fc2ブログ

2012年07月27日
0
0
未分類
タマスダレ
タマスダレ1
玉簾  タマスダレ

タマスダレ(ゼフィランサス)は 春に咲くヒガンバナ科の植物ですが
秋にも帰り咲きします。

でも この時期に咲いてるのは珍しい気がします。
ちょっと異常気象で 植物も勘違いしたのかな?

春の終りから秋のはじめに白い小さな花を天に向かって咲かせる
草丈20cmから30cmほどの常緑の多年草。
花の寿命は短いけれど次々と咲きつづけけ、寒さにも強いので
よく庭先などで見かけますね。
花の部分が玉で、葉が並んでいる様子を簾に見たもののようです。

タマスダレ(玉簾)、ゼフィランサス・カンディダ、レインリリー
学 名  Zephyranthes candida.
特 性  ヒガンバナ科 ゼフィランサス属、常緑多年草
花 期  7~10月
毒部位  鱗茎
成 分  リコリン(Lycorine)
症状  吐き気、痙攣 

スポンサーサイト



ぱぱいや
Posted by ぱぱいや
.
外回りのお仕事なので いつも珍しい花 キレイなお花がないか注意しながら運転してます♪

街や郊外で見かけた花の便りを毎日 
紹介しようと思ってます。

Comments 0

There are no comments yet.