fc2ブログ

ツンベルギア

2013年08月29日
0
0
未分類
ツンベルギア
ツンベルギア1
ツンベルギア

和名を矢筈カズラといいます。
蔓性の植物で キツネノマゴ科ってのは珍しいです。

ツンベルギア アラタ

キツネノマゴ科  学名:Thunbergia
原産地:熱帯アフリカ・アジア
つる長:1.5m-10m  主な開花期:6月~9月

熱帯アフリカや熱帯アジアにおよそ100種類が分布します。
毎年花を咲かせる多年草、もしくは低木で、つるを長く伸ばす種が多いです。
花は筒状で先端が大きく開いたラッパ型です。

夏を中心として初夏~秋まで花を咲かせますが、温室では冬にも
花を見ることがあるので、一定の気温があれば季節に関係なく
開花するのかもしれません。

主に栽培されているのは、アラタ、グランディフロラ、エレクタの3種です。
つるが伸びる性質を利用してアサガオのようなあんどん仕立てにしたり
フェンスに絡ませて楽しみます。

吊り鉢に植えて植えから垂らしても楽しいです。
沖縄では庭木にしたり、公園に植えられていることもあります。
鉢花の他、苗やタネが出回ります。

ツンベルギア2
スポンサーサイト



ぱぱいや
Posted by ぱぱいや
.
外回りのお仕事なので いつも珍しい花 キレイなお花がないか注意しながら運転してます♪

街や郊外で見かけた花の便りを毎日 
紹介しようと思ってます。

Comments 0

There are no comments yet.