Admin New entry Up load All archives

街の花便り

季節のお花を紹介してます。

 

冬薔薇1
冬薔薇
冬薔薇  フユバラ

うちのミニ薔薇も今 芽が付き始めましたが 冬にも四季咲きの薔薇は 
少し咲くみたいですね。
秋にも開花しますが 春よりはお花も少なく なんとなく 侘しさもあります。

春よりも開花期間が長く 開いて痛んだ状態のが多いのも特徴です。

カクテルやミニバラなんかも四季咲きで 秋にも少し咲きますが 冬にも咲いてます。
ナニワイバラなんかは 四季咲きではないので 秋には咲きません。

薔薇はとにかく栄養食いの植物で お花が終わったら 必ず 追肥をしないと
開花率が悪くなり お花も小さくなります。 
虫も付きやすく 手のかかる植物です。

その分 春と秋にたくさんのお花を咲かせられると 持ち主は鼻が高いですね。

category: お花が好き♪

CM: 2 TB: 0   

 

秋の赤い実シリーズ Ⅶ
ナンテン1
南天の紅葉  ナンテン

普通の紅葉する樹木は 木の頂上から色が変わって行きますが
南天は逆で 木の下側の葉っぱから紅葉し始めます。

南天は 難を転じるって事から縁起の良い植物とされ
玄関先によく植えられてますね。

ナンテン(南天)  メギ科  ナンテン属
学名   Nandina domestica
花期   初夏

日本、中国原産の常緑低木で、関東地方以南にほとんどが
庭木として植えられています。
漢名が「南天燭」で、ナンテンはこれの和音読みといわれ
属名のNandina(ナンディナ)はナンテンが語源といわれます。

初夏に先端の葉の間から花序を上に伸ばし白い花を咲かせます。
晩秋から初冬にかけて赤色(まれに白色)の果実をつけますが
果実がついた枝は翌年は開花しません。

ナンテン

category: お花が好き♪

CM: 0 TB: 0   

 

黄葉シリーズ Ⅻ
黄葉 トウカエデ
黄葉 トウカエデ1
唐楓の黄葉  トウカエデ

予報通り 夕方に少し雨が降りましたが 今はやんでます。
これから海寄りの地方は本格的な雨になり 明日の午前中まで雨だそうです・・・。

唐楓ももみじ葉楓と同じように黄葉する木と紅葉する木とあるみたいで
日当たりのいい頂上部分はけっこう赤くなりますが黄葉のままのもあります。

トウカエデ[唐楓]
別名 トライデントメープル

葉の特徴葉は長さが4~8センチで、浅く3つに裂ける。
ただし、5つに裂けるものもあれば、ほとんど裂けないものもあり、変異が多い。
葉の表面には艶があり、裏面は白みを帯びる。
実の特徴花の後にできる実は翼果(翼のある実)である
この花について属名の Acer は「裂ける」という意味のラテン語からきている。

種小名の buergerianum は日本植物の採集家「ブュルゲルの」という意味である。
日本へは江戸時代に渡来。
三角楓(サンカクカエデ)の別名がある。
これは英名のトライデントメープル(trident maple)からきたものである。
秋の紅葉は美しい。

開花時期:4~5月花の色: 黄   分布:原産地は中国。
中国大陸の東南部や台湾に分布生育地:公園樹
樹木 大きさ・高さ:10~20メートル
学名Acer buergerianum分類カエデ科 カエデ属

トウカエデ

category: お花が好き♪

CM: 2 TB: 0   

 

白木蓮
白木蓮1
白木蓮の蕾

今日はお天気が下り坂で 雨も予想されてます。
少し晴天が続いたので 雨も必要かな?

白木蓮の蕾がすっかり葉が落ち蕾も大きくなって 目立って来ました。
この蕾も 寒い冬に耐えれるように繊毛にくるまれてますよね。

どのお花も やっぱり青空背景だと いい雰囲気の写真になります。

白木蓮と紫木蓮は 同じ仲間ですが だいぶ開花時期が違い 紫木蓮には
まだ 蕾が出来てないと思います。

もう少し 春になってから蕾が出来た方がいいような気もしますが
植物には植物の考えがあるようです。

動物のように脳みそはなくても 植物も進化してるので 自分が繁殖し易いように
あれこれ工夫をしてますよね!

花水木や花桃 梅にも 蕾が出来始めてます♪

category: お花が好き♪

CM: 4 TB: 0   

 

秋の赤い実シリーズ Ⅵ
クロガネモチ
クロガネモチ1
黒鉄餅  クロガネモチ

クロガネモチは 近所の街路樹に使われており 沢山あります。
秋から 赤い実を付けてますが 野鳥の餌の順番は 遅いらしく
まだ 沢山の実が付いてます。

クロガネモチ  モチノキ科  学名  Ilex rotunda
原産地  日本  台湾  中国  インドシナ
別名  フクラシバ  フクラモチ
樹高  10m~15m
開花期  6月 果実鑑賞   10月~12月

日本の関東より南、台湾、中国南部など比較的温暖な地域に分布する

寒さには少し弱いですが、潮風や大気汚染に対する耐久力を
多少備えており性質的には強健な植物といえます。

モチノキの仲間で若い枝や葉の軸が紫色を帯びるので
クロガネ(黒鉄)モチの名前があります。

秋になると真っ赤に熟します。たくさんの真っ赤な実を付けた秋の姿は
非常に美しく冬までその姿を楽しむことができます。
雄株と雌株があり実を付けるのは雌株のみです。

category: お花が好き♪

CM: 4 TB: 0   

 

オキザリス・桃の輝き
オキザリス・桃の輝き1
オキザリス 桃の輝き

オキザリスの中では一番人気のお花で 花付きも一番!
こぼれ種からも発芽し他の鉢からも咲いたりします。

オキザリスはカタバミの中の球根性のものを言います。
今 園芸種も多く かなりの品種がありますね。
寒さにも強く 丈夫で日当たりさへ良ければ元気なお花です。

桃の輝きは 花付きが抜群に良く 直射日光が当たると 元気です。

オキザリス 桃の輝き  oxalis

濃いピンクの花びらとこんもり繁る葉っぱもかわいいオキザリス
スミレ科 耐寒性球根  花径 約2~3cm

鮮やかなオペラピンクの花のオキザリス。
細かい葉のあいだからつぼみが上がってきて 花が付きます。

日光が大好きで、日がかげってくる頃や雨の日は
お休みします…とばかりに花を閉じます。

オキザリス 月の雫
オキザリス・月の雫
オキザリス・月の雫1

category: お花が好き♪

CM: 6 TB: 0   

 

黄葉シリーズ Ⅺ
黄葉 河津桜
黄葉 河津桜1
河津桜  カワズザクラ

今朝も朝は寒かったですねぇ~~ 野外の水は朝 凍ってました。
昼間は まあまあですが 日が落ちると一気に寒くなります。

桜の木も条件がいい場所だと キレイな黄葉をします。
この河津桜の木は 通勤途中にあるので この木が河津桜だと
最初からわかって撮影してます。

河津桜

河津桜は、寒緋桜と早咲き大島桜の自然交配種と言われており
樹形は広卵状で樹皮は紫褐色で光沢がある。
花形は平開形で一重のやや下向きであり、花弁は5枚の円形で無毛である。

色は蕾の時は濃紅色だが、満開時は淡紅色になる

本家本元の 河津町の 河津桜祭りも 2月6日から始まるそうです。

category: お花が好き♪

CM: 0 TB: 0   

 

秋の赤い実シリーズ Ⅴ
ツルウメモドキ
ツルウメモドキ1
蔓梅擬  ツルウメモドキ

今朝も冷え込んでいて 外はすごく寒そうです。

昨日は羽生君がGPファイナル4連覇 フランスで行われてる大会なのに会場の看板は
日本企業ばっかりでした。 

生け花でも人気のある果実で ドライフラー状にしてクリスマスリースの
基材に使う事が多いです。

園芸店でドライフラワーも売られてますが 通勤途中の道端に
結構大きな木があって沢山 自生してます。

ツルウメモドキ  Celastrus orbiculatus Thunb. 
(ニシキギ科 ツルウメモドキ属)

ツルウメモドキは雌雄異株
雌花の花弁は淡緑色で、長さ約2.5mm。雌しべの柱頭は3つに分かれ
下部は花盤となって、周辺に退化した雄しべがある。

雄花は雌花に比べて大きく、花弁の長さは4mm。5本の雄しべがあり
中心に退化した雌しべがある。

ツルウメモドキの果実は直径7~8mmで、割れると絶妙な
コントラストを示して美しい。秋の生け花材料として最高である。

ツルウメモドキ2

category: お花が好き♪

CM: 2 TB: 0   

 

品川埠頭の水鳥
オナガガモ
オナガガモ1
尾長鴨+百合鴎  オナガガモ+ユリカモメ

仕事で 品川に行った時に 運河に沢山 鳥がたくさん浮かんでたので
撮影してきました。

成鳥の全長はオス75cm、メス55cmほどで、マガモよりもわずかに大きい。
他のカモより比較的首と尾羽が長くスマートな体型をしている。
オスの方が大きいのは、もともとオスの方が大きいのに加え、
尾羽の中央2枚が10cmほども細長く伸びることによる。

オスは頭部が黒褐色、首から胸、腹まで白色で、その境界では白い帯が
首の側面から後頭部に切れこむ。体は黒い横しま模様が細かく走る。
背中に蓑のような黒い肩羽があり、翼と尾も黒いが、腰に黄白色の太い帯が入る。
また、くちばしは中央が黒くて側面が青灰色をしている。

一方、メスは黒褐色に淡褐色の縁取りがある羽毛に覆わ
全体的に黒褐色と淡褐色のまだら模様に見える。くちばしは全体が黒い。

なお非繁殖期のオスはメスによく似たエクリプスに変化するが
くちばし側面の青灰色が残るので区別できる。

鈴鴨   スズガモ
スズガモ
スズガモ1

category: お花が好き♪

CM: 4 TB: 0   

 

秋の赤い実シリーズ Ⅳ
ヤブコウジ
ヤブコウジ1
十両  ヤブコウジ

ヤブコウジは十両とも呼ばれ 大変 縁起のいい植物として 
お正月のお飾りのも使われます。

日本、朝鮮半島、台湾、中国などに広く分布する常緑性の低木で
大きくなっても樹高はせいぜい30cm程度に収まります。
名前の示すとおり山林の木陰などに自生しています。

茎は枝分かれせず地下茎でふえていき、夏に小さな白花を咲かせて径5mmほどの
実をまばらに付け、晩秋から冬にかけて赤く色づきます。
葉は長さ10cmほどの長だ円形でフチにはギザギザが入ります。

斑入りなど美しい葉を鑑賞する品種は鉢植えにされることが多いですが
低い位置で茂るので地面を覆うのに利用したり、他の樹木の株元や灯篭や
つくばいの元に植える「根締め」など…
今で言う「グランドカバー」として用いられることが多いです。

また、センリョウ(千両)やヤブコウジと同属のマンリョウ(万両)
同様に色づいた実は迎春の飾り物に使われ
その兼ね合いからかジュウリョウ(十両)の別名もあります。

category: お花が好き♪

CM: 6 TB: 0   

 

黄葉シリーズ Ⅹ
ユキヤナギ
ユキヤナギ1
雪柳の紅葉  ユキヤナギ

今日も少し風が吹きましたが 昨日ほど冷たい風ではありませんでした。
今日も少しイルミネーションの調整をして 午後に裏の川のゴミ拾い
川沿いのベンチを置いてる前の場所からペットボトルを川に投げ入れる
ふとどき者がいて 常識を疑います。
10個くらい お茶のボトルが捨ててありましたが きっと同一犯ですね。
ちょっと呆れちゃいます。

ユキヤナギ 秋にも多少戻り咲きしますが 今 黄葉も始まってます。

柊南天 南天もそうですが 場所によって 紅葉する木と 全くしない木が
ありますね。 うちのユキヤナギも紅葉しない気がします。

他の木々は 紅葉も終わり 落葉し始めてます。
葉が落ちて堆積するのは 木々の冬の準備で 出来れば落ち葉はそのままの方が
木のためにはいいような気がします。

まっ街路樹は  そんな事を言ってはいられませんが 排気ガスだらけの
道路脇に植えられ 周りはコンクリートで固められ よく元気に育つものです。

category: お花が好き♪

CM: 0 TB: 0   

 

花月q
花月  カゲツ(お金のなる木)

今日もいいお天気ですが朝は冷え込んでます。
昨日 家のイルミネーションをだいぶ手直しして 新しいのも追加しました。
ヤフーオークションで4つくらい落札して けっこう数を増やしてます。

花月より 金がなる木として有名 
この植物も 差し木が容易で この花がある家には やたら沢山の鉢があります
多肉植物は どれも似たような星型のお花が咲きますね。

耐寒性は強い方ですが 一度 凍みらすと枯れちゃうので氷点下は危険

花月 クラッスラ (金のなる木)

日本での俗称は、金の成る木 べんけいそう科.低木多肉植物.南アフリカ原産
Crassulaはラテン語の分厚いという意味で、葉の肥厚したことによっている。

クラッスラ・ポルトゥラケア(花月)はピンクで星型の花を集散状につけ
”成金草”とも云われる。  ピンクの星型の花と丸い葉

直径1.5センチの小さな花が丸く集まって咲く。
南アフリカでは高さ3mにもなるという。

”金の成る木”といわれるのは、若葉の時期に5円玉をはめると
その葉が育った時には抜けなくなり、沢山付ければ金が成っているように
見えることから名付けられた。

5円玉を入れたのが売られてますが 私は悪趣味のような気がします。

category: お花が好き♪

CM: 2 TB: 0   

 

黄葉シリーズ Ⅸ
黄葉 ホウノキ
黄葉 ホウノキ1
朴の木   ホウウノキ

ホウウノキは 横浜では街路樹にも使われてますが 
花が咲いてる街路樹はみた事がありません。 山で咲いてるのはみた事があります。
葉が大きいので この後 落葉すると掃除が大変・・・

今 韓国では朴大統領の批判で大盛り上がりですが あの国は個人攻撃が大好き!
結局 朴さんが何をしたのか よくわかりません。
よくわからずとも 国を挙げてお祭り騒ぎのようにデモが行われてます。

朴さんはホウノキの朴だったんですね。

ホウノキ  モクレン科

ホウノキは葉だけでなく花も大きくて、直径は15cm程度あります。
花が咲くと甘いけれど爽やかな香りが木の回りに漂います。

ホウノキの属するモクレン科の植物は、進化の上では原始的な
特徴を備えています。
花の中央にある先端が赤い水煙のようなものは
その一つ一つが雌しべです。
そして、その下を取り囲むたくさんの“へら”のようなものは雄しべですが
こちらは根元が真っ赤です。

英語名はJapanese umbrella tree もしくはJapanese big-leaved magnolia
で、これまた大きな葉に因んだ名前になっています。

ホウノキの葉には大腸菌や虫歯菌に対する抗菌作用があることが知られています。
万葉の時代には細菌のことまではわからないでしょうが
食器として使っていた彼らの経験則には脱帽ですね。

朴の木はこんな花が咲きます。
ホウノキ 花

category: お花が好き♪

CM: 4 TB: 0   

 

秋の赤い実シリーズ Ⅲ
カラタチバナ
カラタチバナ1
百両  カラタチバナ

割と千両 万両は有名ですが 十両 百両は知名度が低いですよね。
一両ってのもありますが 私もまだ発見出来てません。 
別名アリドウシって植物だそうです。

十両はヤブコウジ、百両はカラタチバナです。

見た目は万両によく似てますが 葉にギザギザがないのが特徴です。

センリョウはセンリョウ科ですが、ヤブコウジ、カラタチバナ
マンリョウはヤブコウジ科となっています、センリョウとヤブコウジ科の
相違点はセンリョウは、茎頂に実を付けることです。

カラタチバナ (百両)
ヤブコウジをやや大きくした草丈20~30cmで、やはり赤い実をつけます。
茎は一本立ちして枝が出ないのが特徴です。
もとは四国、九州など日本列島の中南部に野生していたものだそうです。
栽培もこのグループでは一番少ないようです。

百両2

category: お花が好き♪

CM: 4 TB: 0   

 

ツバキ1
ツバキ
ツバキ2
寒椿   カンツバキ

今日はいいお天気でしたが 風が冷たく寒い一日でした。
今日は少し自分の部屋のガラクタ整理とイルミネーションの調整
洗車などをしました。
午後にゴルフ中継がないので 昼寝をしちゃいマ伊sた。

寒い時期に咲く 寒椿はお花が痛みやすいので 傷ついた状態が多いですが
春に咲く 椿は 咲き始めが一番 キレイに咲きます。

椿は和の雰囲気のお花ですが 英名 カメリアで 外国にも人気が高く
「カメリア・クラブ」って同好会もあります。

開花時期は、 1/25頃~ 5/10頃(薮椿)。
日本特産(薮椿)。
一般に「椿」といったらこの薮椿を指すようだ。一重や八重がある。
園芸品種多数。 佗助(わびすけ)などいろいろ種類がある。

「つばき」の読み方の由来には諸説あり。
1.”光沢がある”意の古語
「艶葉木(つやはき)」から。
(葉は濃い緑色で光沢でピカピカ)。
2.葉に厚みがある意味の「厚葉木」から。
3.強い葉っぱの木の意味の「強葉木」から。
4.落ちた花が、刀の鍔(つば)に似ており、
「鍔木(つばき)」の名から。
5.朝鮮名の「冬柏(つくばく)」の名から。

現在はふつう「椿」の字で知られるが、この「椿」の字は日本で作られた字
(春に花咲く)で中国では「椿」は、栴檀(せんだん)科の 高木である
「ちゃんちん」という木のことを指し漢名では日本の「椿」は「山茶花」と記す。

古代の日本人は、冬も緑色の椿の葉に霊力を感じたらしい。

category: お花が好き♪

CM: 0 TB: 0   

 

モミジ
モミジ1
モミジ2
モミジ3
椛の紅葉 ラストのラスト

今日もすごくいいお天気になりました♪
12月は気ぜわしく する事も多いので 今日は出かけず 庭仕事と
家の大掃除をしないと!!

お出かけ日和ではありますが 山の紅葉はもう終わり 
野外ではあまりお花も咲いてません。

今 野鳥の撮影には最適みたいですが 先日購入したニコンのカメラは
落として修理に出してます・・・
キャノンの1眼デジも 何回か落とした事がありますが 大丈夫だったのに
今度のニコンは落としたら シャッターボタンが外れちゃいました・・・。
14日に戻って来ます。

椛の紅葉 この前 ラストでアップしたのに キレイな紅葉を発見したので
また撮影しました。  
今回が たぶん 本当のラストのラスト!

でも 椛以外の紅葉は 更に続きます。

モミジ4
モミジ5
モミジ6

category: お花が好き♪

CM: 2 TB: 0   

 

ニワウルシ
ニワウルシ1
庭漆(神樹)   ニワウルシ(シンジュ)

不思議な姿で 枯れ木にみえますが 葉が落ちて 枯れた実の鞘が残った姿です。
和名に「ウルシ」がついているが、ウルシ(ウルシ科)とは全くの別種で
ウルシのようにかぶれる心配はない。

増え過ぎて困る外来種で 特定外来植物に指定されてます。

ニワウルシ 学名 Ailanthus altissima
別名 シンジュ(神樹)
樗(中)、Tree of heaven(英)、Goterbaum(独)
庭漆 分類 ニガキ科ニワウルシ属 (落葉高木)
ウルシに似ていて、庭に植えられるから。別名のシンジュは、欧州での名の直訳らしい。
原産・分布 中国北中部原産 (1875年ころ渡来。古くは近畿に野生)
神奈川県 野生化したものが広く見られる。
用途 庭木、街路樹、器具材

枝分かれが少なく、大きな羽状複葉の葉が、枝の先に集まって付くのが特徴的。
高さは25mになる。
生育しやすく、道路脇や空き地などに、群生していることもある。
樹皮は灰白色。皮目が多くて滑らか。老木では、縦に浅い割れ目ができる。
葉は互生だが、枝の先に大きな奇数羽状複葉が集まってつく。小葉は6~12対あり、卵状長楕円形で鋭尖頭。下半分の小葉の基部近くに大きな鋸歯が1~2対あるのが特徴。鋸歯の先に腺点がある。

category: お花が好き♪

CM: 4 TB: 0   

 

黄葉シリーズ Ⅷ
黄葉 チガヤ1
黄葉 チガヤ
血茅の黄葉  チガヤ

チガヤ 道路の分離帯などに群生してて
案外 遠くから見るとけっこうキレイではあります。
5月頃に白い穂が出来ますが 秋の黄葉も楽しめます。

チガヤ  イネ科 チガヤ属

チガヤの花穂は花が終わるとやがて種子に付いた毛が生長し
綿毛となる。散布の最中に土手の上を車で走ると
ふわふわとチガヤの種子が飛んでくる。

チガヤはススキと並んで、刈取り草原の代表的な種である。
チガヤの葉を形成する芽は地表面直下にあり、地上部を刈り取られると
地下部に蓄えた栄養分を使って速やかに葉を回復する。
ちょうど鋼製の巻き込み式のメジャーのように、地上部の葉が
刈り取られると、新たに地下部から葉が押し出されてくる。
刈取り後、2週間もすると刈り取られたことがわからなくなるほどの
急速な回復である。

穂を止血に使用する事から 血茅とついたみたいです。
蒲の穂と一緒ですね。

5月の血茅
チガヤ

category: お花が好き♪

CM: 2 TB: 0   

 

秋の赤い実シリーズ Ⅱ
千両
千両1
千両  センリョウ

今日はいいお天気だったので 昼間は暖かでした♪
年末前にしなければいけない事が沢山あって 気ばっかり焦る状態です。

千両はこの仲間の中では一番早くに赤い実をつけますよね。

千両と万両は名前も似てるし 赤い実が出来る時期も似てるので
勘違いし易いですが 比べてみると 一目瞭然!
万両は 葉の下に赤い実が垂れ下がって出来るし 
千両は葉の上に赤い実が出来ます。

本州中部以西の暖帯からインドなどの熱帯に分布する常緑性の低木。
お正月に千両・万両は、その名前からめでたい花、縁起の良い花
として飾られます。

名前の由来ですが、千両は、以前は、縁起のよい「仙」の字をつけて
「仙寥」と書かれていました。
「千両」の字が当てられたのは江戸時代後期からといわれています。
「千両」の語源は諸説あります。
葉が小判に似ているとか、赤い実が美しく値千金だという説
万両は実が千両の実に対し、やや大きいことから名前が
つけられたという説などがあります。

category: お花が好き♪

CM: 2 TB: 0   

 

ダイヤモンドフロスト
ダイヤモンドフロスト1
ユーフォルビア 白雪姫

今朝も冷え込んでますが いいお天気なので昼間は暖かくなってくれそうです。
NYダウも日経平均も今年最高値を更新 そんなに景気はよくないのに
何故 株価だけ上昇するのか 実に不思議です。

ダイヤモンドフロストより 花弁(?)が大きく 寒い時期に咲く癖に
耐寒性が弱く 枯らしてしまう事が多いお花

ユーフォルビア「白雪姫」 Euphorbia leucocephala
トウダイグサ科 常緑低木 原産地 中米

白雪姫というのは、日本でついた名前で 正式名称ではありませんが
細い葉茎の上に白雪姫をイメージさせるような
ほっそりとした上品な白い「苞」を開きます。
(これは花ではなく、本当の花は頂に小さくついています。) 

見時は11月~1月。
生産者さんの情報によりますと、4~5月にも少し返り咲くそうです。

ユーフォルビア・ダイヤモンドフロスト
ダイヤモンドフロスト1

category: お花が好き♪

CM: 2 TB: 0   

 

秋の赤い実シリーズ Ⅰ
万両
万両1
万両  マンリョウ

秋に赤い実が出来るといえば千両と万両 
両方ともかなりポピュラーな花木で多く見かけます。
百両 十両も比較的 見つけやすい花木ですが 一両はまだ見た事がありません。

マンリョウ(万両) ヤブコウジ科学名  Ardisia crenata
別名  タチバナ  コウジ
原産地  日本(関東より南)朝鮮半島 中国 台湾 インド
樹高  30cm~1m  果実鑑賞時期  12月~3月

冬に付ける光沢のある赤い果実と緑色のコントラストが美しく
万両といういかにもたくさんのお金をほうふつとさせる名前で
正月用の縁起木として親しまれています。

日本では江戸時代から栽培されており、多数の園芸品種が存在します。
暖かい地方では2m近くの樹高に達することもありますが、だいたい1m内外に
収まる低木で林の下など、半日陰で湿潤な環境を好みます。

万両2

category: お花が好き♪

CM: 4 TB: 0   

 

清澄白山菊
清澄白山菊1
清澄白山菊  キヨスミシラヤマギク

山野草の専門店で発見しましたが ちょっと時期外れではあります。

名前は白山菊ですが 実態は紺菊の方に近いかも?
清澄紺菊に別名もあるみたいです。

清澄山は ケンカ空手の大山倍達が修業した山としても有名ですね。

清澄白山菊
千葉県の清澄山周辺で見つかったとされる野菊の一種です。
秋になると淡紫色の小柄な花を咲かせます。
茶花としても人気があります。

花の背丈 70cm程度
学名
科  キク科
花色  淡紫
花時期  10~11月
日照  日向を好みます
水  表土が乾いたらたっぷり

category: お花が好き♪

CM: 4 TB: 0   

 

黄葉シリーズ Ⅶ
黄葉 栗の木
黄葉 栗の木1
栗の木の黄葉   クリのキ

朝はすごく寒かったですが 日中はまあまあのお天気で暖かでした。
今夜は 昨日のように寒くはないです。

横浜は栗の木を休耕地や住宅地の空き地に植えてるところが多く
沢山の栗の木があります。

秋の味覚を代表するクリは、その名が「古事記」にも登場するほど昔から食用されてきた。
マロングラッセで知られる「ヨーロッパ栗」や天津甘栗で知られる「中国栗」など
日本に限らず人との関わりは深い。
ただし病害虫の関係から国内で栽培される栗はほとんどが国産のものとなっている。

栗の食べ頃は、イガが枝から落下したときで、落ちるのは実が熟した証拠。
通常、イガの中には2~3個の実が入っている。
名前の由来は諸説あるが、実の皮が黒っぽい色をしていることから「クロ」→「クリ」と
呼ばれるようになったという説が代表的なもの。
初夏に咲く花は、雄花が長く垂れ下がり、独特の匂いを放つ。
雌花は花の付け根にあり、あまり目立たない。

【分類】ブナ科 クリ属    落葉広葉 高木
【学名】Castanea crenata
【別名】シバグリ
【成長】早い
【移植】困難
【高さ】15~20m
【用途】果樹

category: お花が好き♪

CM: 2 TB: 0   

 

シーマニア
シーマニア1
シーマニア・クリスベル

今日はいいお天気になりそうですが 朝は冷え込んでいて寒いですね。
今年もあと僅か やり残す事がないよう 早め 早めにすべき事はしておかないと!
 
イワタバコの仲間で 名前も 正式には グロキシニア・シルバティカです。
シーマニアって 雰囲気 熱帯魚みたいな名前だし お花も金魚に似てます。
寒い時に咲きますが 耐寒性は弱いので 室内に置くお花です。
近年になって 新しい色も販売されてます。

シーマニア  イワタバコ科 グロキシニア属の宿根草
原産地/ペルー・ボリビアなどの南米

金魚に似たかわいい花をたくさん付け、秋から早春の花の少ない時期に
長く楽しむことができます。
以前シーマンニア属に分類されていたことからこの名前があります。

置き場所 寒さには弱いので、冬は室内の明るいところに置いて
10度以上を保てれば大丈夫です。

夏は直射日光を避け、半日陰の風通しの良い場所に置きます。
水やり 表面の土が乾いたらタップリと与えてください。
花後も成長するので水やりします。

肥料 花を観賞している間、肥料は必要ありません。
花が終わり、春に屋外に出してから化成肥料を与えます。

シーマニア2

category: お花が好き♪

CM: 4 TB: 0   

 

吉祥草
吉祥草1
吉祥草  キチジョウソウ

今日の〆は 花が咲くと 幸運が訪れるって言う 縁起の良い花 吉祥草
ユリ科の花ですが ヤブランなんかと 似た仲間じゃないかな?

吉祥草(キチジョウソウ)  Raineckea carnea

ユリ科キチジョウソウ属 耐寒性多年草 原産地 日本(本州・以南) 中国

別名も観音草と言われ、庭木の下などに植えられてグランドカバーとして
愛されています。

また、ツゲ科の富貴草も吉祥草と呼ばれる事がありますが、別です。

半日陰~日陰で育ちます。適度に湿度がある水はけがよい土壌を好みます。
土質にはこだわりません。
草丈は~20cmほどで、花期は9~10月。可愛らしいピンク~薄紫の花
を咲かせその後濃紅の実をつけます。 
お正月の寄せ植えなどにもよく使われます。

category: お花が好き♪

CM: 4 TB: 0   

 

セントポーリア
セントポーリア1
セントポーリア

この花はとっても変わった植物で 寒さにも暑さにも弱く 雨があたってもダメな花
室内に飾るしかないのですが 直射日光はまずダメ!
日陰育ちの ボンボンのようなお花ですが 条件がいいと花持ちがよく
ほぼ一年中 お花が咲いてます。

セントポーリア イワタバコ科 多年性 草花   原産 中南アフリカ

空中の湿度が高いのを好みます 暑さ、寒さに弱い性質があります
一年を通して室内で栽培する

室内向きの植物で、全体的に小型で場所をとらないので
鉢植えとして人気があります。
花の色はピンク、赤、紫などがあり、特に紫は濃いものから
淡い色のものまであります。
フチどりが入ったり、しま模様になるものもあります。

普通種、ミニ種、茎が伸びるトレイル種などがありますが
初心者は普通種の「オプチマラ」が花つきもよく比較的育てやすい。

温度と日当たりが充分あれば一年中咲きます。
品種もバラエティーが多く、セントポーリアだけを集めて栽培している
栽培家もたくさんいます。

セントポーリア5

category: お花が好き♪

CM: 2 TB: 0   

 

黄葉シリーズ Ⅵ
ダンコウバイ
ダンコウバイ2
檀香梅の黄葉  ダンコウバイ

今日は予報通り すごく気温が下がって 特に日が落ちてからは
震えが来るくらい寒いです・・・。

ダンコウバイはあまり聞きなれない樹木の名前ですが 
春にサンシュユのような花が咲き 秋に 真っ黄に黄葉します。
これほどキレイに黄葉する樹木は イチョウくらいかも?

ダンコウバイ(檀香梅)
クスノキ科クロモジ属  学名:Lindera obutusiloba
別名:ウコンバナ(鬱金花)
落葉樹(黄葉)  小高木(樹高:3~7 m)

ダンコウバイは、クスノキ科クロモジ属の落葉小高木です。
黄色い花が多いクロモジ属の中でも、花色の鮮やかさが群を抜きウコンバナ(鬱金花)
の別名があります。

関東以西から九州の山地に自生し、春の芽吹き前に芳香のある小花を咲かせます。
クロモジ同様、木材や葉に芳香があることから、香木のビャクダンの漢名である
「檀香」の字が当てられています。

また、ハート形の葉の多くは、尖った葉の先が浅く3つに裂けます。

秋には透明感のある黄葉に変化します。
黄葉の代表格に上げられ、モミジの紅葉との対比が際立つ葉色です。
果実は秋に赤から黒色に熟します。

category: お花が好き♪

CM: 2 TB: 0   

 

アロエ
アロエ1
木立アロエ  キダチアロエ

アロエの花が咲き始めてます。
多肉植物なのに 耐寒性が良く 一時 健康食品で流行ったので
けっこう大株を見掛けますね。

大きくなり過ぎて 全部切っちゃうってパターンが多いみたいです。

アロエは有名な健康食品で 医者知らずの名前もあります。
ただ 決して美味しいとは言えませんね。
美味しく 食べれる方法は ネットに沢山 載ってます。

アレキサンダー大王は 兵士たちに この葉を食べさせる事で大帝国を築き
世界の三大美女に数えられるクレオパトラは、アロエベラのエキスを全身に
塗りつける事により、その美肌を作り上げたと言われています。

現代では、アロエを入浴剤として使用し、エキスを肌に吸収する事で
次のような効能もある事が判明しています。

1・血行を良くし、体がシンから温まり、湯冷めしにくい。
2・日焼けの炎症をしずめ、皮膚をなめらかにする。
3・あせも、ただれなどの小さな肌のトラブルによい。
4・皮膚老廃物の排出を早めるため、肌のきめが細かくなりツルツルしてくる。
5・全身の新陳代謝を高め、体質を整える、特に脂質代謝を活発にする。

アロエ2

category: お花が好き♪

CM: 6 TB: 0   

 

台湾椿
台湾椿1
台湾椿  タイワンツバキ

寒椿の花と 山茶花のお花は似てるように感じますがちょっと雰囲気が違い
この台湾椿と寒椿も雰囲気が違います。

普通の椿よりも早く咲きはじめるのが特徴で
葉が細葉なのも 判断し易い材料です。

注意してると この台湾椿 けっこう庭木にされてます。

ゴードニア・アキシラリス
別名 タイワンツバキ(台湾椿)、大東茶(大頭茶)
ツバキ科ゴードニア属の常緑小高木
台湾、中国南部、ベトナム原産

日本の椿に比べて葉が長く寒椿よりも早くに咲き始めます。
花は8センチくらいの大輪の花です
花期は11~12月

台湾椿2

category: お花が好き♪

CM: 4 TB: 0   

 

サルビア・ブルーヒル
サルビア・ブルーヒル1
サルビア・ネメローサ ブルーヒル

新しいサルビアかと思ったら ネットで調べるとネメローサの一品種でした。

サルビア:ネモローサ ブルーヒル

つくしのような花穂から、淡いブルーの小花を下から咲かせます。
次々に花穂を立ち上げ、多数の花を咲かせます。
丈夫な性質で花後に切り戻しをすると再び開花してきます。

学名:Salvia subsessilis‘Blue Hill’
タイプ:シソ科サルビア属の耐寒性宿根草
草丈:50cm
開花期:5月~11月
用途:花壇、鉢植え
日照:半日陰~日向むき

栽培方法:
よく日のあたる、乾燥気味で水はけのよい場所に植えてください。
生育中は月に1~2回液肥を与えます。
盛んに生育して大株になるので、秋の開花までに1~2回摘芯して草丈を抑えると
こんもりと形よくまとまります。
咲き終わった花がらは摘み取ってください。

梅雨の頃の高温多湿に弱いので、なるべく花を雨にあてないようにしてください。
また、夏に西日の強く当たる場所は避けて下さい。
大株になったら4~5年に1回くらい植替えをしてください。
冬は根元に敷きわらや霜避けをして防寒してください。

category: お花が好き♪

CM: 4 TB: 0