっています。
すなわち、灰白色のなめらかな樹肌をもった主幹がまっすぐ立ち
ところどころから数本の太い枝が放射状にでて、規則正しい樹冠を作ります。
  1. 2011/10/27(木) 19:48:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秋に出来る赤い実シリーズ Ⅲ
ナナカマドナナカマド
七竈  ナナカマド

ナナカマドの紅葉は 秋の高山では美しい代表格ですが
出来る赤い実も可愛らしいです。

高山では まり背が高くなりませんが 街中で育てると 
案外 大きな木になります。

ナナカマド 学名 Sorbus commixta Hedl.
別名  七竈  分類  バラ科 亜科ナナカマド属 (落葉高木)

材が硬く、燃えにくく、7回竈にくべても燃え残るため。
原産・分布 北海道、本州、四国、九州、アジア東北部
神奈川県 丹沢、箱根山地のブナ帯に自生する。

用途 庭木、街路樹
山地の、日当たりの良い場所に普通に生える。高さは6~10mくらい。
丹沢の主稜線には、点々と生えている。
  1. 2011/10/27(木) 19:43:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秋に出来る赤い実シリーズ Ⅱ
ウメモドキ
ウメモドキ
梅擬  ウメモドキ

この名前にも 不満があって どうみても 梅とは違う果実が出来るし
花も梅とは似ていません。

日本の植物学者が付けた名前は 案外 いい加減で 〇〇モドキやニセ〇〇
〇〇ダマシって花名が 多いですが それも 不満です・・・。

小さな鉢植えでも 売られてますが 案外 この木は大きくなります。

ウメモドキ 梅擬  モチノキ科  学名 Ilex serrata
原産地  日本

日本(本州・四国・九州)の山野に自生する高さ2~3mの低木で冬は落葉します。

直径5mmくらいの球形の果実が枝にびっしりと付き9月頃に赤く熟します。
果実は秋口から落葉後の真冬まで長期間鑑賞でき、葉のあるときと
落葉後ではその趣も異なり見る人を楽しませてくれます。

主に実を鑑賞する庭木として玄関脇や池の端、灯籠周り添える木
(灯障【ひざわり】の木)として用いられます。

ウメモドキの赤い実は小鳥が好んでついばむ果実でもあり
そういう点では野鳥を呼ぶ庭木ともいえるかもしれません
  1. 2011/10/27(木) 19:35:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秋に出来る赤い実シリーズ Ⅰ
クロガネモチ
クロガネモチ1
黒鉄餅  クロガネモチ

昼間はいいお天気だったので 暖かでしたが 
日が落ちると一気に気温が下がります。

出掛ける時は 必ず暖かくても上着を持って出かけないと風邪をひきやすいです。

秋に出来る 赤い実の花木は非常に多いので 今日はそれをまとめてみました。

よく街路樹に使われてる樹ですね。
家の近所にも 沢山 この木はあります。

クロガネモチ  モチノキ科  学名  Ilex rotunda
原産地  日本  台湾  中国  インドシナ
別名  フクラシバ  フクラモチ
樹高  10m~15m
開花期  6月 果実鑑賞   10月~12月

日本の関東より南、台湾、中国南部など比較的温暖な地域に分布する

寒さには少し弱いですが、潮風や大気汚染に対する耐久力を
多少備えており性質的には強健な植物といえます。

モチノキの仲間で若い枝や葉の軸が紫色を帯びるので
クロガネ(黒鉄)モチの名前があります。

秋になると真っ赤に熟します。たくさんの真っ赤な実を付けた秋の姿は
非常に美しく冬までその姿を楽しむことができます。
雄株と雌株があり実を付けるのは雌株のみです。
  1. 2011/10/27(木) 19:28:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

10月27日の誕生花
チョコレートコスモス1
チョコレートコスモス
チョコレートコスモス

10月27日の誕生花  チョコレートコスモス  花言葉 「恋の終わり」

昨日の風はヤケに冷たいと思ったら 木枯らし一号だったんですね。
今日は更に気温が下がるってな話ですが 日が照ってるので昼間は暖かいかも?

チョコレートコスモス Cosmos atrosanguineus.
キク科   コスモス属
半耐寒性宿根草   原産地 メキシコ
庭植え、鉢植え   8~10月

チョコレートコスモスという名前は、まったくこの花にピッタリの
ネーミングで、花色も似ていますが、香りもチョコレートににている
という少し不思議な植物です。

チョコレートコスモスは何種類もあって 園芸名が カカオ ワイン ストロベリー
って 食べ物のような名前が ついてます。

最近人気が出てきたように思いますが、寒さに弱いのが少し残念です。
原産地のメキシコでは絶滅しそうだそうです。
  1. 2011/10/27(木) 07:36:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

ぱぱいや

Author:ぱぱいや
.
外回りのお仕事なので いつも珍しい花 キレイなお花がないか注意しながら運転してます♪

街や郊外で見かけた花の便りを毎日 
紹介しようと思ってます。

ブログ内検索

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

最近の記事

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード