Admin New entry Up load All archives

街の花便り

季節のお花を紹介してます。

 

アストランチア
アストランチア1
アストランチア

今は雨は降ってませんが湿度が高く 朝からムシムシします。
週末 お天気予報は雨っぽいのに ゴルフ友達は雨天決行で行くんだそうです・・・
若いってのは 面倒だとかあまり思わないみたい 仕方ないので
私もお付き合いで ゴルフに行きます・・・。

あまり馴染みのないお花ですが せり科の植物で 4年前に購入した
我が家のアストラチアも 毎年 元気に咲きます。

2㎝くらいの せり科独特の花が咲き 洋風の庭に似合います。
けっこう種類もあるお花ですが 園芸店ではあまり見掛けません。

セリ科 アストランチア(アストランティア)属 耐寒性多年草で丈夫です。
原産はヨーロッパから中央アジア、湿潤な粘土質の土壌を好む。
高さ20cm強の株から花茎が伸びて高さは50~60cmぐらいになる

開花時期:06月から08月

アストランチア2

category: お花が好き♪

CM: 2 TB: 0   

 

銀梅花
銀梅花1
銀梅花2
銀梅花  ギンバイカ

我が家の銀梅花が満開になりました。 

鉢植えで 背丈50㎝程のを数年前に購入しましたが 庭に植え変えたら
現在 背丈2m以上に成長し お花を沢山 付けてます。

このように 蕊が発達したお花は 好みで よく購入します♪

銀梅花  フトモモ科  学名  Myrtus communis
原産地  中近東 地中海沿岸
別名  イワイノキ ギンコウバイ マートル
樹高 2m~3m  開花期  5月~7月

主に地中海沿岸を原産とする常緑性の低木で初夏になると葉の付け根に
5枚の花びらをもった梅に似た白い花を咲かせます。

糸のように細いおしべが特徴的で美しく花びらより目立ちます。
花の後には小さな果実ができ、秋になると黒青色に熟し食べることができます。

葉はやや先が尖った卵形で長さは3cm~5cm厚めの革のような質感で
ツヤのある照りが美しいです。葉はもむと強い芳香を放ちます。

category: お花が好き♪

CM: 6 TB: 0   

 

ベイビーキッス
ベイビーキッス1
ミニ・パブリカ ベイビーキッス

横浜園芸が新しく作ったミニ・パブリカだそうです。

食べ物にはあまり好き嫌いはありませんが サラダにパブリカを入れるのは反対
何故 あんなものを食べなきゃいけないの?って感じ!
ピーマンは炒めるパターンが多いのでこちらは好きです。

横浜植木のオリジナル野菜苗!!  ベイビーキスミニ-ミニパプリカ
今春デビューした新品種です。
はじめて栽培する方でも安心、育てやすく簡単に栽培できます。

ベイビーキスミニ(ミニパプリカ)の特徴
・果実の大きさは40~50g。
・ころっとしたカワイイ、ミニサイズのパプリカ。球型~やや扁平。
・果実の色は、レッド・イエロー・ブラックの3色
 

category: お花が好き♪

CM: 4 TB: 0   

 

ペチュニア・ブラック
ブラック・ペチュニア

ペチュニアは 日々草と同じように この時期 ガーデンの主役になるお花なので
各園芸会社も力を入れ いろんな園芸種が出て来てます。

最近は白花と同じように ブラックも改良が固定化されたみたいで
いろんなお花に 黒花が出て来てます。

世界初の花色、ブラック・ペチュニア。
ビロードのような質感と、シックな花色は高級感が漂います。
寄せ植えに使用すれば、個性的な一鉢が制作できます。 ナス科
花期 :春~秋(4~11月頃)

開花期:4~10月頃、1年草
日当たりを好む植物なので、日なたで育てましょう
雨に当たると花が痛むため、雨の当たらないベランダ等に置きましょう
土の表面が乾いたらお水をあげてください。

切り戻しを行うと長く楽しむことができます。
切り戻した株は一時的に湿気等に弱くなるため、風通しの良い場所で管理してください
花をたくさん付ける植物なので、10日に1度ほど市販の液体肥料を与えてください

ペチュニア・ブラックアイ
ペチュニア・ブラックアイ

category: お花が好き♪

CM: 0 TB: 0   

 

ペチニア1
ペチュニア
ペチュニア

今日の雨はそこそこの雨量だったので関東地方も一息かな?
一日中 雨だと思ってたので3時頃から晴れて暑くなったのにはビックリです。

ペチニアはこの時期最もポピュラーなお花ですが 何故か家にはありません。

ペチュニアは 各メーカーが品種改良種を沢山 出していて混乱しますが
サフィニア ミリオンベル スーパーベル なんかもペチュニアの一種です。

ペチュニア Petunia   別名:ツクバネアサガオ
〔原産地〕 南米(アルゼンチン)
〔科・属名〕 ナス科・ペチュニア属
〔性質〕 半耐寒性多年草(1年草扱い)

強い日差しに強く、春から秋にかけて次から次へと花を咲かせるペチュニア。
梅雨時さえ気をつければ、花壇やハンギング、寄せ植えに大活躍のお花です。
品種が多く、形や大きさ、色も様々。
使い方はあなた次第。ガーデナーの腕の見せ所です。

category: お花が好き♪

CM: 0 TB: 0   

 

キャットミント
キャットミント1
キャットミント

今日は朝から小雨模様 西日本は多雨なのに東日本はまとまった雨が降りません。
お天気が悪いのに 朝からムシムシします。

キャットミント 英名は猫薄荷なのに 和名は犬薄荷
(正確にはイヌハッカは キャットニップという種類です。)
図鑑に寄りますが 猫が好み マタタビのようにすり寄って行くそうです。

日向に地植えすると すごく増えます。

キャットミント シソ科  常緑多年草  西アジア原産(園芸種)
大きさ 背丈35~60cm  横幅30~60cm
主な見所 花(5~9月)※条件が合えば春や秋にも開花します

青紫の花を穂状に長期間咲かせる丈夫な花です。
店頭で出回っているものは交配・交雑種が多く正確な同定は難しいですが
性質はいずれも同じなので育成上は問題ありません

一つ一つの花は小さいですが花つきは良好です。
よく見ると花の形は複雑で面白いです
ミントの名前の通り特有(マツタケやシナモンぽい)の香りを放ちます。
ただ、ネコの遊び道具に使われるキャットニップと比べて
それほどネコは惹きつけられないようです

キャットミント

category: お花が好き♪

CM: 0 TB: 0   

 

ヒメヒオウギズイセン
ヒメヒオウギズイセン1
姫檜扇水仙  ヒメヒオウギズイセン

ヒオウギというのは 木で出来た扇の事で この名前がついた植物は
沢山あって 混乱します。

アヤメ科の姫唐菖蒲属なのに アヤメじゃなく水仙の名称・・・
(姫檜扇菖蒲は 全く違うお花の名称に使われてます。)

ヒメヒオウギズイセン(姫檜扇水仙)
アヤメ科  ヒメトウショウブ属
別名 クロコスミア  モントブレチア

梅雨の頃から盛夏にかけて咲きます。
元々は明治時代にヨーロッパから渡来した、園芸種だそうです。
綺麗な花ですから、庭で大事に育てている方も多いでしょう。
庭から逃げ出して野生化した花をあちこちで見かけます。

日本の気候に有っていたのでしょうか。頑強な性質でもあるのかもしれません。
街中の空き地、街路樹の下、植え込みの陰などなど
いろんな場所で見ることができます。
野草ではあまり見ることが無い朱色の花は、とてもよく目立ちます。

花期もけっこう長く、下から順々に咲いていきます。

クロコスミア・ルシファー(赤花)
ヒメヒオウギズイセン

category: お花が好き♪

CM: 2 TB: 0   

 

ペピーノ1
ペピーノ
ペピーノ

ペピーノはナスの一種で 園芸用としても楽しめるし 食べることも可能です。

ペピーノの果実にはメロンのような風味があり、生食に適しています。
ニュージーランドで盛んに栽培され、優れた品種が作出されています。
日本でも近年育種が行われるようになり
苗および実つきの鉢物が一般にも流通するようになりました。

成長が早く高さ1mほどに育つ多年草ですが、寒さには弱いので
日本では一年草として扱われるのが一般的です。
置き場の気温が最低10℃以上、最高25℃以下の範囲内なら
常に開花・結実します。
ただし、夏は開花しても、結実することが少なくなります。

果樹,熱帯植物,野菜
形態  多年草
原産地  コロンビア、チリ、ペルーのアンデス山系
草丈/樹高  0.5m~1m  
収穫期 5月~12月
受粉樹  栽培難易度(1~5)
耐寒性  弱い  耐暑性  弱い
特性・用途 常緑性,開花期が長い

category: お花が好き♪

CM: 6 TB: 0   

 

ピペリカム・サンバース
ピペリカム・サンバース1
ピペリカム・サンバースト

これも新登場のお花 ピペリカムの小型種で小坊主弟切とほぼ同じ大きさ
お花の蕊が多く こんもり盛り上がってます。

ヒペリカム サンバースト
オトギリソウ科ヒペリカム属
*しべまでが黄色くなる鮮やかな花を咲かせます。
また球城でボンボンのような形をしています!

夏の暑さには強いですが、水切れと直射日光には注意してください。
葉焼けする場合がありますので、半日陰での管理をお勧めします。
寒さには若干弱為関東以北では冬の間は室内等での管理をお勧めします。

秋には葉が紅葉するそうです。

category: お花が好き♪

CM: 2 TB: 0   

 

オレガナム・バックランド
オレガナム・バックランド2
オレガナム・バックランド

今日はけっこういいお天気になって気温も上昇~~
蒸し暑い一日になりました。

オレガナムは香辛料としても有名ですが これは花を楽しむ種類で
花オレガノとも言われます。

一番有名な花オレガノは ケントビューティーですが こちらの方が
花付きがいいみたいです。

去年 購入したのも今 再開花中です♪
弱そうに見えますが このお花は案外 丈夫です。

オレガナム・バックランド
シソ科。地中海原産。
耐寒性常緑多年草。5晩春から10月に開花します。
日当たりが良く水はけの良い土を好みます。
高温多湿には弱いので、夏は風通しの良い涼しいところで管理します。
香りの良いハーブとしても楽しめます。 草丈は20センチほど。

ライトピンクのガクにピンクの花が咲く
宿根草ですが夏の高温多湿を嫌うので夏越しがポイントです。

オレガナム・ケントビューティー
オレガノ・ケントビューティー
オレガノ・ケントビューティー1

category: お花が好き♪

CM: 0 TB: 0   

 

レッドカラント
レッドカラント1
房酸塊  フサスグリ

夜中に雨が降ったみたいですが 大した量ではなさそうです。
お天気はこれから回復 西日本ばっかり雨が降ります。

フサスグリ 子供のころ 近所に生け垣にしてる家があって よく食べました。
熟す前の やたら酸っぱい時の方が美味しいですね。

果実はすっぱいですが、栄養素が豊富!
特にポリフェノール(抗酸化物質)を豊富に含み、注目されている果樹です。

場所をとらず日陰でも育ちます。

レッドカーラント 和名:房酸塊(フサスグリ)

アントシアニン色素が豊富。フサスグリの名で知られ、
種が大きく、渋みがあるので、あまり日本人にはなじみの薄い果実です。
しかし、熟した果実はルビーのブローチのように鮮やかに輝き
観賞価値も高く、近年人気のベリーです。

ペクチン含有量が多いので、良質のジャムやゼリーができます。

category: お花が好き♪

CM: 4 TB: 0   

 

ノウゼンカズラ特集 Ⅳ
ノウゼンカズラ 黄花
ノウゼンカズラ 黄花1
金鈴樹  キンレンジュ

以前から アメリカノウゼンカズラの白花タイプの黄花はありましたが
このタイプの黄花は 初めて園芸店で見かけました。

南米産のイペー・アマレーロも ノウゼンカズラの黄花に見えますが
これはまたちょっと違うタイプ 
50cmくらいの鉢植えで流通してます。

よく調べたら 黄花ノウゼンカズラではなく 金鈴樹だと判明
園芸店では黄花ノウゼンカズラとして販売してます。

金鈴樹(キンレイジュ)はノウゼンカズラ科テコマ属の常緑小高木である。
テコマ属は南北アメリカに16種が分布する。
本種の原産地は北アメリカ南部、西インド諸島、メキシコ、ペルーである。

英名をイエローベル(yellow bells)という。
樹高は2メートルから7メートルくらいである。
樹皮は淡い灰色である。

開花時期は春から夏だが、暖地では周年開花をする。
枝先に複数の総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し
漏斗状をした鮮やかな黄色い花をたくさんつける。
花径は4センチから5センチで、花冠の先は縮れている。
花はよい香りがする。
花の後にできる実は細長いさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
長さが10センチから20センチくらいある。

イペー・アマレーロ
イペー・アマレーロ

category: お花が好き♪

CM: 2 TB: 0   

 

ノウゼンカズラ特集 Ⅲ
ピンクノウゼンカズラ
ピンクノウゼンカズラ1
ピンク・ノウゼンカズラ

ピンクノウゼンカズラは 普通のノウゼンカズラよりやや遅れて咲き始めます。

暖かい地方の植物で 耐寒性が弱いって書かれてますが 関東地方では
大きな木になってるのも見掛けるので 野外でも越冬は可能です。
鉢植えのは 温室に避難させた方がいいかも?

このお花も 南アフリカの植物です。。。

ピンクノウゼンカズラ Podranea ricasolian.
ノウゼンカズラ科   ポドラネア属
落葉つる性木本  別名 ポドラネア
原産地 南アフリカ  開花時期 6~9月

見かけることの多いノウゼンカズラは中国原産ですが
ピンクノウゼンカズラは、南アフリカ原産で属が異なっています。 
花色がとてもやさしい色合いをしていますので人気があります。

耐寒性がやや弱いのが残念ですが、大きめの鉢に植えて栽培できます。

category: お花が好き♪

CM: 6 TB: 0   

 

ノウゼンカズラ特集 Ⅱ
姫ノウゼンカズラ
姫ノウゼンカズラ1
姫凌霄花  ヒメノウゼンカズラ

ヒメノウゼンカズラは 普通のノウゼンカズラより かなり遅れて咲き始めます。

図鑑によると 耐寒性が悪く 関東では越冬は厳しいような事が書かれてますが
この写真の家は 地植えで 普通に越冬してます。
この家には 5m以上もある ピンクノウゼンカズラも咲いてます。

ヒメノウゼンカズラは 普通のノウゼンカズラより遅れて10月に開花します。
花も小型で ノウゼンラズラのように 次々に開花します。

このお花は 花落ちがし易く 鉢を動すと花がボタボタって落ちちゃうほど
デリケートなお花 落花後に また 新しい蕾が沢山出来ます。

ヒメノウゼンカズラ(姫凌霄花)  ノウゼンカズラ科テコマリア属 
常緑半つる性低木

葉は奇数羽状複葉で対生する。小葉は卵形。
6~9月頃、枝先にロート状の花を咲かす。
原産地は南アフリカ。テコマリアとも言う。花は10月。

姫凌霄花 黄花
姫ノウゼンカズラ 白

category: お花が好き♪

CM: 0 TB: 0   

 

ノウゼンカズラ特集 Ⅰ
ノウゼンカズラ
ノウゼンカズラ1
凌霄花  ノウゼンカズラ

先日 アメリカ・ノウゼンカズラをアップしましたが 普通のノウゼンカズラも
咲きはじめました。

このノウゼンカズラも 何種類かあるので 今日はそれの特集です。

お花は 片方だけ見てると あまり違いがわかりませんが 両方見比べると
違いは 一目瞭然!
アメリカ・ノウゼンカズラの方が 花が赤く ロートが深く咲きます。
花付き方にも 多少違いがあり 普通のノウゼンカズラの方が花も大きいです。

ノウゼンカズラ 梅雨の頃になると一気に咲き始め 夏を感じさせるお花です。

ノウゼンカズラの花は、凌霄花として成分、薬理ともに不明のまま利尿
通経などの漢方薬として使われます。
また、根、茎、葉も痛風やリュウマチ性関節痛に用いられるそうです。

それに多少関係するのか、脳を損なうから花に鼻をあてて匂いを
かいではならないとか、花についた露が目にはいると
失明するなどといい伝えられています。

アメリカ・ノウゼンカズラ
アメリカ・ノウゼンカズラ

category: 未分類

CM: 0 TB: 0   

 

カリブラコア
カリブラコア1
カリブラコア2
カリブラコア3
カリブラコア

今日は薄曇りで 風も少しあったので過ごし易かったです。

女子ゴルフは 案の定 韓国勢がまた優勝・・・ 楽々 勝たれて
日本女子プロは悔しくないのかな?

カリブラコアはペチュニアと同じ仲間で お花の大きさが約半分
夏でも元気なお花で 人気があり 各園芸会社も競って新しい品種を出してます。

スーパーベル ミリオンベルも このカリブラコアの園芸種です。

カリブラコアはペチュニアによく似た小輪花を、長期間咲かせる草花です。

カリブラコア属は、1990年にペチュニア属から分割されてできた新しい属で
25種からなります。

園芸植物としての歴史は浅いものの、短期間のうちに急激に品種改良が進んでいます。

花色が豊富で、ペチュニアにはない、鮮やかな黄花やオレンジ花
チョコレート色の花もあります。
近年はペチュニアとカリブラコアの雑種とされるものも出回っています。

category: お花が好き♪

CM: 0 TB: 0   

 

エレモフィラ・レインボースター
エレモフィラ・レインボースター1
エレモフィラ・レインボースター

昨日は暑くて大変でしたが 今日は薄曇りで少し風もあるので
たいぶ過ごし易いです。

楽しみにしてた全米プロのゴルフは日本人全滅で見る楽しみが半減です。

このお花も初登場~~ 毎年毎年 新しいお花が出てきますね。
一般的なエレモフィラ・ニベアとは だいぶ感じが違います。

エレモフィラ レインボースター
ハマジンチョウ科 エレモフィラ属       半耐寒性常緑低木
開花時期  春 ~ 夏        草丈 30cm ~ 120cm

管理のポイント   日当たりと水はけの良い場所を好みます。
            過湿を嫌いますので梅雨の時期などは、
            あまり雨のあたらない軒下などに置いて下さい。
            水やりは表土が乾いたら与えて下さい。

エレモフィラ・ニベア
エレモフィラ

category: お花が好き♪

CM: 2 TB: 0   

 

秋の七草
秋の七草 ススキ
   ススキ
秋の七草 ナデシコ
河原撫子  カワラナデシコ
秋の七草 桔梗
桔梗  キキョウ
秋の七草 萩
宮城野萩  ミヤギノハギ

秋の七草といえば ススキ・キキョウ・ナデシコ・ハギ・オミナエシ・クズ・フジバカマ 
秋に咲くイメージですが 実は初夏から咲きはじめ
秋に咲くのは 葛とフジバカマ 
女郎花はまだ見つけてませんが これも初夏から咲きはじめます。

今年はどのお花も開花が早めで ススキに穂が今の時期つくのは珍しいかも?
キキョウと河原ナデシコは 6月の初めにはもう咲きはじめます。
萩の花で一番早いのは宮城野萩 ダルマハギなんかも もう咲き始めてます。

今日は暑かったですが 夕方に少し風が吹いてくれるので 窓を開けてると
気持ちがいいです。
明日も 暑くなりそうですね!

category: お花が好き♪

CM: 4 TB: 0   

 

ブローディア
トリテレイア

昔はこのお花 ブローディアといい うちも秋植えの球根を買いましたが
その時は名前はブローディアでした。

トリテレイア ユリ科  秋植え球根  アメリカ大陸原産
大きさ 背丈20~50cm  横幅20~30cm
主な見所 花(5~6月)
別名 ブローディア

ブローディア(Brodiaea)は旧学名で、今はトリテレイア(Triteleia)
に属していますが、言いづらいからかトリテレイアの
名前で売られていることは少ないです

いくつか種類がありますが、よく店頭で出回っているのは
ブリジェシー系の品種です
秋植え球根としてはやや遅咲きで、花弁の中央に特徴的な筋が入ります

春以降に花茎が直立して、頂部で花茎が広がります。切花にも最適です
花色は白や黄色などがありますが、青紫のものは特に美しいです

ブローディア1

category: お花が好き♪

CM: 4 TB: 0   

 

クレオメ
クレオメ1
クレオメ  風蝶草

クレオメは頂上付近に花が付き それが徐々に 上に向かって
成長しながら 咲き続けます。
花が終った後ジャバラ状になった部分が 30㎝以上にもなります。

和名の 風蝶草は いい名前を貰いました♪
雰囲気が ネコノヒゲとちょっと似ています。

クレオメ フウチョウソウ科  学名 Cleome hassleriana
別名  スイチョウカ  原産地  南アフリカ
草丈  90cm~1.2m  開花期  7月~10月

南アフリカ原産の、春まき一年草です。
開花時期は7から9月で、草丈は1mくらいに伸びて
その頂点にたくさんの花を付けます。

雄しべと雌しべが、異様に長く、酔蝶花とも呼ばれます。
花がつぼみの頃がピンクで開いてくるとだんだん白くなって行くところから
「酔」という字を当てているのでしょうか?

英名は「スパイダーフラワー」といいますが
「クモ」より「チョウ」の方がいいですよね。

クレオメ・セニョリータ
クレオメ・セニョリータ
クレオメ・セニョリータ1

category: お花が好き♪

CM: 0 TB: 0   

 

フェバリュウム
フェバリュウム1
フェバリウム   キリンの木

今日はすごくいいお天気で真夏なみに気温が上がり暑かったですね。

女子ゴルフはアマチュアの勝 みなみが現在首位 プロの選手は
何をやってるんだか? 
イ・ボミは 相変わらず好調でいつもの間にか首位グループ

この花木も初登場のお花で 別名 キリンの木といいます。
あまり大きくはならず せいぜい1mちょっと。

フェバリウム キリンの木
ミカン科
原産地:オーストラリア
半耐暑耐寒性常緑低木

樹皮の斑点が麒麟のような色合いで、長い首のように幹を伸ばし
黄色い花を多数咲かせます。
オーストラリア原産で、あまり市場に出回らない希少な品種です。
若木のときは縦に伸び、成木で1メートル程度の高さになります

日当たりと風通しの良い場所で管理します。
地植えの場合は排水性のよい用土を好みます。
夏の暑さにも強く、またマイナス3度程度までは耐えられるようです

category: お花が好き♪

CM: 2 TB: 0   

 

ギボウシ
ギボウシ1
擬宝珠  ギボウシ

今日はいいお天気過ぎて すごく暑くなりそうです・・・。
全米プロ 期待してた松山君 現在+10で予選通過も絶望的
コースが難しいので 調子を崩すと即 大崩れになっちゃいます。

擬宝珠はこの時期ポピュラーなお花ですが 結構種類が多く
葉っぱも大・中・小 斑入り等 いろいろあります。

大葉のギボウシは 小葉のギボウシよりもだいぶ遅れて咲き始めます。
初夏に咲き始めた小葉だけをみると 判別が難しく感じますが
夏の大葉を見ると 葉の大きさが歴然と違い 容易に判別できます。

この大葉ギボウシは すごく大きく 背丈が1m30㎝ほどになる大株になります。

北海道、本州、四国、九州までの広い地域に分布している。
山地の草原や林縁に見られる。早春の若葉は山菜のウルイとして利用される。

高さは50~100cmくらいになる。
葉は根生葉、形は卵状長楕円形で、葉の長さは30~40cm、幅は10~15cmくらいになり
葉柄がつく。花期は6~8月で、漏斗型の白色または淡紫色の花をやや下向きにつける。
花軸につく蕾が下部から上部へと開花していく。

蕾が和橋の欄干の擬宝珠に似ているので大葉擬宝珠という。
他に、湿地に自生する小形のコバギボウシが知られる。

category: お花が好き♪

CM: 6 TB: 0   

 

ハナザクロ
ハナザクロ1
八重石榴  花ザクロ

石榴の花の八重咲き種で 別名を花石榴(ハナザクロ)と言います。
普通のザクロは 晩夏に実が出来ますが この花木は八重咲きなので結実しません。
一般的に 八重咲きの花は 花芯が退化しており 実が出来ないものが多いです。

薔薇は八重咲きでも 実が出来るものが多いです。

地中海東部から北西インドが原産の「ざくろ」の園芸品種です。
高さは5~6メートルになり、長楕円形の葉が対生します。

6月ごろ、枝先に朱赤色や白覆輪の八重咲きの花を咲かせます。
ふつうは結実しません。

別名で「やえざくろ(八重石榴)」とも呼ばれます。
ザクロ科ザクロ属の落葉小高木で、学名は Punica granatum cv.
Pleniflora。英名は Double pomegranate。

普通の石榴
ザクロ
ザクロ1

category: お花が好き♪

CM: 2 TB: 0   

 

アカンサス
アカンサス1
アカンサス・モリス

このお花や ルピナス ジギタリスは縦長のお花で どうしても
背景が気になり 中々 いい写真が撮れませんが 近所の介護老人施設の玄関で
いい状態のを発見♪  このお花は うちも鉢植えで持ってます。

和名が 葉あざみのように 葉が大型のアザミのようです。
キツネノマゴ科の植物は ゴマノハグサ科の植物と同じように
変わった形の花が 多いです。

アカンサス モリス   科名 キツネノマゴ科  学名 Acanthus spp.
原産地  地中海沿岸
草丈  90cm~1.2m   開花時期  6月~9月

アカンサスの仲間は主に地中海沿岸に20種類が分布する大型の多年草です。
葉は大きくアザミのような形をしており50cm~80cmもの花茎を伸ばし
独特な形の紫と白の花を付けます。

古代ギリシアのコリント様式の建築にアカンサスの葉がモチーフとして
用いられるなど、人間との関わりが古くからある植物です。

主に栽培されているのはアカンサス・モーリスと
アカンサス・バルカニクスの2種です。

category: お花が好き♪

CM: 0 TB: 0   

 

アガパンサス
アガパンサス1
アガパンサス・アフリカヌス

このアガパンサス葉我が家の鉢植えですが 普通のアガパンサスよりも大型種で
背丈も1m以上 大きくなるし 色も普通のよりも濃いのが特徴です。

うちには このほかに小さなアガパンサスもあり こちらは背丈が50cm以下です。

学名:Agapanthus africanus 'Vittatus'
タイプ:ユリ科の耐寒性宿根草
草丈:60~120cm
開花期:6~7月
植付適期:10~12月、2~4月
用途:庭植え  日照:日当り

栽培方法:
日当たりと水はけさえよければ特に土質も選びません。
深さ5cm、間隔20~30cm間隔に植え付けます。
鉢植えの場合は6号鉢に1~2株を目安に。
多肥を好みますので、深めに耕した土によく混ぜて下さい。
浅植えにして通気を良くして下さい。
夏の高温多湿を嫌いますので、強光・過湿は避けましょう。

category: お花が好き♪

CM: 4 TB: 0   

 

モナルダ・ダブルラベンダー
モナルダ・ダブルラベンダー1
モナルダ・ダブルラベンダー

今日は予報通りすごく暑い一日になりました。
この時期 いいお天気になっても湿度が高いのでムシムシします。
少し風があると 過ごし易いんだけどね。

真夏に花を咲かせる貴重な宿根草です。
暑さ、寒さに強く、丈夫で育てやすい品種です。
従来のモナルダより一月早く開花する強健種
花後切戻して再度楽しめるおすすめ品種です。

開花期:5~7月
草丈:40~60㎝
耐寒性:◎
耐暑性:◎

この色のモナルダが一番好きです。
赤やピンクはちょっと夏っぽ過ぎて 暑苦しいですね。

category: お花が好き♪

CM: 0 TB: 0   

 

アガスターシェ・ボレロ
アガスターシェ・ボレロ1
アガスターシェ・ボレロ

今日はすごく暑くなる予報で すでに朝からムシムシします。
甲府、勝沼が35℃ 熊谷が33℃の予報~~内陸地は暑くて大変です。

アガスターシェはシソ科の植物 結構丈夫でチェーンレストランの
入口にたくさん植えられてました。

学名 : Agastache ×cana 'Bolero'
別名 : アガスタケ ボレロヒソップ など
シソ科 耐寒性多年草(冬期落葉種)
主な花期 : 初夏~秋 
草 丈  : 40cm前後(生育後の高さで花丈も含む)
耐寒性 : 強   耐暑性 : 強  日 照  : 日向
代表的な原産地 : 園芸種

宿根タイプのアガスターシェ ブロンズがかった 葉色と鮮やかなピンクの
花との対比がおしゃれな 雰囲気 性質が強健で育てやすく、大株に育つと
花期は特に見事

2011年にドイツJelitto社から種子が発売になったまだ新しい
アガスターシェの改良種です。

高さ40cmほどのブッシュ状に咲き揃い、葉も花も 綺麗なので
ボーダーガーデンに雰囲気が良く、蝶やミツバチが好む花なので
ナチュラルな感じの庭にも最適です。

category: お花が好き♪

CM: 2 TB: 0   

 

トランペット・オーレリアン・ハイブリッド1
トランペット・オーレリアン・ハイブリッド2
トランペット・オーレリアン・ハイブリット

公園のガーデンで 珍しい百合を発見!!
鉄砲百合のような形なのに 色が入ってます。

ネットで調べると 案の定 鉄砲百合とオリンエンタルリリーの交配種
種類もこれだけではなく 数種類 交配種があるみたいです。
ちょうど 両方の特徴をもった百合になり 育てやすいそうです。

アジアには豊富なユリの原種があります。
その中でも日本には、美しい原種が15種類自生しています。
ヤマユリやサクユリなどの原種をベースに、育成されたのが
オリエンタルハイブリッドと呼ばれる品種群です。

最近、ユリの世界では、「OTハイブリッド系」や「LOハイブリッド系」など
聞き慣れない系統のユリが見受けられます。
例えば「OTハイブリッド系」とは、オリエンタルハイブリッド系と
トランペット(オーレリアン・トランペット)系を交配し、育成した品種群のことです。

トランペット系のユリが持っている病気に強い性質を、オリエンタルハイブリッド系の
ユリに加えて、花色のバリエーションをふやした品種群が確立しました。

トランペット・オーレリアン・ハイブリッド(T:Aurelian Trumpet Hybrd)

トランペット・オーレリアン・ハイブリッドは、リーガル・リリーやキガノコユリなど
中国・アジア原産の種を親とする品種群で、トラペットのような筒型の花を横向きに咲かせます。

アフリカンリリーやゴールデンスプレンダーはこの品種群に属します。
こちらも名前が長いため、学名表記の際は「T」と省略されます。

トランペット・オーレリアン・ハイブリッド

category: お花が好き♪

CM: 2 TB: 0   

 

アズローコンパクト
アズローコンパクト1
アズローコンパクト2
ロベリア アズローコンパクト

キキョウ科のお花で 小さな花が沢山咲きます。
初夏と晩夏に咲きます。

サントリーフラワーズが作ったこのお花の園芸種 アズローコンパクトは
花付きも良く 丈夫で育てやすいです。

ロベリア  キキョウ科  学名 Lobelia
原産地 南アフリカ  別名  ルリチョウチョウ
草丈  15cm~20cm   開花時期   3月~7月

秋まきの一年草で、草丈は15から20cmくらいと低く、ボール状に
株が形成されてたくさんの花を付けます。

寒さ、暑さに若干弱いのですが性質は丈夫で育てやすくプランター、鉢
コンテナ寄せ植え、地植など様々な用途で活躍します。

和名はルリチョウチョウといい、花のかたちがさながらチョウチョの
ように見えるからこの名前があります。
霜に当ててしまうと葉が真っ黒になってしまいますが
春暖かくなると、もとにもどります。

category: お花が好き♪

CM: 0 TB: 0   

 

パーゼリア1
パーゼリア
バーゼリア

これも初登場のお花 ちょっと杉のような樹木から花が咲きます。

バーゼリア  Berzelia

花の特徴枝の先端に緑白色の球状をした径1~2㎝の蕾を散房状につけ
乳白色の小花を多数つける。
葉の特徴針葉樹に似た針状の短い葉を互生する。

ベルゼリア、ボタンブッシュなどの別名があり、栽培地のオーストラリアから
フラワーアレンジメントやブーケなどの花材として輸入されている。
温暖な気候と水分を好む。

開花時期:4~6月 花の色: 白
分布:南アフリカに分布し、オーストラリアで栽培されている。
生育地:山野の流域、鉢植え
大きさ・高さ:100~200cm学名Berzelia分類ブルニア科 ベルセリア属

category: お花が好き♪

CM: 4 TB: 0