FC2ブログ

街の花便り 

季節のお花を紹介してます。

イボクサ
イボクサ1
疣草  イボクサ

田んぼの畦道など湿った場所に群生し 大変可愛らしい 3花弁の花が咲きます。
見た目通り つゆ草の仲間ですが 名前が 可哀想な名前で 損をしてます。

小さい花で 花径 7ミリほどしかありません。

イボクサ(疣草)  別 名 イボトリグサ、ホシクサ
科 名 ツユクサ科  学 名 Aneilema keisak
花 期 9月~10月  草 丈 20~30㎝
生育地 水田、湿地、水路

昔イボをとるのに使ったことから名前がつきました。
湿地や休耕田に見ることができます。
茎が横にはいながら枝分かれをして伸びます。そのため大きな株になります。

花は花びらが3枚、白色で先の方は淡紅色の小さなものです。
咲いている時間が短く午後にはしぼんでしまいます。
水田にはじゃまな雑草のひとつです。

イボクサ

スポンサーサイト



  1. 2017/09/30(土) 17:46:01|
  2. お花が好き♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ステルンベルキア
ステルンベルキア1
ステルンベルキア・ルテア

このステルンベルキアも和名が キバナタマスダレとなってますが
タマスダレよりも クロッカスに似た雰囲気のお花です。

ステルンベルギア・ルテア   科名  ヒガンバナ科
学名 Sternbergia   別名 キバナタマスダレ
原産地  地中海沿岸 トルコ 中央アジア
草丈  5cm~20cm   開花時期  9月~10月

ヨーロッパ南東部からアジア南西部にかけて約8種類が分布する小球根です。
その中でも日本で広く育てられているのはキバナノタマスダレの別名がある

「ステンベルギア・ルテア」で9月下旬から10月にかけてクロッカスに似た
黄色い花を一本の花茎に1つ咲かせ、ひとつの球根で3~5輪の花を付けます。

秋に休眠からからさめ、花が咲くと同時~直後に細長い葉を伸ばし
春に葉が枯れて夏に休眠するという生育サイクルをとります。
日本には大正時代の末頃に渡来しました。

私はこちらの方が正しい黄花玉簾(キバナタマスダレ)だと思います。

ゼフィランサス・エージャックス
ゼフィランサス・エージャックス
  1. 2017/09/30(土) 17:43:38|
  2. お花が好き♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

酔芙蓉1
酔芙蓉1 (2)
酔芙蓉  スイフヨウ

酔芙蓉の色変化は 仕事中に合間をみて撮影するので
同じお花の変化を時間ごとに追いかける事ができません。
朝の10時ごろと 昼の2時過ぎの別の固体を撮影してます。

酔芙蓉は 朝(4時ごろから咲いてます) 咲き始めた時は白いですが
夕方にかけて赤味が帯びて来て 最後には丸まってしまう一日花です。

酔芙蓉は 日照量に反応してるみたいで 雨の日は 午後でも白い時があります
このところ 晴天続きなので 赤味が帯びるのが早いですね。

花色の変化を、酒に酔っていく様にたとえて名づけられた。
学名 Hibiscus mutabilis f. versicolor  アオイ科フヨウ属の落葉低木。
原産地は中国、日本。 花期   9~10月

樹形、葉形はフヨウとほぼ同様だが、一重咲きが基本のフヨウに対し、
花は八重咲き。時間が経つにつれて変色していくのが大きな特徴である。
日当たりのよい場所に、地植えするのがよい。
フヨウと同じく肥えた土地を好み、防寒、防湿の必要はとくにない。

  1. 2017/09/30(土) 17:41:27|
  2. お花が好き♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ルコウソウ
ルコウソウ1
縷紅草  ルコウソウ

今日はホームコースでゴルフコンペでしたが 先週は大叩きをしたのに
またったく練習をせずに本番 その割りに今日はまあまあの成績で
準優勝 ドラコン&ニアピンの賞品をゲット出来ました。
ゴルフは何年やっても 中々 安定したスコアでは回れません・・・

ルコウソウは朝顔と同じ仲間なので 真夏の開花は少なく 初夏と晩夏に
沢山の花が咲きます。

昔は白は少なかったですが 最近 白をよく見かけますね。

ルコウソウ (縷紅草、留紅草)

蔓が延び綺麗な葉と小さな花が沢山つく
ひるがお科.つる性一年草.南アメリカ原産.
他物にからむ茎を持ち、葉は羽状に深裂、各裂片は狭線形.
葉腋から長い花柄が伸び、緋紅色で先の5裂した漏斗状花をつける.

葉の形が朝顔の葉に似ているまるばるこうそう
葉がもみじに似ていて花の大きいはごろもるこうそうもある.
細かく切れ込んだ葉も綺麗

朝顔を小さくしたような花で、花の直径約2センチ
この濃紅色は朝顔にはないと言う.白、ピンクも綺麗
葉の形がすがすがしい.10月中旬まで盛んに咲く。

  1. 2017/09/30(土) 17:36:22|
  2. お花が好き♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ハゴロモルソコウ
ハゴロモルコウ1
羽衣縷紅草  ハゴロモルコウソウ

今日はホームコースでゴルフコンペ 少々 風邪気味で鼻水が止まらず困ってます。
朝は5時に家を出る予定なので 予約投稿をして置きます。

ルコウアサガオの仲間も涼しくなってきて元気を取り戻してますね。

ルコウ草には 星型に咲くルコウソウ 丸い花で 葉がモミジ葉のハゴロモルコウ
野生種で 丸い花で葉も切れ込みのないマルバルコウとあります。

ハゴロモルコウソウ  ( 羽衣縷紅草 )
花期 7~11月  科名 ヒルガオ科    ルコウソウ属
学名 Quamoclit x sloteri   英名 Cardinal climber
別名 モミジルコウ、モミジバルコウソウ
性状 一年草   原産地 園芸品種

アメリカにおいて、 葉が糸状に切れ込んでいる「ルコウソウ(Q. pennata)」と
ハート形の葉の「マルバルコウ(Q.coccinea)」から交配された園芸品種です。

蔓性で、葉は掌状に深裂します。葉が深く裂けてモミジ葉状であるところから
別名で「モミジバルコウソウ(紅葉葉縷紅草)」とも呼ばれます。
7月から11月ごろ、直径2㎝ほどの鮮やかな紅色をした杯状の花を咲かせます

母種であるマルバルコウ、ルコウソウは、いずれもこの花より花の大きさが
ぐっと小さく、マルバルコウなどは花の直径が1㎝にも満たないほどです。

  1. 2017/09/30(土) 07:30:28|
  2. お花が好き♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ヤマホトトギス
ヤマホトトギス1
ヤマホトトギス2
山杜鵑草  ヤマホトトギス

ホトトギスの花は 蕊が異常に大きくて なんとなく 時計草にも似てますが
普通のホトトギスよりもヤマホトトギスの方がさらに特徴的な咲き方をしてます。

あまり近所には咲いてないと思ってたら この前 公園の脇に
咲いてたし 今日のは いつも行く 山野草の多いお寺に咲いてました。

ヤマホトトギス 「山杜鵑草」

山地や丘陵地の林下に生える多年草で、茎はたかさ50センチ前後になり
長毛が生えている。

上部の葉は茎を抱く。茎の先や葉腋から散房花序を出す。
花は画像のとおり上向きにつき、花被片の上部がそり返るのが特徴。

ホトトギスよ花は小形で、花被片の紅紫色の斑点が少なく
ほとんど目立たないのもある。花期は7~9月。

和名は、花被片の斑点を鳥のホトトギスの胸にある斑点になぞらえたもので
山地で見られるため。

分布は、北海道(西南部)、本州、四国、九州。
  1. 2017/09/29(金) 20:33:02|
  2. お花が好き♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

アメジストセージ
アメジストセージ1
アメジスト・セージ

名前が 色々とあって メキシカンブッシュセージとも言うし
サルビア・レウカンサとも言います。

サルビアってのはよく耳にしますが 英語のセージのラテン語で
日本語にすると シソ科ってな意味です。

このお花は丈夫で育てやすく アチコチで 大きな群生を見掛けます。

アメジストセージ 学名 Salvia leucantha   シソ科 サルビア属
花期 6月~10月   花色 赤紫色(花は白または紫)

全体がベルベット状の毛で覆われていて、赤紫色のガクに
白または紫色の花を咲かせる。
大きな株になるので植える場所に注意。冬越えもする。

注意点 日本の高温多湿が苦手なので風通しと日当たりが良いところに植込む。

アメジストセージのピンク花
アメジストセージ
  1. 2017/09/29(金) 20:27:07|
  2. お花が好き♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アキバラ
アキバラ1
アキバラ2
秋薔薇  アキバラ

今日は秋晴れのすごくいいお天気でした。
明日も今日のようなお天気になるそうなのでラッキーってな感じ。
明日はホームコースでゴルフコンペ 
先週 メタメタなのにゴルフクラブをコースに置いて来たので
まったく練習も出来ず なのにいいスコアでは回りたい矛盾した考えです。

四季咲きの薔薇は 秋にも開花しますが 春よりはお花も少なく
なんとなく 侘しさもあります。

春よりも開花期間が長く 開いて痛んだ状態のが多いのも特徴です。

カクテルやミニバラなんかも四季咲きで 秋にも少し咲きますが
ナニワイバラなんかは 四季咲きではないので 秋には咲きません。

薔薇はとにかく栄養食いの植物で お花が終わったら 必ず 追肥をしないと
開花率が悪くなり お花も小さくなります。 
虫も付きやすく 手のかかる植物です。

その分 春と秋にたくさんのお花を咲かせられると 持ち主は鼻が高いですね。

  1. 2017/09/29(金) 20:24:52|
  2. お花が好き♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ミズキンバイ
ミズキンバイ1
水金梅   ミズキンバイ

今日は秋晴れのいいお天気になる予報ですが朝は冷え込んでいて
部屋の中にいても寒いほどです。

ミズキンバイは キレイな5花弁のお花で 主に水辺に生息します。
山野草に感じますが 街中でも環境が整えば 大きな群生を作ります。
昨日 洗足池で撮影してきました。

ミズキンバイLudwigia stiplacea  水金梅アカバナ科 チョウジタデ属
花期     7~9月   生育地 池や沼の水中、水田
花色     黄色
分布地域  本州~九州  多年草

絶滅危惧種名前の由来は、水田に生え、花がキンポウゲ科の
キンバイソウに似ているのでついたそうですよ
花の花びらの先は浅くくびれていて、花は散りやすく
午後になると葉に触れただけでも落ちてしまうそうです

茎の下部は水底をはっており、時おり白い呼吸根を水上に出すこともあるそうです
葉のほうは基部に密を分泌する濃いい緑色の腺体があります

  1. 2017/09/29(金) 07:51:53|
  2. お花が好き♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ミズヒキ
ミズヒキ1
水引  ミズヒキ

非常に小さい花で 長細いから撮影に苦労する花!
風がちょっとでもあったら 撮影不可能~~
日陰に咲くので 三脚が欲しいお花の一つです。

ミズヒキ Antenoron filiforme  (タデ科 ミズヒキ属)

ミズヒキは日本、朝鮮・中国・インドシナ・ヒマラヤなどに分布する多年草。
半日陰の林下や路傍などに生育する。
茎の断面は白色の髄が詰まっている。
葉は幅広い楕円形でやわらかく、黒い斑紋があることが多い。

両面に毛があり、茎や花茎にも毛がある。
茎の先端から数本の長い花茎を出し、まばらに花をつける。
花弁に見えるものは萼であり、長い期間、花が咲いているように見える。
花期は8月から11月。
和名の由来は細くて長い花穂を祝儀封筒や進物にかける水引に
たとえたものと言われる。

銀水引  ギンミズヒキ
ギンミズヒキ1
  1. 2017/09/28(木) 21:22:06|
  2. お花が好き♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

シロカタバミ
シロカタバミ1
白方喰   シロカタバミ  芋カタバミタイプ

カタバミは初夏に咲くお花ですが 晩夏から秋にかけても再開花します。

一般的に白方喰は 芋方喰の白花が多いですが もう一種類あり
葉が緑ではないオキザリス・レグネリーの白花タイプもあります。
白花は葉っぱが緑です。

下の写真のは葉っぱが三角形なので オキザリス・レグネリーの白花タイプかと思います。
上は芋方喰タイプで葉が小さく クローバーのような形です。

オキザリスの仲間の中では 育てやすく 多年草なので毎年 咲きます。
オキザリスは方喰の仲間ですが 意外と育てづらく 桃の輝きなどは
越冬が難しい部類です。

白方喰  オキザリス・レグネリー
シロカタバミ
シロカタバミ1
  1. 2017/09/28(木) 21:18:50|
  2. お花が好き♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ホトトギス1
ホトトギス
杜鵑  ホトトギス

午前中はけっこうの雨が降りましたが昼頃から晴れて 夕方にまた
雨が降り始めてます。
明日は秋晴れのすごくいいお天気になる予報です。

ホトトギスは 中央の雌蕊が高く飛び出しており 特徴的な形をしてます。
杜鵑には 台湾 黄花 白花 山 山路 などがありますが 園芸種でも
台湾ホトトギスをベースに 40種類くらいあるそうです。

杜鵑 ユリ科 ホトトギス(tricyrtis)属

花にある油点が、ホトトギスの胸羽根の模様に似ている事からこう呼ばれている。
冬場は地上部が消えるので耐寒性は有ります。
夏場は、半日陰の方が葉焼けしない。

根詰まりと水切れで葉が枯れ上がったり、葉先が枯れ込んだりし易いので
初夏の頃に鉢をおおきくしてやるのも良いようです。
名前を付けられている園芸品種物の多くは
台湾ホトトギスを元親として改良された物だそうです。

台湾杜鵑  タイワンホトトギス
台湾ホトトギス
  1. 2017/09/28(木) 21:11:58|
  2. お花が好き♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

カリガネソウ
カリガネソウ1
雁草  カリガネソウ

思ったとおり 朝起きたら大雨です・・・。
4時ごろの雨はすごく大降りで目が覚めるほどバシャバシャ降ってました。
木曜雨ってパターンが多い気がします。

カリガネ草は前にもアップしましたが 畑の隅に大株が
咲いてたので再アップです。 流石に地植えは花付きもいいです。

秋に咲く 代表的な山野草ですが 真夏から咲き始めます。
けっこう丈夫で育てやすいお花です。

カリガネソウ 有名な山野草 独自のメシベが上から飛び出た形は特徴的

花の花冠から上方に雄しべと雌しべの花柱が弓なりに飛び出ている。
この姿を雁に例えてカリガネソウと名付けた。
日本の秋の野山には珍しい青い花。

カリガネソウは独自の匂いがするそうで 決していい匂いとはいえないそうです。

宿根で一旦地上部分が 枯れますが 夏に新しい葉が成長します。
斑入りの方が やや花が小さい傾向にあります。
  1. 2017/09/28(木) 07:30:39|
  2. お花が好き♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

アキノゲシ
アキノゲシ1
秋野芥子  アキノゲシ

アキノゲシは春に咲くノゲシから 秋に咲くノゲシって名前が付きましたが
春のノゲシとは比べられないほど キレイな花が咲きます。

アキノゲシ キク科 原産:東南アジア 花期:7~11月

花がノゲシに似てて秋に咲くことに由来しますが
ノゲシとは属が違い、草形も異なります。

茎や葉を傷つけると白い乳液を出すから「チチクサ」の別名があります。

田の畔など日当たりのよいところに生育する、秋を代表する野草です。
黄色い花のノゲシに対し、アキノゲシは白みをおびた黄色です。

葉は細みlから幅広まであり、丈が1~2mと高く遠目にも目立ちます。
茎や葉を切ると白い乳液がでます。
花後にタンポポのような綿毛ができ、風にのって種子をまきます。

この花は 新芽が食べれます。

  1. 2017/09/27(水) 19:58:47|
  2. お花が好き♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

雲南合歓
雲南合歓1
雲南合歓の木  ウンナンネムノキ

雲南合歓の木は7月の中旬に一度 満開になりましたが 今 また咲き始めてます。
春と秋だけではなく 年に3.4回くらいこの木は 花が咲くんじゃないかな?

普通の合歓の木と違い 大きな木にならず 葉もかなり小さいです。
この合歓の木は 10年以上 同じ鉢に植えっぱなしですが 毎年
3~4回ほど 満開になります。

マメ科の植物は地面だけでなく空気中から栄養分を摂れるので
大鉢に植えっぱなしでもかなり長期間 元気です。

花は 夕方から咲き始め 翌日の夕方には枯れ始めます。
種は出来た事がありません・・・

  1. 2017/09/27(水) 19:56:07|
  2. お花が好き♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

日本芙蓉
芙蓉
芙蓉  フヨウ

芙蓉の花は真夏に咲き始めますが 秋になってもまだ咲き続けます。
真夏の頃よりも今のほうが色が濃く咲くのが特徴で 酔芙蓉と同じように
午後の方が少し 色が濃くなります。

芙蓉と言えば芙蓉グループ 旧安田財閥系の企業で有名でしたが
最近はあまり この名前を聞きません。
富士銀行が合併しちゃったせいですかねぇ~~?

芙蓉の花は これだけ園芸品種が増えて来てるのに ピンクと白花
しか見た事がありません・・・ 何故でしょうね? ムクゲは多いのに。

フヨウ(芙蓉、木芙蓉、モクフヨウ、学名:Hibiscus mutabilis)
アオイ科フヨウ属の落葉低木。
草本性のフヨウと区別する場合は、あえてモクフヨウと呼ばれる。

原産地は中国で、台湾、沖縄、日本の九州・四国に自生する。
日本では関東地方以南で観賞用に栽培され、7~10月始めにかけて
ピンクや白で直径10~15cm程度の花をつける。幹は高さ1.5~3m。
朝咲いて夕方にはしぼむ1日花で、長期間にわたって毎日次々と開花する。
  1. 2017/09/27(水) 19:52:02|
  2. お花が好き♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

朝顔
朝顔1
西洋朝顔  セイヨウアサガオ

今日 明日は雨っぽいのでカメラを持たずに出かけましたが
結局 雨は降りませんでした。

大分涼しくなってきましたが 朝顔は初夏の頃よりも今のほうが
花付きがよく 午前中も元気です。

セイヨウアサガオ(西洋朝顔)  ヒルガオ科 
学名:Pharbitis hederacea ( Ipomoea tricolor   花期: 夏

アサガオ(朝顔)は,熱帯アジア原産のニホンアサガオと
セイヨウアサガオ(アメリカアサガオ)に分けられます。

セイヨウアサガオは明治時代に渡来したもので
花の中心部が黄色みをおびているなど,ニホンアサガオとは
かなり異なっています。

朝顔2
  1. 2017/09/27(水) 19:46:30|
  2. お花が好き♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ノブドウ
ノブドウ2
野葡萄  ノブドウ

朝は晴れてますがお天気は下り坂 明日は雨予報~~
最近 木曜日が雨って 多い気がします。

これも 蔓性の植物で 裏の川の道端のフェンスに絡みついて咲いてます。
普通のブドウのように 房になりませんが けっこう色が魅力的な色をしてます。

ノブドウ(野葡萄、Ampelopsis glandulosa var. heterophylla)
はブドウ科ノブドウ属に属するつる性落葉低木
日本全国のほか東アジア一帯に分布し、アメリカにも帰化している。
やぶに多く見られ、都市でも空地などに見られる。

葉はブドウやヤマブドウに似ることもあるが、別属であり
特に花序が下向きにぶら下がるブドウ類とは異なり
上に伸びて平らに枝を広げる点はむしろヤブガラシなどに似る。
変種にテリハノブドウ、キレハノブドウ(f. citrulloides)などがあり
葉の形などが異なる。

果実は食べられないが、熟すと青や紫などに色づき光沢もあって美しいので
園芸植物として栽培されることもある。

  1. 2017/09/27(水) 07:30:44|
  2. お花が好き♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

荒地盗人萩1
荒地盗人萩
荒地盗人萩  アレチヌスビトハギ

荒地盗人萩は同種の盗人萩よりもお花がやや大型でキレイです。

この実が 盗人の足形に似てることから この名前が付きました。
多年草なので 毎年同じ場所に咲き 今日も寄り道して撮影してきました。

この実はひっつき虫で 注意してると小川の淵とか道端に咲いてます。

非常に 可愛い花で 濃いピンク色の小さなマメ科の花が咲きます。
一般的な ヌスビトハギより 倍くらい大きな花が咲きます。

アレチヌスビトハギ Desmodium paniculatum (マメ科 ヌスビトハギ属)

アレチヌスビトハギは北米原産の帰化植物。高さ1m程になる多年草。
路傍や造成地などの荒れ地に生育し、次第に増えているように思う。

葉は3小葉からなり、葉の上面には毛が少ないが、下面には毛が多い。
表面はかぎ状に曲がった毛が密生しており
熟すと節から分断されて衣服などにひっつく。
気づかずに荒れ地を歩くと、びっしりとくっついてしまう
やっかいなひっつき虫である。

  1. 2017/09/26(火) 21:02:29|
  2. お花が好き♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ウィンターコスモス
ウィンターコスモス1
ウィンターコスモス

ウィンターコスモスは黄色に白の縁取りのビデンスを指します。
コスモスの仲間ですが 厳密言うと ちょっと属が違います。
笑っちゃう事に 道端に沢山 咲いてる センダングサの仲間です。

ウィンターコスモス  学名:Bidens  別名:ビデンス
原産地:北アメリカ  花期:関東の地植えでは10月から霜がおりるころまで

水はけのよい日当たりを好みます。
暑さ、寒さに強く、東京近辺では地植えで冬を十分越します。
鉢物は10月ごろから出回り始め、冬から春にかけても出回ります。

とても丈夫で地下茎などでどんどん増えていきます。
ただし、日が十分当たらないと葉だけが茂って
花が咲かないので注意が必要です。

地植えで放置すると、春からどんどん育ち、7月頃には1mほどにもなりますので
7月はじめ頃に1回30cmくらいの高さで切り戻すと
花のころに1mくらいの高さできれいに咲きそろいます。

ビデンス・イエローキューピット
ウィンターコスモス2
  1. 2017/09/26(火) 21:00:29|
  2. お花が好き♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ヒメリンゴ
ヒメリンゴ1
姫林檎  ヒメリンゴ

普通のりんごはもうスーパーに出回ってますが 姫の方が実ができるのは
やや遅いみたいです。(例年は11月になってから)
小さな木の方が早くに熟すみたいで盆栽のヒメリンゴは食べ頃に見えます。

中国原産
盆栽や観賞用に栽培される。元来は10mにもなる。
樹皮は暗紫褐色。葉は短枝に密生して互生し長さ3~9cm
楕円形または広楕円形、縁には不揃いな鋸歯がある。

花は春に咲き、白色。5~6個ほどの花をつけた散形花序を葉のある短い枝先に出す。
径3.5~5cm。

矮性化させたリンゴで 本来は10cmくらいのリンゴが生るそうです。
もちろん 果実は食べれますが すっぱいそうです。

咲く花の大きさは同じなのに 出来る実はクラブ・アップルのほうが
倍以上大きなリンゴが出来ます。
それでも 普通のリンゴの1/3ですけど。

クラブ・アップル
クラブ・アップル
  1. 2017/09/26(火) 20:58:46|
  2. お花が好き♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ナミアゲハ
ナミアゲハ1
並揚羽  ナミアゲハ

今日もいいお天気でしたがあまり暑くならず 徐々にですが秋らしくなって来てますね。
バリ島の火山が噴火しそうな予報が出てますね。
あそこは観光地なので これから稼ぎ時なのに困りものです。

一般的に よく言う アゲハ蝶ってのは このナミアゲハを指します。
黄揚羽とも似てますが 全体的に 黒が多い感じ

春に発生する個体(春型)は夏に発生する個体(夏型)よりも小さい。

翅は黒地に黄白色の斑紋や線が多数入る。
さらに後翅には水色や橙色の斑紋もあり、尾状突起の内側には
橙色の円形の斑点がある。
この橙色の斑点は目玉模様(眼状紋)としての役割をもち
鳥などから頭を守る役割があると考えられている。

外見はキアゲハによく似ているが、ナミアゲハは翅の根もとまで
黄白色の線が入り、全体的に黒い部分が太い。

ナミアゲハ2
  1. 2017/09/26(火) 20:53:03|
  2. お花が好き♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

メリケンムグラ 
メリケンムグラ 1
メリケンムグラ

もうすっかり秋になってきており 朝は寒いほど気温が下がります。
昼間は半袖 朝晩は薄いジャケットが必要ですね。

このお花も道端に生える野草で 割と湿った地面が好きみたいです。

メリケンムグラ Diodia virginiana (アカネ科 オオフタバムグラ属)

メリケンムグラは北米原産の1年生草本。河原、ため池の
湖岸、放棄水田、田圃の畦道などに生育する。

河原ではやや湿り気のある場所でよく見かけ
水際に生育して泥をかぶっていることも多い。
茎は四角形で綾に毛があり、葉は無毛で対生。
地面をはって広がり、群落を形成する。
夏に先端が4つに分かれた白花を咲かせる。
花弁には微毛があり、1日花である。
同属のオオフタバムグラは乾燥した砂地に生育する。
  1. 2017/09/26(火) 07:25:48|
  2. お花が好き♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

関東嫁菜
関東嫁菜1
関東嫁菜2
関東嫁菜  カントウヨメナ

野菊は案外多く 見分けが非常に難しいです。
関東嫁菜にも白花 青花があり ノコンギクにも青花 白花があります。

秋に咲くお花ですが 真夏あたりに咲き始めます。

写真は関東嫁菜の白花ですが 青い花もあり ノコンギクとよく似てます。
花径が3cm以下で 葉の毛の有無で区分けします。
カントウヨメナには 毛がありません。
野紺菊も 関東嫁菜も 葉が菊の葉とは 違います。

カントウヨメナ(関東嫁菜)  Kalimeris pseudoyomena
キク科 多年草  
 
葉の大きさ、ギザギサの大きさと表面のザラザラの度合いで判断する必要あり
実の冠毛の長さも確認に必要。

和名は、ヨメナの仲間で関東地方に多く生育することから。
なおヨメナは西日本に多く、若芽は春の摘み草で食用にする。

分布・生育地:本州(関東地方以北)。乾いた田のあぜ、河川敷。
草丈:30~80cm。 花期:7~10月。花径:2.5~3cm(頭花)
  1. 2017/09/25(月) 20:05:59|
  2. お花が好き♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

桐の実
桐の実1
桐の実  キリノミ

桐の実は遠目 胡桃の実に似た感じで 食べれそうに見えますが
中身は綿毛が入っており 果肉はありません。

ネットで桐の実を検索しましたが 実の事よりも紋章の事の方が
面白かったので そちらを載せます。

桐の紋は皇室や日本政府、官公庁や神社などで使われているので
ほとんどの方は見たことがあると思います。
何故「桐」はそんな重要な場面で使われる紋となったのでしょうか。
 
桐紋は桐花紋(とうかもん)ともいい白桐をもとにデザインされています。
皇室や政府の紋は「五七の桐花紋」といわれ、7つの花の両側に5つの花が咲き
三枚葉の紋様です。菊の御紋に次ぐ紋章として9世紀初頭から重用され
政権を担う者の紋として好まれてきました。

今では内閣総理大臣の紋章として使われているので
官邸のプレートにもなっていますね。

そもそも桐はなぜそんなに高い地位の紋として定着したのでしょう。

中国では古くから君子が生誕すると、その家に瑞鳥である鳳凰が止まるといわれています。
鳳凰は桐の木に棲み竹の実を食べるので、政権を望む名家は桐と竹で
鳳凰にいらしていただくことを願うわけです。

史記によると古代中国では、天の神が人民を統治するのにふさわしい君子を
選ぶといわれているので、皇帝の悪政が続き世の中が乱れると
他の名家に政権のチャンスが移るわけですね。

その兆候として新しい君子を輩出する家に鳳凰が現れると。
ですから、天からチャンスを招いて逃さないためにも桐と竹は大事なのです。
そのような理由から、指導者は鳳凰を呼ぶ桐にあやかって
身辺に桐紋を掲げることにより、天に選ばれ続けることを祈ったのでしょう。

桐の紋章  豊臣秀吉の家紋
design_img_b_1109611_s.png
  1. 2017/09/25(月) 20:03:26|
  2. お花が好き♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ヤブミョウガ
ヤブミョウガ1
藪茗荷  ヤブミョウガ

あまり日の当たる場所ではなく 木陰にひっそり咲く花のイメージです。

このお花は 茗荷の名前が付いてますが 茗荷とは無関係で
ただ 葉っぱが茗荷に似てるってだけです。

犬とか藪って付く植物は 大概 偽物 役に立たないって意味を持ってます。

ヤブミョウガ(藪茗荷)
花期 8~9月 ツユクサ科  ヤブミョウガ属
関東地方以西の本州、四国、九州の暖地に生育する多年草で林縁などに生育

葉がミョウガに似ることが名前の由来のようだが 
ミョウガはショウガ科で縁はない
  1. 2017/09/25(月) 19:48:00|
  2. お花が好き♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ポリピエンシス・ベコニア1
ポリピエンシス・ベゴニア
ボリビアンシス・ベゴニア  ビュービリア・レッド

今日はいいお天気になりましたがあまり蒸し暑くはならず 昼間も
多少秋の気配がしてきました。
夕方は窓を開けてるとちょうどいい感じです。

ボリビアンシス・ベゴニアは 球根性のベゴニアのことです。

ボリビエンシスベゴニア  ビュービリア
Begonia boliviensis

•耐暑性があり半日陰でも夏中きれいに生育する
•生育が旺盛でボリュームのある草姿に仕上がる
•小輪多花性でパティオやハンギングにも最適

小輪多花性のハンギング用ベゴニアのシリーズ。
“ビュービリア”は耐暑性が強く、夏の間もきらめく花色の可憐な花が
次々と咲き続けるので、花壇材料としてはもちろんのこと
パティオやハンギングにも適している。
  1. 2017/09/25(月) 19:45:48|
  2. お花が好き♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

白妙ひまわり
白妙ヒマワリ1
白妙向日葵  シロタエヒマワリ

今週一杯で9月は終了~~ 9月は車検もあったし免許の更新
パスポートの更新 けっこう忙しかったですがびじ終わりホッとしてます。

普通のヒマワリより 遅くに咲き始め 葉っぱに繊毛が多いため
全体的に白っぽく見える向日葵です。

大きさもあまり大きくならず 背丈1mくらいが一般的
枝分かれし 複数の花を付けるのが特徴

「白妙」の名のごとく、茎や葉が羽毛のような産毛に覆われています。

「この時期にひまわり?」という気もするのですが、白妙向日葵は
かなり遅咲きで、普通のひまわりが姿を消す秋以降に目立ってきます。

花はひまわりより小ぶりです。

でも、白妙向日葵って最近増えたのでしょうか?
昔は見なかったような気がします。

  1. 2017/09/25(月) 07:28:57|
  2. お花が好き♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

四季咲き合歓の木
四季咲き合歓の木1
四季咲き合歓の木   シキザキネムノキ

お花だけ見ると紅合歓に見えますが 葉っぱが紅合歓とは全然 違います。

赤い羽根のような花を咲かせる花木です。
ネムノキによく似た花ですが、属は別。カリアンドラはブラジル原産の非耐寒性低木です。
常緑性で、気温が高い季節は繰り返し花を咲かせます。
四季咲きネムノキとも呼ばれます。

タイプ:マメ科カリアンドラ属の非耐寒性落葉低木
樹高:1.5m
開花期:5~10月
用途:鉢植え
日照:日向むき

栽培方法:
成長が早く、とりたてて土質を選びません。
なるべく日当たりの良い場所に植えます。
樹姿を整えるため、花後に剪定します
。春遅く、堆肥などの有機肥料を株元に施します。
寒冷地では秋から冬の移植は避けてください。
また、冬は屋内に置き、春3~4月頃に一回り大きな鉢に植え替えて
枝先を剪定してください。

紅合歓  ベニゴウカン
ヒネム1
  1. 2017/09/24(日) 18:49:12|
  2. お花が好き♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ダイヤモンドダスト
ダイヤモンドダスト1
ユーフォルビア・ダイヤモンドフロスト

ダイヤモンドフロフトは かすみ草と同じような雰囲気で 寄せ植えに足すと
いい雰囲気になります。
ただ このお花 先ほどの初雪草やポインセチアと同じ仲間で 
暑くても寒くてもダメになるお花です。

ダイアモンドフロスト  科名:トウダイグサ科  ユーフォルビア属
学名:Euphorbia hybrid  常緑低木
原産地:メキシコ

用途:鉢花、寄せ植え、コンテナガーデン、庭植
新しいタイプのユーフォルビアで、花は一年中、咲いています。
寒さには弱いですが(最低気温5℃まで)春から秋まで
長い期間、楽しむ事ができます。

コンテナ、寄せ植え、ハンギング等、どんな花とも合わせやすく、管理も簡単です

  1. 2017/09/24(日) 18:42:55|
  2. お花が好き♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

ぱぱいや

Author:ぱぱいや
.
外回りのお仕事なので いつも珍しい花 キレイなお花がないか注意しながら運転してます♪

街や郊外で見かけた花の便りを毎日 
紹介しようと思ってます。

ブログ内検索

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

最近の記事

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード