fc2ブログ

2009年05月30日
0
0
未分類
ニッコウキスゲ

ニッコウキスゲ1
ニッコウキスゲ  日光黄萓

ニッコウキスゲと言えば 田舎の霧ケ峰を思い出します。
霧ケ峰には この群生地があって 季節には観光客が集まります。

去年 霧ケ峰にに行った時はもうこの花の時期は終わってましたが
ルドベキアが野生化してたのは ちょっと嫌な気分になりました。

ニッコウキスゲ(ユリ科ワスレグサ属)
【別 名】ゼンテイカ   【原産地】日本
【花 期】夏
【名前の由来】日光に多く生え、花は黄色で葉が菅に似ているから
山野、高山のやや湿った所に群生して見られる多年草。
花被片は6枚でやや反り返っています。
花は鮮やかな黄色のろうと状で、朝方に開花すると夕方には
しぼんでしまう一日花です。
元々は「デンテイカ」でしたが、登山者が「ニッコウキスゲ」と呼び
名前が変わってしまったようです。

スポンサーサイト



ぱぱいや
Posted by ぱぱいや
.
外回りのお仕事なので いつも珍しい花 キレイなお花がないか注意しながら運転してます♪

街や郊外で見かけた花の便りを毎日 
紹介しようと思ってます。

Comments 0

There are no comments yet.