FC2ブログ

街の花便り 

季節のお花を紹介してます。

ゲラニウム・マクロリズム

ゲラニウム特集 Ⅲ
ゲラニウム・マクロリズム
ゲラニウム・マクロリズム1
ゲラニウム・マクロリズム

日本の高原に咲く 郡内風露と少し雰囲気が似てます。

マクロリズムは北ヨーロッパに自生する原種。
自生種が栽培される事は少なく、沢山の園芸品種が作出されている。

マクロリズムの特徴として「葉に香り」がある事を述べられる。
海外ではハーブ・ゲラニウムとして芳香品種として扱われているが
芳香というと聞こえは良いが実の所「汗臭い・すえた臭い」なのである。

葉に触れるとかなり強烈に臭うそうです。

株の形状・花の大きさ

株自体の形状は低めのブッシュでカーペット状に生育します。高さ30~45cm。
花期は初夏の一季咲き。
株の栄養状態にもよりますが花径は2.5程と小中輪タイプ。耐寒性マイナス25℃。

ゲラニウム・ボストンズブルー
ゲラニウム・ボストンズブルー1
ゲラニウム・ボストンズブルー
  1. 2019/06/24(月) 19:42:08|
  2. お花が好き♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゲラニウム・サマースノー

ゲラニウム特集 Ⅱ
ゲラニウム・サマースノー
ゲラニウム・サマースノー1
ゲラニウム・サマースノー

フウロソウ科の植物で耐寒性多年草です。
丈夫で育てやすいゲラニウムで、ピュアホワイト花を
初夏から秋まで断続的に咲かせます。
花びらは深く切れ込みます。
他の植物の間に植え込んでも花茎を伸ばし開花しますのでとても可愛らしいです。

フウロソウ科  耐寒性多年草 (冬期常緑~半常緑)
学 名 : Geranium pyrenaicum 'Summer Snow'
別 名 : ゲラニウム ピレネカム(ピレナイクム)(学名)
     ピレネーフウロ など
花 期 : 春~秋
草 丈 : 50cm前後(生育後の高さで花丈も含む)
耐寒性 : 強   耐暑性 : 中
日 照 : やや半日陰
原産地 : ヨーロッパ(原種の主な自生地)

人気種‘ビルウォーリス’と同じピレナイカムの白花品種で
同様に春から秋遅くまで咲き、花期が長い 2cmほどの白い小花が
舞うように咲き、さわやかに他の草花を引き立てる

  1. 2019/06/24(月) 19:37:44|
  2. お花が好き♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ゲラニウム・オリオン

ゲラニウム特集 Ⅰ
ゲラニウム・オリオン
ゲラニウム・オリオン1
ゲラニウム・オリオン

今日は差から雨降りだったので 車で出かけた人が多く
道路がすごく混んでました。

今日は夏のお花 ゲラニウム(風露草)の特集をします。

風露草の中では 花が大きく 花径が5cm程にもなります。
すごく丈夫で 毎年株価が大きくなるそうです。

学名 : Geranium 'Orion'  
フウロソウ科  宿根草(冬期半常緑~落葉)
主な花期 : 初夏・秋 
草 丈  : 50cm前後 (生育後の高さで花丈も含む)
耐寒性 : 強    耐暑性 : 中 
日 照  : 日向~やや半日陰

花径5cmを超える驚きの大輪品種 コンパクトな 草丈で、
大きな花を咲かせる整った姿は「次世代の ゲラニウム」を思わせる 
花期も長く、夏涼しいと 春から秋まで楽しめる 

RHSガーデンメリット賞を 受賞した優良品種

  1. 2019/06/24(月) 19:34:29|
  2. お花が好き♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

コレオプシス

春車菊
春車菊1
春車菊  コレオプシス

今日は朝から雨で それもしっかり本降りです。
今週は梅雨らしいお天気が続く予報です。

コレオプシスはハルシャギクやキンケイギクの仲間で
北メリカを中心に80~100種が分布します。

明るい花色の陽気な感じのする花を多数咲かせ、長く伸びた花茎の先に
咲く花が風に揺れる姿も風情があり、荒れ地を花園に変える
ワイルドフラワーとして、公園や河川敷、道路わきや分離帯など
各所で利用されています。

ハルシャギクやキンケイギクは秋まき一年草ですが春まきも可能です。
場所によってはこぼれダネで毎年開花します。
宿根草で花壇の利用が多いのは、バーティシラータ(イトバハルシャギク)
ロゼア、グランディフロラなどで、品種もいくつかあります。

最近は、種間交配によって新しいタイプのものが多数育成され
コレオプシスのイメージが一新され、花壇やコンテナの寄せ植えに
多く利用されています。分
枝が多くコンパクトな草姿で、花期が長く花色も豊富です。
寒さにやや弱いため、多年生のものも多くは一年草扱いされています。

基本データ
形態  多年草(種によっては一年草扱い)
原産地  北アメリカ、メキシコ、中南米
丈/樹高  0.2~1m
開花期  5月~10月
花色  黄,ピンク,赤,オレンジ,複色
栽培難易度(1~5)
耐寒性  強い(交配種は半耐寒性)   耐暑性  強
  1. 2019/06/24(月) 07:31:29|
  2. お花が好き♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

リーガルリリー

リーガルリリー
リーガルリリー1
リーガルリリー

リーガルリリーは野生種ですが、1903年に中国の四川省で、
イギリス人のプラントハンター、ウイルソン氏に発見された、
比較的歴史の新しいユリです。

ヨーロッパに持ち込まれて、
オーレリアン・トランペット・ハイブリッドの交配親となりました。

和名はオウカンユリ(王冠百合)といいます。

6月中旬~7月中旬に、
テッポウユリに似た筒状の花を横向きに咲かせます。

典型的なものは白い花弁で、筒の基部が明るい黄色です。
しかし、強い日差しを受けると花色が濃い紫色になります。

花弁の外側は紫褐色を帯びていて、
花柱(雌しべの先端で花粉の付着する部分)は緑で、
大きく3つに分かれています。
葯(雄しべの花粉を入れる袋)と花粉は鮮やかな黄色です。
  1. 2019/06/23(日) 18:02:36|
  2. お花が好き♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

渦紫陽花

オタフクアジサイ2
オタフクアジサイ1
渦紫陽花  ウズアジサイ

紫陽花の種類も多く ちょっと思いつくだけでも
アジサイ 額アジサイ 山アジサイ 玉アジサイ 小アジサイ
けっこう種類があります。

アジサイが ユキノシタ科ってのは 一般人には???ですよね!
空木の仲間って方が 納得できます。

ウズアジサイ Hydrangea macrophylla
ユキノシタ科 アジサイ属 落葉低木
開花期 5月~7月  草丈 50㎝~150㎝

花びらがちょっと肉厚で 内に丸まっているのはウイルスにやられて変化したのが
後に園芸種として固定されたそうです
ウイルスも時には美しいものを創りだす手助けをするんですね

かなり昔からある紫陽花の品種で お多福あじさいとも言われます。

オタフクアジサイ
  1. 2019/06/23(日) 17:58:18|
  2. お花が好き♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

渡辺草 

ワタナベソウ
ワタナベソウ1
渡辺草   ワタナベソウ

この花を発見した植物学者が渡辺さん 
・・・だから渡辺草は安直過ぎますよね?
植物学者は割とこういった安直な名前にします。

「渡辺草(わたなべそう)」は初夏にクリーム色の楚々とした花を咲かせる植物で
四国の愛媛・高知県、九州に分布します。ヤ
ワタソウに似ますが葉の切れ込みが深く美しいので葉だけでも楽しめます。

学名  Peltoboykinia watanabei
ユキノシタ科ヤワタソウ属
開花期  5~7月
高さ  30~60cm
耐寒性  強い

育てやすい植物です。
半日陰~日陰で栽培し、鉢植えの場合には水切れに注意しましょう。

水やり
露地植えの場合には雨の降らない日が続くとき以外は特に必要ありません。
鉢植えの場合には表土が乾いたらたっぷりとやりましょう。夏場の水枯れに注意しましょう。

肥料  春先に一度化成肥料を施しましょう。

用土  用土は特に選びません。
鉢植えの場合には水はけの良い用土(鹿沼土・火山レキなど)を主体に
赤玉土、腐葉土などを混ぜ込んで植えましょう。
  1. 2019/06/23(日) 17:56:39|
  2. お花が好き♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

擬宝珠 

ギボウシ
ギボウシ1
擬宝珠  ギボウシ

今日はホームコースでゴルフでしたが少し雨も降りましたが
合羽を着る程でもなく楽しく遊んでこれましたが敵がバーディー量産で
ニギリは大敗・・・ 高いゲーム代になりました。

擬宝珠はこの時期ポピュラーなお花ですが 結構種類が多く
葉っぱも大・中・小 斑入り等 いろいろあります。

大葉のギボウシは 小葉のギボウシよりもだいぶ遅れて咲き始めます。
初夏に咲き始めた小葉だけをみると 判別が難しく感じますが
夏の大葉を見ると 葉の大きさが歴然と違い 容易に判別できます。

この大葉ギボウシは すごく大きく 背丈が1m30㎝ほどになる大株になります。

北海道、本州、四国、九州までの広い地域に分布している。
山地の草原や林縁に見られる。早春の若葉は山菜のウルイとして利用される。

高さは50~100cmくらいになる。
葉は根生葉、形は卵状長楕円形で、葉の長さは30~40cm、幅は10~15cmくらいになり
葉柄がつく。花期は6~8月で、漏斗型の白色または淡紫色の花をやや下向きにつける。
花軸につく蕾が下部から上部へと開花していく。

蕾が和橋の欄干の擬宝珠に似ているので大葉擬宝珠という。
他に、湿地に自生する小形のコバギボウシが知られる。

  1. 2019/06/23(日) 17:53:55|
  2. お花が好き♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

捩花 

ネジバナ
ネジバナ1
捩花  ネジバナ

ラン科の植物で これだけ強いラン科のお花は ないんじゃないでしょうか?
日当たりのいい路肩や芝生の中からよく咲いてます。

このお花も縦長のお花で絵になりづらいお花です。

ネジバナ Spiranthes sinensis var. amoena (ラン科 ネジバナ属)

ネジバナはモジズリとも呼ばれ、北海道から九州、樺太・千島・朝鮮
中国・ヒマラヤに分布する多年草。

芝生などの草丈の低い、明るい草地に生育する。
乾燥した場所から湿地にまで生育するが、芝生に生育する場合には粘土分を多く
含む場所に良く生育するようである。

花茎は20cm前後であることが多いが、30cmを越えることもある。
花茎には螺旋状に小さな花が付き、巻き方が反対のものもある。
花の色は淡紅色であるが、濃いものから薄いものまで、多様である。

  1. 2019/06/22(土) 17:55:43|
  2. お花が好き♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

酔仙翁

セイセンノウ
スイセンノウ1
酔仙翁   スイセンノウ

スイセンノウは赤色が濃過ぎて 花だけ浮き立った感じの写真に
なってしまいます。
これから このお花は どこでも見掛けるようになりますね。
初夏はナデシコの仲間のお花達の開花シーズンです。

スイセンノウ(酔仙翁) Lychnis coronaria
ナデシコ科  シレネ属
秋播き一年草
別名 フランネル草   原産地 南ヨーロッパ
庭植え   開花時期 5月~6月

全体が白い毛で覆われ、ビロードのような感触を持つところから
フランネル草とも呼ばれます。
江戸時代に渡来したようです。
とても育てやすい草花で、こぼれダネでもよく増えます。

白花もピンクの酔仙翁もキレイです。
  1. 2019/06/22(土) 17:53:55|
  2. お花が好き♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

鰭玻璃草

コンフリー1
コンフリー
鰭玻璃草  ヒレハリソウ

一時 健康食として流行った事があるお花 コンフリーが野生化してます。
丈夫な花らしく 近所の土手に毎年 同じところに咲いてます。

ヒレハリソウ(鰭玻璃草) ムラサキ科 ヒレハリソウ属
6月~8月にかけて、道端や空き地の良く咲く。
高さは40cm~1mになる。

ヨーロッパからの帰化植物で、国内には飼料用や観賞用に栽培されたが
野生化したものである。

若い葉は食用になり、「天ぷら」「油炒め」「おひたし」
「汁の実として食べることができる。また、根茎は乾燥して薬になる。
(肝臓に害がある事が発見され 今は食用にはされてません。)

別名コンフリーといい、葉のつけ根が、茎にひれのようについている
ことからきている。
  1. 2019/06/22(土) 17:52:00|
  2. お花が好き♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

紫陽花

アジサイ リップル「
アジサイk
アジサイk1
紫陽花  アジサイ

今日は午後から小雨予報でしたがけっこうの本降りで大荒れでした。
明日は週初めは雨予報でしたが予報が変わったのでゴルフに行けます。

今日はいろんなタイプの紫陽花を集めてまとめてアップです。

紫陽花は七変化とも言われるくらい花色が変化しますが 
こうやって いろんな色を集めてみると 薔薇の花ほど
種類は多くない感じです。  

最も一般的に植えられている球状のアジサイはセイヨウアジサイであり
日本原産のガクアジサイ(Hydrangea macrophylla)を改良した品種である。

樹高は1〜2メートル。葉は光沢のある淡緑色で葉脈のはっきりした卵形で
周囲は鋸歯状。6〜7月に紫(赤紫から青紫)の花を咲かせる。

一般に花と言われている部分は装飾花で、本来の花は中心部で小さくめだたない。
花びらに見えるものは萼(がく)である。
セイヨウアジサイではすべてが装飾花に変化している。

花の色は、アントシアニンのほか、その発色に影響する補助色素(助色素)や
土壌のpH(酸性度)、アルミニウムイオン量、さらには開花からの
日数によって様々に変化する。そのため、「七変化」とも呼ばれる。

紫陽花
紫陽花1
  1. 2019/06/22(土) 17:49:19|
  2. お花が好き♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

アガパンサス

アガパンサス
アガパンサス1
アガパンサス

アガパンサスは去年 6月の中旬には満開でしたが
今年は開花が遅れており やっと咲き始めをチラホラ見る程度です。

アガパンサスも けっこう種類があり うちには50㎝程度の矮性種と
1,5mくらいの大きなタイプになるのと 2種類あります。

アガパンサス 紫君子蘭 ユリ科 アガパンサス属
 
名前はギリシャ語で愛(アガパ)の花(アントス)という意味を持つ。
英名はアフリカン・リリー 南アフリカを原産地とする。
日本には明治時代中期に渡来した。和名を紫君子蘭という。

アガパンサスはユリ科ネギ亜科に属する。
茎を傷つけるとニンニクの匂いがする。
しかしDNAを解析するとヒガンバナに近いことが判明している

今年は家の 矮性種の方のアガパンサスも蕾が沢山
上がってきており 楽しみにしてます。

  1. 2019/06/22(土) 07:42:20|
  2. お花が好き♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

庭七竈

ニワナナカマド
ニワナナカマド1
ニワナナカマド2
庭七竈  ニワナナカマド

ニワナナカマド この花木は目黒通りの街路樹にされており
毎年この時期に 沢山の花が咲いてます。
あまり背は高くはなりませんが 大きな株になるので手入れが大変で
私はあまり街路樹には向いてない気がします。

庭って付く花木は 案外多く 庭梅 庭桜 庭藤 など 小型で
小さな庭でも 育てられることを意味してます。

チンシバイとも言われるし 穂咲きナナカマドとも言われます。
秋には 紅葉も楽しめる花木です。

ニワナナカマド 庭七竈 バラ科 ホザキナナカマド属

葉の形がナナカマドに似ているため名が付けられたが
同じバラ科ではあるが属は違う。

別名、珍至梅(チンシバイ) 中国北部原産のホザキナナカマドの栽培品である。
日本では本州北部より以北に咲く。

  1. 2019/06/21(金) 19:29:29|
  2. お花が好き♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

エケベリア

エケベリアs
エケベリアs1
エケベリア

エケベリアも朧月と同じような形の多肉植物ですが
咲くお花は まったく違います。

このお花は一年中 どこかで咲いており アップの月日も
かなりバラついてます。

エケベリアは属名で かなりの種類があります。
ベンケイソウ科 エケベリア属
有名な エケベリアには 錦晃星 花うらら があります。

エケベリアのほとんどの品種は春から秋にかけて成長しますが
梅雨時から夏にかけての蒸し暑さは苦手です。

そのため暑い時期は休眠状態になるものもありますので
少し水やりを控えて涼しい所で管理しましょう。
冬は凍らないよう室内に入れ水やりを控えれば冬越しは比較的簡単です。
  1. 2019/06/21(金) 19:27:16|
  2. お花が好き♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

禊萩 

ミソハギ
ミソハギ1
禊萩  ミソハギ

今日も雲が多い割には気温が上がり暑かったです。
でも夕方になると涼しい風も入ってくるので窓を開けてるとちょうどいいですね。

ミソハギは本来は湿地に咲く花ですが乾燥した畑でも育ちます。
盆花として使用され お釈迦様は このミソハギの雫を好んだそうです。

ミソハギ(禊萩) は、水辺の湿地でよく見られる
ミソハギ科ミソハギ属の耐寒性多年草です。
葉は対生して付き、直立した茎に紅紫色の小花を3~5個輪生した花穂を咲かせます
開花期の盛りが丁度お盆に当たるので盆花や精霊花とも呼ばれます。

ミソハギ(禊萩)  学名:Lythrum anceps
別名:ボンバナ(盆花)、ショウリョウバナ(精霊花)、ソビソウ(鼠尾草)
科属名:ミソハギ科ミソハギ属
草丈:50~100cm 花序高:20~30cm 開花期:6~9月 
花色:紅紫 花径:1.5cm 葉長:2~6cm
  1. 2019/06/21(金) 19:24:03|
  2. お花が好き♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

シナモンマートル

シナモン・マートル
シナモン・マートル2
シナモン・マートル

今日もドンヨリお天気ですが雨は大丈夫そうです。

マートル(銀梅花)と同じ仲間ですが こちらのお花も非常にキレイです。
香りは名前と違って シナモンの香りではなく 甘い香りがするそうです。

シナモン・マートル  フトモモ科
学名 - Backhousia Myrtifolia
一般名 - シナモンマートル(シナモンギンバイカ)グレーマートル(グレーギンバイカ)

マートルとギンバイカは同じ意味ですが、一般に知られている銀梅花と
シナモンマートルは同じ植物ではありません。                                      

原産地 - オーストラリアの東海岸沿い(シドニー、ブリスベン間)
使用方法 - ハーブティー
シナモンやナツメグの代わりに使用することが可能です。       
例えば、カレー、アップルパイ、、ケーキ、クッキー、ビスケットなど、   
香りの強い食物ですので少量で結構です。隠し味としてお使いください。     

シナモンマートル
  1. 2019/06/21(金) 07:26:30|
  2. お花が好き♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

白花合歓

白花合歓
白花合歓1
白花合歓  シロバナネム

家の白花合歓が咲き始めました♪

一気に咲かず 毎日 数個づつ 4時頃から咲き始めます。
お花は 一日花で 朝にはもう萎んでます・・・

花径は7cmくらいで 球体に咲き 扇状に咲く 普通の合歓の木とは別種です。

ホワイト・パウダーパフ(White Powederpuff) は半球状の化粧パフのような
白花を咲かせるマメ科カリアンドラ属の熱帯性常緑低木です。

花のように見えるのは雄蕊の集合体です。
赤花を咲かせるCalliandra haematocephala(カリアンドラ・ハエマトケファラ)
別名:レッド・パウダーパフ(Red Powederpuff) の白花です。

ホワイト・パウダーパフ(White Powederpuff)
学名:Calliandra haematocephala Hassk 'Alba'
別名:パウダーパフ(Powederpuff)、パウダーパフツリー、カリアンドラ
科属名:マメ科カリアンドラ属   原産地:ボリビア

図鑑には耐寒性が弱いような事が書いてありますが 野外でも
霜に当てなければ 越冬出来ます。
  1. 2019/06/20(木) 20:04:24|
  2. お花が好き♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

鉄砲百合

鉄砲百合
鉄砲百合1
鉄砲百合  テッポウユリ

咲き始めにもアップしましたがもうけっこう咲いてるものを見かけます。

私は百合の花と言えば この百合を連想します。
清楚なイメージのお花ですが 暖かい沖縄地方のお花だったんだそうです。
別名が「琉球百合」 英名がイースターリリーですね。

今 この花と似てる タカサゴユリ(花弁の横に赤いラインが入る)との
交配種 新鉄砲百合ってのも あるそうです。
花は そっくりですが 葉が高砂百合と同じ 細い葉が特徴。

テッポウユリ、海外では「イースター・リリー」と呼ばれ
宗教行事には欠かせない花だそうです。

日本の九州以南と台湾の北部が原産地で、日本から毎年1000万個もの球根が
海外に輸出されているのだとか。

言われてみれば宗教画には白百合がつきもの。マリアの純潔の象徴
  1. 2019/06/20(木) 20:02:26|
  2. お花が好き♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ダールベルグデージー

ダールベルグデージー
ダールベルグデージー1
ダールベルグデージー

ブカキカムと 花もそっくりですが 色が黄色で葉が細葉
ブラキカムは 青い花ってくらいしか 違わないんじゃないかな?

このお花も 丈夫なようで丈夫じゃなく 道端で自生する時もあるけど
鉢植えでは 上手く育たない 変なお花

ダールベルグデージー  キク科  春まき一年草  中央アメリカ原産
大きさ 背丈20~30cm  横幅20~30cm
主な見所 花(5~10月)

小さめの鮮やかな黄色の花と、やさしげな葉が魅力です
初夏から晩秋までたくさん花を咲かせますが
雨が多いと開花が鈍りぎみになります

葉は細い切れ込みの入った線状の葉を密に茂らせます。
やや垂れ気味になる株は自然にこんもりするので摘心の手間はかかりません。
  1. 2019/06/20(木) 19:58:35|
  2. お花が好き♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

クレマチス・ソワレ

クレマチス・ソワレ
クレマチス・ソワレ ビチセラ系
クレマチス・ソワレ

今週は梅雨時なのに一回も雨が降りませんね。
週末も多くは降らなそうです。

テッセンとビチセラの交配種 テッセンのような整った花型でありながら
ビチセラの新枝咲きで多花性という特長を引き継いだ改良種 花期も長い 
栽培はビチセラ系に準じて強剪定

ビチセラとフロリダの交配種で育て方はビチセラに準じます。
深い青紫色に花芯も黒味を帯びるので、シックな印象があり
ローズガーデンなどに使うとよく映えます。
ピンクやブルーのビチセラ系品種とのミックス植えも素敵です。
花後の強剪定で繰り返し花を咲かせます。

キンポウゲ科 耐寒性(つる性) 宿根草
学 名 : Clematis 'Soirée'
系統 : ビチセラ系(新枝咲き・強剪定タイプ)
作出者 : Masashi Iino(日本) 2002年頃作出
     (florida var sieboldiana x C.'Rubra')
花 期 : 5~10月
花 径 : 約12cm
樹 高 : 2~3m前後(伸びる範囲・剪定で調整可能)
耐寒性 : 強    耐暑性 : 中
日 照 : やや半日陰
  1. 2019/06/20(木) 19:51:45|
  2. お花が好き♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

睡蓮

睡蓮
睡蓮1
睡蓮  スイレン

今日は梅雨っぽい空ですが日中は晴れて暑くなりそうです。

睡蓮は一度花が閉じますが 翌日 2時頃に咲きじ始めるので
復活をイメージさせ 船乗りが大切にしてるお花だそうです。

スイレン 睡蓮科

池のなかで植栽   蓮(ハス)に似た花。
ハスは、葉や花が水面から立ち上がるが睡蓮は、葉も花も水面に浮かんだまま。
(「熱帯睡蓮」は花が水面から立ち上がります)

エジプトでは、ナイル河畔にたくさん 咲いているので「ナイルの花嫁」と
呼ばれ、国花になっている。 (その他、多くの国の国花となっている)

フランスの画家モネはパリ近郊の庭園の睡蓮の池を題材に
たくさん絵を描いたのは有名ですね。
  1. 2019/06/20(木) 07:29:28|
  2. お花が好き♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

印度浜木綿 

インドハマユウ
インドハマユウ2
インドハマユウ1
印度浜木綿  インドハマユウ

これも名前はインドと付いてますが インドとは無関係で 南アフリカ原産のお花です。
南アフリカはかなり遠い国ですが マユハケモト 君子蘭なんかも南アフリカ原産で
日本には かなり早くから入ってきてます。

咲いてる場所は沢山ありますが お花が痛みやすく あまりいい状態のが
少ないのが難点

畑の隅に植えられたり、海岸近くにわずかに自生しいる多年草。
花茎50㌢~70㌢になり、葉は分厚い線形で根元より多数出る。

茎は太く直立してよく目立ち、茎頂に散形状に多数の花をつける。
花は緑色の花柄の先に、長さ約10㌢の白色の花を
10個前後下向き~横向きにつける(蕾のときは直立する)。

海岸に咲くハマユウの仲間で、ラッパ状の白い花はとても美しい。

ピンクの印度浜木綿もありますが 白花よりもだいぶ遅れて咲き始めます。
  1. 2019/06/19(水) 19:32:55|
  2. お花が好き♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

杏子の実

アンズ
アンズ1
杏子の実  アンズ

梅の実も流通し始めてますが まだこの辺では梅の実が出来てるのを
見かけてません。

アンズも梅とほぼ同時期に実が出来ますが 
実のつき方が多少 梅とは違います。
果実がオレンジになるのもアンズの方が早いですね。

あんず 杏(杏子) Apricot  バラ科サクラ属
原産地:中国(China)北西地方、中央アジア地方
シーズン:6月~7月頃
主な産地:青森、長野

アンズは酸味が強いため、生食よりもジャムや洋菓子などに
加工されることが多い果物です。
しかし、最近ではヨーロッパ系アンズとの交配により
酸味の少ない生食用品種が増えてきました。

一般的にヨーロッパで品種改良されたアンズ(アプリコット)は比較的甘く
アジア地方で品種改良されたアンズは酸味が強いといわれています

杏の花  アンズ
アンズ

  1. 2019/06/19(水) 19:30:41|
  2. お花が好き♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ヒベルティア・オレンジスター

ヒベルティア
ヒベルティア1
ヒベルティア・オレンジスター

這うようにに広がって黄色の小花を次々と咲かせます。
日当りと水はけの良い場所を好みます。
高温多湿を嫌うので、梅雨時は軒下で雨を避け
真夏は直射日光の当たらない風通しの良い半日陰で管理しましょう。

冬は室内の明るい窓辺に置き、暖房に当てないよう注意をして
水やりは控え目にします。挿し木でふやすことができます。

ヒベルティア
学名 Hibbertia serpyllifolia
別名 ヒバーティア   ビワモドキ
科名 ディレ二ア科
原産地 オーストラリア
植物分類 樹木   常緑・落葉 常緑
草丈 10~15cm   広がり 10~30cm
耐寒温度 -5 ℃   耐暑性 普通   耐雨性 弱い
日照 屋外の日当たりの良い場所から半日陰
土質 水はけが良く、保水性のある土を好む
利用方法 花壇、鉢植、ハンギング類
  1. 2019/06/19(水) 19:28:55|
  2. お花が好き♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

姫瑠璃虎ノ尾

ヒメトラノオ
ヒメトラノオ1
姫瑠璃虎ノ尾  ヒメルリトラノオ

今日は会社帰りに月見草が咲く畑に寄ってみましたが
月見草はありましたが まだ明るいので花が咲いてませんでした。

このお花も月見草が咲いてる畑で撮影 家にもベロニカはありますが
穂の大きさは一緒ですが こちらの方が 花が大きい気がします。

瑠璃虎ノ尾  ルリトラノオ

本来は 伊吹山の頂上付近に自生してる固有種を ルリトラノオと言いますが
今は ベロニカもルリトラノオと言ってます。

ルリトラノオ
ゴマノハグサ科ルリトラノオ属 瑠璃虎の尾 Veronica spicata

本来ルリトラノオは伊吹山に生息する高山植物なのだが
外来種のベロニカもルリトラノオとして流通している。
もちろん、これは、伊吹山の物では無く、後者である
  1. 2019/06/19(水) 19:21:25|
  2. お花が好き♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワーレンベルギア・タスマニアンブルー

ワーレンベルギア
ワーレンベルギア1
ワーレンベルギア・タスマニアンブルー

梅雨時期なのに今日もいいお天気です。
昔は梅雨に雨が降らないと夏の水不足を騒ぎましたが最近 言わなくなりましたね。

ワーレンベルギア タスマニアンブルー

キキョウ科     ワーレンベルギア属
別名        ヒナギキョウ
原産地       ニュージーランド
宿根草

八重咲きのワーレンベルギアのタスマニアンブルー
園芸種の宿根の新種は数種試して耐寒性を確かめる。
耐寒性の程はまだ解らないけど

寒さには強いですが夏の高温多湿を嫌う
春先から休みなく、咲き続けている
涼しいうちの家では、元気いっぱい

枝が伸びてくると、枝が垂れて
自然のままで育てられて、花付きがよいことも
そのブルーの涼しげな色の花も 八重なのに、小さいのと星型で
とっても軽やかな花なのも すべてがとってもお気に入り


  1. 2019/06/19(水) 07:31:22|
  2. お花が好き♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

凌霄花

ノウゼンカズラ
ノウゼンカズラ1
凌霄花  ノウゼンカズラ

お花は 片方だけ見てると あまり違いがわかりませんが 両方見比べると
違いは 一目瞭然!

アメリカ・ノウゼンカズラの方が 花が赤く ロートが深く咲きます。
花付き方にも 多少違いがあり 普通のノウゼンカズラの方が花も大きいです。

ノウゼンカズラ 梅雨の頃になると一気に咲き始め 夏を感じさせるお花です。

ノウゼンカズラの花は、凌霄花として成分、薬理ともに不明のまま利尿
通経などの漢方薬として使われます。
また、根、茎、葉も痛風やリュウマチ性関節痛に用いられるそうです。

それに多少関係するのか、脳を損なうから花に鼻をあてて匂いを
かいではならないとか、花についた露が目にはいると
失明するなどといい伝えられています。

アメリカ凌霄花
アメリカ凌霄花
アメリカ凌霄花1
  1. 2019/06/18(火) 21:55:34|
  2. お花が好き♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

段菊

段菊
段菊1
段菊  ダンギク

段菊は秋のお花ですが四季咲きらしく初夏にも少し花が咲きます。

菊と同じような葉っぱになるので 見た目通り段菊の名前が付きましたが
キク科の植物ではなく クマツヅラ科・・・
このクマツヅラってお花を見た事がありません。

ダンギクはクマツヅラ科の半耐寒性宿根草。日も短くなる秋。
美しい薄紫色のリング状の花を茎に段々に咲かせてくれることから
ダンギクと呼ばれています。

原産地は中国、台湾、朝鮮半島、日本。花の時期は9月から10月です。

花は紫ですが、ピンク色や白の変種があります。
日本では茶花として切花に使われ、草丈30-50センチに育ちます。

  1. 2019/06/18(火) 21:52:41|
  2. お花が好き♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

デルフィニウム さくら姫

デルふぃにうむ・さくら姫
デルフニウム・さくら姫1
デルフィニウム さくら姫

愛媛県の機関、農林水産研究所が11年かけて開発した暖色系デルフィニウムの新品種!
一般的なデルフィニウムは茎が太めで青系の花色が主ですが
この「さくらひめ」はその名の通りさくらのようなやわらかなピンク色の花びらをつけます。
茎も細めです。

10輪以上の花が着生する枝を、1本に5枝以上つけることができる
スプレー咲の品種であることから、花のボリューム感が高く
その咲き誇った姿は「春の到来を告げる花」と言っても過言ではないでしょう。

タイプ:キンポウゲ科デルフィニウム属の耐寒性宿根草
草丈:60cm~
開花期:4月~
用途:切り花、鉢植え、花壇
日照:日なたを好む

栽培方法:
日当たり、水はけのよい場所に植えてください。高温多湿を嫌いますので
夏は西日のあたらない風通しのよい場所が適しています。

草丈が高くなり、花が重くなりますので、花茎が立ち上がってきたら
転倒防止に支柱を立てて下さい。
デルフィニュームの花芽分化には低温が必要です。
冬の間は屋外で十分低温に当ててください。
  1. 2019/06/18(火) 21:49:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

ぱぱいや

Author:ぱぱいや
.
外回りのお仕事なので いつも珍しい花 キレイなお花がないか注意しながら運転してます♪

街や郊外で見かけた花の便りを毎日 
紹介しようと思ってます。

ブログ内検索

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

最近の記事

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード