Admin New entry Up load All archives

街の花便り

季節のお花を紹介してます。

 

ワルナスビ
ワルナスビ1
悪茄子  ワルナスビ

今日も朝からピーカンで暑くなりました。 9時ごろに近所を徘徊しましたが
汗が結構流れましたよ・・・  それにしてもいいお天気です。

この花は 雑草で 異常な繁殖力があるため 付いた名前で
今 路肩や 中央分離帯に沢山 生えてます。
葉っぱが アザミのように 棘があります。

ワルナスビ(悪茄子)  Solanum carolinense ナス科
多年草/別名 オニナスビ(鬼茄子)
北米原産の帰化植物

花がナスの花に良く似ているが実は食べられず、畑や空き地などで
地下茎を伸ばしてよく増え、畑の雑草としてはやっかいな存在。
関東以南に生える。

茎の高さは40~70cmになり、葉は縁に鋸歯がある。
また、鋭い刺が茎と葉に生えている。

花期は6~10月。淡紫色または白色の2~3cmの花が4~10個
節の間から出た枝の先につく。
直径1.5cmほどの果実は球形で、熟すと橙黄色になる。

今日は快晴~~><
快晴

category: お花が好き♪

CM: 6 TB: 0   

 

ゲンノショウコ
ゲンノショウコ1
現之証拠  ゲンノショウコ

昨日は夜になってもあまり気温が下がらず寝苦しい夜でした。
今日もお日様 ギンギンで暑くなりそうです・・・

ゲンノショウコ 昔は道端にたくさん咲いてましたが 風が激減しました。
洋種の雑草系に 住む場所を奪われたのが原因かも?

関東地方は この白花の方が多く関西では赤が多いそうですが 
横浜では 両方 見かけます。

ゲンノショウコは薬効成分が多く 古くから民間薬として用いられて来ましたが
最近 生息域を西洋の雑草に奪われ 減少してます。

江戸時代の始め頃から用いられ、これを服用するとたちまち効き目が
現れることから「現之証拠(ゲンノショウコ)」という名がついたと言われています

別名でミコシグサという和名がありますが、これは実が熟すと裂開して種を飛ばし
その姿が御輿の屋根のようなユニークな形状になることから名づけられました。

ゲンノショウコはフウロソウ属で
ハクサンフウロやイブキフウロ、タチフウロなどの仲間です。

ゲンノショウコはドクダミなどと共に古くから日本で用いられてきた薬草です。
一般には花期に地上部を採取し、乾燥させたものを用います。

ゲンノショウコ1

category: お花が好き♪

CM: 4 TB: 0   

 

睡蓮木
睡蓮木1
睡蓮木  スイレンボク

花の大きさは4㎝くらいで 日が落ちると閉じ また昼になると開花します。
家にも この木はあるのですが 花が見当たらないので 消えちゃったかと思ったら
枝が1mにも成長し 今週から咲き始めました♪

スイレンボク  Grewia caffra
シナノキ科 / 常緑低木
花期 初夏から秋  樹高 100-300cm
原産地 南アフリカ

花びらの内側の5枚が花弁で、外側の5枚は萼ということですが
まるで10枚の花びらが開いているように見え、睡蓮の花を思わせます。

一日花なのでしょうか、咲いた次の日には萎んでしまいますが、次々と咲きます。
萼の外側はうす緑色なので、蕾みの時と開花したときとの対比が鮮やかで
ハッとさせられます。夏に清清しくておすすめ。

category: お花が好き♪

CM: 6 TB: 0   

 

ターネラ
ターネラ1
ターネラ・ウルミフォリア

今年初めてお花屋さんで見つけ 購入した我が家の花ですが
このお花は 面白く 昼過ぎになるともう お花は閉じてしまいます。
本州は 黄色みたいですが 我が家は 上の写真のものを購入しました。

ターネラ・ウルミフォリア
高さ30から120 cm程になる。
1日花であり朝に開いも午後になるとまもなく閉じるが、葉腋に次々と咲く。
メキシコから西インド諸島が原産だが、今では他の熱帯地域にも帰化している。

同族にターネラ・トリオニフロラ(T. trioniflora)もあるが、 これは多年草で
花は白色で基部に向かい鮮やかな黄色となり、花基部には褐色の目がある。
ターネラ科ターネラ属
学 名:  Turnera ulmifolia
和 名: ---  英 名: ---
原 産:  メキシコ~南米、西インド諸島
常緑多年草   常緑亜低木

ターネラ 黄

category: お花が好き♪

CM: 2 TB: 0   

 

インカビレア
インカビレア1
インカビレア

お花がノウゼンカズラと似てますが その半分くらいの大きさのお花で
樹木というより 草のような雰囲気です。

あまりポピュラーではないお花なのに 会社の近くの家はプランターに沢山
植えてあります。  自分で増やせるのかな?
今年 我が家も手に入れました♪

ノウゼンカズラに似たラッパ状の花を長期間咲かせます。
葉は切れ込み深く、淡いピンクの花と共に繊細な雰囲気があります。

インカビレア(インカルビレア)は高地原産と熱帯原産の物がありますが
ピンクフェアリーは熱帯原産です。

学 名 Incarvillea sinensis 'Pink Fairy'
科属名 ノウゼンカズラ科インカビレア属
分 類  非耐寒性多年草
原産  中国南部
開花期 5月~10月頃   草 丈30~60cm

日当たりと水はけの良い場所を好み、やや乾燥気味の土が良いです。
冬の寒さに弱いので室内に取り込むと越冬できます。

インカビリア
インカビリア1

category: お花が好き♪

CM: 0 TB: 0   

 

サルスベリ
百日紅  サルスベリ

今日はホームコースでゴルフでしたが お天気が良すぎてゴルフ場も暑かったです。
でも下界の暑さとは次元が違い30度を超えるってことはありません。

富士山の雪があらかた解けて 黒い山になってました。

百日紅 色は白 ピンク 濃いピンク 赤 パープル フリル付きってあります。
撮影が難しいお花でイマイチ キレイい撮れないお花・・・

サルスベリ Lagerstroemia indica (ミソハギ科 サルスベリ属)

サルスベリは中国南部原産の落葉小高木であり、日本には江戸時代に渡来した。
南方系の植物であるためか、春の芽だしは遅く、新しくのびた枝の先端に
円錐形の花序をつける。

花は7月のはじめから咲き始め、9月の終わりまで真夏の日射しを
楽しむかのように咲いている。
花序全体をみると花弁だらけでわかりにくいが、一つの花を手に取ってみると
なかなかおもしろい。

外国産の樹木で、自然に繁殖する種は多くはないが
サルスベリは稔った種から自然に芽生え、成長する。

サルスベリ2
サルスベリ
サルスベリ2

category: お花が好き♪

CM: 0 TB: 0   

 

ナツエビネ
ナツエビネ1夏海老根  ナツエビネ

明日は涼しいホームコースでゴルフです♪
下界で過ごすよりは ゴルフ場の方が涼しいかも?

普通の海老根は春に咲きますが この一種類だけ 夏に開花し 夏海老根といいます。
絶滅危惧種で 自然の状態では 滅多にお目にかかれません。

ナツエビネ(夏海老根、学名:Calanthe reflexa )は、ラン科エビネ属の多年草

偽球茎は球形になる。葉は3-5枚が束生し、長さ10-30cm、幅3-6cmの
狭長楕円形で、先端は鋭尖頭で、表面は縦じわが多い。

花期は7-8月
高さ20-40cmになる花茎が基部の葉腋から直立し、10-20個の
淡紫色の花を総状につけ、下方から開花していく。

苞は長さ1-2cmの披針形。萼片は長さ15-20mmで、背萼片は狭卵形、
側萼片は斜卵形で、ともに先端はとがり反曲する。
側花弁は萼片よりやや短い線形で、先端はとがる。

日本では、本州、四国、九州に分布し、渓谷や沢の周辺などやや湿った落葉樹林下に生育する。
世界では朝鮮(済州島)、中国(南部、台湾)に分布する。

ナツエビネ2
ナツエビネ3

category: お花が好き♪

CM: 2 TB: 0   

 

フヨウ
フヨウ1
フヨウ2
芙蓉  フヨウ

芙蓉の花が咲き始めましたね。
このお花が咲くと 夏本番って感じです。

芙蓉の花は これだけ園芸品種が増えて来てるのに ピンクと白花
しか見た事がありません・・・ 何故でしょうね? ムクゲは多いのに。

フヨウ(芙蓉、木芙蓉、モクフヨウ、学名:Hibiscus mutabilis)
アオイ科フヨウ属の落葉低木。
草本性のフヨウと区別する場合は、あえてモクフヨウと呼ばれる。

原産地は中国で、台湾、沖縄、日本の九州・四国に自生する。
日本では関東地方以南で観賞用に栽培され、7~10月始めにかけて
ピンクや白で直径10~15cm程度の花をつける。幹は高さ1.5~3m。
朝咲いて夕方にはしぼむ1日花で、長期間にわたって毎日次々と開花する。

フヨウ 白

category: お花が好き♪

CM: 2 TB: 0   

 

トウワタ
トウワタ1唐綿  トウワタ

この花も変わった形をしています。  風船トウワタも形はこの形ですが
吊り下がって咲きます。
色も 赤と黄色で 目立つ花ですが 案外 庭先で見掛ける花です。

虫に好まれる花みたいで 両方とも虫が付いてます。

トウワタ(ガガイモ科トウワタ属)
別 名 アスクレピアス・クラサビカ
原産地  南アメリカ   花 期 夏

おもしろい花だと思うのは、濃いオレンジ色の花びらの中に黄色い花粉塊があり
中央にずい柱というものを作っている。種子に白い綿毛があるのが名前の由来。

調べてみると、有害な物質が含まれていて、蝶のオオカバマダラは
トウワタの葉を食べて育ち、その毒成分を蓄えることで
鳥などの敵から身を守っているそうだ。

トウワタ

category: お花が好き♪

CM: 6 TB: 0   

 

スパティフィラム
スパティフィラム1
スパティフィラム

真夏に咲く 観葉植物の一種ですが 室内に飾ると 涼しげに感じます。
丈夫で育てやすい植物で 特に独身の女性に人気があるそうです。

お花は鉢植えで 大きいものは数千円もし けっこうお値段が高いです。

スパティフィラム  サトイモ科スパティフィラム属
原産地:コロンビア、グアテマラ、メキシコ南部、中央アメリカ
非耐寒性、常緑多年草

純白の花が美しく、光沢の葉がふさふさと茂り
白い花と濃い緑色の葉とのコントラストがとても魅力的な観葉植物です。
白い花に見えるのは実際は花ではなく仏炎包というものです。
中心に立ってるイボイボが花序で 花になります。

非耐寒性ですが 室内で越冬できます。

category: お花が好き♪

CM: 0 TB: 0   

 

ハマユウ
浜木綿  ハマユウ

今日も暑かったですねぇ~~ 夕方でも車外気温34度もありました。
今日は期待した夕立もなさそうなので 帰宅後 しっかり水やりをしました。
もう 虫の鳴き声も聞こえるようになりました。

本来は 砂浜に咲く花で こちらではあまり見掛けないお花です。
せっかく浜木綿を見つけても 痛んだお花が多く 人の家のなので
勝手にいじれません。

インド浜木綿は 葉っぱがこの花と似てる事から付きました。
スパイダーリリーとも似たお花です。

ハマユウ(浜木綿)  ヒガンバナ科  学名:Crinum asiaticum var. japonica
別名:ハマオモト(浜万年青)  花期:夏

関東より南の太平洋沿岸の砂地に自生していますが
庭などに植えられていることもあります。

葉が厚くオモト(万年青)に似ているのでハマオモトとも呼ばれます。
花は細長くグシャグシャッとなっています。

木綿という形容はその花の様子をいうのではなく,葉の付け根の辺りの
白い葉鞘が幾重にも重なっているところが祭礼用の幣(ぬさ)に
似ているからということのようです。

ハマユウ1

category: お花が好き♪

CM: 2 TB: 0   

 

クレビレア
クレビレア1
グレヴィレア・ロビンゴードン

昨日は夕立はすぐにやんじゃいましたが 9時ごろにまた雨が降り
いいお湿りになりました。 今日もいいお天気で暑くなりそうです。

オーストラリアの植物で植物園でしか 観れないお花かと思ってましたが 
一般家庭のお庭に咲いてるのを発見 最近 結構見かけるようになりました。
日本ではあまりなじみが薄いですが 世界的には
有名なお花だそうです。

グレヴィレア 'ロビン・ゴードン(Grevillea Robyn Gordon)は
赤い絹糸が多数集まったような集合花を1年中咲かせる
(四季咲きの)ヤマモガシ科シノブノキ属の半耐寒性常緑低木です。

緑色の葉は、松葉のように切れ込みが深い形をしています。
グレヴィレア属の交配品種である ロビン・ゴードン(Grevillea Robyn Gordo

グレヴィレア 'ロビン・ゴードン(Grevillea Robyn Gordon)
学名:Grevillea banksii(グレヴィレア バンクシー)
別名:グレビレア(Grevillea)、ハゴロモノマツ(羽衣の松)
ベニバナハゴロモノキ(紅花羽衣の木)、Red silky oak(レッド・シルキィ・オーク)
科属名:ヤマモガシ科シノブノキ属(グレヴィレア属)
原産地:オーストラリア
樹高:20~200cm 花序径:3cm 花色:赤

グレヴィレア・ゴールライフレーム
クレビレア・ゴールライフレーム

category: お花が好き♪

CM: 6 TB: 0   

 

オオセンナリ
オオセンナリ1
大千成  オオセンナリ

オオセンナリは別名 クロホウズキとも言い 蝿が嫌がるにおいを出すみたいで
シューフライとも言います。

名前が沢山あるお花で 他にもニカンドラ 千成ホウズキって別名もあります。
(厳密に言うと大千成と黒ホウズキは 多少違いがあるそうです。)

1年草ですが 野生化し易く 大きな群生をします。

ペルー原産で、北アメリカ、アフリカ、オーストラリア、アジアなど
世界各地で観賞用に栽培され、また雑草化している一年生の草本です。

茎ははっきりした稜を持ち、よく分岐して高さ1mほどになります。
葉は先の尖った卵形で、まばらに毛を生じ、縁には不規則な鋸歯があり
柄があって互生します。

夏から秋にかけて、淡紫色で直径5cmほどの花をはと対生の位置につけます。

果実は肥大したガクに包まれています。

観賞用としては江戸時代から栽培されていましたが
野生化したものは1964年に福岡県北九州市で採集されました。

オオセンナリ2

category: お花が好き♪

CM: 2 TB: 0   

 

オシロイバナ2
オシロイバナ1
白粉花  オシロイバナ

オシロイバナは 英名 フォークロック 夏の4時になると開花します。
時間指定で咲くお花 けっこう多いです。
2時花が「草花火」 3時花は「ハゼラン」 4時花が「白粉花」

オシロイバナ Mirabilis jalapa L. (オシロイバナ科)

オシロイバナは南米原産(メキシコ)の多年生草本。 
園芸用に導入されたものであるが、暖地では畑のほとりなどの
肥沃な場所に野生化している。

「ゆうげしょう」の別名があるように、夕方から咲き始めるので昼間は目立たない。
夏の初めから次々と花を咲かせるが、秋になると午前中から開花するので
目立つようになる。

花には香りがあるので、夜間に飛翔するガの仲間によって花粉を
媒介してもらっているに違いないが、秋になって気温が低下すると昼間に
活動するチョウチョを相手にするように開花時間が変化するとも言われてます。

オシロイバナの名前の由来は種子の中のでんぷんが「おしろい」
のような質感を持っていることに由来する。

変種の多いお花で 色が混じり合ったり 同じ茎から違う色の花が咲いたりします。

オシロイバナ
オシロイバナ 黄色

category: お花が好き♪

CM: 2 TB: 0   

 

ミヤマカラマツ
ミヤマカラマツ1
深山唐松  ミヤマカラマツ

唐松草は有名な山野草で 花弁がなく 蕊だけが咲きます。

写真は白い花ですが 白だけではなく 紫っぽい色のもあります。

北海道から九州までの深山に生える。高さ30~80cm。
根生葉は多数の小葉からなり、小葉は長さ1.5~8cm、菱形状。
葉先の縁は丸みを帯びたあらい鋸歯があります。
花は白色、径約1cm、花びらはなく、白い細いものは雄しべです。
由来 深山に生えるカラマツソウの意味です。

ミヤマカラマツ   深山唐松
花期 5月~8月   キンボウゲ科  カラマツソウ属
形態 多年草

category: お花が好き♪

CM: 2 TB: 0   

 

アメリカオニアザミ
アメリカオニアザミ1
アメリカ鬼薊  アメリカオニアザミ

先ほど横浜は雷がゴロゴロ鳴り 夕立が降りましたが あっという間にやんじゃいました。
でも 一雨降ると だいぶ涼しくなります。

アメリカオニ薊は とにかくトゲがすごく 鹿も食べません。
駆除するにも 骨が折れる駆除対照植物です。

アメリカオニアザミ(学名: Cirsium vulgare)はキク科アザミ属の多年草。
日本には本来分布していない外来種

和名に「アメリカ」とあるがヨーロッパ原産のアザミであり
誤解をさけるためセイヨウオニアザミと呼ばれることがある。

スコットランドの国花は このアメリカ鬼アザミで 夜襲をかけようとした
他国の兵士が この鬼アザミに刺され 声を出し 夜襲が不成功に終わった
事から 国花になったそうです。

category: お花が好き♪

CM: 2 TB: 0   

 

鬼百合 八重
鬼百合 八重1
鬼百合 八重咲き  オニユリ

昨日もやたら暑かったですが 今日はさらに気温が上がる予報です。
TVでも話題になってますが 熱中症になる人が多いです。
暑い時はクーラーを使って あまり外には出ない方がいいですね。

最近はどのお花にも八重咲き 白花 斑入りがありますが
鬼百合にも八重咲きがあります。

鬼百合には白花はありませんが 黄色いのはあって 黄金鬼百合と呼ばれてます。

オニユリ(鬼百合)は、芳香のある耐寒性多年草(球根植物)
ユリ目ユリ科ユリ属の球根植物です。
葉は披針形をしており、葉腋には黒紫色のムカゴと呼ばれる珠芽が付きます。
オニユリの花は、橙色で濃茶色の斑点が多数入り先端が反り返っています。
鱗茎(球根)は大型で、百合根として賞味されます。

オニユリ(鬼百合)   学名:Lilium lancifolium
別名:テンガイユリ(天蓋百合)
科属名:植物界被子植物門単子葉植物網ユリ目ユリ科ユリ属
原産地:日本 環境:野山
草丈:100~200cm 葉長:5~15cm 開花期:7~8月 
花色:橙に黒い斑点 花径:20~25cm

黄金鬼百合  オウゴンオニユリ
黄金鬼百合
黄金鬼百合1

category: お花が好き♪

CM: 6 TB: 0   

 

西洋薄荷
西洋薄荷1
西洋薄荷(ペパーミント)  セイヨウハッカ
ミント グレープフルーツ
グレープフルーツ・ミント
ミント ジンジャー
ジンジャー・ミント
ミント バナナ
バナナ・ミント
ミント ペニーロイヤル
ペニーロイヤル・ミント

西洋薄荷の種類は多く ざっと知ってるのだけで ペパーミント スペアミント
アップルミント など 沢山生り 見分けは難しいです。
頭についてる名前の香りがしそうで 嗅いでみても???って事が多いです。

セイヨウハッカ  シソ科 ハッカ属  
セイヨウハッカは、ヨーロッパ南部原産でヨーロッパやアメリカを初め
世界各国で栽培されている多年草です。

茎は直立し断面は四角形で上部でよく分枝します。
葉は短い柄で対生し、皮針形ないし卵状皮針形、縁にきょ歯があります。

夏に円錐状の花穂を頂生し、淡紫色の唇形花を不規則に密生します。
全草に芳香があり,その精油成分(ペパーミント)を香料や薬用にします。
オランダハッカ(スペアミント)とは別種といいます。

和種の薄荷はこんなお花です。
ハッカ

category: お花が好き♪

CM: 2 TB: 0   

 

人参
人参1
人参の花

実家は兼業農家で 子供のころからよく畑仕事を手伝わされましたが
意外と人参の花って見た事がありません。
何故かというと 花が咲く前に収穫してしまうから!

都会の農家は あまり収穫には興味がないみたいで 野菜の花って
けっこう咲いてます。
農家にとって 野菜類の花お咲かせるってのは 恥って感覚もなくなりました。

ニンジンはセリ科の植物です。
ニンジンは根菜類、すなわち根を食する野菜のひとつですが世界中で
栽培され食卓にのぼっています。

ニンジンと言えば赤い色と思うのですが原産地のアフガニスタン周辺に
見られる野生種やこれをもとに現地で栽培されているものの中には
白色、黄色、紫色があるそうです。
また形も丸いものや長いものがあるそうです。

私たちが目にする多くのニンジンは欧米から入った西洋人参
と言う黄赤色の系統ですが中国から入った東洋系の深紅色で甘味のあるニンジンもあります。

category: お花が好き♪

CM: 0 TB: 0   

 

ヘラオオバコ
ヘラオオバコ
箆大葉子  ヘラオオバコ

このお花は 河の土手に咲いてる事が多く かなり前から咲いてましたが
河の土手沿いの道は 車を停車できるスペースがなく 後回し 後回しで
アップが遅くなりました・・・

お花は 下から一列づつ咲き上がり 中々 可愛い野草です。
このお花も 外来種です。

ヘラオオバコ Plantago lanceolata (オオバコ科 オオバコ属)

ヘラオオバコはヨーロッパ原産の帰化植物で、江戸時代には渡来したという。
多年生の草本で地下に太い根茎がある。葉は細長く、長さ20cmほどになる。

春から夏にかけて高さ30cmほどの花茎をだし下部から上部へと次々に開花する。
生育地は路傍や牧草地、堤防などであり、刈り取りには強いものの、踏みつけには弱い。

和名はオオバコの仲間ではあるが、葉が細長くヘラ型であるとの意味。

category: お花が好き♪

CM: 2 TB: 0   

 

エキナセア
エキナセア1
エキナセア1
エキナセア

今日も軽く30度を越えました。
最近 昔よりも太ったせいか 汗っかきになり 暑さにも弱くなった気がします。

免疫力をアップする薬草として有名で 名前検索をすると
お花よりも サプリメントの方が多くヒットします。
アメリカの 先住民族が 発見した 薬効成分の多い植物です。

エキナセア キク科 エキナセア属
耐寒性宿根草  別名 ムラサキバレンギク
原産地 北アメリカ東部
庭植え  開花時期 6~7月

エキナセアは、もともとは北米の限られた地域に自生し、薬用植物として
古くからアメリカ先住民達に珍重されてきたそうです。

栽培が比較的簡単で、ドライフラワーにも利用できるため
欧米では一般家庭でも広く栽培されています。
花の形がおもしろいので、見かける機会も多くなってきたような気がします。

草丈50~60cmになります。

category: お花が好き♪

CM: 0 TB: 0   

 

ホテイアオイ
ホテイアオイ1
布袋葵  ホテイアオイ

梅雨が明けて 昨日も暑かったですが 今日はさらに気温が上がりそうです。
熱中症になる人が今年は多いそうなので カンカン照りに時はあまり外に出かけず
家にいても クーラーを利用した方がいいですね。

お花に興味ない人は ホテイアオイは 水草として知ってても
こんなキレイな花が咲くのを 知らない人が多いです。
花の寿命が 短いので あっという間に 花が消えちゃいます・・・

ホテイアオイ ミズアオイ科 多年性 水生植物   原産 熱帯アメリカ

葉の付け根アタリがまあるくふくらみそれが布袋さんのお腹に似ている
ところから「ホテイアオイ」の名前が名付けられました。
この丸くふくらんだ部分は浮き袋の役割を果たします。

夏にずずしげなうす紫色の花を咲かせて
英名では「ウォーターヒヤシンス」と呼ばれます。
生命力が非常に高く、必要以上に増えて邪魔になり
害草として扱われることもあります。

category: お花が好き♪

CM: 8 TB: 0   

 

ひまわり テディーベア
向日葵 テディーベア

テディーベアは かなりポピュラーになりましたが 
サカタのタネが作りだした園芸種の八重咲きヒマワリです。
丁字咲きの ベビーベアってのもあります。

今 ひまわりも園芸種が増えて かなりの種類があります。
バレンタインは 黄色が薄く もう少し先に咲く白妙 向日葵に似てますが
葉が白くありません。

ヒマワリ(向日葵)  Helianthus annuus
キク科/一年草/別名 ニチリンソウ(日輪草)  
北米原産。
草丈 40~300cm、花は直径10~30cm。 花期 4月下旬~10月上旬。 

開花後は花首が固定するので「日回り」はウソ、と牧野富太郎は主張したとのこと
しかし、小型のシロタエヒマワリは、開花後も太陽を追うそうだ。

向日葵 バレンタイン
ヒマワリ バレンタイン
やたら肉厚の向日葵
ヒマワリq

category: お花が好き♪

CM: 2 TB: 0   

 

フクシア
フクシア
フクシア3
フクシア

フクシアは うちのかみさんが オダマキと同じくらい好きな花で
数種類 購入しましたが 割と高温多湿に弱く 育てずらい植物です。
お花は 「女王のイヤリング」と呼ばれるくらい 可愛い花が咲き
種類も 非常に 多いです。

フクシアはアカバナ科の植物で、原種は中南米から
ニュージーランドにかけて分布します。

ドイツ人の医者で植物学者のレオンハルト・フックスにちなんで名付けられました。
日本では、フクシアのことをホクシャと呼んでいる方がまだまだ多いようですが
これは明らかに間違いです。

日本では語源のフックス(人名)を尊重して、フクシアと呼ぶようにしています。

花には、一重・半八重・八重・そしてトリフィラタイプ
(細い筒状の花をつけるもの)があります。

大きさも、長さ1cm弱、直径5mm程度の原種から、直径10cm以上にもなる
巨大な八重咲きの交配種まであります。
また形態としては、ブッシュ状に育つもの
ハンギングに向く枝の垂れるものがあります。

古代インカで「女王様の耳飾り」と呼ばれたアンデスの名花です。

フクシア2
フクシア3

category: お花が好き♪

CM: 2 TB: 0   

 

カカリア
カカリア1
カカリア

このお花は初めて見ました。
直径2cm程度のお花ですが 色がすごく鮮やかで 赤の中に黄色い蕊が付きます。

カカリア   科名:キク科
学名:Emilia coccinea
別名:エフデギク(絵筆菊) ベニニガナ(紅苦菜)
原産地:東部インド
つる長:25cm-50cm
開花期:5月-9月

インド東部原産で春にタネをまいて夏-秋に開花して晩秋に枯れる春まき一年草で
エフデギク(絵筆菊)とも呼ばれます。

夏から秋にかけて細い茎の先端に飾りボタンのようなかたちの花をかたまって咲かせます。
花は直径1.5cmくらいと小さいですが、鮮やかな赤紅色で人目を引きます。

細い茎と花が風に揺れる姿も可愛らしいです。
園芸品種には黄色やオレンジ色の花を咲かせるものもあり花壇の他に
切り花にも利用されます。

花のかたちが房飾り(タッセル)のように見えるので、英名をタッセルフラワーといいます。
また、ベニニガナという別名がありますがこれは「紅い花の咲くニガナに似た植物」
ということで、草姿は似ていますがニガナの仲間ではありません。

category: お花が好き♪

CM: 0 TB: 0   

 

ハキダメギク
ハキダメギク1
掃き溜め菊  ハキダメギク

関東地方はやと梅雨明けです♪
これから暑い日が続きますね・・・。
子供たちが夏休みに入ってるので 交通事故に気をつけないと!!

この花も春と秋に両方咲きます。
植物学者って ちょっと センスがない人が多いかも?
けっこう 安直な名前や 可愛そうな命名が多いですよね。

ハキダメギク キク科 一・二年草 白 5枚(裂 春~秋)

熱帯アメリカ原産の帰化植物、畑地など肥料分の多い土地に多く生え
背丈20-50cmほどになる一・二年草。
茎は2分岐をくり返し、葉は対生し卵形から卵状披針形で波状の浅い鋸歯がある。

花期は5-11月、上部の枝先に直径約5mmほどの白色5弁花を1個ずつ付ける。
小さな花弁だが、その先が更に3裂している。

キク科コゴメギク属と云う事で、コゴメギクと良く似るらしいが
HPや図鑑の情報が少なく、区別が判らない。

ハキダメギクの銘々は、有名植物学者が
掃き溜めで始めて見つけたからだとか。

category: お花が好き♪

CM: 0 TB: 0   

 

ハタケニラ
ハタケニラ1
韮の花  ニラ

今日からお仕事です♪ 三日も休むと体が休みに慣れて お仕事モードになりません。

韮の花が咲き始めましたね。
例年は8月のお花なので 少し早いです。
ハタケニラと同じ仲間ですが 韮の花の方が キレイです!
それにこちらは 食用の韮が逃げ出したものなので 食べれます。

韮  ユリ科 ネギ属   学名 Allium tuberosum
開花時期は、 8/20頃~10/25頃。
アジア原産 かなり昔に渡来

てっぺんのところに白い花がたくさん咲き根元のところから生えてる
葉っぱが食べられる。 ちぎるとニラ独特の匂い

ねぎの一種で、ビタミンAとカロチンを多く含み消化を助け風邪の予防効果もある
漢方では種子を乾燥させたものを 「韮子(きゅうし)」といい胃腸薬などの用いる。

独特の臭気があることから「においきらう」(香嫌)これが「にら」に変化したとも、
また、美味であることから「みら」(美辣)これが「にら」に変化したともいわれる。

category: お花が好き♪

CM: 8 TB: 0   

 

キツリフネ
キツリフネ1
キツリフネ2
黄釣船  キツリフネ

山野草の中で このツリフネソウは独自の形をしており
私の好きな花の一つです。

実は鳳仙花と同じ仲間ですが こちらは 花が葉に隠れずに咲くので
吊り下がった形が よくわかります。
花と言うより ちょっと虫みたいです。

キツリフネ Impatiens noli-tangere (ツリフネソウ科 ツリフネソウ属)

キツリフネは、北半球に広く分布し
日本では北海道から九州にみられる1年生草本。
低地から山地の谷あいの林内や林縁など、湿った半日陰地に生育する。
和名は黄色の花を咲かせるツリフネソウの意味。

高さは50センチほどで、茎は直立して枝を分け、全体に軟弱なイメージがある。
葉は互生し、葉身は楕円形で、質はやわらかい。
ツリフネソウの仲間で、花が葉の下(裏)で開花しないのは
ツリフネソウだけである

釣船草  ツリフネソウ
ツリフネソウ
ツリフネソウ2

category: お花が好き♪

CM: 2 TB: 0   

 

クルクマ
クルクマ1
クルクマ

クルクマのピンクの部分は 実は苞で 実際のお花は その苞の中にある
2花弁の花で 唇形をしてます。

クルクマ  ショウガ科 学名:Curcuma(ショウガ科クルクマ属)
和名:キョウオウ(薑黄)  別名:ハルウコン(春鬱金)
花期:晩春~初夏

クルクマというのはショウガ科ウコン属の属名です。
和名はキョウオウ(薑黄)で,難しい漢字ですが,漢和辞典によれば「薑」の
訓読みは「はじかみ」,「しょうが」で,ショウガ科の植物であることがわかります。

さらに,ハルウコン(春鬱金)という別名もあります。
キョウオウに似ているものにウコン(鬱金)というのがありますが
ウコンは花の色が黄色です(苞は白)。
クルクマは晩春から初夏にかけて花が咲くので,「春に咲く鬱金」というわけです
(ウコンは夏から秋に咲きます)。

なお,「ウコン」は色の名前としても使われます。
また,ヤエザクラの品種で黄緑色の花が咲く「鬱金」というものがあります。

クルクマ2

category: お花が好き♪

CM: 0 TB: 0   

 

クラスペディア
クラスペディア1
クラスペディア

クラスペディア(Craspedia) は梅雨時~秋に、真っ直ぐな固く細長い茎の
先端に、黄色い球状の花を咲かせる多年草です。

クラスペディア(Craspedia) には、舌状花が無く、筒状花だけしか咲きません。
英名を、ゴールドスティック(Gold sticks) や、ドラムスティック(Drum sticks) 
と呼ばれるのは、その形状から来ています。

クラスペディア(Craspedia)は、切り花やドライフラワー、鉢物に使われます。

クラスペディア(Craspedia)
学名:Craspedia globosa(クラスペディア・グロボーサ)
別名:クラスペディア・グロボーサ(Craspedia globosa)、
    ゴールドスティック(Gold sticks) 、ドラムスティック(Drum sticks)
科属名:キク科クラスペディア属
原産地:オーストラリア
開花期:6~9月

category: お花が好き♪

CM: 0 TB: 0