fc2ブログ

2012年04月27日
0
0
未分類
ケマンソウの仲間 Ⅰ
ムラサキケマン
ムラサキケマン1
紫華鬘  ムラサキケマン

昨夜から 小雨が長時間降り続けましたが 明日はいいお天気になるそうです。
お休みの日に雨になると 損した気分になりますが 
平日は まあ 仕方ないですよね。

今日はケマンソウの仲間を 小特集します。
お花の形に特徴があって あまり見掛けないように思いますが
けっこう仲間は多いお花です。

春になると 道端に沢山 生えてますが毒があります。
この花も 変わった形をしています・・・。

草丈は20cmから50cmほど。黒い種子には種沈という白い付着物がついていて
それをアリが好みせっせと運んで繁殖の手助けします。
独特の臭気を持っていますので、お見かけの際はぜひ一嗅ぎお試しください。

ムラサキケマン(紫華鬘)、ハッカケ、ネコイラズ
学 名  Corydalis incisa
特 性  ケマンソウ科 キケマン属、人里の半日陰を好む紫の二年草
花 期  4~6月
近縁種  キケマン
毒部位  全草
成 分  プロトピン(Protopine)
症 状  眠気、嘔吐、呼吸麻痺、心臓麻痺、中枢麻痺、呼吸麻痺

紫華鬘 亜種?
ムラサキケマン 亜種
スポンサーサイト



ぱぱいや
Posted by ぱぱいや
.
外回りのお仕事なので いつも珍しい花 キレイなお花がないか注意しながら運転してます♪

街や郊外で見かけた花の便りを毎日 
紹介しようと思ってます。

Comments 0

There are no comments yet.