fc2ブログ

2009年07月28日
0
0
未分類
グンナイフウロ

グンナイフウロ1
グンナイフウロ  郡内風露

池の平湿原には かなりの数が咲いてました。
地元のパンフレットにも この花は載ってました。
白花もあるそうですが 見掛けなかったです・・・

グンナイフウロ  フウロソウ科 フウロソウ属

山梨県東部に甲斐の国から分断された経済圏があり郡内と呼ばれていた。
その名に因んでがつけられた。

高山型にタカネグンナイフウロがあるが、咲く地域と花の色の違いがあるが
区別が意外と難しい。グンナイフウロの方が淡い紫の花で優しげです。
花が落ちて赤くなった姿も面白いです。

この花は後ろに反り返るので、ハクサンフウロやアサマフウロとは
容易に区別できます。

山地から亜高山の草地に生える多年草で、高さ30~50センチ。
茎、葉柄、花柄に毛が多い。
茎葉は互生、最上部では対生する。
花は直径3センチほど、淡紫色で濃淡がある。
スポンサーサイト



ぱぱいや
Posted by ぱぱいや
.
外回りのお仕事なので いつも珍しい花 キレイなお花がないか注意しながら運転してます♪

街や郊外で見かけた花の便りを毎日 
紹介しようと思ってます。

Comments 0

There are no comments yet.