Admin New entry Up load All archives

街の花便り

季節のお花を紹介してます。

 

民家園 お雛様
民家園1
民家園2
民家園3
民家園4
民家園5
せせらぎ公園 古民家のつるし雛飾り

今日もいいお天気だったので家のお花の手入れをしました。
もう枯れてしまったかと思ってた鉢もよく見ると新芽が出来てるものが多く
ちょっとうれしい気持ちになります。

午後に洗車でもしようかと思ってたのに疲れて昼寝をしちゃいました。
洗車は明日ですね。

港北ニュータウンの東のハズレにある古民家園には毎年 つるし雛が
飾られます。 
昨日の昼に様子を見に行ったら あまり人がおらず ゆっくり撮影できました。
普通の雛壇飾りも4つ飾られており すごい数の吊るし雛も飾られておりました。

展示されている吊るし雛は、「和布にふれて教室」の生徒さんが
1年かけて作った作品です。
「和布にふれて教室」は月1回開催されており
教室の広さから生徒は10名程度とのことです。

昔と違って鯉のぼりやひな壇飾りは個人の家でするより
地区で集めてした方が安上がりで豪華になっていいんじゃないかな?

雛のつるし飾り(ひなのつるしかざり)とは、江戸時代後期から伝わる伊豆稲取地方の風習
吊るし飾りのこと。長女の初節句に、無病息災、良縁を祈願して
雛壇の両脇に細工を吊すもの。

過去においては庶民の雛壇代りでもあった。

吊るしは縁起が悪いので つるしってひらがなが正しいそうです。

民家園6

category: お花が好き♪

CM: 8 TB: 0   

 

河津桜
河津桜2
河津桜3
河津桜  カワズザクラ

今日もいいお天気で暖かくなる予報ですね。
来週からはまた寒くなるそうなので 庭仕事も今日 しとかないと。

河津桜は咲き始めにもアップしましたが今 満開でアチコチで見かけます。
桜の木の下で撮影してると目白やヒヨドリが蜜を吸いにやってきてますね。

この桜は 比較的新しい品種で昭和になってから発見されましたが
人気が出て 全国的にたくさん植えられました。

親の寒緋桜よりも何故か早くに咲き 藍は藍より出でて藍より青し
のパターンです。

本家本元の河津町には8000本も植えられており 毎年 この時期に
たくさんの観光客が訪れます。

河津桜(カワズザクラ)
Prunus lannesiana ‘Kawazu-zakura’

花は中輪、一重咲きで紅紫色。開花期は3月上旬。
伊豆半島の河津町にある早咲きの桜で、寒緋桜と大島桜の雑種と推定されます。

category: お花が好き♪

CM: 2 TB: 0   

 

満作 エレナ
満作 エレナ1
満作 エレナ  紅花満作?

紅花常盤満作は 常緑で 葉と一緒に花が咲きますが このエレナは葉が枯れて
落ちてから 紅花の花が咲きます。

ややこしいですが 紅花常盤満作にはもう一種 紅葉紅花常盤満作ってのも
あります・・・

エレナ(Jelena)は、満作(マンサク)の園芸品種の1つである。
満作(マンサク:Hamamelis japonica)はマンサク科マンサク属の落葉小高木

この満作(マンサク)と中国原産の支那満作(シナマンサク:Hamamelis mollis)
を種間交雑させた園芸品種の1つがエレナである。

支那満作(シナマンサク)は日本の山野に自生する満作に較べ開花時期が早い。
また、花に香りがあり、花の時期にも前年の葉が枝に残っている。
種間交雑種(intermedia)も含めて花がやや大きい。

樹高は3メートルから5メートルである。
葉は卵形で、互い違いに生える(互生)。
開花時期は1月から3月である。
葉の展開に先立って花を咲かせる。

支那満作  シナマンサク
満作
満作1

category: お花が好き♪

CM: 6 TB: 0   

 

枝垂れ梅
枝垂れ梅1
枝垂れ梅  シダレウメ

今日もいいお天気になり春のように暖かでした♪
今日は前から目をつけてた場所をぐるりと回ってきたので
たくさんの写真が撮影できました。

ここの枝垂れ梅 ヤケに花付きがいいですよねぇ~~

枝垂れ梅は 一般の梅より やや遅くに咲き始めます。
ブログを見ると 早くても2月の初旬のアップなのに 
今年は1月に咲き始めてました。

シダレウメ(枝垂れ梅)は、花の少ない初春の2月に枝垂れた枝にたくさんの
濃桃色の花を咲かせるバラ科サクラ属の落葉高木です。
ウメ(梅) の一品種ですが、華やかで美しいです。
葉は互生してつき、葉縁には浅い鋸歯(ぎざぎざ)があります。

シダレウメ(枝垂れ梅)  学名:Prunus mume form. pendula
別名:ムメ  科属名:バラ科サクラ属
原産地:中国
樹高:5~10m 樹径:0.5~0.6m 開花時期:2~3月 花色:白・白紅・淡紅

枝垂れの付く植物
シダレウメ(枝垂れ梅)  シダレザクラ(枝垂れ桜)  シダレヤマギ(枝垂れ柳) 

枝垂れ梅1 (2)

category: お花が好き♪

CM: 2 TB: 0   

 

ゴールデンクラッカー
ゴールデンクラッカー1
ゴールデンクラッカー

今日も気温は15度まで上がる予報~~ 3月になって一気に春モードです。

ボクシングの山中が負けちゃいましたね。
非常に強いボクサーだったのに残念です。

ユリオプスデージーの仲間で 1cmくらいの小さな花が沢山 咲きます。
家にも いつ購入したのか 忘れましたが たぶん10年近く経ったのがあります。
非常に丈夫で育てやすい花木です。

ゴールデンクラッカー
キク科 学名  Euryops virgineus’Golden Cracker’
原産地  南アフリカ
別名  ユリオプス ゴールデンクラッカー
草丈  50cm~150cm   開花時期 1月

南アフリカ原産、キク科の常緑低木です。
95種あるユリオプス属のひとつで、その中でもゴールデンクラッカーは
バージネウスという品種です。

同じ仲間に日本でも古くから親しまれているユリオプスデージー
(ユリオプス ペクティナツス)があります。

枝は松葉を細かくしたような細い感じで、その先端に1cmほどの黄色い花を
枝いっぱいに付ける姿はまさに「花がはじける」といった形容がふさわしく
ゴールデンクラッカーの名前もそこから来ているのではないでしょうか。

category: お花が好き♪

CM: 8 TB: 0   

 

アセビ
アセビ1
アセビ2
馬酔木  アセビ

今日は大荒れのお天気になると思ってたら 雨は夜中で終わっており
昼間はお日さまも出てポカポカ陽気になりました。
優雅から強風が吹き始めてるのでこれが春一番になるかもね?

アセビもようやく咲き始めました。
よく生垣にも使われてますが 今 この花も園芸種が多く
大花のやピンクのもの 葉に斑が入ってるのもあります。

アセビ(馬酔木)  学名:Peris japonica
別名:アシビ 、アセボ、アセミ(いずれも、馬酔木と書きます)
科属名:ツツジ科アセビ属
原産地:日本、中国
樹高:200~500cm 花色:白・桃 花長:0.7~1cm 開花期:2~5月 
結実期:9~10月 果実径:0.5~0.6cm 葉身:5cm

アセビ(馬酔木) は、厳冬~春に、白または桃色の小花を房のように多数つける
ツツジ科アセビ属の耐寒性常緑低木です。

明治時代に発刊された有名な歌誌と同じく「アシビ」とも読みます。
花穂(複総状花序)は、スズラン(鈴蘭)や ドウダンツツジ(満天星躑躅)
の花に似た壷形、または、釣鐘型をしており下垂して花を咲かせます。

馬や鹿などの草食動物が食べると、有毒で、酔ったようになることから
花前が付けられました。
秋に、炸果(サクカ)状の果実を付けます。庭木や盆栽などに使われる他
床柱として用いられます。

category: お花が好き♪

CM: 2 TB: 0   

 

西洋オダマキ
西洋オダマキ2
西洋オダマキ1
西洋苧環  セイヨウオダマキ

今日は気温が20度以上に上がる予報~~ 
今は雨が降ってますが昼間は風も吹きそうなので小雨のうちに
鉢を低い位置に移動しておかないと!

今日から三月 張り切って行きましょう~~♪

オダマキは本来は春に咲く花ですが 毎年 この時期に園芸店の店先に並びます。

西洋オダマキは 丈夫なオダマキで 
放っておいてもこぼれ種で再開花してくれます。

セイヨウオダマキ(西洋苧環)
別名:アキレギア(Aquilegia)、アクイレギア

キョ(距)が長く、3出3回羽状に分裂した葉が特徴の多年草
セイヨウオダマキ(西洋苧環)はアメリカ苧環(アメリカオダマキオダマキ)の
園芸品種や交配改良種で、キョ(距)が長く
3出3回羽状に分裂した葉が特徴の耐寒性多年草です。

セイヨウオダマキ(西洋苧環)は、花壇や鉢花、切花にされます。
日本には、ミヤマオダマキ(深山苧環)を園芸化したオダマキ(苧環)があります。

学名:Aquilegia hybrids
別名:アキレギア(Aquilegia)、アクイレギア
科属名:キンポウゲ科オダマキ属
原産地:アメリカ、ヨーロッパ
草丈:30~90cm 花径:3~5cm 開花期:5~6月 

category: お花が好き♪

CM: 2 TB: 0   

 

カランコエ・ウェンディー1
カランコエ・ウェンディー
カランコエ・ウェンディー

今日も暑いくらい気温が上がりましたが 今夜から明日午前中は雨予報が出てます
スギ花粉が今日はたくさん飛んだみたいで薬を飲んでマスクをしてるのに
夕方 鼻がグジュグジュになってきてます・・・。

カランコエ・ウエンディ  ベンケイソウ科 カランコエ属
学名  Kalanchoe miniata cv. Wendy
別名  エンゼルランプ
花期  周年

マダガスカル島、東アフリカ原産の非耐寒性多肉多年草です。
カランコエ属には、世界に140種類の品種があります。

ふつう カランコエといえば、花を上向きに咲かせるブロッスフェルディアナ種
(ベニベンケイ)をさしますが
最近は花が下向きに咲かせる種類が多く流通しています。

このウエンディ種もそのひとつで、鉢植え用にオランダで種間交雑に
よって作られた矮性種で、たいへん花つきがよく
ツートンカラーの提灯のような花が溢れるように咲きます。

カランコエは、短日植物ですので、短日処理で開花した鉢が
ほとんど周年流通しています。

category: お花が好き♪

CM: 6 TB: 0   

 

冬咲きあじさい
冬咲きアジサイ1
冬紫陽花   フユアジサイ

明日から三月なのにまだまだ朝は寒いですね。
明日は気温がすごく上がる予報ですが雨も風も降って大荒れになる予報です。

紫陽花は梅雨時の5月頃に咲くお花ですが 冬になると一旦地上部分が枯れ
春に また 新しい花が咲きます。

でも紫陽花の中には 常盤紫陽花といい 一年中 常緑の紫陽花もあり
群馬県の農業技術センターが 常盤紫陽花と西洋紫陽花との交配で
作りだした 新しい 紫陽花だそうです。

常緑で白色のトキワアジサイと落葉性で花色の豊富な西洋アジサイを交配し
世界初のバイテク技術で育成
トキワアジサイの常緑性と西洋アジサイの花色を併せ持ち
花付き・花もちのよい品種です。

室内管理で家庭でも2月~4月頃花が咲きます。
開花期間が 非常に長いお花だそうです。

冬咲きアジサイ2

category: お花が好き♪

CM: 6 TB: 0   

 

冬桜
冬桜1
冬桜2
冬桜  フユザクラ

今日は割と暖かでしたが明後日は気温が19度まで上がる予報です。
二月も明日でオサラバ やっと春らしい三月です♪

冬桜は 秋から冬にかけて咲く桜の総称としても使われますが 
四季咲き桜とも言われ 冬に咲く一重の桜の個別名にも使われます。

冬桜は12月ごろにも咲いてますが2月にも咲くことが多いらしく
何回か2月に冬桜をアップしてました。

冬に咲く桜は 十月桜→八重咲きで大輪  子福桜→十六重で小さめ
冬桜(四季咲き桜)→一重で中輪  彼岸桜→八重で赤が濃い
の4種類だそうです。

冬に咲く桜の中では 十月桜が一番多く 横浜では冬桜が咲いてる場所は少なく
何故か秦野方面に行くとかなり沢山の冬桜が咲いてます。 

春に咲く 染井吉野もキレイですが 寒い時期に健気に咲く 冬桜も
とってもキレイですよね!

category: お花が好き♪

CM: 8 TB: 0   

 

フリージア1
フリージアア
フリージア2
フリージア

昨日はお天気は回復しましたが気温は低めだったのに
他の地域の人は暖かだったって言ってました。
気温はちょうど10度を境にしていかだと寒く 以上だと暖かく感じます。

フリージアは お正月あたりから咲き始め 昔 八丈島に行った時も
沢山のフリージアがアチコチに咲いてました。

このお花も開花期間が長いお花なので 痛んだ花が残り易いお花です。
よく切り花で 花屋さんで見掛けます。

フリージア [学名:Freesia] アヤメ科の秋植え球根草

アサギズイセンともいう。南アフリカ原産。
球根は細長い紡錘状の球茎で繊維質の被膜に覆われ、植え付けるとすぐ発芽し
5~6枚の線形の細長い葉を伸ばして越冬するので
暖地以外ではフレームか温室で切り花、鉢物栽培する。

花茎は高さ30~40センチメートル、細長い漏斗状で香りの高い花を約10個開く。
白、黄、桃、紅、橙、紫色など花色は豊富で、
一重咲きを主に、半八重、八重咲きもある。

category: お花が好き♪

CM: 6 TB: 0   

 

ホトケノザ
ホトケノザ1
ホトケノザ2
仏ノ座  ホトケノザ

今日は雨になるのかと思ってたらお天気は回復し午後は晴れました。

ホトケノザ 条件のいい場所では もうこんなに群生しています。
お花たちは すっかり春の気配を感じて 準備中って感じでしょうか?
これから いろんなお花が咲きはじめるので 撮影も忙しくなりそうです。

ホトケノザ Lamium amplexicaule (シソ科 オドリコソウ属)

ホトケノザは、畑や道端に普通に生育する一年草或は二年草。
世界の温帯から暖帯に広く分布する。
秋に芽生え、地面付近で枝分かれして広がる。

秋にも花を咲かせるが、主に早春から6月頃まで花を咲かせる。
畑では冬から春の雑草となる。
下の方の葉は長い葉柄があるが
花が付く茎の上部では葉が茎を抱いて葉柄がなくなる。

春の七草の ホトケノザは キク科のコオニタビラコのことで、同名だが別種。

category: お花が好き♪

CM: 8 TB: 0   

 

アルメリア
アルメリア1
アルメリア

あれこれ前評判が悪かった平昌オリンピックも無事終了しました。
日本は過去最高のメダル獲得数だったし いろんなドラマもあって
中々 いい大会じゃなかったかな?

次は東京オリンピック あの猛暑の中 マラソンとかどうするんでしょうね?
いろんな心配事も多いですが国際的に恥をかかない大会にして欲しいですね。

アルメリアも春の花ですが もう園芸店には出回り始めてます。
この花は 耐寒性も強いので 今 買っても大丈夫かもね?
家にも これのプランターが ありますが 毎年 花が咲いてます。
ただ 開花してから 開花期間は短い気がします。
多湿を嫌う花です。

アルメリア
科名・分類 イソマツ科  常緑多年草  北半球の温帯原産
大きさ 背丈10~15(花茎20~40)cm  横幅20~30cm
主な見所 花(3~6月)

芝のように密生した葉の間から、かんざしのようなかわいいピンクの
花を咲かせます
花つきがよく、株も小さくまとまります
株元をよく見ると、ロゼットではなく短めの茎に
葉がたくさんついてるとわかります
海岸の乾燥した場所に自生し、高温多湿には弱いです

category: お花が好き♪

CM: 6 TB: 0   

 

枝垂れ梅 緑額2
枝垂れ梅 緑額1
枝垂れ梅 緑顎
枝垂れ梅 緑愕  シダレウメ リョクガク

昨日はあんなに暖かだったのに 今日は真冬に逆戻りです。
明日は氷雨になりそうな雰囲気です。

梅の花が満開に咲いてますね♪
梅の花は紅梅 白梅が有名ですが 桃色もあるし この緑愕もあります。

緑愕は名前の通り 蕊が緑色をしており 遠くから見ると 白梅よりも
白っぽく見えます。

これの枝垂れ種は 珍しいみたいですが 近所に二か所咲くところ知ってます。

花をマクロで撮影すると この花は非常にキレイです。
白梅は 遠くから見ると 少しくすんでみえますよね。

緑愕は 遅咲きで2月の後半から咲き始め 早咲き種は見たことがありません。
そもそも 枝垂れ梅も遅咲きの方ですよね。

緑愕
梅 緑顎
白梅
梅 白梅
実ができる梅
実梅

category: お花が好き♪

CM: 4 TB: 0   

 

寒ボタン
寒ボタン2
寒牡丹  カンボタン

昨日はあんなに暖かだったのに今日は真冬に逆戻りです。
女子カーリングはみんなの頑張りで銅メダルをゲット♪
今回のオリンピックは女子の活躍が目立って獲得数も過去最高
高木姉妹で4つってのは高木様々です。

昨日 激安花屋さんに行ったら寒牡丹を激安で売ってたので購入しました。
黄色のボタンは珍しいし手をかけた寒牡丹なのに1600円は格安でしょう~~♪

寒牡丹は 春と秋に咲く 二度咲き性牡丹を 無理やり虐め
春に咲く 芽を摘み取り 夏には 葉を取り除き 秋から囲いをして
植物に勘違いをさせ 冬に咲かせた牡丹です。

ちょっと可愛そうな気もしますが そうやって 大切に手をかけないと
冬に 牡丹は楽しめません。

冬牡丹

category: お花が好き♪

CM: 8 TB: 0   

 

アカシア
アカシア1
銀葉アカシア  ギンヨウアカシア

今日は予報通りすごく暖かになって昼頃は16度もありました。
お花屋さんにも春のお花がたくさん売られるようになり 
今日はお花をだいぶ仕入れてきました。

昨日 撮影したつもりでしたがSDカードを入れ忘れたので
今日 もう一度 撮影しに行ってきました。
去年よりも1週間ほど遅めのアップです。

アカシアの仲間は、オーストラリアを中心に、中南アメリカ、アフリカやポリネシアの
熱帯から亜熱帯に分布します。
ギンヨウアカシアもオーストラリア南西部が原産地ですが、比較的寒さに強いため
関東地方以西で広く栽培されます。

ギンヨウアカシアは非常に花つきがよく、生育も旺盛なため、庭木や街路樹
切り花として利用されます。
花期には細かく銀灰色の小葉と花の黄色との対比がとても印象的です。
アカシアの仲間ではこのほかに、三角形の葉が枝に垂直につくサンカクバアカシア
濃黄色の花を咲かせるフサアカシアが栽培されます。
後者は英名がミモザであるために、アカシアの仲間をミモザと呼ぶことがありますが
本来ミモザはオジギソウの学名です。

 ギンヨウアカシアは、極めて成長が早く、樹高が8mになるため
風などで被害を受けやすいので、剪定で枝折れを防ぐとともに
美しい樹形に仕立てます。
寒さには弱いので、関東地方以西での栽培が適しています

category: お花が好き♪

CM: 6 TB: 0   

 

アカシア・モニカ
アカシア・モニカ1
アカシア・モニカ

昨日は5,6種類のお花を撮影したつもりなのにSDカードを入れ忘れており
PCに取り込もうとしてから気づいてがっかりでした・・・。

女子のカーリングは後半に追いついたのに接戦をものにできず
残念でした。 昨日勝てば銀メダル以上だったのに・・・

アカシアは 案外 種類が多く このモニカはあまり大きくならないアカシアで
日本では 鉢植えで育てるのに最適です。

花の部分が球状にならず ブラシのように長くなるのが特徴です。

アカシア・モニカ  マメ科アカシア属の常緑低木 
(学名)アカシア・ドルモンディー
(原産)オーストラリア (開花期)2~4月

日当たりと水はけのよい用土を好みます。
寒さには強いのですが、寒風や強い冷え込みに会うと落葉しますので
冬の寒い地方では冬は屋内で管理します。
また、梅雨の長雨は避けたほうがよいでしょう。
一番 背の丈が大きくならない アカシアの種類だそうです。

category: お花が好き♪

CM: 10 TB: 0   

 

カランコエ・テッサ
カランコエ・テッサ1
カランコエ・テッサ

フィギュアの女子は宮原が4位 メダルは取れませんでしたが
大健闘だったんじゃないでしょうか?

耐寒性はよくないですが 弁慶草の仲間なので 丈夫なお花みたいです。
 
沢山の花が吊り下がって咲くので 可愛いです。
まっ 室内向きのおはなですがね。

カランコエ・テッサ  学名: Kalanchoe 'Tessa'
ベンケイソウ科  カランコエ属
多年草(非耐寒性・多肉)  開花期: 3~5月

カランコエ・ウエンディと同様にオランダで種間交雑によって育成された園芸種で
やはり、花を多数ぶら下げるタイプです。

花は茎の先端付近にたくさん着き、細長い円筒状鐘形をしています。
花色は朱赤色で、先端がやや淡色になっています。花着きの良い鉢物用矮性種で
しなやかな感じの草姿をしており、株全体を覆うように花が咲いたときは
たいへんに美しいものです。吊り鉢にも適しています。

category: お花が好き♪

CM: 2 TB: 0   

 

フリチラリア
フリチラリア1
フリチラリア・メレアグリス

昨日の雨は夜になって止んだので雪にならずにすみました。
今年の雪は もう終わりかな?  来週には3月に突入です♪

フリチラリア あまり聞きなれない名前ですが バイモや黒百合なんかの仲間です。
栽培難度が高い花で 貝母の方が 育てやすいです。
メレアグリスは花弁に チェック模様が入ります。

本来の開花時期は秋ですが 毎年この時期にお花屋さんに出回ります。
うちも 一鉢 購入しました。

フリチラリア・メレアグリス ユリ科  学名:Fritillaria
原産地:北半球の温帯  草丈:20cm~1m  開花期:6月-10月

フリチラリアは北半球の温帯におよそ100種が分布する球根植物で
日本にもクロユリなど数種が分布しています。
秋に芽を出して生長し春に花を咲かせ
夏前に地上部が枯れて球根の状態で夏を越します。

花色は白、紫、オレンジ、黄、白、緑など種によって様々です。
草丈は小型種で20cm、大型種では1mを超します。
フリチラリアはラテン語で「サイコロ箱」とか「チェス盤」と言う意味で
ある種の花の形や模様に由来するとされています。

category: お花が好き♪

CM: 6 TB: 0   

 

シレネ・ピンクパンサー
シレネ・ピンクパンサー1
シレネ・ピンクパンサー2
シレネ・ピンクパンサー  蔓小桜

今日は一日中 氷雨で時折 ミゾレっぽくなったりしました。
夕方になって 冷え込んできてるので夜に雪になるかも?
それにしても寒いです・・・。

ツルコザクラをお花屋さんで売ってるのをはじめて見ました。
名前はピンクパンサー けっこういろんな名前があるみたいです。
お花は1年草ですがこぼれ種でよく増えます。

シレネ・カロリニアナは春から初夏までたくさんの花を咲かせる1年草です。
1株で横に広がるように成長して、たくさんの花を咲かせるので
花壇や寄せ植えに使うと見事な植栽になります。
這うように生長するのでグランドカバーにもおすすめです。

シレネ・カロリニアナ

学名 Silene caroliana
流通名 シレネ・ピンクパンサー、シレネ・スパニッシュフラメンコ
科・属 ナデシコ科シレネ属
原産地 北アメリカ
形態 原産地では多年草ですが、東京だと1年草扱いです
開花時期 4月~6月

category: お花が好き♪

CM: 10 TB: 0   

 

マネッチア
マネッチア1
マネッチア

今日はお天気が悪く 小雨が朝 降ってます。

このお花は冬 室内で育てるお花としてよく花屋さんで見かけましたが
最近は不人気らしく あまり置かれなくなりました。
久々にこのお花を見かけました。

マネッチアも南半球のお花で この時期 園芸店に出回るお花は
オーストラリアや南アフリカ原産の 南半球 季節は 夏ってお花が多いです。

だから 冬に咲いてても 耐寒性が弱いタイプが案外 多いです。
このマネッチアもその一つ 室内向けのお花です。

マネッチア アカネ科 南アフリカ原産
非耐寒性つる性植物   別名 : アラゲカエンソウ

ファイヤークラッカー・ヴァイン(爆竹つる草)という英名は
離れてこの花を見ると、火がついてパチパチはじける爆竹を連想するでしょう。

つる性で筒状の花は赤く、口元だけが黄色という配色。
支柱を立ててそれにからませるほか、つり鉢仕立てにすることもあります。

寒さには弱いので、冬は室内に

category: お花が好き♪

CM: 6 TB: 0   

 

レンテンローズ (2)
レンテンローズ2 (2)
レンテン・ローズ

今日は雲が多くて 気温が上がらず寒い一日でした。
枝垂れ梅が満開になてきてるので 写真を撮りたいけど
やっぱり晴れてる日の方がいいですよね?

クリスマスローズとレンテンローズは勘違いしやすく お花屋さんも
一緒に区別せず販売してますが クリスマスのころに咲く クリスマスローズは
一種類で ほとんどがこの時期に咲く レンテンローズです。

レンテンローズ
(学名:Helleborus.orientallis=ヘレボルス・オリエンタリス)
(別名:ハルサキクリスマスローズ/オリエンタリス・ハイブリッド/オリエンタリス)

地中海沿岸から中部ヨーロッパ生まれの花で日本ではヘレボルス・ニゲル(クリスマスローズ)
とヘレボルス・オリエンタリス(レンテンローズ)の2種類が作られている。

クリスマスローズはクリスマスの頃から咲く。
レンテンローズは別名:ハルサキクリスマスローズで3~4月に咲く。

Lentenとは「四旬節」で、復活祭前の40日間(日曜日は日数に入れない)のこと。
また現在「ヘレボルス・オリエンタリス」として販売されているのは
多くが交配種で「オリエンタリスハイブリッド」などと呼ばれる。

レンテンローズは花色(萼弁色)が赤や桃、白、緑色などの園芸種が作られており
花色が豊富です。

レンテンローズ
レンテンローズ1 (2)
レンテンローズ2
レンテンローズ3

category: お花が好き♪

CM: 4 TB: 0   

 

プリムラ・ロゼア
プリムラ・ロゼア1
プリムラ・ロゼア

今日はお天気が悪く 今にも雨か雪が降ってきそうな感じ。
気温も低めで寒いですね。

昨日の手術跡が腫れていますが今はマスクをしてても普通なので
あまり目立たずラッキーです。

プリムラの種類は 約300種 交配種を入れると500種もあります。
その中でも ロゼアは色が特徴的で 鮮やかなお花が咲きます。
お花は小さめで 2㎝位の大きさです。

プリムラ・ロゼア   花期 4~7月   サクラソウ科 サクラソウ属
学名 Primula rosea
別名 ウスベニコザクラ、ヒマラヤサクラソウ、ヒマラヤコザクラ
性状 多年草   原産地 ヒマラヤ

プリムラの名は「プリマ」(一番の、最初の)の意味で
春一番にほかの草花に先がけて咲くという性徴をよくあらわしています。

ロゼアはヒマラヤのカシミール地方それにアフガニスタンに分布しています。
標高3000~3500mの湿原や沼地に生え、高さは3~10cmになります。
中心が黄色の濃いピンクの花を咲かせます。

category: お花が好き♪

CM: 4 TB: 0   

 

ノースポール
ノースポール1
クリサンセマム・ノースポール

今日は10時に歯医者に行って2時間 ずっと口を開けっ放しでした。
ブリッジにしていた一番左奥の歯がダメになりそうなので イキナリ4本の
インプラントを植え込みますが 私は上顎の骨が普通の男性よりも薄いので
上顎を裂いて骨を割り 3,8ミリのインプラントを植え込む手術をしました。

日本ではインプラントの実績 5本の指に入るってな名医にわざわざ
通ってる歯医者まで来てもらい 今回の手術をしました。

2,3日は腫れてるし痛みもあるので流動食しか食べれません・・・
3,4ヵ月後に今度は差し歯の植え込みをします。

かなり寒い時期から出回りますが本来は春の花です。
このお花はかなり長期間 楽しめますね。

マーガレットによく似てますが 背が低く 葉っぱがマーガレットとは違います。
ノースポールって 北極点の意味だそうです。

クリサンセマム・ノースポール  キク科  学名 Leucanthemnm
原産地  地中海沿岸  別名  ノースポール
草丈  15cm~20cm 開花時期  3月~6月

早春から初夏にかけて花を咲かせる草花で、真っ白い花を咲かせる地中海原産の
「パルドサム”ノースポール”」と黄色い花を咲かせるアルジェリア原産の
「ムルチコーレ」の2種が園芸用としてよく育てられています。

性質も若干異なりムルチコーレの方は寒さに弱く、初期の成長が遅い。
花壇のほかに鉢植え、プランター、寄せ植えなど用途の広い草花で一度植えると
毎年タネがこぼれてそこらじゅうから芽が出てきます。

ノースポールに八重咲きがあるって知ってました?
ノースポール 八重
ノースポール 八重1

category: お花が好き♪

CM: 8 TB: 0   

 

ラナンキュラス・ラックス2
ラナンキュラス・ラックス1
ラナンキュラス・ラックスシリーズ

今日は歯医者に行って インプラントの基礎工事予定です。
ブリッジで支えてた奥歯がグラグラするようになったので
イキナリ4本もインプラントをしないといけなくなりました。
かかる費用は 恐ろしい金額ですが食事を美味しく食べるには
しょうがないと諦めました。

ラナンキュラス・ラックスシリーズは 宮崎県の綾園芸が
作り出した新品種で半八重が特徴です。

花弁がもの凄くツヤツヤしており、まるでワックスがけをしたような質感です。

また、色の濃い品種は咲いてしばらくすると色が薄くなってくるのですが
色が抜けた部分は金色に輝いているように見え
散る間際まで目を楽しませてくれます♪

ラナンキュラス・ラックス2 (2)

category: お花が好き♪

CM: 6 TB: 0   

 

沈丁花 (2)
沈丁花1
沈丁花   ジンチョウゲ

明日はまた雪が降る予報ですが2,3cm程度であって欲しいですね。

沈丁花 去年は2月の14日に同じ花木をアップしてるので
今年はやや開花が遅れてる程度です。

金木犀とは違う香りですが 共に香りが有名な花です。

ジンチョウゲ(沈丁花)   ジンチョウゲ科  ジンチョウゲ属
学名  Daphne odora(ダフネ・オドラ)
別名  瑞香(中国名)   センリコウ(千里香)
花期  早春 

中国原産の半耐寒性常緑低木で、日本には室町時代に渡来して
暖地の庭木として広く植えられています。
2~3月に開花しますが、沈香(じんこう)と丁子(ちょうじ)を
ミックスした強い芳香を持つ花、というのが名の由来といわれます。

ジンチョウゲは、雌雄異株で、日本に渡来したのはほとんどが雄株で
花が咲いても結実しませんが、近年、雌株が導入されつつあるそうです。

花弁のように見えるのは萼で、外側は赤紫色で開花すると内側は白色ですが
花の外側が白いシロバナジンチョウゲ(白花沈丁花)
花の外側が桃色のウスイロジンチョウゲ(薄色沈丁花)
葉が白い斑入りのフクリンジンチョウゲ(覆輪沈丁花)もあります。

白花沈丁花
白花沈丁花
白花沈丁花1

category: お花が好き♪

CM: 6 TB: 0   

 

ハナカンザシ ペーパーカスケード
ハナカンザシ ペーパーカスケード1
花簪  ペーパーカスケード

昨日はイモトの南極最高峰登山を見てたら小平の金メダルゲットが
ニューステロップで流れました。
本命中の本命だったので プレッシャーもあったと思いますがよく頑張りました♪

普通の花かんざしと違い 花弁の先が尖ってるのが特徴です。
他は 普通の花かんざしと一緒で 育てやすく お日様が当たってると元気です

ペーパーカスケード’(Paper Cascade)’
学 名 Helipterum anthemoides DC. 'Paper Cascade'
分 類 キク科ヘリプテルム属
原 産 オーストラリア
タイプ 多年草
栽 培 やや耐寒性があり、関東地方では露地で越冬している。
水はけのよい土に植え、日当たりのよい場所で栽培する

「ハナカンザシ」という流通名で販売されているのは
本当のハナカンザシ(Helipterum roseum)ではない。

ペーパーカスケード同様、Helipterum anthemoidesの園芸品種か
原種そのものと思われる。

本当のハナカンザシは草丈30~60cmの一年草で、頭花の大きさは2.5~5cm。
花色は濃いピンク~白。

「ハナカンザシ」の名で流通している植物は全体に小型の多年草で
花色は白、全体にペーパーカスケードに似る
(花弁状の総苞片が、ペーパーカスケードのものより丸みを帯びる)。

category: お花が好き♪

CM: 8 TB: 0   

 

宿根ビオラ・コルビネ
宿根ビオラ・コルミネ2
宿根ビオラ コルビネ

ビオラは夏越しが出来ず 1年草のようなものですが このビオラは
耐暑せいがあり 名前の通り 宿根タイプで多年草です。
ビオラですがスミレとかなり近い仲間らしいです。
そのせいか色はまだこの一色しかありません。

コルビネは青紫地に白い絞りが鮮やかな品種。

早咲きで年内から春まで継続的に咲き続けます。
地植えでも草丈30cm程度のコンパクトな株ながら
花茎のみを伸ばして花をつけるので、乱れた感じがなく
春遅くまでよい状態で鑑賞できます。

秋から春まで非常によく生育するので、長期間ポットのままで
育てると根詰まりしてしまいます。
なるべく大き目の鉢か地面に植えてください。
耐暑性も高く、宿根ビオラの中でも夏越しして
翌年も楽しめる可能性が高い品種です。

スミレ科の耐寒性宿根草
草丈:10~20cm
開花期:3~5月
植え付け適期:11~3月
日照:日向むき
用途:花壇、鉢植え

category: お花が好き♪

CM: 2 TB: 0   

 

ヒヤシンス
ヒヤシンス1
ヒヤシンス

昨日は暖かだったのでペコちゃんは初散歩 まだリードに慣れてないので
スムーズに歩きません 歩き始めるとリードゆれるが気になってしょうがないみたいです。
離れた場所で私が呼ぶと大喜びで駆けて来ます。
うちに来て一月ちょい 体重も1,6kgから2.5kgになりました。

ヒヤシンスはシラ-の仲間で 水栽培でも簡単に育てられますが
植えっぱなしにすると 花が少なくなり やがて消えてしまいます。 

ギリシア神話で、スパルタ王アミクラスの子ヒアキントスが
太陽神アポロンの投げた円盤に当たって死に
その場所からヒヤシンスが生えたとされる。

このヒヤシンスは現在のヒヤシンスではなくアイリスかヒエンソウ
あるいはマルタゴンユリといわれる。

野生のヒヤシンスの1種をディオスコリデスは『薬物誌』のなかで
球根を食べると胃腸によいと述べている。
ヒヤシンスの栽培はイランやトルコで始められ、中世にはチューリップと並び
もっとも愛された花であった。

ヨーロッパには16世紀、神聖ローマ帝国の和平の使者としてオスマン帝国
の首都イスタンブールを訪れたド・ブスベックがそのすばらしさを伝え
1585年までにウィーンに導入された。
18世紀にオランダで著しく改良され、2000もの品種を生み、大流行した。

ペコちゃん 初散歩
ペコ

category: お花が好き♪

CM: 6 TB: 0   

 

立金花
立金花1
立金花  リュウキンカ

今日は羽生くんと宇野くんのフィギュアで日本中が沸きましたね。
2人とも緊張する場面でいつも以上の演技ができるのがすばらしいですね。
見てる側は転倒しないか心配でけっこうハラハラします。

今日は暖かだったので お花屋さんに行きましたが 途中 毎年
立金花が咲く公園に寄ってみたら 案の定 たくさん咲いてました。

この花も キンポウゲ科の花なので 非常に可愛らしい花で
花弁に艶があり ピカピカ光ってます。

リュウキンカ Caltha palustris var. nipponica
キンポウゲ科  リュウキンカ属
宿根草  立金花  原産地 中国、朝鮮、日本
地植え、鉢植え  開花時期 3~4月

リュウキンカは、自然に育てても2月上旬に暖かい濃黄色の花が咲くので
この時期に咲く花として貴重です。
湿原や湿地に生育していますが、立金花と言う名前は
黄金色の花が立ち上がって咲くことからきているようです。

開花期が早いため湿原の春を彩る植物ですが、自生地の採取は
厳に慎んでもらいたいものです。
栽培された苗が園芸店などで手に入ります。

立金花2

category: お花が好き♪

CM: 6 TB: 0