Admin New entry Up load All archives

街の花便り

季節のお花を紹介してます。

 

クサフジ
草藤  クサフジ

クサフジは雑草の一種で 咲く場所は結構の大きな群生になりますが
最近 咲く場所が少なく あまり道端で見かけなくなりました。

藤の花は垂れ下がって咲きますが 草藤は上に向かって花が咲きます。
花の長さ 8cmくらいですね。

クサフジ(草藤) Vicia cracca  マメ科 ソラマメ属

長さ150cmになるつる性の多年草。
葉は羽状複葉で18~24個の小葉からなる。
小葉は狭卵形で長さ1.5~3cm、幅2~6mm。質は薄い。

花は6~15cmの総状花序になり、一方に偏って密につく。
花は青紫色で長さ1~1.2cm。萼裂片の長さは不揃いで、萼等より短い。
豆果は長楕円形で長さ2~3cm、幅6~8mm。無毛。
花の白いものがあり シロバナクサフジ(f. albida)という。

category: お花が好き♪

CM: 2 TB: 0   

 

ニワフジ
庭藤  ニワフジ

午前中まで少し小雨が残っていたので 今日は水やりが不要で助かりました。
これから 夕方の水やりは 蚊に刺されるので 殺虫灯をセットしました。

花名に「姫」が付くと やや小型ってな事が多いですが
樹木も 「庭」って付くのは 小型で 庭で育てやすいって意味もあります。
「庭桜 庭梅 庭ナナカマド」って具合に 庭の付く花木はけっこうあります。

庭梅 庭桜があるように 庭藤もあります。
こちらは すごく小さく 鉢植えでも育てられます。

ニワフジ(庭藤)   マメ科 コマツナギ属
学名   Indigofera decora
別名   イワフジ(岩藤)
花期   初夏

日本~台湾原産で、日本では東海以西の川岸などに生える落葉小低木です。
あまり高くならずに分枝してまとまるので、庭木としても利用され
、庭の石垣の間などに植えると良く映えます。

本来はイワフジだったのが、訛ってニワフジになったともいわれますが
鉢植えの場合はイワフジの名で流通しています。
藤の近縁種で、紅紫色の花がふつうですが白花種もあります。

庭藤 白花
ニワフジ1

category: お花が好き♪

CM: 0 TB: 0   

 

ツキヌキニンドウ
ツキヌキニンドウ1突抜忍冬  ツキヌキニンドウ

夜中にだいぶ雨が降ったみたいですが これからお天気は回復し
午後からは青空になるそうです。

花の特徴は 名前の通り 葉っぱを茎が突きぬけてる事
同じ仲間のハニーサックルは スイカズラのように 舌状に花が開きます。

ツキヌキニンドウ
つきぬきにんどう(突抜忍冬) スイカズラ科

庭先などに植えられている米原産のツル性常緑植物。
ニンドウとは スイカズラ の別名で、常緑ではあるが
褐色の葉になりながらも冬を耐え忍んで越すことから。

ツキヌキの名は、葉の真ん中を突き抜けたように、花の茎が出ていることから

category: お花が好き♪

CM: 10 TB: 0   

 

月見草
月見草1
月見草2
月見草  ツキミソウ

現在 月見草は希少種で 滅多に見る事が出来ません。
大方の人は 黄色く咲く 大待宵草や待宵草を 月見草と勘違いしてます。

夜中に咲くイメージですが 夕方から咲きはじめ 6時前ならノーフラッシュで
撮影出来ます。

一般的に「ツキミソウ」と呼ばれているのは「マツヨイグサ」のことです。
「ツキミソウ」も「マツヨイグサ」も同じアカバナ科の帰化植物で
どちらも江戸時代に園芸品種として渡来したといわれています。

主に黄色い花を咲かせるのは「マツヨイグサ」でコマツヨイグサ
オオマツヨイグサ、メマツヨイグサなど10種類くらいが帰化植物として
各地で野生化しています。

本当の「ツキミソウ」は白い花を咲かせます。
「ツキミソウ」は性質が弱いので、まず野生状態で
見かけることは出来ないと思います。
よほど熱心な方か研究者でなければ日本での栽培は困難なようです。
(ネット通販で 購入が可能です。)

category: お花が好き♪

CM: 4 TB: 0   

 

待宵草
待宵草1
待宵草  マツヨイグサ

待宵草は宵待草ともいう場合がありますが 作家の勘違いで正式には待宵草
夕方から咲くイメージですが 結構午前中でも咲き残ってます。
月見草に近い仲間ですが 月見草の花色は白で夜しか咲きません。

マツヨイグサ(待宵草)   アカバナ科  マツヨイグサ属
学名   Oenothera stricta
花期   初夏

チリ原産の二年草で、日本にはマツヨイグサの仲間ではもっとも早く
1851年に渡来して、ヤハズキンバイという名で栽培されていましたが
やがて野生化して各地の海岸や河原などに広く自生していましたが
明治のはじめに渡来したオオマツヨイグサやメマツヨイグサ
に押されて減少しています。

秋に発芽してロゼットで越冬して、ほかのマツヨイグサの仲間に先駆けて
春から開花をはじめ、秋まで咲きつづけます。
花は直径3~5㌢で、夜に開花して早朝にしぼみますが
しぼむと赤くなるのがオオマツヨイグサやメマツヨイグサにはない特徴です。

category: お花が好き♪

CM: 2 TB: 0   

 

カモミール
カモミール1
カモミール

今日は一日中 雲が多く蒸し蒸ししましたが 夜に少し雨が降る予報です。
今度の台風は 日本から遠い場所を通過するので 大荒れにはならなそうです。

有名なハーブティーの元のお花
マーガレットやノースポールに似てますが やや小型で 花芯が出っ張ってる
のが大きな特徴で 大概 大きな群生を作ります。

カモミール Chamomile 
甘いリンゴの香りがする、アレルギーに優しく効くハーブ

学 名  Matricaria necutita、Chamaemelum nobile
キク科・カミツレ属  別 名  カミツレ、カミルレ、カモマイル
多年草   草 丈  40cm~100cm
原産地  ヨーロッパ
精油成分  アズレン、テルペンアルコール、ノニル酸、カプリン酸

古代エジプト人はローマンカモミールを太陽神への捧げ物とし
治癒の秘薬、最高のハーブとしてたたえ、ギリシャでは
熱病や婦人病の治療薬として使われていました。

サクソン人(古代イギリス人)に「メイセン」という名前で知られていた
カモミールは、イギリスで最も古くから有名な薬用植物のひとつです。

カモミールの花の芳香はよくリンゴの香りにたとえられます。
ギリシャ人がカモミールを「カマイ・メロン」(地面のリンゴ)と呼んだのも
そのためでした。


このカマイ・メロンからカモミールの英語名、カモマイルができたのです。

category: お花が好き♪

CM: 2 TB: 0   

 

夏雪草
夏雪草1
夏雪草  ナツユキソウ

大阪の都構想の選挙が実現不可能で橋下さんガックリ・・・
本当に政界を引退しちゃうかな? それも無責任な気もしますけど。

夏が近づくと アチコチで見掛けるお花
葉がシルバーリーフで涼しげなイメージの耳菜草の仲間で
日当たりのいい場所に植えると大きな群生を作ります。

夏は非常に元気ですが いつの間にか消えて 1年草だと思ってましたが
調べたら 多年草でした・・・ 水をやり忘れると直ぐにヘナァ~~!

夏雪草 ナデシコ科の多年草   ヨーロッパ等原産
花時期 4~5月   草丈 15~20cm
耐寒温度 約-5℃(環境・生育状況により変わります)

別名 白耳菜草 セラスチュウム
粉雪をかぶったような繊細な色合いが美しいセラスチウム。
清楚な白い花もシルバーリーフの魅力を引き立てます。
暑い季節に涼やかさを添える一品。
夏雪草という綺麗な名前にもご注目を。寄せ植えやアレンジの素材として大活躍!
グランドカバーとしても注目の植物です。

category: お花が好き♪

CM: 8 TB: 0   

 


荏子田 太陽ローズガーデンの薔薇

今日は昼ごろにかみさんと 近くの薔薇園に行きましたが
中々 場所が分からず 車のナビで検索してもイマイチ 不明
剣山スポーツガーデンから徒歩4分 なはずなのに 近所の人に聞いても
誰も知りません・・・

やっとこさ 公園を見つけましたが 聞いた家の人の家から30mも離れてないのに
何故 知らないかなぁ~~・・・?

薔薇はちょうどいい時期で ちょうどフェスティバルも行われており
思ったよりも楽しめました。

太陽ローズガーデンは、10数年前、荒廃した公園を子ども達が安心して
遊べる公園にしようと、「荏子田おやじの会」 と 「Joy of Roses(JoR)」
というバラの会の皆さんが造ったバラ園。

『スパイスアップ 2015年春号』 の特集にも載っている 「太陽ローズガーデン
(愛称:バラがむすぶ小径)」 で、 恒例の「太陽ローズフェスティバル」
が5月17日(日)に開催されます。

ここは、門からなにからすべてがJoR有志の地元ボランティアによるDIY。
しかも、世界バラ連合会が選定した 「殿堂入りバラ」 全25種を含め
215種ものバラが植えられています。

ボランティアの管理運営で、なおかつこれほどのバラを無料で見られる
バラ園は日本でも珍しいそう。『別冊NHK趣味の園芸 バラ大図鑑』 の
「バラを見るおすすめスポット」 でも紹介された、折り紙付きのバラ園です。

category: お花が好き♪

CM: 4 TB: 0   

 

ピエールドロンサール
薔薇 ピエール・ドゥ・ロンサール

この薔薇も有名な薔薇で よく見かける薔薇の花です。
ネットで名前探しをしたら即 ヒットし 初心者でも育てやすい薔薇だそうです。

初心者向けツルバラ。病気に強く、開花しやすい。
剪定に強く、小さく刈り込んでも花が咲く。花びらが多くゴージャス。
非常に人気の品種。

一季咲きですが、株が大きくなると何回か咲くことがある。
ツルバラですから、育て方はツルバラと同じです。
水やりと肥料地植えならば乾燥したら。
鉢植えならば土が乾いて居たら水をしっかりとやります。
真夏は乾燥するので、朝と夕方の二回水をやってください。

花に水を掛けると花が汚くなって腐ってしまいます。
腐るとそこから病気になりますから、花に水を掛けないほうがいいです。

肥料  2月3月の寒い時期に寒肥料として緩効性肥料をやります。
花が終わった時期に有機肥料、秋にまた有機肥料をやります。

バラは肥料食いですが、肥料が根に直接当たると「肥料焼け」しますし
肥料が多いことで病気になったり、開花が鈍くなることもあります。
肥料に書いてある容量・用法を守れば問題ありません。

薔薇 ブルー・フォー・ユー
ブルー・フォー・ユー

category: お花が好き♪

CM: 2 TB: 0   

 

バレリーナq
薔薇 バレリーナ

今日もいいお天気で暑くなりました。
午前中 バイクの調子がイマイチなので ドゥカティーの専門店に行き
バイクを預けて 電車で帰ってきました。
電車に乗るのは 久々でスイカを使うのは初めて・・・

今 薔薇のお花がどこも満開です。
うちも 薔薇は4種類くらい持っており どうも一重の薔薇が好きらしく
3つは 一重咲きです。

バレリーナはすごく有名な薔薇で お花は小さめの小輪咲きの一重

小輪一重平咲きで束になって咲きます。
かわいらしいピンクの花に中心が白色の花です。
花つきは最高で枝全体が花に埋まるように特によく咲きます。

アーチや窓辺や壁面に沿うように育てると、満開時の景観は見事です。
利用の仕方はアイデア次第。
丈夫で作りやすい品種です。 葉はやや光沢があります。
フェンスにおすすめです。

作出国  イギリス
作出年  1937年  交配親
咲きかた  四季咲き 一重平咲き
花の大きさ  小輪 3cm
香り強さ  微香
樹形  半つる性、シュラブ系
最終樹高  2m前後くらい

薔薇 ピンク・サクリーナ
ピンク・サクリーナ

category: お花が好き♪

CM: 2 TB: 0   

 

レースラベンダー
レースラベンダー2
レースラベンダー

今日は薄曇りですが暑くなりそうですね。
今日はオートバイの修理に専門店に行かないと・・・
エアーフィルターの交換も 専門工具が必要でカウリングを全部外さないと
出来ません・・・  こういう面が外車は不便です。

ラベンダーの仲間は初夏から咲くのが多く 北海道のラベンダー畑は有名ですね。
北海道のラベンダーは富良野ラベンダーってな種類だそうですが
このレースラベンダーに近い仲間だと思います。

レースラベンダー
別名 ピターナラベンダー
科名 シソ科・ラバンデュラ属 常緑低木
原産地 地中海沿岸

日光には充分あてましょう。
真夏は日差しが強すぎますので遮光をするか、半日陰の場所に移動してください。
高温多湿を嫌うので少々乾燥気味に育てるのがいいようです。
特に夏は涼しいところで、できたら木陰越しの風通しの良いところが理想です。
また雨にも当たらないよう注意しましょう。

レースラベンダーは四季咲性が強いので環境が良ければ真夏
冬をのぞいて長期楽しめます。
冬でも条件が良ければ咲くこともあるようです。

category: お花が好き♪

CM: 8 TB: 0   

 

シラン ブルー
ブルーシラン

我が家のブルーシランが咲き始めてます♪
桃色シランもあるのですが こちらはまだ咲いてません。

紫蘭(シラン)の園芸種で 他にも口紅シラン 白花シラン 桃色シランがあります。
このお花も 数年前に購入したのが 再開花してくれました。
すごく丈夫なお花で 株分けしましたが両方とも元気に再開花してます。

紫蘭は 非常に育てやすいのが利点♪
欠点は 一輪草じゃなく 花が沢山 一つの花茎から咲く事
朱鷺草なんかは 似た花ですが 一輪草なので 余計 映えます。

シラン  (Bletilla)

日当たり良く風通しの良い場所に、腐葉土をすき込んで植える。
水やり・・・1日に1回、他の植物と同じタイミングで可。
病害虫・・・強健で被害はほとんどないが、他の植物に準じて行っている。
増やし方・・・株分け。日当たりの良い、やや湿り気のある岩場などに自生する。
地下茎は白色で、数個連なる。
葉は通常4~5枚。丈は約30㎝。
一度植えたらほとんど手間いらずで育てやすい。

紫蘭  白花  シラン
シラン 白花

category: お花が好き♪

CM: 2 TB: 0   

 

サクランボ
サクランボ1
さくらんぼ  西洋実桜

サクランボの実は 先週に撮影してありましたが なんせ在庫量が多く
なかなか アップできませんでした。

うちも今年 さくらんぼは背丈1mくらいのもの購入 この花木は
花も実も楽しめていいですね。

サクランボは案外実を実らせるのが難しいそうですが この家の木は
毎年 沢山の実が出来ます。
お店で売ってるサクランボよりは 多少小型で酸っぱそうではあります。

実が出来てから 早めに収穫しないと あっという間に
野鳥のターゲットになってしまいます。
家のも ある日突然 一粒もなくなってしまいました。

一般的な桜の木も 実は出来ますが目立たないくらい小型の実で
八重桜は実が出来ません。

category: お花が好き♪

CM: 4 TB: 0   

 

源平小菊
源平小菊1源平小菊  ゲンペイコギク

今日は山梨にゴルフに行きましたが 朝 出掛ける時は小雨が降ってましたが
ゴルフ場は 雨は降らず 楽しく遊んできました♪
ひざの故障は サポーターをしてると 全然 痛みがなく 忘れてるほど快調です。

花が春から咲き始めて次から次へ、開花をして白花から淡い桃色へ
色変わりして行く可愛い花です。
丈夫なのでグランドカバーや寄せ植え鉢にも活躍する植物。

丈夫で野生化し易いお花みたいで 近所でもけっこう 見掛けるお花です。
うちも鉢植えで このお花は持ってます。

エリゲロン   学名 Erigeron karvinskianus
別名 ゲンペイコギク(源平小菊)   科名 キク科
原産地 メキシコ~パナマ
植物分類 多年草 (宿根草)   常緑・落葉 常緑
草丈 10~20cm   広がり 45~60cm
耐寒温度 -10 ℃  耐暑性 普通
耐雨性 普通  日照 屋外の日当たりの良い場所から半日陰
土質 水はけが良く、保水性のある土を好む

category: お花が好き♪

CM: 0 TB: 0   

 

クレピス
クレピス1
桃色蒲公英  モモイロタンポポ

明日は小雨が降る予報でしたが 直前になって曇りになり 雨は降らないみたいです。
明日は山梨の上野原でゴルフ スタートが遅いので帰宅も遅くなりそうです。

桃色タンポポは1年草なので 綿毛になった時に種を採っておきます。

モモイロタンポポ(桃色蒲公英) は、春にタンポポの花を黄色からピンクに
したような花を咲かせるキク科クレピス属の耐寒性一年草です。

茎を傷つけると乳白色の液が出ることもタンポポと似ています。
花色には白もあります。品種にはルブラなどがあります。
花壇やコンテナで見かけます。

モモイロタンポポ(桃色蒲公英)  学名:Crepis rubra(クレピス・ルブラ)
別名:クレピス(Crepis)、センボンタンポポ(千本蒲公英)
科属名:キク科クレピス属(フタマタタンポポ属)
原産地:イタリア南部、クレタ島、バルカン半島
花色:ピンクと白(桃色タンポポといいますが白花もあります)  
花期:4~7月 草丈:30~60cm 花径:3~5cm 花色:桃・白

桃色蒲公英 白花
クレピス2

category: お花が好き♪

CM: 6 TB: 0   

 

イペー・アマレーロ
イペー・アマレーロ1
イペー・アマレーロ

お花の形が桐に似てるので ノウゼンカズラ科で検索したら 即 ヒット
アマレーロは黄色って意味で 黄イペーとも呼ばれ ブラジルの国花だそうです。

暖かい地方の植物で 九州や沖縄には咲くそうですが 関東では珍しいです。

タヒボ(タベブイア・アベラネダエ)とは、植物学的にはノウゼンカズラ科の
タベブイアという種類に属する樹木です。

タベブイア属の樹木は、南米地域では一般的な樹木で、南北アメリカ大陸では
100種類以上、アマゾン川流域でも30種類以上確認されています。

花の色は白、黄、橙、ピンク、紅、紫など様々ですが、白、黄、紫色の3種に大別されます。
白い花を咲かすものはイペー・ブランコ、黄色のものはイペー・アマレーロ
紫色は総じてイペー・ロショ(紫イペ)と呼ばれています。

このうち黄色のイペー・アマレーロは、ブラジルの国花として親しまれています。

category: 未分類

CM: 0 TB: 0   

 

ゲラニウム・マクロリズム
ゲラニウム・マクロリズム

このお花は 我が家の鉢に咲いてるお花ですが 名札には「夏雪草」って
書いてあるので どこからかこぼれ種でやって来て 占領しちゃったお花。
可愛いので 名札を変更して このまま育てます。

学名 : Geranium macrorrhizum  
別名 : ハーディゲラニウム(英名)など
フウロソウ科  宿根草(冬期常緑~半常緑種)
主な花期 : 晩春~初夏 
草 丈  : 45cm前後(生育後の高さで花丈も含む)
耐寒性 : 強  耐暑性 : 中 
日 照  : 日向~やや半日陰
原種の代表的な原産地 : ヨーロッパ

こんもりと葉が茂り、花径2cm前後のピンクの花を たくさん咲かせる 
コンパクトにまとまった姿の 美しいゲラニウム 性質も強健で育てやすい原種
冬も常緑で紅葉も楽しめてグランドカバーに最適

葉が低くびっしりと密生して育ち、グランドカバーに おすすめの品種です。
冬もほとんどの地域で常緑で モミジ型の葉がカラフルに紅葉します。
バラの最盛 期に咲く花でローズガーデンの下草にもよいです。

ゲラニウム・レッドロビン
ゲラニウム・レッドロビン

category: お花が好き♪

CM: 2 TB: 0   

 

ミツバシモツケ
ミツバシモツケ1
三葉下野   ミツバシモツケ

今日もいいお天気で 昼間は暑かったですが 夕方になると涼しくなりますね。
明日はゴルフ予定なのに 小雨が予報されてましたが 曇りですみそうです♪

シモツケとは似ても似つかぬお花ですが 葉っぱが似てると言えば似てます。
洋種ですが 山野草の趣を持っており 我が家にもあります。

三葉下野(ミツバシモツケ)はバラ科ミツバシモツケソウ属(ギレニア属)の多年草
別名を三葉下野草(ミツバシモツケソウ)ともいう。

原産地は北アメリカで、合衆国の南東部に分布する。
草丈は60~100センチくらいである。
茎の色は鮮やかな赤で、よく枝分かれをする。
葉は3出複葉(1枚の葉が3つの小さな葉に分かれた形)で、互い違いに生える
小葉は楕円形で、縁にはぎざぎざ(鋸歯)がある。
葉には柄はない。

開花時期は5~6月である。
枝先に緩やかな円錐花序(下のほうになるほど枝分かれする回数が多く
全体をみると円錐形になる)を出し、白い5弁花をつける。

赤い萼片が5枚あり、花弁が落ちた後も星形になって残る。
秋には紅葉をする。

category: お花が好き♪

CM: 0 TB: 0   

 

ハナホタル
ハナホタル1
花蛍  ハナホタル

今日もいいお天気で暑くなりそうです。
明日はゴルフなのに雨が降る予報~
まっ そんなに降らないので仕方ないか?

キク科のお花ですが 花弁が付かず 花芯のみ開花します。
キク科には けっこう花弁が付かないお花が多いですね。

一年草ですが けっこう増えて 次々に花が咲き続け
可愛いので 我が家も毎年購入してます。

ハナホタル(花蛍)   キク科   コツラ属
学名   Cotula barbata
流通名   カゲロウソウ(陽炎草) コツラ・バルバタ
花期   春~初夏 
     
南アフリカ原産の耐寒性一年草です。
細かく裂けた葉のあいだから細い花茎を伸ばして
筒状花だけの黄色の小さい頭花を咲かせます。

あまりにもか細い姿から、カゲロウソウや、ハナホタルの名で流通しています。
しかし、丈夫な植物で夏の高温多湿に注意すれば栽培は容易です。

category: お花が好き♪

CM: 4 TB: 0   

 

ハマナス
ハマナス1
浜茄子  ハマナス

今日は お仕事の途中にハマナスと山椒薔薇を撮影してきました。
両方とも ほぼ同じ時期にお花が咲き 雰囲気もよく似た薔薇の仲間です。

モッコウバラは 秋篠宮眞子様の御印として有名ですが ハマナスは雅子さまの御印
元々はハナナシという名前でしたが 発音がなまってたので
ハマナスと聞き間違えたんだそうです。

森繁久弥の「知床の岬に ハマナスの咲く頃~~♪」で有名です。

普通の薔薇と違い 葉脈がギザギザで幹も太くつる性ではありません。
山椒薔薇も似た雰囲気のお花ですが 葉が小さく山椒の葉に似てて
花色がもうちょっと薄いです。

ハマナス バラ科 / 落葉低木 / 鳥取、茨城以北、朝鮮、中国原産

6月から9月にかけて花と実が楽しめる。
花色は通常、濃いピンクだが、白花のものもある。
もともと海岸沿いに自生するため、潮風に強い。
刺が多く、鋭いため、一般家庭に植える場合は注意が必要。

この実が ビタミンCが豊富なローズヒップティーになります。

山椒薔薇  サンショウバラ
サンショウバラ
サンショウバラ1

category: お花が好き♪

CM: 4 TB: 0   

 

ヒメサユリ
ヒメサユリ1
姫小百合  ヒメサユリ

姫小百合は背丈が50cm程で 名前の通り 小さな日本独自の百合の花です。

日本特産のユリで、宮城県南部、及び新潟県、福島県、山形県が県境を接する
飯豊連峰、吾妻山、守門岳周辺にしか群生していない貴重な植物。
野生種は環境省のレッドリストでは準絶滅危惧(NT)
及び国際自然保護連合(IUCN)の「レッドリスト」ではEndangered (EN)に
指定されている絶滅危惧種でもある。

高さは30~50cm程度。鱗茎は卵形で、葉は広披針形をしている。
開花時期は6月~8月で、花は筒形で横向きに開く。
花径は5~6cm程、長さは8cm程度。花は薄いピンク色で斑点がないのが特徴。
ヤマユリほどではないが、花の香りは甘くとても濃厚である。

category: お花が好き♪

CM: 2 TB: 0   

 

虫取りナデシコ
虫取りナデシコ1
虫取り撫子  ムシトリナデシコ

今日もいいお天気で 暑いほど気温が上がりました。
今日は事故が多く 高速も16号も混んでて参りました。

虫取り撫子が 日当たりのいい場所で咲きはじめてます。
咲きはじめたなぁ~って思ってたら あっという間に群生を見かけるようになりました。

ムシトリナデシコ(虫取撫子) ナデシコ科 一年草
別名 コマチソウ(小町草)

桜色して清楚な感じのするかわいい花だ。
この花の大きな特徴は、その茎の節間に粘液を出す場所があることだ。
花の下の茎に茶色っぽくなった部分があるが、それが粘液の出ている部分。
ここで下から上ってくる虫をくっつけてしまう。

食虫植物ではないが、茎の上部の節下から出てくる粘液に虫が
くっつくことからこの名がつけられた。和名は英名から転化したもの。
英名: garden catchfly
欧州中南部原産。
草丈は60cmほど。葉は対生し、茎を抱く。
5~6月に、直径1cmくらいの紅色~淡紅色や白の
小花を茎先に多数つける。
花の基部が管状、花びらの先端が5つに分かれている。

category: お花が好き♪

CM: 0 TB: 0   

 

ブタナ
ブタナ1
豚菜  ブタナ

今日もいいお天気で暑くなる予報です。
毎週 木曜は埼玉周りなので道路が混雑してるとかなり時間がかかり
帰社するのが遅くなります。

豚菜は桃色タンポポとよく似た花です。
タンポポと花は似てますが 背が高く 花茎が50cm程まで成長します。

横浜は 案外 この花は多く 中央分離帯や道路脇に 今 沢山 咲いてます。

豚菜とは ずいぶん 可愛そうな名前を付けられましたが
フランスでの俗名Salade de pore(ブタのサラダ)を
翻訳したものが由来となっているんだそうです。

ブタナ(豚菜)  Hypochoeris radicata
キク科/多年草/別名 タンポポモドキ

タンポポに似ている花であるが、花茎が分岐し複数の頭花をつけることと
根元の葉に毛がたくさん生えているのが特徴。

ヨーロッパ原産、昭和時代初期に渡来した。
北海道および本州に分布。路傍、空き地、牧草地、田畑の周辺に生育。
葉の付き方に特徴あり。毛が一杯生えている葉が根元に全部集まってつく。

花期は5~10月。花茎は根出葉の根元から立ち伸びて高さ50cmになり
タンポポに良く似た黄色の頭花をつける。

category: お花が好き♪

CM: 6 TB: 0   

 

ポピー特集 Ⅲ
アツミゲシ
アツミゲシ1
渥美芥子  アツミゲシ

このお花が 有名なヘロインが出来るケシの花です。
人の家の庭に沢山 咲いてましたが たぶん 持ち主は知らずに咲いたので
放置してると思われます。  栽培禁止植物です!!

一応 この花を発見した場合は 保健所に連絡すると駆除してくれるそうですが
ヘロインの作り方を誰もが知ってるわけじゃないし 知らずになので
私も あえて連絡はしません・・・

アツミゲシ Papaver setigerum DC. (ケシ科 ケシ属)

アツミゲシはナガミヒナゲシと同様に地中海沿岸原産の帰化植物。
麻薬成分を含んでいるので栽培が禁止されている植物であるが
時折路傍などに生育しているのがみられる。

数が増えて目立つようになると保健所などからの駆除キャンペーンが行われる。
駆除されるので群落を作って広がることは少ないが
花が結構美しいのでなかなか絶えない。

丈夫で増えやすい植物なので 道端で発見した場合 駆除した方が賢明!

アツミゲシ2

category: お花が好き♪

CM: 4 TB: 0   

 

ポピー特集 Ⅱ
メキシカンポピー
メキシカンポピー1
メキシカン・チューリップ・ポピー

普通のポピーにも黄色はありますが メキシカン・チューリップ・ポピーの黄色は
非常に鮮やかな黄色で 目立ちます。

種を取れば 翌年も咲かせれますが 冬越しが出来ないので1年草として
扱われます。  今年 このお花を見つけ 我が家も手に入れました♪

ハンネマニア (メキシカンチューリップポピー)

ケシ科ハンネマニア属の多年草で、学名は Hunnemannia fumariifolia。
メキシコの北部から中部に分布しています。
標高1500~2000メートルの岩礫地などに生え、高さは60センチほどになります。
茎は直立し、基部は木質化します。
葉は灰緑色で、細かく線形に分裂します。
5月から8月ごろ、茎頂に鮮黄色のカップ形の花を咲かせます。
雄しべは短く、葯はオレンジ色です。

「ハンネマニア」は、暑さや乾燥に強く、鮮やかな黄色い花が夏花壇を彩ります。
多花性で花もちがよく、切花としても利用されます。

category: お花が好き♪

CM: 2 TB: 0   

 

ポピー特集 Ⅰ
オリエンタルポピー
オリエンタルポピー1
オリエンタルポピー

今日は予報通り気温が上がり 昼間は半袖一枚で十分でした。
今週は土曜日にゴルフ予定が入ってるのに なぜか 
その日だけ小雨予報が出ています・・・

ポピーは どれも似てるように見えますが 花芯を観ると
明らかな違いがあります。 
アイスランドポピーは アネモネと似た感じの花芯です。

ポピー  ケシ科
学名 Papaver   原産地  ヨーロッパ中部
草丈  20cm~1m   開花時期 5月~6月

ポピーはケシ科の植物で約150品種が世界に分布しています。
中にはモルヒネが採れる種もありますが、当然そのような品種は
個人で栽培することが法律的に禁止されていますし、苗やタネも入手できません。

花を観賞する園芸種は「ヒナゲシ」「アイスランドポピー」
「オリエンタルポピー」の3種があります。

アイスランドポピー
アイスランドポピー
アイスランドポピー1

category: お花が好き♪

CM: 0 TB: 0   

 

大根草
大根草1
西洋大根草  セイヨウダイコンソウ

昨日は結構の雨が降りましたが 速度が速かったので今朝は台風一過の
快晴です。
今日はすごく気温が上がる予報で 横浜も30度近くになるそうです。

割とお花屋さんでもよく見かけるお花 大根草と言われますが
花は大根には似てません(大根はアブラナ科の4花弁) 葉っぱが大根と
似ているんだそうです。

大根草は、春~夏にかけて、小さめの朱赤や黄
または橙色の花を咲かせる耐寒性多年草です。
葉が、大根に似ているので、別名を、ダイコンソウ(大根草)とも呼びます。

ダイコンソウ  学名:Geum hybriden
別名:ゲウム、avens(エイヴンス)
科属名:バラ科ダイコンソウ属
原産地:北半球の温帯~亜寒帯地域(園芸品種)
草丈:40~60cm 花径:2~3cm 開花期:5~8月 花色:朱赤・黄・橙

category: お花が好き♪

CM: 6 TB: 0   

 

ニオイバンマツリ1
匂幡茉莉   ニオイバンマツリ

このお花の芳香は すごくいいです♪
ジャスミンより こちらの方がいい香りだと私は思います。

咲き始めはこのお花も紫の濃い色ですが 徐々に白くなって行きます。
花の形は イマイチ 美しいとは言えませんが 芳香は最高~~
家にもありますが 日当たりが悪いので お花が少ない・・・

ニオイバンマツリ(匂蕃茉莉) は、青紫花と白花が一本の木に咲いているように
見えるナス科ブルンフェルシア属の半耐寒性常緑低木です。

2色の花が混合しているように見えますが、実際は、最初に青紫色の花が
1日~2日経つにつれ白色に変わるからです。白くなった花は、その後、落花します。

ニオイバンマツリ(匂蕃茉莉)  学名:Brunfelsia australis
別名:バンマツリ(蕃茉莉)、ブルンフェルシア
科属名:ナス科ブルンフェルシア属
原産地:ブラジルやパラグアイ、アルゼンチンなどの熱帯アメリカ
草丈:30~350cn 開花期:4~8月 花色:青紫~白に変化 
   花径:3~4cm  葉長:4~12cm

ニオイバンマツリ

category: お花が好き♪

CM: 9 TB: 0   

 

二人静
二人静1
二人静  フタリシズカ

二人静は 花が二本付く事から付いた名前ですが 3本や4本のもあります。
一人静と姿形もだいぶ違いますが 開花時期も少し違い 一人静かよりも
遅れて咲きはじめます。

フタリシズカ  二人静 センリョウ科

ヒトリシズカに対し、花穂が2つ、というのが良く言われる理由ですが
実際には穂が1~5本とまちまち。
正しくは静御前とその亡霊の舞姿を2本の軸にたとえたことからだそうです。

この花は まだ里山にけば沢山 生えてますね。
あまり美しい花とは言えないけど 名前はロマンチックですね。
ヒトリシズカと同じように 園芸店でも売られてます。

一人静  ヒトリシズカ
キビヒトリシズカ
キビヒトリシズカ1

category: お花が好き♪

CM: 0 TB: 0   

 

シャスターデージー
シャスターデージー1
シャスターデージー

横浜はまだ雨は降ってませんが 夜中の12時ごろに大荒れになりそうです。
高い位置の鉢は 朝 全部移動しておいたので 台風到来の準備万端です。

名前の下のシャスター山は 日本ではあまり知名度がありませんが
この山の雪解け水が 有名なクリスタルガイザーになります。

大きな群生を作り 花がマーガレットに良く似てるので
勘違いをし易いお花
特徴は 葉っぱが細く 尖っていて大きな群生を作ります。
背丈が80cmほどに成長するのも特徴です。

シャスターデージー 
キク科   キク属
耐寒性宿根草
別名 シャスターギク   原産地 北アメリカ
庭植え   開花時期 5月~6月

シャスターデージーは、アメリカの育種家ルーサー・バーバンク氏が
フランスギクと日本のハマギクを交配して作り出したといわれる品種群です。

「シャスター」は、博士の圃場の裏に見えるシャスター山の峰雪に
ちなんで命名したといわれています。
その名のとおり、5~6月に峰雪のような白い花を咲かせてくれます。

この山はカルフォルニアのシェラ山脈にあるそうです。

category: お花が好き♪

CM: 2 TB: 0