fc2ブログ

乳茸刺

2023年08月10日
0
0
未分類
チダケサシ
チダケサシ1
乳茸刺  チダケサシ

今日は雨予報だったのに 晴れて暑くなりました。
明日も雨っぽい予報ですが 当たるのかな?

チダケサシ(乳茸刺) は、夏、草原や湿地で円錐花序に泡のように
小さな薄桃色~白花を集合させて咲かせるバラ目ユキノシタ科チダケサシ属の多年草です。

葯は淡紅紫色です。
硬く細長い茎に食用となるチダケ(乳茸)を刺して持ち帰ったことから花名が付きました。
葉は2~4回奇数羽状複葉に付き、小葉は小さく光沢は無く、葉縁に鋸歯があります。
似た花に、園芸品種の  アスチルベ(Astilbe) や、
白花を咲かせる アカショウマ(赤升麻、学名:Astilbe thunbergii)
トリアシショウマ(鳥足升麻) 、 ヒトツバショウマ(一葉升麻) 
モミジバショウマ(紅葉葉升麻) 等があります。

一般名:チダケサシ(乳茸刺)
学名:Astilbe microphylla
別名:Astilbe microphylla
分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱バラ目ユキノシタ科チダケサシ属
茎丈:30~60cm 花径:0.3~0.5cm 開花期:6~8月  花色:桃 葉形:卵形・倒卵形 葉身:3cm
スポンサーサイト



ぱぱいや
Posted by ぱぱいや
.
外回りのお仕事なので いつも珍しい花 キレイなお花がないか注意しながら運転してます♪

街や郊外で見かけた花の便りを毎日 
紹介しようと思ってます。

Comments 0

There are no comments yet.