fc2ブログ

2011年01月27日
0
0
未分類
ヒイラギナンテン
ヒイラギナンテン1
柊南天  ヒイラギナンテン

ちょっと地味なお花ではありますが お花が少ない時期に咲く
希少な存在のお花です。

ヒイラギナンテン  メギ科  学名 Mahonia
別名  トウナンテン  原産地  中国・台湾
草丈  2m~3m  開花期  11月~2月 /4月~5月

中国・台湾原産の常緑性低木で葉っぱがヒイラギ、枝や樹姿がナンテンに
似ているところからこの名前があります
(ちなみにヒイラギはモクセイ科、ナンテンは本種と同じメギ科の植物です)。

日本には江戸時代に薬用、観賞用として入ってきました。
葉っぱのフチは粗くギザギザになっておりその先端は堅く針状になっています
(そのあたりはヒイラギに似ています)。

普通のヒイラギナンテンの他に、ホソバヒイラギナンテンや開花期が早く
花が豪華で芳香のある園芸品種のヒイラギナンテン’チャリティー’
なども人気が高く、同様に栽培されています。

細葉柊南天  ホソバヒイラギナンテン
ヒイラギナンテン ホソハ
スポンサーサイト



ぱぱいや
Posted by ぱぱいや
.
外回りのお仕事なので いつも珍しい花 キレイなお花がないか注意しながら運転してます♪

街や郊外で見かけた花の便りを毎日 
紹介しようと思ってます。

Comments 0

There are no comments yet.