fc2ブログ

2010年07月31日
0
0
未分類
サボンソウ
サボンソウ1
サボン草

ナデシコ科のお花ですが 石鹸の代わりになる事から ついた名前
野草化し易いお花で けっこう 道端に咲いてたりします。

家もこのピンクがありますが 旬な時期を越えてから購入したので
写真にならない・・・です。

サボンソウ  花期 5~6月  ナデシコ科  サボンソウ属
学名 Saponaria officinalis
英名 Soapwort  別名 ソープ・ワート
性状 多年草
原産地 ヨーロッパ~中央アジア(帰化植物)

ヨーロッパから中央アジア原産で、わが国へは明治時代の初めに渡来しました。
はじめは園芸品(ハーブ)として栽培していたのが
人里近くの原野、道端等に野生化しました。

5月から6月ごろ、白色または淡紅色の花を咲かせます。
葉や茎、根には石けんの成分であるサポニンが含まれるため
30分以上煮だすと石鹸液ができます。

ただし根は有毒なので注意が必要です。
名前の「サボン」はシャボンが訛ったもの。

サボンソウ2
スポンサーサイト



ぱぱいや
Posted by ぱぱいや
.
外回りのお仕事なので いつも珍しい花 キレイなお花がないか注意しながら運転してます♪

街や郊外で見かけた花の便りを毎日 
紹介しようと思ってます。

Comments 0

There are no comments yet.