FC2ブログ

街の花便り 

季節のお花を紹介してます。

山野草特集
山野 ツマトリソウ
端取草  ツマトリソウ

ツマトリソウ (端取草) サクラソウ科
学名 Trientalis europaea  花期 6~7月
草丈  5~20 cm程度

和名の由来 花の縁が薄い紅色に縁取られることから。

山地の林内に生える多年草。
茎の下部に小さな葉が互生し、茎の上部の葉は先が尖った披針形~楕円形で
輪生状につく。
花の径は約1.5 cmで、通常1個つき、花冠は7つに裂ける。
仲間のコツマトリソウは小型で葉の先はやや丸みを帯び、湿原に生える。

山野 色丹草
色丹草  シコタンソウ

色丹草(シコタンソウ)  ユキノシタ科
生息地:中部より以北
花期 :5月~7月

苔のようにびっしりと生える堅い葉が特徴。
鋭い葉に似合わず、精緻で可憐な白い花を咲かせる。
色丹島で発見されたとかで、この名が付く。

なかなか丈夫な植物で、肉厚の葉の存在感が
他には類を見ないほど素晴らしい。

黒花フウロ
黒花風露  クロバナフウロ

花の咲き方が ちょっと変わっていて 郡内風露のように 
花芯が飛び出てます。

黒花フウロ  学名:Geranium phaeum var. phaeum
科 名 フウロソウ科 フウロソウ属
性 状 2年草または多年草
原産地 ピレネー  花 期 4~6月
花 色 濃紫   草 丈 50cm

紫褐色の初夏咲き中輪。
ファエウムの中では一番濃い色。多花性で花つきがよい。
日当りの良いやや乾き気味の所が良いですが
夏にやや半日陰となる涼しい所が良いでしょう
堆肥、腐葉土、石灰を入れ、やや高めに植える。
肥料は化成肥料を早春と秋に少量与えます。

山野 トキワハナガタ
常盤花形  トキワハナガタ

常磐花形 サクラソウ科 トチナイソウ属 常緑多年草
原産地 カシミールやチベットの西部で、標高3000~4000メートルの
     草地や砂礫地に生える。
草丈は5センチくらいである。  学名:Androsace sempervivoides

匍匐枝(ランナー)を出して増殖する。
葉は広いへら形で、赤っぽい繊毛が生えている。
開花時期は4~7月である。
花茎の先に小さなピンクの4弁花を咲かせる。

山野 蝦夷磯つつじ
蝦夷磯躑躅  エゾイソツツジ

エゾイソツツジ(蝦夷磯躑躅) は、北海道や本州北部に分布する
ツツジ科の常緑低木で、別名を変種カラフトイソツツジ(変種樺太磯躑躅)
とも言います。
葉は皮質で厚く、特徴は葉裏に茶褐色の毛が多数あることです。
花は、5裂した小さな白い花冠が多数集まって球状に咲きます。

一般名:エゾイソツツジ(蝦夷磯躑躅)
別名:変種カラフトイソツツジ(変種樺太磯躑躅) カバフトイソツツジ
科属名:ツツジ科イソツツジ属
樹高:50~80cm 開花期:6~7月 花色:白 花径:1cm 葉身:3~5cm

イソヒルム タリクトマギス
白銀草  シロガネソウ

 
白銀草  キンポウゲ科 アルプスシロガネソウ属の一年草
別名 イソフィルム・タリクトロイデス

学名の片仮名表示は「イソヒルム」とする場合もある。
原産地はヨーロッパからヒマラヤ西部にかけてである。
湿地や日陰を好む。

和名はアルプス白銀草(アルプスシロガネソウ)という。
草丈は10~15センチくらいである。
匍匐性があり、地を這って横に伸びる。
葉はカラマツソウ属に似ており、3つに裂ける。
開花時期は3~5月である。
花弁はなく、花びらのように見えるのは5枚の萼片である。
花の色は、白ないし淡い紅色を帯びた白である。
スポンサーサイト



  1. 2011/04/28(木) 19:57:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<タイトルなし | ホーム | タイトルなし>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://88182000.blog21.fc2.com/tb.php/6582-eac3afa9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ぱぱいや

Author:ぱぱいや
.
外回りのお仕事なので いつも珍しい花 キレイなお花がないか注意しながら運転してます♪

街や郊外で見かけた花の便りを毎日 
紹介しようと思ってます。

ブログ内検索

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

最近の記事

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード