FC2ブログ

街の花便り 

季節のお花を紹介してます。

片栗

A.jpg
B.jpg
D.jpg
片栗  カタクリ

城山カタクリの里はカタクリの数も多いですが人も多いです。
いい感じのお花が咲いてる場所は順番待ち状態 けっこう待たされます。

カタクリのほかにも沢山の山野草が咲いており 特に雪割草は
かなり種類と数が咲いてました。

カタクリ (片栗) ユリ科  学名 Erythronium japonicum
花期  4~5月  草丈  10~15 cm

花の付けない片葉の葉の模様が鹿の子に似ているので「片葉鹿の子」。
これが「カタカゴ」になり、さらに転化して「カタクリ」になった。

また、実がクリのいがの中にある1つ1つの実に似ている事から
「片栗」と呼ばれるようになったという説もある。

山野のやや明るい林の下に生える多年草。葉は長楕円形で
しばしば紫や白い斑点がある。
頂部の大きい花は下向きに咲き、花弁は内側と外側にそれぞれ3枚ずつあり
花が開くと反転する。  花の基部には紫褐色の模様がある。

E.jpg
F.jpg
スポンサーサイト
  1. 2019/03/31(日) 17:55:02|
  2. お花が好き♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

紅花三椏

紅花三椏
紅花三椏1
紅花三椏  ベニバナミツマタ

普通の三椏は黄色の花ですが 同じ枝から紅花が咲く時もあるし
紅花オンリーの三椏もあります。
普通の三椏よりはやや遅れて咲き 3月の後半のお花です。
紅花の三椏は あまり見掛けないですよね。。

ベニバナミツマタ( 紅花三椏 ) ジンチョウゲ科 ミツマタ属
学名 Edgeworthia papyrifera (=E.chrysantha)  英名 paper bush
別名 むすびはな、かみのき
性状 落葉低木   原産地 中国

本来、「ミツマタ」というと黄花で、赤花はその園芸品種。
ミツマタは製紙原料として有名で、樹皮からは機械抄紙(すきがみ)ができ
この紙は精巧な印刷、紙幣や証券など高級紙の原料とするため
栽培されていましたが今では帰化植物となっています。

  1. 2019/03/31(日) 17:50:15|
  2. お花が好き♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

猩々袴 

ショウジョウバカマ1
ショウジョウバカマ2
ショウジョウバカマ3
猩々袴  ショウジョウバカマ

今日は昼ごろに晴れる予報で相模原のカタクリの里へ行ってきました。
外環が東名高速に繋がってるので厚木から相模原に外環で行けるので
家からは50分 随分と楽になりました。

でも 天気予報は大外れで11時ごろも変わらずの曇天
カタクリのお花も閉じているものが多く 少々 ガッカリです。

猩々袴 シュジョウバカマ  ユリ科 Heloniopsis orientalis
別名・英名: カンザシバナ(簪花)

ショウジョウバカマの名前は紅色の花を能楽で使う能装束の空想上の「猩々」
(オランウータンの意味もある)赤い頭の毛と見立て
花の下の葉を袴と考えたものだと言われています。

なお、白花もあり シロバナショウジョウバカマ と呼ばれる。

  1. 2019/03/31(日) 17:47:30|
  2. お花が好き♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

蜆花

シジミ花
シジミ花1
蜆花  シジミバナ

今はまだ曇天ですがお天気は回復に向かうそうなので
これから相模原のカタクリの里まで 行ってきます。

ユキヤナギの花とよく似ており 一見 ユキヤナギの八重咲きかと思い易いお花
成長すると けっこう太い幹(3,4㎝)になります。 
この辺がユキヤナギと違います。

雪柳にも八重咲きがあり それは花の形がやや違います。

例年は4月後半のお花ですが もう咲いてます。

シジミバナ 蜆花   別名 ココメバナ
バラ科 シモツケ属 落葉低木/花期4月
高さ 1~2m

花の形を蜆(しじみ)の肉に見立てこの名が。
花は白色の八重咲きで、径1cmほどのやや平たい小球状です。
中国原産です、日本庭園によく栽植されています。
まっすぐな枝が株立ちします。
ユキヤナギ・コデマリの仲間です。
  1. 2019/03/31(日) 09:07:57|
  2. お花が好き♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

花海棠

花海棠
花海棠1
花海棠2
花海棠  ハナカイドウ

この花は派手なので 咲き始めるとすごく目立ちます。

ハナカイドウ(花海棠)  Malus halliana/バラ科/落葉低木
別名 カイドウ、スイシカイドウ(垂糸海棠)  

紅桃色の花が房状に吊り下がってたわわに咲き
ややなびく枝ぶりや柔らかな葉の色合いによく映えて、優しく華やかである。

海棠の字義は「外国から来た(海)ナシ(棠)」のことだそうだ。
中国にも野生品はなく古くから鑑賞用に栽培され続けていたとのこと。

これは想像だが、中国でも外国から来たというところから
その名前を海棠としたのではないかと思う。

花を観賞するため庭木や盆栽として栽植される。
高さ5m。樹皮は灰色で滑らか、枝は帯紫色。小葉が変化したとげがある。
葉は硬く滑らか、若葉は紅色を帯びる。
  1. 2019/03/30(土) 18:06:01|
  2. お花が好き♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

瓔珞筒アナナス

女王の涙
女王の涙1
女王の涙   瓔珞筒アナナス

ブロ友のタックさんから頂いた女王の涙 三鉢に分けましたが
どれも元気で沢山の蕾が付いてます。

瓔珞筒アナナス

南アメリカのブラジルからアルゼンチンにかけて分布しています。
日本へは昭和時代の初めに渡来しました。
5月ごろ、葉腋のあいだから花茎を伸ばして、花を咲かせます。

基部だけが筒状で、苞はピンク、花被は黄緑色で青紫色の縁取りがあります。
戸外でもでもじゅうぶんに適応しています。

パイナップル科ビルベルギア属の多年草で、学名は Billbergia
nutans。英名は、Queen's tears。

  1. 2019/03/30(土) 18:03:27|
  2. お花が好き♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

花蘇芳  

ハナズオウ
ハナズオウ1
花蘇芳  ハナズオウ

今日も曇天で桜の撮影には不向きな一日でした。
これから夜に雨になって そのあと回復傾向だそうなので
明日は相模原のカタクリを見に行こうと思ってます。

遠目 桃の花や梅の花に見えますが 花をよく見ると 
マメ科の花の形をしています。
ピンクの色が 濃いので 遠くからでも 目立つ花です。

ハナズオウ  マメ科 学名  Cercis chinensis
原産地  中国
草丈  3m~5m 開花時期  4月~5月

中国原産の落葉性の中高木で北海道南部~九州にかけて植栽が可能です。
春に葉がでる前に花を咲かせます。
花は濃い赤紫色のものが一般的ですが白い花を咲かせる
白バナ花ズオウなどもあります。

花はチョウチョのような形をしており満開時期は枝が見えないくらいに
びっしりと密に花をつけます。
  1. 2019/03/30(土) 18:00:42|
  2. お花が好き♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

蔓小桜

ツルコザクラ
ツルコザクラ1
蔓小桜  ツルコザクラ

今日は思ったよりもいいお天気になりましたが曇天なので
染井吉野の撮影には向きません。

カタクリの花が満開らしいのでカタクリの里に行きたいですが
今日よりも明日の方がお天気は良さそうです。

蔓小桜はすごく増えて華やかなのにお花屋さんに売られてませんでしたが
最近はけっこう売ってるのを見かけるようになりました。

ロックソープワート  別名 ツルコザクラ・サポナリア オキモイデス

シバザクラより少し遅れた頃に開花が始まり
やさしい桃色の小さな花を初夏頃まで咲かせてくれます。
栽培も容易で成長が早くよく分枝し広がるので
グランドカバーやロックガーデンに向いています。

学名:Saponaria ocymoides
タイプ:ナデシコ科シャボンソウ(サボンソウ)属の耐寒性多年草
草丈:5~10cm
開花期:5月~初夏
植え付け適期:春、秋
日照:日向むき
用途:花壇、グランドカバー、ロックガーデン

栽培方法:
日当たり、水はけの良いところを好みます。丈夫でほとんど手がかかりません。
秋に株分けで殖やすことができます。

  1. 2019/03/30(土) 10:01:36|
  2. お花が好き♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

利休梅

利休梅
利休梅1
利休梅2
利休梅  リキュウバイ

去年は4/1に満開の利休梅をアップしており 咲き度合いとしては
今年の方早くに咲き始めた気がします。  

利休梅 あまり見掛けない花ですが この花も 
近所の畑にけっこう 植えられてます。

利休梅(リキュウバイ)バラ科 ヤナギザクラ属
学名: Exochorda racemosa
別名: バイカシモツケ(梅花下野)梅咲きうつぎ 丸葉柳桜
落葉低木   原産地 中国 明治末年に渡来した。
寒地に強く暑さには弱い  
成長は比較的にゆっくりしている。

半日影地の腐葉分の多い良い場所に植える。
保水力のある排水の良い場所が好き。

誰が名前をつけたのか、茶人好みの渋い花です。
利休は豊臣秀吉に仕えた茶人(千宗易)  

茶花とししても、根締め、添えに使われるようです。
明治に渡来したので、、利休の頃にはまだなかった筈
  1. 2019/03/29(金) 19:10:34|
  2. お花が好き♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

横浜緋桜 

横浜緋桜
横浜緋桜1
横浜緋桜   ヨコハマヒザクラ

この桜は通勤途中に咲いており ちょっと見 八重咲きに見えますが
大輪の一重咲き 陽光桜と似てますが 花の付き方が寒緋桜に近いですね。
大山桜か横浜緋桜だと思いますが横浜に咲いててポピュラーな桜だそうなので
横浜緋桜の方を選びました。

横浜緋桜
 
 【特徴】
  ・花は赤みが強く大輪、下向きに咲きます。
  ・染井吉野と同じように、葉の出る前に花が咲きます。
  ・開花期が早咲き・中間咲き・遅咲きの3タイプがあります。(花の形態は同じ)
  ・早咲きは3月20日ごろから咲きはじめ,遅咲きは4月10日ごろから咲きはじめます。
  ・小学校で入学式のころに満開になるものを植えたい時には、中間咲きのものを植えます。

 【経緯】
 昭和47年ごろに早咲き種の鮮やかな紅色の寒緋桜(かんひざくら)と
 病気に強い山桜(兼六園熊谷(けんろくえんくまがい)という種類)を交配させ
 それぞれの系統の利点を備えた丈夫で美しい桜が誕生しました。
 昭和60年1月、その桜は、横浜の名を冠し、花の色の特徴を表す
 「横浜緋桜」と名付けられました。

 桜の新品種作りに取り組んでいる白井勲氏(港北区高田町)です。
  1. 2019/03/29(金) 19:07:27|
  2. お花が好き♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

常盤満作 白花

白花常盤満作
白花常盤満作1
常盤満作 白花  トキワマンサク

今日は一日中 曇りで桜の花を撮影するにはイマイチの環境
気温がすごく下がって寒い一日でした。

ややこしい話で これは白花常盤満作だと思いがちですが
白花常盤満作はまた別の種類があるので 紅花常盤満作の白花タイプ
のお花って区分けになります。

トキワマンサク 【常盤満作】

マンサク科 トキワマンサク属
花期/4~5月ごろ
日本では分布がごく限られている珍しい
常緑小高木。
葉は互生し、長楕円形で長さ2~7cm。
小枝の先に花をつけ、花弁は4枚、狭い長線形である。

  1. 2019/03/29(金) 19:02:34|
  2. お花が好き♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

オーブリエチア

オーブリエチア
オーブリエチア1
オーブリエチア

今日は雲が多く ドンヨリお天気 週末はずっとこんな感じで
せっかく咲き始めた桜を青空背景で撮影できません・・・。

オーブリエチアは2月ごろからお花屋さんに出回りますが 菜の花の仲間なので
本来の開花時期は今頃です。
今年はなぜか 鉢に植えたオーブリエチアが ちゃんと再開花してくれました。

見るからにアブラナ科のお花ですが 背が伸びず 10cmほどの大きさで
横に広がって咲きます。

オーブリエチア アブラナ科  学名  Aubrieta×cultorum Bergmans
原産地  ヨーロッパ  草丈  15cm~20cm
開花期  10月~2月  4月~6月

アブラナ科の多年草で、草丈はあまり高くならずに横に広がる性質があります。
満開の時期はカーペット状に広がって一面に花を咲かせます。

乾燥に強く、よく日本の植物園でもロックガーデン風の場所に
植えられているのを見かけます。
原産地でも岩の間からオーブリエチアが生えている場所が見られるそうです。
性質は強健で育てやすい植物です。
  1. 2019/03/29(金) 07:29:40|
  2. お花が好き♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

染井吉野

ソメイヨシノ
ソメイヨシノ1
染井吉野桜  ソメイヨシノ

染井吉野が日当りのいい場所では6,7部くらい咲いてますが
今日は青空じゃなかったので いい写真が撮れませんでした。

ここは神田川の高井戸周辺です。

ソメイヨシノ(Cerasus × yedoensis)は、緑の若葉が出る前に、木全体を覆うように
淡紅白色の花をつけます。
その起源には謎が多く、従来から様々な説がありましたが
最近の遺伝子解析による研究の結果、ソメイヨシノの起源はエドヒガンザクラ(母種)と
オオシマザクラ(父種)の交配によって、生まれたものであるということがわかりました。
 
栽培の歴史は新しく、江戸(染井:現在の東京都豊島区)の植木屋が
はじめ「吉野」の名で売り出したものとされています。
後に奈良の吉野山のヤマザクラと混同しやすいので
明治33年に染井吉野という名前に改められました。

花は3、4個集まって咲き、香りはなく、花弁は5枚の一重咲きです。
一般に桜と言えば、ソメイヨシノをさすのが常識的です。
それだけ全国に多く植えられ、名所があり、人々になじみも深いからなのでしょう。

(ソメイヨシノはクローン植物)
 クローンといってしまえば、あまり良い印象がありませんが、ソメイヨシノは、クローン植物なのです。
ソメイヨシノという栽培品種は、自然に増えることができません。
種子で増やすと親の形質を必ずしも子に伝わることがないため

ソメイヨシノというすぐれた形質を残し増やす方法は、接木もしくは挿し木などの
栄養繁殖の方法をとらざるおえなく、結果クローンとなってしまうのです。

ソメイヨシノは、人の手を介さない(接木などで増殖)と
生存することが出来ない品種だといえます。
百年もほっておくとソメイヨシノはこの世からなくなってしまうのです。
 
ソメイヨシノ2
  1. 2019/03/28(木) 19:33:37|
  2. お花が好き♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

山吹

山吹
山吹1
山吹  ヤマブキ

山吹は 当に山吹色 メディアムイエローの花が咲きます。
3月にここまでたくさん咲くのは珍しいです。

ヤマブキ(山吹、学名:Kerria japonica)はバラ科ヤマブキ属の落葉低木。
黄色の花をつける。春の季語。

低山の明るい林の木陰などに群生する。樹木ではあるが、茎は細く、柔らかい。
背丈は1mから、せいぜい2m、立ち上がるが、先端はやや傾き
往々にして山腹では麓側に垂れる。
地下に茎を横に伸ばし、群生する。葉は鋸歯がはっきりしていて、薄い。

晩春に明るい黄色の花を多数つける。多数の雄蕊と5~8個の離生心皮がある。
心皮は熟して分果になる。

  1. 2019/03/28(木) 19:24:39|
  2. お花が好き♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

大根の花

大根の花1
大根の花
大根の花  ダイコン

今日は暖かでしたがスカッとし青空にはなりませんでした。
染井吉野は白っぽい桜なので曇ってるといい写真が撮れません。

この花も 菜の花の一種ではあります。

私が田舎にいた頃は 畑で野菜の花を咲かせるのは 種採り以外では
農家の恥とされてましたが 横浜は農業が本業ではなく
節税対策で 畑にしてる家が多く 野菜の花は けっこう沢山 見掛けます。

大根も何種類かあるらしく このお花は一般的な大根の花
他にも 真っ白に咲く 大根の花もあります。

だいこん 大根 (「大根(オオネ)」の音読から):
アブラナ科の一年生または二年生根菜。
原産地は諸説あり、未確定。古く中国大陸を経て日本に伝わった。

世界各地で、多くの品種が分化。
晩春、白または紫がかった白色の小十字花を開く。
根部はおおむね白く、形は肥大した桜島、長大な守口などさまざまで葉とともに食用。
「すずしろ」ともいい、春の七草のひとつ

科名 アブラナ科
薬効 頭痛・せき・風邪に効きます。

  1. 2019/03/28(木) 19:22:09|
  2. お花が好き♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

紅枝垂れ桜 一重

枝垂れ桜
枝垂れ桜1
枝垂れ桜2
紅枝垂れ桜 一重

昨日はもうけっこう目立つほど開花してる染井吉野をみたので
今日はもっと開花度が進んで週末には見頃になるのもあるかも?

桜も非常に種類が多く 個別名の判断は 中々 難しいですね。
でも 枝垂れ桜は 簡単♪
枝垂れ桜にも 八重咲きと一重咲きがあります。

紅枝垂れ桜の花は 遠くから見ても 花一輪をみても美しい花です。

ヤエベニシダレ(八重紅枝垂) は、春、枝垂れた枝に薄紅紫色の
八重の五弁花を咲かせるバラ科サクラ属の高木の桜です。
江戸彼岸の枝垂れ型です。
一重の花色の薄い桜に、シダレザクラ(枝垂桜) や
花色が濃く一重のベニシダレ(紅枝垂れ) もあります。

学名:Cerasus spachiana 'Pleno-rosea'
別名:遠藤桜(エンドウザクラ)
科属名:バラ科サクラ属
原産地:日本、中国
花期:4月中旬 花色:薄紅紫色 花弁数:15~25枚

  1. 2019/03/28(木) 07:27:33|
  2. お花が好き♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

箒桃 

箒桃
箒桃2
箒桃1
箒桃  ホウキモモ

花桃には 普通の花桃 名前の通り箒状に咲く箒桃 枝垂れて咲く枝垂れ桃
の3種類があります。

枝垂れで有名なのは 梅と桜ですが花桃にもあり なんと花水木ににも
枝垂れ咲きがあるそうです。

ハナモモより やや遅れて咲き始め 細い枝にビッシリ
八重のの桃の花がつきます。
名前の通り 普通の花桃よりも細い箒のような樹姿

色は白 ピンク 赤とありますが 何故かキメラが多く発生するお花
花桃と同じように 桃の実は出来ません。

ホウキモモ(箒桃) バラ科   学名:Prunus persica 'Fastigiata'

モモ の園芸種で、 ハナモモ に近い品種。
名前のように枝が箒のように細く縦に伸びる。
八重咲きで、色は白~濃いピンクとさまざま。

  1. 2019/03/27(水) 20:27:49|
  2. お花が好き♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

玄海躑躅

玄海つつじ
玄海つつじ1
玄海躑躅  ゲンカイツツジ

早春に咲く 玄海つつじは鮮やかなピンクで 咲き始めるとすごく目立ちます。
同じ時期に ミツバツツジも咲き始めますが お花の形が少し違います。 
ミツバツツジは もうちょっと花弁が尖ってますよね。

このお花が咲くと 遠目でもすごく目立ち すぐにわかります。

玄海つつじ(花木)

落葉樹で樹高1~2mです。
つつじの中で最も早く咲き、花が大きく、葉は割りと少なめ。 
花期は3月下旬から4月初め迄です。 
剪定はつつじ全般と同じで花が終了後、花芽が付く前に行います。
切る場所により枝の伸びかたが違ってきますが、落葉性は萌芽力が弱いので
樹形を整える程度で十分で、毎年いっぱい花を咲かせてくれています。

花色がもっと鮮やかな春一番という似た別品種もあります。

  1. 2019/03/27(水) 20:03:46|
  2. お花が好き♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

カンパニュラ・ベルフラワー

ベルフラワー
ベルフラワー1
カンパニュラ・ベルフラワー

今日はいいお天気になったのであちこち寄り道をして
たくさんおお花を撮影してきました。

カンパニュラは桔梗の仲間で けっこう種類が多く 
園芸品種もかなりの数があります。

オトメギキョウ(乙女桔梗)    キキョウ科  カンパヌラ属
学名   Campanula portenschlagiana
流通名   カンパニュラ・ベルフラワー
花期   春~初夏
ユーゴスラビア北部原産の草丈10~15㌢の耐寒性多年草です。
カンパニュラの仲間では最も代表的な種類で、紫青色のベル形の
小花を溢れるように咲かせます。

矮性ですが性質は強健で、花壇、鉢物に栽培が容易です。
濃青紫の品種が一般的ですが白花の品種もあります。

  1. 2019/03/27(水) 20:02:02|
  2. お花が好き♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イエイオン

ハナニラ ブルー1
ハナニラ ブルー
イエイオン(ハナニラ)

今日はいいお天気なので見上げて撮影するお花が撮影できます。

花韮も今 お花屋さんで売られてますがお花屋さんのものは
白っぽくならず 青の色が濃いのが特徴です。

イエイオン(ハナニラ) ユリ科  学名 Ipheion uniflorum
別名 ハナニラ アイフェイオン
原産地  北アメリカ
草丈 15cm~30cm  開花時期 3月~4月

秋植えの小球根で4cmくらいの星形の花を咲かせます。
葉や茎を折ったり、切ったりすると、ニラのような強めの刺激臭があります。

だからなのか別名「花ニラ」とも呼ばれます。
寒さにも強く、5年くらい植えっぱなしにしておいても
毎年球根が増えていって満開の時期は見事です。

草丈は15cmくらいと低いので、鉢植えにしてもかわいい。
たくさんを密に植えると見栄えがします。
  1. 2019/03/27(水) 07:23:50|
  2. お花が好き♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

イワヤツデ  

タンチョウソウ
イワヤツデ  (別名 丹頂草 タンチョウソウ)

イワヤツデ 丹頂草ともいいますが 丈夫で育てやすい山野草で
今年も再開花してくれました。

このお花 小型ですがよくみるとヒマラヤユキノシタとお花の形が一緒です。

ユキノシタ科 イワヤツデ属  開花時期 4月~5月
丈 15cm~20cm 耐寒性、多年草

朝鮮半島から中国東北部に自生。
低山の渓谷の岩壁などに根茎を伸ばし着生しています。
とても丈夫でどんな栽培法でも作り易い。

夏は半日陰の場所にしますが、それ以外は良く日に当て
特に鉢栽培では締めて作りたいので全日照を心がけましょう。
花後はヤツデの様な葉が鉢をスッポリ覆ってしまいますから水やりの時は
しっかりとやります。

増殖は根茎をカッターナイフで切って分けますが花後の実生でも良く殖えます。
庭ではロックガーデンに向いています。

  1. 2019/03/26(火) 22:34:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ムスカリ・アルメニアカム

ムスカリ
ムスカリ1
ムスカリ・アルメニアカム

今日は友人が中国から帰国したので自由が丘で食事会
ちょっと高めの夕食を食べて来ました。

ムスカリは2月の初めあたりから園芸店で売られますが 
本格的な開花時期は今頃で 畑の隅などに大きな群生が見られます。
このお花 野生化しやすいのかも?

ムスカリ ユリ科  学名 Muscari
原産地 地中海沿岸 西南アジア
草丈 15cm~20cm 開花期  3月~4月

春の花壇、寄せ植えのワキ役適存在の秋植え小球根です。
3から4月にだいたい草丈15cmくらいで、ブルーの丸い花を沢山つけます。

チューリップと同じ時期に花をつけるため、寄せ植えによく利用されています。
ブルーのほかにも、白や紫の花もありますが、いちばんよく見かける品種が
「ブドウムスカリ」と呼ばれている種類のものです

それだけでは地味で目立たない花なのですが、引き立て役にすると映えます。
  1. 2019/03/26(火) 22:32:15|
  2. お花が好き♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

姫立金花

姫リュウキンカ1
姫リュウキンカ
姫立金花  ヒメリュウキンカ

今日は雲が多くスッキリしないお天気 日中は暖かくなるのかな?

今日は夜 人と会う約束があり 帰宅が遅くなりそうです。

見た目は そっくりで 立金花と同じように 花弁に艶がありピカピカ
でも立金花よりも開花はかなり遅く 3月の後半に咲きはじめます。
こちらのほうが立金花よりも八で育てやすく 丈夫かも?

大きな違いは 花の大きさで リュウキンカは花径が5cm以上
ヒメリュウキンカは 花径が3cm以下です。

普通のリュウキンカよりやや遅れて咲き始め お花もやや小型です。

ヒメリュウキンカ(姫立金花)  キンポウゲ科 ウマノアシタカ属
学名   Ranunculus ficaria
花期   春

欧州原産の多年草で、ヨーロッパの地中海沿岸から小アジアに分布しています。
花や葉の形が日本にも自生するリュウキンカによく似ているため
この和名がついてます。
冷涼な気候を好むので、山地の林床や林縁に生え、草丈は10~15㌢になります。

  1. 2019/03/26(火) 07:29:53|
  2. お花が好き♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

関東蒲公英

関東たんぽぽ1
関東たんぽぽ
関東蒲公英  カントウタンポポ

春の代表的なお花 タンポポが咲き始めました♪
このお花も そういえば黄色ですね。春のお花は 黄色がすごく多いです。
黄色い色は植物に有害な紫外線をカットする効果があるそうです。

タンポポは 同じように見えますが 関東タンポポと西洋タンポポがあり
お互いにしのぎを削ってます。
当然 西洋種のほうが丈夫で大型 生命力 繁殖力も旺盛ですが

近所のタンポポを観ましたが そんなに関東たんぽぽが減ってるとは思えません。
けっこう 横浜郊外では 関東たんぽぽを多く見掛けます。

なぜか 近所には白花タンポポも多いです。

白花蒲公英
白花たんぽぽ
白花たんぽぽ1
  1. 2019/03/25(月) 19:44:14|
  2. お花が好き♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プラム

プラム
プラム1
プラムの花

・・・今更ながらに プラムって 和名が「すもも」なんだぁ~~
仲間だとは 思ってましたが 一緒とは知りませんでした。
プラムも 案外 キレイな花が咲くでしょ? 園芸用の鉢でも今 売られてます。

プラム(スモモ)はバラ科サクラ属の落葉小高木で、アンズに似た実をつけます。
ヨーロッパスモモとニホンスモモに大別され、ヨーロッパスモモは主に乾果用
(乾燥させて食べる)に、ニホンスモモは主に生果用(生で食べる)に栽培されます。

国によっては乾果をプルーン、生果をプラムと呼ぶところもあるようです。
プラムの花は春先に開花し、その純白の花は桜に負けず劣らず非常に美しいです。

咲く時期は梅より遅く、桜より少し早い頃。果実用に栽培される木ですので
本来は上に伸びる枝は剪定されて背の低い木になっていることが多く

  1. 2019/03/25(月) 19:41:09|
  2. お花が好き♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

クレマチス

クレマチス・モンタナ1
クレマチス・モンタナ
クレマチス・モンタナ

今日は仕事で都内に行きましたが 染井吉野はまだ咲き始めたばかりのものと
けっこう 目立つくらい咲いてるものとありました。
今週は暖かい日が続きそうなので 週末にはどこも満開かな?

クレマチス・モンタナ 
学 名 Clematis montana Buch.-Ham. ex DC.
分 類 キンポウゲ科クレマチス属
原 産 ヒマラヤ地方、中国
タイプ 木本(蔓性)

栽 培 水はけのよい土に植え、日当たりのよい場所で栽培する。
一季咲きで開花期は4~6月。
前年に伸びた枝の節から数節の新しい枝を伸ばし、花を付ける「旧枝咲き」。

剪定は弱剪定(枯れ枝や古い枝などを取り去る程度で
ほとんど剪定しない)にとどめる。
高温多湿を嫌う。夏に挿し木で殖やす。
枝を二節で切って下の節の葉を落とし、赤玉土などに挿す

クレマチス・カルトマニージョー
カルトマニージョー
  1. 2019/03/25(月) 19:39:10|
  2. お花が好き♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ヒマラヤユキノシタ

ヒマラヤユキノシタ1
ヒマラヤユキノシタ
ヒマラヤユキノシタ

今週は暖かい日が続き染井吉野も一気に満開になりそうです。
週末は桜の名所はどこも賑わいそうです。

ユキニシタと葉っぱが似てて 同じように日陰を好んで咲きます。
開花時期は春ですが 正月くらいから咲き始め
開花時期が 長過ぎて 痛んでる花が多いのが 珠に傷です。

花は小型ですが 丹頂草と花の形がよく似てます。

ヒマラヤユキノシタ ユキノシタ科  学名 Bergenia stracheyi
原産地 中央アジア アジア東部
別名  イワウチワ
草丈 30cm~60cm   開花時期 3月~5月

あまり馴染みのない植物のように見えますが、日本でも庭先に植えられていたり
鉢植えで置かれているものをよく見かけます。

北海道~九州までどこでも育てることができる環境に対応できる丈夫な植物です。
花色は主にピンクでヨーロッパで改良された園芸品種もあります。
最近ではそれらの園芸品種も日本で見るようになってきました。
  1. 2019/03/25(月) 07:24:27|
  2. お花が好き♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

支那連翹

シナレンギョウ
支那連翹2
支那連翹  シナレンギョウ

レンギョウには2種類あって 普通の樹木のように上に向かって伸びる木と
灌木状の木に枝垂れて咲くタイプとあります。

普通の樹木に咲くタイプが 支那連翹
灌木の木に枝垂れ状に 咲くタイプが 朝鮮連翹
花弁も 支那連翹は丸く 朝鮮連翹は細いです。

レンギョウ モクセイ科
学名  Forsythia suspensa
原産地  日本 中国 朝鮮半島
樹高  2m~3m 開花期 3月~4月

レンギョウは落葉低木で、主に枝の先端が地面に付くとそこから根をだして増える
「つる性」のタイプと、幹や枝が立ち上がる「直立性」タイプの2つがあります。

細長い枝を地際からたくさん伸ばして、枝を埋め尽くすほどたくさんの
黄色い花を咲かせます。

鑑賞価値が高く、日本でもっとも栽培されているのは中国原産で
枝が直立するシナレンギョウや
枝が弓状に伸びる朝鮮半島原産のチョウセンレンギョウで
シナレンギョウとチョウセンレンギョウをかけ合わせた園芸品種も普及しています。
また、ヤマトレンギョウが日本の中国地方に分布しています。

  1. 2019/03/24(日) 16:37:48|
  2. お花が好き♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

岩鏡&岩鏡騙し

イワカガミダマシ
イワカガミダマシ1
岩鏡騙し  イワカガミダマシ

このお花はとてもキレイな山野草なのに 岩鏡に似てたため 騙しってな
変な名前を付けられちゃいました。

イワカガミダマシ Soldanella alpina
別名:ソルダネラ・アルピナ
サクラソウ科 ソルダネラ(イワカガミダマシ)属

イワカガミダマシ(岩鏡騙し)は、ヨーロッパ原産の常緑の多年草でアルプスなどの
高山の草原に生える。日本に園芸用として移入され栽培されている。
和名のイワカガミダマシは、姿がイワウメ科のイワカガミ(岩鏡)に
似ることに由来するという。

茎の高さは5~15センチ、根元から花茎を伸ばし
先に淡紫色の花を1~3個下向きにつける。
花冠は直径1~1.5センチで基部から細かく裂ける。
葉は根ぎわに集まってつき、長い柄がある。
葉身は心形で、先は円く、表面に光沢がある。

岩鏡    イワカガミ
イワカガミ
イワカガミ1
  1. 2019/03/24(日) 16:33:23|
  2. お花が好き♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

庭梅

庭梅
庭梅1
庭梅  ニワウメ

今日はいいお天気で予報よりも気温も上がったので
近所を徘徊してたくさんのお花を撮影してきました。

女子ゴルフはまたも韓国勢の優勝かと思ったら
大逆転で久しぶりに上田桃子が勝ちました♪
開幕日本人の3連勝が記事になるのがある意味情けない・・・。

庭梅の特徴は 茎沿いに びっしり梅の花よりやや小型の花が咲きます。

ニワウメ(庭梅)  Prunus japonica/バラ科/落葉低木  
枝全体を埋めるように咲いた姿は美しい。

細枝が林立するような姿になることも多いので林生(りんしょうばい)の名前もある。
果実の姿から小梅の別名もある。
果実の核は「郁李仁」として薬用にする。多数の雄しべが目立つ。
中国原産。
庭木としてごく普通に植えられている。
高さ1.5~2mぐらい。地際から細い枝を多数出し、よく分枝する。
葉は4~9cmの卵状披針形で先がとがる。縁は細かい重鋸歯。

花は葉が出る前かほぼ同時に咲き、淡紅色または白色で径15mmぐらい
5弁でウメの花に似る。枝の先端部から開花する傾向がある。
ウメに似た径1cmぐらいの果実をつけ、8月頃に鮮紅色に熟する

  1. 2019/03/24(日) 16:30:23|
  2. お花が好き♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ

プロフィール

ぱぱいや

Author:ぱぱいや
.
外回りのお仕事なので いつも珍しい花 キレイなお花がないか注意しながら運転してます♪

街や郊外で見かけた花の便りを毎日 
紹介しようと思ってます。

ブログ内検索

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

最近の記事

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード