FC2ブログ

街の花便り 

季節のお花を紹介してます。

フサツルナスビ
フサツルナスビ1
房蔓茄子  フサツルナスビ

亜熱帯の植物で 日本では野外で育ちません。
植物園の温室とかで みられるお花ですが 色がキレイで印象に残ります。

英名 ソラヌム シーフォーシアナム  まっ 絶対に覚えられない名前!
ソラヌムってのは なすび って意味だそうだから 和名とつながりはあるね。

南米原産のつる性多年草で、全体は無毛でトゲはない。
葉は互生し、羽状に深裂する特徴ある葉を有する。

集散花序が下垂し、3センチほどの花を多数つける。花は青紫色で、葯は黄色。
観賞用に栽培していたものが野生化、分布ははっきりしない。

沖縄とか南国のつる性の花 花は ワルナスビやルリヤナギとよく似てます。

このお花は温室でしか越冬できないお花なのに お店で販売されたり
するので 購入の際 チェックが必要です。
スポンサーサイト



  1. 2014/07/31(木) 20:10:59|
  2. お花が好き♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

サギソウ
サギソウ1
鷺草  サギソウ

サギ草は すごくキレイな花を咲きますが 山野草の中では育てやすいお花♪
案外 丈夫で 今年も我が家のサギソウが咲き始めました。
年々 株が大きくなってましたが 今年は植えかえたら イマイチ元気がなく
一輪だけ 咲いた状態です。

このお花は 鷺を知って この形を選んだんでしょうかねぇ~~?
非常に変わった形の花ですよね!

サギソウ(鷺草)  ラン科  学名:Habenaria radiata
花期:夏

湿地に生え,地中に球根を作る多年草です。
7 月頃に 2,30 センチの花茎を伸ばし,先端に 2,3 個の花をつけます。

萼片は小さく緑色で 3 枚,花弁は白く 3 枚で,そのうちの
2 枚の大きな唇弁は縁が細かく裂けています。

この花の形が白鷺の飛んでいるところに似ているというので
この名前がついています。
  1. 2014/07/31(木) 20:06:51|
  2. お花が好き♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ハツユキソウ
ハツユキソウ1
初雪草 氷河  ハツユキソウ ヒョウガ

ハツユキソウ ユーフォルビアの一種なので クリスマスシーズンに
出回る ポインセチアと同じ仲間です。
日本にも 猩々草って ユーフォルビアの仲間があります。

丈夫なお花で 日当たりがいいとけっこう大きくなります。

初雪草 トウダイグサ科 学名  Euphorbia marginata
別名  ユーフォルビア  原産地  北アメリカ南部
草丈  60cm~2m  開花期  7月~10月

北アメリカ原産の1年草です。草丈は1mくらいになり、よく枝分かれします。
花は薄い黄色や白色でちっさくて、ほとんど目立ちませんので
今ひとつ花の観賞価値はありませんが、花の下の方の葉っぱの縁が白く色付き
全体の見た目が涼しげで美しい感じがします。

写真の品種が「氷河」。縁が黄色くいろ付く「黄河」という品種もあります。
茎がしっかりしているので、切り花にも向きます。
タネからかんたんに育てられます。
  1. 2014/07/31(木) 20:03:49|
  2. お花が好き♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エキザカム1
エキザカム
エキザカム

今日は予報よりもグッと気温が上がり 地獄のように暑かったです・・・
帰宅しても 家の中の熱気がなかなか取れず クーラーフル回転です。

エキザカム  
あまり 竜胆っぽくないですが これでも リンドウ科
姫竜胆の別名もあります。
耐寒性があまり良くないので 冬は室内に入れないといけません。

エキザカム(リンドウ科エクサクム属)
学 名 Exacum affine  別 名 ベニヒメリンドウ  エクサクム
原 産 インド洋・ソコトラナ島  花 期  夏

解毒作用があると考えられギリシャ語で「外に追い出す」と言う意味から。
非耐寒性の1,2年草、多年草。熱帯原産ですが

暑さに弱いので直射日光を避けて管理します。
別名ベニヒメリンドウと呼ばれるように、1~4cm位の小さな花で
葉を覆うように咲き芳香があります。
  1. 2014/07/31(木) 20:01:52|
  2. お花が好き♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オクラ
オクラ1
秋葵  オクラ

今日は朝から真っ青な空で暑くなりそうですが週末 また台風がやってきそうです。 

オクラって当て字だろうと思いますが秋葵って書くんですね。
この 黄色いアオイ科の花は けっこう種類が多く 
トロロアオイ(花オクラ) ケナフ  綿の花 もよく似てます。

花の根元に もうオクラが出来始めてます♪
最近は畑の中に入れないので 遠距離からの撮影です。

オクラ(秋葵、Okra、学名:Abelmoschus esculentus)は
アオイ科トロロアオイ属の植物、または食用とするその果実。
和名をアメリカネリと言い、ほかに陸蓮根(おかれんこん)の異名もある。

英名okraの語源はガーナで話されるトウィ語 (Twi) のnkramaから。
以前はハイビスカス属(Hibiscus)に分類されていたが
現在ではトロロアオイ属に分類されている。

短期間で50cm-2mほどに生長し、15-30cmの大きさの掌状の葉をつけ
黄色に中央が赤色のトロロアオイに非常に似た花をつける。
開花は夜から早朝にかけてで、昼にはしぼんでしまう。

開花後、長さ5-30cmの先の尖った形の五稜の果実をつけ
表面に短毛が生えており、熟すと木質化する

オクラ2
  1. 2014/07/31(木) 07:29:27|
  2. お花が好き♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

カノコユリ 白
鹿の子百合 白花  カノコユリ

去年 お客さんの駐車場に咲いてた鹿の子百合の白花の球根を貰い受け
自宅の庭ではなく 日当たりのいい庭と路地の境に3つ植えましたが
芽が出始めたら 何者かに掘っていかれてしまいましたが 一個だけ盗掘を逃れて
咲き始めました♪

ピンクの鹿の子百合の方がキレイですが 白花の鹿の子百合はすごく珍しいと思います。

1930年にシーボルトが持ち帰った球根が2年後に花を咲かせたときには
その美しさに人々は感嘆し「これより美しさでまさるユリはない」とまで
称賛されたそうです。

カサブランカをはじめとするオリエンタルリリーは この鹿の子百合と
山百合の交配から 作られたお花です。

カノコユリ ( 鹿の子百合 )  花期 7~9月  ユリ科  ユリ属
学名 Lilium speciosum
別名 ドヨウユリ、タナバタユリ
性状 球根性多年草   原産地 東アジア

一般的な山百合やオイエンタルリリーよりも小型の百合で 大きさは
鬼百合と同じくらいの大きさです。

自生地では本種は形態によって、カノコユリとタキユリの二つに分けられます。
ピンクの鹿の子百合は 自生種ではなく 園芸種だそうです。

鹿の子百合 ピンク
カノコユリ ピンク


  1. 2014/07/30(水) 19:48:23|
  2. お花が好き♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

姫吾亦紅
姫吾亦紅1
姫吾亦紅  ヒメワレモコウ

姫ワレモコウはワレモコウの園芸種で 名前の通りやや小型の園芸種です。
うちもこの鉢植えを持ってますが 街中でも元気に咲きます。

ワレモコウ  バラ科  学名  Sanguisorba officinalis
原産地  日本 朝鮮半島 中国 シベリア ヨーロッパ
草丈  70cm~1m   開花期  7月~10月

日本の山野でごく普通に見られる植物で、冬は地上部が枯れて根の状態で越し
春に再び芽を出して生長する多年草です。

夏から秋にかけて茎の先端に小花がたくさん集まって卵形を成した花穂を付けます。
花は渋い赤色、花びらに見える部分は萼(がく)で花びらは退化しています。

草丈は70cm-1m、葉はだ円形でフチにはギザギザがあります。

園芸では草丈が20cmほどにしかならない小型のヤクシマワレモコウや
韓国済州島原産のタンナワレモコウがよく栽培され
和テイストの野草寄せ植えなどにも用いられます。
  1. 2014/07/30(水) 19:40:51|
  2. お花が好き♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ブルースター
ブルースター1
ブルースター  瑠璃唐綿

肉厚の花弁で 花の色が徐々に変化します。
花弁が 水彩画のようで ピントが合ってても ファインダー越しだと ピンボケ
に見える花。

花 自体は強い花で 長期間咲いており 背丈も大きくなります。

ブルースター   学名 Oxypetalum caeruleum
別名 オキシぺタラム、ルリトウワタ(瑠璃唐綿)
科名 ガガイモ科   原産地 ブラジル、ウルグアイ、アルゼンチン

空色で星形の花は切り花としても人気があります。
栽培は意外に簡単で、半つる性で1m程に成長することもあります。

日当りと水はけの良い所で多湿にならないように管理し
乾きすぎにも注意しましょう。
冬は室内の明るい窓辺で5℃以上で管理しますが
暖地では戸外でも越冬できます。 
  1. 2014/07/30(水) 19:36:24|
  2. お花が好き♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

インパチェンス
インパチェンス1
インパチェンス2
サンパチェンス

今日も朝からいいお天気で 日中は暑かったですが
夕方になって涼しい風が吹いてくれたので 先週とだいぶ違いを感じます。

サンパチェンスは サカタのタネがインパチェンスを品種改良して
作りだした園芸種です。

サントリー・フラワーズと並ぶ大手園芸メーカーのサカタのタネの本社は
家から会社の通勤途中にあり 他の地域よりもサカタのタネのお花が多いかも?
(たぶん この家のご主人はサカタのタネに勤務してるかも?
一度 奥さんとお話をした時 園芸会社に勤務してるって言ってました。)

サンパチェンスは、サカタのタネが開発したインパチェンスの栄養系品種です。
『サンパチェンス』という名前の由来は“太陽 (sun)+忍耐 (Patience)”からきています。

その名のとおり真夏の強い日ざしにも耐え、初夏から晩秋まで
長い期間にわたりトロピカルな美しい花を咲かせるといった今までにない
まったく新しいタイプの品種です。

夏の暑さにも負けず大きく育ち、鮮やかな花を長期間たくさん咲かせるところから
ファン急増中のサンパチェンス。
日本はもちろんのこと、世界各国の公園や植物園の植栽としても利用されています。
  1. 2014/07/30(水) 19:33:51|
  2. お花が好き♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ショウジョウトンボ
ショウジョウトンボ1
猩々蜻蛉  ショウジョウトンボ

今日も朝からいいお天気で 空は雲ひとつない日本晴れです。  
今日も暑くなりそうですね・・・

猩々トンボは赤とんぼよりも赤く 頭まで真っ赤っかです。
でも赤いのは オスだけで メスは麦わらトンボとよく似てて赤味がありません。

猩々トンボ  科 トンボ科  属ショウジョウトンボ属
和名 ショウジョウトンボ
学名 Crocothemis servilia mariannae
 
とにかく真っ赤!これこそが究極の赤いとんぼ!
しかも攻撃的で、まるで赤い彗星のようです。

おもに平地や丘陵地の挺水植物がよく繁茂する池沼など広範囲な止水域に生息します。
北海道南部から九州・四国まで生息しており、南西諸島に生息するものは
タイリクショウジョウトンボに区別されます。

4月下旬から10月末ころまで見られます。

雄は植物などに止まり、じっと縄張りをはります。
近くに敵が入ってくるとすぐさま攻撃をしかけます。
とくにシオカラトンボとはよくバトルをしています。

タイリクショウジョウトンボと違い、腹部に黒い筋がありません。

田んぼにカルガモが♪
ショウジョウトンボ カルガモ
  1. 2014/07/30(水) 07:27:58|
  2. お花が好き♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ルリマガリバナ
ルリマガリバナ1
ルリマガリバナ2
瑠璃歪花  ルリマガリバナ

この家も 変わった花が多く よくチェックしに行きますが ルリマガリバナは
自分家の敷地ではなく 公園の自分家側の場所にたくさん咲いてます。

厳密に行けば いけないのかもしれないけど 誰にも迷惑はかからないし
キレイだから 問題はありませんね!
 
花弁の付き方が ちょっと変わってるから 歪花って名前なのかな?
1年草ですが こぼれ種ですごく増えます。

瑠璃歪花  別名 ブロワリア  ナス科 ルリマガリバナ属 
春蒔き一年草
原産地 ペルー、コロンビア  中南米
花期 6月~10月
種まき 4月上~中旬

花径2センチほどでアメリカーナと言う品種です。
シルバーベルズ「美しく開花する」という意味の名を持つブロワリアは
夏らしい色の花

日本へは大正時代の末に渡来したそうです。
洋種のブロワリアとは 少し大きさが違い 小型です。
  1. 2014/07/29(火) 19:43:14|
  2. お花が好き♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

タイタンビカス
タイタンビカス1
タイタンビカス

タイタンビカスは人工的に作られた園芸種で モミジアオイとアメリカフヨウの
交配種 だから 花はアメリカフヨウに似ており 葉っぱはモミジアオイに似てます。

我が家の鉢植えは 去年はあまり元気がありませんでしたが 
今年はたくさんの蕾が付き 毎日 1個づつ咲きます。

タイタンビカスとは、株式会社 赤塚植物園が開発したまったく新しい植物で
ある特定のアメリカフヨウとモミジアオイの交配選抜種です。

その性質は、驚異的なほどに強健で、日当たりさえ良ければ
特に植えつける場所を選びません。
特に暑さには非常に強く、強い西日のあたる場所でも大丈夫です。

また、宿根性のため、秋には、地上部が枯れてしまいますが、根が地下に残り
翌年の春には、また芽を吹いて、初夏には、花を咲かせてくれます。

とても強健なので、一度植えつければ、毎年、夏にお花を見せてくれます。

タイタンビカス
  1. 2014/07/29(火) 19:38:36|
  2. お花が好き♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

フクシア ガーデンマイスター
フクシア ガーデンマイスター1
フクシア・ガーデンマイスター

フクシアはすごく種類が多いですが このフクシアも変わってます。
別名 女王のイヤリングって名前ですが これは イヤリングにはなりません。

フクシアはアカバナ科の植物で、原種は中南米からニュージーランド
にかけて分布します。
ドイツ人の医者で植物学者の レオンハルト・フックスに
ちなんで名付けられました。

日本では、フクシアのことをホクシャと呼んでいる方がまだまだ多いようですが
これは明らかに間違いです。
フクシアは(Fuchsia)の綴りで、ドイツ・オランダなどの
ヨーロッパ大陸ではこれをフクシア、アメリカ、英国、オーストラリアの
英語圏ではフューシアと発音しています。
日本では語源のフックス(人名)を尊重して、フクシアと呼ぶようにしています。

フクシアは 種類が多いので これを参考にすると 個別名が判明します。

http://www.kamoltd.co.jp/fuji/fuchsiaphot_index.htm
  1. 2014/07/29(火) 19:34:48|
  2. お花が好き♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヤブミョウガ
ヤブミョウガ1
藪茗荷  ヤブミョウガ

朝と午前中は 少し涼し目だったのに 午後から暑くなりましたね。
今日は お仕事で巣鴨のとげ抜き地蔵のすぐ近くまで行き
商店街で食事をしてきました。

うわさ通りのおばあちゃんの表参道で たくさんのおばあちゃんが来てましたよ。

このお花は 茗荷の名前が付いてますが 茗荷とは無関係で
ただ 葉っぱが茗荷に似てるってだけです。

犬とか藪って付く植物は 大概 偽物 役に立たないって意味を持ってます。

ヤブミョウガ(藪茗荷)
花期 8~9月 ツユクサ科  ヤブミョウガ属
関東地方以西の本州、四国、九州の暖地に生育する多年草で林縁などに生育

葉がミョウガに似ることが名前の由来のようだが 
ミョウガはショウガ科で縁はない
  1. 2014/07/29(火) 19:32:40|
  2. お花が好き♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

トルコキキョウ
トルコキキョウ1
トルコ桔梗  トルコキキョウ

今日も朝から真っ青な空です。
ただあまり気温が高くなく 窓を開ける程度で十分
昨日のように湿度が低いと 割りと過ごし易いですね。

最近 人気がないのか 切り花では多く見掛けますが あまり鉢植えでは
育ててる人が少ないかも?
案外丈夫なお花で 翌年も咲いてくれます。

トルコ桔梗  Eustoma Salisb.  リンドウ科ユーストマ属
英名:プレイリーゲンティアン
別名:リシアンサス、ユーストマ

トルコキキョウは、北アメリカ原産の植物で、ネブラスカ州、コロラド州
テキサス州などのロッキー山脈の高原地帯に自生しています。
名前の中にあるトルコ原産のキキョウではありません。
 
学名の「ユーストマ」は、ギリシャ語で「よい=eu」「口=stoma」という意味で
釣り鐘状に咲いた花の形から、名づけられたと言われています。

日本で「トルコキキョウ」と呼ばれている由来は
「つぼみの形がトルコ人のターバンのようで、咲き方がキキョウに似ているため」
という説もあります。
  1. 2014/07/29(火) 07:54:14|
  2. お花が好き♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

スパイダーリリー
スパイダーリリー1
ヒメノカリス  スパイダーリリー

インドハマユウや浜木綿と近い仲間らしいですが 名前の通り 蜘蛛ヒトデ
のような花が咲きます。

蕊の付き方もユニークで 一度覚えたら この花の名前は忘れないお花ですね。

スパイダーリリー(Spider lily)は、中央に白い朝顔に似たラッパ状の花(副花冠)
と、6本の蜘蛛の足状に出た細長い花被片(六弁花)
橙色の雄シベを持つヒガンバナ科ヒメノカリス属の半耐寒性球根植物です。

花に芳香があります。 ハマユウ(浜木綿)や、インドハマユウ(印度浜木綿)
と同じ、ヒガンバナ科ヒメノカリス属なので、お互いによく似ています。

スパイダーリリー(Spider lily)
学名:Hymenocallis speciosa Salisb.(ヒメノカリス・スペシオサ)
別名:ヒメノカリス・スペキオーサ(Hymenocallis speciosa)
   イスメネ、スペシオサ、ササガニユリ(笹蟹百合)
ヒガンバナ科ヒメノカリス属
原産地:西インド諸島
草丈:50~80cm 花径:20cm 花色:白 開花期:7~8月

スパイダーリリー2
  1. 2014/07/28(月) 19:45:10|
  2. お花が好き♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

玉咲き草藤
玉咲き草藤1
玉咲き草藤  クラウンベッチ

ちょっと見た目 レンゲのお花と似てますよね。
園芸店では「ビロード・クサフジ」ってな名称で売られてますが
他にも 園芸名があるみたいです。

去年の春先に小さな苗を購入しましたが 今 ぐんぐん成長中です♪

まあ レンゲも同じマメ科の植物なので 似てても不思議はないですね。

クラウンベッチはマメ科タマザキクサフジ属の多年草です。
欧州原産で牧草として栽培され、北米や中近東に帰化しているとか。
日本でも野生化しているみたい。

草丈は50~100cmとありますが、
直立せずに地面を覆うように匍匐します。
丈夫で耐寒性、耐暑性、耐乾性もあるので、
グラウンドカバー向けだそうです。

花期は5~8月と長く、切り戻せば秋にも咲くのですね~。
「上弁が桃色で下弁が白の2色咲きで、
長い花茎の先に長さ1cmほどの蝶形花を20個ほど球形につける。」

タマザキクサフジの名前の由来はこのお花にあります。
  1. 2014/07/28(月) 19:42:55|
  2. お花が好き♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

釣鐘人参
釣鐘人参1
釣鐘人参  ツリガネニンジン

本来は秋に咲く高原の花ですが もう下界では咲き始めてます。
花が痛みやすい花で 中々 旬な状態で撮影出来るのは稀です。

良く似た花で 花先が広く咲く ソバナって花に良く似てます。

ツリガネニンジン
Adenophora triphylla var. japonica
キキョウ科 ツリガネニンジン属

ツリガネニンジンは,秋の草原を代表する野草のひとつだ。
秋風にゆらゆらとゆれる姿を見ていると,「チリン」と釣鐘の音が
聞こえてくるようなたたずまいだ。

地方や環境によって,変種やよく似た種がたくさんあるが
全国的に見ればこのツリガネニンジンが最も普通に見られる。
茎葉は披針形で輪生するが,葉の幅は変異が大きい。
また,根生葉は円心形になるものもあり
とても同じ植物のものとは思えないことがある。
  1. 2014/07/28(月) 19:40:35|
  2. お花が好き♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

藤の花 狂い咲き
藤の花 狂い咲き1
藤の花が狂い咲き

今日もいいお天気で暑くなりましたが 昨日までの暑さとは次元が違い
過ごし易い方でした。  たぶん 湿度があまり高くなかったせいでしょうか?

藤の花は6月の末ごろにも再開花してましたが 昨日 我が家の藤は
何を勘違いしたのか二輪ほど狂い咲きをしてました・・・

今年はなぜか あまり花付きが良くなく たくさん咲かなかったので
気まぐれで再開花したのかも?

下の桃色シランは 春から図~~っと咲き続けてます。
普通のシランよりもやや遅れて咲きますが 2か月以上咲き続けるお花は
非常に珍しいですね。

桃色紫蘭  モモイロシラン
桃花シラン
  1. 2014/07/28(月) 19:38:02|
  2. お花が好き♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

モミジアオイ ピンク
紅葉葵  ピンク  モミジアイ

新しい週の始まりです。 今週は先週よりも少し気温が低い予報ですが
暑いのは変わらないですね。

子供が夏休みに入っており 水の事故が多いです。
交通事故も増えるので 注意して運転をしないと!

先週 咲き始めのモミジアオイをアップしましたが 各色 揃ったので
再度アップです。

色は ポピュラーなのが 赤ですが 濃いピンク 薄いピンク 白
って種類もあります。 あまり 他の色を見掛けないのは 何故でしょうね?
赤 以外は ちょっと花の形も違いますね。

モミジアオイは北アメリカ原産の多年草で、ハイビスカスの仲間です。
葉がモミジのような形をしています。
また、紅蜀葵(こうしょくき)とも呼ばれ、夏から秋にかけて
鮮やかな紅色の花を次々に咲かせます。

モミジアオイ 学名:Hibiscus coccineus
アオイ科フヨウ属の耐寒性多年草
草丈:100~200cm  開花期:8~9月
花径:12~20cm  用途:庭植え、鉢植え   日照:日向むき

日当たりと風通しの良い、場所に植えます。
春に地上部を切り戻し、新芽を伸ばすようにします。
冬は盛り土などをして株を保護します。
鉢植えで楽しむ場合は、水切れに注意します。

モミジアオイ 白花

モミジアオイ 赤
  1. 2014/07/28(月) 07:39:27|
  2. お花が好き♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ルリタマアザミ
ルリタマアザミ2
瑠璃玉薊  ルリタマアザミ

瑠璃玉アザミ 私の好きなお花に一つです♪
うちにも もう直ぐ咲きそうな瑠璃玉アザミがあります。

図鑑には2年草って書かれてますが 家のも再開花だし 
毎年同じ場所に咲くので 宿根の多年草のような気がします。

ルリタマアザミ(キク科)

ルリタマアザミは、アザミという名がついていますが、アザミ属ではありません。
茎と葉はアザミによく似ていますが、花は球形でアザミとは違った形をしています。
植物学的には、アザミと同じキク科で、ヒゴタイ属です。

学名のエキノプスは、ギリシア語のエキノス(ハリネズミ)がもとになっています。
花の形がハリネズミに似ているからです。

原産地は南ヨーロッパと西南アジアです。
世界中で八十種類分布していますが、栽培種は二~三種です。

瑠璃玉薊 白花
ルリタマアザミ 白
  1. 2014/07/27(日) 18:11:20|
  2. お花が好き♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

鹿の子百合
カノコユリ2
鹿の子百合  カノコユリ

鹿の子百合が咲き始めました♪
この百合のお花も すごくキレイですよね!
うちもこの鹿の子百合の白花がありますが 芽が出始めたら盗掘にあったので
3本 今 新しい芽が出てますが 鹿の子百合なのか鬼百合なのか 咲くまで不明です。

九州、四国の山地の崖などに自生。1930年にシーボルトが持ち帰った
球根が2年後に花を咲かせたときには、その美しさに人々は感嘆し
「これより美しさでまさるユリはない」とまで称賛されたそうです。

カサブランカをはじめとするオリエンタルリリーは この鹿の子百合と
山百合の交配から 作られたお花です。

カノコユリ ( 鹿の子百合 )  花期 7~9月  ユリ科  ユリ属
学名 Lilium speciosum
別名 ドヨウユリ、タナバタユリ
性状 球根性多年草   原産地 東アジア

一般的な山百合やオイエンタルリリーよりも小型の百合で 大きさは
鬼百合と同じくらいの大きさです。

自生地では本種は形態によって、カノコユリとタキユリの二つに分けられます。
ピンクの鹿の子百合は 自生種ではなく 園芸種だそうです。

一般的な鹿の子百合
カノコユリ
  1. 2014/07/27(日) 18:08:36|
  2. お花が好き♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

なすの花
なすの花1
茄子の花

悪茄子をアップしたので 普通のナスのお花も!

初夏に咲く ナス科のお花は 案外多く 野菜類のお花はナス科が
けっこう多いです。

茄子 ジャガイモ トマト 

ナス科の植物は 5花弁で 5角形になるタイプが多く 
直ぐにナス科ってわかりますね。

ジャガイモとナスは かなり違う種類に見えますが 同じナス科の植物です。
ナス科の植物は 人間の役にすごく立ってますよね!

なすの花2
  1. 2014/07/27(日) 18:03:44|
  2. お花が好き♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ワルナスビ
ワルナスビ1
悪茄子  ワルナスビ

今日も朝からピーカンで暑くなりました。 9時ごろに近所を徘徊しましたが
汗が結構流れましたよ・・・  それにしてもいいお天気です。

この花は 雑草で 異常な繁殖力があるため 付いた名前で
今 路肩や 中央分離帯に沢山 生えてます。
葉っぱが アザミのように 棘があります。

ワルナスビ(悪茄子)  Solanum carolinense ナス科
多年草/別名 オニナスビ(鬼茄子)
北米原産の帰化植物

花がナスの花に良く似ているが実は食べられず、畑や空き地などで
地下茎を伸ばしてよく増え、畑の雑草としてはやっかいな存在。
関東以南に生える。

茎の高さは40~70cmになり、葉は縁に鋸歯がある。
また、鋭い刺が茎と葉に生えている。

花期は6~10月。淡紫色または白色の2~3cmの花が4~10個
節の間から出た枝の先につく。
直径1.5cmほどの果実は球形で、熟すと橙黄色になる。

今日は快晴~~><
快晴

  1. 2014/07/27(日) 17:57:02|
  2. お花が好き♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ゲンノショウコ
ゲンノショウコ1
現之証拠  ゲンノショウコ

昨日は夜になってもあまり気温が下がらず寝苦しい夜でした。
今日もお日様 ギンギンで暑くなりそうです・・・

ゲンノショウコ 昔は道端にたくさん咲いてましたが 数が激減しました。
洋種の雑草系に 住む場所を奪われたのが原因かも?

関東地方は この白花の方が多く関西では赤が多いそうですが 
横浜では 両方 見かけます。

ゲンノショウコは薬効成分が多く 古くから民間薬として用いられて来ましたが
最近 生息域を西洋の雑草に奪われ 減少してます。

江戸時代の始め頃から用いられ、これを服用するとたちまち効き目が
現れることから「現之証拠(ゲンノショウコ)」という名がついたと言われています

別名でミコシグサという和名がありますが、これは実が熟すと裂開して種を飛ばし
その姿が御輿の屋根のようなユニークな形状になることから名づけられました。

ゲンノショウコはフウロソウ属で
ハクサンフウロやイブキフウロ、タチフウロなどの仲間です。

ゲンノショウコはドクダミなどと共に古くから日本で用いられてきた薬草です。
一般には花期に地上部を採取し、乾燥させたものを用います。

ゲンノショウコ1
  1. 2014/07/27(日) 09:10:16|
  2. お花が好き♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

睡蓮木
睡蓮木1
睡蓮木  スイレンボク

花の大きさは4㎝くらいで 日が落ちると閉じ また昼になると開花します。
家にも この木はあるのですが 花が見当たらないので 消えちゃったかと思ったら
枝が1mにも成長し 今週から咲き始めました♪

スイレンボク  Grewia caffra
シナノキ科 / 常緑低木
花期 初夏から秋  樹高 100-300cm
原産地 南アフリカ

花びらの内側の5枚が花弁で、外側の5枚は萼ということですが
まるで10枚の花びらが開いているように見え、睡蓮の花を思わせます。

一日花なのでしょうか、咲いた次の日には萎んでしまいますが、次々と咲きます。
萼の外側はうす緑色なので、蕾みの時と開花したときとの対比が鮮やかで
ハッとさせられます。夏に清清しくておすすめ。
  1. 2014/07/26(土) 18:18:17|
  2. お花が好き♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ターネラ
ターネラ1
ターネラ・ウルミフォリア

今年初めてお花屋さんで見つけ 購入した我が家の花ですが
このお花は 面白く 昼過ぎになるともう お花は閉じてしまいます。
本州は 黄色みたいですが 我が家は 上の写真のものを購入しました。

ターネラ・ウルミフォリア
高さ30から120 cm程になる。
1日花であり朝に開いも午後になるとまもなく閉じるが、葉腋に次々と咲く。
メキシコから西インド諸島が原産だが、今では他の熱帯地域にも帰化している。

同族にターネラ・トリオニフロラ(T. trioniflora)もあるが、 これは多年草で
花は白色で基部に向かい鮮やかな黄色となり、花基部には褐色の目がある。
ターネラ科ターネラ属
学 名:  Turnera ulmifolia
和 名: ---  英 名: ---
原 産:  メキシコ~南米、西インド諸島
常緑多年草   常緑亜低木

ターネラ 黄
  1. 2014/07/26(土) 18:14:54|
  2. お花が好き♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

インカビレア
インカビレア1
インカビレア

お花がノウゼンカズラと似てますが その半分くらいの大きさのお花で
樹木というより 草のような雰囲気です。

あまりポピュラーではないお花なのに 会社の近くの家はプランターに沢山
植えてあります。  自分で増やせるのかな?
今年 我が家も手に入れました♪

ノウゼンカズラに似たラッパ状の花を長期間咲かせます。
葉は切れ込み深く、淡いピンクの花と共に繊細な雰囲気があります。

インカビレア(インカルビレア)は高地原産と熱帯原産の物がありますが
ピンクフェアリーは熱帯原産です。

学 名 Incarvillea sinensis 'Pink Fairy'
科属名 ノウゼンカズラ科インカビレア属
分 類  非耐寒性多年草
原産  中国南部
開花期 5月~10月頃   草 丈30~60cm

日当たりと水はけの良い場所を好み、やや乾燥気味の土が良いです。
冬の寒さに弱いので室内に取り込むと越冬できます。

インカビリア
インカビリア1
  1. 2014/07/26(土) 18:07:19|
  2. お花が好き♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サルスベリ
百日紅  サルスベリ

今日はホームコースでゴルフでしたが お天気が良すぎてゴルフ場も暑かったです。
でも下界の暑さとは次元が違い30度を超えるってことはありません。

富士山の雪があらかた解けて 黒い山になってました。

百日紅 色は白 ピンク 濃いピンク 赤 パープル フリル付きってあります。
撮影が難しいお花でイマイチ キレイい撮れないお花・・・

サルスベリ Lagerstroemia indica (ミソハギ科 サルスベリ属)

サルスベリは中国南部原産の落葉小高木であり、日本には江戸時代に渡来した。
南方系の植物であるためか、春の芽だしは遅く、新しくのびた枝の先端に
円錐形の花序をつける。

花は7月のはじめから咲き始め、9月の終わりまで真夏の日射しを
楽しむかのように咲いている。
花序全体をみると花弁だらけでわかりにくいが、一つの花を手に取ってみると
なかなかおもしろい。

外国産の樹木で、自然に繁殖する種は多くはないが
サルスベリは稔った種から自然に芽生え、成長する。

サルスベリ2
サルスベリ
サルスベリ2
  1. 2014/07/26(土) 18:04:03|
  2. お花が好き♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ナツエビネ
ナツエビネ1夏海老根  ナツエビネ

明日は涼しいホームコースでゴルフです♪
下界で過ごすよりは ゴルフ場の方が涼しいかも?

普通の海老根は春に咲きますが この一種類だけ 夏に開花し 夏海老根といいます。
絶滅危惧種で 自然の状態では 滅多にお目にかかれません。

ナツエビネ(夏海老根、学名:Calanthe reflexa )は、ラン科エビネ属の多年草

偽球茎は球形になる。葉は3-5枚が束生し、長さ10-30cm、幅3-6cmの
狭長楕円形で、先端は鋭尖頭で、表面は縦じわが多い。

花期は7-8月
高さ20-40cmになる花茎が基部の葉腋から直立し、10-20個の
淡紫色の花を総状につけ、下方から開花していく。

苞は長さ1-2cmの披針形。萼片は長さ15-20mmで、背萼片は狭卵形、
側萼片は斜卵形で、ともに先端はとがり反曲する。
側花弁は萼片よりやや短い線形で、先端はとがる。

日本では、本州、四国、九州に分布し、渓谷や沢の周辺などやや湿った落葉樹林下に生育する。
世界では朝鮮(済州島)、中国(南部、台湾)に分布する。

ナツエビネ2
ナツエビネ3

  1. 2014/07/25(金) 23:04:32|
  2. お花が好き♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

ぱぱいや

Author:ぱぱいや
.
外回りのお仕事なので いつも珍しい花 キレイなお花がないか注意しながら運転してます♪

街や郊外で見かけた花の便りを毎日 
紹介しようと思ってます。

ブログ内検索

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

最近の記事

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード