Admin New entry Up load All archives

街の花便り

季節のお花を紹介してます。

 

neko9-5.jpg
neko7.jpg
neko8.jpg
にゃんこ♪

今日は思ってたよりも雲が多く 気温も低め
お花の在庫が 非常に乏しいので 温室のある神代植物園にでも
行こうと思ってましたが 寒くて 気が重いです・・・

昨日のサッカーは終始 押し気味だったのに 決定力不足で
結局 PK戦に・・・
香川のが入らなかったのは ある意味仕方ないですが 本田のキックは
なに~~~???? って感じです。
川島がファインセーブをしたのを 見た事がありません。

寒いので野外で過してるニャンコちゃんも大変です。
うちのあずきも 耐寒で毛が伸びてますが 野外の猫も 毛が伸びてフワフワ状態

野外にいるにゃんこちゃんは 顔つきも精悍で 逞しさを感じますよね。

category: お花が好き♪

CM: 0 TB: 0   

 

モスキートフラワー
モスキートフラワー1
ロペシア・ピンキー  モスキートフラワー

お花が蚊が飛んでるように見えるので モスキートフラワーの名称もあります。
お花の感じは クフェアによく似てます。

耐寒性が弱いのに なぜかお花屋さんに並ぶのは冬になってからです。

ロペシア・ピンキー  アカネ科  ロペジア属

非耐寒性宿根草

別名 モスキートフラワー  原産地 メキシコ
開花時期 11~5月

花の形が蚊(モスキート)に似てることからモスキートフラワーとも呼ばれます。

それはともかく、開花期間が長く春の間花を楽しめます。
あまり高くならず30~50㎝ほどです。

ピンクの小さな花が咲きます。
 
耐寒性はもあまり強くはないようで、一年草として扱うべきかもしれません。
ただし、暖かいところで管理すると冬を越すことができます。

category: お花が好き♪

CM: 0 TB: 0   

 

ディアスキア
ディアスキア1
ディアスキア

お天気は午前中に回復し 結構暖かくなりました。

サッカーのアジアカップ 前半を終えて 1:0で負けてます・・・
ゴールキーパーの川島の ファインセーブって見た事がありません。
単純なミスで失点するのは 何回も見てますけど。

ディアスキア あまり聞き慣れない名前ですが 丈夫で育てやすいお花です。
お花の形が 変わってますが こんな形はゴマノハグサ科が多いです。
金魚草もゴマノハグサ科です。

ディアスキア Diascia barberae.  ゴマノハグサ科  ディアスキア属
1年草、耐寒性常緑宿根草  原産地 南アフリカ
庭植え、鉢植え   開花時期 4~12月

最近よく見かけるようになった宿根草です。
花期が長く、丈夫なのでこれから栽培される機会も増えるのではないでしょうか。
また、草姿も小型ですので鉢やプランターなどで楽しむのに適しています。

花径2~3㎝ほどの花で、花色は赤、ピンク、白などがあります。
今のところ、ピンク~濃桃系の花をよく見かけます。

耐寒性があり丈夫な草花です。夏は半日陰の涼しいところで管理すれば
夏を越せるものもあります。
ただし、品種にもよるのかもしれませんが
株が大きくなると枯れることがよくあります。

category: お花が好き♪

CM: 6 TB: 0   

 

ユリオプスデージー 丁子咲き
ユリオプスデージー 丁子咲き1
ユリオプスデージー 丁子咲き  

今日も午前中はお天気が悪く 今朝も暗い朝でした。
今週は仕事が忙しく やっと週末 明日はゆっくり寝てられます。

最近はどのお花にも八重咲きがありますが キク科のお花の八重咲きは
このような丁子咲きになる事が多いです。

ユリオプスデージー キク科  学名  Euryops pectinatus
原産地  南アフリカ  草丈  60cm~1.5m  開花期  12月~5月

あまり花の咲かない冬に暖かい黄色の花を咲かせる常緑性の低木です。
開花期間は長く12月頃から5月まで花を咲かせます。

冬に花を咲かせる植物ですが寒さにはあまり強くなく
平地や暖地では庭でも冬を越すことができますが、それ以外の地域では霜や
寒風に当たり枯れていまいます。
(関東以南なら 普通に越冬します)

花の咲いていない時期でも銀緑色の葉が美しく寄せ植えの
アクセントとしても利用することができます。

普通のユリオプスデージー
ユリオプスデージー2

category: お花が好き♪

CM: 6 TB: 0   

 

デンドロビウム ギンギアナム
デンドロビウム ギンギアナム1
デンドロビウム・ギンギアナム

このデンドロビウムは蘭の花の中でも種類が多い一属で
まったく違う花もこの仲間です。
胡蝶蘭やデンファレもこの仲間で 比較的 育てやすい蘭の仲間

デンドロビウム(学名:Dendrobium)は、ラン科セッコク属の学名カナ読みで
セッコク属に分類される植物の総称である。

日本においては、セッコクなど数種が知られているが、通常、デンドロビウムと
呼ばれるものは、園芸種の洋ランとして栽培されているものに限られる。

東南アジアを中心に世界各地に広く分布している多年草。
11 - 4月頃に開花する。原種が1000以上あると言われ
その色や形、特徴も多岐にわたる。
そのため、鉢植えで育てる愛好家も多い。

デンドロビウムは、ギリシア語の「デンドロ(木)」と
「ビウム(生ずる)」に由来し、野生では木に着生する。

category: お花が好き♪

CM: 2 TB: 0   

 

マラコイデス
マラコイデス1
プリムラ・メラコイデス  耐寒性

今日も一日中 雨降りで寒かったですね。
車を運転してると暖房が効いて暖かですが 外は寒かったです。

帰りに携帯電話の件で近所の駅前に寄りましたが タイ焼きやさんに
長蛇の列・・・一個10円で売ってましたが 寒い中 あんな行列に並んで
10円で買うのは 私はイヤだなぁ~~・・・

マラコイデスは 通称メラコとも言われる種類で 2種類あり
非耐寒性のものと耐寒性が強いものとあります。
これは 耐寒性が強く この時期でも野外で育てられます。

プリムラ・マラコイデス   サクラソウ科  サクラソウ属
学名  Primula malacoides
別名  ケショウザクラ(化粧桜)  オトメザクラ(プリムラ全般)
花期  早春~春
中国雲南省原産の非耐寒性~耐寒性多年草ですが、高温多湿に弱いので
日本では一年草として扱われます。
耐寒性(2倍体)のものは、秋ごろから露地植え用として販売されていて
耐寒性が強く霜にあっても生育します。

品種改良の過程でいくつかの系統があり、フジザクラ系とよばれるものは日本で作られたものです。
化粧桜といわれるように、萼や葉などに白粉をおびているいるのもあり
この白粉は肌が弱い人が触れるとかぶれることがあります。

マラコイデス2

category: お花が好き♪

CM: 6 TB: 0   

 

チューリップ
チューリップ1
チューリップ

今日もお天気が悪く 7時になっても外は暗かったです。
今日も雨が降るのかな?  昨日は雨が雪に変わらずにすんで良かったです。

チューリップの開花時期は まだまだ先ですが お花屋さんにはもう出回り始めてます。

うちも秋に沢山の球根類を植えたので 芽が出始めてますが
お花が咲くのは4月頃じゃないかな?
スノードロップが 少し開きはじめてます。

今 チューリップもたくさんの種類がありますが お庭が広ければ
変わり咲きではなく 一般的なチューリップをたくさん植えると絵になりますよね。

家は日当たりのいい庭はモミジの木に独占されちゃってるので
プランターに球根を植えてます。

category: 未分類

CM: 10 TB: 0   

 

メジロ
メジロ1
目白  メジロ

このメジロも 日曜の朝に近所を徘徊中に撮影しました。
メジロは 割とポピュラーな野鳥で 街中でもよく見かけますが
この時期 実も花も少なくなってきてるので 餌探しが大変です。

もう少しして 梅の花が咲きはじめると 花の蜜を吸いによくメジロが集まってきます。

今はとにかく野外にあまりお花が咲いてないので 今日のように雨が降ると
在庫が心配になってきます・・・

そういえば 年賀状の当選発表がありましたね。
今年は 喪中なので あまり年賀状は貰えませんでしたが
なぜか 2等が当選 運がいいのかな?
去年から 株の投資の方もかなりいい成績で 長年 塩漬けになってた
株も買値を越えてくれたので 手放せました♪

野村証券 推薦の「星野リゾート」も 一割以上 株価が上昇してます。 

category: お花が好き♪

CM: 2 TB: 0   

 

ミツマタ
ミツマタ1
三椏  ミツマタ

今日は一日中 雨降りで 朝は少しみぞれ交じりでした。
気温が上がらず すごく寒い一日で 明日もこんな感じだとイヤですね!
三椏がそろそろ咲いてるかと様子を観に行きましたが まだまだでした・・・
開花は2月の中旬くらいですかね?

横浜はなぜか この三椏の木が多く 畑で育ててるのをよく見かけます。
三椏は名前の通り 枝が3つに分かれて咲くのが特徴ですね。

三椏は蕾が 銀色で 遠くからでも目立ちます。

ミツマタ (三椏)  ジンチョウゲ科    ミツマタ属
学名   Edgeworthia chrysantha
花期   初春
中国原産の落葉低木で、日本には室町時代に渡来して、和紙の原料になりました。
紙は、書写のほかに古くは紙幣などにも使われました。
それは、ミツマタの繊維が比較的長期間光沢があり、滑らかだからです。

木の枝が1年に1度、三つに分かれます。
分かれた箇所を数えるとミツマタの年齢がわかるといわれます。
ミツマタは冬の季語ですが、ミツマタの花になると春の季語になります。
園芸品種として、花の先が赤いものなどもあります。

違う種類の三椏
ミツマタ1

category: お花が好き♪

CM: 6 TB: 0   

 

椋鳥1
椋鳥2
椋鳥   ムクドリ

今日はお天気が悪く 朝 起きたらまだ暗く 時間を間違えたかと思いました。
今日は雨も降りそうだし 気温も上がらないそうなので 厚着をしていかないと!

近所にはあまり野鳥が多くなく 珍しい野鳥は滅多に見かけませんが
椋鳥とヒヨ鳥だけは沢山います。

椋鳥の方が群れやすく 性格も温厚ですよね。
うちのモミジの木の巣箱で育ったムクドリは 今も元気にしてるのかな?
今年は 尾長を見かけません。
尾長は 割と街中でも見かける野鳥なのに。

サッカーノアジアカップは3連勝で予選を突破♪
3試合とも本田が得点 昨日は割と危なげのない試合でした。
次はUAEとの試合 勝つと盛り上がります。

  ヒヨドリ
ヒヨドリ

category: お花が好き♪

CM: 4 TB: 0   

 

子宝弁慶
子宝弁慶1
子宝弁慶  コダカラベンケイ

ハナイカダのお花や種の付き方も 変わってますが この子宝弁慶って植物も
非常に変わってます。
葉の先端に ムカゴが沢山出来 これが落ちて 繁殖します。

以前 葉だけの状態のを見た事がありますが お花はこんなお花が冬に咲きます。
カランコエと同じような花が咲きますね。

子宝弁慶 ベンケイソウ科  原産地:マダガスカル
別名  Devils backbone, デビルズバックボーン
     コダカラベンケイ , シコロベンケイ(錣弁慶)

高さは60~80cmくらい。葉の縁にオコチャマがいっぱいできてます。
コダカラ(子宝)という名前が付くのもよくわかります。

弁慶…はベンケイソウの仲間だからでしょう。
ベンケイソウは日本でもおなじみですよね。
挿し木ですぐ生えるので 増やすのは簡単だそうです。

夏の子宝弁慶の葉っぱ
子宝弁慶

category: お花が好き♪

CM: 8 TB: 0   

 

ハナカンザシ
ハナカンザシ1花簪  ハナカンザシ

今日は風が少しあったので 寒く感じました。
普段 手袋は滅多にしないので 指先が冷たかったです。

この花は 寒さに非常に強く 他の花が元気をなくしてても常に元気!
やや乾燥気味に 育てた方が長持ちし 雨に日は屋根のある場所に
移動した方が賢明だそうです。

すごく和風なイメージの花ですが 原産はオーストラリアです。

ハナカンザシ  キク科  秋まき一年草  オーストラリア原産
大きさ 背丈15~25cm  横幅15~25cm
主な見所 花(4~7月)

丸い形をしたカサカサの手触りの白い花を枝の先につけます
株の下から多くの枝を出して自然に姿がまとまります。
細めの葉も花とマッチしているので、最近では鉢花だけでなく
寄せ植えにも使われるようになってきました
乾燥にとても強いですが、雨に弱く花も傷みやすいです。

この花は ヘリクルサムの一種です。

category: お花が好き♪

CM: 0 TB: 0   

 

プリムラ・ジュリアン バラ咲き
プリムラ・ジュリアン バラ咲き1
プリムラ・ジュリアン バラ咲き2
プリムラ・ジュリアン  バラ咲き

今日もいいお天気ですが 冷え込んでおり 日中も昨日ほど気温が上がらないみたいです。

プリムラのジュリアンは 寒い時期から出回り 野外に植えても大丈夫なので
この時期 園芸店に数多く売られてます。

人気のある種類なので 品種改良がおこなわれ ジュリアンには八重咲きがありますが
見た目 薔薇のお花のようなので バラ咲きって呼ばれます。

プリムラの中ではメラコイデスと並んでポピュラーなお花
耐寒性が 強いので 冬のガーデンにはもってこいのお花で
ストックと一緒に寄せ植えをすると 高低のバランスが取れていいです。

色の種類も 豊富にあります。

プリムラ・ジュリアン   サクラソウ科サクラソウ属 原産地:園芸品種
半耐寒性多年草  開花時期 12月~4月
草丈 5cm~10cm  花径 3cm~4cm
花色 赤、黄色、白、桃色など
場所 日当たりを好む

プリムラ・ジュリアンはトランスコーカサス原産のプリムラ・ジュリエと
ポリアンサの交配種で、ポリアンサの花によく似ています。

前は花が小さいく葉も小さいのがジュリアンと見分けられていたのですが
最近は見た目の違いが分からない種類もあります。
ジュリアンの方が少し寒さに強いようです。

category: お花が好き♪

CM: 8 TB: 0   

 

シジュウカラ1
シジュウカラ
シジュウカラ2
四十雀  シジュウカラ

今年はなぜか 近所であまり野鳥を見かけず 日曜の朝の散歩で
ようやく四十雀をみつけました。

シジュウカラ

山林で四季を通してもっとも普通に見られる小鳥です。
体長14-15cm。背中の上部は緑黄色で背は青灰色なのが特徴的です。
喉から尻にかけてネクタイのような帯があり
この帯の幅広いのがオスで狭いのがメスです。

カラ類は混群をつくって樹林帯を移動することが多く、群に出会うといろいろな
種類のカラを一度に見ることができます。
 
カラ類の囀りは皆よく似ていますが、最もよく聞くシジュウカラの囀りを
覚えることが基本だと思います。
テレビドラマなどの背景音としての小鳥の鳴き声はたいていシジュウカラです。

category: お花が好き♪

CM: 2 TB: 0   

 

ゼラニウム
ゼラニウム1
ゼラニウム

朝は気温2度で寒かったですが 昼間は風もなく まあまあ暖かでした。

このお花は 寒くても暑くても ほぼ一年中 お花が咲いてますね。
丈夫過ぎて やや汚い状態で咲いてるのもありますが 持ち主がキチンと
剪定などをしてると 非常にいい状態のもあります。

南アフリカ・ケープ地方原産のペラルゴニウム・ゾナレ(Pelargonium zonale)
とペラルゴニウム・インクイナンス(P. inquinans)を主な親とし
これにほか数種が交雑されてつくり出されました。
やや多肉質の茎をもち、乾燥には強い反面、過湿には弱い性質をもっています。

四季咲き性で、温度が適していれば一年中開花します。
花は一重咲きから八重咲きまであり、星形やカップ状の小花がボール状に
多数集まって、長い花茎の先端につきます。

また、葉に白や黄色の斑が入る品種やモミジに似た葉をもつ品種もあり
コンテナやガーデンで彩りを添えます。
小柄な草姿で花つきがよいのでコンテナ寄せ植えやガーデンに利用されます。

形態 多年草 原産地 南アフリカ・ケープ地方

草丈/樹高 100cm 開花期 3月〜12月上旬

ゼラニウム・イングリッシュセレクション
ゼラニウム・イングリッシュセレクション

category: お花が好き♪

CM: 4 TB: 0   

 

シモバシラ
シモバシラ1
霜柱  シモバシラ

今朝もいいお天気ですが 冷え込んでます・・・
でも今日は日中12度まで上昇するそうなので 暖かくなるかも?
10度を超えると 外にいても それほど寒くないですね。

昨日は近所を10時過ぎに徘徊しましたが まだ霜柱がたくさん残ってました。

子供のころは これを踏むと 音がするので よく遊んだものです。

子供の頃って あまり寒さを感じませんでしたが 年をとると
年々 寒さが堪えますね。  春はまだまだ遠いです・・・。

今週も張り切って行きましょう~~

category: お花が好き♪

CM: 6 TB: 0   

 

アオジ
アオジ1
青鵐  アオジ

今日は午前中 近所を徘徊しましたが お花はあまり咲いてませんでした。
ブログ友は この時期 けっこう野鳥をアップしてますが うちの近所には
野鳥が少ないのか? 探すのが下手なのか 中々 野鳥を見つけれません。

今日は久々に アオジを発見できました♪
アオジは 比較的 街中では珍しい部類じゃないかな?

野鳥は 中々 こちらが思うようなポーズを作ってくれませんね。
せっかく発見しても ジッとしてないので
モタモタしてると あっという間に飛び去ってしまいます。

開けた森林や林縁に生息する。非繁殖期には藪地などにも生息する。
非繁殖期には群れを形成することもあるが、単独でいることが多い。

植物の種子や昆虫類を食べる。地上で採食する。

繁殖形態は卵生。地表や低木の樹上に植物の茎や葉を組み合わせた
お椀状の巣を作り、5-7月に1回に3-5個の卵を産む。
抱卵期間は14-15日で、雌が抱卵する。雛は孵化してから12-13日で巣立つ。

category: お花が好き♪

CM: 6 TB: 0   

 

オモト
オモト1
万年青  オモト

今日もいいお天気でしたが あまり気温は上がりませんでした。
朝 久々に近所を小一時間 お花探しをしましたが 花は咲いてませんでしたが
野鳥を撮影出来ました。

オモトは 大変 縁起のいい植物で かなり昔から 大切にされてる植物です。

オモト(万年青)の存在意義は、観葉植物として鑑賞するというより、
縁起物としての扱われる場合が多いのが特長です。
年中、青いのでこれがあると 万年も家が栄える」といわれています。

引越しのとき、最初の荷物としてオモトを運び込む習慣は、徳川家康が江戸城に
入ったときの故事によります。
家康は江戸城に到着後、真っ先にオモト3株を床の間に運び入れ家運長久を
祈ったと言われています。

確かに300年もの間、徳川家の天下は続きました。

オモト スズラン科(ユリ科)Rohdea japonica

古典園芸植物で大変丈夫な植物です。
日本を代表する観葉植物の
一つとして愛されています。

四季を通じて葉が緑であるので
「万年青」と書いてオモトと名づけられています。

初夏に淡黄色の小さな花が咲き,初冬に赤い実がつきます。

category: 未分類

CM: 0 TB: 0   

 

大黄花カタバミ
大黄花カタバミ1
大黄花方喰  オオキバナカタバミ

今日もいいお天気ですが 外は寒そうです。

この時期 野外で咲いてるお花は極端に少ないので お花探しも大変です。

大黄花方喰は丈夫で 増えやすく 日当たりのいい場所では 
土手を覆い尽くすほど群生します。

英名はセルヌア・ペス-カプラエで園芸種のように見えますが 半ば雑草化してて
増え過ぎるために駆除対照にもされます。
普通のカタバミより かなり大きく 花径も3cmくらいあります。

カタバミの仲間なので この花も日当たりが良くないと開花しません。

オオキバナカタバミ(大黄花片喰) は、春~秋、カタバミ(片喰)に
よく似た黄色い花を咲かせるカタバミ科カタバミ属の多年草です。

オオキバナカタバミ(大黄花片喰)とカタバミ(片喰)の異なる点は
オオキバナカタバミ(大黄花片喰)の葉には紫色の斑点があること、
葉が地面から生える根生葉であること、花径が大きいことです。

オオキバナカタバミ(大黄花片喰)
学名:Oxalls pes-caprae(Oxalls pes-caprae)
別名:セルヌア・ペス-カプラエ
科属名:カタバミ科カタバミ属
原産地:南アフリカ
草丈:15~30cm 

category: お花が好き♪

CM: 8 TB: 0   

 

フウラン
フウラン1
風蘭  フウラン ブルースター

風蘭は 夏に開花する花ですが 短日植物なので 
温室だと冬にも咲かせる事が出来ます。

フウランの花の魅力は、花姿もさることながら、強い甘い香りでしょう。
特に夕方になると濃厚な匂いを漂わせます。

人によってはバニラに似た香りという人もいます。
ちなみにバニラも蘭科の植物です。

風を好むことが「フウラン(風蘭)」という名の由来といわれますが
甘い匂いがその風にのり、

昆虫をおびきよせ花粉を運んでもらう役割をはたしています。
しかし、虫だけでなく人間をも惹き付けて株を増やしてもらうのも
フウランの生存作戦のひとつなのでしょうか?

フウランは香りだけでなく花姿も葉も根も美しく
まさに株全体が観賞の対象となる植物です。

花の開花期は6月下旬から7月。

風蘭  紅雀
フウラン2

category: お花が好き♪

CM: 2 TB: 0   

 

ラフレシア
ラフレシア1
ラフレシア(模造品)

今日はせっかく日差しが強く ポカポカだったのに 風が強く
外にると 少し寒かったです。

今日はお花屋さんに行き ジュリアンのバーゲン品を多量に購入~
プランター3つに ギッシリ植えたので 我が家の花もカラフルです。

このラフレシアは 世界最大胃の花として有名です。
寄生植物で 一生のうち5日間しか咲かず トイレの芳香を出し
虫を呼び寄せ 交配するそうです。

渋谷の植物園に行った時に撮影しましたがゴム状の模造品で出来てました。

【分類】キントラノオ目トウダイグサ科ラフレシア属(最新の分類体系に基づく)
【学名】Rafflesia arnoldii

直径が90cm(1.5mという資料も)、重さが7kg(11kgという資料も)にも達する
世界最大の花を咲かせる。
日本における知名度は非常に高く、多くの人がこの花を思い浮かべることができるだろう。

その巨大さと奇怪な出で立ちから、「人食い花」や「食虫植物」と勘違いされる
場合があるが、そういった特徴はもっていない。

スマトラ島・ボルネオ島のジャングルの地上に生える。
当地では重要な観光資源になっており(ラフレシアを見に行くツアーが盛んに組まれている)
同時に生息地の保護が進められている。

なお、現段階では栽培は不可能なので、自宅の庭でラフレシアを観賞することはできない。

category: お花が好き♪

CM: 4 TB: 0   

 

ノースポール
ノースポール1
クリサンセマム・ノースポール

昨日は久々にポカポカ陽気でしたが 今日も暖かくなりそうです。
今週は仕事が本格的に動き 忙しかったので 今日は9時まで寝てました・・・
ゴルフがしばらくないので 植物園にでも行こうかな?

マーガレットによく似てますが 背が低く 葉っぱがマーガレットとは違います。

ノースポールって 北極点の意味だそうです。

クリサンセマム・ノースポール  キク科  学名 Leucanthemnm
原産地  地中海沿岸  別名  ノースポール
草丈  15cm~20cm 開花時期  3月~6月

早春から初夏にかけて花を咲かせる草花で、真っ白い花を咲かせる地中海原産の
「パルドサム”ノースポール”」と黄色い花を咲かせるアルジェリア原産の
「ムルチコーレ」の2種が園芸用としてよく育てられています。

性質も若干異なりムルチコーレの方は寒さに弱く、初期の成長が遅い。
花壇のほかに鉢植え、プランター、寄せ植えなど用途の広い草花で一度植えると
毎年タネがこぼれてそこらじゅうから芽が出てきます。

category: お花が好き♪

CM: 6 TB: 0   

 

紅梅
紅梅1
紅梅2
紅梅  コウバイ

去年の記事を見たら 家の紅梅は1月14日にアップしてるので
今年は去年よりも 開花が遅れてます。

条件のいい場所ってのと 元々 早咲きの紅梅ってのがあるみたいで
撮影場所の公園の紅梅は かなりお花が咲いてました。
まだ 咲いてる木の方が 少ないので かなりの早咲き種なのかも?

八重咲きの梅は 交配出来ないので 当然 実は出来ません。
一重の白梅が 実が出来る梅の事が多いです。
他の植物も 八重咲きは 人工的に作られたのが多いので 
実が出来ないものが多いです。

明日はお休みなので ゆっくり したい♪
サッカー・アジアカップ 今日勝たないと かなりヤバイです。

category: お花が好き♪

CM: 6 TB: 0   

 

バナナ
バナナ1
バナナ

朝も普段よりは暖かでしたが 昼間はもっと気温が上がり 暖かでした。
夜になって 少し雨が降ってます・・・

今日はサッカーのアジアカップなので TVに釘付けの人が多いかも?

毎年この時期 咲いてるお花が少ないので アップに四苦八苦
今は野外で咲いてるお花は 極端に少なく 温室に行かないと
お花がありません・・・

このバナナは 去年行った渋谷の植物園で唯一 撮影したもの
バナナは 私の子供のころから あまり値段が変わりません。
むしろ 昔の方が高かったかも?

日本でも沖縄以南だと バナナ畑が沢山あります。

category: お花が好き♪

CM: 8 TB: 0   

 

プラタナス
プラタナス1
鈴懸の木(プラタナス)  スズカケノキ

昨日は夜に雨がやんでくれたので 雪にならずにすみました。
あのまま降り続いたら 平地でも雪になるほど寒かったです。

プラタナスは フランスを代表する樹木で どこにいっても
このプラタナスの木が植えてありました。

当に名前通りの樹木 鈴懸けの木は 鈴のような果実が沢山 ぶら下がります。
実が可愛いので 落ちてる実を拾って帰りますが 結局 邪魔になるだけですね。

プラタナス  スズカケノキ科 学名:Platanus orientalis
花期:春

プラタナスと呼ばれる木は,スズカケノキ(鈴懸の木),アメリカスズカケノキ
(亜米利加鈴懸の木),モミジバスズカケノキ(紅葉葉鈴懸の木)の
三種類くらいあるようです。

アメリカスズカケノキは果軸に 1 個ずつつきます。
また,スズカケノキは果軸に 3 ~ 5 個つきますが,日本には少ないそうです。
「鈴懸の木」というのは,落葉後に集合果がつり下がっている様子
をたとえたものです。

樹皮が大きくはがれるので,葉や実がなくてもプラタナスだとわかるでしょう。

category: お花が好き♪

CM: 6 TB: 0   

 

素心蝋梅
素心蝋梅2
素心蝋梅  ソシンロウバイ

家の近所に この素心蝋梅は3本もあったのに そこの場所に家が建ち
切られてしまいました・・・

蝋梅は 花木の中では一番に咲き始め お花が少ない寒い時期に開花します。

本種の蝋梅は 中心部分が褐色で 素心蝋梅は 色が黄色一色
園芸種で 満月蝋梅ってのもあり この中間的な存在です。

蝋梅はほのかな香りがしてます。

ロウバイ(蝋梅、蠟梅、臘梅、唐梅、Chimonanthus praecox)は名前に梅が
ついているためバラ科サクラ属と誤解されやすいが
ロウバイ科ロウバイ属の落葉低木。
1月から2月にかけて黄色い花を付ける落葉広葉低木である。花の香りは強い。

ソシンロウバイ(素心蝋梅)、マンゲツロウバイ(満月蝋梅)
トウロウバイ(唐蝋梅)などの栽培品種がある。
よく栽培されているのはソシンロウバイで花全体が黄色である。
ロウバイの基本種は、花の中心部は暗紫色で、その周囲が黄色である。

唐の国から来たこともあり唐梅とも呼ばれ、中国名も蝋梅であったことにちなむ。
別の説では花被片が蝋細工のようであったことからそう呼ばれる。

また、花やつぼみから抽出した蝋梅油(ろうばいゆ)を薬として使用する。

category: お花が好き♪

CM: 12 TB: 0   

 

桜姫千鳥
桜姫千鳥1
桜姫千鳥  エピデンドルム・ケントラデニア

今日は一日中 雨ですごく寒かったです。
よく雪にならないなぁ~~って思ってましたが 
寒い地域は雪に変わったところもあるみたいですね。

雨が降り 霧っぽくなってるのに スモールランプをつけない車が多いですが
自分は平気でも 他車に自分の存在をアピールするためにも点灯して欲しいです。

この蘭は 着生ランの一種で世界らん展に行った時 うちも購入してきましたが
残念ながら消えちゃいました・・・

蘭 そのものは 一鉢1000円くらいで 手に入る筈です。
名前も花も 可愛い蘭です。 ピンクのウサギのような形をしてます。

桜姫千鳥  エピデンドルム・ケントラデニア
Epidendrum centradenia
ラン科 エピデンドルム属  学名 Epidendrum centradenia
分布: 中・南アメリカ(コスタリカ・パナマ)原産

茎(バルブ)は、細長く伸びて、楕円形の葉を互生する。
中には、茎が肥大して紡錘形のバルブとなり、頂に1~3枚の
葉をつけるものもある。
花茎は、茎またはバルブの頂からでて、多数の総状花をつける。
花径2.5cm、茎は細いが太い根が沢山でる。
高芽を切り離して殖やせるようだ。

category: お花が好き♪

CM: 4 TB: 0   

 

ゴールデンクラッカー
ゴールデンクラッカー1
ゴールデンクラッカー

今日はお天気が悪く 雨も予想されてますが 気温は高めで
あまり寒くはないですね。

ユリオプスデージーの仲間で 1cmくらいの小さな花が沢山 咲きます。
家にも いつ購入したのか 忘れましたが たぶん10年近く経ったのがあります。
非常に丈夫で育てやすい花木です。

ゴールデンクラッカー
キク科 学名  Euryops virgineus’Golden Cracker’
原産地  南アフリカ
別名  ユリオプス ゴールデンクラッカー
草丈  50cm~150cm   開花時期 1月

南アフリカ原産、キク科の常緑低木です。
95種あるユリオプス属のひとつで、その中でもゴールデンクラッカーは
バージネウスという品種です。

同じ仲間に日本でも古くから親しまれているユリオプスデージー
(ユリオプス ペクティナツス)があります。

枝は松葉を細かくしたような細い感じで、その先端に1cmほどの黄色い花を
枝いっぱいに付ける姿はまさに「花がはじける」といった形容がふさわしく
ゴールデンクラッカーの名前もそこから来ているのではないでしょうか。

category: お花が好き♪

CM: 6 TB: 0   

 

クリスマス・ローズ2
クリスマス・ローズ3
クリスマスローズ

クリスマスの名前が付いてますが クリスマスのころに咲くのは 一部で
本格的な開花時期は2月になってからです。

家のクリスマスローズも まだつぼみも付いてません・・・

クリスマスローズ お花が少ない時期に 開花するので冬の人気花です。
お値段が 高いのが 珠に傷 これもマニア化するお花なので
好きな人は 自分で交配させ 新種を作ります。

クリスマスローズ キンポウゲ科 多年性  
原産 ヨーロッパ・アジア

クリスマスローズは、花の少ない春早くから花をつける植物で
寂しくなりがちな冬の庭を彩ってくれる植物です。

色は白や落ち着いた赤紫色など、派手さはないですが
逆にその地味さが洋風の庭だけでなく、和風の庭や和室にもよくマッチします。

ちなみに「クリスマスローズ」は「ヘレボレス・ニゲル」という品種を
指すのですが、最近では同じ属のほかの品種もひっくるめてすべてを
「クリスマス・ローズ」と呼称することが多くなっているみたいです。

クリスマスローズ
クリスマスローズ1

category: お花が好き♪

CM: 2 TB: 0   

 

ニュウナイ
ニュウナイ1
入内雀  ニュウナイスズメ

お天気がやや下り坂で 日が落ちてからもあまり気温が下がらず
まだ10度近くもあります。
早く 暖かくなってくれないかなぁ~~・・・

この雀 モン・サン・ミッシェルで撮影しましたが 外人の雀で日本の雀とは
やや模様が違います。  大きさ習性は ほぼ一緒です。
人見知りをせず かなり近くまで 寄ってきます。

PCで調べたら たぶん 日本の入内雀と同じと思われます。

入内雀  (ハタオリドリ科)

大きさはスズメと同じか、やや小さめ。
 スズメと雰囲気が似ている。特に雄がよく似ているが、頬(ホオ)の黒斑がない。
また頭部や背面の茶色がスズメより鮮やかで腹部はスズメより白いので
スズメの群れに混じっていても比較的見分けはつくと思う。

冬期には淡い眉斑が表れる。
雌はスズメほど茶色くなく、やや緑色がかった感じの褐色をしている。
それと太い眉斑が目立つ。

ニュウナイ2

category: お花が好き♪

CM: 4 TB: 0