Admin New entry Up load All archives

街の花便り

季節のお花を紹介してます。

 

シモツケ2
シモツケ
シモツケ1
下野  シモツケ

この花も よく似た花が多いお花で 下野草(シモツケソウ)
ってそっくりのお花があります。
ただ 葉っぱが 下野草は モミジ葉で シモツケは普通の細葉です。
キョウガノコって 似た花もありますが これも葉っぱが違います。

シモツケ (下野)  Spiraea japonica

シモツケは「灌木」と呼ばれるものの一つで、1本の幹が直立するのではなく
地ぎわから細い幹がいくつものびてブッシュ状になります。
このため、小型のものは一見すると草のようで、名前を調べようと
野草図鑑を見ても見つからないということになりかねません。

シモツケが生えるのは山地から亜高山帯にかけての日当たりのよい岩場で
夏に直径5mmほどの赤い小さな花を散房状に多数つけます。
「下野」は栃木県の旧国名ですが、このあたりの特産というわけでなく
東北から九州まで分布します。

京鹿子  キョウガノコ
京鹿の子

category: お花が好き♪

CM: 2 TB: 0   

 

スカシユリ1
透百合  スカシユリ

雨は午前中でやみましたが 気温が低めで肌寒く感じました。
気温20℃以下だと 寒く感じますね。

女子WC予選 ナデシコが勝って ホッとしてます。
スイスって 意外と強いチームですね。

百合の中では このスカシユリが 一番 早い方の開花です。

スカシユリは花弁に間に隙間があるのも特徴ですが 花が上向きに咲くのも
大きな特徴です。
似た傾向のお花 オリエンタルリリーは 横向きに咲きます。

種類も多く 色のバージョンも豊富です。

スカシユリ Lilium maculatum  ユリ科  ユリ属
秋植え球根
別名 アジアティックハイブリッド   原産地 日本、朝鮮他
庭植え、鉢植え   開花時期 6月

スカシユリは、もともとは江戸時代にエゾスカシユリとイワトユリを
主として交雑育成された品種です。

花が美しく、丈夫であることからたくさんの園芸品種がつくられており
オリエンタル系と人気を二分すると言えるのではないでしょうか。
アジアティックハイブリッドと呼ばれることもあります。

なお、スカシユリの名前の由来は、花びらの間が透いていることからきています。

スカシユリ

category: お花が好き♪

CM: 2 TB: 0   

 

アメリカノウゼンカズラ
アメリカノウゼンカズラ1
アメリカノウゼンカズラ

今日から梅雨入り 朝は気温が低く肌寒いです。
アメリカノウゼンカズラ 夏の花のイメージですが もう咲きはじめてます。

アメリカノウゼンカズラは 赤色が濃く ラッパ状に花が咲きますが
ノウゼンカズラは オレンジに近く ラッパも広く咲きます。
咲き方も ちょっと違うので 判別は 比較的 容易です。

アメリカノウゼンカズラ(亜米利加凌霄花)  Campsis radicans 
ノウゼンカズラ科           

6月~9月に花を咲かせる落葉つる性植物。高さ2~5mくらいになります。
つる植物なので、他の植物もしくは人工物に寄りかかって成長します。
原産地は中国。

トランペットの先のような花を咲かせ、花の赤と生き生きとした緑の
コントラストはとても鮮やかです。

赤花種だけではなく黄花種もありますが、赤花種の方が多く見かけます。

ノウゼンカズラと比べると 直ぐにわかります。

category: お花が好き♪

CM: 2 TB: 0   

 

ナツツバキ1
夏椿  ナツツバキ

すごくいい花木なのに 何故か植えてある数は少ない気がします。
家の庭がもう少し広ければ 欲しい花木の一つです。

別名 シャラノキの 沙羅双樹の木は これだって説もあります。
実際の 沙羅双樹の木は 昔 アップしてますが 似ても似つかないお花です。

なんといっても光沢のある幹肌が美しい。
初夏から秋まで咲き続ける白い花は清楚です。
ツバキの仲間ですから、花もツバキそっくりで、花もポトッとそのまま落ちます。

茶花や切花にもおすすめ(利休七選花のひとつ)。
明るい幹肌が印象的で洋風ガーデンにも良く合います。
樹勢もおとなしく、新緑、花、幹肌、紅葉、どれをとっても美しい
魅力満点の木です。 樹形は枝が斜上し、ほうき状になります。
葉はやや厚く薄緑色でやさしげな感じです。全体に上品で明るい印象です。

シャラノキの別名を持つことから、聖樹として寺院の庭に植えられています。

近縁種にヒメシャラがあります。
シャラはヒメシャラよりも葉も花も一回り大きいです。
家にヒメシャラの木があるので もうじき咲きそう~~
今年は沢山花が咲きそうです。

学名 Stewartia pseudocamellia  ツバキ科ナツツバキ属

ナツツバキ

category: お花が好き♪

CM: 6 TB: 0   

 

ルドベキア
ルドベキア1
ルドベキア

元気で丈夫なお花ですよねぇ~~ ちょっと暑苦しさを感じます。
日本で栽培禁止植物に指定されてる 大反魂草の仲間なので丈夫です・・・。
写真のルドベキアは 園芸種なので 栽培禁止には該当しません。

北アメリカ原産で、牧草地や草原、麦畑などいたるところでみられます。
そのため、一般にはコーンフラワーと呼ばれています。

「ルドベキア」という名前は、スウェーデンの植物学者ルドベックにちなんだもの。
代表種の「おおはんごんそう(大反魂草)」は、花が大きく花びらが
そり返りぎみに開き、中心花が天に高く突きだすかたちに由来しています。

数多くの園芸品種が作出されています。
キク科オオハンゴンソウ属の多年草で、学名は Rudbeckia sp.(属の総称)
英名は Corn flower。

園芸種も多く 今は八重咲きも販売されてます。

category: お花が好き♪

CM: 2 TB: 0   

 

アナベル
アナベル1
アナベル2
紫陽花 アナベル

関東地方も今日から梅雨入りですね。
今年は梅雨前に暑い日が続いたので ホッと一息つけます。

アナベルは 咲き始めは緑色ですが 徐々に白くなります。
咲き終わると また 緑が強くなって来ますよね。
大手毬なんかも 同じ咲き方をします。

紫陽花は梅雨時期のお花なので 水が足りないと 直ぐにヘナァ~ってします。

6月頃緑色の蕾が付き、花色が徐々に緑~薄緑色~真っ白に変わる。
成長すると高さ・幅ともに1.3m程度。
花の大きさは20cmから大きいときは30cmにもなる。
秋に枯れると花がベージュになるが、切らずに残しておいてもド
ライフラワーのように冬枯れが楽しめる。

春に地際の芽まで切り戻し、その年の6~7月に咲く。寒さにも暑さにも強い。
植える場所は日当りから半日陰。日当りがいい場合は
根元が乾かないようにすること。マルチングが効果的。

category: お花が好き♪

CM: 0 TB: 0   

 

野花菖蒲
野花菖蒲1
野花菖蒲  ノハナショウブ

まだ梅雨入り宣言はされてませんが ここ2,3日朝の気温は低め
明日の雨で 関東地方も梅雨入り宣言かな?

ハナショウブの原種であり、和名の意味は野に咲く花菖蒲である。
このお花は湿地でなくても育ちます。

ノハナショウブ Iris ensata var. spontanea (アヤメ科 アヤメ属)

ノハナショウブは北海道から九州に分布し、各地の湿原あるいは
湿性の草原に生育する多年草。
葉は50cm前後となり、6月の後半から7月にかけて高さ1m前後の花茎を
形成して濃紫色の美しい花を咲かせる。

湿原にも生育するが、このような大形の植物は生育に栄養分を必要とし
湿原としては周辺部であって、中栄養の場所に生育することが多い。

湿った放牧地などにも群生していることがあるが、有毒であるために牛馬に
食べられないことによって繁茂しているものである。

category: お花が好き♪

CM: 8 TB: 0   

 

ニゲラ3
ニゲラ
ニゲラ1
ニゲラ・ダマスケナ

ニゲラは 非常にユニークな 形だし 名前も怪獣の名前みたいです。
けっこう 強い植物で 種からでも育つし 春先に安い苗を買ってきても
立派な花を 咲かせます。

ニゲラ・ダマスケナ  キンポウゲ科  ニゲラ属
学名   Nigella damascena
別名   クロタネソウ(黒種草)
花期   春~初夏
南ヨーロッパ原産の一年草です。

その球形の実の中には黒い種がいっぱい入っていて
この花の名前はここからつけられています。
ニゲラという名は、ラテン語のniger(黒い)に因みます

細裂した苞と細く針状に分裂した羽状葉の中に直径3㌢ほどの花が咲きます。
花色は、白、青、黄、紫などがあり、八重と一重咲きがありますが
花弁に見えるのは萼片です。

category: お花が好き♪

CM: 2 TB: 0   

 

ニゲラ・ブルースター
ニゲラ・ブルースター1
ニゲラ・ブルースター

本当にニゲラ属か疑ってしまうほどニゲラらしくないのですが、
中心部には王冠状の付属物があるところが唯一ニゲラ的かなと思います。
珍しいタイプで 今年初めてみました。

ニゲラ・ブカリカ 「ブルースター」(Nigella bucharica 'Blue Stars'
キンポウゲ科ニゲラ属

ニゲラ属は16種が知られていますが、多くが地中海沿岸から西アジアに分布しています。

多くのニゲラのように蜜腺状になった付属物はないように思います。
この王冠状の付属物の先は2裂し、萼の色より濃いブルーで
まるで鳥の羽根のようです。

背丈は30cmほどで、花のすぐ下には細い総苞があります。
しかし他のニゲラのように深裂した羽状の総苞ではなく
葉と同じものが茎に輪状についています。
蕾を包む葉ではないので総苞では無いかもしれません。

袋果(莢)が3個まとまって、オダマキのような形の果実が稔ります。

category: お花が好き♪

CM: 2 TB: 0   

 

ベロニカ・ゲンチアノイデス
ベロニカ・ゲンチアノイデス1
ベロニカ・ゲンチアノイデス

今日はホームコースにゴルフに行きましたが 朝 すごく冷え込んでおり
セーターが必要でした。
昨夜 富士山は雪が降ったんだそうです。
日中もあまり気温が上がらず 却って快適に ゴルフを楽しんで来れました。

このお花 花をよく見るとわかりますが オオイヌノフグリに似ているでしょ?
オオイヌノフグリもベロニカの仲間です。

ベロニカ・ゲンチアノイデス

茎先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、下から順に咲き上る。
花径は5ミリくらいで、花冠は4つに裂けて皿形に開く。
花の色は淡い青紫色で、花冠の内側には縦に青い筋が入る。

根際から生える葉は楕円形ないし披針形で、ロゼット状となる。
葉には艶があり、濃い緑色である。 茎につく葉は小さく、互い違いに生える(互生)。

開花時期:5~7月花の色: 青、紫
分布:原産地はクリミア半島、トルコ、コーカサス地方など
日本へは昭和時代の初期に渡来生育地:山地の草地
多年草 大きさ・高さ:30~50センチ学名Veronica gentianoides
分類ゴマノハグサ科 クワガタソウ属

category: お花が好き♪

CM: 2 TB: 0   

 

ハナウド
ハナウド1
花独活  ハナウド

明日はまたホームコースでゴルフ♪
昼間は日焼けするほど暑くなりそうですが 
朝は高原で寒いので上着を着て行かないと!

家から100mも離れてない場所に この花独活の群生地があります。
花独活はせり科の植物ですが よく似た花が咲く シシウドはシシウド科
明日葉も シシウド科の植物で 似たような花が咲きます。

セリより 茎が太く レースフラワー状の花の外側に形の違う花弁が付きます。

ハナウド  せり科 Umbelliferaeハナウド属

関東地方以西,四国,九州,および中国北部・東北部,朝鮮半島に分布し
山野の藪にはえる多年草。茎は太く中空で高さ1.5m位,粗い毛がある。

葉は大きく3回羽状複葉,根生葉には長い柄がある。
花は晩春から初夏。若い葉を食用にする。
和名花独活(はなうど)は葉がウドに似ており,花が大きく美しいことによる。

category: お花が好き♪

CM: 0 TB: 0   

 

花菖蒲
花菖蒲2
正覚寺 花菖蒲

そろそろ 花菖蒲の季節で 今日はいいお天気になったので 
花菖蒲のあるお寺に行ってきました。

今日はお天気も良かったので近所の人たちがたくさん来られてました。

花菖蒲  文目(あやめ)科  学名 Iris ensata
開花時期は、 6/ 1頃~ 6/25頃 梅雨の頃の代表的な花の一つ。
野生の「野花菖蒲(のはなしょうぶ)」を 原種として改良された国産の園芸植物。
葉が菖蒲に似ていて美しい花が咲くことから「花菖蒲」。

500年くらいの栽培の歴史がある。
花の系統は江戸系、肥後系、伊勢系の3つに大きくわかれる。
(その他に、長井古種とアメリカ系、がある)
よく開催される「あやめ祭り」の”あやめ”とはこの花菖蒲のことを指すことが多い。
昔の人が花菖蒲とあやめを間違えて、祭りの名前にしてしまったらしい。

6月頃に咲く 湿地に生える 花びらの中央部に黄色い筋がある。
葉っぱは細長く 縦に筋(突起した脈)がある。

花菖蒲1
花菖蒲3

category: お花が好き♪

CM: 8 TB: 0   

 

ブルンネラ・ミスターモース
ブルンネラ・ミスターモース1
プルンネラ・シスターモース

勿忘草と同じ仲間ですが 花が非常に小さく 雰囲気はキュウリグサ
このお花は 少し地味で よっぽどのマニアじゃないと買わないかも?

ブルンネラ ミスターモース

シェードガーデンを彩る宿根草

勿忘草のような花が春に咲き、ギボウシのように葉が美しいブルンネラ。
勿忘草に似た小さな花をたくさん咲かせ、半日陰~日陰を明るくしてくれます。
ミスターモースは白花品種です。
葉もきれいな斑入りで観賞価値が高く、花後も十分に楽しめます。
冬は落葉しますが、毎年株が大きくなります。
半日陰のお庭向き。

プルンネラ・ジャックフロスト
ブルンネラ ジャックフロスト

category: お花が好き♪

CM: 2 TB: 0   

 

メキシカンオレンジ
メキシカンオレンジ1
メキシカンオレンジ

朝は気温が低く 寒かったですね。
昼間は結構暑かったですが 夕方になるとまた寒くなりました。
こんな日は 風邪をひきやすいですね。

夏蜜柑のお花は 果実がまだ残っていても咲き 甘いいい香りがします。

メキシカンオレンジ 黄金葉の鮮やかな品種で葉はセージに 似た爽やかな香りがある 
春に3cm程 の白花を一面に咲かせる 
周年葉色が 美しいので欧米では庭園樹として人気 が高く生垣にも使用される

学名 : Choisya ternata 'Sundance'  
別名 : チョイシア(ショワジア)サンダンス など
ミカン科  半耐寒性低木 常緑樹
原種の代表的な原産地 : メキシコ 
主な花期 : 春   生育後の高さ  : 2m前後
       (剪定により40cm前後にもできます)
耐寒性 : 約ー8℃  耐暑性 : 強 
日 照  : 日向
用 途  : 庭木 生垣 盆栽、コケ玉 
         寄せ植え ロックガーデン 
夏蜜柑の花
ナツミカン
ナツミカン1


category: お花が好き♪

CM: 4 TB: 0   

 

カンパニュラ・グロメラータ
カンパニュラ・グロメラータ1
カンパニュラ・グロメラータ

今朝は気温が低く 肌寒いです。 
梅雨入り前はこういう日があるので風邪をひく事もあります。

日本の八代草に近い仲間のキキョウ科の植物で 穂先にお花が集まって咲きます。
この仲間にも園芸種が結構あり ピンクのお花も前にアップしてます。

カンパニュラ グロメラータ(Campanula glomerata・Clustered bellflower)

キキョウ科ホタルブクロ属の多年草。原産地は、ヨーロッパの中・北部からシベリアに分布。
石灰岩質の草地に生え、高さ60~100cm。

学名:Campanula glomerata
英名:Clustered bellflower
和名:カンパニュラ・グロメラータ

花期:6月~7月

category: お花が好き♪

CM: 2 TB: 0   

 

アルストロメリア1
アルストロメリア
アルストロメリア

別名 インカの百合 種類が豊富で 名前の付いてるのだけでも
100種類を超えます。

非常に バラエティーに富んだお花ですが 
上の花弁に模様が入ってる事は一緒です。

ユリズイセン(アルストロメリア)科 学名:Alstromeria
原産地:南アメリカ 草丈:30cm~1m
主な開花期:5月-11月

チリを中心にブラジル、ペルー、アルゼンチンなど
南米に60~100の野生種が分布します。

砂漠や砂丘に自生するものもあれば、森林に育つものもあり種によって
生育地はまちまちで性質も異なります。
原産地とその花姿から「ペールのユリ・インカ帝国のユリ」などの異名があります。
和名は「ユリズイセン」です。以前はヒガンバナ科に分類されていましたが
現在では新たに設けられたユリズイセン科に属します。

アルストロメリア2
アルストロメリア4

category: お花が好き♪

CM: 6 TB: 0   

 

セントーレア
セントーレア1
セントーレア

この形はどこかで見たような気がしますよね。
矢車菊もセントーレアの仲間で その矢車菊の倍くらいの大きさのお花です。 
花の咲き方がたしかに矢車に似ています。

雰囲気は似た花ですが こちらの方が花が大型で 
花径が7cm近いのもあります。

セントーレア  キク科  半常緑~常緑多年草 ヨーロッパ・西アジア他原産
大きさ 背丈50~100cm  横幅35~100cm
主な見所 花(5~8月) 葉(周年)

一年草のヤグルマギクやスイートサルタンなども同じセントーレア属の仲間ですが
単にセントーレアといった場合、園芸では一般的に多年性のもののみを
指すことが多いです

セントーレア
セントーレア

category: お花が好き♪

CM: 2 TB: 0   

 

紫陽花
紫陽花1
紫陽花2
紫陽花  アジサイ

今日は3時頃から雨になり 予報よりもだいぶ早かったので 明日の回復も早いかも?
男子ゴルフの松山君 自信がないような事前インタビューでしたが 初日首位
このまま頑張って 二年連続で優勝して欲しいです。

紫陽花は多くの水分を必要とする花木で 直射日光がギラギラしてると
しなぁ~っとしてる事が多く 雨の日の方が元気です。

最も一般的に植えられている球状のアジサイはセイヨウアジサイであり
日本原産のガクアジサイ(Hydrangea macrophylla)を改良した品種である。

樹高は1〜2メートル。葉は光沢のある淡緑色で葉脈のはっきりした卵形で
周囲は鋸歯状。6〜7月に紫(赤紫から青紫)の花を咲かせる。

一般に花と言われている部分は装飾花で、本来の花は中心部で小さくめだたない。
花びらに見えるものは萼(がく)である。
セイヨウアジサイではすべてが装飾花に変化している。

花の色は、アントシアニンのほか、その発色に影響する補助色素(助色素)や
土壌のpH(酸性度)、アルミニウムイオン量、さらには開花からの
日数によって様々に変化する。そのため、「七変化」とも呼ばれる。

紫陽花3

category: お花が好き♪

CM: 4 TB: 0   

 

ミニバラ2
ミニバラ3
ミニ薔薇

今日もいいお天気ですが 九州は大雨なので お天気は下り坂
明日は 雨っぽいですね。

最近のミニ薔薇は 品種改良が進み かなりの大輪で これがミニって思うほど
豪華に咲くバラが増えました。
この4種類は 新しく 我が家が購入したミニ薔薇で 花径がけっこう大きいです。

四季咲きの薔薇と一緒で ミニ薔薇も秋にも咲きます。
普通の薔薇よりも 非常に育てやすく 特別な手入れ不要で
年に3回くらいは 満開になるんじゃないかな?

薔薇の種類は 星の数・・・ ミニバラも種類が多いです。
最近 ミニ薔薇は一重のタイプが人気みたいです。

極矮性、極小輪、四季咲き性のバラです。
多彩な花色をもち、鉢づくりやプランター 花壇の縁取りなどに適しています。

ミニバラは古来の原種が突然変異で生まれたもので
200年くらい前から園芸品種として登場してきました。
現代のミニバラは複雑な交配の結果中間的な品種も多く
今では厳密な分類は困難ですが、一般的には花が小さく
樹形もコンパクトなものをミニバラといっています。

ミニバラ
ミニバラ1

category: お花が好き♪

CM: 4 TB: 0   

 

ジキタリス2
ジキタリス1
ジキタリス3
ジギタリス

ジギタリスは下から咲きはじめ 徐々に先っぽの方に向かって咲きます。
今 ジギタリスもいろんな種類がありますが この形がポピュラーですね。
別名 キツネノテブクロとも言います。

一般的なジギタリスは花弁の内側に斑点ができますが 斑点のないタイプも
最近出回ってます。

ジギタリス  有毒植物
別名 キツネノテブクロ(狐の手袋:フォックスグラブ)
分類 ゴマノハグサ科 ジギタリス属
原産地 ヨーロッパ中部~南部、北アフリカ、アジア中西部

江戸時代に日本に渡来し、薬用や観賞用に栽培されてきた。
生薬名 ジギタリス 日本薬局方
薬用部分 葉
成分 ジギトキシン他
適用 ジギトキシン(強心利尿薬)の製造原料とされるが、蓄積性があり
中毒症状が出やすいので一般の使用は不可です。
薬効が高くて副作用の少ない近縁種のケジギタリスが用いられる。

ジギタリス1
ジギタリス1
ジギタリス・カフェクリーム
ジギタリス・カフェクリーム

category: お花が好き♪

CM: 6 TB: 0   

 

トラディスカンティア
トラディスカンティア1
常盤露草 斑入り  トキワツユクサ

露草の種類も多いですが ブライダルベールが一番小さく 花径8ミリ
次に この常盤つゆ草で 花径1、5㎝ その次が トラディスカンティアで
花径が2㎝程度  オオムラサキツユクサは 更に大きくなります。

トキワツユクサ  常磐露草 ツユクサ科 学名:Tradescantia fluminensis
別名・英名: ノハカタカラクサ(野博多唐草)

観賞用として昭和初期に南アメリカから持ち込まれたが
現在は多くが野生化している帰化植物。
群生し易く 日向でも日陰でも元気に育ちますが 
耐寒性はあまり良くありません。

ツユクサ や ムラサキツユクサ の仲間だが、名前のように常緑。
花が白いので白花の ムラサキツユクサ 、 シロバナツユクサ に似るが
ツユクサは花びらは2枚。

常盤露草  トキワツユクサ
トキワツユクサ

category: お花が好き♪

CM: 2 TB: 0   

 

ブライダルベール
ブライダルベール1
ブライダルベール

今日も暑い一日になりましたが 結構風が強く 
運転中見つけたお花を撮影するには苦労しました。

この花ほど 簡単に挿し木で増やせるのは少ないんじゃないかな?
なんにも 工夫しなくて 枝を指しただけで 即 根付きます。

欠点は お花が小さ過ぎて 白いので中々 キレイに写真を撮れない事くらいです。
駐車場の屋根から 2つとも吊るしています。

耐寒性がやや弱く 冬は霜が当らない場所に移動した方がいいです。

ブライダルベール Gibasis pellucida ツユクサ科 ギバシス属

ブライダルベールはメキシコ原産の多年草。
茎は細く、地を這うので釣り鉢で栽培されることが多い。
葉は濃い緑で、半日陰の場所でも良く耐える。
花は5月から7月にかけて咲き、濃緑色のバックに点々と白い花が咲く。
和名は花が咲いた様子を花嫁のベールに例えたものだという。

日本流にいえば、緑の黒髪にレースのベールといったところであろうか。
花弁は3枚、雄しべは6本。白や黄色の花はコントラストが付きにくく
撮影が困難である。

category: お花が好き♪

CM: 0 TB: 0   

 

山法師 斑入り
山法師 斑入り1
山法師 斑入り  ヤマボウシ フイリ

朝は雲が多いですが昼間は晴れて暑くなりそうです。

斑入りの山法師は珍しく 一か所しかある場所を知りません。
花水木と同じ科ですか 山法師は葉とお花が一緒に咲きます。

ピンクの山法師は最近増えて 結構見かけるようになりました。
やまぼうし (山法師) Cornus kousa  みずき科みずき属
分布地は北海道と沖縄を除く地域

5~6月頃林のなかに白い十字架型の花を咲かせる
木の上部に花を付けるので上からか横からでないと見えない
秋にひょうきんな赤い実をならせ少し甘く食べられる

500m以上の比較的高地にある   
花の匂いはない   秋には紅葉する   落葉樹林の中に多く生える
高さ10メートルまでの落葉中木   花を法師の頭巾に見立てた
幹は細身、肌は灰色で斑点がある    アメリカ花ミズキと同属
庭木にも利用される。

category: お花が好き♪

CM: 6 TB: 0   

 

宮城野萩
宮城野萩1
宮城野萩  ミヤギノハギ

秋の七草に含まれる様に 萩の花=秋のイメージが濃いですが
宮城野萩は別名 夏萩 6月頃から咲き始めます。

これは 夏萩といい ミヤギノハギだと思います。
萩の花も 種類が多く どれも似た花なので 区分けは難しいですね。

ミヤギノハギ(宮城野萩)  マメ科 ハギ属
学名:Lespedeza thunbergii
別名:ナツハギ(夏萩)  花期:夏

庭によく植えられています。
“萩”というと“秋”,秋の七草とくるでしょうけど
宮城野萩は 6 月頃から咲き始めます。
ミヤギノハギは枝がしだれるところがヤマハギ(山萩)などと違う。

category: 未分類

CM: 2 TB: 0   

 

ナデシコ ピンク
ナデシコ ピンク1
河原撫子  カワラナデシコ

ナデシコは秋の七草としても有名ですが 初夏から咲きはじめます。
桔梗や萩も初夏に一度 咲きますよね。

ナデシコと言えば 普通 この河原撫子の事をいいます。
別名が 大和ナデシコですねぇ~~
秋の七草に含まれるお花ですが この時期にはもう咲いてます。

ヒゲナデシコの事を アメリカナデシコといい
セキチクの事を 唐ナデシコと言います。

カワラナデシコ Dianthus superbus var. longicalycinus 
ナデシコ科 ナデシコ属

カワラナデシコは本州・四国・九州に生育する多年生草
7月頃から秋にかけて可憐な花をさかせ、秋の七草のひとつとである。

和名の由来は「河原撫子」であり、河原によく生育していることによっている。
ただ単に「なでしこ」と呼ぶとこの種を指しており
「やまとなでしこ」もこのカワラナデシコである。

ナデシコ 白
ナデシコ 赤

category: お花が好き♪

CM: 2 TB: 0   

 

桃花シラン
桃花シラン1
桃色紫蘭   モモイロシラン

今日の雨は 植物にとって大歓迎でしたが 人間もホッと一息でしたよね。
今 韓国で怖い伝染病が広まりつつあります。
あの国は 管理が曖昧なので 非常に危険!
日本に持ち込まないよう 切に願います。
(もう発症患者の乗った飛行機の機内を消毒せず名古屋に入国・・・)

ピンクのシランは 普通のシランよりもやや遅れて咲き始めます。
唇型の花弁の下の場所に黄色の色が入るのが特徴で 
黄花シランも同様の色が付きます。

紫蘭の仲間は 非常に育てやすいく 株分けをすると簡単に増やせます。

シラン(紫蘭) 分類 ラン科シラン属 『耐寒性』
学名 Bletilla striata
原産 東南アジア
別名 ベニシラン(紅蘭)

野生の蘭として知られ、日本にも自生して生息しています。
家庭の庭ではよく見かけますが、原産国では、護岸工事や採取などで激減し
絶滅危急種に指定されているのが現状です。

また、花の色は基本赤紫ですが、ピンクや白、フイリ葉などの園芸品種もあります。

栽培方法
日当たり、湿潤の土壌を好みます。
夏場は、直射日光で葉やけすることがありますので半日陰に管理しましょう。
また、乾燥にも耐え、強健の性質です。
肥料も特に与える必要もなく、病虫害も特に心配いりません。

開花:4月~6月
草丈:30cm~50cm

category: お花が好き♪

CM: 0 TB: 0   

 

青いお花小特集 Ⅳ
ホタルカズラ
ホタルカズラ1
深山蛍葛  ミヤマホタルカズラ

今日は雨予報で横浜は朝から小雨が降ってます。
錦織くん 残念ながら負けちゃいましたね。  でもメジャーでこの成績は立派です。
もう一個 なんか武器が欲しいですね。

家にも一鉢あるのですが 葉っぱばっかり元気で 花が咲きません・・・
(このパターン けっこう沢山あって 鉢の数は増えるばかりです。)

花持ちが良く 長い期間 咲き続けます。

ミヤマホタルカズラ(深山蛍葛)  ムラサキ科   リトドラ属
学名  Lithodora diffusa (=Lithospermum diffusum).
別名  リトドラ
花期   春
欧州南部原産の高さ10~30㌢常緑匍匐性低木ですが
園芸上は多年草として扱います。

ロックガーデンなどに広く使われ、花色は青が主流でしたが最近は
花が青、白色のものが星状に複色になった品種が鉢花で多く流通しています。
ホタルカズラとだけよばれる匍匐性の花もありますが
ブグロッソイデス属になります。

category: お花が好き♪

CM: 6 TB: 0   

 

青いお花小特集 Ⅲ
エキウム・ブルガレ
エキウム・ブルガレ1
エキウム・ブルガレ

このお花は 大変変わってて 咲き始めはピンクの花ですが
徐々に青味を増し 満開時は 真っ青な花になります。

開花時期は春と秋ですが 冬でも元気に咲いてます。

このお花を 数多く植えると ピンクや青のお花が沢山 咲き
バリエーションを楽しめます。
惜しむらくは 1年草・・・

エキウム・ブルガレ   学名:Echium vulgare
タイプ:ムラサキ科シャゼンムラサキ属の耐寒性1年草
原産地:ヨーロッパ
草丈:60~90cm  株張り:30cm
開花期:5~7月  9月~10月
用途:花壇、鉢植え、庭植え  日照:日当たり

category: お花が好き♪

CM: 8 TB: 0   

 

青いお花小特集 Ⅱ
アンチューサ
アンチューサ1
アンチューサ

春は一斉に花木が咲き始めるので園芸種のお花がどうしても後回しになり
季節外れになりやすいです。

アンチューサは春のお花で 勿忘草とほぼ同時期に咲きます。

アンチューサ 学名: Anchusa capensis  和名: アフリカワスレナグサ
科名: ムラサキ科 属名: アンクサ属
性状: 一年草(耐寒性) 原産地: 南アフリカ
開花期: 5~6月

ワスレナグサに似た濃青色の花が集散花序で密に咲きます。
アンチューサの仲間では矮性の種類で、草丈は20~60cm程度です。
特に園芸品種には矮性のものがあり、鉢花に適します。白花品種もあります。

category: お花が好き♪

CM: 0 TB: 0   

 

青いお花小特集 Ⅰ
ギリア・レウタンサ
ギリア・レウタンサ1
ギリア・レプタンサ

今日も非常に暑くなりましたね。
九州の方は梅雨入りしたそうなので 明日の雨で関東も梅雨入りかしら?
お花たちも そろそろ お湿りが欲しいと思います。

今日は青いお花に絞って3つアップしようと思ってます。

あまり聞き慣れない名前のお花ですが 非常にキレイな青色の花が咲きます。 
葉っぱの感じが ニゲラや千鳥草と似てますが 科も違いますね。

ギリア ・ レプタンサ
学 名  Gilia leptantha  科 名 ハナシノブ科
分 類 一年草  草 丈 60㎝
草 姿 立ち性  花 色 紫   開花期間 1~2ヶ月

南北アメリカが原産。日当たりと排水のよい場所を好むが多肥と過湿に弱い。
病害虫は特にない。花壇苗や切り花用に栽培される。

別名 アメリカハナシノブ 玉咲き姫ハナシノブ

category: お花が好き♪

CM: 2 TB: 0