Admin New entry Up load All archives

街の花便り

季節のお花を紹介してます。

 

ゼラニウム
ゼラニウム1
ゼラニウム2
ゼラニウム

今日も真っ青な空 風がなければ日中は暖かです。
昨日は北風が強く けっこう寒かったですね。

このお花は 寒くても暑くても ほぼ一年中 お花が咲いてますね。
丈夫過ぎて やや汚い状態で咲いてるのもありますが 持ち主がキチンと
剪定などをしてると 非常にいい状態のもあります。

南アフリカ・ケープ地方原産のペラルゴニウム・ゾナレ(Pelargonium zonale)
とペラルゴニウム・インクイナンス(P. inquinans)を主な親とし
これにほか数種が交雑されてつくり出されました。
やや多肉質の茎をもち、乾燥には強い反面、過湿には弱い性質をもっています。

四季咲き性で、温度が適していれば一年中開花します。
花は一重咲きから八重咲きまであり、星形やカップ状の小花がボール状に
多数集まって、長い花茎の先端につきます。

また、葉に白や黄色の斑が入る品種やモミジに似た葉をもつ品種もあり
コンテナやガーデンで彩りを添えます。
小柄な草姿で花つきがよいのでコンテナ寄せ植えやガーデンに利用されます。

形態 多年草 原産地 南アフリカ・ケープ地方

草丈/樹高 100cm 開花期 3月〜12月上旬

category: お花が好き♪

CM: 0 TB: 0   

 

オカメナンテン
オカメナンテン1
おかめ南天  オカメナンテン

別名 お多福南天とも言います。 
小型の南天で鉢植えで育てるには最適 かなり真っ赤に紅葉しますよね。
我が家にも 一鉢 あります♪

オカメナンテン   メギ科 ナンテン属
別名 オタフクナンテン 学名 Nandina domestica cv. Otafukunanten

オカメナンテンは常緑低木。
緑色のときは目立つ事は無いが冬場になると鮮やかな紅赤色に紅葉し
目が覚めるように綺麗だ。

夏の発色は流石に中途半端。
矮性種で花壇のグランドカバーには向いていそうだ。

オカメナンテン2

category: お花が好き♪

CM: 2 TB: 0   

 

メルー2
メルー3
メルー4
MERU メルー

今日はわりとマイナーな山岳映画 「メルー」をみに 東京の二子玉川に行きましたが
4時半上映予定だったのに 3時半にはもう満席・・・入場できませんでした。
ただ チケット売り場の人が親切で 3時間の駐車場無料券をくれたので久々に
玉川高島屋を覗いて来ましたが かって経験がないくらい大混雑・・・
大きなバーゲンセール中だったみたいですが あんなに人が集まるもんなんだ。

玉川高島屋の商品ってすごく高額なものが多く スラックスが28000円
我が家の金銭感覚ではとても手が出ない商品ばっかりです。

メルーはヒマラヤ山脈メルー中央峰にそびえる岩壁“シャークスフィン”。
この難攻不落の直登ダイレクトルートに挑んで敗れた3人の一流クライマーたちが、
過去や葛藤を乗り越え、再び過酷な大自然に立ち向かっていく姿を描いた、
壮大なスケールの山岳ヒューマン・ドキュメンタリー映画です。

明日の4時半のを今度はネット予約をしたので もう一度 二子玉川に行ってきます。

category: お花が好き♪

CM: 4 TB: 0   

 

キンセンカ
キンセンカ1
金盞花  キンセンカ

今日は素晴らしいお天気に回復 台風一過のようなお天気です。
今日は4時過ぎに二子玉川で上映してる映画「メルー」を見に行く予定
山岳映画なので 限られた場所でしか上映せず それも一日 一回しか上映しません。

このお花は いつもお花屋さんに売られてるような気がします。
冬に咲いてる「フユシラズ」は このキンセンカの仲間で やや小型の種類
日本では 中型までをカレンジュラと呼び 
大型の八重をキンセンカと呼んでるみたいです。

キンセンカ 金盞花 キク科の園芸植物。
別名、カレンデュラ、ポットマリーゴールド。

原産地は地中海沿岸。北アメリカ、中央アメリカ、南ヨーロッパ
などで栽培されている。
春咲き一年草として扱うが宿根草タイプは冬を越すので
「冬知らず」の名で市場に出回る。

葉は長さ5~18センチメートルの単葉、しばしば荒い毛が生えている。
花径10cmほどでオレンジ色や黄色の花を咲かせる。
花容は一重、八重、また中心に黒のスポットのあるものと多彩。

日本では観賞用として花壇などに植えられるが
ヨーロッパでは原種はハーブの一つに数えられ
「エディブルフラワー」(食用花)である。

キンセンカの軟膏は火傷からにきびまで幅広い皮膚の
トラブルの治療薬になると考えられている。

キンセンカ2

category: お花が好き♪

CM: 4 TB: 0   

 

アデニウム
アデニウム1
砂漠の薔薇  アデニウム

今日は大寒 暦通り すごく寒かったですが 夕方に少し小雨が降っただけで
予報の雪にはならなそうです。

熱帯~南アフリカ原産の多肉植物で、乾燥に耐えるために茎の根元が
とっくり状にふくらんでいるのが特長です。
このお花も川崎の緑化センターで撮影しました。

この品種は別名「砂漠のバラ」とも呼ばれ ろうと状で先が
5つに分かれるかたちの花を咲かせます。
花の色は白地にフチが鮮やかな赤色になり日光に当たると
輝くような美しい花です。そのほかにも、白やピンクの花色の品種もあります

アデニウム キョウチクトウ科 多肉植物 多年草 原産 熱帯~南アフリカ
別名「砂漠のバラ」とも呼ばれる熱帯アフリカ原産の多肉植物です。
茎の根元がとっくり状にふくらむユニークな草姿で
枝の先端に近くに葉がつき花を咲かせます。

暑さや乾燥には強いのですが寒さには弱いので
冬は鉢植えにして室内で管理します。
雨にも弱いので庭植えには不向きな植物です

category: お花が好き♪

CM: 8 TB: 0   

 

アカメヤナギ
アカメヤナギ1
赤芽柳   アカメヤナギ

今日もお天気が悪く ドンヨリお天気で小雨が降るかも?
週始めの予報では今夜から大雪ってな予報でしたが 
どうも積もるほどの雪は降らないみたいです。
今週はお仕事が忙しかったので 明日は家でゆっくりしてよう~~っと!

赤芽柳はいろんな名前があり 猫柳の一種ですが他にも振袖柳 丸葉柳ともいいます。
主に切り花として売られてており 生花にもよく使われます。

赤芽柳
英名: Salix leucopithecia
分類: ヤナギ科 ヤナギ属
学名: Salix x leucopithecia
別名:  フリソデヤナギ(振袖柳)

ヤナギ科の落葉低木。雌雄異株で雄花は紅~黄色になり、雌花は赤茶色である。
ヤマネコヤナギとネコヤナギ、若しくはネコヤナギとバッコヤナギの雑種とされている。
マルバヤナギも新芽が赤いことからアカメヤナギの別名があるが
生花として9月頃より流通するのはフリソデヤナギだそうである。

category: お花が好き♪

CM: 8 TB: 0   

 

シネッティー
シネッティー4
シネッティー5
サイネリア(シネッティー)

横浜は朝 ドンヨリお天気でしたが 埼玉に行ったら けっこういいお天気でした。
明日の夜から 関東地方は雪っぽいお天気になりそうですが まあ 大雪で
交通マヒになるほどの雪ではないみたいです。

この時期 お花が少なくなるので パンジー&ビオラ以外で
お花屋さんで 主力で売られてるお花

思わず欲しくなるほど 艶やかで 昼間は日当たりのいい場所に置けば
大丈夫ですが 夜は室内に入れてあげないと 一発で枯れちゃいます。

サイネリア  キク科 学名:Senecio cruentus
和名:フウキギク(富貴菊),フキザクラ(富貴桜)
別名:シネラリア  花期:春

シネラリア(cineraria)と読むのが正しいらしいですが
どうも名前がよくないので,花屋さんではサイネリアといっています。
和名は,フウキギク(富貴菊),フキザクラ(富貴桜)などともいうようです。

サントリーの同じ商品は「シネッティー」の名称で売られてます。

大西洋のカナリア諸島の原産だそうです。春を彩る花の一つですね。
色も赤,紅,紫,濃紫,赤紫,青紫,青,白,ピンクなど様々で
一色のものや蛇の目咲きのものなど多種類あります。

シネッティー2
シネッティー3
シネッティー1

category: お花が好き♪

CM: 2 TB: 0   

 

フリチラリア1
フリチラリア
フリチラリア・メレアグリス

今日は雲が多く 日が差さないので日中もあまり気温が上がらなそうです。
今 新しい仕事が入っており 忙しいのですが身体が残業慣れしておらず
6時を過ぎると もう家に早く帰りたくなります。

フリチラリア あまり聞きなれない名前ですが バイモや黒百合なんかの仲間です。
栽培難度が高い花で 貝母の方が 育てやすいです。
メレアグリスは花弁に チェック模様が入ります。

本来の開花時期は春ですが なぜか園芸店に多量に売られてました。
うちも 一鉢 購入しました。

フリチラリア・メレアグリス ユリ科  学名:Fritillaria
原産地:北半球の温帯  草丈:20cm~1m  開花期:6月-10月

フリチラリアは北半球の温帯におよそ100種が分布する球根植物で
日本にもクロユリなど数種が分布しています。
秋に芽を出して生長し春に花を咲かせ
夏前に地上部が枯れて球根の状態で夏を越します。

花色は白、紫、オレンジ、黄、白、緑など種によって様々です。
草丈は小型種で20cm、大型種では1mを超します。
フリチラリアはラテン語で「サイコロ箱」とか「チェス盤」と言う意味で
ある種の花の形や模様に由来するとされています。

category: お花が好き♪

CM: 8 TB: 0   

 

ハボタン
ハボタン1
ハボタン2
葉牡丹  ハボタン

昼間は日差しもあるのでまあまあ暖かいですが ちょっと風が吹いたり
日陰に行くとやはり寒いですね。  春はまだまだ 先ですよねぇ~~><

冬のお花が少ない時期 プランターやガーデンを賑わす観葉植物
種類が ものすごくあって 歴史もあり 東京丸葉 大阪丸葉 名古屋チリメン
などを原種にしてるそうです。

ちょっと観 白菜やキャベツのようにも見えますね。

ハボタン(葉牡丹、英語:ornamental cabbage)は
アブラナ科アブラナ属の多年草。
園芸植物として鮮やかな葉を鑑賞するが、観葉植物より一年草の
草花として扱われる事が多い。

名前の由来は、葉を牡丹の花に見立てたもの。 耐寒性に優れ
冬の公園を彩るほか、門松の添え物にも利用されるが、暖地では色づかず
寒地では屋外越冬できない。

この植物は いろんなアレンジが出来ますね。

今朝の氷
149731.jpg

category: お花が好き♪

CM: 6 TB: 0   

 

ゴールデンクラッカー
ゴールデンクラッカー1
ゴールデンクラッカー

今日もいいお天気ですが 外はすごく寒そうです。
金曜の夜に関東地方も大雪が降るかも?の予報です。
都心は雪が積もると大変ですが まあ 土曜は出社日じゃないので大丈夫ですね。
そもそも 今の車 チェーンなんて持ってないもの!

ユリオプスデージーの仲間で 1cmくらいの小さな花が沢山 咲きます。
家にも いつ購入したのか 忘れましたが たぶん10年近く経ったのがあります。
非常に丈夫で育てやすい花木です。

ゴールデンクラッカー
キク科 学名  Euryops virgineus’Golden Cracker’
原産地  南アフリカ
別名  ユリオプス ゴールデンクラッカー
草丈  50cm~150cm   開花時期 1月

南アフリカ原産、キク科の常緑低木です。
95種あるユリオプス属のひとつで、その中でもゴールデンクラッカーは
バージネウスという品種です。

同じ仲間に日本でも古くから親しまれているユリオプスデージー
(ユリオプス ペクティナツス)があります。

枝は松葉を細かくしたような細い感じで、その先端に1cmほどの黄色い花を
枝いっぱいに付ける姿はまさに「花がはじける」といった形容がふさわしく
ゴールデンクラッカーの名前もそこから来ているのではないでしょうか。

category: お花が好き♪

CM: 8 TB: 0   

 

子宝弁慶草
子宝弁慶草1
子宝弁慶  コダカラベンケイ

今日も一日中 寒い一日でした。
お天気はいいんですが なんせ寒くて 野外で咲いてるお花もほとんどありません。
今日は仕事途中に川崎の緑化センターの温室を覗いて来ました。

ハナイカダのお花や種の付き方も 変わってますが この子宝弁慶って植物も
非常に変わってます。
葉の先端に ムカゴが沢山出来 これが落ちて 繁殖します。

以前 葉だけの状態のを見た事がありますが お花はこんなお花が冬に咲きます。
カランコエと同じような花が咲きますね。

子宝弁慶 ベンケイソウ科  原産地:マダガスカル
別名  Devils backbone, デビルズバックボーン
     コダカラベンケイ , シコロベンケイ(錣弁慶)

高さは60~80cmくらい。葉の縁にオコチャマがいっぱいできてます。
コダカラ(子宝)という名前が付くのもよくわかります。

弁慶…はベンケイソウの仲間だからでしょう。
ベンケイソウは日本でもおなじみですよね。
挿し木ですぐ生えるので 増やすのは簡単だそうです。

子宝弁慶の葉っぱ
子宝弁慶草2

category: お花が好き♪

CM: 6 TB: 0   

 

デージー
デージー1
チロリアン・デージー

今日も空は真っ青で清々しいですが 気温は低め 
でも昨日よりは暖か目ですね。

チロリアン・デージーはデージーの園芸種で たぶん サカタのタネが
販売してる品種だと思います。

普通のデージーと違い 花が5cm以上の大型種で 咲き方もちょっと違います
ネーミングも ユニークでクララ ハイジなど アルプスの少女から取ってます

普通のデージーと違い 花の中央部分まで花弁が付き 八重咲きなのかも?

チロリアン・デージー  科名:キク科の一年草
ヒナギクの和名で親しまれています。
しかし、もともとはヨーロッパの雑草が原種です。
強健で育てやすいのが最大の特徴です。
この品種は花壇に群生させると非常に美しく花壇を覆います。

category: お花が好き♪

CM: 6 TB: 0   

 

レウィシア1
レウィシア4
レウィシア 3
レウィシア

今朝は今年一番の冷え込みで 車の車外温度はー3度・・・
外に置いてあるバケツの水もバリバリに凍結し暑さ10cm
あまりに寒いので 少し風邪をひいたらしく鼻水が出ます。

多肉植物系のお花ですが 秋から冬に出回り春に再開花します♪
寒さには強いですが やや蒸し暑さに弱い植物

毎年 夏に枯らしてしまいますが 好きな花なので毎年 購入してしまいます。
非常にキレイな花が咲き 種類も沢山あります。

葉っぱは多肉食物 でもお花は繊細で 可愛い花です。

レウィシア(スベリヒユ科レウィシア属)

別 名 イワハナビ ルイシャ
原 産  北アメリカ
花言葉  ほのかな思い
花 期  春
名前の由来  アメリカの探検家「ルイス」にちなむ
アメリカ原産の高山植物で耐寒性の多年草。
日当たりの良いところを好み、高温多湿を嫌う花ですので乾燥気味に管理します。
花色に変化のある花です。

バケツの氷
バケツの氷
バケツの氷1

category: お花が好き♪

CM: 4 TB: 0   

 

プリムラ・ポリアンサ
プリムラ・ポリアンサ1
プリムラ・ポリアンサ

今朝も冷え込んでおり きっと外は氷点下。
昨日は寒波襲来で 野外の水は凍ってるかと思ったら
隣の家の水鉢は凍ってませんでした。

この時期に一番流通するプリムラのジュリアンとよく似てますが
花が大型で プリムラの中で最大の花が咲きます。

プリムラ・ポリアンサ サクラソウ科 サクラソウ属(プリムラ属)
学名   Primula polyantha
別名   クリンザクラ(九輪桜)   プリムラ・ポリアンタ
花期   冬~春

プリムラは、おもに北半球の山地、とくに中国西部~チベット、ヒマラヤ、ヨーロッパ原産の
多年草で、ヨーロッパや中国原産のサクラソウの仲間をもとに作出された
多くの園芸種の総称です。

花期は12~5月で、赤、桃、黄、橙、白、青、赤紫など花色は多彩です。
プリムラはラテン語で最初という意味で、この花が早春にほかの
花にさきがけて咲くためにつけられたといわれます。

本来のポリアンサは、クリンソウ(九輪草)の一種でイギリス原産の
プリムラ・ベリスと小アジア原産のプリムラ・ブルガーリスの交配種といわれます。

大きな葉をもち、花茎が6~8㌢にもなる超大輪花で
耐寒性も強いのでプリムラの代表品種になっています

category: お花が好き♪

CM: 6 TB: 0   

 

ハツコイソウ
ハツコイソウ1
ハツコイソウ2
初恋草  ハツコイソウ

今日は午前中にイルミネーションの取り外しをしましたが 10時前は
作業をしてると指先が痺れるほど寒かったです。

取り付けは6時間以上かかりましたが取り外しは2時間ってとこですね。
キチンと整理して 来年もスムーズに飾れるようにして仕舞います。

初恋草 ネーミングも面白いし 
この花は アップで撮影すると 変わった花弁の形をしてます。
草と名前が付いてますが これは樹木です。

ハツコイソウ(初恋草)   クサトベラ科   レケナウルティア属
学名   Leschenaultia spp.
別名   レケナウルティア・ハートエンジェル
花期   早春

西オーストラリア 原産の非耐寒性亜低木です。
葉は細く、径1~2?の小さな花が可憐で、園芸店には初恋草の名で
おもに冬季に流通しています。
初恋草の名のとおり、柔らかく優しい趣のある花を咲かせます。
1800~1804年にオーストラリアを踏査したフランスの
植物学者レシュノーに因んで命名されました。

初恋草
初恋草2

category: お花が好き♪

CM: 6 TB: 0   

 

リーガース・ベゴニア
リーガース・ベゴニア1
リーガース・ベゴニア3
リーガース・ベゴニア

今日は寒波襲来で 寒い予報ですが今は日が差してるので
暖かいうちにイルミネーションの片づけをしないと!
来年も簡単に取り付けれるようにきちんと整理をしながら取り外しますが
取り付けの1/3くらいの時間で終わるんじゃないかな?
なんせ 量が多いので会社の倉庫を使わせて貰ってます。
押し入れ一杯分以上あります・・・。

リーガース・ベゴニア  シュウカイドウ科シュウカイドウ属の多年草
学名は Begoniax hiemalis。英名は Elatior begonia, Rieger begonia。

「エラチオール・ベゴニア」とも呼ばれています。
球根ベゴニアと冬咲きベゴニアを交配して生まれた品種です。
最初に普及したのがリーガー氏の育成した品種群だったので
このように呼ばれるようになりました。

短日性の植物なので冬咲きですが
開花調節によってほとんど一年中出回っています。
花色は赤、ピンク、黄、白などで覆輪もあります。

短日植物 1日の日の長さが12~13時間以下になると花を咲かせる植物。

category: お花が好き♪

CM: 4 TB: 0   

 

アネモネ
アネモネ1
アネモネ

今日は大寒波襲来なので 氷が朝 這ってるかと思いましたが まだ水鉢は凍っていませんでした。
夕方から風が出始め すごく寒いですね。

明日は雨が降らない限り寒くてもイルミネーションの取り外しをしないと!
毎年 12月に入ったら点灯し 成人の日以降は電気を入れません。
取り付けは一日がかりでも 取り外しは2時間くらいで終わるんじゃないかな?

アネモネも春のお花ですが園芸店では もう沢山 出始めてます。
キンポウゲ科の植物は どれも繊細な感じの花が多いので 私は大好きです♪

アネモネ Anemone coronaria.  キンポウゲ科  アネモネ属
秋植え球根  和名 ボタンイチゲ
原産地 地中海沿岸   開花時期 3月~4月

春の庭をあざやかに飾ってくれるアネモネは、栽培もごく簡単なうえ
球根の値段も手頃なため、場所さえあれば毎年植えたくなります。

チューリップより早く咲くので、この花が咲くようになると
春が来たという実感がわいてきます。
 
アネモネの名の由来はギリシャ神話に出てくる
アネモという美しい娘からきています。

アネモネ2
アネモネ3

category: お花が好き♪

CM: 8 TB: 0   

 

エリカ・ウィンターファイヤー2
エリカ・ウィンターファイヤー

今日も真っ青な空ですが大寒波襲来で外はすごく寒そうです。

年初めのお休みの後に成人式の3連休があるので仕事関係は
大忙し 今年は週半ばに休みがある週は土曜出社に変更したので
今日は室内作業がはかどるかも?

エリカの種類は多く ツツジの仲間で樹木です。
寒さには強いですが 夏の蒸し暑さには弱く 我が家には花が咲かないエリカが
たくさんあります。

ウィンターファイヤーは別名 オアテシーとも言います。
つつじ科 エリカ属の常緑小低木である。
原産地は南アフリカである。
ウインターファイヤー(Winter Fire)はそのオアテシー園芸品種である。

樹高は50~120センチくらいである。
根際からよく枝分かれをし、枝は直立をする。
葉は針形である。
開花時期は12~2月である。
花は紅色の筒状花で、枝先に密生する。

学名:Erica oatesii cv. Winter Fire

category: お花が好き♪

CM: 4 TB: 0   

 

イタリア旅行記 14 ラスト
149594.jpg
149591.jpg
149593.jpg
149598.jpg
ポンペイ遺跡

今日も寒かったですが 明日はもっと寒くなり 小雪がチラつくかも?
の予報が出てます。
明日は9日に成人の日で休んだので出社日 土曜日に仕事をするのは久々です。

さて イタリア旅行も終盤 この日が最後で 遠路ローマから229km
南に3時間 高速を走り ナポリへ
途中 ナポリには寄らず 先に更に南に下った ポンペイの遺跡に!

到着した時 雨は土砂降り・・・雷 ゴロゴロ・・・
でも 現地のガイドさん 自分の役目はキッチリ果たしたいらしく
説明、ガイドに手抜きなし・・・ 
こっちは土砂降りなので 雰囲気を察して欲しかったんだけどなぁ~

ナポリからほど近くに位置するポンペイは、多くの地中海沿岸地域同様
紀元前後にはローマの影響を強く受けるようになり
地中海貿易の拠点の一つとして栄えていた。

2000年前のポンペイの姿は?
計画的に整備された路、それに沿って建てられた家々や商店のほか
風呂、スポーツ施設、劇場などの公共娯楽施設が軒を連ねていたほか
商人の出入りが多いこともあり、市場が発達し、ホテルやバー
そして娼館などもあった。

紀元62年 ヴェスヴィオ火山が噴火し ポンペイと周辺地域を呑み込んだ
当時の記録はかなり正確に残されており 最初街に降った火山灰で屋根がつぶされ
のちに火山性のガスの充満によって 街の多くの人たちが犠牲にになったそうです。

このポンペイの遺跡観光の後 ナポリに戻り市内観光
をしましたが 雨が土砂降りで バスから下りずに終了~~


また同じ高速を229km戻ってローマのホテルへ戻り
翌日は荷物整理をしてローマのフィウミチーノ空港へ

空港 通関あとのロビーにラーメン屋さんがありましたが ラーメンはなし・・・
チャーハンとエビフライ&ギョウザを食べました♪

今回のツアーはなんせ駆け足ツアーで 年寄りにはかなりハード
次回 イタリアに行くとしたら ツアーではなく個人旅行で 少なくても
ローマで2、3泊しゆっくり観光をたいですね。

以上 お正月休み 8泊のイタリア旅行記でした。

category: お花が好き♪

CM: 6 TB: 0   

 

ヒボケ
ヒボケ1
寒木瓜  カンボケ

今朝も冷え込んでおり すごく寒いですが それでも氷点下ではないので
北国の人たちからみたら まだまだです。

木瓜には 緋木瓜 寒木瓜 草木瓜 ってありますが イマイチ 区分けが
よくわかりません。 緋木瓜は 赤いってのは わかりますが・・・
草木瓜の果実は 地梨といい 薬用種に使われます。

ボケはバラ科で原産地は中国です。観賞用に庭木として栽培されています。
12~4月頃、花径2~3㎝の花が咲きます。

花色は紅「(ヒボケ(緋木瓜)」「白(白木瓜)」紅色の混じった
「サラサボケ(更紗木瓜)」など多彩です。
また四季咲きの「長春木瓜」冬から初春に花をつける「寒木瓜」などもあります。

埼玉 川越から見えた富士山
富士山 川越1
昨日は満月
満月

category: お花が好き♪

CM: 6 TB: 0   

 

イタリア旅行記 13
149572.jpg
149575.jpg
149576.jpg
149578.jpg
バチカン美術館

今日はお天気は晴れで寒い予報でしたが けっこう暖かになって助かりました♪
今日は川越までお仕事で行きましたが 秋ヶ瀬公園の橋から 富士山がクッキリ見ました♪

さて ローマ観光が朝から気ぜわしく 駆け足ツアーになったすべての原因は
ここバチカン美術館を夜 JTBツアーのために特別公開したため
予約時間がきっちり決められた事です。
この日は朝の5:45分にモーニングコールがあり ずっと移動&観光でクタクタ・・・

バチカン美術館の予約時間が6時半で 一般人がいなくなってから見物です。

バチカン美術館 (Musei Vaticani) は、バチカン市国にあり
歴代ローマ教皇の収集品を収蔵展示する世界最大級の美術館である。

カトリック教会の総本山サン・ピエトロ大聖堂の北側に隣接するバチカン宮殿の
大部分を占める巨大な美術館である。
500年以上の歴史をもつバチカン美術館は、新旧さまざまな美術館の複合体であり

古代(ギリシャ・ローマ)彫刻、エジプト美術、エトルリア美術、現代キリスト教美術などの
専門美術館のほか、ミケランジェロの絵画で知られるシスティーナ礼拝堂
バチカン図書館、中世の教皇庁の建物の一部(「ボルジア家の間」
「ニコラウス5世の礼拝堂」、「ラファエロの間」などを含む)も見学コースに
含まれ、これらを総称して「バチカン美術館」と称している。

このバチカン美術館 見学後 やっと夕食 イタリアのカンツォーネを
聞きながらのディナーです。
カンツォーネは けっこう知ってる曲が多く サンタルチア ゴットファーザー「愛のテーマ」
なんかもカンツォーネです。

5曲くらい歌った後 本人のCDを売りにテーブルまでやって来ます。
あまり熱心には売らず うちのツーの人は誰も買わなかったんじゃないかな?

149581.jpg

9時ごろに食事が終わり ホテルに戻れたのは10時過ぎ
朝からずっとハードスケジュールで疲れましたが
明日は遠路ナポリまで往復500km 6時間 バスで走行します。
明日もモーニングコールは6:00


6日目のローマのホテル
149583.jpg
149584.jpg

category: お花が好き♪

CM: 6 TB: 0   

 

ロウバイ1
素心蝋梅   ソシンロウバイ

今日も気持ちのいい青空ですが sとはすごく寒そうです。
九はお仕事で川越まで行くので 富士山が荒川土手から見えるかも?

日本は真冬でも けっこう花が咲いてる花木がありますが イタリアでは
まったくといっていいほど 花は咲いてませんでした。

ロウバイ(蝋梅、蠟梅、臘梅、唐梅、Chimonanthus praecox)は名前に梅が
ついているためバラ科サクラ属と誤解されやすいが
ロウバイ科ロウバイ属の落葉低木。
1月から2月にかけて黄色い花を付ける落葉広葉低木である。花の香りは強い。

ソシンロウバイ(素心蝋梅)、マンゲツロウバイ(満月蝋梅)
トウロウバイ(唐蝋梅)などの栽培品種がある。
よく栽培されているのはソシンロウバイで花全体が黄色である。
ロウバイの基本種は、花の中心部は暗紫色で、その周囲が黄色である。

唐の国から来たこともあり唐梅とも呼ばれ、中国名も蝋梅であったことにちなむ。
別の説では花被片が蝋細工のようであったことからそう呼ばれる。

また、花やつぼみから抽出した蝋梅油(ろうばいゆ)を薬として使用する。

ロウバイ

category: お花が好き♪

CM: 4 TB: 0   

 

イタリア旅行記 Ⅻ
149543.jpg
149547.jpg
バチカン市国 聖サンピエトロ大聖堂

今回のツアーのメインは このサンピエトロ寺院の美術館に夜 特別枠で
入場できる事 でも その貸切 特別枠に時間制限があるので 絶対に
その時間に遅刻できないってな事なんだそうです。

他の観光名所も大混雑でしたが ここが一番 混んでおり 荷物検査のために
入場待ち渋滞が約二時間
それも入場待ちし始めてすぐに雨が降り始め 小雨の中を2時間も野外で並びました。
ガイドさんが 荷物検査がうるさいので 出来るだけ荷物を少なくなんて言うので
傘がない人が半分・・・・
寒い中 延々と2時間並んで 入場したら 見学制限時間15分・・・なんじゃ?

サンピエトロ、つまり聖ペテロはキリストの一番弟子であり
初代ローマ教皇である人です。

そのペテロがネロ帝(在位54-68年)の時代に殉教し
その殉教の地に墓がつくられ、その墓の上に建てられたのが
このサンピエトロ大聖堂です。
サンピエトロ大聖堂を訪れることは、初代ローマ教皇ペテロから
現在の第266代教皇フランシスコまでの、2000年に及ぶローマ教会の
歴史そのものを訪れることとも言えます。

149554.jpg
149550.jpg
149562.jpg

大聖堂の見学が終わったら 外は真っ暗
149571.jpg

category: お花が好き♪

CM: 4 TB: 0   

 

イタリア旅行記 Ⅺ
149538.jpg
149541.jpg
トレビの泉

旅行5日目の午後はとにかく大忙しの一日
朝の5時に起きて ずっとバス移動をして 午後からローマの有名観光場所巡り

どこも世界的に知名度のある場所なので 大混雑!!
特に このトレビの泉 バチカン サンピエトロ寺院は すごい人・・・・

トレビはイタリア語で数字の3を意味するトレと、道を意味するビア
を合わせたものです。

すなわち3つの道がこの場所で出会うということです。

トレビの泉の女神の彫刻がきれい!
ポーリ宮殿の壁と一体となっており、
それぞれ左側に女神ケレース、
中央に水の神ネプトゥーヌス、
右側に健康の女神サルースの彫刻が建てられています。

この彫刻はバロック時代の芸術シンボルとして大変有名で、
芸術に詳しくない方でも一見の価値ありです!!

泉に向かってコインを投げるのは有名ですがちゃんと作法ああり
右手で左肩越しに後ろを向いて泉にコインを投げるのが正しいやり方
1枚は再びローマに来れる願い
2枚投げると好きな人と一緒にいらえる願い
3枚投げると恋人や伴侶と別れられる願いだそうです。

すごい人でしょ? でも ちゃんと前まで行って
コインを一枚投げてきました。

category: お花が好き♪

CM: 8 TB: 0   

 

島寒菊
島寒菊1
島寒菊  シマカンギク

昨日はすごく冷え込んでいいお天気だったので 小高い丘からは富士山が
クッキリみえました♪ 富士山が見えるとすこし得をした気分になりますよね?

矮性種で お正月用の寄せ植えに使われる島寒菊もありますが
本種は80㎝くらいまで 成長します。

松 竹 梅 ヤブコウジ これに黄色く咲く福寿草がセットになりますが
福寿草の開花には ちょっと早いので このシマカンギクが使われます。

シマカンギク  科名  キク科
学名  Dendranthema indicum (L.) Des Moulins
花期  10~12月
分布  国内:本州、四国、九州
     
山地や山麓の日当たりの良いところに生える多年草。
海岸付近の岩の上や山間地の畑の縁、それに道路の法面などでも良く見かけます。
和名のシマカンギクは島に多く寒い時期にも花をつけることによると言われています。

日吉からみえた富士山
富士山
富士山1

category: お花が好き♪

CM: 4 TB: 0   

 

イタリア旅行記 Ⅹ
149514.jpg
真実の口前の行列

ローマは世界的にも有名な建造物 有名な観光名所が
盛り沢山ですが 過密スケジュールで駆け足観光です。


真実の口はオードリーヘップバーンの「ローマの休日」で超有名になりましたが
実はここだけでなく 他の教会にもあります。
私たちのツアーは時間がないので ここには並ばず ここからバスで5分の
闘技場 コロッセオへ

画像を借りてきた真実の口
真実の口
二日前に寄ったヴェネチアの真実の口
149336.jpg
コロセオ
149518.jpg
149524.jpg

ここも観光客がワンサカ・・・ とても闘技場に並んで入る時間がなく
ぐるり 一周回っただけ 20分で見学は終了~~~
添乗員さん(40代の女性)の早足は早くて みんなついて行けない感じ・・・
とにかく 早く 早く 次 次 時間 時間 時間が・・・
なんせ 2日で回るコースを半日で回ろうってなスケジュールなので気ぜわしい
添乗員さんもボヤキますが ボヤキたいのは私たちの方です。

撮るなと言われると撮りたくなる♪
149525.jpg


スペイン広場
149532.jpg
149531.jpg

ここも 「ローマの休日」で ヘップバーンがジェラードを食べた場所で有名になりました。
近くにジェラードは売ってますが 階段での飲食は禁止

すごい人でしょ?
この後 トレビの泉 バチカンのサンピエトロ寺院に
行きますが それは明日の夜に!


スペイン広場で見つけた美少女
149533.jpg

category: お花が好き♪

CM: 6 TB: 0   

 

イタリア旅行記 Ⅸ
149498.jpg
149497.jpg
149496.jpg
オリヴィエート

今日はすごくいいお天気になって 日吉からお真っ白な富士山がクッキリと見えました。
今週はこれから寒い日が続き あまりお天気もよくなさそうです。

さて 旅行も終盤5日目
フィレンツェからローマに移動 途中 大きな岩の丘にたつ城塞都市
オリヴィエートに寄りました。 フィレンツェから2時間 165km

丘の上に作られた要塞都市、古くからエトルリア人が住んでいたが
紀元前280年ごろにローマ人に攻め落とされ、近隣に逃れた。
以来この街を「ウルブス・ウェトゥス (urbs vetus)」(ラテン語で「古い町」の意)と
呼んだのが訛ってオルヴィエートと呼ばれるようになったといわれている。

16世紀にローマ略奪のためこの地に逃れてきた教皇クレメンス7世が作らせた
サン・パトリツィオの井戸 (il pozzo di San Patrizio) という遺跡が残っている。
直径13m・深さ62mという大きな縦穴で、内壁に沿って
設けられた長い螺旋階段を降りて水を汲みに行く。

この後 バスで2時間 133km走行して メインのローマに!!
ローマは 世界的な観光地なので 有名な建造物だらけです♪

どの街に行っても大きな教会があります。

category: お花が好き♪

CM: 2 TB: 0   

 

梅の花2
梅の花3
白梅  シラウメ

今日もいいお天気ですが外はすごく寒そうです。

イタリア旅行記は もう2,3回続きますが お花の旬な時期を逃しちゃうのも
イヤなので朝は 花のアップに戻ります。

梅は紅梅の方が先に咲くみたいで その後 白梅が咲きはじめるような気がします。
もう ピンクの梅も咲いてるのを発見しました♪

梅に纏わる 格言で もう一つ
「桃栗三年、柿八年、柚(ゆず)の馬鹿野郎十八年、梅はすいすい十六年」
ってのもあります。

柚子は18年もかかるんですねぇ~~

種を植えてから実を収穫できるまでの期間を指す俚謡。
本来は「桃栗三年柿八年」で一つの諺。
「物事は簡単にうまくいくものではなく
一人前になるには地道な努力と忍耐が必要だ」という教訓である。

梅の花
梅の花1

category: お花が好き♪

CM: 4 TB: 0   

 

イタリア旅行記 Ⅷ
149461.jpg
149466.jpg
フィレンツェ ベッキオ宮殿

今日のゴルフ場はこの時期としては信じられないくらいのポカポカ陽気になり
上着やセーターは不要でした。
暮れ前から まったくゴルフから離れており 練習も出来なかったので
スコアは悪かったですが 楽しく遊んで来れました♪
3連休の最終日で 帰りは渋滞かと思いましたが 渋滞はなくスイスイと
帰宅出来てラッキーでした♪

イタリア旅行 4日目はピサの斜塔からフィレンツェに戻り
最初はベッキオ宮殿へ  ここには ミケランジェロ作のダビデ像が入口にあります。
(本物は貸し出し中で これは模造品なんだそうです。)

ヴェッキオ宮殿は、イタリアのフィレンツェにある宮殿
昼過ぎからの見学なので 大混雑で入館まで2時間待ち・・・
ガイドさんの顔パスで裏口から こっそり入館しました♪

1299年から1314年にかけてアルノルフォ・ディ・カンビオによって建設され
初めは、フィレンツェ共和国の政庁舎として使われ、一時、メディチ家も
ピッティ宮殿へ移るまでここを住居としていた。
1550年から1565年の間に、ジョルジョ・ヴァザーリによって部分的に改築された。
現在でも、フィレンツェ市庁舎として使われている。
内部は、「フランチェスコ1世の仕事部屋」「500人大広間」「レオ10世の間」
「ゆりの間」などの部屋に分かれている。

149468.jpg
ダンテ(神曲)のデスマスク
149477.jpg

最新作の映画 ダ・ビンチコードは このデスマスクの裏側に書かれた暗号
からストーリ-が展開していくんだそうです。

花の聖母寺 ドゥオモ
149489.jpg

この後 皮製品屋さんの見学 フィレンツェは皮製品のナメシが上手なんだそうです。
一緒に行った夫婦の人が10万くらいジャケットを3着も購入しました。 ビックリ!

その後 自由時間で夕闇のフィレンェを散策 元日なので 街もすごい賑わいですが
やってる店は ほとんどなし・・・ ただみんな ウロウロしてる感じ

149491.jpg
149492.jpg

今回の旅行では 何故か中国人観光客が少なかったです。

ベッキオ橋
149495.jpg

ヴェッキオ橋またはポンテ・ヴェッキオ(Ponte Vecchio)は、イタリアのフィレンツェを
流れるアルノ川に架かる橋。
イタリア語で「古い橋」の名が示すとおり、フィレンツェ最古の橋であり
先の大戦を生き延びたフィレンツェ唯一の橋である。

河川の氾濫などで何度か建て直されており、現在の橋は1345年に再建されたもの。
橋の上に宝飾店が建ち並んでいることで知られる。

category: お花が好き♪

CM: 8 TB: 0   

 

149394.jpg
149396.jpg
寒紅梅  カンコウバイ

明日は沼津でゴルフコンペ
予報では朝には回復し 晴れ傾向でしたが大丈夫かな?

うちの玄関脇の紅梅がチラホラ 咲き始めました♪

早咲きの紅梅は 寒紅梅といい よくみると花は八重咲きです。
白梅は一重もありますが早咲きの紅梅は八重咲きって 決まってるみたいです。

花梅は、桜と同様春を彩る日本の代表的な花木です。
寒紅梅(カンコウバイ)は、花が濃紅色の八重咲き中輪タイプです。 
学名  Prunus mume
バラ科サクラ属 耐寒性落葉高木
樹高  5m程度

植付時期
秋・春(最適期以外の時期も、ポット植えの苗木のため、根を崩さずに植え付ければ
年間を通して移植は可能です。)寒冷地は凍結防止のため春植えをお勧めします。

開花・収穫時期・量(基準:関東地方)

開花期:2月~3月頃

日当たりが良く、肥沃で排水のよい場所を好みますが、半日陰でも育ちます。
剪定は、開花後すぐに行うか、落葉時期の冬に花芽を残して剪定を行ってください。
肥料は開花前の冬の間と開花後に有機肥料を与えてください。
病害虫は春から夏にかけてうどんこ病などが発生することがありますので
市販の薬剤を散布・予防してください。  

category: お花が好き♪

CM: 6 TB: 0