Admin New entry Up load All archives

街の花便り

季節のお花を紹介してます。

 

紅花三椏2
紅花三椏
紅花三椏  ベニバナミツマタ

普通の三椏は黄色の花ですが 同じ枝から紅花が咲く時もあるし
紅花オンリーの三椏もあります。
普通の三椏よりはかなり遅れて咲き 3月の後半のお花ですが
今年は早くに発見しました♪

紅花の三椏は あまり見掛けないですよね。。

ベニバナミツマタ( 紅花三椏 ) ジンチョウゲ科 ミツマタ属
学名 Edgeworthia papyrifera (=E.chrysantha)  英名 paper bush
別名 むすびはな、かみのき
性状 落葉低木   原産地 中国

本来、「ミツマタ」というと黄花で、赤花はその園芸品種。
ミツマタは製紙原料として有名で、樹皮からは機械抄紙(すきがみ)ができ
この紙は精巧な印刷、紙幣や証券など高級紙の原料とするため
栽培されていましたが今では帰化植物となっています。

紅花三椏1

category: 未分類

thread: ■お花が好き♪  -  janre: 趣味・実用

CM: 8 TB: 0   

 

シニンギア・カネスケニス
シニンギア・カネスケニス1
断崖の女王  シニンギア・カネスケニス 

すごく変わったお花で まだお花が咲いてません。
玉ねぎのような じゃがいものような球根から茎が伸び 名前の通り断崖に咲くそうです。

断崖の女王  イワタバコ科
学名:Sinningia leucotricha
別名:ブラジリアン・エーデルワイス
原産地:ブラジル  開花:5月下旬-7月
草丈:15cm-25cm

正式な名前(学名)はシンニギア・レウコトリカと言います。
原産地では野生のものが崖にへばりつくように生え、「断崖の女王」
の'断崖'はそのライフスタイルに由来します。

地下に扁平な球根(正確には地下茎の一部が肥大した塊茎を作り
そこからひょろっと太めの茎を伸ばし、その先に長さ10cmほどの葉を数枚付けます。

葉の表面は動物の体毛のようなビロード状の毛で覆われ銀白色に見えます。
とても良い毛並みで、じっくり見ると美しいです。
頂点から濃いオレンジ色をした筒状の花を咲かせます。
冬は落葉して塊茎の状態で過ごします。

英名でブラジリアン・エーデルワイスと言いますが
エーデルワイスの仲間ではありません。

断崖の女王

 

category: 未分類

thread: ■お花が好き♪  -  janre: 趣味・実用

CM: 6 TB: 0   

 

ミチタネグサ
ミチタネグサ1
道種浸け花  ミチタネツケバナ

朝から小雨が降ったりやんだりでしたが 気温は高めで寒くなかったです。
夕方になったら 予報通り 大雨になってきて風もあるので
叩きつけるような雨になってきてます。  この風は 春一番なのかな?

昨日のナズナと似てますが 花の横に細長い種が出来てるのが特徴です。

ミチタネツケバナ(道種浸け花)
越年草
ヨーロッパ原産の帰化植物。茎には葉があまりつかない。
葉は羽状複生葉、小片は広楕円形で頂小片が大きく、頂小片は卵円形。
根生葉の小葉には柄がある。茎には葉があまりつかない。根生葉は果時まで残る。

茎、葉は無毛。総状花序を出し、白色で小形の花弁4枚の十字状花を開く。
花弁の長さ2~3mm、雄しべが4本のものが多い。
長角果は花茎に寄り添うように上向きにつく。花期は4~6月。

学名は、Cardamine hirsuta
アブラナ科タネツケバナ属

category: 未分類

thread: ■お花が好き♪  -  janre: 趣味・実用

CM: 0 TB: 0   

 

フユシラズq
フユシラズq1
冬知らず  フユシラズ

昨日は気温15度を超えて 暖かに感じました。
北陸はもう春一番が吹いたそうなので これからひと雨ごとに暖かくなります。

フユシラズは かなり寒い時期から咲いてますが 暖かくなってからの方が
お花も元気で 大きな群生を作りますよね。

キンセンカの仲間で カレンジュラの名前でも 売られてますが
カレンジュラは 花径が5cm程度 冬知らずは3cm以下ですね。

フユシラズ(冬知らず) は、冬から春にかけて鮮黄色の花を次つぎに咲かせる
キク科カレンデュラ属の耐寒性一年草です。
花はキンセンカ(金盞花)を2周り程小さくした感じです。

フユシラズ(冬知らず)
学名:Calendula(カレンデュラ)
別名:カレンジュラ(Calendula)
科属名:キク科カレンデュラ属
原産地:地中海沿岸
草丈:20~60cm 花色:鮮黄色 花径:1~2cm 開花期:11~翌年5月

category: 未分類

thread: ■お花が好き♪  -  janre: 趣味・実用

CM: 2 TB: 0   

 

ミッキーマウスプラント
ミイキーマウスプラント1
ミッキーマウスの木

出来る実が ミッキーマウスの顔のような実なので この名前が付きました。
本来は 亜熱帯の植物ですが 今は けっこう 街中でも見掛けます。

花が咲いてるのに実も出来てる木は 初めてみました。

植物園では温室内に置いてあり たぶん 耐寒性は弱いと思いますが
大きく 地植えなのも見掛けるので けっこう 耐寒性もあるのかも?

ミッキーマウスの木(オクナ科)学名:Ochna serrulata
オクナ・セルラタ。 別名:ミッキーマウスプランツ。

南アフリカ原産。形と名前がユーモラスな植物。花は黄色の5弁花。
赤く反り返った星形の萼の上に黒い艶のある実が長期間なっていて
その様子が何となくミッキーマウスの顔や鳥の目を連想させる。

category: 未分類

thread: ■お花が好き♪  -  janre: 趣味・実用

CM: 6 TB: 0   

 

白花沈丁花
白花沈丁花1
白花沈丁花  シロバナジンチョウゲ

白花の沈丁花は 普通の沈丁花より やや遅れて咲き始めますが 
今年ははけっこう早くに咲き始めました。

白いお花はハレーションが置き易いので カメラ設定が難しく
一度 失敗をしました。
沈丁花の芳香は けっこう強いので 離れて撮影してても 香って来ますね♪

ジンチョウゲ(沈丁花)   ジンチョウゲ科  ジンチョウゲ属
学名  Daphne odora(ダフネ・オドラ)
別名  瑞香(中国名)   センリコウ(千里香)
花期  早春 

中国原産の半耐寒性常緑低木で、日本には室町時代に渡来して
暖地の庭木として広く植えられています。
2~3月に開花しますが、沈香(じんこう)と丁子(ちょうじ)を
ミックスした強い芳香を持つ花、というのが名の由来といわれます。

ジンチョウゲは、雌雄異株で、日本に渡来したのはほとんどが雄株で
花が咲いても結実しませんが、近年、雌株が導入されつつあるそうです。

category: 未分類

thread: ■お花が好き♪  -  janre: 趣味・実用

CM: 2 TB: 0   

 

ペンペングサ
ペンペングサ1
  ナズナ

今日はいいお天気で暖かくなりましたね。
気づきませんでしたが 春一番も吹いたみたいです。
これから どんどん暖かくなってくれそうです。  でも明日は大雨予報~~>< 

春の七草のひとつですが これ あまり美味しそうとは思えませんね。
食べた記憶が ありません。

路傍の野草の代表格 昔は みんな ペンペン草って呼んでましたよね?

ナズナ 薺 [学名:Capsella bursa-pastoris Medik.]

アブラナ科の越年草。茎は高さ10~40センチメートル、下方で分枝する。

根際の葉はロゼット状で羽状に深く裂け、有柄。茎葉は披針(ひしん)形で
鋸歯(きょし)があり無柄、基部は矢じり形で茎を抱く。

茎、葉ともに単毛と星状毛を混生する。
3~5月、総状花序をつくり、白色の小花を多数開く。
花弁は倒卵形でつめがある。

果実は扁平(へんぺい)な倒三角形で長さ6~7ミリメートル
無毛で果柄は細長い。果実の形が三味線の撥(ばち)に似ており
果実を茎から少しはがしてくるくる回すと、「ペンペン」と音がするので
これを三味線をひく音に例えてペンペングサともいう。

category: 未分類

thread: ■お花が好き♪  -  janre: 趣味・実用

CM: 2 TB: 0   

 

菜の花1
菜の花2
菜の花  寒咲き花菜

昨日は暖かでしたが 今日はさらに気温が上がる予報~~
一昨日までは真冬のように寒かったのに 三寒四温 徐々に春が近づいて来てます。

一般的な菜の花は 桜の季節 4月になってからの開花ですが
この写真の菜の花は 寒咲き花菜 葉がチリメン状になってます。
早い場所では1月頃から咲き始めます。

菜の花って植物は基本的にはなく アブラナ科の総称として使われます。

一般的に菜の花と呼ばれてるのは 西洋油菜の事が多いですが 
菜の花の種類はかなり沢山の種類があります。

よく春に川の土手で見かけるのは 西洋カラシ菜で これも葉の雰囲気が
また違います。

キャベツやブロッコリー 大根なんかも菜の花が咲きますよね。 

category: 未分類

thread: ■お花が好き♪  -  janre: 趣味・実用

CM: 8 TB: 0   

 

カランコエ特集 Ⅳ
カランコエ・ウェンディー
カランコエ・ウェンディー1
カランコエ・ウエンディー

別名 エンジェルランプともいい 垂れ下がったお花がすごく可愛いです。
このカランコエも 夏越しはまず不可能で 夏に枯らしてしまいます。

カランコエ・ウエンディ  ベンケイソウ科 カランコエ属
学名  Kalanchoe miniata cv. Wendy
別名  エンゼルランプ
花期  周年

マダガスカル島、東アフリカ原産の非耐寒性多肉多年草です。
カランコエ属には、世界に140種類の品種があります。

ふつう カランコエといえば、花を上向きに咲かせるブロッスフェルディアナ種
(ベニベンケイ)をさしますが
最近は花が下向きに咲かせる種類が多く流通しています。

このウエンディ種もそのひとつで、鉢植え用にオランダで種間交雑に
よって作られた矮性種で、たいへん花つきがよく
ツートンカラーの提灯のような花が溢れるように咲きます。

カランコエは、短日植物ですので、短日処理で開花した鉢が
ほとんど周年流通しています。

category: 未分類

thread: ■お花が好き♪  -  janre: 趣味・実用

CM: 2 TB: 0   

 

カランコエ特集 Ⅲ
カランコエ・ミラベラ
カランコエ・ミラベラ1
カランコエ・ミラベラ

エンジェルランプ系のカランコエで テッサよりもやや小型の花が咲きます。

カランコエ’ミラベラ'」 -Kalanchoe manginii 'Mirabella'-
ベンケイソウ科・カランコエ属   マダガスカル原産

カランコエは、キクや、ポインセチアなどと同じ、短日植物
つまり、日照時間が短くなると花を咲かせる植物です。

最近は、人工的に短日処理をして、店頭に出回るようになりました。
エンゼルランプ系のこの花は、おなじみの「カランコエ・ブロスフェルディアナ」
が上向きに咲くのに対して、釣鐘型に垂れ下がる咲き方をしています。

カランコエは中国名の伽藍菜をラテン語にしたものだそうです。
同じエンジェルランプ系で テッサ ウェンディー エンジェルランプ
が有名です。

category: 未分類

thread: ■お花が好き♪  -  janre: 趣味・実用

CM: 0 TB: 0   

 

カランコエ特集 Ⅱ
カランコエ・テッサ
カランコエ・テッサ1
カランコエ・テッサ

耐寒性はよくないですが 弁慶草の仲間なので 丈夫です。
でも 日本の夏は蒸し暑くて 夏越しが難しいお花
 
沢山の花が吊り下がって咲くので 可愛いです。
まっ 室内向きのおはなですがね。

カランコエ・テッサ  学名: Kalanchoe 'Tessa'
ベンケイソウ科  カランコエ属
多年草(非耐寒性・多肉)  開花期: 3~5月

カランコエ・ウエンディと同様にオランダで種間交雑によって育成された園芸種で
やはり、花を多数ぶら下げるタイプです。

花は茎の先端付近にたくさん着き、細長い円筒状鐘形をしています。
花色は朱赤色で、先端がやや淡色になっています。花着きの良い鉢物用矮性種で
しなやかな感じの草姿をしており、株全体を覆うように花が咲いたときは
たいへんに美しいものです。吊り鉢にも適しています。

category: 未分類

thread: ■お花が好き♪  -  janre: 趣味・実用

CM: 0 TB: 0   

 

カランコエ特集 Ⅰ
カランコエ・プミラ
カランコエ・プミラ1
カランコエ・プミラ  白銀の舞

朝は寒かったですが 日中は日差しも強く 風もなかったので暖かくなりましたよね。
昨日と温度差が けっこうありますよね。

カランコエは 種類が豊富で 種類によっては まったく違う花が咲きます。
一番 有名なカランコエはプロスフェルディアナで 一重も八重咲きもあります。
他にも 提灯状に咲く エンジェルランプ系もあります。
弁慶草の仲間なので 多肉植物です。

このプミラは 葉がシルバーリーフで ハンギングにするといいですね。
我が家にもありますが まだ 花が咲いてません。

マダガスカルの中央高地が原産です。高さは15センチほどですが、
這うようにして広がります。葉は淡いピンクがかった白粉を被ります。

1月から2月ごろ、円錐花序をだして赤紫色の花を咲かせます。
園芸上は、「しろがねのまい(白銀の舞)」と呼ばれています。

ベンケイソウ科リュウキュウベンケイ属の常緑多年草で、学名は
Kalanchoe pumila。英名はありません。

カランコエ・ブロスフェルディアナ
カランコエ

category: 未分類

thread: ■お花が好き♪  -  janre: 趣味・実用

CM: 2 TB: 0   

 

サンシュユq
サンシュユq1
山茱萸  サンシュユ

昨日は冷たい風が吹いて すごく寒かったです・・・
今日も空は晴れてますが気温は低く指先が痺れるほど。
3月も中旬なので もっとポカポカ陽気になって欲しいですね。

山茱萸は咲き始めにアップしましたが 
だいぶ咲き始めており 遠くからでも目立ちます。

山茱萸 サンシュユ [学名:Cornus officinalis Sieb. et Zucc.]

ミズキ科の落葉小高木で、高さ4~10メートル。
中国の華北、華中、西部のほか朝鮮半島に分布する。
日本には江戸時代中期に導入され、早春の花木として広く植栽されてきた。

完熟した果実から核を除いて乾燥したものを山茱萸(さんしゅゆ)と称し
漢方では収斂(しゅうれん)、強壮剤として、腰痛、耳鳴り、遺精、インポテンス
糖尿病などの治療に用いる。
リンゴ酸、酒石酸などを含むので味は酸っぱい。
酒に浸した山茱萸酒は強壮強精作用があるという。

なんか 不妊治療薬にも使われるそうです。

category: 未分類

thread: ■お花が好き♪  -  janre: 趣味・実用

CM: 0 TB: 0   

 

ヒマラヤユキノシタ
ヒマラヤユキノシタ1
ヒマラヤユキノシタ

ユキニシタと葉っぱが似てて 同じように日陰を好んで咲きます。
開花時期は春ですが 場所によっては正月くらいから咲き始め
開花時期が 長いので 痛んでる花が多いのが 珠に傷です。

ヒマラヤユキノシタ ユキノシタ科  学名 Bergenia stracheyi
原産地 中央アジア アジア東部
別名  イワウチワ
草丈 30cm~60cm   開花時期 3月~5月

あまり馴染みのない植物のように見えますが、日本でも庭先に植えられていたり
鉢植えで置かれているものをよく見かけます。

北海道~九州までどこでも育てることができる環境に対応できる丈夫な植物です。
花色は主にピンクでヨーロッパで改良された園芸品種もあります。
最近ではそれらの園芸品種も日本で見るようになってきました。

お風呂でぬくぬく温まろう~~っと!

category: 未分類

thread: ■お花が好き♪  -  janre: 趣味・実用

CM: 2 TB: 0   

 

ヒメオドリコソウ
ヒメオドリコソウ1
姫踊り子草  ヒメオドリコソウ

春の野草の定番 同じ科のホトケノザより やや 遅れて咲き始めますが
今年は発見が早めでした。

同じシソ科で 似たような場所に咲くので 名前を混同し易いですね。
ホトケノザは頂上に花が咲き ヒメオドリコソウは葉の下に花が咲きます。
日当たりのいい場所では 大きな群生を作ります。 これもホトケノザと一緒

ヒメオドリコソウ(姫踊り子草) Lamium purpureum シソ科                          
ヨーロッパ原産の帰化植物。
4月~6月ごろにピンク色の花を群生して咲かせます。
背丈は20cmくらいで、在来のオドリコソウ(高さ50cmくらい)よりも小さいです。
「ヒメ」=「小さい」の意味。
 
日の当たらないところに生えているものは、葉が緑色のままだそうです。
日が当たるにつれて紫色になってくるようです。

一本で生えていることは少なく、群生しているのをよく見かけます。
群生してしている姿は、小さな小人がいっぱいずらっと並んでいるようです。

category: 未分類

thread: ■お花が好き♪  -  janre: 趣味・実用

CM: 2 TB: 0   

 

カゲツ
カゲツ1
花月  カゲツ(お金のなる木)

今日はいいお天気だったので 暖かくなるのかと思ったら風が冷たく
震えるほど寒かったですね。
一日中 風が強かったです・・・。

花月より 金がなる木として有名 
この植物も 差し木が容易で この花がある家には やたら沢山の鉢があります
多肉植物は どれも似たような星型のお花が咲きますね。

耐寒性は強い方ですが 一度 凍みらすと枯れちゃうので氷点下は危険

花月 クラッスラ (金のなる木)

日本での俗称は、金の成る木 べんけいそう科.低木多肉植物.南アフリカ原産
Crassulaはラテン語の分厚いという意味で、葉の肥厚したことによっている。

クラッスラ・ポルトゥラケア(花月)はピンクで星型の花を集散状につけ
”成金草”とも云われる。  ピンクの星型の花と丸い葉

直径1.5センチの小さな花が丸く集まって咲く。
南アフリカでは高さ3mにもなるという。

”金の成る木”といわれるのは、若葉の時期に5円玉をはめると
その葉が育った時には抜けなくなり、沢山付ければ金が成っているように
見えることから名付けられた。

5円玉を入れたのが売られてますが 私は悪趣味のような気がします。

category: 未分類

thread: ■お花が好き♪  -  janre: 趣味・実用

CM: 4 TB: 0   

 

雲南さくら草
雲南さくら草1
雲南さくら草  ウンナンサクラソウ

今日も寒い朝ですが お天気はいいので昼間は暖かくなってくれそうです。
今週から女子ゴルフが毎週あり 楽しみが一つ増えました。
女子は開催数が増えてるのに 男子は減って残念ですが スターが不在なので
自分がスポンサーでも 女子の方を選びますね。 経費も半分で済むし・・・

雲南サクラ草は この時期に園芸店に出回り まるで桜のように
爽やかなピンクに惹かれ 購入する人が多い筈。

でも 耐寒性は プリムラのオブコニカと同じで弱く
夜は 家の中に入れないと 一晩で 枯れてしまいます・・・。

雲南サクラ草
中国の南西部が原産です。
「プリムラ・キネンシス」の近縁で、最近は早春の鉢花として流通しています。
高さは20~40センチほどになり、茎や葉は軟毛と密腺に被われます。

葉は羽状に裂けます。早春のころ、花茎を伸ばして淡いピンクの花を咲かせます。

サクラソウ科サクラソウ属の多年草で、学名は Primula filchnerae。
英名はありません。

category: 未分類

thread: ■お花が好き♪  -  janre: 趣味・実用

CM: 6 TB: 0   

 

日向水木
日向水木1
日向水木2
日向水木  ヒュウガミズキ

このお花も 早春に咲く花は黄色の法則が当てはまります。
よく似た樹木に 土佐水木がありますが 木の形状が違い 花もやや小型です。

ヒュウガミズキ(日向水木)  マンサク科   トサミズキ属
学名  Corylopsis pauciflora
別名  イヨミズキ(伊予水木)
花期  春

本州中部以西に自生する落葉低木ですが、観賞用の庭木として
栽培されることが多いようです。
明智日向守光秀の所領だった丹波(京都北部)に多く植えられていた
という説と、優しい樹姿からヒメミズキといわれていたものが訛って
ヒュウガミズキとなったという説(牧野博士)があります。

日向とか伊予の名前は、後につけられたもので自生地を表すものではないようです。
枝は多く分枝して細くて折れやすく、花もかよわく優しい感じがし、葯の色は黄色です。
花期が短いので、注意していないと見逃してしまいそうです。

土佐水木  トサミズキ
トサミズキ3

category: 未分類

thread: ■お花が好き♪  -  janre: 趣味・実用

CM: 10 TB: 0   

 

フキノトウ 花
フキノトウ 花1
フキノトウ 花2
蕗の薹の花  フキノトウ

旬の美味しい時期を過ぎると フキノトウは花茎が伸び 塔がたちます。
年増の女性の事を 塔が立つっていうのは この事から言われてるようです・・・
アブラナ科の植物も 同じように塔が立ち 葉の部分は美味しくなくなります。

フキノトウはキク科の植物だって 花が咲くとよくわかります。
菊の葉っぱ=裂け目の大きい葉のイメージがありますが 実は裂け目が大きい葉の
菊の花の種類は少なく 細葉の菊の方が多いです。

フキノトウはキク科の中では珍しい 大きなうちわ型で 
ツワブキも同じような葉っぱの形をしています。

フキの茎は食用になりますが キャラブキはツワブキの茎を使います。 

category: 未分類

thread: ■お花が好き♪  -  janre: 趣味・実用

CM: 2 TB: 0   

 

ラナンキュラス・ラックス
ラナンキュラス・ラックス1
ラナンキュラス・ラックス2
ラナンキュラス・ラックスシリーズ

朝はうす曇りで寒かったですが 雲が晴れたら少し暖かくなりました。
昼間は太陽が出てると 寒~~いって感じではなくなりましたね。

女子ゴルフは森田理香子が優勝できず 残念・・・
斉藤愛璃ちゃん けっこう頑張って2位タイ♪
森田理香子 最終ホールのセカンドのドライバーは良かったけど 
アプローチを入れに行って大オーバーは いただけません! 
単独二位と二位タイとではかなり賞金も違うはず。

ラナンキュラス・ラックスシリーズは 宮崎県の綾園芸が作り出した新品種で
半八重が特徴です。

花弁がもの凄くツヤツヤしており、まるでワックスがけをしたような質感です。

また、色の濃い品種は咲いてしばらくすると色が薄くなってくるのですが
色が抜けた部分は金色に輝いているように見え
散る間際まで目を楽しませてくれます♪

category: 未分類

thread: ■お花が好き♪  -  janre: 趣味・実用

CM: 2 TB: 0   

 

ラナンキュラス
ラナンキュラス1
ラナンキュラス2
ラナンキュラス

昨日は予報よりも気温が上がり 昼間はけっこう暖かでしたが
今日は雲が多いので 寒そうです。

昨日の女子ゴルフは 強い選手がスコアを伸ばしたので 今日が楽しみです。
個人的には森田理香子と斉藤愛璃ちゃんを応援してますが
日本人選手が優勝して欲しいです。

品種改良がし易いお花らしく 沢山の種類があります。

ラナンキュラス [学名:Ranunculus]

キンポウゲ科キンポウゲ属の総称。一年草または多年草。
北半球の寒冷地から温帯、熱帯の山岳地に約500種が分布する。

日本にはキンポウゲやミヤマキンポウゲなど26種が野生する。
園芸界でラナンキュラスの名で市販されるのは、
本属中ただヨーロッパから西南アジア原産のハナキンポウゲR. asiaticus L.
から改良された系統のものをさす。

露地では4月下旬から5月上旬に開花し、赤、桃、橙、黄、白など多彩である。
普通は一重の五弁であるが、数十弁の大輪花も多い。

category: 未分類

thread: ■お花が好き♪  -  janre: 趣味・実用

CM: 8 TB: 0   

 

アセビq
アセビq1
アセビq2
馬酔木  アセビ

アセビは咲き始めにもアップしましたが 昨日行ったお寺で満開状態のを発見♪
ドウダンツツジとも花は少し似てますが 花の付き方が違います。
このピンクのアセビは 園芸種で改良されたものだそうです。

アセビ(馬酔木) ツツジ科 アセビ属
学名  Pieris japonica
別名  アセボ   アシビ   ピエリス(学名) ウシコロシ シカクワズ
花期  早春~春

本州(山形県以西) 四国 九州に分布する常緑低木~小高木です。
花期は暖地では2月末~4月ですが、開花するには準備期間がとても長く
夏には花序をを作りはじめ、冬には赤い蕾が見られるほどに花序が
できているのが見られます。

近年は園芸種も育成されて、ベニバナ、アケボノなど淡紅色の品種もあります。
アセビは万葉仮名では「安之碑」「安志妣」などと書かれるように
古くはアシビとよばれていました。

葉や茎にアセボトキシンという呼吸中枢を麻痺させる有毒成分が含まれていて
馬などが食べると、酔ったようにふらつき
はては昏睡状態になるといわれています。

こうした現象を、馬などがアシヒク(足痛)と表現、それがアシビ
さらにアセビへ転訛したともいわれています。

category: 未分類

thread: ■お花が好き♪  -  janre: 趣味・実用

CM: 8 TB: 0   

 

ウグイスカグラ
ウグイスカグラ1
鶯神楽  ウグイスカグラ

ウグイスカグラはあまり街中では見かけない花木ですが すぐ近所の林の中に
あるので 開花チェックがしやすいお花

スイカズラ科なのに カズラではなくカグラ

ウグイスカグラ(鶯神楽)  Lonicera gracilipes
スイカズラ科/落葉低木/別名 ウグイスノキ  

花も実も鮮やかな赤色で、葉の緑に映えて美しい。
本州近畿以北、北海道南部の山野にはえ、庭園にも栽培する。

高さ1.5~3m、細い枝が多く、普通茎葉は無毛。
葉は長さ2~6cm、若いときの縁は暗紅紫色。
花は4~5月、葉が出ると同時に葉えきから長い花柄を下垂し
長さ2cmくらいの曲がったろーと形の花をつける。
液果は1cmほどの楕円形で、甘味があり、食べられる。

category: 未分類

thread: ■お花が好き♪  -  janre: 趣味・実用

CM: 2 TB: 0   

 

シモバシラ2
霜柱  シモバシラ

朝は結構寒かったですが 写真も少ないので 近所を1時間くらい徘徊してきました。
今朝の霜柱は 背も高く びっしり出来てましたよ。

今日はあまり気温が上がらず 寒い予報でしたが 日中は13度くらいまで上昇し
けっこうポカポカ陽気になり 園芸日和になりました。
今日も 鉢の土替えをけっこう頑張り 午後にお花屋さんに行ってきました。

今日から女子プロゴルフがスタート 中継が楽しみでしたが沖縄は雨・・・
でも 本命の森田理香子 横峯さくらちゃんも上位
女子プロの中では 一番 可愛い 斉藤愛璃ちゃんも珍しく上位で
明日が楽しみになってきてます。

チェックしてる花木も蕾が開き始め 来週後半になると
けっこういろんなお花が咲きそうです。

シモバシラ

category: 未分類

thread: ■お花が好き♪  -  janre: 趣味・実用

CM: 2 TB: 0   

 

オーブリエチア・斑入り
オーブリエチア

空は真っ青な空で 今日はいいお天気になりそうですが 気温は上がらず
寒い予報が出てます。

今週から女子プロゴルフがスタート TV中継が楽しみです。
初日 外国勢ばっかりが上位ってのが 少し残念ですが 森田理香子も
上位につけてます。

見るからにアブラナ科のお花ですが 背が伸びず 10cmほどの大きさで
横に広がって咲きます。

オーブリエチア アブラナ科  学名  Aubrieta×cultorum Bergmans
原産地  ヨーロッパ  草丈  15cm~20cm
開花期  10月~2月  4月~6月

アブラナ科の多年草で、草丈はあまり高くならずに横に広がる性質があります。
満開の時期はカーペット状に広がって一面に花を咲かせます。

乾燥に強く、よく日本の植物園でもロックガーデン風の場所に
植えられているのを見かけます。
原産地でも岩の間からオーブリエチアが生えている場所が見られるそうです。
性質は強健で育てやすい植物です。

category: 未分類

thread: ■お花が好き♪  -  janre: 趣味・実用

CM: 2 TB: 0   

 

桜
桜1
桜2
桜 桜 桜 何の桜?(熱海桜のようです。)

会社の近くの遊歩道で咲いてましたが 河津桜とよく似てる雰囲気ではありますが
お花の形が かなり違い 梅の花?とも感じるような桜の花

河津桜と色合いは一緒でなので たぶん 寒緋桜の影響を受けてるとは思います。
桜の種類は たくさんありすぎて ちょっと名称が不明・・・

青空背景にすると ピンクの花が映えますね。
3月の後半になると 彼岸桜系が咲き始め 4月にはソメイヨシノ
後半に八重桜が咲き始めます。

桜の花は 終わった花が枝の残らず 潔く散るのがいいですよね!
(八重桜は パッと散りません・・・)

河津桜は 歴史の浅い桜ですが 寒い時期に咲くので人気が出て
あっという間に 全国に広まりました。
本家本元の河津町には8000本もの河津桜があるそうです。

寒い時期に咲くので ソメイヨシノよりも花の寿命が長いのも特徴です。

河津桜  カワズザクラ
河津桜q

category: 未分類

thread: ■お花が好き♪  -  janre: 趣味・実用

CM: 4 TB: 0   

 

ユリオプスデージー
ユリオプスデージー1
ユリオプスデージー2
ユリオプス・デージー

以前から 仕事で通る第一京浜の店先で咲いてるのを見かけてましたが
日当たりがいいせいか ヤケに花付きが良く2月からずっと満開状態です。
今日 やっと車を止めれたので撮影してきました。

ユリオプスデージー キク科  学名  Euryops pectinatus
原産地  南アフリカ  草丈  60cm~1.5m  開花期  12月~5月

あまり花の咲かない冬に暖かい黄色の花を咲かせる常緑性の低木です。
開花期間は長く12月頃から5月まで花を咲かせます。

冬に花を咲かせる植物ですが寒さにはあまり強くなく
平地や暖地では庭でも冬を越すことができますが、それ以外の地域では霜や
寒風に当たり枯れていまいます。

花の咲いていない時期でも銀緑色の葉が美しく寄せ植えの
アクセントとしても利用することができます。

category: 未分類

thread: ■お花が好き♪  -  janre: 趣味・実用

CM: 2 TB: 0   

 

プリムラ・春子
プリムラ・春子1
プリムラ・マラコイデス ウィンティー

今日も気温が上がらず 寒い一日でした。
3月になってからの方が2月の後半よりも寒い気がしませんか?
せめて お休みの土日だけでもポカポカ陽気になって欲しいものです。

プリムラのマラコイデスは 人気のあるお花なので いろんな園芸種が出ています。
ウィンテーは ライムグリーンに咲く マラコイデスの園芸種 
第一園芸が作り出したんだそうです。

サクラソウ科 サクラソウ属 
1年草扱い(非耐寒性)

1年を通して明るい半日陰の風通しの良い戸外で管理してください。
午前中は日向で昼からは日陰になるような場所に置くと良いでしょう。
冬の間は、直接雪や霜の当たらない軒下などで管理しましょう。

水やり  基本的には、土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。
湿っている状態の時に水やりしてしまうと過湿状態になり
根腐れを起こしてしまうので注意しましょう。

開花中の株に水を与える際は、花や葉に直接水がかからないように株元に与えます。

category: 未分類

thread: ■お花が好き♪  -  janre: 趣味・実用

CM: 2 TB: 0   

 

ネコヤナギ&白梅
ネコヤナギ&白梅1
猫柳&白梅

今日も寒い朝で お天気はドンヨリです。
3月も中旬になろうかというのに 寒い日が続いてます。

ネコヤナギは水辺に咲いてることが多いですが この写真は人のに庭に咲いてました。
水をたくさん吸い取る花木で 柳も水辺に生えてることが多いですね。

ネコヤナギ Salix gracilistyla ヤナギ科 ヤナギ属

ネコヤナギは北海道から九州に分布する落葉の低木。
山間渓流や中流の流れが急な場所などに生育する。
雌雄異株であり、春に葉の展開に先立って花序を出す。

若い雄花序は葯(やく)が紅色なので、全体が紅色に見えるがやがて
葯が黒色になって長くなる。
雌花序は絹毛が目立つのでふさふさとした感触であり
これをネコの尻尾にみたてて、ネコヤナギの和名が付いた。
渓流の春を知らせる植物である。


category: 未分類

thread: ■お花が好き♪  -  janre: 趣味・実用

CM: 4 TB: 0   

 

スノーフレーク
スノーフレーク1
スノーフレーク2
スノーフレーク

スノーフレークは早咲きのを一度アップし増してますが
道端のも自然開花が始まりました。

この花は 丈夫で増えやすく 大きな群生を作ります。
我が家も地植えで この花を植えてますが 開花はもうちょっと先みたいです。

スノーフレーク  ヒガンバナ科 レウコユム属
学名   Leucojum aestivum
別名   スズランスイセン(鈴蘭水仙)   オオマツユキソウ(大待雪草)

オーストリア、ハンガリー、欧州南部原産の耐寒性球根多年草で
日本には1936年に導入されたといわれますが、日本で入手できるのは
レウコユム、エスティブムの2種だけといわれます。

スノードロップ(別名 マツユキソウ)に似ていて、大きいことからつけられた
名のようですが、スノードロップの一種のガランサス・エルウェシー にも
オオマツユキソウという別名がついています。

スノードロップは単頂花序(花茎の先に花が1個)であるのに対して
スノーフレークは散形花序で、複数の花をつけます。
植え付けたら数年は放置したほうがよく、強健で手間がかからない植物です。

category: 未分類

thread: ■お花が好き♪  -  janre: 趣味・実用

CM: 6 TB: 0